カテゴリ:とりとめもない話( 337 )

いやいやどうも。
なんか年明けは仕事始めの翌週もバタバタしています。
暖冬とは言え寒いし、体調を崩さぬよう、
外食はできることなら控えて、という感じ。基本的に一人では食べないしね。
一人で食べてもつまらないし。

■01月16日(火)
午前、品川での打ち合わせを終え、浜松町へ。ちょっとお客さんに顔を出すつもりだった。
ところが途中、社用スマホがブルブル。取引先の社長、Iさんから。
取引先の社長というより、やや友人に近い感じ?付き合いはもう10年くらいだろうか。
年齢も近いし、仕事ぶりや性格に至るまで尊敬している存在。

Iさん「( ˘ω˘)さんさ、Tさんが縁結びを積極的に買って出て、
   結婚相談所みたいなものを作ったの知ってます?」
( ˘ω˘)「ええ、ほら、Facebookで見ました」。
Iさん「だったら入りません?せっかくの機会だから。推薦したいし」。

そうそう、TさんはIさんと同業の社長で、同じく当方の取引先の代表。
Tさんは自分の周囲の人を幸せにする縁結びをしたい、と話していたのは耳にしていて、
結婚相談所といえば大袈裟だけど、ボランティアでマッチングをさせたい、と。
それを今年からはじめるらしい。Tさんも明るくて優しい人だからね。
TさんとIさんは、自分が腎移植から復帰した時にお祝い会をしてくれた主催コンビでもある。

少し考えて、ひとまず遠慮させていただくことに。
一番の理由は、自分が腎移植者であることだからかな。
やっぱりね、自分の今の体についてはそんなに楽観視していないし。
臓器移植者への理解というのは、一般的な婚活では難しいと思う。

じゃあなんで婚活してたんだよと言われると、まああれはほら、単独行動じゃないですか。
紹介・仲介となると、その間に入る人の責任も発生してくるでしょ、道義的な。
迷惑をかけるわけにはいかないしね。あとは、進展する確率は低いだろうが、
T嬢とたまに会ってることもあるかな。今の自分はそれでいい感じ。

でも、こうして紹介しようとしてくれる気持ちは本当に嬉しい。
もっと自分に自信を持つ、ある意味図々しくなればいいのかも知れない、悩むね。
あと、もっと気楽に、とかね。そうできないところも自分の生き様なのかもなあ。
これまで「紹介したい」と言ってくれる人が何度も出てきて、それはありがたいんです。
自分が健康で高収入なら二つ返事なんだけどね。

その件と仕事の話で、浜松町の世界貿易センタービルのはじっこで30分近く話すことに。
予定していた客先訪問はパス。まあ挨拶程度でアポなしだったから。改めて電車に乗り込む。
乗り換えのため有楽町で降りると、お昼だ。ランチするか。

あ、有楽町といえば・・・
先日、知人から「AUX PARADIS(オゥ バラディ)」というブランド
のハンドクリームがすごくいい香りなんだ、と教えてもらう。
Fleur(フルール)というフレーバーがかなりいいらしい。
確かに、強くないし、アロマっぽくて、気持ちが落ち着く。
調べてみると最近結構な話題なブランドらしい。で、店舗検索すると、
有楽町ルミネにあるんだよね。ちょっと立ち寄ってみる。

知り合いはクリームを使っていたのだが、聞けば香水もあるのだという。
たまにはこういうのも悪くない、思い切って買った(両方合わせて約5,000円!)。
自分なんて香水を自腹で買ったなんて初めてだ。
店員さんによると毎日つけるとこの容量(15ml)でも一ヶ月程度でなくなるんだって。
女の人はお金がかかるねー。まあオレはたまにしか使わないけどさ。
e0078069_07092645.jpg
■01/16日(水)
仕事帰りは田町から京浜東北線で大井町へ。
そこから東急大井町線。自動改札横の駅員がいる事務室兼窓口には、
東急電鉄のゆるキャラ「のるるん」がブランコに乗った形で天井から吊るされている。
e0078069_07094205.jpg
これ、結構癒やされるんですよね。保線などを行う工務部?と駅員さんバージョンか。
ちなみに去年、「NIGHT DENBUS MUSEUM」ではのるるんの撮影タイムもありました。
e0078069_07093355.jpg
■01月17日(木)
夜、帰宅途中に歯医者へ立ち寄る。東急東横線多摩川駅近くにあります。
知人のつてで紹介されたのですが、丁寧で腕もいいところで助かっています。
今日は小さな虫歯を麻酔をかけて治療しましたが、針がチクリ、と。
まあ針は採血やら点滴やら透析やらでさんざん刺されてきたからね・・・
先生に「麻酔が効いているので帰り道気をつけてください」と。
確かに右顎の感覚がなく、頬も少し腫れているらしい。まあもともと腫れてるし。
で、帰りは多摩川駅のコンコースにある神戸屋に。
「タマちゃんパン」なるものがあったので手を伸ばす。てか、タマちゃんが
多摩川に来たのってずいぶん前のような気がするが。
かわいい。ちなみに中はあんこがぎっしり。形はひよ○に似てますが、○よこではないです。
e0078069_07094779.jpg
■01月18日(金)
この日は雑務と電話が多く、終日社内。ふーっ。
帰りは友人、SY氏から誘われたため、横浜で夕食+お茶をすることに。
待ち合わせする駅まで通勤特急で急ぐ。
週末だからか、7時台でもいつもよりやや空いているかも。
みんなもう少し寄り道してから帰るのかな。
SY氏は同じ横浜市在住なので、彼も東京で働いているが、
会う時は地元に戻ってからの方が多い。帰宅もラクだしね。

優先席の前に立つ。座っている3人はひたすらスマホと居眠り。
視界の範囲におばあさんが荷物を持って立っているが、気づいていない。
優先席に一般人が座るのは構わないと思う。自分だって座ることはある。
でも、そんな時は周囲を時折見回して、譲るべき人がいたら即座に立つことくらいは
するのが大人ってもんじゃないかと。いい歳した人間がそんな配慮もできないのは悲しい。
座席といえばこの前大井町から帰宅した時は、友達のために席を専有する
中学受験予備校に通う小学生のガキが。親は塾に行かせる前に教えることがあるだろと思う。
そんなことに思いを巡らせながら電車は真っ暗な多摩川を渡っていく。

で、SY氏と合流。あまり元気がないようだが、その理由は会話の中で判明する。
まあ、ねえ。いろいろある。でも友人が苦しんだりストレスを感じるのを見ているのは、
あまり楽しいことではないので、そこから脱することができればいいなと願う。
しかし、SY氏が頼んだメロンソーダはでかいなあ。ここの喫茶店は昔ながらの雰囲気で好きなんだよね。
二時間ほど過ごして散会。さ、土日はびっしり教習だ。
e0078069_07093961.jpg

by navona1971 | 2019-01-18 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。
長い年末年始休みも振り返ればあっという間で、もう仕事始めです。
またいつも通りの変わらぬ日常がやってきました。
電車はこの日を境にきっちり混み始めてきたし。まだ学生さんは少ないね。

会社では新年の挨拶をした後は意外にどっさりと仕事があり、
息をつくヒマもなく。まあ仕事始めはそのくらいがいいのかも知れない。
そんなこんなで、午後もいろいろあって。夕方前にお台場にあるお客様のもとへ
有楽町線で新木場まで出て、りんかい線で戻ってきて東京テレポート駅。そこから歩いて・・・。
行く約束を時間指定がないながらもしていたが、
社内で業務が多く、遅れてしまい、着いた頃には17時に・・・。
冬至を過ぎたから、春に向かって昼間は長くなっていってるはずだが、陽が暮れるのは早い。

無事にその用件を終えて、さて、帰りましょう。
お台場海浜公園からゆりかもめに乗ってもいいが、夕方混み合う新橋は通りたくない。
昔はレインボーブリッジを渡る「虹01」系統が浜松町まで結構頻繁に走っていたが・・・
仕方なくまた東京テレポート駅に戻る。寒さのせいもあるのか、観光客はさほど多くない。
てか、手袋を持ってくるべきだった。本当に冷える。天気はいいけどさ。
聞くところによると、クリスマス以来、都心は雨がないらしい。
雨が苦手な自分は助かるけど、乾燥もよくないね。
e0078069_20470523.jpg
翌日は朝、寒さも多少和らいだので、手前の駅から歩いて会社へ向かう。
今は冬場になっても、排ガス規制も厳しくなったし、空が澄んでいる。
途中、目白台にある公園へ立ち寄ってみる。
ここは新宿副都心が障害物なく望めて、個人的に好きなスポット。
年末に伸びた木々の伐採も行われたようで、視界が開けて、一層、眺望がよくなった。
e0078069_08151617.jpg
午後は仕事で曙橋へ。
先に外出していた上司と現地合流の予定で、こちらはバスで移動なので、
遅れないよう少し早めに向かう。が、思ったよりスムーズで早着。
お昼休みの時間でもあったので、少し近所をぶらついてみる。
実は曙橋の隣にある荒木町は、20年ほど前に勤務していた会社があった場所で、
その会社はもともと東京駅近くにあり、倒産する1年前にこちらに来たので、
荒木町での社会人生活はさほど長くはないが、まあ会社もひと騒動あったし、
自分も珍しく彼女がいたり、さらに隣町で事務所を構えていた作家さんのもとに出入りして、
ちょこちょこ文章を書く仕事を手伝ったりなど、公私ともにいろいろあったので、
妙に覚えていたりする。まあ思い出を思い出す感じだけどね。とうにリアルさは体から消えて。

曙橋を越え、四谷三丁目に向かう外苑西通りを進むと、当時の会社があったビルが今も残る。
当時は自社ビルだったが、その後、いくつか所有者が転々として・・・と噂に聞く。
エレベーターホールや店頭、裏手の階段などが懐かしい。
そして、そこからもう少し進むと「京坂屋」という、和食兼居酒屋がある。
当時よく通っていて、今も健在なんだなと。今日はお昼食べてきちゃったからな。
数年前からまだ営業しているとは気づいていたが、なかなか伺う機会に恵まれてず。
ひとりで行ってもつまらんし。誰かと一緒にぶらりと行きたいね。おいしいお店だったから。
おかみさん独自の手作りで、味もよく献立にアイデアもあったことを覚えている。
身のこなしや雰囲気がどこか普通の人と違うなと思っていたが、
のちに、若かりし頃に女優さんをしていたらしい、ということも小耳に挟んだかな。
確かに和装の似合うきれいな人だった。今もお元気なのだろうか。近々行こう。

そういえば、荒木町から曙橋へ進む道は「新坂」と言ったな。あの頃幾度となく歩いた。
経理部長のSさんとね。その人が面白い人で、前は大手メーカーにいた人なんだけど、
当時の上司のモノマネ(オレが知るわけもない。彼がメーカーにいた時の上司ね)を披露してくれて、
それがまためっちゃくちゃ面白くて、その人を知らないのに笑えるというか)。
理知的で、ユーモアのある人だった。頭もとてもキレてね。
ちなみに、8年前に新橋駅近くの道端でバッタリ、Sさんとは会ったんだよねえ。
東京は怖い?場所で、自分はいくつか仕事を変わっているが、以前の職場の同僚と
結構、町中で会っている。その倒産した会社の社長は大岡山駅の改札で見たり、
総務部長は東京駅のキオスクの販売員になっていて、ミンティアを買った時に対面したりとか。
なかなかドラマチックでしたわ。時の流れも感じます。
さ、そろそろ上司も来るころ。待ち合わせ場所に向かいましょう。
e0078069_08152117.jpg
さらに翌日です。この日は仕事帰りに竹隆庵岡埜に立ち寄り、和菓子をちょこちょこと、自分用に。
前にもこちらで書きましたが、商品はそのままでも、季節ごとに
包装のデザインを変えるところがこちらは「粋」で、手間をかけているな、と。
今年はいのしし年ということもあり、こんな感じに。あ、オレ年男じゃん。
あと、大好きな「紅小町」も。ニッキの風味が漂う独特の雰囲気。
なんていうか、特別においしい、という訳ではないのだけど、どこか懐かしいので、手が伸びる。
しかし、腎臓移植する前は甘い物はさほど好まなかった。
子供の頃なんて「あんこ」にはほぼ、見向きもしなかったんだ。
おだんごなんてみたらしばっかりだったし。それが今やこれだものね。わからないものです。
e0078069_08152436.jpg


by navona1971 | 2019-01-09 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
ちょっと遅くなってしまいましたが初詣に行きます。
ここ最近出向いているのは、川崎市中原区にある「京浜伏見稲荷神社」です。
(実際は「浜」の字は旧字体の「濱」のよう)。
東急東横線・目黒線の新丸子駅から徒歩3分ほど。

戦後にできた神社で、京都伏見稲荷神社の流派となります。
狭い通りにいきなり立派な鳥居がでてくるんだよね。
後ろには武蔵小杉のタワーマンションが見えています。
新丸子は隣町ですが、その喧騒はなく、のんびりとした雰囲気の場所です。
e0078069_11421276.jpg
境内には108つの狐のオブジェがあるんですねえ。数えたことはないですが。
もうお正月も5日だし、初詣客はいるけれど、並ぶ、までには程遠い。
手を清めたあとは、いよいよ拝みに伺います。ちゃんとお賽銭も奮発傾向で。
e0078069_11422725.jpg
拝んたことは2つのみ。一つは自分の体の健康。腎臓がきちんと維持されますように、と、
あとはいいご縁がありますように、と。まあ効能はともかくとして、お願いしました。シンプルに。
e0078069_11423191.jpg
で、おまもりは健康祈念のお守りを買って・・・。
そして、おみくじ。四十四番と言われてヒヤリとしたが、「中吉」でした。
「仕合せの運がやってきた 受け入れを急げ 心素直に 悪心は禁物 勇み足は取りそこなふ」と。
自戒します。特別なことはなくていいから、2019年も穏やかな一年であって欲しい。
別にモテなくてもいいから、彼女できなくてもいいからさ。
とにかく、平穏な一年であって欲しい。それを願う。
で、縁結は「良縁近し 心和やかに待ちて吉」とも。ほんとー?
e0078069_11423483.jpg
京浜伏見稲荷神社は、腎臓移植手術をする直前の初詣で、藁をもすがる気持ちでお参りしました。
その時のおみくじに「長らくの忍耐の甲斐あって、
広々とした明るい将来が開け幸運が目の先に待っている。心焦らず、もう一息の辛抱」とあって、
心の支えになりましたね。その後、言葉の通り無事成功して。
なので、こちらの神社にはご恩があるのです。


by navona1971 | 2019-01-05 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願い致します。

年末はバタバタしていて外出も続いたが、
年明けは元旦から3日までは近くの「まいばすけっと」に行ったくらい。
若い頃は毎年初日の出を見に行ってたけどね。
高尾山とか、川崎港とか、フェリーの上からとか、いろいろね。
でも、今は大人しくしています。
外は初詣客で騒々しいしさ。

Top'sのケーキを食べたけど、おいしかったな。
この1月で腎移植から早くも3年目に突入していく。あっという間だ。
これからもっと体に気をつけないと。
この三が日は暴飲暴食はとにかく控えた。
明日は2019年の初の銭湯、入り初めをしてきますわ。

今年はどんな一年になるんだろう・・・
e0078069_10282012.jpg


by navona1971 | 2019-01-03 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。
この日は金沢に転勤していた義兄がこちらに戻ってくるので
年末の挨拶をしに同じ横浜市内にある義兄宅へ向かう。
途中でケーキを買って。ま、自分が食べたいのだけどw

3時過ぎには無事合流。いつも通り北陸新幹線「かがやき」で戻ってきたそう。
金沢はは雪もあり、かなり寒かったらしい。
帰宅しての最初の言葉は「横浜は暖かい」。そうだよなあ。
オレも夏、秋と二度に渡り義兄のもとへ遊びに行ったが、さすがに冬場は足がすくむ。
ただ、義兄も言っていたが、靴が路面の積雪や凍結防止のために水が出ていたりするので、
長靴でもないとビチョビチョになってしまうらしい。春まで待つかー。
今年は車で金沢に行くのが夢(あぶねーかw)。

「9時間は覚悟しないと」と義兄。
そんなにかかるかなと思ったが、確かに高速バスは7時間半だけどほとんど走りっぱなしだしな。
自分で運転するならもっと適度な休憩が必要だろうし。慣れないうちは特に。
石川県民、というか金沢市民の運転マナーもちょっと気になるけど。
「停止線なんかに合わせて停まらないんだもん」と呆れ顔の義兄だった。
e0078069_08392000.jpg
で、石川県のお酒セットと、中田屋のきんつばがきたあああああああ。まいうー。
これ、自分が職場で渡しても「あ、中田屋さんですね」と。めちゃくちゃ知名度高いのな。
オレは義兄が金沢に転勤するまで知らなかったけど・・・
ノーマル味は小豆、で、秋は栗、今はうぐいす。また春になると限定版が出るらしい。
e0078069_08393393.jpg
そんなこんなで3人でプチ忘年会。今年もお世話になりました。
義兄は突然の転勤で慌ただしい一年だったようだ。来年は落ち着けるかな。
またオレも遊びに行きたい。

最後はケーキを食べて締める。やばいショートケーキおいしい。自分で買ったけどw
e0078069_08392562.jpg
姉が買ったらしい。玄関に置いてあった。確かによくできている。
値段はなかなかそうだ・・・わからんかったけど。
e0078069_08392965.jpg

by navona1971 | 2018-12-29 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)

2018年最終週になって、勝手ながらのんびり、惰性で過ごせるかと思ったら甘く、
妙にバタバタしている感じ。この日も午前は雑務に追われ、
午後は飯田橋→三田→品川1→品川2と。

品川1件目は港南口、インターシティ内にある取引先へ。
改札と港南口側を結ぶ連絡通路はいつ行っても混み合って人が行き交う。
お会いしたお客様が「本当にあそこを通るのがストレスで」と苦笑していた。
そうだよねえ。自分が就職した時は(と言っても25年も前の話だが、それでも平成)、
港南口は全く開発されておらず、小さな駅舎がポツンとあり、細い連絡通路が頼りなかった。
あれから見ると隔世の感がある。
e0078069_04261240.jpg
なんやかんやで、お客さんとのやりとりと設定作業で一時間くらい要してしまった。
もともと訪問は製品の動作トラブルで急遽だったので、
お詫びに品川エキュートで買ったチョコレートを渡して。
いつもこちらのお客様(優しい女性)にはお世話になっているので。ささやかなお礼。

なので、お会いする前はまだ陽は落ちる前だったが、ビルを出るとすでに真っ暗。
そうだ、冬至をちょっと過ぎたところだものな。今は一番陽が短い時期。
インターシティのイルミネーションがきれい。
しかし、ハーウェイのP20Proは夜景に強いな。昼間の写真はちょっときれいくらいなんだが。
e0078069_04261615.jpg
その後、同じく港南口にある2件目のお客様へ。
さすがに今週は定時で上がる会社が多い+みんなで忘年会なのか、
駅に向かう人並みに逆らって進んでいく。
で、そちらを回り終えると時計の針は19時30分。ふー、いや、別に大して遅くはないのだけど。
品川は最近混みすぎて苦手だが、横浜市在住の自分にとって、帰途は楽なんだよな。
e0078069_04262081.jpg
とにかく今週をすんなり終えて、気持ちよく2019年を迎えたいところーー。


by navona1971 | 2018-12-25 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
先日、開発部の同僚と移動した際の雑談で、
「2020年の五輪時には通勤とかどうなるんでしょう」なんて話に。
ホントだよな。肥大化していく東京でさらにこんなどでかいイベントやるなんて・・・。
そこから、働き方改革や、シェアオフィスの話などになった。
そんな時、そういえば、JR東日本がシェアオフィス事業を試行しているらしい、
という話題を思い出して調べてみると、
「駅ナカ×シェアオフィス”STATION WORK”」なるものに取り組んでいる様子。

電話ボックスのような小さな作業部屋を駅構内に置いて、
ちょっとした仕事ができるようにしよう、という内容。もちろん仕事じゃなくてもいいが。
現在は来年2月まで無料でトライアルをやっているそうで、試しに登録してみることに。
「STATION WORK」は現在、新宿駅、東京駅、品川駅で展開している。

実際、外へ動く自分のような営業の場合、アポとアポの間の時間調整は難儀で、
いちいち喫茶店に入るのも面倒(コーヒーはあまり飲まないし。まあ紅茶でいいけどw)。
駅から出る→適当な喫茶店を探す→注文→席をみつける、とか煩わしい。
おっちょこちょいな自分なので、狭い机でカップをこぼさないように作業をするも注意を払う。
それに、個人的には喫茶店でPCを広げるのは好きじゃないので(個人の感想ですw)。

そんな自分にとっては今回の取り組みは結構魅力的に映る。
そしてちょうどこの日、品川駅港南口近くにあるお客様とのアポが16時15分だったので、
「STATION WORK」の予約を15時35分から30分間にスマホで予約してみる。
どうやら1日2回、1回あたり最大30分までの予約ができるようだ。短いかなちょっと。
e0078069_17332569.jpg
時間になり現地へ。場所は品川駅構内、中央改札口近くの7番線8番線の
ホーム行きエスカレーター・階段の脇。この駅を利用している人ならすぐわかるだろうが、
みずほ銀行ATMの目の前。裏側から見るとこんな感じ。4つのボックスが連なっている。
よくよく見ると電話ボックスよりは相当大きいな。左側2台が個人会員用。右2台が法人会員用。
e0078069_17332901.jpg
行くと、試行中のせいか、スタッフが待機していた。念の為簡単に説明をしてもらう。
スマホでSTATIONWORKのサイトを開き、「QRコード読取」をタップするとカメラが起動する。
そこで予約した番号のボックス(この日はPersonal1)の前に行き、
ドア横にある液晶画面にQRコードが表示されるので、それを読み取ると解錠される仕組み。
ちなみに会員であれば、予約が入っていない状態のブースにはすぐ入れるらしい。
で、入室。普通のドアのようにサムターンで鍵がかかるようになっている(半電動みたい)。
e0078069_17335385.jpg
ドアのウインドウの大部分は曇りガラスのようになっていて、プライベートは確保されている。
e0078069_17334203.jpg
普通の世間一般の机の4割くらいのスペースだろうか。自分には狭いとは感じない。こんなもんでしょう。
で、ソファーの真正面には20インチ程度のレノボの液晶モニターがあり、HDMIケーブルが伸びている。
ノートPCを持参しても、このケーブルを使うことで、バッテリーの減少を抑えることもできるね。
この日はノートPCを持参していたが、接続はしなかった。スタッフさんによると、
試行中は液晶モニタが使えないようになっているとか聞いたけどどうなんだろう。
e0078069_17333824.jpg
机の下にはヒーターがあり、寒さはない。駅構内って結構底冷えするけどね。
入った時にはスイッチがONだった。夏場の暑さ対策とかはどうなんだろう。
天井を見上げると、4つのファンみたいなもの?が伺えたけど・・・。
e0078069_17334934.jpg
モニタ横には利用案内が。食事はダメだが飲み物はOK。このあたりは利用者のモラルも問われる。
あと、当然ですがWifiもあります。接続してみましたが速さは問題なく、非常に快適。
e0078069_17333591.jpg
その横には非常ボタンもあり、万が一の時の対策もしてあります。
まあ、中で何が起こるのか、と言っても一人しか入らないスペースだしな。体調不良とかは充分ありえるし。
e0078069_17334538.jpg
で、さらりと見回したあとは、PCを開いてメールの返信をしたり日報を書いたりと雑務を。
仕事に関するメールの返信って、スマホじゃやりにくくて、最近はノートPCを持参することが多い。
重くて嫌なんだけどw、ビジネスバックからリュックに変更してからは増えたかな。
ちなみに、駅ってアナウンスや案内放送もあり、結構「喧騒」の中って感じだけど、
うるさくはないな。まあこのあたりの感じ方は個人差があるだろうが。
ちなみに、隣のブースに人がいたかどうかはしらないけど、両隣からの物音などはなかった。

実用化の際は当然有償になるだろうが、15分300円、30分500円以下なら魅力的じゃないかと思う。
利用後、アンケート依頼が届いたが、そのように答えておいた。
スマホの普及が進み、ネット社会が進化していく中では、サテライトオフィスみたいなのが、
もっとあってもいいと思う。神奈川県在住社員は横浜オフィスへ、千葉在住社員は船橋オフィスへ、とか。
で、本社出勤回数をへらすとか。もうそういう時代に来ているんじゃないかなー。

でも、今回は25分くらい利用して退出したんだけど、振り返ると結構短い。あっという間。
45分くらいの利用単位があってもいいかも。ただ、台数や会員数とのバランスもあるだろうしねえ。
とにかく、喫茶店ではない空間でワークスペースが取れるのはいい。そして・・・お客様のいる港南口へ。
e0078069_17335634.jpg


by navona1971 | 2018-12-20 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
品川駅港南口ですんなり仕事を終える予定だったので、田町勤務の友人S氏と、会うことに。
S氏が最近、腰痛に悩まされていると聞いていて。
ならば一緒に黒湯温泉銭湯へ行きたいなと思って。オレも温まりたいし。

ところが夕方訪問のお客様が長引き、
待ち合わせ時間に遅れてしまう。慌てて品川駅ホームへ・・・
しかし、この時間の港南口の人の波はすごいね。で、どこの湯につかりに行くか、
黒湯温泉銭湯といっても、京浜地区にはたくさんある。ある意味贅沢な環境。

S氏の「熱いお湯にサッと入ってサッと出る」という希望で、
東急東横線新丸子駅に近い「丸子温泉」へ。
ここは鉱泉が地下から噴出していて、昔ながらの薪ボイラー。
以前来た時、あまりに熱かったので足が遠のいていたが、
今はどうだろう?長湯しないなら大丈夫かな。
e0078069_12090392.jpg
近くの100円ショップでタオルを書い、のれんをくぐる。まあまあの賑わいぶり。
番台のある昔ながらの銭湯スタイル。そして、体を洗ったあと黒湯に。
まあ確かに熱いが、いられないほど熱くはない。温度計を見ると、45℃と46℃の中間あたりのよう。
肌がピリピリしたりもせず、意外にちょうどいいかも。ぬめりがまたいいんだよね。
あと、とにかく芯まで暖まる。いつもの銭湯より短めに出て、夕食に。
新丸子はチェーン店が少なく、こぶりながら名店が多いのよね。

ちなみに体は翌朝まで温かいです。ものすごい温浴効果。
だから黒湯は癖になる。でも、さほど熱くないのなら、もっと来よう。
ここなら通勤経路上だし、気軽にひとっ風呂浴びられそう。
e0078069_12090724.jpg

by navona1971 | 2018-12-19 23:58 | とりとめもない話 | Comments(0)
この日は自分が社会人で一番最初に勤めた自動車関連業界紙の新聞社
で先輩だったSさんと久しぶりにお会いすることに。

Sさんは当方同様、当時の会社からはすでに離れており、
今は通信建設関連企業に勤め、豊洲が職場で、自宅の船堀からはロードで通っている。
夜の待ち合わせは錦糸町で決まった。
18時半に仕事を終え、市ヶ谷から都営新宿線~住吉~半蔵門線で向かう。
帰宅ラッシュの時間に自宅とは違う方向に行くのは新鮮な感じがいつもするね。
e0078069_20551515.jpg
錦糸町1A出口で合流。
今年の2月、その新聞社のOB会でお会いして以来かな。
年齢は自分より10歳上だが、気さくに話をさせてもらっている。
新聞社時代はモータースポーツの取材で数えきれないほど一緒に各地へ行った。
それだけでなく、日々なんでも相談に乗ってくれて。いい兄貴分です。
e0078069_20552017.jpg
で、駅前のコメダでお茶。オレはカフェインレスコーヒー。
ちょっと相談したいことがあって今回は自分から誘った。その道のプロなので、Sさんは。
楽しくいろいろ話をして・・・90分。なんか新聞社時代にタイムスリップしちゃうねー。

なんか、もう20年以上も前のことなのだけど、結構鮮明に覚えていたり。
まあ、今思えばめちゃくちゃな会社だったけど、面白かったからね。
弱小でも新聞社だったから、やっぱり頭のいい人が多かったし。トークも上手いし。
在籍期間が短くても、OB会が続くのが不思議。
ちなみに、自分が辞める少し前に転職してきた年上の後輩が、今は編集長をしています。
一方で当時自分の上司だった方もまだ現役らしいんだよ。
もう65くらいのはずなのにな。とことん”書く”ことが好きな人だったから、
それはそれで納得だったりします。
e0078069_20552409.jpg
そんなこんなでお互いの近況報告と、
ご相談でとてもプラスになることがあり、満足。
Sさんを見送り、自分は錦糸町のホームにある立ち食いそばで夕食。
もちろん、つゆは全部残します。帰りは総武快速・横須賀線のグリーン車。つい、ね。

Sさんと話せた楽しさと安堵で浮ついてしまい、自宅最寄り駅で
下車した際、タブレットをグリーン車に忘れてくる失態。多分見つかるだろうw
とりあえず通信を、マイドコモから停止させる。


by navona1971 | 2018-12-07 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
オレの姉の旦那さん、つまり義兄は、石川県金沢市に転勤中。
このブログのバックナンバーにもあるように、オレも二度ほど会いに行った。
とかく世間は義理を含む兄弟と交流が薄いところもあるようだが、
幸いにもウチは仲良くしてもらっている。

そんな折、義兄からダンボールが我が家に到着。
お茶を送ると言っていたが、届いたのはポッカの「加賀棒ほうじ茶」だった。
ペットボトル525mlワンケース(24本入り)。なんてありがたい救援物資。
腎臓を守る生活をしている自分は、適切な水分摂取が欠かせない。
なので、本当にペットボトルのお茶をよく飲む。補充も大変なんだよね。
こうしてひとまとめに送ってもらえる。しかもほうじ茶とは。

ほうじ茶はお茶の中でも一番好きです。
この加賀棒ほうじ茶は東京でも売っているけど、あまり見かけない。
味もなかなか濃厚で、飲みごたえがあります。ありがとうございます。
e0078069_12184014.jpg

by navona1971 | 2018-11-21 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)