<   2019年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

はい、昨日は山雅が負けてしまいましたが、今日は野球観戦です。
神宮へ対広島戦を観に行きます。
車で行ってもよかったんだが、駐車料金がベラボーに高いからねー。
ってことで、電車にします。半蔵門線の渋谷駅は狭っ苦しくて通りたくないので、
銀座線の渋谷駅から乗ってみる、って、銀座線をここから乗るのって何年ぶりだろう。
残念ながら下りホームはまだ東横線ホームから楽ちんに行けるわけではないんだね。
新しいホームを建設中だが、完成まではにはもう少し時間がかかりそうだ。
e0078069_12223706.jpg
外苑前に着いたあと、銀杏並木を歩いて神宮球場へ。
今日は1塁側、ポールやや手前の指定席。とても見やすい。
e0078069_12302829.jpg
先発はベテラン石川と、広島が九里。ちなみにスタジアムは満員札止め。
石川にはもちろん頑張って欲しいが、大きな期待は難しい。
やはりバティスタにいきなり一発を浴びてしまう。
でも、今のヤクルトはそのくらいはどうってことない感じ。
実際、意外性の一発、ムーチョ中村がレフトスタンドにHRを打ち込むしさ。
(翌日、ハマスタでも打ったね)。
さらに驚いたのは、4回に2年目の村上が6号を叩き込んだこと。
しかもレフトへ。器用に左右へ打ち分けるところは、
よく似ていると言われる筒香の若い頃よりも上手だし成長が早い印象だ。
昨年夏以来の神宮だが、その観戦で彼はプロ入り第一号を放っている。未来の主砲だな。
まだ19歳で、この量産体制は将来が頼もしい。
e0078069_12303093.jpg
その後、観戦を続けていたが、結構寒い。ヒエヒエ。
今年の春は朝晩の冷え込みが激しく、昼との温度差も大きい印象。
前の週に風邪を引いたばかりだし、今も体調が特別いいというわけではない。
久々に戻ってきた五十嵐の安定したピッチングを見届けてから、少し早めに退散。
てか、五十嵐がここまでやれるとはなあ。やっぱり、体が強いね。立派だ。
昔からは想像できないよ。成長したんだなー。
あ、あと謎のキャラクター「トルクーヤ」を一枚。
e0078069_12303307.jpg
そんな彼の姿を背に、神宮を去る。ホントに寒くて。
田園都市線に乗って帰途につく姉夫婦と渋谷で別れ、こちらは東横線へ・・・

◆試合結果
勝利投手 五十嵐 (4勝0敗0S)
敗戦投手 九里 (0勝3敗0S)
セーブ石山 (1勝1敗6S)
本塁打
[ヤクルト] 中村2号(2回裏2ラン)、村上6号(4回裏ソロ)
[広島] バティスタ3号(1回表ソロ)、會澤3号(4回表ソロ)


by navona1971 | 2019-04-29 23:59 | プロ野球観戦記 | Comments(0)
GW二日目のこの日はいつも応援している今年J1に昇格した松本山雅FCが、
FC東京と対戦するために味の素スタジアムにやって来るので、応援しに出向きます。
山雅をナマ観戦するのは昨年9/23のアルウィンでの対ロアッソ熊本戦以来です。
ちなみにその時のブログは自分がミスをしてスマホカメラの画像を全削除してしまったので、
ありません・・・。楽しかったのにな。弁天本店のそばもおいしかった。
e0078069_12111699.jpg
で、行く時はなんとなくいつもの稲田堤経由は気が乗らず、府中本町へ。
大国魂神社周辺はくらやみ祭りの準備で忙しい様子。メインストリートの新緑がきれい。
ここから京王線で飛田給へ。いやー、今日は人が多い。
e0078069_12111880.jpg
荷物検査なども長蛇の列。ようやく入場。
席はメインの山雅寄り指定席。驚いたのはその広さ。
横、前後ともきちんと空間がある。野球場とは大違い。
試合時間の短いサッカーでもこれだけの対応をしているのだから、野球も考えないと。
神宮やドームなんて拷問ですからね。足が遠くわけですよ。
今日は期待していた正GKの守田達弥選手がスタメン落ち。しかもベンチ入りすらせず。
なぜだろう?最近は戦略上、詳細な選手のコンディションは明らかにしないとも聞いている。
e0078069_12112245.jpg
まあ、”中央線ダービー”ってことで、松本からは車でもあずさでも来られる距離だけに、
多数の山雅サポーターが駆けつけた。観衆は結局、約36,000人に達した。
けれど、FC東京は現在J1首位。キックオフ後はサポーターの声量ではリードするものの、
試合ではなかなか主導権を握れないし、そもそもシュートの機会さえ与えてもらえない。
やや防戦という感じだったが、それでもなんとか踏ん張っていたものの、
前半終了間際、永井にゴールを決められる・・・。
e0078069_12112491.jpg
ハーフタイムにはゴール裏を覗いてみる。おお、満席で立ち見もいるね。
トイレも長蛇。車に貼る山雅FCのステッカー売ってたら欲しかったが、売店もびっしり。
そして後半も終始FC東京に支配されていた印象。また、ちょっとしたミスにつけ入れられ、2点目も奪われる・・・
ってことで、2-0で完敗。得点差以上の実力差を痛感。プレーも焦りからか、山雅の方が荒かったな。
隼磨のイエローとかさ。サポーターの足取りもやや重い。これから松本まで戻る人は大変だ。
e0078069_12112619.jpg
こちらは調布経由で稲田堤から溝の口へ。姉夫婦と残念会。いつのまにやら2時間半ほど。
って、試合時間より長いな。久しぶりだな。お酒(ハイボール)をしっかり飲んだのは。
(それでもあまり濃くはないし、わずか3杯程度だが)。
観戦チケットも義兄に頂き、居酒屋でも同じく義兄にご馳走していただく。
お疲れ様でした。

◆試合結果
FC東京 2-0 松本山雅FC
得点:前半44分・永井謙佑、後半32分・ディエゴ オリヴェイラ

by navona1971 | 2019-04-28 23:59 | サッカー観戦記 | Comments(0)
仕事を終えて帰途に。
明日から大型連休。当初はあまり用件も入っていなかったが、
なんやかんやでいろいろと予定が入ってきたかな。
今日から有給休暇を取る人がいるだろうから、電車は空くかなと思ったがそうでもなく。
連休前に片付けたいことがあったから残業もしたのでやや帰宅は遅め。
なので、駅前で簡単に夕食を済ませたい。特にこれ、っていう食べたいものもない。

ってことで、近くにある「名代富士そば」へ。
言わずと知れた首都圏を中心とした立ち食いそばチェーンです。
今でこそ若い女性客や家族連れも少し増え、垢抜けた雰囲気もかなり出てきたが、
昔は演歌が流れ、お客さんは男性ばかり、って世界だった。世の中変わったわ。

富士そばは他のチェーンと異なり、店舗ごとにオリジナルメニューの考案などが任せられ、
店長の裁量が大きいと聞く。これがオリジナルかどうかはわからないのだが、
「海老ざんまいそば」(480円)が気になってみたので、券売機のボタンを押す。
夕食のピークは過ぎていたようで、お店は空席が目立ち、ゆったり座れた。

そばが出てくるまで少々待機。ふー。
でも切ないなー。アラフィフのおっさんがひとりで休日前の夜に立ち食い(座ってるけど)そばか。
情けないな。わびしいな。昨年続けて会った女性とも展開がかなり厳しいし。
負け組感が体に染み入る。っていうか、中途半端にそういう素敵な女性と出会うから始末が悪い。
まあ、身の程知らずなんだろう。で、おそらくだけど、一見人当たりがいいので、
駆け出しはスムーズにいくんだろうな。で、のちにだめになる、と。オレのあるあるパターン。
ま、いくら食事をご馳走してエスコートしようがメッキは剥がれる。
そもそも、オレに育ちのいい美人なんて無茶だわな。軽装備で高い山に登るのは自殺行為だ。
でも、地下鉄の出口までついてきて見送られるとか、店を出ようとしても「まだ30分は大丈夫です」
みたいなアピールがあると、もちろん、大した期待はしてないよ、オレもそんなアホじゃないし。
そもそも上手くいくも思ってないし。甘くないしね。
それでも、あっさり終わりってのは心折れるわ本当に・・・はぁ。
相手は悪くないんだよ、すべて自分が悪い。心からそう思う。選ばれない自分が悪い。
e0078069_21003936.jpg
ぼんやりそんなことを短い時間の中で一気に思っていると、「30番の方ー!」と呼ばれる。
あぁ、できた。海老かきあげと、桜えび単体を揚げたものが、温かいおそばに乗ってるね。
ほんのりと香ばしい海老の薫りが鼻をくすぐる。

淡々とそばをすする。自分にはつゆが少ししょっぱいので、もちろんすべて残す。
味は・・・特別評価するようなものではないけど、立ち食いそばの味。富士そばの味。
せつなさで余計に味覚がわからなくなってしまったか。

帰宅して、寝る前に書類を整理してたんだけど、勢い余って左手人差し指を切ってしまう。
心も痛いし身も痛い。
さっき近くのまいばすけっとで買ったワインを口にグィと呑み、床に就く。

by navona1971 | 2019-04-26 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
仕事で千葉に行くことがあるので、
帰りに京成線からJR線への乗り換えで日暮里駅を通ることがたまにあります。
同駅前にあるのが和菓子屋「竹隆庵岡埜(ちくりゅうあん・おかの)」です。
町屋に本店があって、日暮里や秋葉原などに支店を構えています。
一番人気なのは「こごめ大福」なのですが、日持ちしないので、
自分としてはなかなか手が伸びません。

この日は久しぶりに立ち寄りました。
目についたのは「慶祝・令和どらやき」。仕事が早い!
思わず買い求めてしまいました。
あまり買いすぎても自分がデブるだけなので控えたけど、
この令和どら焼きは小ぶりなので自分で自分を許した、ってことにておく。
e0078069_12140193.jpg
とらが焼の皮がやわからくておいしくてね。
あとはおせんべいをちょこちょこと。1枚ごとに売ってくれるのが嬉しいね。
そういえば、腎臓移植する前まで、甘いものってあまり食べなかった。
母は好んでいたけど、まさか移植してその影響を受けたりしているのかな?
e0078069_12135795.jpg
しかし、自分が好きな地元の亀屋万年堂にしても、こちらにしても、
和菓子だけではないけど、値上げしているなあという印象。
人件費や原材料の上昇で致し方ないのだろうが、これで消費税10%になったらどうなる?
1,000円ちょっと使っても、ボリュームとしては想像ほど多く買えるものでもない。
そういう時代なんだろうなあ。ダイエットにはいいのかな。


by navona1971 | 2019-04-25 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
いやいやどうも。
寒さのピークも過ぎ、ようやく春が本格的に訪れたようですね。
先週は朝晩と昼間の寒暖差にやられてしまった感じで後半風邪を引いてしまい、
大切な有給休暇を1日+2時間消化してしまいました。
コートを一度着なくなると、改めて着用したくなる気持ちになれなくてね。
でも、そんな手抜きをしていたら、こんなことに。

気をつけなければ。軽い咳が出て、熱は37.2℃くらいだから、悪化は防げましたが。
自分は原則として毎日血圧を測定しているので、
体調に変化がでると、まず、すぐそこに出ます。
動悸、脈の乱れ、血圧や脈拍数のちょっとした上昇など。
それで「あ、これはまずいな」と、早めの就寝をしたりして防御に出ます。
日々の測定は健康のバロメーターで、わずかな変化も把握することがてき、助けられています。

自分は腎移植者だから、風邪を引いただけでも、重篤化しかねないしね。油断をしてはいけないね。
先週から今週頭はそんな感じで少し気分も晴れずに過ごした。

しかし、体調が快方に進んだと思ったら、今度は空模様が今ひとつだからね。
そうした中、会社に向かって歩いていく途中にある目白台運動公園は癒やしスポット。
花は太陽のある方向がわかるんだね。細く、小さい草木でも、天に向ってまっすぐ伸びていく。

e0078069_12121114.jpg
自然の力が持つ美しさ、強さを感じます。空はいまいちでも、気持ちは明るくなりますね。
早く来ないかな、GW。
e0078069_12121808.jpg

by navona1971 | 2019-04-23 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
川崎区浜町にある通称「セメント通り」にあります。
いわゆるコリアンタウンとも称されるあたり。
確かに焼肉店や韓国物産を扱うお店やスナックなども目立ちます。
以前、路面電車が走っていたことから名付けられた「市電通り」を大島四ツ角の先で左折し、
セメント通りへ進むと、すぐ左手にあるのが「甘藷 一条商店」です。
e0078069_21523249.jpg
縁あってこのお店を知り、過去に大学いもを買いに来ました。
また食べたくなって、久しぶりに再訪してみました。
店頭には山盛りの手作り大学いもが。もちろん値段もリーズナブルです。500gほど注文。
そして同行した友人、SY氏は手作りモナカを注文。1コ頂きました
。実は甘味処でもあって、中では注文した食べ物をいただくスペースもあります。
今はこういうお店減ったよねえ。
今回は車なので、持ち帰りで。アイスは手作りのチョコレートシャーベットモナカで、味が薄め。
そしてシャリシャリした歯ごたえがいかにも手作りっぽい。昭和なアイスという感じで、懐かしい。

あと、モナカがパリッパリで、一口ごとにサクサク。ポロポロこぼれ落ちちゃうのはご愛嬌。
おかみさんは温厚で優しい印象なんですよねー。
こちらが買う前に並んでいた大学いもを買ったおばあちゃんは、
ヨロヨロしていてヒヤリとする。肩に手を携えて一緒に進むおかみさん。
「足腰が悪くなっても買いに来るんです。”危ないよ”」と言ってるんですけどね、と。
寄り添って歩く姿に優しい人柄が感じられた。で、大学いも。
芋もこちらで蒸してるんですよね。注文すると、飴をうまく混ぜて、ゴマをパッパとかける。
帰宅した時には飴は下に溜まってしまったけど、
また上からかけて・・・固まらないのがいいね。甘さ控えめであまり硬くなく、食べやすいのが嬉しい。
e0078069_21523640.jpg

by navona1971 | 2019-04-19 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
いやいやどうも。
さて、この土日は、開設記念「桜花賞 海老澤清杯(GⅢ)」が川崎競輪場で開催されます。
ちょっと覗きに行ってみることします。
e0078069_22023312.jpg
開催自体は4月18日(木)からナイターなので、いずれも仕事を終えてから、
帰宅途中に寄り道、という予定だったのだが、風邪でダウンしてしまってね。
ここんとこ朝晩と昼間の寒暖差が激しかったでしょう?
ちなみに、今年の競輪観戦(車券購入)はドライブついでにこちらへ立ち寄って、
この間400円だけ場外発売の車券を買ったのみ。なので、本場開催で車券を買うのは今年初めて。
ただ、土曜日は病み上がり、というか風邪が治りかけだったので、
投票だけして帰宅しました。滞在時間わずか15分。あとは自宅でニコニコ動画。川崎仮面のね。
川崎での収穫?はネット投票会員(Kドリームス)なので(全然使ってないんだけど)、
会員への来場者プレゼントとしてガールズ競輪の女神、高木真備選手のフォトブックを頂きました。
高木選手も素敵ですが推しは石井貴子選手(千葉)だったり。
e0078069_22030546.jpg
そして日曜日は同じ競輪好きの友人、SY氏とともに川崎へ再訪。
ひとつ前のブログ記事にも書いた浜町にある「甘藷 一条商店」に立ち寄ったあと、こちらへ。
今日はアメフトの試合も隣の富士通川崎スタジアム(旧川崎球場)であったので、
駐車場は第一・第二とも満車。車券を1000円以上購入すれば駐車料金が無料なのよねー。
仕方ないので結局、少し離れた場所にあるコインパーキングへ。違法駐車はもちろんしませんよ。
しかし、スタジアムは大手企業同士の実業団試合のようで、華やかなチアガールの嬌声が響く。
e0078069_22040589.jpg
あぁ、あちらはいわゆる「リア充」な雰囲気だな。そして、そちらから視線を左に送れば、
年金受給者層ばかりの背中を丸めた老人が目立つ競輪場・・・。悩ましいね。
それでも今日は若い世代や家族連れ向けイベントも多数開催されたから、
普段とはだいぶ異なり、明るい雰囲気の競輪場でした。嬉しいけど自分は慣れてないからある意味違和感。
いつもの侘び寂びは薄め。いずれにせよアメフトより俺は”こっち側”が好き。え?負け惜しみ?
e0078069_22034880.jpg
長期低迷傾向が続く競輪。当地川崎ももちろんそう。
手をこまねいているわけではなく、スタンドの改修や新施設や正門の新築も進めた。
でもね、どうも安普請で、あと、設計した人は競輪に詳しくないというのが丸わかりなのが残念。
飲食可能でステージもある部分が西側スタンドの裏手で、競輪観戦と一緒に楽しみににくい。
車券も一旦、スタンド棟の中に戻らないとならない(先日売店跡地にようやく販売・払戻端末が置かれたが)。
ちなみに今開催では様々なイベントが開催される中、日本競輪選手会・神奈川支部もブースを出していた。
e0078069_22085387.jpg
ブース内を覗いてみると、お客さんに対応していたのは対馬太陽支部長、S1で活躍する堀内俊介選手、
そして父上も元・競輪選手で、そのDNAを受け継ぐ能代谷元選手の姿が。スリーショットありがとう(UP許可済)。
対馬支部長は小田原競輪存廃問題でもいろいろと発言したりして、頑張ってくれている様子。
悪いが、このままでは本当に競輪はなくなると思う。当事者意識を持って真剣にファン層拡大に取り組んで欲しい。
この川崎競輪の西側スタンドを見ると、それこそ、いずれは場外車券売り場になってしまうのでは、という懸念もある。
e0078069_22042426.jpg
そして、今回一番の収穫だったかな。
千葉県出身、43期生としてデビュー、その後、大型先行選手として中野浩一氏のライバルとして、
輪界にその名を轟かせました。通算獲得賞金歴代2位(17.5億円)、
そして現在は日本競輪学校校長を務める滝澤正光さんが登壇するトークショーです。
e0078069_22043494.jpg
ファンの前に現れた瞬間から「先生!」と掛け声。自然と湧き上がる大きな拍手。
高齢者のファンだってランランと目を輝かせる存在。それが滝澤正光さん。
滝澤さんは現役時代、なにより、逃げる、先行する、ケレン味のない姿勢と、
ファン第一に考える戦いを貫いてきた。おそらく、ファンにも選手にも最も尊敬された存在のはず。
「先生」という愛称は、現役時代からの滝澤さんのニックネームです。
私が競輪を見始めた頃は全盛期こそ過ぎていましたが、S1でしたし、
4角から顔を上げて必死に走る姿がまた独特で、目に焼き付いています。
e0078069_22045890.jpg
滝澤さんはトークショーで、

・川崎競輪はファンも多く集まり、賞金も他地域より高く、
 特別競輪に臨むような気持ちで走った。
・今の若い選手は逃げない。むしろ女性(ガールズケイリン)の方が、
 素直に逃げて走る気持ちが強い気がする。
・逃げる、先行するはレースの基本、ファンの方も予想の軸にする。
 先行を大事にして欲しいーーーと。
e0078069_22051090.jpg
なんか通り一遍のトークショーかと思っただけど、滝澤さんが予想以上によく話してくれて、
聴き応えのある盛りだくさんの内容でした。本当に楽しかった。
そうした中、印象的だったのは、イベントが終わったあと、ステージから下りると、
待ち構えていたファンに、一人ひとり丁寧にサインや記念撮影、握手に応じていたこと。
引退して校長になっても、ファン第一という気持ちは不変で、胸が熱くなりましたね。
現役時代から変わらぬ誠実な人柄を目の当たりにしました。他の選手も見習って欲しい。
e0078069_22052737.jpg
ちなみに、競輪はギャンブルの王様とも言われます。
単なる賭け事ではなく、人間心理を読む謎解きのような難解さが魅力ですね。
競輪をやっている、と言うと驚かれる人もいますが、私が競輪以外のギャンブルを1円たりともやりませんから。
いかに競輪を競技として魅力を感じているかがわかると思います。逆にこの競輪の推理(予想)の難しさが、
敷居を高くしてしまい、新規ファンの獲得に苦しむ原因のひとつになっていたりも。
昭和40年に当地で開催されたオールスター競輪は数万人の観客が詰めかけ、屋根やバンクの中にまで
人を詰め込んでようやくレースが行えたという競輪界伝説の一日でしたが、
当時の様子がパネル展示されていました。当時の熱気が伝わってきます。
ちなみに、このレースで優勝した白鳥伸雄選手は、この集まったファンに胴上げされました。

競輪ファン歴62年!の父によれば、その頃は車券を買うのも一苦労で、
みんな穴場(購入窓口)に詰めかけて、押すな押すなの様相だったらしい。
父は結婚前に少し競輪をやった時期があって、その後は全くやらず(新聞は見ていたそう)。
で、定年退職後俺がやりはじめたら思い出したように再開って感じ。
正直、競輪の予想って認知症防止に良いと思う(ホントに)。だって頭使うもん。川崎競輪にはじいさんが多いが、
ゴール線前の接戦でも「5-3-1!」とか言い切ってるし。お前は日本写真判定か!って感じで笑えるんだよね。
e0078069_22134597.jpg
白鳥氏は「競輪選手になってよかった」と当時の感動を話されていますが、
そうはいってもレース終了後とはいえ、コースに観客がなだれ込み、選手に触れたわけで、
この「白鳥胴上げ事件」は大問題となり、これがきっかけで、格式の高いレース(GⅠ)は、
川崎競輪で開催されることはずっとありませんでした。
まあ、その後は宿舎の整備の問題とか、胴上げ事件以外の理由も実際はありましたけど。
e0078069_22140645.jpg
あれから55年の月日が流、その川崎競輪もようやく来年春、
全日本選抜(GⅠ)が開催されることになりました。今から楽しみにですね。
さ、明日からは仕事。まだ風邪は治り切ってない感じ。
ナイターだから決勝戦は20時30分。そこまではいられないな。
夕方、暗くならないうちに退散。彼を横浜の自宅まで送ったあと、自分も帰途に。

◆収支
04月20日(土)02勝06敗 回収率52.3%
04月21日(日)06勝03敗 回収率64.4%

比較的今回は固い展開が多く、本命寄りの結果が目立った。
そのため、ワイド車券(選んだ車番2つが、いずれも1着から3着の間に
入れば的中)購入派の自分にとっては的中率はまずまずだったが低配当が多く、
回収率は今ひとつでした。ちなみに優勝は地元神奈川の郡司浩平選手。よかった。
新人の松井くんもS級昇格前後は捲りが多かったが、最近はよく逃げている様子。
今回も郡司選手を引っ張るという、大きな役目をしっかり果たしました。
そして、3番手を固めた志佐くん、彼は日頃からよく逃げていて、頑張っているなと思っていました。
もともと運動能力はおそらく神奈川県勢随一のはず。これからに期待したいです。

しかし、当たらなくても競輪って面白いんだけど、
この土日は自分の中での盛り上がりは今ひとつ。
病み上がりだからかなのかなぁ。どうなんだろう?

by navona1971 | 2019-04-19 23:59 | 競輪(KEIRIN)観戦記 | Comments(0)
運転の練習兼ドライブには、交通量の少ない休日の早朝は最適。
ま、空いていたら逆に練習にならないのかも知れないけど。
昨日は一ヶ月点検でディーラーまで行き、それにちょっとドライブも加わり、
運転時間が自分にしてはかなり長かったので、今日は抑え目に。
朝日が眩しいね。でも気持ちがいい。
e0078069_18075537.jpg
川崎市川崎区にある銭湯「中島湯」に朝風呂しに行きます。
毎朝5時から開いていますから。こちらにはもう15年くらい行ってますが、朝風呂は初めて。
横浜の自宅から、この時間なら20分弱で着いてしまいます。
銭湯付属の駐車場はあるのだけど、入る道がとても狭いので、自粛。近くのタイムスに預ける。

さ、中島湯へ。バスタオル&タオルレンタルを含め540円を支払う。
ガラガラかと思いきや、昼間と変わらぬ混雑ぶりで、カランも適度に埋まっていた。
早朝営業も納得。近くからふらりと入りに来る人、これから仕事の人、仕事が明けた人、
それぞれのために、こんな早くから営業しているんだよねえ。

ここには黒湯温泉があるんだよね。
とにかく気持ちがいい。温度も適度でね。そして、半露天風呂という、
ちょっと空が見えるテラスに大きな湯船があって、癒やされます。
小一時間ほどいて、体を乾かして、車へ戻る。来る時は寒いてシートヒーターと暖房だったが、
帰りは冷房に切り替え。先週はちょっと疲れたから、この日は自宅でのんびり過ごすことにする。
e0078069_18080208.jpg

by navona1971 | 2019-04-14 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)

今日は先月16日に納車された中古車の一ヶ月点検です。早いなあ。
それでも乗った距離は600km。自分には多く感じるが、慣れてる人なら一日で乗れる距離。
まだまだな。ディーラーは同じ県内ながら自宅からは少し距離があり、
会社が同じの別店舗でも点検は受けることができるが、練習を兼ねて現地へ向かう。

付き合うという友人を途中で乗せて。納車の際はひたすら下道で戻ってきたが、
この日は保土ヶ谷ICから横浜新道で一気に戸塚ICへ。おかげで横浜から販売店までは一時間かからず。
今回は点検だけでなく、実はオートリトラミラーの取り付けをお願いしていた。
世間では自分でつける人も多い。自分はまだ車には素人だし、車全体が保証に入っているから、
その部品自体もこちらで付けたほうが後々ね。ちなみにオートリトラミラーってのいうのは、
念のため説明しておくと、サイドミラーの電動格納がキーロックと連動しているものです。
自分の車はコンパクトカーですが、オートクルーズやバドルシフト、シートヒーターなど、
装備はとても充実していたのですが、オートリトラミラーがなかった。
これがないと駐車する際、ミラー格納ボタンを自分で押さないとならない。
もちろんそれは当たり前なのだが、ズボラな自分はドアを閉じてから格納忘れに気づくこともあり・・・
まあ、納車当初よりは減ったけど。オートリトラミラーをつければ、キーをロックするとミラーが閉じるから、
非常に楽だし、逆に言えばミラーが閉じていればロックされている証になるから、ロックし忘れもなくなる。
e0078069_20373237.jpg

事前に確認した値段も思ったより安かったから、一ヶ月点検に合わせて取り付けをお願いした。
ディーラーでお茶している間に作業は終了。というか、ここのディーラーはよく賑わう。
担当のSさんに聞いたら、午前中は来客で慌ただしく、これでも落ち付いた方だという。
最近、NBOX売れてるからねー。のちに店長さんもまた「その後いかがですか?」と聞いてきたが、
このお店はスタッフさんの感じがよく、とても居心地がよい。いいお店だと思う。

洗車もしてもらって(てか、朝自分でしちゃったよ)、再びきれいになって出発。
帰りも横浜新道→第三京浜都筑ICの経路で。その後、友人とお茶して送り届け、帰宅。
そうそう、途中、自分が卒業した教習所の路上教習コースになっている道を通ったら、
前に教習車が。誰だろう、教官は。でも見えない。
この先で教習車は左折するので左のレーンに入る。その時に見てみよう、と。
で、覗いてみたら、SK教官だった。落ちついた、仙人のような人だったなー。学科と技能でお世話になった。
まさか手を振るわけにはいかないが、心の中でお礼をする。
わずか二ヶ月前は、オレもああやって運転していたんだ・・・。
今日の総運転時間4時間28分。(自分にしては)結構乗った。
でも、慎重に、無理せずにね。戒めないと。

by navona1971 | 2019-04-13 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
ブログに書いたように、火曜日は懇親会+二次会で学士会館に泊まり、
水曜日は終日社内でいろいろイベントごとがあって、ちょっとお疲れ気味。
18時に会社を出て、今日は早めに休もう、と思ったら、同僚のMくんに声をかけられる。
「お茶でもいかがですか」と。あら、早めに帰ろうと思ったが、これもきっかけ。
声をかけてらえるうちが華。OKし一緒に会社を出る。

当初は飯田橋のカフェでお茶する予定だったが、夕食に変更。
御茶ノ水にする?なんて案も出たが、彼も自分も帰りやすい新宿に変更。
彼の希望で新宿三丁目にある「エイジングビーフTokyo」に。
市ヶ谷から都営浅草線で一路新宿三丁目へ。ひゃー混んでるな。
朝は最近早いし、帰りも混まない場所を確保したり座っている関係で
”痛勤”を直に味わうことが減って耐性がなくなってきたわー。これが当たり前の東京だもんな。

お店は明治通りに面していて伊勢丹の向かい。
同じエイジングビーフでも、ステーキを出す店と、焼肉を出す店が、
フロアの半分ずつになっている。エレベーターから降りて、左の焼肉店へ。
はい、ボリュームはほどほどですが、確かにおいしかったです。
この品質とボリュームなら女性も楽しめるでしょう。実際女性客も多かった。

今日はいつもお礼、と彼にごちそうしてもらった。嬉しいね。
料理が出るまで時間があったので、急いで向かいの伊勢丹に行き、
奥様への手土産を買って渡しておく。ええ、単なる点数稼ぎですわ。
「オレと食事して帰宅が遅くなったら奥さんに怒られない?」と尋ねる自分に、
「( ˘ω˘)さんは嫁の好印象が高いのでダイジョブです」。あはは。
彼との会話も楽しいけど、女の子と食事したいっす・・・(´;ω;`)

そうえいば、会社といえば、この間、同じく同僚のKさんから、
「ブログ読んでます」と言われてびっくり。っていうか恥ずかしすぎるだろ・・・
教えてないのになー(っていうか教えられるわけないよなこんなしょーもないブログ)。
Kさんは同県出身で優しい、いろいろと頼りになる素敵な同僚なんだけども。
まあ他にも読んでいる人がいないのを祈るだけだわ。
ホント恥ずかしいからさー。あくまで自分の備忘録なのよ。メモ代わり。
ネット黎明期は「さるさる日記」使ってたしね(懐かしいー)。
e0078069_18544556.jpg

by navona1971 | 2019-04-10 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)