<   2018年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

■05月29日(火)
最近、千葉県担当絡みで京成線や常磐線方面から仕事を終えて帰宅することがあるのだけど、
常磐線の一部の電車が品川まで運転するようになり、便利になりました。
以前なら日暮里で乗り換えて、延々京浜東北線か山手線でちんたら品川まで行かねばならなかった。
しかもそれはアキバや新橋、東京、浜松町などで混み合うわけだし。
でも、品川行に乗れば、この時間は逆方向だがら電車はガラガラで、
日暮里~上野~東京~品川。この画像は日暮里を出た時点の最後尾車両ですが、人がいませんもの。助かります。
e0078069_16545374.jpg
■05月31日(木)
毎朝通勤で歩いている目白通り。交通量はさほど多くなく、緑もとても多いです。
あじさいをだいぶ見かけるようになりました。一番好きな花かな。自分が6月生まれというのもあるし。
朝家を早く出て、会社へ向かう道で時折足を止めながら草花を楽しむ。
そんな余裕の大切さをもっと若い頃に気づけばよかったな・・・。今からでも遅くないと思いたいところ。
e0078069_16550794.jpg
e0078069_16545806.jpg

■06月01日(金)
朝、ビル管理会社と契約している窓清掃のスタッフさんがきれいにしてくれたお陰で、窓がピカピカ。
外のよい天気とあいまって、気分がいい。思わずお礼を言ってしまう。手前の机は共用スペースで、
そこから通路挟んだ手前が自分の席です。まあプチ窓際族みたいなものでしょうかねw
e0078069_16550341.jpg

by navona1971 | 2018-05-31 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。先週金曜日の話ですがちょっと書いてみます。
腎移植者である自分は、免疫抑制剤を服用しているので、人より若干自己免疫力が落ちます。
なので、感染症などには気を付けなければならないんです。
そういう意味では、まず風邪をひかないようにしないとね~。で、感染するのは、
だいたいが満員電車だったりするわけです。あんなところに押し込められればねえ。
一説には、満員電車がなければ、インフルエンザの流行はないのではないか、なんて声もあるとか。
それらを避けるのと、体力に余裕が出てきたこともあって、最近はずっと早起きしています。

そして、自分が利用している東急東横線は激しい通勤ラッシュで知られていますが、
混雑緩和するため、これまで複々線化や10両編成化など、輸送力増強がたびたび行われてきました。
一方、時差通勤を支援するためのソフト面での施策も進められています。
e0078069_12122238.jpg
そのひとつが、公式の東急線アプリにある「グッチョイクーポン」です。
朝7時30分までに渋谷駅を通過すると、ポイントが貯まります(ピークは渋谷着8時30分なので、
それより早く着いたことによるご褒美ですね)。1日1回10P。
で、そのポイント使うことで、東急グループにおいて様々なサービスを受けられたりします。
ちなみに、アプリをインストールし、通知とBluetoothをONにしておくと、
駅に来た時点で信号を受信します。電車が渋谷駅に進入していくと、通知アイコンが表示されますね。
(私は07:11着の各駅停車和光市行か、07:14着の通勤特急清瀬行に乗るパターン)。

これまでは東急カードのポイントプレゼント応募などに使っていました。
ですがたまたまこの日は仕事を終えて川崎に行くため武蔵小杉で降りたんですけども、
東急の駅構内に展開している「しぶそば」が見えてきて思い出した。
「あ、グッチョイクーポン使ってみよう」と。
実は1回分でトッピングが1個無料になります。
e0078069_12082291.jpg
で、コロッケそばにちくわのトッピング。
立ち食いソバなんて食べるの久しぶり。半年ぶりくらい?

コロッケそばを注文してグッチョイクーポンを見せる。これは面白いね。
別にこれが欲しくて早起きしているわけではないが、ご褒美っぽくてうれしい。
満員電車も空くし。聞くところによると、朝の駅売店ではお茶の引換を求めて列ができるらしい。
悪いけどそこまではしたくないけどさー。累計参加者数は25,000人らしい。

しかしちょっと失敗。コロッケめちゃくちゃでかい。思っていたものの二倍はある。
カロリーを考えるのがちょっと怖い。けれど残すのは申し訳ない。
さらにちくわって2本1組なのか。これで器のスペースが埋まってしまうじゃんw
ようやく食べた。胸やけが心配ので病院から免疫抑制剤と一緒に出されている胃薬を服用。
昔はペロリと食べていたんだがなあ。そして、川崎へ向かったのでした。
e0078069_12081745.jpg

by navona1971 | 2018-05-27 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
はい。この日も前向きに参加。会場はYR駅近く。
ちなみに募集設定は確か男性40~49歳、女性39~46歳だったかな。
その年齢枠の上下2歳程度ならば参加可らしいけども。
あと、一応、受付では年齢(生年月日)の記載された身分証明書が必須です。
ただ、いざ始まってからの自己紹介カードに記載されている年齢が本当かどうかはわからない。
中には空欄の人もいるからね。基本的にはあれこれ考えず受け止めていますけども。

参加者は男性5名、女性4名(うち遅刻1名)。
(※以下のプロフィールにはプライバシー上、フェイクを入れています)。

■1番(38歳・津田沼氏市在住・アパレル)
1周目の終わり~2周目の最初の合間に隣だったので最も長く話した。
「会うなら秋葉原や錦糸町は行きやすいですか」とか、
家族像、住まいのあり方など、前向きな質問(詰問風ではない)をいただく。
「話し方が上手で楽しいです」と褒められる。
品はそれなりにあったし、感じの悪い人ではなかった。

■2番(38歳・大田区在住・派遣)
遅刻で一周目は会話なし。年齢、サバ読んでいる気がするのだが。
30代じゃないでしょあなたw
今の彼女の業界に以前、自分がいたことがあったので話がスムーズ。そのせいか、
「ぜひもっとお話したいです」とLINEのIDをもらう(※なお連絡先の交換は自由)。
この間もそうだけどさ、こういう子に限ってオレの好みとはかけ離れているというw
相席スタートの山崎ケイから色気をなくした感じの子。
石田ゆり子風とかないの?奥貫薫風とかさ。゚(゚´Д`゚)゚。

■3番(43歳・さいたま市在住・美容関連)
うーん・・・特に感想はないです。どうも埼玉とは相性が悪い気がする。
むしろ千葉とは縁があるね。それ以上に横浜からの出席者が意外に少ないんだよな。

■4番(43歳・目黒区在住・OL)
彼女の出身地に自分が詳しいことや、
彼女が気に入っているお店を自分も知っていることもあり、話が弾む。
かわいらしい方だと思う。若く見えるね小さな人は。

【第一印象カード】
いつものことだがすべてに「〇」で提出。
そして帰ってきたのも遅刻の2番以外すべて(写真撮る前に破いちゃったw)
女性は気に入った人にしか〇をつけない傾向があるといろいろ耳にするがどーだろ。
e0078069_12313331.jpg
【最終希望~結果】
多分、1番と書いたらカップルになりそうな気がする。迷ったんだよなあ。
だけどなんか番号を書くまでには至らず。ピンと来なかった。
結局、今回は白紙提出。そして、今日は1組のカップルが成立。4番だった。
相手はオレの隣の男性。お金持ってそうだったw

【反省会】
うーん、やっぱり1番書いておいた方がよかったかなあ。
とは言っても相手がオレを書いていたかどうかの保証はないけど。
まあ、きまぐれですが、行ける時には行けます。いい人に出会えたら、で。
必死さも足りないのかも知れない。
ま、懲りずに行くよ
(行くのが目的になっちゃいかんけど、少なくとも新しい出会いは必ずあるから)。

by navona1971 | 2018-05-26 23:59 | 出会いやら恋愛やら | Comments(0)
ふーっ。ようやく一週間が終わって解き放たれた。
今日は川崎競輪ナイターの開催日。ふらりと立ち寄ってみることにする。
まだ夜は涼しいから、外でのんびり観戦するにはちょうどいい頃合いのはず。

競輪学校受験経験もある自転車、競輪好きな友人のSY氏と川崎アゼリアで待ち合わせ。
プレミアムフライデー+給料日で、町は賑わう。川崎モアーズ近くから発車する護送車、いや、無料送迎バス。
昔は長い列ができていて、しびれを切らして歩いたこともあったし、バスが2~3台並ぶことも珍しくなかった。
しかし今夜はこれ。送迎バスなのに客がいない。発車間際ですよこれ。
結局、私、SY氏、前に座るおじさんの3名を乗せバスは出発。競輪の凋落ぶりを痛感する。
e0078069_12135686.jpg
昭和の高度経済成長時代は、労働者、労務者の町だったんです。川崎は。
地方から金の卵として迎え入れられた若者たちが京浜工業地帯で汗を流して。
そして、金の卵なんて名ばかりで、大企業でも実際は過酷で劣悪な環境がほとんどだった。
そういう人々の癒しは、お酒とギャンブル、映画、たばこくらいしかない。当時はスマホがある世の中でもなし。
彼らに支えられた川崎競輪も、その世代の高齢化、レジャーの多様化とともに衰退。
今や年金世代が中心ですからね。それどころかファン自体が死んでしまって純減しているから。
薄暮の川崎競輪場へ到着。ネオンが出迎えてくれる。入場料100円を払い、中へと進んでいく。
e0078069_12135979.jpg
左手のホーム正面に視線を送るが、人がとにかくいない。給料日+金曜+ナイターでこれかよw
どーすんだ川崎競輪。これ10年後あるのか?ちなみに昭和40年代の記念競輪では6万人以上が押し寄せ、
スタンドが超満員になり、コースの内側にロープを引いて観客を座らせたという伝説もあります。
e0078069_12140284.jpg
バンクを「シャー」って音をたてながら自転車が走るシーンがしびれます。
そして、残り1周半で打鐘。やっぱり、人間が他のエネルギーを使わずに闘う競争だから面白い。
馬は馬次第だし。競馬のよさだけは理解できない(競馬ファンの皆さんごめんなさい)。
ただ、競馬ファンに言わせると、競輪の適当な走りや心理戦は気に入らないらしい。
例えば「先輩と一緒に走るから勝たせたい」とか「今日は同期が走るから負けたくない」とか、
そういう気持ちを読むところまでが競輪だが、知らない人には八百長的にに見えるらしい。
e0078069_12140885.jpg
あと、競輪には「地元三割増し」という言葉もあります。地元で参加する選手は、
力量を増して検討しろ、という格言。そりゃ選手も地元なら家族や友人の応援もあるし、
みっともない走りもできない。主催者もファンも期待する。当然力が入るからね。
でも、「贔屓の引き倒し」や「気合の入れすぎ」で空砲になることもしばしば。それが面白さでもある。

とりあえず勝利を祈念して2コーナー裏手にある売店へ。
ここは入口から見えにくい、行きにくい場所にあるので、人影は一層少ない。
存続が心配になるほど。実際、閉店した店もあるようだし。
あまりにも寂しいので何か頼んでみよう。
レモンサワーを注文しようとして対応したおかみさんを見て驚く。
改修前の川崎競輪にもいた美人おかみじゃないか。

だま「あれ、前に4コーナー裏で売店やられてましたよね?」。
女将「あら、覚えていてくださいました?ちょっと感激だわ~」。

リップサービスが上手なおかみ。還暦手前くらいかな。笑顔が素敵です。
いや、このおかみさんえらい美人で、まさに「掃き溜めに鶴」なんだよな。
上品で整った顔立ちで、「なんで競輪場の売店に?」と思うほど。
一時期ちょくちょく競輪に通った時、ここの売店によく立ち寄っていたんだよね。
レモンサワー(半分だけ呑んだ)とイカフライ、おまけのつまみをいただきながら乾杯。
ああ、盛況だった川崎競輪が懐かしいな。涼しくて、今はいいひと時なんだけどなあ。
e0078069_12140410.jpg

最終レースは2階席で観覧。昔は指定席だったらしいが。今は自由に。だがご覧の有様。
空席が広がっていたが、近くに金髪のスレンダー美女が。海外選手が参加しているが、
この最終レースに出走するウェブスター選手の奥さんか彼女のよう。
e0078069_12141027.jpg
ワクワクドキドキの最終レース。
カクテル光線に照らされて走る姿はなかなかだよ。いつのまには空は真っ暗に。
しかし、金網に張り付くファンの数は最後まで増えなかった。
e0078069_12141372.jpg

1着でゴールインしたあと、拍手をする僕らに振り返ってニッコリ笑ってくれました。
ちなみにそのレース、3着に人気薄の8番車土屋(埼玉:101期)が。じゃーん、私買ってました。
ワイドで6,000円近い配当に。今日は無事に余裕の勝利に終わった。
というか、ワイドという賭式は配当も少ないが的中確率も高いので、ちまちま遊ぶには最適です。
今年実際、私収支プラスですし。といっても数百円ですけどね。
e0078069_12141617.jpg
帰りはSY氏が体が凝ってるとも聞くし、こちらも足を伸ばして湯舟につかりたいから、
近くの名銭湯「中島湯」へ。もちろん黒湯温泉もあります。金曜夜は混むはずだが、今日は空いている。
ふーっ、気持ちいい。この黒湯に入ったあとは、夜深く眠れるんですよねえ。
e0078069_12141953.jpg


by navona1971 | 2018-05-25 23:59 | 競輪(KEIRIN)観戦記 | Comments(0)
仕事を終え、ふとスマホを見たら、SJ駅近くの会場での開催で空席が。
女性32~44、男性36~49歳だったかな。また若い子ばかり来そうだが、
40代メインが近くで開催されていないのよね、この日は。

でもあと27分しかない。間に合うか?まあ、遅れてもいいや。もうあそこの雰囲気にも慣れたしな。
幸いにも電車の乗り継ぎがよく、会場に一番近い地下鉄の出口から進んでスタート5分前に到着。
しかし、階段を登っても息が切れず、エスカレーターをあえて選ばない。些細なことだが幸せ。

この会場は二度目だが、受付の女性、とても人柄がよいので気に入っている。
オレのことも覚えていたようだ。そう、すぐ仲良くなる悪い癖があるからさー。
彼女に促されて会場の中に進むと、ガランとしている。人いないじゃん。これ、このままやるのか?
結局、なんと女性3名、男性4名。団体旅行みたいに催行最小人数とかに引っかかるんじゃないか?え、やるの?
何もなかったのでブログに書くのも面倒だが、ま、行った以上、正直にまとめてみる。

■1番(44歳 川越市在住 OL)
趣味や好きなことに芸能人の名前が書いてある。某J事務所の人気タレント。
コンサートなどにもよく行くそう。そういうことは言わなくていいと思うが。
初っ端からこういう人に出会うと途中で帰りたくなるw会話に知性の欠片もなく泣けてくる。

■2番(33歳 豊島区在住 福祉関連)
東北出身の真面目そうな方。年齢差もあるので、相手の仕事の内容を引き出すことに徹する。
詳しくは書けないがなかなか大変そう。いろんな世界が垣間見えるのも勉強になるのよねえ。

■3番(32歳 練馬区在住 保育士)
初めてで全く様子がわからないという。本当かどうかはわからないけど。仕事柄出会いがないそう。
カラッとした子で、なかなか面白い。いずれリアルで彼氏が見つかるだろうにな。
1周目の終わり~2周目の開始まで隣だったので会話は多かったけど。
「こんな(短い時間じゃ)わかんないですよねえ」と。
e0078069_08075632.jpg
【第一印象カード】
もう淡々とすべてに○をする。早く帰りたい。
戻ってきた。1番からのみ○。まあそんなもんでしょう。

二周目に入る前、受付の女性から声をかけられる。
「今日は人数が少なくて申し訳ありませんでした。こちら、お使いください」ーーー。
なにかと思って見てみると次回無料招待のカードだった(やったwwww)

【結果】
言うまでもない。こちらも特段感情はなし。粛々と帰途へ。カップル成立は2番のみ。
過去の開催の中で一番つまらなかった。そりゃそうだわな。

【反省会】
とにかく数行くしかないので。
飽きっぽいところがあるのでどこまで続くかはわからんけどw
土日に行ってもいいんだけど、休みの日に東京のターミナル駅に行くのは騒々しくて嫌でさー。
仕事帰りならまだしも。しかし、安易な参加もいかんな。気合を入れ直そう。


by navona1971 | 2018-05-24 23:59 | 出会いやら恋愛やら | Comments(0)
いやいやどうも。
お陰様で最近は副都心線雑司が谷駅から会社までの約2km往復しっかり歩けるように。
朝の行きはともかく、帰りは上り坂もあるので、それに耐えられるのは自信になる。
歩みも結構早歩きになったように思う。体力がついている実感があります。
お陰様で万歩計も毎日1万歩を超える。
e0078069_10564185.jpg
そして朝、必ず通る目白台運動公園。本当に気持ちがいい。
時間は余裕あるし座って休憩したいんだけど、ここのところ雨が続いたのか、ベンチが濡れている。
あと、道中で見かける花々の華やかさね。朝から幸せを実感します。
こうしたものを愛でる気持ちの余裕がある。
e0078069_10564530.jpg
この日は午後、千駄ヶ谷で弊社製品の説明会があるので出向かないと。
少し早めに会社を出て、例のマダムのいる欧風カレー屋さんで急いでランチ。
「ひき肉とブロッコリーのカレー」。半熟たまごもおいしそう。
お米はオプションの紫黒米(ご飯を減らして半人前にしてもらう)。
正午を過ぎお客さんが次々と。近くに名門女子大とその付属学校があるので、
それらの保護者がらみで混みだした。今日は時間がないので食後の紅茶は抜き。
「あら~、もうですか?」いえいえ。てか、これから昼休みを使って新宿のエディー・バウアーに立ち寄るのよ。
e0078069_10564932.jpg
で、夏用のズボンを2着と半袖シャツ1枚をダッシュで買う。
いや、昨年職場復帰した時に買ったズボンは少し大きくなってしまったからさ。
常に意識したいし、おっさんになったから、格好だけは気をつけないとねー。
つか、先日ほら、ライブの帰りに立ち寄った際にもらった2,000円の割引チケットがあってさ。
でも、結局時間が少なくなって店から千駄ヶ谷までタクシー1000円www意味ねえじゃん。
なかなか買いに行く時間なくてさ。とにかくスリムなズボンを早めに買いたかったし。
土日まで待ちたくないし。早速翌日履いて会社へ。


by navona1971 | 2018-05-23 23:59 | 呑む・食べる・話す | Comments(0)
いやいやどうも。ふと、婚活イベントに行きたくなりました。気まぐれだよな全く。
約一か月ぶりかな。今日は開催30分前に空席があったので申し込んでみる。
ま、先月末、参加8回目にして初カップル成立(しただけだったけど)。
また、各方面の皆さんから助言も頂き、そして、自分も冷却期間を置いて・・・。
単に行くのが面倒って部分もあったけど・・・そろそろかな、って。

これまで、GI駅、SY駅、UE駅、SJ駅の会場に参加してきて、今回は新たな開場。UR駅。
でも、ここも便利な場所。仕事や帰宅上のアクセスでは悪くないな。さ、会場へ。
ただ、ここはきちんとした椅子とデスクではなくて、
バーカウンターみたいに、腰かけて相手と並んで座り会話をするスタイル。
特段狭くはないし、椅子もしっかりしてはいるのだが、落ち着かない感じが少しあるのは残念。

参加者は男性7名、女性6名。
(※以下のプロフィールにはプライバシー上、フェイクを入れています)。

■1番(30歳 松戸在住、勤務:医療関係)
上野東京ラインが開通したこともあるのか、常磐線沿線からの参加が結構多い。
年齢的に合わないので、仕事の話を中心に聞き手に徹する。無難に終えよう。

■2番(41歳 埼玉在住・東京勤務:健康関連)
新潟出身だそうで、個人事業主に近い形の勤務体系という。
相手には合わせたが、会話が楽しく続くようではないな、という印象。

■3番(31歳 千葉在住・東京勤務:サービス業)
明るく、気の利きそうな表情豊かな「女の子」という感じ。まだまだ若い。
しっかりした話しぶりで、どこでもモテるだろうに、と思う。
おそらく人気上位。「年齢差を感じさせません、お話楽しくて素敵です」と、
オレへのお世辞も欠かさない。世が世ならサクラ?と思ってしまう。

■4番(36歳 台東区在住・東京勤務:飲食店)
細身で160cm弱。ワンピースが似合い、ビジュアル的には一番の好みではある。
ただ、すこーし変わっているかな。「黙っていればいいのに」とよく言われると彼女。確かにw 
たいていのトークは受け止められるつもりだが、なかなか・・・。

■5番(43歳 秦野市出身・相模原市在住・販売)
この人と会うのは3回目。前回はオレがカップル成立した時の開催。
「あの時だまさんカップルになりましたね。私だまさんの番号書いたんです」とチクリ。
彼女はあの日その次の時間帯の開催も参加したそうで、自宅も遠いのにすごい。
まあ、それだけ結婚願望が強いのだろう。会話は恒例の情報交換。

■6番(35歳 江戸川区在住・東京勤務・サービス業)
業種は3番と同じ。今は何かと多忙な業界。字もきれいで聡明。この子もモテるでしょうに。
オレと11歳違いは現実的でない。相手はまだ出産できる年齢だしね。
あぁ、もっと若かったらこういう子と付き合えたのかー、と失われた時間を悔やむ思いがよぎる。

【第一印象カード】
前回同様無難に全員へ〇をつける。
そして戻ってきたカードを見る。5番と1番以外から〇がついていた。
5番は今日で3回会った人、1番は年齢差もあるので、まあ、安定の結果という感じ。
e0078069_09165834.jpg
【最終カード】
書きようもないなと悩む。素敵だったのは3番、5番のサービス業の二人。
けれど二人とも31歳、35歳だからな。年齢差ありすぎ。
ただ、魅力だったのはマジで若いからではなく、頭の回転もよくしっかりしている印象だったから。
4番も雰囲気はよかったが、やや癖があるかな、ってことで、
第一希望に3番、第二希望に5番とする(無茶しやがって・・・)。

【結果】
選ばれず。まあそんなもんだろう。
ただ、3番、4番、5番がすべてカップルになっていた。そんないい男いたっけ?
しかし、シビアなのは、カップルになった女性3名はいずれもビジュアルがある程度優れていたという事実。
あと、やはり年齢差はどうしようもない。
若い子にギラギラするおっさんきんもー、的なものは避けたいところ。あくまで紳士的にね。

【反省会】
参加回数を重ね、カップル成立も経験し、だいぶ気持ちに余裕が出てきた。
初めて参加した時は疲れ切って会場からタクシーで帰宅したほどでしたからね。
まあ、それは緊張というより、まだ移植手術から一年も経過してなかったというのもあるんだけど。
今回は女性30~44歳っという幅広い枠だった。いつもは40代メインのものに参加しているし、
そちらにしたかったのだが、この日はその開催がなく、
そして、以前、この30代を含む枠に参加した際はその年齢幅の上限に近い方が比較的集まっていたので、
そんなものかなと思って来たんだけど、今日は想像以上に若い人が多かった。
それは相手にも申し訳なくなってしまう。

ただ、回数を重ねることは訓練になるので、まあ、よしとしましょう。
でも、この幅広い年齢枠の設定って、ぜってーおっさんに夢見させようとしてる印象。
だって、今回、男性30~48歳、女性30~44歳だもん。広すぎだろそれw 行くオレもオレだがw
男性女性とも40代開催もあるので(あまり多くない)そちら重視にしていきたいところ。
(実際前回は女性40~55歳だったしねー)。

by navona1971 | 2018-05-21 23:59 | 出会いやら恋愛やら | Comments(0)
中野でのぴーろくライブ観覧を終え、新宿でエディーバウアーに立ち寄りシャツを買い、
新宿三丁目から副都心線に乗り、そのまま東横線直通で帰途に。
だいぶお腹も空いた。東京では混み合うから、地元の名店でゆっくりおいしく食べたい。
ってことで、同行の姉を誘い、元住吉駅で降りる。ここに好きな店があります。
体調を崩した時期が長かったので、しばらく通えてなかったけど、もう20年近くお気に入り。
元住吉といえば、駅前を貫く「ブレーメン通り」が有名ですが、このお店は、少し外れにあります。
e0078069_08405325.jpg
ブレーメン通りの反対側、東口の「オズ通り」を抜けて、綱島街道に出て、さらに進み、
「木月4丁目商店街」に入ります。正直なところ、昔はささやかながら相応の賑わいを見せたところでしたが、
店主の高齢化や大型店の進出などで、お店がひとつ消え、ふたつ消え、で、だいぶ寂しくなりました。
そんな通りの中で、ポツリと行灯が光っているのがここ「自在屋」です。冠言葉は「下町の伊太めし屋」。
e0078069_08405606.jpg
当初、ここにできた時、「こんなさびれたところでやっていけるのだろうか」と客ながら不安に。
ところが味のよさと、紳士なマスターの姿勢、素敵なメニューが相まって、賑わいを見せています。
マスターが「路地裏にはそれなりのやり方があると思ってやってきました」とニコリと笑っていたのを思い出す。
噂では有名なホテルだかレストランのシェフを長年やられていたとか。

カウンター席とテーブルがひとつだけの小さな小さなお店なので、満席で断られたことも。
マスターがひとりで切り盛りしています。
幸いにも今日は時間が早めだったので、私たちだけ。テーブル席を狙ったが予約済(ほらね)。
ここには連れてきたかったんだよね。みんな「おいしい!」っていうから。

私はじゃがいもとベーコンのクリームスープスパゲッティ。
ここでスープスパを食べるのは初めてだなあ。ワクワク。
そして届いたのがこちら。メニューによると、「コクのあるクリームスープにじゃがいも、
ベーコン、コーン、隠し味に味噌とカツオだしを使って」。とある。なんか和風っぽく感じたのはこれか!
おいしかったし、やっぱり好きなお店ですわ。シェアできるよう、小皿もわざわざ頂きました。
e0078069_08405916.jpg
姉は王道のベーコンと卵のカルボナーラ。よく昔頼んだなこれ。あの頃は大盛ばっかりw
「ベーコンの香りを生クリームと卵黄、チーズを加えたソースで」とある。少しもらうが、懐かしい味。
食にはうるさい姉も大満足のようでした。
e0078069_08410542.jpg
今日はパスタだけでなく、食後のデザートも頂こう!ってことで、
自家製レモンチーズケーキを注文。「クリームチーズをさわやかなレモンの香りと酸味で
包み込み甘さを控えた手作り」らしい。とにかく濃厚。濃密。食べ応えたっぷりで、イタリアの田舎町にある
老舗で頂く味ってイメージ(行ったことないけど)。思わず持ち帰りの追加注文を尋ねてみたら、
「数が少なくて、ごめんなさい。予約があれば」とマスター。無理もないよな。
e0078069_09135845.jpg
そんなこんなでこちらが食べている間にもお客さんはだんだんと集まってきた。ちなみにお酒もあり。
イタリアン居酒屋としても有効。おいしいアラカルトが揃っています。
気取らないお店ですが味は超一流。店名通り、マスターの「自在」な腕でおいしい料理が次々。
季節ごとや新しいメニューも考案されて変化があり、いつでも楽しめます。皆さんもぜひ。


by navona1971 | 2018-05-19 23:59 | 呑む・食べる・話す | Comments(0)
今日は久しぶりにお笑いライブへ行こうと思っています。
体調を崩してからは控えていたが、一時期はかなり通っていたのよね。
毎週のように下北沢とか、新宿に出向いていたし。
じゅんいちダビッドソンさんとか、永野さん、カミナリさんとかがブレイク前で
本当に小さいハコでやってたりしたんですよね。まあ、みんなが通る世界ですわ。

なかでも特に芸能事務所「アミーパーク」の芸人さんのライブはよく行っていて
(ちなみに事務所一の売れっ子は「U字工事」さんです)、じゅんいちダビッドソンさんの
トークライブなんて。本当に楽しかったです。あと、ふとっちょ☆カウボーイさんとか。

もちろん、正直に言えば面白くない芸人さんもいます。
だけど、そこから原石みたいなものを見つける楽しみもありますし、
そういう人でも特定のネタは面白い、なんて子もいますしね。
一方で、去ってしまう芸人さんも沢山見てきて、哀愁も感じたりします。

で、出向くのは「ぴーろく」ライブという、ピン芸人6人が毎月一回開催している定例モノです。
当時からお気に入りのsatomiさんという芸人さんが出ているので、ぜひに、と。
さらに今日は姉が付き合うというので一緒に行く。義兄は東京ドームで友人と野球観戦→呑みらしい。
姉夫婦もなかなかお笑い好きで、先日はよゐこの単独ライブ、その前は吉本新喜劇も行ったそうだし。
お眼鏡にかなうかどうか、ってのはあるが、とにかく行ってみよう。
e0078069_15554775.jpg
東横線で新宿三丁目へ。丸ノ内線で新中野。懐かしいなこの駅。
ここはライブハウス「弁天」とかも近いし、そうした会場がちょこちょこある。
中野Vスタジオはここから中野通りを中野方面に数分進んだ場所です。

そして到着。うわー、久しぶりだ。受付をしていたのはsatomiさん。入場料を払う。

だま「予約はないです。ただsatomiさん目当てです」。
satomiさん「だまさんですよね?お久しぶりです」。

え、びっくり。
てか、なんでオレの名前覚えてんの?
だってもう4年どころか5年近くお会いしてないのに。素直に嬉しかったが、申し訳ないですわ。
全然行けなかったし。「体調崩したとお聞きして」。そこも知ってるんかー。お恥ずかしい。
差し入れとともに謝意を伝える。お笑いも最高に素敵だが、演技力のある方なので、
舞台などでの活躍に期待したいところ。最近は通販大手「QVC」のぽっちゃりモデルもこなされている。

◆今日の出演(※以下敬称略)
・シオマリアッチ
・satomi
・牧野ステテコ
・みよこ(八幡カオルさんの代打)
・メトロポリちゃんV
・森せいじゅ
◆流れ
1本ネタ~2分ネタ(R-1対策)~共通お題ネタ~企画のコーナー。

やっぱり、satomi、ステテコ、シオマリのお三方は頭ひとつ抜けているなという感じ。
特に共通お題ネタコーナーが面白かったな。今回は「ヒーロー」がテーマ。
なにせ少しご無沙汰しているお笑い業界だったので、みよこ、メトポリ、森らは初めて知った。

姉がsatomiさんとステテコさんの共通ネタで特にバク受けしてて安心したw
satomiさんは本当にチャーミングなんだよねえ。腹抱えて笑いました。ステテコさんもね。

企画は綱引き。そして綱引きの勝ち負け関係なくお互いとある暴露を行い、
綱引きの勝敗と暴露のレベルによって総合的な判定を決めるwというもの。
もちろん暴露話はここでは書けませんが、内容は「ちょwww」っていうものばかり。
ひとつだけお教えすると、とある女芸人さんが婚活サイトに登録して活動した際、
プロフィールに宣材写真を使った、っていうのに吹いたww 

ライブはあっという間に幕を閉じた。皆さんの見送りを受けお礼しつつ地上へ。
で、帰り。衣替えの季節だよね。
クールビズで半袖シャツ(仕事用)を買おうと思って。
エディー・バウアーの新宿本店に立ち寄ってみる。中野から中央線で新宿。サザンテラス方面へ。
しかし、土曜の夕方、とんでもない人出で、どこの喫茶店も大混雑で、座りきれない人が花壇のブロックなどに
そこらじゅうに腰掛けている。そら疲れるわな。外国人の姿もいっぱい。
e0078069_15555219.jpg
で、シャツ。
基本的に真っ白なものは着ません。汚れも目立つしさ。カレーとかしょうゆとか絶対つけてしまいそうw
傷まないように5着は用意するつもりで、昨年買ったのが2着あって、うち1着は続けて着る。
なので、ひとまず3着を買って、着心地などを踏まえ、また日を改めて1~2着買ってみようとは思ってます。
選んだのはこの3点。生地もなかなかよさげです。着ていくのが楽しみ。
e0078069_15561555.jpg
シャツを買ったら、JRを跨いで高島屋タイムズスクエアへ抜けて、副都心線の新宿三丁目駅へ向かう。
夕食は新宿では落ち着かないでしょう。地元で頂くことにする。行く店も決めてるんでね。
e0078069_15560963.jpg

by navona1971 | 2018-05-19 23:58 | お笑い・演劇観覧記 | Comments(0)
いやいやどうも。
朝の気温は20℃くらいで、さわやかな陽気。エスカレーターを進み地上に出ると、
心地よい風が頬を撫でる。「よし、歩こうか」という気分になります。
雑司が谷駅から会社までの中間地点に、このブログにたびたび登場する「目白台運動公園」があります。
武蔵野台地の先端にあり、新宿副都心が望め、都会のど真ん中の割に静寂が広がり、素晴らしい。
この時間だと歩いている人も少なく、時には自分ひとりのことも。
e0078069_08521975.jpg
通り沿いには、あじさいの姿もちらほら。いよいよそういう季節も近づいてきた。
この爽やかな朝ともまもなくお別れか。確か奄美地方が梅雨入りしたとか耳にしたしな。
e0078069_08550626.jpg
自分の生まれた月の花でもあるわけだし、鮮やかで好きなのだけど、梅雨だけは苦手だな。
体調がずっといいだけに、それを崩すことなく、夏を迎えたい。
e0078069_08550294.jpg
ゴールも近づいてきた。イチョウの木が並ぶ歩道を進む。木漏れ陽が心を穏やかにしてくれる。
満員電車に押され、長い地下通路を延々歩く通勤はごめんですわ。
e0078069_08524269.jpg
昼は前日誘われていたので、同僚のMくんと例の美人マダムが作るカレー屋さんへ。
いや、前日ってのは、原則自宅から持参したおにぎりをお昼は食べて、外食はしないので。
これまでは当日誘われても応じてて、おにぎりは持ち帰ってたんだけど、これからは衛生上問題があるからね。
Mくんに「前もって言ってくれると助かるよー」と伝えておいた。なので、前の日にね。
だから今日はおにぎりは持参せず。ま、なるべく自分を守らないと。彼にも協力してもらってます。

で、お店。ここはチーズカレーが売りでもあるのだが、自分はそれを頼むのが初めてでね。今日はチキンチーズカレー。
「ご飯半分、辛さは”2”ですよね」とマダムが微笑む。本当に聡明で素敵な方です。
ついでに、オプションの「漆黒米」にしていただく。100円プラス。
チーズカレーもいいなあ。そして、チキンの風味が素晴らしい。今日もお昼時はそこそこ賑わっていた。
Mくんから誘われる時はだいたい会社では話しにくいことが話題になる。カレーを頬張りつつ、そんなやりとりを。
そして、会社帰りにお店の前を通ったら「今日は売り切れました。申し訳ありません」の張り紙。やはり人気なのね。
e0078069_08524607.jpg

by navona1971 | 2018-05-17 23:59 | 呑む・食べる・話す | Comments(0)

中年独身リーマンの雑感春秋


by navona1971