<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いやいやどうも。
この日は等々力で川崎フロンターレ(5位)対松本山雅(14位)の試合があります。
J1に昇格したからこそ観戦可能なカード。めっちゃ楽しみにしていました。
僕は一応、松本山雅ファンで、まぁ熱烈サポというほどではないけどね、
あ、でも、JFL時代を知ってるから、ニワカじゃないでしょ。
いや、長い山雅の歴史ん中じゃまだまだだろうな・・・。

でも、JFLの頃、町田ゼルビアと野津田で対戦してぼろ負けした際は、
これじゃあJ昇格なんていつなんだろ、と思ってた。しかし、ついに来たね。
あ、アルウィンへはJ2昇格後にV甲府戦、G大阪戦と観戦をしており、
聖地のすばらしさも実感しています。

現地の方に喫茶山雅跡地、現松本山雅本社を案内してもらい、山賊焼きも食ったしw。
ただ、去年から今年にかけては持病の影響で遠征自粛なんです。
完治しない中では、やはり自宅に近いところに来てくれるのはありがたい。
等々力は私の横浜市内の自宅からチャリで20分。
で、等々力到着。こちらに来るのも久しぶり。
最後に来たのはチョンテセと川島の在籍最終試合だったから。あれが2010年か・・・。
その後改修工事も行われたようで、どう変わったのか、それも楽しみだった。

かかりつけの某大学病院で俺の担当をしている薬剤師(熱狂的川崎サポ)さんから、
「そういえば、船山すいません!」とこの春苦笑していたけど、そうだよ、移籍だったw。
「あんまり使ってなくてw」と続けて言われたが、その頃はそーだったのか?今日はどーだろ。
あ、お断り。私は野球からの後追いサッカー好きだけど、詳細な作戦やルールなんて、
まだまだわかりません。なのでそこらへんにまで突っ込まず、あくまでライトな観戦記でよろ。
さ、胸を借りるつもりで行きましょう!

改修工事が終わり、見事な姿を現しました。メインスタンドはBゲートから・・・。
e0078069_20214569.jpg

一般チケットの開門は14時。階段を上がり、指定席エリアへ。自由Aはここからさらに階段。
e0078069_20214947.jpg

メイン自由南の座席。幅は広く、ハマスタのベイブルーか、マツダスタジアムの内野指定よりやや広い。
e0078069_20215350.jpg

事前に工場で製作するプレキャストコンクリートと鉄骨で構成されています。工期短縮はコレが一番。
e0078069_20215640.jpg

フェアプレー精神で・・・。とはいうもものの、荒っぽいプレーは今日は山雅に集中した気がwww。
e0078069_2022050.jpg

日本代表のGK、元川崎の川島がスペシャルゲストとして顔を出しました。「エイジ!」コールが響く。
e0078069_2022552.jpg

出足がややゆっくり目だった山雅サイドもいつのまにかギッシリ。試合前のコール合戦が始まる。
俺が山雅側に座っていたということを差し引いても、とてつもない声量だった。気合が入る。
e0078069_20221016.jpg

そして、アウェーを歓迎する旨のコメントも。そう、お互い相手のスタジアムへどんどん行こう!
e0078069_20221526.jpg

スタメンはこんな感じ。川崎には昨季まで山雅にいた船山も。こちらからはブーイングと拍手が。
e0078069_20222069.jpg

始球式は哀川翔。「みんなこの夏はカブトムシを飼おう!」にスタジアムが笑いの渦にwwww。
e0078069_20222491.jpg

そしてフロンターレおなじみ「好きですかわさき愛の街」。信濃の国もいいけどねw。
ちなみにこの曲はゴミ収集車のメロディになっていますので「あっ、えーっとゴミを出さなきゃ」となる。
e0078069_20222955.jpg

大旗隊もしっかり頑張っています。きっと松本方面からも多数サポが駆けつけたんだろうなあ。
e0078069_2022341.jpg

フロンターレはおなじみこの弾幕。さぁ、いよいよキックオフです。
e0078069_202238100.jpg

おーおおっおおおー(^ω^) ・・・。おなじみ「中央線」。楽しみと緊張が交錯するひととき・・・。
e0078069_20224363.jpg

陸上競技のトラックは案外観戦には邪魔にならない。メイン自由はかなり見やすい。おススメ。
ちなみに前半は「いったいどのくらい格上なんだよ」と思うくらい川崎がボールを支配。
まるっきり動けず、防戦一方の山雅。でも、川崎は川崎で、攻めてる割には攻めきれず、
あちら側も結構苦しそう、たまにカウンターっぽいいい動きもあって形成大逆転の
あわや先制シュート、もあったが得点ならず、前半耐えきれ、と思ったが、
前半終了直前の45分、レナトにヘッドで決められ1-0。あああああああああああああ!
e0078069_20224755.jpg

等々力の杜を挟み、隣街武蔵小杉の超高層マンション群がここからも望めます。
e0078069_2025274.jpg

ハーフタイム、あの「株主優待で生活」の桐谷さんが愛車で登場!場内は闘いを忘れ笑いの渦に。
某J2の試合には桐谷美玲が来たと言ってましたがこちらは同じ桐谷でも・・・。
バリこぎママチャリの疾走をトラックで見せてくださり、拍手喝采ですw。ありゃ先行タイプだなw。
e0078069_2025131.jpg

さて、後半。あの前半はなんだったんだ?というくらいエンジンがかかる山雅勢。
シュートも増え、惜しくもクロスバーとか、そんな感じで攻撃のリズムを掴んできた。
それとともに細かいミスが川崎に増え、「もしかして山雅劇場くる?」と思ったわけよ・・・。
甘かったっす・・・。ハンドによるPKを村上の好セーブで防いだものの、エウシーニョにやられた。
うーん・・・なんつーか、今日はオビナの動きが悪いような・・・。
e0078069_2025248.jpg

悔しい展開だが・・・。「どんな時でも俺たちはここにいーる!」そーだな。ちょっとうるっと来た。
e0078069_20253577.jpg

天気はひじょーによかったが、相当な高さ(ビルの5階くらい?)にあるメイン自由A上段は、
多摩川からの風が吹き抜け、シャツ1枚では肌寒い。ここに来る方は羽織るものを何か・・・。
e0078069_2026396.jpg

観客動員はごらんのとおり。メインA自由も「席つめ」をしてびっしりでしたから・・・。
e0078069_20262452.jpg

試合はそのまま2-0で終了。でも、最後まで諦めないプレーは随所にありました。
負けたけど面白かった。特に後半の頭とか。山雅らしさは完全に失ってなかったし。
遠く信州から遠征のサポーターの皆さん、お疲れ様でした。
e0078069_20264066.jpg

※Jリーグの肖像権に関する規定を順守し、選手個人のアップ画像は掲載しません。
by navona1971 | 2015-06-20 21:11 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)
友人OからLINEが入る。「行ってみましょうか追浜」。あ、今日は横須賀スタジアムで試合あるね。
この日は彼の好意に甘え車での迎えを待つ。その後は第三京浜~横浜新道~横横道路で逗子IC。
ここからは16号を少し戻れば一時間もかからず横須賀スタジアムへ。今季初だな。

ベイは関根・内村・倉本・多村という1-4番。ある意味一軍で見られてもおかしくない面々。
先発はベイが高崎(こちらもいい加減しっかりせい、と)と楽天が古川。
1軍が北海道へ行ってるし、今は調子悪いけど今期は2位なわけだし、ここもよくお客が集まった。

しかし試合内容はこの集まった観客の期待を大きく裏切るものに。
いわゆる「ベイス★ボール」なプレーは連発するし、高崎はコントロールが不安。
ベイが今季乗り切るにはファームからまだ新戦力の食い込みが必要。だが、今のところ、それを
感じさせるような勢いのある選手はいない、関根、内村くらい。そもそも彼らは上の経験あるし。
内村がすごいよかった。好プレー連発にサイクル安打にリーチとか。
正直、上で内野の競争も激しいが、うっちーをそこに加えて欲しい。
あとは山下・・・大ちゃんじゃなくて幸輝ね。タイムリーよかったな。

両チームへっぽこ投手陣の中において光ったのは安楽。1イニングだけど一番しっかりしてた。当然三凡。
てか、高卒ルーキーが一番マシなピッチングってのがひでえよなあw。
楽天はだいぶ面子が変わった。ちょっと二軍を見ないうちに・・・。
伊藤亮太のスイングの良さが印象に残ったかな。

スタメンはこんな面々に・・・。
e0078069_11504587.jpg

高崎はまだまだ「高さ危険太郎」でした・・・。昇格の見込みはないな。
e0078069_11504959.jpg

ベイ前半戦好調の象徴でもあった関根。早く戻ってきてくれー。
e0078069_1150534.jpg

体感温度は30℃オーバー。投手にとっては厳しい環境だったかな。いやいや暑い!
e0078069_11505523.jpg

やはりこの人が打席に立つと声援の数が違う。この日も貫禄のタイムリー、DHで出場の多村。
e0078069_11505894.jpg

今日は両チームとも投手陣がピリッとせず、こんなシーンも目立ちました。
e0078069_1151779.jpg

こんな間近で試合が簡単に見られるのもファームの魅力です!
e0078069_11511258.jpg

梅津!カープ時代の輝きをもう一度。山形出身だったんですね。流麗なサイドスローです。
e0078069_1151174.jpg

話題のルーキー、安楽。落ち着いた投球とどっしりとした雰囲気が19歳とは思えない。
e0078069_11512867.jpg

このあと、今季一軍初昇格が決定した内村。よかった!
e0078069_11513287.jpg

終わってみればなにこれ・・・ってスコアw。
e0078069_11513758.jpg

ヒーローインタビュー。淡々と応じるうっちー。そりゃそうだよな、上でやりたいもんなぁ・・・。
e0078069_11514280.jpg


■試合結果
横浜12-10楽天
勝利投手 高崎 
敗戦投手 古川 
セーブ 福地
by navona1971 | 2015-06-13 23:59 | 横浜ベイスターズ | Comments(0)

今日は誕生日でした。

まあリアル知り合いの方はだいたいいくつか知ってるだろうから。
ここに書けるような年齢でもないのでこちらでは伏せておきます。バレバレだけど。

しかし、さすがに成人式は少し昔のことのように感じるけど、
30代は光の速さで過ぎ去ったなあ。それなりに楽しい時間だったけど。
結婚もねえ。多少の恋愛はあったし、お見合いっぽいことも2度したけど、案の定縁なし。
病気のこともあるし、ここ最近はそういう方面について沸き上がるようなパワーもない。

「ローソクももらってきたわ」。
母が小ぶりなケーキを買ってきた。何歳であれ、俺がこの人の子供であることには変わりない。
子供がおっさんになろうとも、あくまで息子、子供だしな。
とはいうものの年齢の数かと思ったらローソクは4本だった。だいぶ省いたなw。

改めて母を見ると、髪がだいぶ白くなっていた。「もう染める方が無理あるわよ」と。
子供の頃はどこへ行っても「だまくんのおかあさんは美人ね」と言われたものだった。
実際、世代の割には長身で、鼻筋も通っていてね。表向き謙遜して受け止めながらも自慢だった。
気持ちの優しい人で、近くに住む遠縁の老婆の面倒もよく見て、義務があるわけじゃないのにね。
我慢強さもあるし、やっぱり雪国秋田で辛抱強く育っただけあるんでしょう。

しかし、この白髪のほとんどは、俺が苦労させたせいじゃないかと思う。
ここ最近は一応、親孝行らしいことはできているけど、昔を思うとね・・・。
いや、別に不良だったり、そういうわけじゃないけど、やっぱり心配させたり、あったからね。
おそらく母が願っていた、信じていた将来像とは、大きくかけ離れた?モノになっちまったし。
まあ、それでも最低限サラリーマンやってまぁまぁな結果残せてるってことで許してもらいましょう。
せめて孫の顔は見せたかったがなあ、そればかりはごめんなさいと言うしかない。

あぁ、ケーキはおいしかった。久しぶりだな。
この家に産まれてよかった、と改めて思った。もうそれだけで幸せじゃない?
一応仲良く?健在な両親、姉も嫁いだ先は近場だったし、姉の旦那さんは気さくで優しい。
ほかに求めるものなんてないわ。まあ、この不治の病だけはどうにかならないかと思うが。

年齢のせいか病気のせいか、30代半ばあたりからだけど、物欲も失せた。
ヨドバシカメラとか行っても、欲しいものなんて何もない。
というか、お金で買えないものが欲しくなるのかも知れないね、こうなると。
愛であったり、健康であったり、若さであったりさ。

この病気は心不全なども起こしやすいので、突然死もないわけではない。
ましてや僕はこんな体だし、人よりどうしても臓器に負担はかかるから。
節制ももちろん最近はしてるけど、それとともに、いつ死んでもいいような、覚悟は少しし始めてる。
とにかく悔いのないように家族とは接しようと思います。
まあ、だからといってそう簡単に死ぬわけじゃないけどさw。

東日本大震災の当日朝、母親と少し口論して学校へ飛び出した子が、
その後津波でその母親を失い、ものすごく悔いていたという話を聴いた。もう時間は戻せないものね。
自分がそんなことになったら、ほんとに胸を引き裂かれるような苦しみになると思う。
そうならないためにも。そうだな、両親より一日でも長生きできれば、それで十分かな
(あ、姉が寂しがるかも知れんw)。

今日はハマスタのチケット、結構いい席のを前持って買っておいたんだけど、
行く気が起こらず、やはり日曜は出たくない・・・。

facebookやメールなどで誕生日おめでとうの連絡を下さった皆さん、ありがとう。
e0078069_19292343.jpg

by navona1971 | 2015-06-07 19:30 | とりとめもない話 | Comments(2)