朝、めちゃくちゃだるい。
食欲なし。朝食には一切手をつけず。
サイトメガロが再上昇しているらしい。
退院は延期。

昼前には体温が38度台に。しんどい。
かなりつらい。昼食もとれず。
解熱剤を出され大量発汗。体温も下がり、
午後、ようやく落ち着く。
いやあ、ひどく厳しい半日だった。

ブログ更新はひとまず休むかも。
ちょっと余裕ないな。
また落ち着いたら。

# by navona1971 | 2017-06-22 17:57 | Comments(0)
朝、熱はあるが、血圧は安定。
まだ体はだるいけど。

そして「だまさん?」とカーテンの裏から聞き覚えのある声が。移植の際の主治医のS准教授、配下のK先生、M先生、I先生が揃って来て下さった。うわー、やっぱり皆さんと会うと安心感違うわ。泣けてくる。散々お世話になったもんなあ、命の恩人だもん。「痩せましたねえ?」とM先生。もちろん、絶対痩せますよ。ここまで助けてもらって太るなんてことは到底許されない。退院してからもまもなく10kg減だし。
CTを見たそうで、腹部を局所麻酔で簡単な処置をしたい、と先生。ああ、あのことか。先生になら何度でも任せるわ。

昼、36.8度。微熱がしつこいね。血圧はよい。低いくらい。脈は多いなあ。抗ウイルス薬の点滴は一日延期して今日まで。その方が助かる。午後、処置室へ。移植時お世話になったM先生が執刀。M先生は上手だからな。局所麻酔でサクサクと処置。2時間ほど安静。頭洗いたかったんだけどな、まあ明日退院みたいだからいいか。M先生は、今回のサイトメガロウイルス発症で抗体が形成されるので、今回のようなことはあまり怒らなくなりますよ、と。また、他の先生同様、母が抗体を持っていてオレがなかったんで、この場合場合やはり確実に発症する。想定内です、と言い切った。

夕食。あまり食欲はない。
その後陽は沈み夜に。再びS准教授ほか皆さんが処置後の様子を見に来て下さる。わざわざありがたい。今日も早めに休み、きちんと回復させたい。退院したら自分で守るしかないしね。
とりあえずは平熱に。
e0078069_19344544.jpg


# by navona1971 | 2017-06-21 19:33 | Comments(0)
朝は平熱。脈拍も久々に60台に。
本格的に回復への道を進み始めたようだ。
少しホッとする。まだ体の動きに力強さはないけどね。まあ、ずっと横になってたからな。
あと、拒絶反応がないことも踏まえ、免疫抑制剤の量が減らされた。先週土曜日、定期的に1日5回採血し、免疫抑制剤の血中濃度の推移を測定したところ、服用量を減らしてよいとの判断が出たようだ。免疫抑制剤の減少は自己免疫力のアップに繋がるから助かる。

しかし、昼の血圧、脈拍測定はそれぞれ上昇。カリウム不足の影響かもとナース。まだ乱高下してあまり安定しないなあ。午後になったら再び落ち着く。ただ、脈はやや高いな。2時から点滴。
今いる病室は6人部屋で、代謝内科(糖尿病)患者向けなので、そちらと無縁なのは自分だけ。空きベッドの都合でこちらに来たんで。周囲からは血糖値やインスリンという言葉が飛び交っている。しかし、正直、みんな本当に病気への認識が甘い感じ。一時帰宅して外食したらしく血糖値爆上げしてナースに注意されたりとかw まあ、昔の自分を見ているようだけども。はっきり言って、この手の病気は食生活が自分でできる対策のほぼ全てと言っていい。皆さんも気をつけて。

夕方、のんびり点滴を受けていると、院内放送が。「コードブルー。医師は正面玄関へ!」。この病院には長らくお世話になっているが初めて聞いた。倒れた方でもいたんだろうか、こうした時、彼らはすぐ駆けつけなければならないそう。大変だなあ。

そしてY先生が来る。ウイルスもだいぶ抑えられているようで、点滴は今日で終了。明後日午前中に退院の方向とのこと。まあ、一週間から10日と言っていたしな。やや不安はあるが、明日も検査はあるし、あとは服薬でウイルスを減らしていくことになる。7月上旬に外来はあるから、それでいい結果を出したい。週末まで静養し、来週頭から仕事に戻れそうなのは助かる。
e0078069_18552240.jpg


# by navona1971 | 2017-06-20 18:54 | Comments(0)
どうやら先々週の半ばから調子を崩していたお腹の状態はようやく少し上向いてきた、というより底を脱した、か。今回はなかなかしんどかった。品のない話で申し訳ないが、一日トイレ10回以上が一週間ちょっと続いたからね。腹痛がなぜかなかったのが救いだった。ただ、まだ食欲はないし、本格的な回復にはもう少し時間がかかりそう。朝、点滴は今週いっぱいは続けたい、と先生。この流れなら退院は来週に持ち越すだろうな。
まあ、腹括ったから、焦らず治す。会社からも同様の言葉を頂いたから、甘えさせてもらう。申し訳ないし、心苦しいけど。
でも、主治医、臨床で奮闘する若い医師の皆さん、ナース、看護士、事務員、掃除担当など、病院にかかわる多くの人が患者のことを考え、それぞれ休む間もなく動いていて、どれだけありがたいか。安心して静養と治療に専念できて、とても助かっている。尊敬しますよ、この大学病院に携わるすべての人を。
あー、しかし、かわいいコがアポなしで見舞いとかないんだろうか、ないなあ。ここ知ってる人そもそもおらんしw。来てくれるアテも皆無だしw 日曜はやたらブログアクセスが多かったんだがたまたまか。
午後、今朝の採血結果を先生が伝えに来る。丁寧な説明が嬉しいし心強い。腎臓は問題ないが、ウイルスの影響か肝機能が落ちているらしい。また、抗ウイルス薬が作用させている面もあるかも、と。なかなかバランスが難しい世界だよね。ま、お酒も飲まないしもともと肝臓は悪くないからいずれ治るでしょう。

夕方、なんとなくNHKをみる。大阪市生野区で活動する若き紙芝居師を取り上げていた。今でもあるんだね。彼が公園で拍子木を打ち鳴らすと、わーっと子供たちが駆け寄ってくる。そのみんなの目がキラッキラに輝いてて、あまりに綺麗というか、純粋で、これ以上ないほどの笑顔。ワクワク感が全開だった。オレは人をあんな気持ちにさせたことなんてないはず。紙芝居師は醍醐味のある仕事なんだな。なんか見ているうちに涙が止まらなくなってしまった。すべての光景が美しくてね。
さ、早めに寝て回復を目指そう。
e0078069_19063198.jpg




# by navona1971 | 2017-06-19 19:05 | Comments(0)
やはりお腹の調子が悪いと自分が思う以上に疲れるのか、昨夜も早々に寝てしまう。入院してから毎日9時前に眠っている。ただ、そのぶん今朝はだいぶ早く目が覚めたが。
脱水対策、そしてサイトメガロウイルス増殖を抑える薬が含まれた点滴を続けている効果か、今日はだいぶ体が軽く感じる。はっきりと回復を自覚できる。朝の脈も76とだいぶ落ち着いてきた。なにせ入院日の朝は108だったし。血圧も大丈夫。ヒゲを剃る余裕も出てきた。そして朝食。カリウム対策でつけられた果物がスイカ・・・オレが唯一苦手な果物w よりによって。食後、病院前のATMに行き売店に立ち寄る。ここは別館なんで往復すると1kmくらいある。
朝はよさげだったが、こうやって少し距離歩くと体調はまだまだという感じ。さらに昼になるにつれ気分の晴れが失われる。一気に快方へは進まないね。焦りは禁物。まあ木曜午後から入院だから実質3日しか経過してないし。ランチも食欲がない。血圧は低めで推移。2時からは点滴。ひたすら休み、時間の経過を待つしかない。夜もあまり食欲はないがなんとか食べる。早期回復を願いつつ寝ることに。
e0078069_20315512.jpg


# by navona1971 | 2017-06-18 20:31 | Comments(0)
夜中は少しぶり返した感じでしんどかった。朝、やや落ち着きホッとする。
点滴のお陰か、脱水は緩和されたようだ。空梅雨なの?天気はいいね。今は6人部屋の真ん中にいて、窓際の患者さんが今朝退院した。こういう時、いつもなら窓際への移動をお願いするが、そういう気力が沸かない。だるさはないがやや頭痛がする。午前中ひたすら横になり、少し楽に。昼、Y先生が来る。今朝の採血結果は木曜より改善したとのこと。最悪の事態は脱する。とりあえず上向きな流れになっただけマシ。もう一週間以上ひたすら悪化の一途を辿っていたし。ただ、カリウム値が低いらしいので、食事に果物を出す、とも。こちらも面会時にバナナを持参してもらう対策を立てる。そしてランチはおかずに野菜あんかけが登場、口へ含むとしょっぱい。病院食は一日の塩分摂取量はかなり低めに抑えられているはず。多分6g〜7gくらい。にも関わらず味覚がそう感じたということは、普段いかに減塩、無塩生活ができているかでもある。少し嬉しい。夕方、開いた窓側には新たな患者さんが。移動の諦めがついてよかったw 今回はずっとここでいい。
e0078069_17595519.jpg




# by navona1971 | 2017-06-17 17:57 | Comments(0)