開発部の後輩と新宿でおいしいお肉を頂く

この日は開発部の中堅、オレより6歳下のM氏と新宿の某大手ゼネコンへ訪問。
技術面が深くわかる彼と、一応、話の流れをコントロールする自分とのタッグで、いい内容に終える。
前々から「久しぶりにじっくりお話しませんか」と言われていたので、
直帰して夕食を一緒にとろう、と約束していた。実は彼、奥さんが出産で里帰り(といっても、
奥さんも都内で、彼ら夫婦の住まいからはすぐ近くなのだが)していてね。
まだ状態は落ち着いているようだが。待望の第一子らしいから、母子とも無事を祈りたいところ。
どこにしようか行く前から思案していたが、高島屋のレストランフロアがいいかな、と。
南口から連絡通路を進んでいく。梅雨が早くも明けたらしい。湿度が低いのはいいが、この夏は大変だ。
e0078069_11060402.jpg
オレはとんかつにでもしようかなと思ってたが、特に決めてはない。
「迷うなあ」という彼。「好きにしたらいいよ、遠慮なく」と背中を押す。
少し悩んだ末、やや遠慮がちに「焼肉でもいいですか?」というので、もちろん、と。で、焼肉「トラジ」へ。
e0078069_11060878.jpg
叙々苑ほどではないが、まあちょっといいお店だよね。で、個々に注文もアレなので、コースで。
彼も40歳を超えたが、自分より年下ではあるし、ましてや出産を控えているということだし、いつも通りご馳走する。
安くはないが、「武士は食わねど高楊枝」の精神なので。それは冗談だが、仕事でも助けられてるしね。
今年は彼の開発する製品を、こちらももっと気持ちを入れて売っていかないと。まあ決起集会みたいなもの。
彼は新卒でウチに来て、こちらは中途なので、社歴は彼の方が長い。別フロアだったこともあり、
オレが入社して数年間はほとんど会話がなかったが、プロ野球やプロレスという共通の趣味もあり、一気に親しくなった。
よく一緒に野球も観に行ったものね~。こちらも話したが、彼も会社で話せないことなどをずいぶんと語り合った。

M氏「だまさんはウチの奥さんにもすごく良く思われてて」。
だま「なんで?、だって一度も会ってないよね」。
M氏「結婚祝いのロイヤルコペンハーゲンのカップ&ソーサーが気に入って」。
だま「まあ、外面がいいのよw」。

彼からも遊びに来てと言われているが、つい遠慮しちゃってね。こちらの体調もあったし。
まあ、でも今度は出産祝いも考えておかないといけないね。
なんやかんやで二時間くらいか。
さすがトラジのコースというか、肉はうまかった。彼も満足そうで、連れてきてよかった。
e0078069_11061282.jpg
適度な満腹感を得て、少し話足りない、ってことなのでそのまま階下にある椿屋茶房へ。
ああ、あのメイドカフェみたいなお店ね。「ここは自分が」というので彼に甘える。
最近人気らしいね。店員さんがみんなひらひらエプロンでね。
ただ、客層は値段のこともあるのか、若い男性は皆無だったな。
その店員より余裕のある作りの店内がよかった。まあオレはルノアールでいいかなって感じ。
e0078069_11061884.jpg
今日はなんか高島屋全体が空いている。ディナータイムなのにレストランもさほど混んでいない。
どうやら11時キックオフのW杯サッカーの試合が影響しているようだ。
中央線沿線の彼とは高島屋で別れ、こちらは地下通路を進み副都心線の新宿三丁目駅へ。
ほら、ここもあまり人が歩いてないし。ただし、帰りの電車はキックオフ直前だったので、
「それまでには帰宅したい」って人がいて朝のラッシュ時並みの混雑でしたわ。
e0078069_11062250.jpg



by navona1971 | 2018-06-28 23:59 | 呑む・食べる・話す | Comments(0)