カテゴリ:とりとめもない話( 348 )

運転の練習兼ドライブには、交通量の少ない休日の早朝は最適。
ま、空いていたら逆に練習にならないのかも知れないけど。
昨日は一ヶ月点検でディーラーまで行き、それにちょっとドライブも加わり、
運転時間が自分にしてはかなり長かったので、今日は抑え目に。
朝日が眩しいね。でも気持ちがいい。
e0078069_18075537.jpg
川崎市川崎区にある銭湯「中島湯」に朝風呂しに行きます。
毎朝5時から開いていますから。こちらにはもう15年くらい行ってますが、朝風呂は初めて。
横浜の自宅から、この時間なら20分弱で着いてしまいます。
銭湯付属の駐車場はあるのだけど、入る道がとても狭いので、自粛。近くのタイムスに預ける。

さ、中島湯へ。バスタオル&タオルレンタルを含め540円を支払う。
ガラガラかと思いきや、昼間と変わらぬ混雑ぶりで、カランも適度に埋まっていた。
早朝営業も納得。近くからふらりと入りに来る人、これから仕事の人、仕事が明けた人、
それぞれのために、こんな早くから営業しているんだよねえ。

ここには黒湯温泉があるんだよね。
とにかく気持ちがいい。温度も適度でね。そして、半露天風呂という、
ちょっと空が見えるテラスに大きな湯船があって、癒やされます。
小一時間ほどいて、体を乾かして、車へ戻る。来る時は寒いてシートヒーターと暖房だったが、
帰りは冷房に切り替え。先週はちょっと疲れたから、この日は自宅でのんびり過ごすことにする。
e0078069_18080208.jpg

by navona1971 | 2019-04-14 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)

今日は先月16日に納車された中古車の一ヶ月点検です。早いなあ。
それでも乗った距離は600km。自分には多く感じるが、慣れてる人なら一日で乗れる距離。
まだまだな。ディーラーは同じ県内ながら自宅からは少し距離があり、
会社が同じの別店舗でも点検は受けることができるが、練習を兼ねて現地へ向かう。

付き合うという友人を途中で乗せて。納車の際はひたすら下道で戻ってきたが、
この日は保土ヶ谷ICから横浜新道で一気に戸塚ICへ。おかげで横浜から販売店までは一時間かからず。
今回は点検だけでなく、実はオートリトラミラーの取り付けをお願いしていた。
世間では自分でつける人も多い。自分はまだ車には素人だし、車全体が保証に入っているから、
その部品自体もこちらで付けたほうが後々ね。ちなみにオートリトラミラーってのいうのは、
念のため説明しておくと、サイドミラーの電動格納がキーロックと連動しているものです。
自分の車はコンパクトカーですが、オートクルーズやバドルシフト、シートヒーターなど、
装備はとても充実していたのですが、オートリトラミラーがなかった。
これがないと駐車する際、ミラー格納ボタンを自分で押さないとならない。
もちろんそれは当たり前なのだが、ズボラな自分はドアを閉じてから格納忘れに気づくこともあり・・・
まあ、納車当初よりは減ったけど。オートリトラミラーをつければ、キーをロックするとミラーが閉じるから、
非常に楽だし、逆に言えばミラーが閉じていればロックされている証になるから、ロックし忘れもなくなる。
e0078069_20373237.jpg

事前に確認した値段も思ったより安かったから、一ヶ月点検に合わせて取り付けをお願いした。
ディーラーでお茶している間に作業は終了。というか、ここのディーラーはよく賑わう。
担当のSさんに聞いたら、午前中は来客で慌ただしく、これでも落ち付いた方だという。
最近、NBOX売れてるからねー。のちに店長さんもまた「その後いかがですか?」と聞いてきたが、
このお店はスタッフさんの感じがよく、とても居心地がよい。いいお店だと思う。

洗車もしてもらって(てか、朝自分でしちゃったよ)、再びきれいになって出発。
帰りも横浜新道→第三京浜都筑ICの経路で。その後、友人とお茶して送り届け、帰宅。
そうそう、途中、自分が卒業した教習所の路上教習コースになっている道を通ったら、
前に教習車が。誰だろう、教官は。でも見えない。
この先で教習車は左折するので左のレーンに入る。その時に見てみよう、と。
で、覗いてみたら、SK教官だった。落ちついた、仙人のような人だったなー。学科と技能でお世話になった。
まさか手を振るわけにはいかないが、心の中でお礼をする。
わずか二ヶ月前は、オレもああやって運転していたんだ・・・。
今日の総運転時間4時間28分。(自分にしては)結構乗った。
でも、慎重に、無理せずにね。戒めないと。

by navona1971 | 2019-04-13 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。
この日は2019年度のはじまりということで、全国営業会議があって、そのあとは飲みに。
前々からそちらにはほとんど出ていなくて、超ひさしぶりに参加。楽しく過ごす。
で、散会後だけども、日付が変わる少し前、神保町にある学士会館にチェックインする。

実は数日前から都心で宿を探していてね。
二次会にも進むだろうし、どうせ帰宅は遅くなるし、寝たと思ったら
また会社に来ることになるのだから、と。体を守るためにもね。
e0078069_12323449.jpg
外国人観光客の増加などの影響もあるのだろう。
ここ数年、東京のホテル単価は大きく上昇した。
カプセルでも築浅だと5,000円だしね。空いている部屋も少ないし、強気の展開。
ひと昔前ならただのビジホなら5,000~6,000円、
8,000円も出せばちょっといい朝食つきビジホに泊まれたものだが。
学士会館にはかろうじて1部屋残りがあったもので。1泊朝食付きで10,000円。
正直痛い出費だが、仕方ない。というか、学士会館って宿泊できるんだな。

建物は歴史的建造物で、中も趣きがあってとてもよかった。
部屋も古さはあるが管理は行き届いており、バス・トイレ別なのも嬉しい。
これを見たら、1万円は安いと感じたな。
明日は寒くなるらしいので、布団をかぶって早々に休んだ。
e0078069_12324144.jpg
朝、5時間くらい眠れたか。まあ眠れた方でしょう。外泊なら。
まずは少し熱めの湯船に入浴剤をたっぷり入れて湯船でのんびり。
そして、テレビをつける。東京含め各地に襲っている寒波の話だ。
e0078069_12323961.jpg
その後、翌朝はホテルのレストランで和定食。
麦ごはんがおいしかった。宿の朝食って妙に食欲沸くよね。なぜだだろう・・・
ただ、空模様は残念ながら雨。気温もかなり下がっている。
今さら傘は買いたくないし、でも、これではタクシーは捕まらないだろう。
食後、チェックアウトして、思い切って神保町駅地下鉄入口まで駆け込む。
あぁ、混雑の朝。しかも都営新宿線は遅延。そして出勤。さっきまでの優雅さとは大違いだな・・・
e0078069_12324375.jpg

by navona1971 | 2019-04-09 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)

散る桜、とどまる桜

東京メトロ副都心線・雑司が谷駅から目白通りを1kmほど進むと右手にあるのが
目白台運動公園。こちらには本数こそ多くないが桜があり、
こちらの目を楽しませてくれたが、日当たりのよさもあり、ご覧のような感じに。
こうして、花びらが落ちて、地面を染めていく姿もまた、風情がありますね。
e0078069_12370293.jpg
一方、午後仕事で出向いた白金台駅近く、自然教育園隣にあるどんぐり児童遊園では、
落ち始め、という感じでもうちょっと頑張れそう。
e0078069_12370577.jpg

by navona1971 | 2019-04-08 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)

2019年春、東京の桜

いよいよ長い冬も終わって、春ですね。
年に一度しか楽しめませんが、ようやく桜の季節になりました。

ここのところ、ずっと開花が早い時期になるケースが多かったんですが、
今年は昼間はそうでもないのですあが、朝晩がとても冷えて昨年より遅れて咲いたうえに、
散るも結構遅くて、比較的長い時間桜を楽しめた印象でした。

朝、会社に向かって歩く途中にある目白台運動公園。本数は少ないけど環境がいいね。
e0078069_14554868.jpg
あとは、神田川江戸川橋近くの江戸川公園。
金曜日には散り始めていたけど、落ちた花びらが、水面を桜色に染めていて、風情がありました。
e0078069_14555667.jpg
これを見ていると、「ああ、ここが会社でよかったな」って思うんです(ちょっと不便なのですが)。
e0078069_14555393.jpg
この日は午後半休をもらいました。区役所に行く用事と、夜にライブがあったのね。
で、一旦帰宅途中に通りかかった中目黒駅から目黒川を覗いてみるとごらんの通りの混みよう。
e0078069_14560158.jpg

by navona1971 | 2019-04-05 23:57 | とりとめもない話 | Comments(0)

今日は車に乗るようになったら、必ず行くと決めていた場所に向かいます。
2009年に不慮の事故で急逝した、親友のOYさんのお墓参り。
OYさんは逗子市出身なので、そこからほど近い霊園に眠っています。
車がないとアプローチはしにくいのでね。さ、行ってみましょう。
そうそう、洗車したいと思っていたのだが近くのコイン洗車場がなかなか空いてなくて。
花粉まみれになってるからね。そんな矢先、前夜はしっかり雨が降って助かったかも。

混雑に巻き込まれないよう、自宅を早めに出て、7時過ぎには第三京浜の都筑ICへ。
教習所の高速教習以来の自動車専用道路だが、交流量も少なくすんなり。
いや、もっとあとに行こうと思ったのだが、前日あたりから最初のヤマは乗り越えた感じで、
いちいちドキドキしなくなったというか、超・超初心者の域は脱した感じを得た。
それもあってね。勇気を出して安全第一でね。
ってことで、第一走行帯をひたすら安全な速度で走行。
保土ヶ谷JCTから横浜新道、新保土ヶ谷IC、狩場ICを経て横浜横須賀道路へ。
お陰様で天気もよく、流れも安定していて落ち着いて運転ができる感じ。
合流の練習も兼ね、横須賀PAで休憩する。
e0078069_11431657.jpg
やっぱりPAとかSAは買い物しちゃうよね。
ネーミングに惹かれ、よこすか焼きと江ノ島のタコせんべいを買い求める。
その後、衣笠ICで横横を降りて、近くのコンビニでOYさんが好きだったビールと、
仏花が売っていたので購入。コンビニの店員さん曰く「市民霊園とか、結構多いんです」と。
ここから6kmほど、山あり谷ありの道を進む。
菜の花が咲き乱れ、桜も見られ、田舎町(褒め言葉)という雰囲気の中を進む。
自宅から1時間もかからずにこんな光景が見られるんだよねえ。三浦半島の自然はいいね。
e0078069_11433274.jpg
そして、南葉山霊園に到着。
とてもきれいで広く、相模湾を見下ろす素晴らしいロケーション。
清潔に保たれていて、初めて来た時、その立派さに驚かされました。
墓参は3年ぶりなので、事務所で念のためお墓の場所を確認。
ここはお墓の前まで車をつけられるのがとてもいいんだよな。
一方通行の霊園内をそろりそろりと進むうちに、OYさんが眠るお墓がある街区へ到着。
e0078069_11432829.jpg
車を停めたあと、すぐにお墓は見つけられた。
お供えものが途切れていない。これがOYさんの人徳だろう。
水をかけて掃除して、お線香とお花とビールを添えて、手を合わせる。
前回来たのは2016年だから、腎移植のこととか、心の中で報告させてもらいました。
e0078069_11432241.jpg

OYさんも元気で、自分も今の状態だったら、楽しかっただろうな。本当に楽しかっただろう。
OYさんが亡くなってからは、やはり心の一角は欠けたままになっている。
仕事中にくれたメールは捨てられないしね。たまに読み返したり。

水泳を教えてくれて、おいしいお店もおしえてくれて。
一緒に浅草橋のプールでおよいで、そのあと居酒屋で一杯やったり。
OYさんのおかげで、長距離泳げるようになったわけだし。
育ちのいい、優しい、上品な人だった。飾らない人柄で、モテてて、かっこよかった。

20代、転職活動で苦しんだ時とか、支えてくれました。
ハローワークへ行ったあと散歩に付き合ってくれたりして。
お昼に待ち合わせてよく神田とかでお茶したり、ランチしたりしましたね。

あの頃は今より給料も安かったし、自分は酒豪というわけではないから、
さほどOYさんのお酒好きには付き合えなかった。
それが今となっては心残り。もっと一緒に行ってあげればよかった。
亡くなる一年前くらいからの呑みっぷりは、緩やかな自殺のようでした。

OYさんとはお互い業界紙記者時代に同じ官庁の記者クラブにいたんです。
会社こそ違えど、クラブ内では仲間として、同僚のように扱ってくれて。
自分より先輩なのに丁寧で物腰柔らかく、どれだけ助けてもらったことか。
その後、自分のセンスに限界を感じて自分は物書きから離れるのですが、
OYさんはその後も会社を変えたり、フリーでひたすら執筆を続けていました。
けれど、あまりその環境に恵まれず(会社とか、フリーでのギャラの支払い遅れとか)、
だんだんとストレスでお酒に走ったような印象があった。
自分はそのあとずっと今の会社にいて、まあ、安定していたから・・・

そんなさなかでの事故でした。
あれは木曜夜の出来事で、翌朝、6時50分に自分の携帯にOYさんから着信があった時、
その時間と最近の状況からして、鳴った瞬間から悪い知らせだろうと感じ取りました。
電話に出ると、そこにはOYさんではなく、母上が憔悴しきった声で悲報を伝えました。

なんか実感ないよね。ボーッとしながら仕事をして、夜になり、通夜へ。
階段に連なる参列者に続き、部屋に入り、微笑むOYさんの遺影を見た瞬間に、
嗚咽しました。あんなに泣いたのは人生で初めてで・・・

翌日、それを見られたからか、母上から招かれ、ご親族とともに、
最後、OYさんの顔を見ることができました。頬に少し傷があったけど、穏やかな表情。
「自殺だったのかな」。そうつぶやく弟さんに、「違うと思います」って伝えました。
妹さん、弟さんをよくかわいがるOYさんでした・・・。

あとは、目に焼き付いているのは、狂わんばかりに泣き叫ぶ母上の姿。
もう、見ていられませんでしたよ、気の毒で。
この光景を目の当たりにして痛感したのは、絶対親より先に死ねない、ってこと。
それはとんでもない、最悪の親不孝だ、と。自分はもがいてでも親より長生きしないと、って。

by navona1971 | 2019-03-31 23:58 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。
今年の桜がようやく咲いてきました。昨年よりちょっとゆっくりかな。
朝、目白台運動公園に立ち寄ったら、ご覧の通り。
e0078069_20100884.jpg
そういえば、と思い、会社へ行く前、休憩しつつベンチに座って思い出してみるーーー。
2015年の桜は、蜂窩織炎で新潟出張から帰京後、緊急入院、ベッドで朦朧としていて見られず。
2016年の桜は、腹膜炎と腹膜透析カテーテル位置不良で、入院の真っ最中だったから見られず。
2017年の桜は、移植手術を終えて、退院から一ヶ月を経過、リハビリで散歩してた頃。
2018年の桜は、小石川植物園や播磨坂を見せに行った。自律神経を崩した母のリハビリを兼ねて。

いろいろあったな。で、2019年か。早いな。
自分が子供の頃に思った2020年なんて未来だったけどな。
大して変わってねーわ。成長してないだけか。
2020年の桜も、心落ち着けて観ることができたらなと思う。

目白台運動公園は自分的穴場スポット。静かで自然豊かだしね。
しかも会社へ行く途中にあるから、まだ朝早く、ウォーキングをしている人が少しいるくらい。
たまに某超有名人が歩いています。よくすれ違います。軽く会釈をしますけども。
まあ、高級住宅街ですからねー。こちらがむしろ場違いか。
e0078069_20194358.jpg




by navona1971 | 2019-03-29 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。
なんか最近、アクセス数が多いんです。
だいたい一日100人くらいで、ページビューが300~400くらいかな。
「これで多いのかよ」と言われそうですけど、自分には十分過ぎます。

ブログで情報発信する人が減ったのも大きいのかも知れません。
SNSは流行ってますが、短文で提供できる情報は限られていますから。
私はブログ好きなんですけどね。
記者を辞めてもやっぱり書くのは好きだし。でも、それで食えるほど上手ではないし。
なので、趣味、自己満足の範疇で文章を綴っていければと。
だから反応がなくても書いてます、っていうかほとんど自分の日記帳代わりなんですけど。

まあアクセス数が増えるのは逆に少し窮屈さもあって。
ブログってのは全世界にオープンにすることだからね。リスクもあるし。
上で書いた通り、基本は忘備録なので自分だけ見られるようにしても構わないんだよな。
それはともかく、少し心配なのは、ジオシティーズもサービスを終えたし、
ヤフーブログも終わると聞いているし。このエキサイトブログも先行きが心配。
なにせ2005年からはじめて14年目だから。終わるのは困る。
だからちゃんとずっと有料プランでお金も払ってきてるのに。
(スマホから観ている方が多いと思いますが、広告ないでしょ?有料プランだから)。
ネット独特の品のない広告嫌いなんだよね。ダイエットがどうの、とかさ・・・。

話は戻って・・・。
この日は青葉区に住む30年来の友人、OTのもとへ。
彼を乗せたあと、ここから車で10分ほどの寺家ふるさと村へ向かう。

OT「まさか( ˘ω˘)の助手席に乗るなんてなぁ。でも早かったよ。
免許取ると動いてからここまでは。あっという間だったね」と彼。

確かに振り返るとそんな感じだが、自動車学校に入校した時は、
卒業検定の文字が「2019年2月下旬」とあって「まだまだだな」なんて思ってた。
そんなこんなで冬を越して、ここまで漕ぎ着けた。

「( ˘ω˘)の助手席に乗るなんて最高だわ。もう運転したくない」ーーー。

彼は通勤も車、仕事の移動も車なので、もう”運転漬け”の日々。
「俺に気遣って言ってんじゃないの?」と応じるが、
「運転してると景色もしっかり見られないしさ」と。
それに酒豪の彼は、時には運転代行も頼むそうだから。
これまでいろんなところに連れて行ってくれた恩義に、今度は自分が応えなくては。
「いくらでも飲んでくれ、俺が送るからさー」と言っておく。
そう、彼がしこたま気分良く飲んで、俺が送り届けるのも夢だったからな。

そして、寺家ふるさと村へ到着。
ここは緑地保全地域に指定されている区域もあり、農村の風景がしっかりと残されている。
地元のボランティアの方々により、美観が保たれている。この日も清掃をされていた様子。
時期が時期だけにまだ寒々しいが、ところどころに春の雰囲気を感じます。
両親の故郷の秋田を思い出すね。仕事さえあれば田舎に住みたい気持ちは変わらない。
俺みたいな単なるリーマンは東京で人に紛れて生きるしか道はないからな。
e0078069_12150947.jpg
以前、彼が中国人の同僚に菜の花畑を見せたところ、
桜などを見せた時より遥かに反応が鈍かったんだって。
どうも、菜種油を採取するために、いわゆるアブラナは中国でたくさん栽培されていて、
母国ではどこでも見られる光景らしい。なるほどね。
ちなみに彼の会社は台湾資本で工場が中国にあるので、
中国人が結構働いているんだよね。
彼は日本人と異なり、好き嫌いをはっきり言い、顔にも出す中国人は
意外に仕事がしやすいという。まあ、ルーズな部分はあるけども、と。
最初は面倒がってた中国出張も、楽しんでいる様子。
ただ、運転マナーと大気汚染だけは勘弁して欲しいそうだけども。
e0078069_12151364.jpg
彼を自宅へ送る。「しっかりした運転で安心したよ」リップサービスさんきゅー。
しかし、高校一年生から、OTとの付き合いも32年目に突入する。長いよなあ。
一度も喧嘩してないし、言い争いもない。仲良くやってきたもんだ。改めて感謝。
この日、自宅からの往復には国道246号線を利用。
交通量の多い幹線道路でのひとり運転だったが、さほど交通量も多くなくすんなり。
立体交差での合流には緊張したが、無事に進入することができた。
まだまだドキドキだが、頭が真っ白になるようなことはなくなった。
無理をせず、ゆっくり慣れていこう。安全運転のお守りも携えて・・・。
(後日談:土曜、日曜ともに約2時間ちょっとの運転だったが、疲れた。
背中と肩がパンパンで痛い。力んでないようで力んでたんだなー)。
e0078069_12150433.jpg

by navona1971 | 2019-03-24 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
前日の納車日は友人のSY氏に同行してもらったが、
いつまでも甘えるわけにはいかない。
この日は姉夫婦宅に届けモノと引取モノがあるので、意を決して?単独走行。
(なんだか「はじめてのおつかい」みたいなレベルで恥ずかしいが)。
混み合う前の早朝、7時30分くらいに出発。

思えば、やはり練習は慣れた道のほうがよい。
もちろん自動車ではないが、歩きや自転車などでよく通る道は安心感がある。
すんなりと現地に到着。来客者駐車場も一番停めやすい、かつ、
姉夫婦宅に近いところが空いていて助かった。
今思えば、大きな車を買いたいなんてほざいてたが、コンパクトカー万歳だなw
のちに気づくのだが、ドアミラーの格納がキーロックと連動してないんだな。
正直に言うとまだ忘れてしまうことがある。
とにかく、乗車、降車の際の動作をもっと形付けていかなければ。

姉からは金沢にいる義兄からのさかな(ほっけとかのどくろとか)。
ほっけは美味かった。さすが日本海側だけある。こちらでは高いし新鮮さでは及ばない。
あとはどあら茶。この間、岩瀬、荒木引退試合を観にナゴト行ったみたいだったから。
お茶を頂きつつ一息。ふー、運転は神経を使うからなー。

そして、金沢で有名な尾山神社のお守りも。車につけておこう。ありがたいこと。
でも、縁結びのお守りもさんざんもらってきたが効能が・・・
小一時間休み、帰途に。帰りは左折でしかこのマンションから出られないのでルート変更。
その際、ナビを使ったのだが(しかも標準のナビをまだ操作してなくて、スマホナビで)、
かえって惑わされる部分があり、初心者の自分はまず運転に集中したほうがいいいと感じたな。
全く知らない道ならともかく、わかっているところなら、いちいち使うことはないよね。
友人からは「あまり焦らないでね」と。そうだね。すべてが勉強・経験だ。
e0078069_08515322.jpg

by navona1971 | 2019-03-17 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
すいません。
最近年度末ということもあり仕事がバタバタしていまして。大したことはないのだけど。
平日に更新ができなくて。来週は落ち着きそうだけども。
同僚のMくんから、マリナーズの日本公式戦、一緒に行く予定だった学生時代の友人の都合が
悪くなったので一緒にいかがですか、と誘われ、応じることに。
Mくん奥さん+子供+俺の知らないMくん友人との組み合わせだそう。
そういうのはこの年令になるともう得意ではないのだが、断るのもアレだし、
Mくんの奥さんがオレに会いたいと前々から言っていた。
結婚祝いと出産祝いを送っただけなので気負わないでもらいたいですわ。
オレは見栄っ張りで不義理が嫌いなのでやってるだけだしー。
しかし、彼ともよく野球一緒に観に行ったなあ。引退する清原の西武ドームラストとか。
最後、オリックスユニの清原と、西武の「3」を背負ったナカジがユニを交換したんだよ。
そのナカジがオリックスを経て巨人だもんな。時代を感じるぜ。
まあいずれせよ優秀な後輩に慕ってもらえるのはありがたいことです。
e0078069_08174558.jpg
目白通りを歩いていたら、このほど導入された東京都交通局、いわゆる「都バス」の
フルフラットバスが訓練運転?をしていた。いやー、キラッキラの新車だね。ちなみに輸入車。
これまでのノンステップバスはどうしても後方に段差があるから、お客さんが奥に詰めないとかあるしな。
デビューが楽しみ。スマホのカメラを向けたら中にいた乗務員さんがニコリとこちらを向いてくれた。
やっぱり新車は注目度高いし嬉しいよね。
e0078069_08175034.jpg
同じく目白通りにある日本女子大学の新図書館、完成間近になり姿が見えてきた。
OBの妹島和世さんの設計らしい。入ってみたいけど縁がない世界ですからー。
この間、講演会やってて、行きたかったんだけど都合が付かなかったな。
e0078069_08175607.jpg
さらに目白通り沿いにある椿山荘では河津桜がいよいよ満開に。
e0078069_08180416.jpg
ホワイトデー、義理チョコのお返しはレオニダス。ゴディバは今更ないでしょうし高すぎだわ。
ちょっとした詰め合わせを赤坂店で買い求め自分用のホワイトチョコも1個買ってみた。
e0078069_08181281.jpg
溜池にあるプジョーのスクーターショールームの前を歩いたら、バーバパパが。
フランスパンを抱えているところ、体がちゃんと引っ張られているところが細かいね。
e0078069_08182375.jpg
溜池といえば、昔はここのシンボル的存在だった国際赤坂ビルが取り壊しに。
日商岩井(現・双日)の本社ビルだったんだよ。奥に見える古いビルが、自分が社会人になって
初めて就職した自動車業界紙の編集部があって、青山に移転するまでの約2年間、毎日通った。
まだ南北線もなくて、国会議事堂前から歩いて。キャピトル東急も首相官邸も建て替え前だったな。
この国際赤坂ビルの1Fに「バン」という喫茶店があって、毎週編集会議をやったんだ。
っていうか、毎週月曜は朝、社内で編集会議はあるんだけど、それは表向きの会議で、
そのあと、第二編集会議?みたいな感じで喫茶店へ移動して、編集長抜きで編集会議をしてね。
会社では話せないこととか、いろいろ紫煙をくゆらしながら先輩が話し合ってて、それをそばで聞き耳を立てて。

っていうか、忘れもしないのだが、この国際赤坂ビルにある「バン」では新入社員への
”洗礼”が行われる場所でね。まず、編集部へ配属されると先輩社員にここへ連れて来られて、
「この会社がいかにひどいか」ということを明らかにされる。
入って翌日くらいだったんだよな。そこで夢をぶち壊されて現実を見るわけですよ。
でも、編集部の人はみんないい人なんだけど上がね・・・って話ですけど。
で、愕然としながら帰宅したことを鮮明に覚えている(親に申し訳ない会社にはいちまった・・・って)。
そして、翌年、また社員が入ってくると、今度は自分が「バン」に連れて行って説明を担当する、という。
「伝統」が受け継がれていた。

でも、この会社には振り返ればわずか3年しかいなかったのだけど、未だにOB会もあるし、
ちょくちょく連絡を取り合っているというのはおもしろい。
いくつか職場は変わったけど、人間的な魅力という意味ではその塊みたいな人が集まっていた。
今と違ってまだ世間にも余裕はあったし、自分がペーペーなぶん、可愛がられていたし。面白かった。
もっと頭がよかったら、もっと勉強していたら、もっと楽しかっただろう。自分の未熟さが残念。
取り壊される国際赤坂ビルと、奥に見える前の職場のフロアを見上げて、あの頃を思い出しました。
e0078069_08182888.jpg
車の納車が近づいていたので、欲しかったステッカーを購入。
国鉄バスの運転席に掲げてあった安全銘板のレプリカです。肝に銘じて運転しますわ。
あ、あと、車検証も無事にできあがったので任意保険にも加入。オンラインで便利だね。
当然、対人対物無制限で、弁護士特約などもつけて。ソニー損保、アクサダイレクト、イーデザイン損保、
とか、いろいろ迷った。値段は横一線であとは100円玉がいくつかの差だし、安さだけでは決め手にならない。
悩んだ末、セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」にした。
細かなオプション設定がよかったかな、自分にとっては。
納車前日までに申し込めば納車日から保険適用加入だから一安心。
納車だけにしたって、任意保険未加入では乗りたくないしね。安全第一、歩行者保護を忘れずに。
e0078069_08183372.jpg
会社近くの公園には桜まつり用の提灯が飾られた。いよいよだなあ。本当にきれいなんだ、ここ。
e0078069_08183859.jpg

by navona1971 | 2019-03-15 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)