レッドアローとSトレインで西武園記念競輪にアクセス!

この日は友人S氏が都心に用事があるそうで、午後には手が空くとのこと。
どこかへ行こうという話になり、西武園競輪で年に一度の記念レースが開催中なので、出向くことに。
かなり久しぶりなのだが、のちに調べると11年ぶりということが判明。しかし今日は暑い。
待ち合わせした新宿にあるおなじみのダイキンの温度計は27℃を表示していた。
e0078069_18442289.jpg
スタジオアルタ前で無事合流。お昼休みはウキウキウオッチン!です(古いかw)。
e0078069_18442653.jpg
裏手に回り、歌舞伎町前の靖国通り交差点へ。いやー、何をしに来るのか知らんが人がいっぱい。
角にあるドン・キホーテは繁盛していたな。ジンガイばっかりだった。
e0078069_18443208.jpg
そしてすぐ左手にある西武新宿駅へ。
西武園線の乗り換え駅である東村山には最近レッドアローが停車するようになったので、乗りましょう。
川越行の「小江戸」号。座ってゆったり移動したいしー。
e0078069_18443787.jpg
東村山までわずか26分、ノンストップの旅ですが、それにはもったいないほどのリクライニングシート。
ただ、このニューレッドアローも、後継車両の話がでていますね。ニューがニューじゃなくなるのか。
先代の5000系はまだまだ富山地方鉄道で現役。いつか乗りたいと思ってるんだけどね。
e0078069_18444250.jpg
折り返すレッドアローの遅れを受け3分ほど遅れて志村けんのふるさと、東村山へ到着。
都下を担当していた時にたまに通りかかっていたので、懐かしい場所。
遅れで乗り換え時間がなくなったが、西武園行が待ってくれていて無事に発車。
だいぶ緑が増えてきた車窓。わずかな距離で次の駅がもう終点、西武園駅。
臨時改札の跡、そして、普段使われない1番線ホームなど、
競輪が多くの来場者で隆盛を極めた頃の名残が随所に残っています。
以前は開催日に西武新宿からの直通急行が走っていた時もあったそうだから。
e0078069_18444896.jpg
西武園は駅から徒歩1分。なだらかな坂を1分だけ進めばもう入り口です。今日は入場無料。
e0078069_18445561.jpg
西武園競輪場は経営合理化と、運営品質の改善、来場者増加を目指し、
こうしたギャンブル施設の運営(トータリゼーション)ノウハウを持つ日本トーター
に委託されているようです。それで低迷傾向に歯止めがかかったという話もあり、
実際にその変化を見てみたい、というのも今回の来場理由の一つでした。
e0078069_18450021.jpg
日差しが強いので観客席には人が目立ちませんが、それなりに来場者は多かった印象。
また、露店も結構出ていて、自分が食べてみたのは秩父産の鮎の塩焼き。
埼玉ならでは、ですね。おいしかったです。きっと新鮮なんでしょう。辛みその焼き鳥も堪能。
こういう、地域の特性を活かしたもの、そして普段食べられないものは魅力ですね。
競輪に限らず、どのスポーツも”スタジアムグルメ”は欠かせない要素。
e0078069_18450659.jpg
屋根を支える柱には、過去の西武園記念のリザルトが。懐かしい名前が並ぶ。
全員の顔が思い浮かべられるもの。あの頃はちょくちょく見ていたからねえ。面白かったし。
競輪が競馬とは比較にならないくらい人気公営ギャンブルだった時代もあったんですよ。
e0078069_18451143.jpg
レースの合間にはちょこちょこイベントが。
この日は大日本プロレスの岡林裕二選手が登場。かっこいいね。笑顔がかわいいww
プロレスラーになったきっかけ、初めてのマットとか、聞きごたえがありました。
ちなみに「ピッサリ!」っていう決め台詞があるそうですw流行るかなwww
大日本プロレスは地元が横浜だし、何度か行こうと思ってましたけどなかなか日程が。
近くのサウナにもよく熱風を浴びせに来ていてくれたようだし。今度こそ。
司会のおねーさん美人さんで白のワンピが似合ってましたね。
e0078069_18451894.jpg
こんな感じで、競輪そのもの以外も楽しめる要素が結構ありました。
あと、一番いいなと思ったのは、西武園をホームバンクとする埼玉支部の選手が、
首からネームプレートをぶらさげて、積極的にファンサービスをしていたこと。
素人脚自慢(ローラーに自転車を乗せて思いっきり漕がせる)でも、来場者に声をよくかけてました。

また、特に印象的だったのは池田勇人選手ですね。
場内を歩いて、ファン(来場者)と気さくに会話しているのが印象的でした。
中にはその場でふがいない走りをした地元選手の動きを愚痴るファンもいましたが、
嫌な顔せず和やかに話している姿が非常に好感を持てました。
また、国廣哲治選手や、早川成矢選手も気さくに動いていましたね。
昔、競輪を今より見ていた頃、ちょうど早川選手が売り出し中の頃で、
結構力強い逃げを披露してくれたなあと思い出しました。意外に小さい体で驚いたなあ。
e0078069_18452887.jpg
ファンを増やすのは付け焼き刃的な策ではダメです。こうした地道な取り組みが、
効果を表してくるのだと思います。実際、西武園の入場者数は昨年よりも伸びているようです。
凋落が続く川崎競輪場とはいろいろと差がありますね。
私は初めてSさんに教わって「ワイド」で購入。実はこの賭式で買うのは初めて。

ワイドは、軸にする人を一人決めます。例えば9番車とします。
そこで、相手を1番、5番と選ぶと、
この9番と1番、9番と5番この組み合わせが、1着から3着の
間に入れば当たりとなります。これは当てやすいかも。総流しももちろんできます。

実際、今日はワイドで11R、12R双方とも当てました。
まあ、ほとんどトリガミ(プラマイゼロ)ですけど、当てる楽しみは倍増。
12Rはワイドで9番から総流しをしたので、レッドアローの特急券代くらいは出ました。
(西武園は公式HPで予想紙のPDF提供を行っているのでこんなこともできます)。
青森の期待のエース、新山響平の力強い走りが印象的でしたね。
また、最後のレースは先頭誘導員が太田真一っていうのも時代の流れを痛感。
彼にも声援が飛んでいたのは地元埼玉ならでは。
e0078069_18452291.jpg
帰りはスムーズに帰りたい。乗り換えナシで。ってことで、ここから電車で二つ目の所沢へ。
全席指定列車「Sトレイン」で一気に横浜へ。
今日は西武ドームでロッテ戦が行われていて、間もなく試合も終わりそう。
満席は避けたいので早めに指定券を買う。まだ発車まで一時間ほどあるので、
駅前から続くプロぺ通り(プロペラからとった名前だと知る!)近くのバーガーキングへ。
お茶しながら反省会、いや収支プラスだからプチ祝勝会かな?
FF店で「サンデー(チョコアイス)」食べるのってなにげに子供の頃以来かも。
e0078069_18453364.jpg
さ、そろそろ所沢駅の池袋線ホームへ。自分の自宅最寄り駅はSトレインは通過。
っていうか、自由が丘の次が横浜だしな。
そして、西武秩父から到着したSトレインは春の観光シーズンということもあり、ほぼ満席。
だが、半分ほどがここで降りていった。西武線内の利用も多いんだなあ。
ま、西武線内なら指定席料金300円だから、気軽に乗れますね。
で、ここからは西武池袋線~西武有楽町線~メトロ副都心線を経て東急東横線へ。
自由が丘まで56分。途中、石神井公園、池袋、新宿三丁目、渋谷のみ停車。
ただし、乗降のない運転停車はちょくちょくあったりします。
自由が丘からは待ち合わせで抜かれた各駅停車に乗り、無事に帰宅。
遠くまで出向いた割にはSトレインのお蔭でラクチンでした。
e0078069_18453823.jpg


[PR]
by navona1971 | 2018-04-21 23:59 | 競輪(KEIRIN)観戦記 | Comments(0)