ポタリングで目指すは府中

昨日の疲れもあり、朝起きるも再び寝て、目覚めると11時。ふー。
今日は自分の担当しているお客様(マイミクさんでもあります)が、
府中市の商工まつりに出展するため、様子を伺いに行くことにします。
ちょうど先週、自転車は行きつけのお店で整備を終えたばかり。
チャリで行こうじゃないか。マップファンウェブで距離検索すると片道25.7Kmとでた。
去年、出タラ目さんの応援で大宮競輪場までチャリで行った時は片道45Kmだった。
(さすがに帰りは車で送ってもらったが)。それを考えると短い短い。
京王閣までは何度か行ってるし。坂道がないものいい。
さっそく府中を目指してスタート。
e0078069_20321820.jpg


自宅を出て、いつものルートでまずは溝の口を目指す。
陽射しはあるけど、思ったほど気温は高くない。
途中、高津区井田にある「江川のせせらぎ」で、カモを発見。チャリを止める。
水面をのぞいてみると子ガモが涼んでいる。かわええええ。
カモって好きなんだよなぁ、かわいいし・・・。味も・・・え?

e0078069_20323181.jpg

子ガモの成長を横目に穏やかに午睡する母ガモさん。
なんだか大人の風格。つやのある姿だねぇ。
堂々と石のてっぺんに悠然と座ってますよ。わてに一瞥もせずに。

e0078069_20404513.jpg

溝の口を過ぎ、府中街道を走る。快調快調。
二ケ領用水の久地にある円筒分水に立ち寄る。
多摩川から取水した用水を耕地面積に応じて平等にわけることができるよう、
サイフォン型の分水施設があるんだよね。この間もここに来たけれど。
すごくよくできている。昔は水を求めて流血騒ぎまであったそう・・・。
これのおかげで、川崎南部地区は潤ったんだよねぇ。
国登録の有形文化財です。
e0078069_20323999.jpg

川崎市の南部、特に南武線沿いは農業が結構盛ん。
梨畑とかね。でも、水田まであるとは知らなかった。
ここは中野島付近。あーぁ、なんかいいね。
走って約1時間。さすがに暑い。水分補給しつつ進む。
ここからは府中街道が多摩川から離れるので、
適当に多摩川沿いの住宅街を遡っていく。

e0078069_20325388.jpg

いい道がないので多摩川に出る。
このあたりになるとかなり水質も良く、自然も多く残ってる。
今日は暑いせいか、土手を歩く人はあんまり多くない。
川ではウィンドウサーフィンをする姿も。
遠くには京王閣競輪場が見える。だけど、府中はあれよりさらに先。
e0078069_2042259.jpg

京王閣競輪を向こう岸にみて、次に視界に入ってきた稲城大橋を渡る。
携帯のナビゲーションシステムでは、さらにひとつ先の是政橋を行くよう指示が出るが、
つい無視して渡ってしまう・・・。これがいけなかった。
渡り終えたあとに方向感覚がにぶる。
走り続け線路が見え、「京王線かな」と思ったが走り抜けていったのは西武カラー。
多摩川線だったのか。じゃあここは白糸台あたり?
ナビを見るとそのようだ。あと3kmでかなりてこずる。ナビもうまく動かない。
やっと方向をつかみ進む。左手には府中競馬場。
そして競馬場正門を右折してようやく会場の大國魂神社へ到着。
ふー、2時間30分くらいか。

e0078069_20324722.jpg


さて、商工まつりへ・・・。
おおお、すごい人出。府中は人口多いもんね。
お年寄りから若い子まで、世代も幅広く、活気がありますね。
そして、お客様のブースへ。会社名がわかってしまうので画像なナシよん。
いつも通りの見事な工夫。手作りで、中身もしっかりしてます。
この三日間で多数の来場者が立ち寄った形跡も残ってる。
そういえば、ウチの会社もイベントに出展したことあるけど、こんな盛況じゃないね。
対象が違うとか、そういう問題じゃなく、来たヒトを歓待する気持ちの問題。
頭が固いんだよなぁ。喜んでもらう、楽しんでもらう、ってのが大事でしょうに。
それで遊び心も忘れていない。伝えるべきこともしっかりと・・・。だから勉強になります。
お客様としばし雑談。青森出身の新入社員さんとも初めて挨拶。
1時間ほどお邪魔をして、帰途につくことにする。
e0078069_2042997.jpg

帰りはナビの指示通り、是政橋経由で戻ることに。
神社からすぐのJR府中本町駅からはゆったりとした下り坂で一気に橋へ。
遠めに武蔵野貨物線、南武線の鉄橋をのぞみつつ渡る。キレイな斜張橋ですね。


e0078069_20421553.jpg


是政橋を渡り、内陸部を走る府中(川崎)街道と一旦離れ、
南武線沿いをひたすら走る。ここは高架化されたJR矢野口駅近く。
この橋を見てみたかった。確か何かの賞をもらった記憶があったんだよね。
帰宅してから調べると、あったあったやっぱりそうだった。
日本プレストレストコンクリート技術協会から作品賞。

ちなみにコンクリートは圧縮に強く引張に弱いという欠点があるんだけど、
プレストレストコンクリートはそれを補うために鋼材を中にいれて、
引張応力を整えたものっす。私もエンジニアじゃないから詳しくは知りませんがw
でもコンクリートでこれだけ自由な形状を造るなんて素晴らしい。
今は鉄も高いしねぇ。今後はもっとこういうの増えるかも。
e0078069_20183950.jpg

途中、道がわかりにくくなったため、多摩川に出て、まずは登戸を目指す。
だんだんと夕方の雰囲気・・・。
架け替えが終わり、キレイな橋になった小田急線の多摩川橋梁。
その下では若者がバーベキュー。しかしゴミが散乱。なんだアレ。
しかもゴミ袋なんて持ってきてる様子も伺えないし。
つーか、ゴミをひとまとめにもせず、放置してその横でバカ話してるよ。
ったくどうしようもねぇなぁ。DQNが。バカ面しやがって(すいません品がなくw)。
流されちまえw

と、あんまり怒ってはダメだね。気を取り直して府中街道へ入る。
あとはラストスパート。
途中、宿河原近くではドラえもん音頭が聞こえてくる。夏まつりか
太鼓を叩く音も耳に入る。いいねぇ。駆ける子供たち。浴衣姿のおねーさんw

横目でさらに帰途を急ぐ。小さな売店を発見。「斉藤養鶏」とある。
止めてジュースを買いつつのぞいてみると、卵の自動販売機が。
生みたてらしい。お土産に買ってみる。こぶりだがいかにも自然って感じ。
明日の朝は卵かけご飯にしよう(おかわりは2杯までw)。
やっと溝の口へ。やや足に疲れが。しんどいが頑張ろう。あとひといき。
府中出発から約2時間10分で帰宅。チャリもトラブルなく、事故もなく無事到着。
ふー、さすがに足がパンパンだ。でもいい運動になったわ。楽しかった。
[PR]
Commented by 出タラ目@i at 2006-08-07 06:22 x
ママチャリでの片道20数キロは、ある意味驚異的ですよ。
ナボナさんには是非MTBとかスポーツ系のチャリを買って頂いて、もっと楽に、もっと遠くへの自転車ライフをご提案…なんちゃってw
私の方こそ、自転車をなりわいにしようとしているのだし、頑張らなくては。
Commented by navona1971 at 2006-08-07 20:59
出タラ目さん
いやいや、驚異的なんて。
ママチャリというよりは「シティサイクル」なので、
ハンドルもやや前傾、内装3段ギアもあり軽いので結構楽です。

スポーツ系・・・乗りたい。数年前は乗ってましたがお腹がジャマでww。
出タラ目さんは一日200kmとか乗りますからね。
わてとは比較になりませんです。でも自転車は面白いですね!
by navona1971 | 2006-08-06 20:17 | 散歩・ポタリング | Comments(2)