カテゴリ:散歩・ポタリング( 86 )

夜は、開発部の後輩、Hくんを誘い、会社近くの肥後細川庭園へ。
幕末にあの熊本の細川家が所有していたらしいが、のちに文京区の公園になった。
実はこの3連休から夜のライトアップを一般公開するのだが、
近隣住民向けだけに先んじて内覧会を行うんだよね。
たまたま通勤途中の目白通りにある町内会掲示板で気づいて。
これは絶好の機会だなと。

今日は昼間は気温が上がらないが、逆に夜は下がらないとも聞いていたし。
19時半に会社を彼とともに出て、神田川沿いを歩いて10分ほどで到着。
内覧会だけあって空いていた。自治会の方の優しいもてなしを受け入場。
ちなみに今日は無料。さきほどまでくまモンもいたらしく、賑わっていたらしい。
まあ、もう8時に近いし、だいぶ落ち着きを見せたようだ。
明日は一般民がインスタ映えを目指して大挙押し寄せてくるだろうから、
人がわずかしかいない今の時間はとてつもなく贅沢だったり。
e0078069_12114257.jpg
e0078069_12113281.jpg
e0078069_12112457.jpg
e0078069_12113740.jpg
e0078069_12115854.jpg
e0078069_12120179.jpg
e0078069_12120474.jpg
いやー、もうすごかった。言葉がないよ。
闇が池を漆黒に染めて、そこが鏡のようになって、紅葉を映し出す。
息を呑む美しさ。こんな光景を独占できていいんだろうか。地元のメリットだな。
贅沢をさせてもらった。庭園を一周したあとは熊本名物のお餅を頂く。
Hくんも満足の様子。連れてきてよかった。
e0078069_12114959.jpg
e0078069_12114647.jpg
e0078069_12120674.jpg

by navona1971 | 2018-11-22 23:59 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
京浜地区の銭湯における大きな魅力に「黒湯温泉」がありますね。
このあたりはまあ様々な、特に植物系有機物が成分に含まれているようです。
ここ、中原区武蔵新城にも以前から「千年(ちとせ)温泉」があり、
以前自分も訪問したことがありましたが、今年、リニューアルオープンしたと聞き、
ならば行ってみよう、ということで、親友の銭湯好き、OT氏と一緒に出向く。
e0078069_12224890.jpg
夕方、南武線の武蔵新城駅で待ち合わせ。
人混みが多かったこともあるが、自分の体が小さくなったことで、彼がしばらく
気付かなかったらしい。ダイエットの成果だろうが。
駅前には淡く光る月のもと、東急バスの長距離路線のひとつ、
城01系統綱島駅行が発車待ちをしていた。
すでに彼は軽く一杯やった様子。ここから5分ほど歩くと、千年温泉だ。
e0078069_12224583.jpg
冒頭、リニューアル、と書いたが、まるっきりの新築。めっちゃきれい。
和風で上品な造りになっている。こんな温泉銭湯が近くにできたなんで最高だわ。
のれんも川崎区の朝日湯のように大きく、雰囲気を盛り上げてくれる。
土曜の夕方ということで混雑するかなと思ったが、人はいるがまだゆとりがあった。
手ぶらセット+バスタオルの代金を払い入力。このクオリティで銭湯価格だもの。
今日は親子ふれあいデーなので子供の入浴料が不要。家族連れも多い。
こうした温泉銭湯が気軽に楽しめるのが、川崎~東京都大田区あたりの魅力。
e0078069_12224376.jpg
脱衣場も清潔で、中の洗い場も広く、椅子もしっかりとしているし、カランも立派。
自分のような大柄な人間でも体が洗いやすい。
浴槽はジェット系や炭酸泉などもあり、内湯は軟水らしい。温度も42℃で適温。
さらに露天は期待の黒湯。千年温泉は特に黒いな。まるで重油のよう。
とてつもなく気持ちいい。黒湯温泉を知らない人は人生損してますね、全く。
e0078069_12225093.jpg
結局、1時間ほどいたが、黒湯温泉の魅力は保温効果。
この日は結構夕方以降冷え込んだが、ジャケットをついに夜遅く帰宅するまで着る
ことはなく、手に持ったままだった。さらに、就寝時も肌着のみで。
もう、体の芯から温まり、むしろ暑いくらいなので。体の中心が熱を発する感じ。
お蔭で朝5時まで一度も起きることなく、一気に熟睡することができましたわ。

by navona1971 | 2018-11-18 23:59 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
いやいやどうも。予想以上に早く梅雨明けし、
今月は金沢への旅行、通院、仕事、婚活ーーそんな日々で、
特に今週は異常な暑さ。体を癒したいと思う。
前々から友人、OT氏と、ひとっ風呂浴びようか、という話があり、
彼の自宅最寄り駅まで出向き、待ち合わせる。
まあ最寄りと言っても距離はあるのだが。同じ横浜市内でも、のんびりした風景が広がる。
e0078069_08170943.jpg
このブログのお風呂ドライブにたびたび登場する彼。
高校一年生の時、同級生で、それ以来30年の付き合い。家族の次に長いな。
もう阿吽の呼吸で、彼には何でも話せたりする。いい出会いだったな。
まずは軽くドライブ。都心方面へ。そして、浅草へ。画像は吉原大門(おおもん)交差点。
スカイツリーも見えますね。右手の柳は吉原の「見返り柳」です。吉原(遊郭)で遊んだ男が、
それを惜しむかのようにここで振り返ったことから名づけられたと言われます。
なお、この日は彼とそっち方面には断じて言ってないのであしからずw。
e0078069_08171259.jpg
そして、ここからほど近い浅草の裏手、千束通りあたりで
早めの夕食を取ろう、ということになり、最初は中華「コント」へ行こうと思った。
(東八郎氏の元弟子が経営しているお店)。大根おろし餃子がいいらしい。
ところが夜の部は開店前だったので、すぐ近くにある中華「瑞華」で夕食。
オレはラーメン+餃子。もちろんスープは全残し。彼は黒胡麻担々麺。

あと、一品料理でトマトと卵の炒め物、まあこれはあるあるだが、あと、
揚げ豆腐の特製ソースがけを注文。彼と中華に行く機会は多いが、初めて見たメニュー。
1.5cm角のサイコロ状の揚げ豆腐はお皿に積み上げられてて、
上から甘辛のソースがかけられている。おいしかった!
地元でもちょっと知られたお店のよう。最近多い中国人経営らしい。
彼らのすごいのは、客の日本人には日本語でやりとりして注文を聞いて、
厨房へ声をかける時は「%&$◎×~」って中国語で大声出すこと。器用なものだ。

中華で火照った体を車のエアコンで冷やし、一路横浜へ戻る。
彼がナビを設定すると、昭和通りから行くと思いきや、なぜか隅田川を渡り、
本所吾妻橋から右折して辰巳、湾岸方面を指示する。あ、木場から東京ゲートブリッジかなと
思ったら、東京港トンネルって一般道の国道357号部分も開通したんだね。そこを通り、
一気に品川区側へ。便利になったものだな。

その後は第一京浜、環八、第二京浜を走り、目的地の「ヨコヤマ・ユーランド鶴見」へ。
今日は暑いので、露天風呂スペースが広い場所に行きたかったから。
彼は水風呂に入りたい、と。実はここの水風呂は水温5~9℃ほどで、
マジで「関東一冷たい水風呂」として知る人ぞ知る存在なのだ。もち、温泉もあります。

ちなみに水風呂は嫌いじゃないが、ここは手を入れるだけでビリビリして無理。
彼も「足の感覚がなくなる」と青い顔をしていた。それでもなんやかんや、
歓談しつつ90分。裸の付き合いは楽しい。婚活のことなどもざっくばらんに話す。
風呂から出ると、隣の小学校の校庭では盆踊りを開催中。あぁ、夏だね。
e0078069_08171586.jpg
22時に就寝。朝5時まで一度も起きずに7時間深く眠った。やはり温泉に入るよく休めるな。






by navona1971 | 2018-07-21 23:59 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
週の前半は雨でしたけど、後半は好天に恵まれました。
朝は14℃くらいかな。歩くには爽快な温度。雑司が谷駅から、会社へ向かうために目白通りを歩きますが、
足取りは軽いです。本当に気持ちいい。目白通りは交通量もあまり多くなく、回りもオフィスがないし、
住宅街なので人通りも少ない。
e0078069_08384881.jpg
実際、朝の様子は下の画像の通り。歩道を木漏れ陽のもと、歩みを進めます。
e0078069_08381220.jpg
会社の最寄り駅は違う駅なのですが、暗く長い地下通路と、長い階段、混み合う改札口でうんざりです。
もう朝からあんなところ歩きたくないんだよねえ。それに比べたらこちらのなんて爽快なことかーーー。
始業時間よりずっと早めに来ているので、天気がいい時は途中の公園に立ち寄ったりも。
e0078069_08384421.jpg

1日1万歩のノルマを課しているのですが、ここを歩けば朝の時点で3000歩にはなるので。
あとは午後の顧客訪問なので伸びていくからね。でも、心地よいのは案外短い間だけかな。
いずれ梅雨入り、そしてそれが開ければ酷暑が待っている。この間まで寒さに震えたのに、一年は早い。
あ、来月誕生日じゃないか・・・。
e0078069_08385648.jpg

by navona1971 | 2018-05-11 23:59 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
いやいやどうも。まあ、港区担当になったので、必然的に浜松町へ行く機会は増える。
この日もそう。浜松町近くの金杉橋のお客様に会ったあと、品川(港南口)へ行く用事があったんだけど、
少し時間に余裕をもたせたので、ぽっかり30分くらい穴が開いた。
こういう時って喫茶店へ、ってのが多いけど、
駅の近くに来てふと思いついて向かったのが世界貿易センタービル。浜松町駅に直結しています。
ほらほら、やっぱりまだ展望台はあったんだな。受付でチケットを買う。行ってみましょう。
たまらないな、この「シーサイドトップ」のフォントが。
e0078069_07483440.jpg
平日で曇りがちということもあり、行列もなく、受付の女の子がエレベーターのボタンを押してくれる。
エレベーターは自分ひとり。たぶん、小学生の時に来て以来じゃないだろうか。あの頃。小4くらい。
だいたい、4年生から6年生の頃って、毎週のように電車に乗ってひとりでよくでかけていた。
母親もパートにではじめていたし、っていうか、そもそも母より乗り物がわかるから、一緒に出たしても、
オレが引っ張っていったからいないほうが楽というwそれが伝染して、当時の大親友だった二人も加わってね。彼らともたまに。

あまりにも仲が良すぎて固定した友達付き合いをしていたので、
当時通っていた小学校は3クラスだったのだが、(ちなみに2年ごとにクラス替えだった)。5年生になった時、クラスをばらばらにされた。
ちなみにそれぞれの名前の頭文字をとって「かたなトリオ」と呼ばれていた。失笑しちゃうけど。
そう、「5年生になる時はどうせバラバラになるだろうから」と卒業旅行ならぬ進級旅行?で、
4年生の冬に三人だけで小田急ロマンスカーの展望席に乗って箱根へ日帰り旅行とか行った。懐かしい。
彼らとは中学校に進んでもそこそこ仲がよくて、「か」君とは特に高校に進んでも付きあいがあったが、
自分が原因で、彼と決裂することになる。ただ、当時、自分はワガママで生意気な性格だったし、それがこのトラブルの原因だった。
友人の大切さ、思いやりを知ることになる。今、自分の人間関係が一応?きちんとしているのは、これがきっかけだった。
高校時代の同級生3人と30年経った今も仲がいいのは、その反省が生きているかなと思ったりもしてますーーー。
e0078069_07482984.jpg
ずいぶんと話がずれました。毎度のことだけど。
展望台はぐるりと一周できます。いやー、もっと混み合っているかと思ったけど、本当に人がいない。
展望台全体で20人くらいか。しかもカップルがいないのが実に気持ちいい。
なんてね。逆に、物思いにふけっていたり、書類を見ているアラフォーの女性がいたり。いいじゃん。
高さはだいぶ追い抜かれたけど、六本木ヒルズあたりよりずっと品位は高いよ。

こちらは東京・新橋方面。都心だけどタワマンも増えましたねえ。
e0078069_07475254.jpg
こちらは晴海・勝どき方面。眼の前にはビル建設が進みます。作っている様子が上から見えるのもいい。
e0078069_07475749.jpg
こちらはレインボーブリッジ、そして田町方面。向かいの東芝(浜松町)ビルディングが。こちらも建て替え。
e0078069_07480892.jpg

こちら、実は富士山方面なのだが、周辺一帯再開発で建てられたビルが視界を大きく遮る。
NEC本社ビルはかろうじで見えたが。なので、この展望台には「富士山は見えません」の断り書きがあった。
e0078069_07481789.jpg
そして東京タワー、六本木ヒルズ、虎ノ門ヒルズが見える都心側がこっち。
e0078069_07482336.jpg
で、この世界貿易センタービル、数年内に建て替えのため取り壊しされることになっています。
仕方ないのだろうが、日本は建物の寿命が短いねえ。地震国家なのもあるのだろうが・・・。
跡地はさらなる高層ビルが建つらしい。既存ビルの解体と、新しいビルの施工は鹿島。
ちなみに、今のビルの施工も鹿島です。超高層ビルの解体技術は「21世紀を見据えて、必要な技術はなにか」
と、社内で募ったところ、議題に出たものだそう。以前鹿島の方にお会いした際、そのように聞きました。

すでに鹿島は赤坂の本社ビルをその技術で解体しており、ノウハウを培った。
さすがスーパーゼネコンですね。

by navona1971 | 2018-05-08 23:59 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
いやいやどうも。
この日は知人のS氏から数日前「会ってお茶でも」と誘われたので出向くことに。
まあ時間もあるし、S氏が川口市在住なので、思案の末、王子で会うことにした。
どうせ王子まで行くなら、ぶらり散歩がてらにしようか。
都心はGWで混み合うだろうし、少し離れたところならね。
交通費節約、というわけではないが、定期券区間の池袋までいつものルートで

各駅停車でゆっくり渋谷まで。後続のFライナーを待つ。
昼少し前、意外人はいなくて、渋谷駅の吹き抜け(自然換気の機能もある)をホームから望んでみる。
毎日通っているのに、見上げる余裕もなかったな。こんなに広く開口が取られてたのか。
e0078069_09483618.jpg
池袋まで出て、山手線で西日暮里。西日暮里は若い時に勤めていた新聞社の印刷所があったので、
ちょくちょく来ていたのだが、あくまで道灌山通りの山側(根津の方ね)ばかりに行っててね。
日暮里・舎人ライナーの西日暮里駅は東側にある。駅へ向かう通路からふと右に目をやると、
その道灌山通りが雑居ビルの間を突き抜けていて、青空の爽快さと対象的で、思わずスマホで撮ってみる。
帰宅してから気づいたが、手前のビルのレインボーカラーが映えるね。
e0078069_09484037.jpg
電車があった方がいいかなと思ってもう一枚撮影してみたけど、レインボービルがあった方がいいかな。
e0078069_09484575.jpg
日暮里・舎人ライナーは足立区の交通不便地域の解消のために10年前に開業しました。
いわゆる新交通システムで、あのお台場を走るゆりかもめと基本的にコンポーネントは同じです。
いや、本当に23区内?と思えるほど遠い場所だったんです。特に舎人方面は「陸の孤島」と揶揄されました。
後述しますが、自分も数ヶ月ほど出向でこちらの方にいたんですけど、まー、遠い遠い。
それを思い出しつつ、訪れて見たかった、というのも今回のテーマです。
開業10年、急速に利便性が高まり、利用者も増加し、朝も猛烈な混雑が問題になってるとか。
確かに、車窓からは築浅なマンションも目立ちます。あっという間に荒川を渡ります。景色が爽快だな。
e0078069_09485078.jpg
10分ほどで「江北(こうほく)駅」に到着。降りることにします。
ここで仕事をしていたのは18年前。懐かしい場所です。しかし、駅が出来たことで、
周辺は賑やかになっていましたね。あの頃は寂しかったからなあ。
e0078069_09485763.jpg
駅を降りると、王子方面と西新井を結ぶ片道1車線の狭い通りにでます。
ここは、その西新井駅と、王子駅を経て池袋駅までを結ぶ、都営バスの「王40系統」が走っています。
実はこの王40系統、都営バス全127路線のうち、利用者数第2位、収入額1位の路線なんです。
さきほど書いたように、このあたりは何より不便。結局、バス便に頼るしかありません。
そのため、本数も多く「待たずに乗れる」レベルです。こうして少し歩いただけで、
バスとすれ違います。さらに、そのどのバスも、立って乗っている人がいるほどですから。
さきほど、利用者が多い、さらに収入も多いと書きましたが、黒字額では29位と後退。
これは路線延長の長さも影響しているようですね。
e0078069_09490106.jpg
あ、出向先の職場。ここの6Fにいたんですね。わずか半年程度ですが。
自分の中で破ることはもうないだろうという「残業200時間オーバーを3か月連続」というw。
振り返ればどうやってどこまで行くんだ、と思いましたが、
17時定時で0時まで仕事して土日全部出ていたんでそりゃ届きますわな。
でも建設会社でしかも新築間もなかったので1Fにお風呂があって、それはよかった。
家に帰るのが面倒で、コインランドリーとそのお風呂で4泊5日とかしてましたね。
でも世界は狭いもので、ここでとある臨時プロジェクト進捗管理(だが管理できていない)
をしていたのですが、その指示のもとに動く外注事務所の社長の息子が今、職場の同僚だったり。
「えー、あの騒動の時の!」って二人で顔を見合って笑ってしまったり。
e0078069_09490519.jpg
当然食事はすべて外食になってしまうわけで。
このビルの向かいにある小さな商店街に肉屋兼スーパーがあって。ここのお店。
毎日のようにお弁当を買いにいってました。集まったスタッフ全員ここで買っていたので、
(そもそも近くにコンビニがない)そのプロジェクト特需みたいなのがあったらしい。
いつもおまけをしてくれて(だからデブなんだけどもw)、コロッケもおいしかった。昭和な味でね。
今の会社に来てすぐ一度挨拶に行って、当時のパートのおばちゃんとかと手を取り合って?
再会を喜んだが、風のウワサで店長のおじいさんは亡くなったと聞いた。そしてお店も閉店したそう。
優しいおじいさんで、本当においしかったんだよ・・・。

まあでもここのブログでもたまに書くんだが、確かに当時自分がここで日々を過ごしたのだが、
その経験自体は記憶に残っているけど、なんつーか、体には残りませんね。
この間とあるスポーツ選手が過去の栄光に触れられ「なんか本当に自分がやったんのかなって感じです」って苦笑
してた光景を見たが、それとはレベルが違うがそんな感じ。過去の体感は薄れていくね。
意外に過去を振り返ることはあまり好きじゃない人間なので、それはそれで構わないけど。
(その癖こうやって散策してますけど、それは散歩好きってのもあるのでw)。
e0078069_09494202.jpg
シャッター通りになっている商店街を過ぎると、新たなマンションが。子供の姿も目立つ。
高齢化が進んだ地域ではあったが、日暮里・舎人ライナーの開通で、活気も戻ってきたかな。
あのビルから10分ほど歩くと、都営バスの「荒川土手」バス停があります。
当時疲れた体で真っ暗なここのベンチに腰掛け、バスを待った記憶が。
ここは折返所にもなっていて、東43系統(東京駅~駒込病院~田端駅~荒川土手)の起点です。
e0078069_09491169.jpg
”荒川土手”という名称がいかにも「遠くに来ました」みたいな感じでしょ。
あの華やかな東京駅の丸の内口から出るバスの終点がここ、というギャップも面白い。
折返所には三菱ふそう、今は製造をやめた日産ディーゼル、いすゞの3社が揃い踏み。
ちょうど東43系統が出るようなので、それに乗り、荒川を江北橋で渡ることにしましょう。
e0078069_09491684.jpg



by navona1971 | 2018-05-04 23:58 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
荒川土手バス停から乗った東43系統を江北橋を渡りきったところにある宮城二丁目で降りて、
王子方面へ歩いていきましょう。2001年に架け替えられた豊島橋を進んで隅田川を越します。
そうだ、あの当時、橋がピカピカだったもんな・・・。青空がきれいだね。ちなみに隅田川は荒川の支流。
というか、古くは荒川の下流が隅田川でしたが、河川の氾濫を防ぐために、荒川放水路を建設、
隅田川とはこの少し上流にある岩淵水門で分岐させています。なので、さきほど渡った江北橋付近も、
たとえば葛西とか、岩淵水門から河口までの荒川も、全て人工河川なわけですね。
e0078069_09550403.jpg
左に視線を送ると、都内屈指のマンモス団地として名高い都市機構(UR)の豊島五丁目団地が見えてきます。
でかい。団地マニアには聖地とされている場所ですしね。
e0078069_09550988.jpg
隣接する東豊島公園。ひゃー、最高な風景ですね。寝転びたいほど。空気もうまい。
e0078069_09551364.jpg
そして豊島五丁目団地の中でもおそらく初期竣工の棟だと思うんだな、こちらは。
しかしすごいボリューム感だわ。築年数が経過していることから家賃も23区内の割に手頃なことが受けて、
今は外国人入居者数が急増中らしい。特に中国人が多いらしいと聞く。
最後、団地始発の王子駅行のバスに乗ったが、確かに中国語がちらほら聞こえてくる。
リアルな国際化を感じるな。でも、ある意味馴染んでいて、あんまり違和感ないな。
e0078069_09551724.jpg
待ち合わせの時間まであと少しあるので、ちょっと都電を見たり。
最近は都心散策が人気のようで、都電荒川線も大人気です。この日も混み合っていました。
もう少し早めに来ていたら、裏手の飛鳥山公園にも行きたかったな。
e0078069_09552644.jpg
で、Sさんと駅前で無事合流。王子駅前のサンスクエアにあるカフェへ。
いやあ、このサンスクエア、かっこいいわ。昭和40年代に建てられたビルて、こういうゴシック調建築多いよね。
ボウリング場が健在ってのもまたたまんないなー。
耐震補強工事も済んでいるようで(横を見たらマンサード型ブレースが入っていた)、
末永く、王子のランドマークとして頑張ってほしいですね。周囲も賑わっていました。
ちなみに横にあったマックは大混雑で、70~80のばーさんが外でコーヒーとポテト食ってて、
その横を中国人の子供が駆け抜ける、というなかなかパワフルな雰囲気が気に入ったwww
e0078069_09552283.jpg
店内が満席なのでテラスで。
S氏とはじっくり話すのが初めてで。気づかなかったが同い年と知る。そうなのか。
で、なんで今日会ったかというと、実はS氏もちょうど婚活中で、いろいろ話したかった、と。
まあ、そうは言ってもオレはS氏ほど真剣にやってないからなあ。
それでも、そうした話にとどまらず、同世代特有の共通な話題もあり、あっというまに時間が過ぎていく。
16時過ぎ頃、楽しく話していた時突然、ダウンバーストのような突風が。
向かいにある靴屋さんの棚も崩れるし、空のコーヒーカップも転がりそうに。気温も急速に冷える。
ひと雨くるかなと不安に。そういえば、急な天候の変化、風に注意と予報してたな。

S氏から、自分の知り合いの女性を紹介するので、会わないかと打診される。
恋愛うんぬんというよりは、まあ意識せず仲間というか、友達みたいな感じで、と。
だまさん、いかがですか、と。ありがたい。本当にありがたいよそういうのは。
「だまさんならしっかりされていて話もできる方で安心して紹介でますし」いやいや。
でもね・・・お気持ちだけ頂いてお断りしておく。最近は人間関係をシンプルにしておきたい気持ちもあって。
勝手に期待されて勝手に失望されるのも面倒だしw

さっきの強風もあったし、じゃあお茶もこのへんかなとお互い切り上げる。
Sさんが、「甘い物を買いに行くので、いいお店なんです。よかったらご一緒いかがですか」と。
となりの東十条なので、同意して一緒に行く。
e0078069_09553051.jpg
で、東十条の南口を降りて坂道を下るとそのお店はすぐにあった。
「黒松本舗 草月」。聞けばどら焼きの名店らしい。のちに調べると、東京三大どら焼きのひとつだとか。
老舗らしいたたずまいで、正直、東十条の隅っこ(失礼)という目立たない場所なのに、
お客さんはひっきりなしで、そのうえ、店内は若い女性店員がいっぱい。
普通に普段は行列しないと買えないらしい。今日は幸いにもほとんど待たずに買えた。
さっきお茶は自分が出したのだが(お誘いいただいたので)、S氏が当方に持たせてくださった。
気遣いに恐縮。「私、甘いものに目がないんですよねえ」S氏が笑う。スイーツ大好きなのだそう。
e0078069_09553462.jpg
S氏に謝意を伝え、改札で別れる。S氏は北行、自分は南行。さて、どうやって帰ればいいかな。
鶴見行が来たからそのまま乗りたいが、遅いので。あ、日暮里から上野東京ラインがいいか。
日暮里駅は京成線との乗り換えが可能で、成田空港へのアクセス拠点でもあるため、コンコースは賑わっている。
混み合う中ではぶつかり合ってはダメ。マナーが大切。日暮里駅公式キャラクターの「にゃっぽり」も
ポスターで注意を促しています。ちなみに駅売店ではグッズも発売中。
e0078069_09553844.jpg
常磐線・上野東京ラインの品川行に乗る。品川止まりだし、日暮里でいっぱい降りたし、最後尾車両なのでガラガラ。
これで品川まで行って、あとは横須賀線で帰ればらくちんだ。さっそく草月のどら焼きを頂いてみる。
うほっ、これはまいうー。皮がしっとりとしていて柔らかくて、黒糖もほどよい甘さで素晴らしい。
小ぶりで値段も良心的だとか。これは人気なのも納得ですわ。夕暮れの都心の車窓を眺めながらもぐもぐタイム。
e0078069_09554303.jpg
そして品川へ。便利になったな。向かいにホームには品川始発になった常磐線特急「ひたち」が。
こんどはこれに乗って茨城の方にでもぶらり旅してみますか。
横須賀線のホームで電車を待っていると、女の子が先に腰掛け、彼氏が立っていたでオレがひとつ動いて
座らせた。ふたりはニッコリしてお礼したが、どうやら韓国人カップルのようだった。
国際化を感じる一日でしたわ。

by navona1971 | 2018-05-04 09:58 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
いやいやどうも。
ようやく暖かくなってきましたね。今日は都心へ出かけることに。
昨年秋以降、やや母が体調を崩して(酷暑の中、散歩しての脱水による救急搬送から始まって、
自律神経失調症、ヒザの骨折(ヒビですけど)、帯状疱疹)と、あれこれと
不運が続き、体力についても不安を覚えていたようです(この冬は寒くて体の動かしようもないので)。
ってことで、天気もよいので、母を連れて都心へ出てみる。
それらは検査入院や各種測定などの結果、自分への腎臓提供の影響ではないのだが、
そうは言ってもやっぱり、気になるし、腎臓をもらった側として、
ドナーの健康維持を支援することは大事な責任。ましてや親でもあるわけだしね。

池袋の「明日館(みょうにちかん)」で、刺繍作家の久家道子の展示・即売が行われていると聞いたので、
まずそちらに向かってから、花見でも、っていう流れ。
東横線~副都心線で池袋。自分にとってはいつものルートだが、休日池袋へはめったに来ない。
東京芸術劇場の横を通り、何分も歩かないうちに明日館に到着。
e0078069_08391737.jpg
アメリカの名建築家「フランク・ロイド・ライト」の設計による昭和初期竣工の学校です。
重要文化財として保存され、当時の姿が保たれています。
内部も見学したかったが今日は結婚式に使われているようで。横にあるギャラリーへ。
そちらで小ぶりに刺繍展は行われていました。この明日館オリジナルのグッズなども豊富で品数も多い。
e0078069_08392443.jpg
ここからはタクシーで鳩山会館へ向かう。
ウチの会社からも近いのだが、行ったことはなかったんだよね。
音羽通りから急坂を登らなといけないので面倒でさw 今日はタクシーで一気に上まで。
入館料を払い中へ。これはさすがに邸宅ですね。
写真などでおなじみの庭に出てみる。今日は空いていて、見学しやすい。
しかし周囲を遮るものはない。庭から見上げる空は広い。
e0078069_08393313.jpg
庭前にある部屋の椅子には、腰掛けることができて、少し座って自分も鳩山家の一員?を味わった。
e0078069_08393652.jpg
ステンドグラスも随所に採用されているのね。多少没落?したけどさすがの鳩山家って感じ。
間違いなく日本一のお金持ちなんじゃないだろうか。
建物だけでなく、鳩山一郎、鳩山由紀夫両氏らが総理大臣になった時の
天皇からの任命の書とか(そういや、これ、天皇の国事行為って習ったよなガキの頃)。
あと、各国とのトップ会談の際に頂いた贈り物など、そうした展示物、保存物も多く、
いずれも当たり前ですが貴重なものばかりで、一見の価値ありです。
e0078069_08394004.jpg
見学を終え、坂道を降りるとちょうどお昼。近くの関口フランスパンへ行くも満員。
ここはおいしいし、日本でのフランスパン発売のルーツなお店だからねえ。混むのも仕方ない。
ついでに自分の会社を覗いてみると、業者が来て工事をしていた。
そういや、体調が悪くなったりした社員のために、軽く横になれる休憩スペースを作るとか言ってたな。
月曜日には完成しているかな。
e0078069_08394302.jpg
パンは諦め、江戸川橋公園の桜を見に行く。お、ほぼ満開。
不便だし、特別お気に入りってわけじゃない町ですが(のんびりしているのはいいのだけど)、
この桜を見ると、この町もなかなか悪くないよな、って思ったりします。
e0078069_08394681.jpg
桜はわずかにちらほらと蕾が残っているほかはきれいに咲いていましたね。
この地に来て15年、ここの桜が素晴らしいのでいつか見せに来たいと思い、ようやく実現。
母もなかなか満足気でした。パンはダメだったけど、そろそろお昼を。
e0078069_08394914.jpg

by navona1971 | 2018-03-24 23:58 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
パンがだめなら、と第二候補に行くつもりだったのが、
江戸川橋のみならず、東京のうどんファンにはよく知られた「はつとみ」へ。
幸いにもわずかに座席は空いていたので、「小エビ天ざるうどん」を注文。久しぶりだな来るのは。
e0078069_08463747.jpg
はい、うどんが到着。
聞くところによると宮崎由来のうどんだそう。やや細めでもっちりしていて、つゆは甘め。
うどんはプリプリして歯ごたえがあり、おいしく頂いた。だいぶ気温が上昇した中歩いたので、
冷たいざるうどんが心地よい。
e0078069_08464032.jpg
無事においしいお昼を食べたあとは、続いてのお花見スポット、「小石川植物園」へ。
タクシーに乗って移動。まあすぐだから。

ドラ氏「あれ、小石川・・・後楽園?でしたっけ、すいません」。
だま「いや、植物園の方です」。
ドラ氏「あ、じゃあ・・・」。
だま「この先の大曲を左で伝通院前に出て春日通り、そこから右で白山・・・」。
ドラ氏「そうですね!いや、お恥ずかしい」。

いやいや、オレもわかったように言ってるが、都心の道が見えてきたのはここ最近。
やっぱりわかりにくい。都心はわかるが、練馬や板橋方面はさっぱりわからないし。

ドラ氏「お花見かなにかですか」。
だま「ええ、ちょうど見頃らしくて」。
ドラ氏「じゃあおかあさんをお連れして、ですか」。
だま「”東京だよナントカ”みたいですねw」。
ドラ氏「いやいや、いいことですよ」。

そんな会話をしているうちに白山二丁目に到着。ここの裏が小石川植物園。
入り口へ向かうと入園券売り場はそれなりに賑わっている。
ここに来るのもはじめて。てか、小石川植物園は地下鉄での最寄り駅が事実上ないので、
(一番近い茗荷谷駅や白山駅からも1km以上ある)ちょっと不便な場所なのよねえ。
このあたりは都営バスが重要な足になっている。
e0078069_08464262.jpg
どんな塩梅なのか。
ゆっくり園の入り口から坂道を進む。
そんなに桜はなさそうだがーと思ったら短い坂を登りきった台地にはサクラがびっしり。
e0078069_08464419.jpg
こちらの咲き具合は江戸川橋公園よりもちょっと控えめ。少し空気も冷たいしね。
でもこれだけ咲いていれば花見にはもう十分。
e0078069_08464746.jpg
ソメイヨシノだけでなく、ミカドヨシノやアマギヨシノなど、同科のほかの桜も植えてあります。
あと、圧巻だったのがこの枝垂桜。来てよかったなって思いました。多少なりとも親孝行という感じw
e0078069_08465158.jpg
ぐるりと園内を半周。ここはもともと徳川幕府時代の御薬園が由来だとか。薬草もありましたね。
その後、東大の研究施設となり、一般にも開放されるようになったそうですわ。
e0078069_08465488.jpg
さ、最後はここから茗荷谷へ向かう播磨坂。今日からここで文京さくらまつりも開催中。
坂道をゆっくり上り、桜を楽しんで、終わりとしますか。
万歩計を見ると10000歩。タクシーも使ったし、そんな歩いてないようだが。
母もなんとか歩けたようで、いいリハビリになったようです。
e0078069_08465689.jpg
少し歩き過ぎたけども、ベンチで休んだりしたのもそこそこ挟んだから大丈夫みたい。
花見ができる場所の周辺は喫茶店もみんな混み合ってたからねえ。
播磨坂最寄りの茗荷谷駅から丸ノ内線で池袋。副都心線から一気に帰宅です。
e0078069_08465857.jpg
今日はなんだかんだで母のらくらくスマホに付属する万歩計によるとちょうど10,000歩だったそうだ。
こうした何気ない散策が、いずれ思い出になる日が来るかも知れない。
なるべく悔いのないような生き方をしていこう。

by navona1971 | 2018-03-24 23:57 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
この日は暖かい。体を一層動かさねばと思い、自転車で川崎方面へ。
ひさしぶりの「中島湯」。朝5時から開店している老舗。よく昔来たんですよねえ。
親友のOTや今はなきOYさんなどと。もう100回は来ているんじゃなかろうか。
大きな浴槽が3つあり、うち一つは半露天。今日は天気もいいし気持ちよさもプラス。
土曜日だが午前中なのでさほど混まず。小一時間ほど体を伸ばし、お湯を堪能。
e0078069_12373982.jpg
その後は一度行ってみたかった大学いもの名店「一條商店」へ。
コリアンタウンで知られる川崎・浜町のセメント通りの中にある。
e0078069_12374597.jpg
先約のおばあちゃんはふかし芋を選んでいた。
それにおかみさんは「こっちがちょっと重くて、こっちはちょっと軽いかな」と、
丁寧に優しく対応していて、ご立派だなと思う。とても優しそうな方だったな。
そして自分。やはり気遣いのできる優しい方。人気店になるのも納得。
「ありがたいことに皆さん宣伝してくださるので、こんなところまで来てくれて」とおかみさん。
大学いもを買い求めて、改めて看板を見ると「甘藷」と書いてある。なんと読むんだ?
「かんしょ」なんです。かんしょの”しょ”は、おいもだから「馬鈴薯」の”しょ”と同じ意味、とおかみさん。
なるほど!字こそ違えどね。勉強になるなあ。
店内は甘味処にもなっているので、お店で休憩してもよかったな。
e0078069_12375493.jpg
さらに自転車を走らせ、産業道路を超えて臨海部へ。水江町の方に進んでみよう。
ここに路線を伸ばしていた神奈川臨海鉄道の水江線。ここ何年も営業列車の運転はなく、
訓練や試運転などに使われる程度だった。もちろん、昔は網の目のように支線が伸びていたが、
トラック輸送へのシフトなどで廃線が相次ぎ、幹となる水江線だけが残っていた。
その水江線もこのほどついに廃線。この先にある東扇島と水江町を結ぶ連絡橋の工事で、
この道路沿いの線路の敷地を活用するらしい。
e0078069_12374959.jpg
ちなみに川崎地区はまだ千鳥線と浮島線があり、そちらは貨物輸送が毎日行われているけどもね。
こちらはレールをこのように剥がされてしまった。ああ、寂しいねえ。
e0078069_12375946.jpg
何度かこのブログにもアップしていますが、水江線で一番好きな風景。運河前の踏切。
e0078069_12380519.jpg
さ、帰ろう。そんな中、友人SY氏から連絡がはいり、今横浜にいるそう。
で、鶴見で会うことに。ここからならさほど時間はかからない。川崎だと自転車停められる場所がなくて。
鶴見は駅近くに使いやすい市営駐輪場があるので。ってことで合流したあと、西口側の中華「満州園」へ。
e0078069_12381016.jpg
鶴見の中華といえばここですよねえ。滅多に並ばないオレが数分並んで入店。
名物の餃子と焼きそば。おいしい。店内はぎっしり。この慌ただしさも大衆中華店らしい。
e0078069_12381703.jpg
その後は喫茶店でしばしお茶。
まもなく、15時20分発の鶴見線海芝浦行があることがわかり、SY氏を誘い、鶴見線に乗ってみる。
ブログを振り返ると、ちょうど一年前のこの日に来ていたんだ。移植して復職するまでのリハビリ散歩で。
e0078069_12382037.jpg
電車は京浜工業地帯埋め立て父、浅野総一郎の名前ををとった浅野で大きく右にカーブし、
京浜運河を横目に進む。新芝浦駅を経て終点、海芝浦へ進んでいく。
結構同じようにこの駅を見に来たような観光客風の人が多いの驚く。20人はいただろうか。
まあ、都会の秘境駅、そして、海に最も近い駅として最近有名になってきたものね。
青春18きっぷのシーズンに入ったというのもあるのかもしれない。老若男女いろいろいたね。
e0078069_12382988.jpg
ここの風景はいいのよねえ。落ち着く。潮の香りが漂っている。
e0078069_12382593.jpg
京浜運河を進む貨物船。後ろはJFEスチールの製鉄所かな。
いったん改札を出て、15分後の折り返し鶴見行に乗って戻ることとします。

by navona1971 | 2018-03-03 23:59 | 散歩・ポタリング | Comments(0)

中年独身リーマンの雑感春秋


by navona1971