<   2018年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

この間、洋菓子舗「銀座ウエスト」の青山ガーデンに行ってきました。
つらつらと綴りたいのだけど、最近バタバタしていてまとめる時間がなくて。
文章は後日つけたしていきますわ。なるべく。
取り急ぎアップだけでもしておかないとね。
e0078069_20152631.jpg
30分並んだわ。人生初かも。何か食べるのにここまで並んだのは。
おばさんばっかりだったけどねw並んでいるのは。
パンケーキが有名らしい。自分はチョコレートケーキを食べたけども。

e0078069_20152150.jpg
おいしかった。そして、コーヒー、紅茶はおかわり自由。
千代田線の乃木坂駅からとても近いのがよかった。いろいろと使えそう。
ただ、営業時間は20時までだけども。会社帰りのちょっとしたお茶とかいいかも。
e0078069_20153249.jpg

by navona1971 | 2018-10-31 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
いやいやどうも。今日は月に一度の定期外来です。
2017年01月に生体腎移植を受けてから、このように通って、採血と採尿を行います。
仕事が休みの土曜日ではあるけど、会社に行くのと変わらぬ時間に家を出る。

最近は最低でも12,000歩を歩いているし、自宅から駅まで、バスに乗らず、
階段が200段以上ある「山ルート」を通って通勤しているから、
体調もいいし、無謀な食事もしていないから、結果はきっとよいはず。
ただ、腎臓機能のメインな指標であるクレアチニン値は筋肉に負荷がかかると、
値が上昇するので、こうした運動の影響で若干、数値の変化がある、と推定する。

検査を終え、診察に。
移植前からずっと支えてきてくれた師長のS女史は、「すっきりしましたね」と。
診察前の血圧測定も126-88と安定。いい感じだ。
少し待ったあと、診察へ。泌尿器外科のN先生。問題なく推移している、と。

やはりクレアチニンは若干上向きに。しかし想定の範囲内。
他の数値も問題ない。嬉しかったのはBUN(尿素窒素)の数値は健康値だったこと。
BUNは血中の老廃物の濃度を示し、

高ければ腎臓で濾過しきれていないことを意味するから。とにかくよかった。
あ、そうそう、診察のあと、念の為腹部の超音波検査を久々に行う。
e0078069_08162082.jpg
帰りは姉夫婦宅へ立ち寄り。手土産はKEYUCAのケーキ。
自分はショートケーキ。意外にショートケーキって食べる機会ないよね。
e0078069_08162318.jpg
あと、渡す予定だったiPadの初期設定などを終える。
今はかならずIDやメールアドレスと紐づくからネットの利用も何かと最初が面倒だ。

さて、昨日は10,000歩しか歩けなかったから、少し歩くことにする。
港北ニュータウンにくまなく広がる遊歩道の中を帰りがてらウォーキング。
どんぐりも道端に多くあり、木々も色づいたり、枯れてきたり、晩秋の雰囲気だな。
ああ、気持ちいい。空気もおいしく、自然を感じます。
e0078069_08162620.jpg
夕方は友人S氏とお茶。反町駅まで。電車を降りると長い階段が。
以前なら目をそむけてエスカレーターへ行っただろう。
今なら登ってみようという気になる。
世間の人から見れば驚くほどのことではないが、
自分にはこんなことも幸せに感じたりするのよ。
e0078069_08162909.jpg
反町は喫茶店とかあまりないのね。ま、こぶりな町だから。
東神奈川まで出て、イートインのある素敵なパン屋「Pain de U」で軽めの夕食+お茶。
写真を撮り忘れたが内装もオサレ。
帰りに見た夜の町に浮かぶ鎮守が気に入って一枚。
夜景はHUAWEI P20Proの真骨頂。
e0078069_08163238.jpg
最後も最寄り駅から歩いて帰宅。20,577歩(15.7km、720カロリー)達成。

by navona1971 | 2018-10-27 23:59 | 腎移植(その後の出来事) | Comments(0)
今日は夕方、新宿御苑の近くで仕事を終えたので、
そのまま歩いて新宿三丁目駅へ行き、副都心線に乗り込んだ。
ラッシュにはわずかに早いので、混んではいるが、それでもマシな方。
この間エディー・バウアーで見た新作のシャツがどうしても気になってしまい、
帰りの電車で途中下車。自由が丘店へ立ち寄ってみることにする。
e0078069_08391244.jpg
実はエディー・バウアーの自由が丘店には行ったことがなかった。
かなり近いのに。どこにあるかも知らなかった。南口の方なのか。
「シャツ2枚で1,000円引きです」と店員がにっこり声をかけてくるが、
そのセールいつもやってんじゃん。だって公取委的にアウトだぞそれw
「エディバーさんいつもじゃん」と思わず伝えてしまうw
商売の仕方に仁義、誠意がないのはよくない。定価が不透明になるじゃないか。
e0078069_08391521.jpg
ところで、エディー・バウアーの利用額に応じた会員ランキングで、
ダイヤモンド会員の場合は、年4回、1万円以上購入で2,000円引きになる
ハガキが送られてくるのだが、そろそろ3回目が郵送される頃じゃないか、
と店員に聞いたら来月頭だという。まあ、その時はズボンでも買うかもしれない。
とりあえず、あの例の新作シャツを1枚購入。自分にしては高いが生地が肌に合う。
いや、去年確かに長袖は買ったが、ワンサイズ小さくなったので、
新し目だったが、目をつぶって破棄したし。金かかっても痩せる方がいいのだ。
e0078069_08391855.jpg
そして今日の歩数は19,304歩。自宅~駅往復や四ツ谷~新宿往復が効いたかな。
朝の駅に向かう階段も慣れてきた。頑張ろう。
e0078069_08392172.jpg

by navona1971 | 2018-10-24 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
本店が自由が丘にある亀屋万年堂が、同じく自由が丘にある様々な生活用品を
扱う「私の部屋」とコラボした「私のナボナ」を発売。思わず手にとった。
本店と一部の店舗のみの取り扱い。自分は元住吉店で購入。
パッケージがかわいいよね。で、中身はロングライフナボナのバニラ味。
併せて、秋の新製品「栗乃」も買い求める。東横線沿線住民ならやっぱり亀屋一択。
もうちょっと手頃だと文句ないんだけどね。ま、上品さが売りだから仕方ないか。
e0078069_20245390.jpg

by navona1971 | 2018-10-21 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
昭和13年生まれで、今年80歳になる父は6月、定期検診で動脈瘤乖離が見つかり、
すぐに検査入院。幸いにも即手術という状態ではなかったものの、
なるべく早めに、ということで、落ち着いた頃を見計らい、と、手術を迎えた。

もともと驚異的な体力の持ち主で、今でも年齢よりかなり若く見えるし、
一番懸念している認知症などの兆しはない。それはそれでありがたい。
それでも80歳になった途端にこんなことになった。

ステント挿入手術は無事に終え、お陰様で退院も間もなく。
しかし、普段見ていると気付かないが、病室で父を見ると老け込んで見える。
まあ、誰でもそうだろうが、老い付き合っていくというのは難しい。
オレもあっさり死にたいけど、人生の終わりは自分で決められないからね。
e0078069_20262728.jpg

by navona1971 | 2018-10-21 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
今日はT嬢と夕食の約束。仕事を終え、
待ち合わせ場所の千代田線代々木公園駅地上出口へ。
ところが、こちらのミスで当方が遅れてしまう。
自分で決めておきながら、待ち合わせ時間を勘違いしていて。慌てて現地へ。
もうとてつもなく焦った。涼しい顔で出会えるはずが。しかし、T嬢はにこやかに待っていてくれた。

この駅近くで夕食を、というのは自分の提案だが、
奇遇にもここが職場の最寄り駅だったことが長らくあったそうだ。
隠れ家的なイタリアンに予約を入れていたので、そちらへ。
幸いにも彼女が職場を移ってからオープンしたお店のようで、未訪問だそう。
ここは赤坂や表参道のようなガヤガヤしたところではなく、穏やかに話すには最適。

人気店と聞いていたが、地下のフロアでパーティーがあるせいか、
こちらは静かでお客さんも少なく、ゆったりとした気分で、落ち着いた時間がとれた。

18時過ぎから、前菜~パスタ~メイン~デザートと、それが適度な間隔で届くのが
会話には心地よく、シェアしながら、それぞれの味を楽しんだ。
お互い一切時計もスマホも見ることなく、ひたすら、延々話して。
この間、2対2で会った時は、やはり全く深い話はできなかった。
改めてこうした時間を作ることができてよかった。予想以上に素敵な人だった。
e0078069_20290258.jpg
こういう人と出会えるのは嬉しいことだけど、反面、恐怖というか、つらさもある。
長く続かないのか、いずれ終わるのか(そもそも始まってもいないが)。
でも、弱気は辞めた。それはそれで仕方ないことだから。
卑屈にならず、真正面を見よう。
立派な彼女に合う自分になれるのか。それは自分次第だからね。

でも、T嬢はお店にも喜んでくれ、会話も楽しんでくれていた様子。
じゃあ「そろそろ」って時、せいぜい21時頃かなと思ったら、
22時を少し過ぎていてお互い驚いた。お店の雰囲気もよかったから長居してしまった。
マスター夫婦に店頭まで丁寧に見送って頂き、外へ。ヒンヤリした空気が心地良い。
また会うことになった。快く応じてくれて、嬉しかった。

by navona1971 | 2018-10-19 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
いやいやどうも。
この日は仕事を終え、日暮里駅前にある「竹隆庵岡埜」で和菓子を選ぶ。
それこそ、普段は亀屋万年堂などを愛用する東京城西側の人間には馴染みが薄いけど、
台東区や荒川区付近を中心にいくつか店舗があり、根強い人気があります。
ふとしたきっかけでこのお店を知り、たまに立ち寄っています。

やっぱり、どら焼きがおいしいかな。スイートポテトも好きで買い求めた。
嬉しいのは、どら焼きの包装紙が、季節ごとに変わること。
この時期は秋らしい包み。そして、ハロウィン仕様も。かぼちゃ風味でした。
e0078069_20320804.jpg

by navona1971 | 2018-10-15 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
この日は水道橋「WORDS」で、ばんど屋のボス大澤氏が主催する
「レッスルミュージックマニア Ⅰ」が開催されるので、
プロレス好きの友人、S氏を誘い、行ってみる。
開催趣旨は、昭和プロレスの入場曲などの音楽を、
フルオーケストラの生演奏で楽しもう、というもの。
オープニングアクトは、
ビートルズカバーのレディースユニット「ブルーマーガレッツ」。
この世界ではかなり有名な方なのだそう。女性らしからぬパワフルさと、
可憐さ、愛嬌が両立していて、とっても素敵でしたね。
e0078069_08215422.jpg
ブルーマーガレッツで会場が盛り上がってきたところで、
大澤定永とオルケスタケダ・ルチャ・リブレの面々が登場。見覚えのある方もいます。
というか、相当な演奏レベルですよこれ。ちなみに、”タケダ”は、
プロトランペッターの竹田恒夫氏です。日本で三本の指に入る方と言われています。
実際、この日も演奏しましたが、「炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~」では、
当時実際にレコーディングに参加している、という、モノホンですから。
e0078069_08195835.jpg
ちなみにゲストとして、プロレス、格闘技界を中心に活躍する
ライターの堀江ガンツ氏が登場。
それぞれの曲についてカルト的な知識を披露して解説してくださる。
その博識ぶりは驚愕。さすがプロレスライター。Numberにも執筆するだけあります。
それだけではなく「KAMINOGE」などを主戦場に精力的に取材をされています。
e0078069_08200241.jpg
熱狂的昭和プロレスファンのボスは「泣けちゃうね、涙が出てきちゃうね」と。
わかる。オレですらわかる。同行の友人S氏も「感極まる」と。誘ってよかったわ。
e0078069_08230878.jpg
◆セットリスト

(1)炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~
(2) J
(3)サンダーストーム
(4)SUNRISE
(5) スパルタンXのテーマ
(6)日本テレビスポーツテーマ
(7)NET~テレビ朝日スポーツテーマ、3曲メドレー
(8)王者の魂
(9)スカイハイ

by navona1971 | 2018-10-14 23:59 | 音楽のこと・御徒町ばんど屋 | Comments(0)
道橋のでレッスルミュージックマニアを観覧し終えたあとは、
友人S氏とそのまま川崎競輪場へ。
この日はA級とL級(レディース)のナイターが開催される。
いつも通り、駅前から護送車(無料送迎バス)で向かう。ノルフィンカラーだね。
川崎市交通局のイメージキャラクター。子どもたちに人気です。しかし、
初めて競輪に来た20年前はバスが乗り切れないほどだったが、今やガラガラ。
e0078069_12592088.jpg
そして、川崎競輪場へ到着。先月新しい正門がようやく完成。初めてここから入る。
うーん、きれいにはきれいなんだが、どうにも華やかさがなくて。色のせいか。
安普請に見えるというか。道路の向かいにあるカルッツ川崎(市民体育館が建て替え
られた)の方が数倍立派に見える。まあ、文化・体育施設と比較するのは酷か。
入場者現状のもと、「コンパクト化」と言えば聞こえはいいが、
いずれ本場のバンクがなくなっても、この正門と車券売場で場外だけはできるしな。
そんなことがあと10年もしないうちに現実になりそうなほど凋落している。
競輪はギャンブルの終着駅と言われてる。
競輪やってる人は他のギャンブル全てをやってきたとも称されるしね。
まあオレは逆に競輪以外全くわからないけど。まあ、推理が難しいからね、競輪は。
周囲にレクチャーしてくれる人がいなければ、馴染めないと思う。
e0078069_12592398.jpg
興味を持っても当たらないから去っていく。まあ、その興味を持つ人すらわずかだが。
一言で言えば、「速い人が必ずしも勝つわけではない」ってこと。
それが推理の面白さであり、難しさでもある。文豪に競輪ファンが多いのも頷ける。
そこに、選手の人間関係や心理がからんでくるから。人間好きにはたまらないわな。
e0078069_12592877.jpg
そんな低迷を極める川崎競輪での紅一点、いや、三点か。
2018年のイメージユニット「Sinquacious(シンクワイシャス)」の三人。
3コーナー裏にあるステージでのミニライブや、場内放送などにも登場し、
活性化に勤しむ姿はなかなか健気。以前から何度か見かけていたが、
実際に車券を買ったり、場内の食堂で食事をしていたりと、しっかり溶け込んでいる。

そんな光景に感銘し、ミニライブ後、CDを買って応援させていただく。
さらに、みんな揃ったところを1枚(許可を頂き撮影)。
三人組アイドルはやはり、青、赤、黄なんだな。キャンディーズ、バンディーズを思い出したわ。
ちなみに本職というか、アイドル活動のほかに声優とか、MCをやっているそう。
e0078069_12592669.jpg

by navona1971 | 2018-10-14 23:58 | 競輪(KEIRIN)観戦記 | Comments(0)
この日は、伝説のロックバンド「CAROL」のトリビュートバンドとして、
トップクラスに君臨する「JUNKS」のライブがラバーソウル
(横浜市鶴見区)で開催されるので、行ってみることに。
これまで、こうしたライブ類は日曜夜が多かったので、
遠方だと翌日のことを考えて控えることが多くてね。でも、今回は鶴見なので。
ウチからは近いからね。JUNKSを見るのは久しぶりだな。

19時の開場後すぐに入店。バンマスのこうへいさんと挨拶。
還暦を迎えても変わらぬかっこよさ。男として生き様を学ばせていただく存在です。
今日のライブのポイントはなんといっても内海利勝さんの登場。そしてジョイント。
内海さんは、あのCAROLで、リードギターっとして矢沢永吉、
ジョニー大倉とともに活動したメンバー。ってことで、ホンモノなんです。
e0078069_19541164.jpg
ベースのバンマス、こうへい氏と、サイドギターのヤコさん。
e0078069_19545968.jpg
リードギターのまっちゃんさん(内海氏のHP管理人も努めています)。
本職は秋葉原にある某商社の社長さんだったり。向上心を絶やさない立派な人です。
e0078069_19544828.jpg
サイドギターのヤコさん、こうへいさんに続いて還暦を迎えたのだとか。若い!
e0078069_19544470.jpg
ドラマーは他のメンバーよりグッと年下になるけど、渋いイケメン、陽一郎さん。
e0078069_19544168.jpg
何年経っても色褪せぬ腕前。内海利勝さん。
e0078069_19543799.jpg
そして、夢の”ホンモノとのジョイント”。たまらないですよね。
e0078069_19542920.jpg
狭い店内ですが、とにかく盛り上がりました。みんな汗をかきながら踊る踊る!
e0078069_19543383.jpg
ライブ終了後は記念に一枚。達成感あるさわやかな表情が素敵。
会場ではJUNKSファンの方とも久しぶりにお会いして。
自分のことも忘れられてなかったなー。
e0078069_19550398.jpg

wakawasi 64日前


by navona1971 | 2018-10-08 23:59 | 音楽のこと・御徒町ばんど屋 | Comments(0)