婚活イベント参加 第08回「ついにその日が」

いやいやどうも。
2日続けての婚活イベントです。GW前で仕事に余裕があり、都合つけられたから。
行きたい時には行く、行く気がない時には行かない、ってことで。前日同様、再婚系。
対象年齢なども前日と同じ。男性、女性ともに6名(1名遅刻)でスタート。
(※以下の内容はプライバシーに配慮し、フェイクを入れています)。

■1番(船橋市出身・在住。販売)
実年齢は自分より上だが、見た目は明らかに年下に見える。
あまり若く見えるのもこの世代じゃアレなんだが、美形というよりふんわり系?
今回含め計8回の参加で、約50人と出会ってきたが、見た目と話した印象はトップだろう。
ただ、ややひ弱さを感じたのが気になった。

■2番(埼玉県出身・在住。医療関係)
遅刻してきて、1周目は30秒程度しか会話できず。
さっぱりした感じの人。ただ、理由はいろいろあるだろうが、遅刻は苦手だ。
しかし、仕事と親の面倒と子育てなどで大変そう。立派だなと思う。

■3番(川越市出身・在住・専門職)
ミニスカに足を組んでやや大きめの声で話す。うーん・・・。
何度も来ているそうで、なかなか決まらないという。そりゃねぇ・・・。
無口なのもアレだが、饒舌なのも口が悪いのも反応に困ってしまう。

■4番(山形県出身・江戸川区在住・OL)
普通の人。年齢なり。ちょっと年齢より上に見えるかなぁ。
でも、隣を歩いてもらったら一番違和感のない人かも知れない。
落ち着いた感じの人で、一緒に仕事をしたらしっかりやってくれそうな印象。

■5番(宮城県出身・柏市在住・美容部員)
こちらも普通の人。ただ、見た目ではなくざっくばらんすぎる話し方に、
どうも「中年感」が出すぎてしまって自分は苦手。遠慮ない感想で申し訳ない。

■6番(秦野市出身・相模原市在住・販売)。
過去で出会った参加者。素知らぬふりで行くか迷ったが、
相手から「以前お会いしましたよね」と切り出される。もっぱら会話は情報交換。

【第一印象カード】
これについてはあまり意味のない仕組みなので、無難に前回同様全員に○をつける。
で、こちらには、遅刻した2番と、墨田区OL4番以外の4名から○がついていた。
まあ、こんなもんでしょう。

【最終カード】
過去参加歴のうち、今回は大げさだが、一番迷った。
無記入とするか、第一希望に1番と書いて提出するか。短い時間だが必死に迷った。
おそらく1番と記入すると、2回の会話の雰囲気からして、
カップル成立になる可能性が高いと思っていたから。本当にそれは自分にとっていいのか、と。
1番のか弱さがひっかかった部分もあったから。

実はこの最終カードを記入する時は、部屋の左側、右側と、男性、女性が固まって分けて座らせられる。
そこで自分の横に座った男性と、どちらからともなく軽めの雑談となった。
幸いにも紳士的な方で、かなりの参加数だそう。年齢はオレより先輩かな。
つい「どんな気持ちになったら最終カードに書くようにしているのか、と聞いてみた」。

「なんとなく、”いいな”と思ったらでいいんじゃないでしょうか。短い時間ではわかりませんし、
私はいつも必ず書いてますよ。どんどん会った方がいいと思ってますし」とにっこり。
実際、今日も最終カードにサラサラとペンを走らせていた。

そうかーーー。
結局、第一希望に1番、第二、第三は空欄で提出を済ませる。
そしてカップル発表。今日は3組だそうだ。意外に多い。
2組の発表のあと、「さ、帰るか」とカバンを持ち上げた瞬間、自分の番号と1番が呼ばれる。
ついに来たかー。

紳士氏が「私、1番に○してましたよ、素敵な方だと思います、頑張ってください」。
紳士氏の紳士ぶりにお礼を伝える。

カップルにならなかった男性と女性が去ったあと、1番のもとへ。K嬢とする。
K嬢「つまらない話しかできなかったから、無理だと思っていました」とホッとした顔。

ひとまずお茶か。
近いがルノアールに行くのもアレだし、いきなり夕食もアレ。
うーん、三越に連れて行けばなんとかなるか。

ちょっと高そうだが、6Fに喫茶店があるそうなので、そちらへ。
(実際はケーキセットだったから、お手頃でした、ちなみに)。
「デイビッド・マイヤーズ・カフェ」ってとこらしい。ここでケーキセット。
隣の席は和光の時計台が望めるようで、インスタ映えするらしく、スマホ片手に、が次々。
e0078069_08171144.jpg
詳細は割愛するが、2時間ほどお互いのことをだいたい話す。
1番に決めた理由は、澄んだ目だったんですわ。
この年令で、なんでこんなにきれいなんだ?と。
普通、少しは淀んでるからねw あと、会話の中で、とても心が美しい人に感じた。
おとなしく、優しい人だということはよくわかった。裏表もなさそう。
ただ、ただね、その純粋さが自分にとって本当にプラスなのか、どうなのか・・・。
一方で、それなりに苦労もしてきているような一面も伺えた。
まあ、ある程度生きれば、誰でも有るわな。オレなんか穏やかで能天気なもんだな。

自宅のある船橋に帰るが、地元勤務で満員電車にあまり乗らないそうで、
そのうえ、体も強くなさそうに見えるので、途中まで送ることにする。
有楽町に出てアキバ経由(行きはそれで来たらしい)は混みそう。

一旦地下のスイーツ売り場まで行き、手土産として焼菓子を持たせ、
さらに東銀座駅に連れて行き、都営浅草線で浅草橋へ。
総武線で錦糸町まで付き合い、こちらは折返し総武快速・横須賀線で帰途。

次に会う予定はひとまず決めたが、この年令というのは、いろいろと難しい。
ちょっとした知り合いになって、うまくいかないなら次でいいだろ、と思い込む。

しかし、何十回も参加している人はすげーわ。
逆に言えば、自由恋愛で相手を掴みきれない人はそれをひたすらやるしかないのか。
オレは本当に結婚したいんだろうか・・・。


by navona1971 | 2018-04-27 23:59 | 出会いやら恋愛やら | Comments(0)