<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先日はキャンディーズトリビュートユニット「sugar candy kisses」(以下シュガキャン)
のライブが久々に開催されるというので、行ってみることに。先日お茶した親友Oも「行く」と。
彼も一時キャンディーズコピーバンドによく一緒に出向いた時期があるんでね。
場所は新中野「弁天」。そういえば、ミキちゃん役の方(のんさん・OLさんだとか)が、
結婚を機にユニットを卒業するということで、ま、お別れライブです。あと、今回はシュガキャン
初の”単独”ライブってことだそうです。体調の件もあり、シュガキャンを見るのは2年半ぶり。

シュガキャンの大きな特徴は、当時キャンディーズのバックバンドを担った「MMP(ミュー
ジックメイツプレイヤーズ)」の演奏も含めてコピーしていること。なので大所帯ですわ。
「弁天」は100人ちょい位のハコですが、満員盛況です。これはなかなか。で、ライブスタート。
シュガキャンは初めて見たのが5年くらい前ですが、今でも進化しているんですね。
特に歌唱力の向上については目を見張るものがありました。実に迫力がありましたわ。
e0078069_07050764.jpg

トリビュートユニットって、作るのは比較的簡単なんですけど、維持するのが本当に大変。
基本的にはすべてボランティア。衣装やスタジオ代(練習、本番)、様々な費用もかかる。
たまにやるライブでお金をとっても、トントンどころか持ち出しになるでしょうし。
よほど対象への愛情やリスペクトがないと続きません。そういう意味ではシュガキャンは
メンバーが入れ替わりながらも、そろそろ活動が10年近くになるのかな。こりゃすごいことですね。
特にリーダー、ランちゃん役の通称すずランさんは変わらず活躍とは立派というほかない。
ライブへの姿勢やブログでの発言で、キャンディーズへの並々ならぬ愛着が伝わります。

ただ、少し意外に思ったのは、観客の面々に知った顔が少なかったこと。私は同じキャン
コピーバンドの「バンディーズ」(解散済)のHP管理者としてほどんど欠かさずライブに
行って、他のコピーバンドにもよく顔を出していたんだけど、いわゆる古参のキャンディ
ーズファンてのが常連さんで結構いたんだよね。だから「あ、あの人いるな」みたいなの
があったんだけど、今回はそうでもなかった。出演者の知り合い系?みたいな方が目立った。
e0078069_07385045.jpg
実はキャンコピーはシュガキャンに加え、バンディーズ、東京キャンディーズ、ストロベリーキャ
ンディーズ、ハニーキャンディートラッパーズ、など、幾多のユニットがあったのだが、
一つ消え、二つ消えで、どんどん少なくなっていて。さらにはスーちゃんの逝去、ファンの高齢化
などもあるのかな、キャンコピー業界も曲がり角を迎えているのかも知れないと思ったわ。
ただ一方で、コピバンがあるお蔭でキャンディーズの楽曲が再評価されたりすることもあるからね。
今回卒業するのんさんを見送る場面ですずランさんが感極まり涙する場面が。お別れする寂しさと、
今後への危機感なのかな。しばらく、活動はお休みになりそうですが、
復活の暁にはまたぜひ観に伺おうと思っています。
e0078069_07400251.jpg

じゃ、ここで想い出の一枚を。
2010年11月、今から約6年前ですか。同じ新中野「弁天」にて。
キャンディーズトリビュートユニット「ラン」役3人が集まったかなーり、珍しいシーン。
左からシュガキャン・スズらんさん、ストリベリーキャンディーズ・ナンスィさん、
そしてバンディーズ・京子さんです。さすがセンターだけであってみなさん綺麗で華があるね。
ナンスィさんはオールディーズ系を主としたシンガーとして、恵比寿のライブハウスなどで現在も活躍中。
京子さんは、ピンクレディートリビュートユニット「オレンジレディ」でこちらも活躍中です。
e0078069_07544728.jpg
当方としても細々とでもブログを更新することで、
キャンディーズコピーバンドを支えたいと思っています。
結構ブログの検索キーワードでそっち系の言葉が多いようなので。

by navona1971 | 2016-08-15 07:38 | 御徒町ばんど屋&音楽の世界 | Comments(0)
親友Oからメール。
元気そうで何よりだ。中国出張などもあって忙しそうな様子だったからね。
時間があるなら、ってことで、近くの喫茶店でお茶することに。いやー、「コメダ」が出来たのよ。
彼はサンドイッチを食べたけど、こちらはかき氷。みかん味でうまかったわ。
なかなか酒が止められないとのこと。体壊した俺が言える立場じゃないけど、無理せずにね。
健康診断の値は問題ないそうだから、急にどうこう、ってのはないだろうけど。
決してもう俺たちも若くないからね。ああ、高1の同級生からの付き合いだがら、彼とはもう30年か。
ここまでくるといろいろなことが阿吽の関係ですね、ハイ。
e0078069_07051147.jpg
この日は近くに住む姉夫婦宅へ。
プヲタの義兄より、「G1 CLIMAX」を観よう、と誘われる。
いつもはPPVだが、今回はCS朝日で観られるらしい。
ってことで、夕方5時をメドに市内某所の高級マンションへ。

今日は初日。
気になったのは天山かな。
SANADAに負けたあと大泣きして小島に慰められてたけど、
どうやら小島の後ろ盾があって今回出場できたんだな。
(だから事前に小島との公開練習などもあったのか)。
最近負け込んでいたようで、かなり気合を入れて試合に臨んだようだが・・・。
負けた悔しさ、そして小島への申し訳なさなどが入り混じって感極まったのか。
いやー、俺も見て泣きそうだった。で、さらに背景しって納得です。
やっぱ男の友情はいいなあと思うのです。たぶん会場にいたら号泣してたわw。

あと、結局優勝するのだが、ケニーオメガもかっこよかったなぁ。
大好きな高橋裕二郎がセコンドにいたな。BULLET-CLUBつながりで。
本当にかっこいいわ高橋。生まれ変わったら高橋になりたいw。
真壁と石井は石井の勝ち。地味だけど試合巧者だといつも思うのよ、彼のこと。
メインの棚橋、岡田はドローでした。

あ、そうそう、義兄に頼んでいたNHKBS「乃木坂46SHOW」のブルーレイを頂く。録画頼んでおいた。
俺の部屋ではCATVでBSを見ているのだが、録画はできないのよ、機器の都合上。で、お願いしていた。
快く引き受けてくれるありがたい兄さんです。
お蔭で貴重な「あらかじめ語られたロマンス」が録画できたー!生生星(生駒・生田・星野)がいい!

e0078069_07051537.jpg
かなり以前に購入したシグマの18-250mm(もちろんペンタックスマウント)。
いわゆる望遠も近いのもOKよ、ってことで、レンズが1本で済むって利便性が魅力。
まあそのぶん画質は・・・(ひどくはないよ)なんだけど。
これを買ったあと体調を崩してしまったので、出番はほとんどなかった。
そんな中、一度床に落としてしまって、挙動が変に感じる。
なので、いっそのこと、とシグマに修理へ出すことに。

合わせて一眼レフ(K-5)のバッテリーも新品に。今まで使っていたのはK-5購入時から。
なのでK-5を買ったのが2010年11月だからねえ。もう電池の持ちがヘロヘロ。
最近は一眼を使う機会も減ったけど、また元気になってシャッター押したいね。
ちょうどペンタから、55-300の改良品も出て、AFがめちゃ速くなったとか。気になるね。

e0078069_07051860.jpg

by navona1971 | 2016-08-15 07:05 | とりとめもない話 | Comments(0)