カテゴリ:グルメ&スイーツ( 100 )

まあ、このブログを読んでいらっしゃる方ならご存知だと思いますが、
昨年夏に義兄が金沢に転勤となりました。
様子伺いにその後7月と9月にこちらから訪問しましたが、
その後は免許取得や寒さ(まあ、腎移植者だから、寒いところは避けた方がいいしな)もあり、
なかなか訪れることができないのが残念なんだけどね。

そんな中、金沢に行っている姉から中田屋のきんつばと、
柴舟小出のチョコ大福が届いた。おおー、救援物資だな。
中田屋のきんつば本当においしいね。どこへ持っていっても喜ばれるし。
定期的にフレーバーが増えるらしく、今回は「さくら」。金沢は春が待ち遠しいだろうなあ。
あちらから送られてくる画像を見ると、ひえひえって感じだからな。
東京はなんやかんやでこの冬は暖冬だった。雨もほとんどなかったし、過ごしやすい。

そして、もう1点は、同じく老舗の柴舟小出のチョコ饅頭。
これは初めて食べる。大福のもっちりさと、意外に硬いチョコとのバランスがいいね。
ああ、久しぶりに金沢に行ってみたくなったな。
e0078069_12213592.jpg

by navona1971 | 2019-02-15 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
目白台を貫く目白通りに面したこのお店の前はよく通るのだが、朝は開店前だし、夜は閉店が近い。
それに、寒さで冬場は通ってもバスのことも多く、最近は足が遠のいていた。
この日はなんとなくタイミングがあって、ようやく立ち寄れることに。
ちょうどほかのお客さんもいないし、入りやすい。
e0078069_06261961.jpg
「あら~、久しぶりですね~」。振り返ったマダムの品位ある雰囲気は変わらない。

来れられなかった不義理を詫ながらメニューを開く。
今日はどれにしようかな~。肉系行こう。でもビーフもポークもチキンも食べたい。
と思って、ビーフにポークとチキンのトッピングをお願いしたら、
「ミートミックスにしましょう、それが3種類入るんです」と。あぁ、そうか。
あと、恒例オプションの漆黒米にしてもらう。

サラダを先に頂いたあとカレーが到着。
ホントに美味いのよ。コクがあるけど、後味がしつこくなくて、サラリとしている。
その適度なあっさり感と、お肉とのバランスがいいんだな。
おおぶりな肉の塊がたまらない。そして、とても柔らかくて、丁寧に煮込んでいる証だ。

てか、免許取ったら土曜日とかちょっと来て食べられるなー。
だってシエルは原則年中無休だから。さすがマダムはパワフル。
「働いてないと食べていけませんから~」とカラッと笑うが、信念や強さが垣間見える。
こういう生き様は自分にはないので憧れるんですね。見た目は柔らかいが、芯はしっかりタイプ。
そうだな、このカレーのようじゃない?お店は夕方だったので、
早くも明日の仕込みも平行して進めていた。大変だな。
e0078069_06043924.jpg
ふー、おいしかった。
暖かくなれば、来る機会もまた増えそうだ。

by navona1971 | 2019-02-13 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
この日は友人SY氏と仕事終わりで合流してお茶することに。
場所は東急東横線の綱島駅。ここは他の路線との乗換駅ではないが、
10万人近い乗降客もあり、かなり賑わっている。
そして大衆的な街の雰囲気がよく残っていて、好きなんだよね。
ただ、ご多分に漏れず、この街にも再開発の波がじわじわと押し寄せている。
で、入ったのは喫茶店「オークラ」。
運営元はこの界隈で古くから様々な事業を展開している。地元にはよく知られた存在。

店内は一応分煙しているが明確な仕切り(クリアパネルとか)はない。
でも、それも堅苦しい。こんな感じの店があってもいいでしょう。
愛煙家はコーヒーも嗜むからね、彼らの居場所があってもいい。
チェーン店ばかりでつまらない昨今、昔ながらの喫茶店は今や貴重な存在。
カウンターにはふらすこみたいな機器が並び、雑誌やスポーツ新聞類も充実。

周囲を見回すと、年齢層こそ高いが、賑わっている。ゆっくりくつろげるしね。
”シニアの社交場”といった感じだ。値段はチェーン店の二倍だが、安いものです。

で、豆乳ラテだったかな、続いて頼んだのはトースト。SY氏はナポリタン。
トーストはぶ厚くて、食べ応えがあった。あと、美味いなと思ったのはバター。
そこそこ塩分が効いていて、パンを引き立ててたなー。オハヨー乳業のバターだった。
こんなおいしいバターを食べたことはないなー。
e0078069_12163410.jpg


by navona1971 | 2019-02-05 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
この日立ち寄ったのはJR京浜東北線鶴見駅から5分ほど歩いた
「三角(みかど)商店街」にある伊勢屋。個人経営の貴重な洋食屋さんです。

メニューはエビフライや各種洋食類が豊富で迷ってしまうが、その末にランチを頼むことに。
「手作りハンバーグとポテトコロッケ」。
ドリンクはウーロン茶をお願いするとホットもできるという。個人店なのにきめ細かい。

お箸の袋には「ファミリーレストラン」の文字。いいね。
こういう店こそ真のファミレスかも。
e0078069_08394783.jpg
で、料理が届きました。
コロッケは油っぽさがなく、上品な味で柔らかく、適度に甘く、コクもある。おいしい。
じゃがいを口に含んだ時のまろやかさはここのところ経験してない食感だ。
そして、ハンバーグも本格的、癖もなく、こちらも相当腕利きのシェフの手によるものでしょう。
誰にとってもおいしいと、言える感じ。地元では結構有名なお店らしいです。

店内は常連風のお客さんと、お店の人が軽く談笑していたり。店内にはサインもずらりと並ぶ。
三角の商店街は、昔は賑わったものの、長崎屋(当時)の閉店や、周囲の大型店舗の
開店などの影響でシャッター通りに。そんな中で奮闘する伊勢屋さん、なかなか素敵でした。
このボリュームと味で860円。ドリンクつき税込。銀座なら下手したら2,000円は取られるレベルでしょう。
e0078069_08395043.jpg

by navona1971 | 2019-02-02 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
昨日は金沢に赴任している義兄のもとから帰郷した姉と夕食。
当初は武蔵小杉の東急スクエアにしようと思ったが、騒々しいしな。
ってことで、となりの新丸子へ。実は新丸子と武蔵小杉は、
東急東横線の中で最短の駅間距離(約400m)なのだが、こちらは庶民的で、
静かで、ずっとお気に入りだったりする。

ってことで、駅近くには個人経営の名店が多いのだが、
今日はインドカレーの「JAGA」へ。
実はこの武蔵小杉かから半径1kmくらいの一帯は、カレー店が多く、激戦地。
「JAGA」は武蔵小杉にもあって、そちらには幾度となく行っているが、
本店?のこちらは初めて。まあ、味は心配ないお店だから。
小杉店は土日に行くと時間帯によっては満席のことも少なくない。
だが、この日はひっそりとしていて、あっさりお店に入れたので助かった。
e0078069_08265751.jpg
ディナーセットで、王道のマントとチキンカレー。甘さは4段階中の1に。
0という辛さもあるらしいが、当初それを選ぶもインド人の店員さんに
「マッタクカラクナクテアマイヨ~」と言われたので、あえて「1」に。
店員さんはお客さんには流暢な日本語だが、「○×?!%#&~」と、
スタッフ同士はヒンディー語なんだが、タミル語なんだか訳わからん言葉でやりとりする。
今日は今の時間、お客さんが自分たちだけなので、店員の方が多く、
飛び交う現地の言葉のもとにいると、まさにインドへワープした感じだ。

そしてカレーが到着。安心・安定の味。もう少し辛くてもよかったかな。
マトンは癖があるからなかなか日本では一般的な料理では出てこないから、ここで堪能。
やわからく煮込んであるから、食べやすい。
そのあと届いたのが「もちもちナン」。姉は「おっきいねー」と驚いていたが、
これは一人前で、これが二枚届く仕組みになっているのよ。

でもふかふかで、思ったよりお腹には負担がかからないよ。
だけど、もうオレも若くない。ナンを少し残してしまった。おいしいのにね。
そこに店員さん「辛さ、ダイジョブですか?」と。そう、このお店はいつも聞いてくる。
で、辛さは大丈夫なんだけど、おいしいよ、と返事をする。これもパターン。
で、店員さんニッコリ、とここまでが様式美。

最後はチャイを飲んで食後のんびり。
こちらがお店を出るころにはお客さんがちらほら。
意外に持ち帰り客が多いのに驚いた。手軽に自宅で本場のカレーが楽しめるなんでいいな。
e0078069_08265222.jpg


by navona1971 | 2019-01-30 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
この日は昼前に神保町での用事を終え、午後はすぐ神田への予定が
入っているので、こちらでランチを食べることに。
ひとりで外に出て昼食というのは自分にとっては珍しい。
いつも基本的には会社にある自分のデスクで自宅から持参のおにぎりなので。
できることなら外食は控えたい。やはり塩分面、カロリー面でね。
それに毎度書いているが、ひとりで食べてもつまらんしな。用事がない限りは。

ってことで、どうするか。12時10分くらい前だが、
このあたりは再開発されオフィスも多いので、昼食難民もたくさんいそう。
すでにお店によっては混み合っている。そんなところで見かけたのが中華「福園」。
東京だと中華が一番ハズレがないと思うわ。
さらにこういう、中国人が経営に携わってる風なところが実は無難。

お店に入ると「イラサイマセー」と中国人の店員が声をあげる。
異国でかいがいしく働くパワーはさすが。これがチャイナパワー。
同胞同士のコミュニティを持ちつつ、きちんと同化していくんだよな。
ここが彼らの強さって感じがする。

注文したのは五目あんかけ焼きそば。
中華はだいたい焼くか炒めるかなので、料理が出てくるのも早い。
おいひー!ってほどではないけど、安心して食べられる味。
そう、「こんなんでいいんだよ」の味。
で、ちょっとした漬物と杏仁豆腐がついている定番中の定番。
量はちょうどいい。期待を裏切らない。
味が濃そうな色合いで料理が届いた時ヒヤリとしたが、口にするとそうでもなく。

中国系のお店は喫煙可が多い。
なにせ中国人の男性はタバコ大好きだからね。チャイナ系が経営する
中華料理屋で禁煙って見たことないからなー。
オレは吸わない人間だけど、まあたまに吸わせてやることくらいは別にね。
e0078069_12130356.jpg

by navona1971 | 2019-01-25 23:58 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
いやいやどうも。
今日は親友、OT氏と毎年恒例の新年ドライブ+温泉or銭湯の入り初め。
ひとまずどこにしようかと検討しながらR246を都心方向へ。
以前は雑談や前を見ながら、みたいな感じだったけど、今の自分にとっては、
彼の運転はいいお手本なので、そのあたりを観察する。
自分の友人の中では運転が上手な方なので。飛ばさないし落ち着いているしね。
e0078069_11151345.jpg
彼曰く「確認に尽きる」と。ミラーと目視による確認を頻繁に行うようだ。
かといってそちらばかりに気を取られてもいけないよ、と。難しい。
赤坂見附から半蔵門、内堀通りを抜けて昭和通り、根津あたりをぐるりとして、
有明からR357+第一京浜で横浜方面に戻り、
馬車道にある中華「清香楼」相生町店で、夕食とする。

夕方の部がはじまったばかりのようで中国人の店員さんがテーブルで
ひと足早い賄い夕食をとっていた。その賑やかな談笑を背にこちらが食事をするのは、
まるで上海か北京にワープしたかのように感じる。

台湾資本の会社に勤務し、中国にも現地工場があり、中国人の同僚が多いOT氏にとっては、
ある意味「慣れた光景」のようだ。最初は出張も面倒がっていた彼だが、
素直な感情表現をする中国人は自分にとって肌に合う、とも。なるほどねー。

で、彼は五目うま煮そば。こちらは五目(かた)やきそば。相変わらずおいしい。
清香楼はたまに立ち寄るようになって15年ほどだが、今は結構有名になってきた。
店員さんの愛想もいいしね。半チャーハン頼んでも「半」じゃなかったりとか、
チャーハン1人前頼んでシェアしてもスープは2つくれたりと、配慮が嬉しい。
e0078069_11151741.jpg
そういえば、このお店をもともと紹介してくれた友人、OYさんは、
この1月で急逝からちょうど10年だ。ここに来るたびにOYさんのことは頭をよぎる。
生きていれば52歳か。

清香楼でお腹いっぱいになったあとは、鶴見の健康ランド「ユーランド鶴見」へ。
ここも温泉があるんだよねえ。ナトリウム系。ぬるめなのがまた最高。
三が日を過ぎて思ったほど混んでおらず、90分ほどじっくり。もう気持ち良すぎて。
露天風呂も楽しみながら・・・ジェットバスで足裏もしっかり刺激して。
やっぱりお風呂が自分にとっては最高のレジャー。
そして、湯船での親友との語らいも楽しい。
ああ、そういえばだんだんと仕事始めが近づいてきたな・・・



by navona1971 | 2019-01-04 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
さて、今日は静岡競輪場で開催される「KEIRINグランプリ2019」を観戦します。
福島に帰省する友人が買い求めた18きっぷを活用する形なので、当然普通電車で向かう。
ただ、横浜から静岡ってまあ3時間を切るくらいなので、さほどしんどくはない。

朝、9時過ぎに横浜から熱海行きに乗車。
快適な移動を目指してグリーン車を使う。今日はほぼ満席で混み合う。
東京方面からの電車はほとんどが熱海止まり。ここはJR東日本とJR東海の境界駅でもある。
向かいのホームに停まっている島田行へ乗り換え。編成は15両から一気に6両へ。
おそらく同じように18きっぷを使う帰省客も多いのだろう。かなりの混雑。
このまま静岡に行くのも落ち着かないので、一旦沼津で下車。

沼津は、アニメ「ラブライブサンシャイン」のいわゆる「聖地」になっています。
ってことで、コラボカフェが駅前にある。
バス停には地元バス会社のラブライブサンシャインラッピングバスの姿も。
e0078069_12074984.jpg
そのすぐ横にある日産レンタカーにはいわゆる「痛車」の日産ノートのレンタカーも。
これを借りて走ったら目立つこと間違いなしだね。
e0078069_12075347.jpg
ってことで、この日産レンタカーの隣にあるのがラブライブサンシャインのコラボカフェ。
いい歳したおっさんが恥ずかしげもなく立ち寄ってみる。
店頭には紅白歌合戦出場を祝う横断幕もあった。
e0078069_12075734.jpg
あ、そうそう、お店の入口にはその主人公が通う学校「浦の星女学院前」のバス停が。
ラッピングバスを運行する東海バス特製のものらしい。
e0078069_12080385.jpg
頂いたのはパスタ。
「黒澤ダイヤのMY舞☆パスタ~よさこい東海道2018~」(長いw)。
まあ、言うまでもなく普通のパスタです。キャラクターのコースターがついているのが
ヲタ心をそそるのでしょう。そちらには興味はないのですが。
e0078069_12080752.jpg
このあと、熱海方面からの乗り継ぎ客を受けない三島発の島田行に乗車。
予想通り空いていて、富士からすんなり座れた。沼津から東静岡までは約50分。
毎朝の通勤電車より100倍マシだわ。

~静岡競輪番でのKEIRINグランプリ観戦後の帰途~

往路同様、沼津で途中下車。
配当が大きかったので、同行のSY氏と一緒にお寿司でも思ったが、駅前のお店は混んでいて・・・
上野東京ラインの沼津始発電車まで30分弱しかないので諦める。
その後、駅前商店街にある和菓子処「ほさか」さんでお土産を。SY氏へもご祝儀として。
その「ほさか」さんはラブライブサンシャインのまちあるきスタンプがあるらしく、
ファンの人よく立ち寄るようで、お店にもこんな感じでかなり賑やかな一角も。
e0078069_12232533.jpg
その横には・・・
e0078069_12232061.jpg
あ、そうそう、その商店街にはこんなマンホールも。
e0078069_12231509.jpg

by navona1971 | 2018-12-30 23:58 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
銭湯に入りさっぱりしたあとは、T嬢と待ち合わせて夕食、の流れ。
忘年会は今日までに済ませている会社が多いし、ひと足早く帰宅している人も目立つので、
電車の混雑はさほどでもなく。普段もこのくらいならな。こちらは代々木上原着。
途中、T嬢から待ち合わせに遅れるという連絡が。
社会人は仕事次第、翻弄されることなどいくらでもある。お店に一報し予約時間を修正。
のちに階段を駆け上がってくるT嬢の姿が。やはり綺麗。装いのセンスもさすが。
e0078069_09555392.jpg
今日のお店は小田急線の新宿から二つ目の参宮橋駅、あの明治神宮の裏手にあたる。
各駅停車しか止まらない小さな駅。その駅から徒歩1分もない、
お店曰く「51歩」で着くとアピールしているのが、
イタリアンレストラン「イル ヴィスキオ」。駅前の道路からのアプローチは目立たない。
何度もこのお店の前は仕事で歩いていたが、全く気づかなかった。
お店の裏手は小田急線の線路が貫く。
銀色に青のラインの電車が頻繁に駆け抜ける姿が大きな窓に広がる。

今日はコース料理をお願いした。でも、値段はリーズナブルだと思います。
前菜や今日のおすすめ2つを経てパスタは小エビのペペロンチーノ。
3種類から「ごめん、ニンニクだけど食べたくて」と、選択したら「私も」と。いいの?
ただ、シェフによれば、イタリア産のにんにくだそうで、
匂いは日本のものよりかなり弱いそう。エビが大ぶりで感動。しかも味わいもいい。
e0078069_09560647.jpg
自分はエネルギーに満ち溢れる人に触れて刺激を受ける方だから、T嬢のような人とは合う。
相手がどう思っているかは別として。
「免許いかがですか?」とT嬢。恥ずかしながら現状報告。
「ドライブで教官やりますからね」と微笑む。ああ、こういう笑顔は罪。
オレはT嬢と出会ったから教習所行くのを決めたんだから・・・。

メインはオーストラリア仔羊のロースト。こちらもGOOD。香草が合う。
そんなこんなで料理を頂きながら、仕事のこと、学生時代のこと、
今の自身を取り巻く様々な物事、本当にいろいろ。
楽しい話ばかりでなく、かなりプライベートに踏み込んだ内容にも。
e0078069_10490564.jpg
T嬢が抱える今の悩み・・・。
「( ˘ω˘)さんならどうしますかーー」。

即答できない。それに、何が正解とかないかも知れない。難しいね。
T嬢もまだ決断できなかったり。答えられる限りで精一杯話す。
選択は尊重するし。こうして会話していると、つくづく澄み切った心の持ち主だなと。
その後はデザートとコーヒーで締めて。何もかも素晴らしかった。
お店選びに関してはかなり上手じゃないか自分(自画自賛)。
e0078069_10045761.jpg
最後はオーナーシェフがお礼に来て下さり、3人で語り合う。
青森・弘前出身というのは嬉しい。青森県産食材を使うところに郷土愛も感じます。
窓際を希望したが、きちんと対応してくださったのも嬉しかったし、
都心の喧騒から離れていて静かで、話しやすかった。とても素敵なお店でした。
外までオーナーが見送って頂く。

急行電車が通過していく参宮橋駅のホームで、雑談しながら各駅停車を待つ。
駅構内は紅白の横断幕が飾られ、参拝客を待ち受ける準備も進む。
代々木上原まで一緒に戻り、T嬢は小田急線、自分は千代田線へ。

年末の挨拶をして別れる。こちらは明治神宮前から副都心線~東横線。
自由が丘からは通勤特急。寒いし帰宅を急ごう。
骨折をしている初老の男性が若者に席を譲られているのが見えた。
そこから二人の間で「なぜ骨を折ったのか」みたいなやりとりがはじまった。
心が温かくなる光景。みんな年末で気持ちが高まっているのかな。
e0078069_09561135.jpg
しかしとてつもなく寒い。
駅はタクシーを待つ長蛇の列。並んでいる間に凍死するわw
遅い帰宅を予想して駐輪場に自転車を停めていたのは正解だった。
2018年の終わりはいい雰囲気だが、油断ならない。来年はどんな一年だろうか・・・。


by navona1971 | 2018-12-28 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)
この日は開発部のMくんと一緒に千葉県の柏市へ。
製品のデモがあるので、同行してもらう。
仕事で千葉県を担当するようになったが、メインはあくまで総武線沿線で、
どうしてもこちらにくる機会は少ない。柏や松戸はまだまだ自分には異世界な地域。
東武野田線の新柏と、常磐線の北柏にいるお客様をまわると、とっぷり陽は暮れていた。
我孫子にもほど近く、非常に寒い。しかし、東京から距離があるのに、住宅やマンションはびっしり。
どうするんだろう、この東京通勤圏の肥大化は。もう呆れちゃう。通勤地獄もさー。

Mくんの希望で夕食を一緒に。
彼は今年お子さんが生まれたばかりなので、早く帰宅した方がいいだろうから、
こちらから声はかけなかったが、彼の希望で。「今日は大丈夫なんです」と。そうなんだ。
ならばたまには気分転換もいいよね。まあオレは年中気分転換だけど。

日暮里にしようか、北千住にしようか、思案したが、彼はお酒を呑まないので、
上野でいつもの梅蘭にしよう。「聚楽」跡地にできたさくらテラスへ。
思ったほど混んでいなくて助かった。アメ横はどんな感じなんだろう。
e0078069_04465669.jpg
梅蘭の例の焼きそばを二人で頂く。おいひー!
あとは麻婆豆腐やら。彼がおいしく食べてくれればそれでいいのよ。日頃の労苦をねぎらう。
毎度ご馳走するのも悪いクセだが、つい、ね。見えっ張りな自分だホントに。
でも、延長戦?で階下のタリーズでのお茶は彼がおいしいコーヒーをくれた。ありがとう。
e0078069_04470006.jpg
仕事のこと、野球のこと、彼の故郷の静岡のこと、楽しく話す。
あ、そうそう、プロレスのことも。「最近プロレス見てますか?」と問われるが、
いつも一緒に新日本プロレスのPPVを見ていた義兄が金沢に転勤になったからなあ。
「外道さんがオカダを裏切ったんですよ!」と彼。うそーん!マジで!面白い展開。
個人的には最近タイチが気になるのだが「川田の弟子なんですよねえ。技も継承してるんです」と続けて。
さすがプヲタのMくん詳しい。そういえば最近プロレスのチェックが足りないな。
e0078069_04470324.jpg
そんな会話を続けていたら、時間は21時近く。あっという間。お疲れ様でした。

by navona1971 | 2018-12-26 23:59 | グルメ&スイーツ | Comments(0)