カテゴリ:ぶらり旅行記( 69 )

前夜、新聞社時代のSK先輩と会って嬉しかったせいか、
浮ついた気分で帰りの電車に乗ってしまい、忘れ物をしてしまう。
タブレットを、グリーン車の背もたれの網にいれておいて
(下の画像は再現ですw)。
e0078069_20090815.jpg
でも、多分見つかるだろうなとは思っていた。
朝、電話すると、「お客様のものと似ている品が届いています」と。
ほらね(威張るなw)。何時頃の横須賀線ですかね?と尋ねられたので、
列車番号を答える。「2011Sです」。
まあ、列車番号を言えるところがいかにも鉄ヲタできんもーっ☆だがw
熱海駅で保管されてますね。「は?」

そっか、グリーンアテンダントが見つけて、たぶん行路(シフト)が、
最後熱海で終わるような内容だったんだろう。
それで、グリアテさんは熱海でこれを託して、と。
まあそれは構わないんだけどね。見つけてくれただけで感謝だから。
ってことで、熱海まで行ってみよう。
シーズンオフだし、何も慌てている、旅を楽しむわけでもないので
グリーン車には乗らずゆっくりと。でも、普通に横浜から座れた。
e0078069_20070654.jpg
乗った電車は小田原止まりというものあって駅に着くたびにどんどん人が減っていく。
そんなこんなで、一時間ほどでひとまず小田原に到着。ふー、ずいぶん遠くに来た気がするが、
そうは言ってもここも立派な神奈川県内。向かいの「いずっぱこ」こと、
伊豆箱根鉄道大雄山線にはステンレスの3両編成が止まっていた。オレ、鉄ヲタで、
かつ、神奈川県民の癖して、大雄山線には乗ったことがない。
そうだ、神奈川県内の鉄道で唯一未乗(乗ってない)路線だ。いずれ訪れたいところ。
同じ伊豆箱根の駿豆線(三島~修善寺)の方は出張も含めて数えきれないほど乗っているのだけど。
e0078069_20072154.jpg
で、ここから熱海行に乗り換え。こちらもガラガラ。相模湾を望みながら、引き続きのんびりと。
忘れ物でもなければこんな急にこちらに来ることもなかった。プラスに考えたいところ。
そして、20分弱で無事に熱海着。驚いたのは駅の混雑っぷり。さっきの空いていた電車とは大違い。
「安・近」で、熱海人気が復活傾向と言ってたが、トイレにも男女とも行列ができているほど。
まあ、午後イチなんで、これから泊まる人、これから帰る人が交錯する時間帯ってのもあるか。
e0078069_20072610.jpg
熱海駅の忘れ物取扱所は、1番線の伊東線用ホーム上にある。
1番線に回ると、ちょうど伊豆急下田からの電車が到着したところで、ラッシュ並みの混雑。
もう紅葉も終わるころだし、さほど人もいないんじゃないかと思ったけど甘かった。
そんな観光客を乗せてきたのは、元東急8000系。ま、伊豆急は東急グループですしね。
沿岸部を走るので車両の塩害による腐食が激しく、オールステンレス車体が導入される要因にもなった。
帯こそブルーになっていて、一部車内がクロスシートになっているが、当時とはほとんど変わらない。
しかも、8000系のトップナンバーじゃん!かっこいいな。このシンプルな前面がたまらないのよ。
e0078069_20080118.jpg
さ、忘れ物を引き取らないと。
受け取りに行く連絡は届いていたようで、すぐにタブレットを出してくれた。
深くお礼を言い、書類にサインをして、帰途に。マイドコモでロック設定の解除も行って、これで回復。ふぅー。
e0078069_20085999.jpg
なんやかんやで横浜から片道90分だからね。今日は午前中野暮用を済ませてからなのでさすがに疲れた。
帰りはグリーン車で帰ろう(忘れ物しないように)。向かいのホームには185系の「踊り子」が。
最近はこのデビュー当時のカラーに復元されたようだけど、やっぱりこれが一番踊り子らしい。185系らしい。
もう国鉄時代から走り続けて老朽化も進んでいるし、「あずさ」用に新型のE353系が中央本線に投入されたことで、
玉突きでE257系がこの185系の代替に転属するという話もあるし、その改造工事も間もなく始まるという。
実は国鉄~JRではトップクラスに好きな車両だっただけに、きちんと活躍を目に焼き付けておきたい。
e0078069_20090400.jpg

by navona1971 | 2018-12-09 20:22 | ぶらり旅行記 | Comments(0)
さ、当方も少し遅い夏休みを頂きました。
今回は義兄が赴任している金沢へ遊びに行きます。
前回同様、今回も高速バス「金沢エクスプレス」で向かいます。
ちなみに姉も同行。普段は北陸新幹線で行き来しているようですが。
朝、池袋西口のバスターミナルから乗り込みます。
まあ、確かに金沢までは7時間弱と長いが、約90分~2時間おきに開放休憩があり、
気分転換と硬くなった体をほぐすにはちょうどいい感じなんだよね。

練馬ICから関越道に入り、上里SAで最初の休憩。
ここは長野、新潟方面に向かう高速バスがずらりと並ぶ。
乗務員は「間違えないように」と乗客に注意を促す。カラーリングが同じ時もあるし。
眺めてみると、草津温泉行、長野行が停車。金曜日だけにいずれも満席の様子。
e0078069_08263157.jpg
その後、上信越道に進み、碓氷峠を越えていく。エンジンの音も高鳴る。
そんなこんなで、東部湯の丸SAで乗務員交代のみ。
そして、長野の盆地の中を走り抜け、小布施PAで二度目の休憩。
ザーッと雨が振り出し、小走りでトイレへ向かう。
姉も「まあそんなしんどくはないな」と。
まあハワイやオーストラリアへ飛行機で行くことを考えれば、どうってことはないけどな、確かに。
しばらく進むと片側一車線の暫定開業部分なり、ようやく北陸道とのJCTに。

ここまで来ると、「だいぶ来たなあ」という感じ。それでも新潟県。まだまだ。
日本海側に出て糸魚川を過ぎると、親不知へ。地形が厳しく、道も海へ飛び出す。
その厳しさは、景勝地としてはさすがの美しさ。
e0078069_08263846.jpg
そして、最後の休憩地、有磯海SAに。前回もだが、
ここに着くと、だいぶ気楽になる。
終着の金沢駅まではあと一時間。ここまで走り抜けたバスの凛々しい姿を一枚。
e0078069_08264382.jpg
長旅も振り返ればあっという間。駅最寄りの金沢東ICを定刻より早めに通過。
一般道をあとは駅まで進むだけ。IRいしかわ鉄道を陸橋で越える。
特急サンダーバードが車庫に並んでいるが、関東人から見ると実に新鮮な光景。
e0078069_08264889.jpg
そして17時半過ぎ、わずかに早着し終点の金沢駅東口へ到着。お疲れ様でした。
e0078069_08265149.jpg
ひゃくまんさんに出迎えてもらう。さ、これから一杯やりましょう。
e0078069_08265378.jpg

by navona1971 | 2018-08-31 23:59 | ぶらり旅行記 | Comments(0)
金沢駅で仕事を終えた義兄と待ち合わせたあとは、ホテル日航金沢の地下、
ポルテ金沢にある居酒屋「吟の小判」へ。なかなかの評判らしい。
お店もとてもきれい。
e0078069_08431230.jpg
いつも義兄は気遣って地元ならではのお店に連れて行ってくれる。
義兄の転勤に伴い金沢へ来て海鮮居酒屋へ出向く機会もこれで二度目だが、
やっぱり必ず選ぶのは白海老のかきあげ。東京ではなかなか食べることができない。
それに、あったとしてもサイズが小さいし。さすが金沢では大ぶり。しかも新鮮だし。
ああ、遠路はるばる来てよかった、とサクサクした身を頂きながらしみじみ思う。
e0078069_08431999.jpg
そして、定番のノドクロ。やわからいよね。金沢の刺し身といえばこれだ。
前回来た時の近江町市場の刺身屋もそうだが、水っぽさが皆無で新鮮さは明快。
e0078069_08431522.jpg
また、金沢は、”加賀野菜”という言葉があるほど野菜でも有名で、
豊富な水と豊かな自然が、おいしい野菜を生み出しているのだろうね。その天ぷら。
あと、地元能登豚もすばらしい。北陸金沢は食の宝庫であることを改めて実感。
e0078069_08432354.jpg
そんなこんなで二時間ほど飲み、ホテルへと向かう。
夏休みも終わる時期だが、観光地である金沢は宿泊価格もなかなかの強気。
姉夫婦宅に近いホテルリブマックスへ投宿。

by navona1971 | 2018-08-31 23:58 | ぶらり旅行記 | Comments(0)
金沢旅行二日目の朝。少し曇って雨がぱらついている。
ホテル近くの義兄宅へ出向き、車で小松方面へ。
目的地は「松井秀喜ベースボールミュージアム」。やっぱりここは行かないとね。
金沢から45分くらいだろうか。インターからも近くて、便利なところにある。
e0078069_13240238.jpg
故郷を愛する松井秀喜のポスターが出迎えてくれた。
ちなみに駐車場には大阪、岩手、愛媛ナンバーなど、遠方からの来場者も目立った。
e0078069_13241817.jpg
松井の幼少期からの歴史が刻まれているのだが、驚くのはとにかくいろんなものが、
よくぞここまで、というほど、保管されていること。
まるで将来、日本を代表するスター選手になることが決まっていたかのよう。
こうやって6歳の頃に書いた絵とかね。ちなみにだいたいは写真撮影OK。
そういえば、母上と一緒に写っている写真があったが、美人でしたね。
e0078069_13242208.jpg
よくできている実物大?フィギュア。やっぱり松井はでかい!
e0078069_13241470.jpg
中学校からの歴代ユニフォーム。やっぱりピンストライプのヤンキースがピカイチ。
e0078069_13240655.jpg
ほら、こうやって学生時代の通学定期券まで残ってる!
e0078069_13241055.jpg
しかし、自分が人に常に見られていて、手本でいなければならないことを自覚してて、
本当に大人だったなと思う。もっと面白みがあっていいと思うのだが、
それが容易にできない立場であることは自分が自分でわかっていたんだろうな。
星稜高校時代のママチャリに乗って笑っている姿は自分は一番印象に残った。
ああいう心からの笑顔ってあまり見る機会がなかったから。

by navona1971 | 2018-08-31 23:53 | ぶらり旅行記 | Comments(0)
金沢に行くのなら、一度、ツエーゲン金沢の試合を見てみたかった。

偶然にも今日は、東京ヴェルディとの試合がある。

松井秀喜ミュージアムから戻り、一旦ホテルでひと休みしたあと、

夕方、改めて待ち合わせて、金沢駅西口からバスで西部緑地公園陸上競技場へ。

まあ車社会なので、遠征しているサポーター以外はマイカーなんだろう。

バスはさほど混まずに、15分ほどで到着。
思ったよりスタジアムグルメが充実していていい感じじゃないですか。
e0078069_20265111.jpg
入場後、地元に敬意を表し、金沢側に陣取る。夕焼けがきれい。
e0078069_20265592.jpg
数は少ないが、ツエーゲンサポーターもなかなか熱い。
e0078069_20270028.jpg
ただ、残念ながら試合は終始ヴェルディに押され気味で、結局0-1で敗戦。
確か入場者数も3,900人くらいだったか。もう少し奮起してもらいたいところ。
e0078069_20270331.jpg

by navona1971 | 2018-08-31 23:50 | ぶらり旅行記 | Comments(0)
金沢最終日。よく晴れたな。
ホテルを出て、北鉄バスで石川線の始発駅、野町へ。
昔は路面電車で金沢駅方面とつながっていたらしいが。今はバスが連携している。
ひと昔前の昭和のターミナルという雰囲気がたまらない。
e0078069_20093127.jpg
ここから終点、鶴来まで一往復してみたいと思います。
お目当ては元東急7000系。まあ、7000系といっても、台車が交換されているので、
雰囲気は異なりますが、車体に関してはそのまま。
子供の頃、東横線でかじりついて見つめたあの運転台が、今も変わらない姿でここに。
メーターパネルのカバーがだいぶくすんでしまい、車齢を感じさせる。
e0078069_20093517.jpg
電車は二両編成。野町出発後はごらんの通り。
ただ、このあと、JR北陸本線と連絡する新西金沢駅からまとまった乗車はあった。
ああ、臙脂色の座席シートモケットが懐かしい。昔の東急が使っていた色と不変。
e0078069_20093985.jpg
大都会を走り抜けていた7000系は、今、美しい自然が広がる加賀の空の下を走る。
ちょうど稲の刈り取りが進んでいた。黄金色の稲穂が風に揺れて、美しかった。
e0078069_20094259.jpg
30分ちょっと乗って、終点、鶴来に到着。
オリジナルの先頭車とともに、先頭車改造の車両も。
福島交通にもありますね。寒冷地ということもあり、ベンチレータは埋めてあります。
しかし、ステンレス車は丈夫だね。道中だいぶ揺れたけど、まだ頑張れるかな。
噂ではそろそろ置き換えも?という声がチラホラでているけども。
e0078069_20112054.jpg


by navona1971 | 2018-08-31 23:43 | ぶらり旅行記 | Comments(0)
石川線の終点、鶴来駅に到着。重厚な駅舎に歴史を感じます。
いつかは来たいと思っていたが、ついに実現した。
e0078069_20043631.jpg
線路はここから先、さらに加賀一の宮まで伸びていたが2009年に廃止。
入換用としてわずなに駅の先まで進んだところで途切れている。
e0078069_20044587.jpg
せっかく鶴来に来るなら、となにか食べられないかと調べたところ、
うどん「こいしや」のラーメンが絶品と知る。なぜかうどん屋なのにラーメンだ。
11時開店で、15分ほど前に店頭へ行くが、すでに7~8人が並んでいて、
人気の高さを伺わせる。老若男女問わず集まっていて、親しまれているんだろう。
e0078069_20045098.jpg
開店と同時に満席。並んでいた人々にグループがいたようで、
実際にはもっと待っていた人が多かったような。
このあたりの微妙な並び方はうーんと思うが、郷に入りては、
だからね。相席で座敷に座る。グループが多い中、おひとり様心細いけどもw
でも、隣のお客さんがメニューや箸を渡してくれたりと、さりげない気遣いが嬉しい。
そして届いたラーメン。まあ、薄味に慣れた今の自分には少ししょっぱいが、
なんとなく懐かしい味と、コシのある麺が美味い。ダシのよく効いた味わい。
残念ながらスープは体を守るために残させていただくが、来る価値のある一杯だった。
これは人気があるのも当然という感じ。その後も続々と人が並んでいるようだ。
e0078069_20045352.jpg
ライスやチャーハンを追加で頼む人も少なくない。本来ならゆっくりしたいが、
帰りの電車がある。思ったより時間もかかったので、鶴来駅へ急いで戻る。
どこか懐かしい町並み。青空とともに、心が和む光景。
e0078069_20045809.jpg

by navona1971 | 2018-08-31 23:42 | ぶらり旅行記 | Comments(0)
金沢の旅も大詰め。石川線で鶴来から戻ったあとは、
野町駅から少し歩いたところにある「にし茶屋街」を訪れてみた。
どうしても金沢駅からも近く、規模も大きい「ひがし茶屋街」が注目されがちだが、
こちらはそのぶん静かで、それはそれでまた味わいある雰囲気が漂う。
e0078069_19320380.jpg
まだまだ暑さ厳しい時期。金沢駅まではバスで10分ほどだから、休憩しよう。
落雁の名店「諸江屋」へ。奥にカフェコーナーがあるみたいだし。
e0078069_19321184.jpg
貸切状態。きれいな女性が和風なエプロンをつけて出迎えてくれる。
冷やしおしるこをお茶とともに。ふーっ。冷たいおしぼりが心地よい。
後ろにはちょっとした庭もあって、気持ちが和む。さ、もう帰る頃だ。
e0078069_19321952.jpg

by navona1971 | 2018-08-31 23:41 | ぶらり旅行記 | Comments(0)
楽しい旅は時間が過ぎるのも早い。
金沢駅でお土産を買い、姉夫婦に別れと謝意を告げ、帰りのバスに乗り込む。
行きと異なり、復路は西武バスが担当。青空が少ない北陸だが、今日はよく晴れた。
満員の乗客を乗せ、東京へ向かう。
e0078069_19285958.jpg
初回休憩は北陸道の越中境PA。ライオンズブルーに包まれた車体が美しい。
連休だけに渋滞が気になったが、幸いにも関越道も混むことなく、
定刻通りにバスは走っていく。
e0078069_19290633.jpg
前回同様、切符は池袋まで買っていたが、遅れもないので、練馬区役所前で下車。
歩いて5分ほどの西武池袋線練馬駅に行けば、副都心線直通で東横線内特急がすぐに。
ってことで、スムーズに自宅最寄り駅に座っていけるのが魅力だったり。
e0078069_19291246.jpg


by navona1971 | 2018-08-31 23:40 | ぶらり旅行記 | Comments(0)
いやいやどうも。
今日は石川県金沢市に向かいます。
実は先月から、同じ横浜市内に住んでいた義兄が転勤になりまして、
会いに行ってみよう、ということになりました。
北陸新幹線も開通したし、もちろんそれで行けば速いのですが、
リーズナブルに、そして、バス旅が割と好きな自分なので、今回は
高速バスで移動してみます。

東京と金沢を結ぶ高速バス路線は複数ありますが、
昼間走行するのは、この「金沢エクスプレス(金沢線)」のみです。
西日本ジェイアールバスと、西武バスの共同運行。
バスタ新宿から発着していますが、バスを乗る時間をなるべく短くしたいのと、
池袋までは自分の定期券もあるし、乗り場も近いので、池袋から乗車することにします。

バスは駅前の西武高速バス停から出発。定刻通り。
座席は土曜日ということもあり、定員27名ですが満席に近い様子。
私は窓側の7C席に陣取ります。独立3列シートでコンセントも完備ですから、
スマホさえあれば、退屈はしないですよね。
e0078069_10382726.jpg
関越道の大泉ICまでは高速道路がつながっていないので下道を進みます。
途中、下落合や練馬区役所バス停を通って、少し渋滞しましたがすんなり高速へ。
だいたい休憩は二時間おきで、最初は上里SA。
e0078069_10383182.jpg
ここは観光バスやの定番休憩場所らしく、左隣には国際興業の貸切が、
右隣には西武バスの長野行が停まっていましたね。
e0078069_10383550.jpg
15分ほど休んで発車。
バスはほどなく関越道から上信越道に入ります。
乗客は旅慣れている常連風が多い印象で、物音ひとつ立たず、
眠る人、スマホをひたすら触る人(自分)、車窓を眺める人、などなど。
碓氷峠に挑むバスのエンジン音だけが低く響いている。
2時間おきの休憩というと、だいたい150kmごとに、という感じで、ちょうどいい。
ちょっと体をほぐしたいな、という頃合いだからね。

途中、東部湯の丸SAでも停車するが、ドライバーさんの交代のみ。
JRバス関東の小諸支店が近くにあるので、ここでバトンタッチするわけです。
で、二度目の休憩は長野県須坂市にほど近い小布施PA。トイレを済ませてお菓子買ってお茶買って。
周囲の風景が雄大で、信州らしい。
e0078069_10384695.jpg
ここまで定刻通り。
だんだんと日本海へ近づいていくが、雲が多くなってきた。
そして、暫定片道1車線の区間も。フル規格への工事が急ピッチで進んでいく。
そんなこんなでようやく上越JCTへ。北陸道へ入る。だいぶ近づいた印象。

どんよりとした、ある意味日本海側らしい空模様の中をバスは進んでいく。
途中、橋で越えていく河川は大きな被害を出した西日本には及ばないが増水している。
糸魚川では、セメントの巨大プラントの姿が。へえ、石灰石が取れるのか。
こういう車窓も結構勉強になったりするんです。なので、楽しくて眠れない。

最後は、富山県の有磯海PAで休憩。金沢まであと1時間ちょっと。
売店には「ケロリン」の桶をはじめとするグッズが並んでいた。さすが薬の富山だね。
e0078069_10385065.jpg
こうした休憩時にもきちんと車止めをつけるドライバーさんのプロ意識はさすが。
運転もここまでとても丁寧でアナウンスもしっかり。安心して乗ることができました。
e0078069_10385534.jpg
ここまで来たら気持ちもラクになる。疲れもありません。シート幅も大きいので。
無事に金沢東ICから下道へ。定刻よりわずかに早着しそうだったが
雨の影響か市内は渋滞が激しく、金沢駅には5分ほど遅れて到着。
5番乗り場で降りるのだが、その5番自体が市内観覧バス「城下町金沢遊覧バス」
の乗り場で、すぐにバスが来たので飛び乗り、「武蔵が辻・近江町市場」へ。
そこから歩いて3分で今回の宿泊地、ホテルユニゾイン金沢百万石通りに到着。
このホテルは昨年秋オープンしたばかり。ふーっ、ひとまず荷物を置いて一息つく。
e0078069_10390404.jpg
18:45にホテルロビーで義兄と待ち合わせ。
義兄曰く「(転勤先の)同僚にいい店はないかと聞いて紹介された」という場所へ。
そうだよね。そういうのは地元の人に聞くのが一番だよね。近江町市場方面へ歩いていく。
e0078069_10391651.jpg
ましてやこういう観光地的な場所だと、そういう人向けと地元の人にも愛されたお店、
みたいなのは別だったりするし。で、訪れたのは近江町市場にある「刺身屋」。
e0078069_10392094.jpg
のちに調べると地元だけでなく観光客にも人気のようだが、
この日は雨ということもあり、空いていて助かった。
ま、頼むのは定番中の定番「刺身盛り合わせ」で人気のノドグロ(アカムツ)あり、を前に乾杯。
で、頂きますが。うまい。てか、ノドグロに限らず、みんなとろけるよう。
柔らかくて、さすが市場だけあって新鮮なんだなあ。東京とは違うわこれ。
e0078069_10392584.jpg
そして、白エビのかき揚げ。これもほんとーにうまい(語彙力なくてごめんw)。
てか、もっと小ぶりかと思ったけど大きくて、甘くてカリカリしててさ。
しかもキラキラ輝いているという感じ。色合いも上品だよね。
e0078069_10393177.jpg
驚いたのはコレ。ハタハタの塩焼きなわけだけど、大きい。
自分の故郷でもある秋田でもハタハタは超有名なのだが、乱獲が原因なのか、
だけど、漁を自粛しても数は戻らずってことで、低迷しているハタハタ漁。
どんどん身は小さくなっていくし。なのにここで出てきたものは大きい。
オレが子供の頃、食べたハタハタこそがこれなのだ。結構感動。
なにせハタハタは神の魚(鰰)ですからねえ。大切に頂きました。
e0078069_10393704.jpg
さらに金沢名物を、ってことで、治部(じぶ)煮とゲンゲ(幻魚)の一夜干し。
治部煮はおぞうにのモチがないバージョンみたいな感じかな。でも味は濃い目。
で、ゲンゲは当初唐揚げで頼んだのだが、お店の女将さんが「一夜干しがいいから」と
強制変更wいや、そういう気持ちがかえって嬉しいけどね。
昔は漁の時に邪魔なほど穫れて使いみちがなく「下の下」扱いされていたからこの名がついたそうだが、
だんだんとおいしさが広まり、深海にいることから、幻魚(幻の魚)と呼ばれるようになったとか。
確かにやや生臭さはある(ある意味魚らしい)が、食べるとコクがありおいしい。
コリコリしていてコラーゲンがどうのこうの、らしい。
e0078069_10394372.jpg
そして最後は手作りの甘エビと蟹のクリームコロッケ。
女将さん曰く「余計なものをいれてないんですよ」と。たしかに外サクサク中は香ばしい。
こんな贅沢な食事をしたのは久しぶりだな(ただし今回の旅で体重を増やさないと自分に厳命しているw)。
e0078069_10394807.jpg
まあこんなおいしいものをいただきながら義兄と二時間ちょい交流を深めました。
義兄にとってはプロ野球チームのない場所への転勤は気の毒だが、金沢はいい町に伺えます。
でも、サッカーも好きなので、ツエーゲンとか、観てみたいよね。
気づかなかったが、今日はホームで試合があったんだね。晴れれば一緒に行きたかったわ。

転勤は大企業勤務の宿命だわな。そして今回は傘下企業に相応の役職で行く、という。
まあオレには想像のあまりつかない世界。でも、古い、かつ硬直的と言われる大企業の中にいながら、
義兄は自分の筋をきちんと通す生き様を見せてきた人なので、身内ということは関係なく、
社会人として一目置かせてもらっているのはあります。正義感のある人だし、そこはとても共感します。

外はまだまだ大雨。閉店は21時。やはり地方都市の夜は早い。てか市場だからね。
また義兄にホテルまで送ってもらい、散会。ご馳走様でした。

あ、そうそう、ちょっと買い物があって、近江町市場向かいに名鉄エムザに行ったんだけど、
こんなポスターが。北陸新幹線ができて、人の流動が東京を向きつつあるようだが、
北陸はもともと名古屋の影響を経済面でもほかの面でも受けているよね。
ここも名鉄エムザだし、北陸鉄道は筆頭株主が名鉄だしさ。
e0078069_10395248.jpg


by navona1971 | 2018-07-08 23:59 | ぶらり旅行記 | Comments(0)

中年独身リーマンの雑感春秋


by navona1971