<   2013年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

土曜日はなーんも予定がなかったんだよね。
ところが前日夜、会津在住の友人、SY氏から電話。「明日、プロレス観に行きませんか?」と。
聞けば、アントニオ猪木が主宰する団体「IGF」の試合が東京ドームシティホールであるそうで、
SY氏が取引先から結構いいチケットをもらったそう。ちょうどSY氏は金曜から出張で東京に来ており、これを見て帰郷する、と。
せっかくの機会なので快諾。楽しみですね。
そうそう、この間買ったペンタックスMX-1に合うカメラケースを探していたところ、秋淀でこれを見つけた。
チェックの柄がかわいいでしょ?汚れの目立たない色だし、サイズもぴったり。
値段も2000円でお釣りが来るリーズナブルなものでした。
e0078069_1312761.jpg

台風の進路如何によっては今日も荒天になるところでしたが、午後には晴れてゆっくりと明るくなってきました。
そろそろ出発。チャリで某駅へ。この商店街のゆるきゃら「おずっちょ」がいたので思わずブレーキ。
新しくオープンする歯科医院の内覧会だった。「どーぞ、中見ていってくださーい」とスタッフの方から声をかけられ、
逃げるわけにもいかずちょっとお邪魔をする。なんと院長はまだ三十代の女医さんだったよ(それだけ行きたくなるよなw)。
とても綺麗で、これはいいね、何かあったらお願いするかも。でも痛くなってからじゃ本当はダメなんだよね・・・。
おみやげに歯ブラシを頂いてきました。この歯医者さんの盛業を祈ります。
e0078069_1313117.jpg

歯医者さんに立ち寄ったため、少し待ち合わせ時間には遅れたまま水道橋駅へ。無事にSY氏と合流。
僕が元気だったら居酒屋にでも行くところだが、モスバーガーでウーロン茶。プロレスが始まるまでしばし雑談。
SY氏とはもう15年くらいの付き合いですが、ここんところ、SY氏が多忙だったり、こちらが闘病したり、とあったので、会うのは久々。
元気そうで何より。小一時間楽しく話したあと、そろそろ会場へ。その前に、僕がいつも髪を切ってもらっている「アドーン」に立ち寄る。
オーナーのOさんにSY氏を紹介しておく。会津、中通りの違いはあれど、お二人とも福島県出身なので。それに、今はSY氏も中通りの担当だし。
あぁ、台風一過、夕暮れの空が綺麗です。あとは改めて書きます
e0078069_1313594.jpg

e0078069_1313849.jpg

e0078069_1314281.jpg

e0078069_1314791.jpg

e0078069_1315135.jpg

e0078069_132082.jpg

e0078069_132434.jpg

e0078069_132751.jpg

by navona1971 | 2013-10-27 13:02 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。
今日は神戸のノエビアスタジアムまで、J2のヴィッセル神戸vs松本山雅FCを観戦しに行きます。
先月、アルウィンまで対ガンバ大阪戦を見てきて、これは翌月の神戸戦が昇格プレーオフの鍵を握るな、と思い、
早速飛行機やら観戦やらのチケットを用意したのでした。
J2昇格前からシーズン後半にやたら強くなる山雅なんだけども、今季もこれが当てはまるのか、と。
本来なら泊まりで観光を兼ねてゆっくり訪れたいところでしたが、病み上がりでもあるので日帰りで。
クラスJがリーズナブルに入手できたので、往路はJALで伊丹から入ります。
しかし、あいにく外は強い雨。横浜からエアポート急行で羽田空港へ向かいます。
e0078069_833216.jpg

ここんとこ飛行機を使っての遠征はご無沙汰だったなー。ま、遠征といっても野球観戦ばかりだけども。
今日の機材はB767-300。後ろ半分を北海道の修学旅行生が団体搭乗しているそうで満席とのこと。
しかし彼らはおとなしいね。今の高校生はきっと何度も飛行機なんて乗ってるから、珍しくもなんともないんだろうな。
e0078069_833891.jpg

台風はまだずっと先だが、その影響を受けた低気圧が発達し、風雨ともにそこそこ強い。
案の定、「運航中はシートベルト着用サインが消えないかもしれない。トイレには今のうちに」としきりにアナウンスが。
そして「出発に必要な書類が届いていない」という理由で離陸も大幅に遅延することに。
飛行機は飛べば速いんだけど、定時性がねえ。
しかも、ランプからタキシングして離陸するまでが長い。羽田もどんどん大きくなってきたからねえ。
e0078069_853257.jpg

遅れが30分近くになり「ねぇ、この飛行機ちゃんと飛ぶの?」なんて声も周囲からがあがっている。
とりまとめているベテランCAは表情ひとつ変えず、穏やかに現状を説明する。
経営悪化の影響で、新規採用を抑制しているから?ここ何年かで、JALのCAは年齢層がグッと上昇した印象がある。
でも、落ち着いているし、気配りができるので、いわゆる中年?CAは大歓迎なんだよな。ちなみにANAよりJAL派ですw。
お客さんに接する姿勢も実に丁寧なんだけど、それがいやらしく見えずに自然だからね。さすが経験だと思う。
しかし、せっかくの窓際も着陸直前まで外は真っ白。残念だったな。
e0078069_85354.jpg

伊丹空港には結局予定より40分近く遅れて到着してしまった。うーん・・・。
ノエスタへ行く前に、住之江でのイベントであの巨大アヒルが展示されているというので、それをチラリと見てから
神戸へ向かうつもりでいたけど、どうやら無理らしい。残念。もうちょっと早い時間に来るべきだった。
いや、巨大アヒルが来るというのは昨日知ったので。まあ、仕方ない。大阪モノレールから阪急宝塚線で梅田へ。
上品な内装と、マルーンの車体色。阪急に乗ると「大阪へ来たなー」って実感しますね。
e0078069_854144.jpg

阪急電車は豊中、十三と進み梅田へ到着。ここから阪神電車に乗り換えます。巨大アヒルには会えないが、尼崎で用件をひとつ。
しかし、関西私鉄の雄、的存在の阪急。ターミナルの梅田は清掃も行き届いて、想像以上の広い作りに驚かされる。
東京ほど混み合っていないし、ちょうどいい。関西へ来ると、東京の集中ぶり、混雑ぶりがまた、別格であることを知る。
e0078069_854576.jpg

阪神の梅田駅からは急行で一路尼崎へ。こちらも始発梅田からすべての座席が埋まることはなかった。
優等列車の運転比率が高く、「西の阪神、東の京急」なんて表現もありますが、住宅密集地を飛ばすところなど、確かに雰囲気が似ています。
e0078069_854997.jpg

で、すぐに尼崎到着。
やや遅いお昼に、尼崎駅改札を出て左手にあるパン屋「モンパルナス」で。名物「ピロシキ」を頂くために!
関西の方以外には知名度がもちろん皆無ですが、以前「パルナス製菓」という会社があり、地元で流れる哀愁漂うCMと、
ピロシキ、クレーモフ(シュークリーム)が評判で、熱烈な支持を受けていたそうです。
ですが、様々な洋菓子店の林立や消費者志向の変化で売上が伸び悩み、黒字のまま惜しまれつつ会社を閉鎖に。
もうあのピロシキは食べられないのか、と誰もが落ち込んだところ、パルナス製菓のご親類の方がレシピを譲り受け、
この地に「モンパルナス」として、改めてピロシキの製造・販売を始めたのです。
ちなみに当時のCMは→こちら(歌はなんと中村メイコとボニージャックスと、超豪華だったりする)
e0078069_861848.jpg

モンパルナスの中はカフェも併設されているので、さっそく秘伝のレシピで復活したピロシキと、
カレーピロシキを頂く。うわー、おいしそう♪ちなみに、当時は「パルナスのピロシキ」なので、
”パルピロ”とも呼ばれていたらしい。いただきまーす!
e0078069_862515.jpg

ひき肉と玉ねぎとじゃがいも?が均一に混ぜられていて、胡椒が適度に効いていて、意外に薄味です。
おいしい、そして、素朴な味です。当時、学校から帰ってきた子どもたちのおやつに親しまれたのも納得。
大切にゆっくり頂きました。いや、普段いつも食べられる何気ない商品が消えるって、寂しいものだからね。
俺はありあけのハーバー(横浜市民なら知らない人はいない)でそれを痛感したので、目に入れば買ってます。
e0078069_1144837.jpg

さ、食べ終わったらノエスタに急ごう。もう時間がない。
なにせ飛行機が40分近く遅れたので、予定が狂う。まあこんなキツキツな行程なのがわりーんだけど。
地下鉄乗ってる時間はないので、三宮からタクシーでノエスタへ。幸いにもドライバー氏は飛ばしてくださり、
キックオフ直後に到着。入口ではヴィッセル神戸のキャラクター「モーヴィ」が迎えてくれます。
e0078069_11441798.jpg

外観が未来感覚の美しいスタジアムだなあ。
周囲はクリムゾンレッドに染まっている。野球では楽天イーグルスファンの俺としてはなんとも不思議な感じw。
個人的には上品でいい色だと思うなー。で、観戦はバックスタンドなんだけど、ちょっと外周を歩く。
さあ、席へダッシュだ。このスタジアムに着いて、中に入るまでの焦り、なんとも気持ちのよい高揚感だよねえ。
中から歓声が漏れてくると余計に。
e0078069_11441232.jpg

うおおおおおおすげえええええええ。立派だあああああああ。
この日は昼間雨が降ったりしていた空模様だったので、屋根は閉鎖されていました。
でも、屋根つきなのに東京ドームのような圧迫感が全くない。素晴らしい。
席についたのは試合開始まもなくだったので、今のところ0-0で安堵。
両チームサポーターの力強い歓声がドームの中に響き渡る。いいなあこの雰囲気。来てよかった。
e0078069_11553526.jpg

それに松本山雅サポーターがこんなに来ていたとは。
電車だと、試合終わってからでは最終の名古屋発しなのに間に合わないらしいが、だとしたら車とかかな。
サポーターの変わらぬ熱さに感激するとともに、この試合の重要性がひときわ伝わってくる。
e0078069_11554335.jpg

一方、首位で山雅を迎えるヴィッセル神戸側スタンド。こちらも統一感ある応援がすごい。
やはりJ1を経験し、J2でも首位を疾走するだけあり、胸を借りる気持ちで挑まねば・・・。
e0078069_11555053.jpg

(後編に続きます ※古い記事へ進むことで後編が読めます)。
by navona1971 | 2013-10-20 23:59 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)
あー、お断りしておきますが、
サッカーは勉強中なので、作戦がどうの、とか、プレーがどうの、は書けませんのでご了承ください。
いやー、野球よりわかりにくいし、奥が深い気がするわ。オフサイド覚えるまでも大変だったしw。
で、現地ですが、席に座ってキョロキョロしている間に森岡に決められ先制。まあ1点は仕方ない、1点ならね。
e0078069_1156048.jpg

森岡のゴールで湧くヴィッセル神戸サポーター。少し独特な感じのチャントと、手拍子?の多さがいい感じですね。
e0078069_1156575.jpg

やっぱりサッカー専用スタジアムはいいなあー。なにせ三ツ沢からスタートしたサッカー観戦の日々なので、
もう専用スタジアムじゃないと満足できないっす。前半その後は結構、山雅も踏ん張って、望みをつないだ感じ。
e0078069_1156944.jpg

いやー本当によく集まりました。てか、車で来た人は帰りくれぐれも安全運転してもらわんと。
拳を突き上げ、選手の気持ちを鼓舞します。俺もこのくらいあたりまでは追いつけるかも、とは思ってたんだけど・・・。
e0078069_11561460.jpg

同点のチャンスを伺ってはいたんだけど、どうも抜け切れない。
そんな中、ポポに決められて2-0。神戸さんは日本人選手が細やかに動き、さらにマジーニョ、ポポなどの
助っ人勢がそれに力強さを加えて展開するサッカーに感じますね。
e0078069_11562128.jpg

そんなこんなで2-0のまま前半終了。ちょっと席を移動。
インターバルの時に、芝を手入れする姿が随所に見られた。あまり他のスタジアムでは見かけない。
芝の育成って細やかな配慮がいるらしいものね。屋根つきだから日当たりがうんぬんってこともあるだろーし。
さきほどピロシキ食べたばかりだったのでスタジアムグルメは堪能できませんでしたがフライドポテトはうまかったw。
e0078069_13233461.jpg

今日の入場者数はご覧の通り。わずかに1万人には届かず。悪天候も影響しただろうなあ。
e0078069_11562435.jpg

あれよあれよです。この点差。いや、マジでボロボロで、10点取られるかもしれないと本気で危惧したw。
河本(58分)、小川(62分)、橋本(67分)、杉浦(71)、相馬(82)・・・次々に決められる。
ハットトリックとかでなく、ある意味まんべんなくやられていて、さすがJ2首位で、徹底的にやられたわ。
こうやって昇格していくチームでさえ、J1ではボッコされたりするんだから、厳しい世界だ。道のりは遠いわ。
e0078069_11562816.jpg

技術も及ばない(ごめん・・・)のに加え、気持ちも切れてしまった山雅の選手たち。
「頑張って!」というサポーターの声援が耳に入ったけど、もう悲鳴のようだった・・・。
一部の人は早々に席を立つ姿も見られた。まあ、その気持ちはわからんでもない。
e0078069_11561784.jpg

一矢報いるためにもせめて1点は取りたい。ロスタイムでアウベスが狙うも得点までには至らず・・・。
e0078069_11563229.jpg

試合終了。
JFL時代、野津田で町田に6-1でやられたのを現地で見たけど、まさかそれよりひどいスコアとは・・・。
フルボッコの名にふさわしい結果になってしまった。大差だけど、さらに大きな差もあった気がする。
e0078069_11563834.jpg

試合終了後、挨拶に来る、というか頭を下げにきた山雅イレブン。
正直ね、罵声が飛ぶかと思った。でも、サポーターは拍手で迎えた。よかった。それでいいと思う。
特に後半、望みもなく戦っている選手はしんどかったと思うよ。それでこの結果。
サッカーは怖い。心の隙間を突いてゴールを狙ってくる。そういや、岩上が泣いていたらしい。その悔しさを次に活かして欲しい。
悔しがる選手と、怒りを押し殺し、穏やかに選手を迎えたサポーター、これもまたひとつの成長だと信じたい。
e0078069_11565089.jpg

戦い済んで日が暮れて・・・。
残念ながら敗れてしまいましたが、素敵なスタジアムを満喫できました。また来たい。
今度は神戸観光する時間もちゃんと取って。次来るのはJ1だといいなあ。
e0078069_12384714.jpg

新神戸まで地下鉄で行くことも考えたが、本数も多いので、一気に新大阪へとりあえず向かうことに。
神戸からは新快速。ホームには落胆した山雅サポの姿も目立つが、ユニを脱いでないのがいいじゃん。
心の中で「お疲れ様でした」と声をかけさせてもらう。表情もみなさん冴えない。オレモナー。
e0078069_1237665.jpg

新快速を新大阪で降りると、なんと向かいのホームに国鉄色の381系が。やっぱこの色だよなあ。
(すいません・・・思わず鉄ヲタモードになってしまい、「おおおおお」と内心叫ぶ)。
e0078069_123492.jpg

少しお土産を買い求めたあとは、27番線へ進む。
19時27分発の「のぞみ184号」。手元にあるのは指定席用回数券だが、わざわざ指定席にするほどでもないので、
そのまま1号車の自由席へ。祝日などがある連休でもない日曜なので、行楽シーズンにしてはやや空いている感じ。
60%くらいの乗車率かな。
e0078069_12334948.jpg

※Jリーグの肖像権に関する規定を遵守しているため、選手のアップ写真の掲載は控えております。
by navona1971 | 2013-10-20 23:58 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(4)
お笑いライブのことを書く前にさ。
金曜日は病院だったんですけど、某内科でよく俺を担当してくれるHさんというナースがいるのだが、正直とてもかわいい。
で、入院していた時も「退院後は外来担当の私に相談してください」みたいな感じで退院直前に言葉を交わす機会は何度かあった。
でも、堅い感じの子で、まあ、こんな性格の子なんだろうな、と思ってたんだけど、最近どんどん会話していくうち、印象が変わった。

優しいのよねとても。意外にユーモアもあるし。よくしゃべる子だし。すごく思いやりを感じるんだよねえ。
この日も先生の診察の時、ずっとそばに立っていてくれて、終わったあと、俺の二の腕に手を添えて、「大丈夫です、次回まで頑張ってくださいね」と。
そこで微笑むんですよ俺を見ながら。いやーさ、そこでなんで俺の二の腕に触るの?こういうことやられると本当によえーんだよ俺。
すぐ好きになるからwwww。この子は結婚してんのかなー。ナースは衛生上?仕事中は指輪してないから、わかんねーんだよ。
はい、もちろん何もしませんよw。
e0078069_23131085.jpg

そんなこんなで土曜日も夕方に。
今日は下北沢エッグカートンで、お笑いコンビ「ハイスパット」と、ピン芸人satomiさん、お笑いコンビ「マリア」のゆみみさんのトーラクイブが
あるので行ってみることに。正直雨もパラパラながら降り始めていたし、行くか随分と迷ったが、こういう時こそ行くべき、と思い立つ。
武蔵小杉で南武線がすぐ来ないので東横線で渋谷へ。井の頭線ホームへ進む途中「幡ヶ谷折返所」行バスが止まっていた。
このバス、エッグカートンに近い、東北沢を通るので、飛び乗る。しかし山手通りの渋滞が激しく、遅れたまま到着。
その後少し歩いて会場に到着も、いつもと様子が違う。

ステージにハイスパットのお二人がいるが、お客さんと一緒にツマミとお酒を持って囲んでいる。

二階堂くん「あ、だまさんが来てくれた!」。
だま「遅れてすみません!」。

聞けばお客さんが少ないこともあるので、砕けた感じの懇親会形式にしたとのこと。飾らないお二人らしい。
早速お酒が足りなそうだったので僕が近くのファミマへ。俺は1本しか飲まないけどね、体調のこともあるので。
お二人にほかのお客さんのことも紹介していただき、ざっくぱらんに自由なトークをする。いやー、楽しい。
アミーパーク(彼らが所属する事務所)の中では、U字工事さんの次にブレイクすると密かに思っているので。頑張って欲しいなあ。
普段のネタづくりのこと、事務所の秘密話?、先日の事務所ライブで見せたネタと、その狙いなど、普段なかなか聞けないことばかり。
あっという間の一時間でした。僕は第二部のsatomi&ゆみみのトークライブを見るので残ったけど、
みんなは近くで一杯やっていったみたい。
e0078069_23131515.jpg

少しインターバルをおいたあとは、satomi&ゆみみのトークライブ「来世にきたいします」です。
こちらもお客さんの出足が今ひとつだったため、椅子を近づけてのトークに。あとお酒も(また俺が買いにいったw)。
satomiさんからは八幡カオルさんや牧野ステテコさんらと一緒に出雲大社へ行った話が中心。
境港まで足を伸ばし、ゲゲゲの鬼太郎で町おこしをしている様子が気に入ったみたい。
そしてゆみみさんからは先日出演した「芸人報道」の裏話などをしてくださいました。
しかし、satomiさんは笑顔が素敵で、ゆみみさんは美人さんだわ。
e0078069_23132137.jpg

ゆみみさんはちょこちょこテレビに出てる(マリアの片割れ「イーちゃん」とともに)ことが結構あるけど、
satomiさんはあまりその機会がない。だけど、俺はこの人ほど面白い人はそうそういないと思うんだがなあ・・・悔しい。
こちらもハイスパット同様、とにかく笑い、和んだひとときでした。来月の開催が今から楽しみ。
ちなみに来月は手作りお弁当対決をやるそうです。これは期待。でもゆみみさんは「私、カレーすらまずく作るからね」と
早くも「すでにメニューが頭に浮かんでいるよ」と切り出すsatomiさんに対してちょっと弱気。さてどうなるか・・・。
e0078069_23132479.jpg

by navona1971 | 2013-10-19 23:16 | お笑いライブ | Comments(0)
今日は御徒町のライブスペース「ばんど屋」で、ロックンロールトリビュート対決?が開催されます。
スージー・クアトロのトリビュートをするスージーマナトロ、そしてキャロルトリビュートのJUNKSが登場します。
ちなみにマナトロさんは元バンディーズ、そして、THE-HUNGRY、THE-STRIKE、BEST★TENで活躍する
ばんど屋所属のプロシンガー、小野寺真菜さんが演じています。さ、久しぶりにばんど屋へ行こう。
ばんど屋は御徒町のいわゆる「アメ横」の中にあります。
e0078069_12304514.jpg

そのアメ横を線路際に上野方向へ進むとほどなく雑居ビルがあり、ここの最上階である5階にばんど屋はあります。
うわー、なんか懐かしい。ここに来るのは10か月ぶりで、ライブを聴きに来るのは約1年ぶりです。
階段を5階まで登っていきます。そう、エレベーターないのよ、このビル。
e0078069_12304881.jpg

開演15分ほど前に行く。おお、JUNKSや真菜さんの姿が。「お久しぶりでーす」そうね、本当に久しぶりね。

ボス「おお、お前ひっさしぶりだなあ、大丈夫なのか、体」。店主のボスこと大澤さんに気遣って頂く。
だま「今いちですが、まあなんとかやってる感じです」。

ボスと会うのも半年ぶり、ばんど屋でライブを聴くのは約1年ぶりだからなあ。
ボス大好物のシウマイ&横浜チャーハンを差し入れる。超ごきげんであるw。

しばし雑談。
一時期は毎週のように来た場所なので。でも時間が止まったような感じ。何も変わってないな。
そのほか、旧知のライブ仲間が次々と来て、1年~1年半近く会ってなかったので、懐かしく思い出話などを。
ばんど屋は僕を音楽の世界に引き込んでくれた場所ですからねえ。部屋にはあの写真が飾ってある。いろいろなことが頭をよぎるわ。
e0078069_123055100.jpg

さ、開演。
オープニングはJUNKSから。オリジナル曲も素敵なJUNKSですが、今日はすべてCAROLから。
3人いるドラムス、今日の当番?はいしーさん。パワフルな叩き方が魅力なのです。
e0078069_12311178.jpg

そして後半はクワトロ同様、ジャンプスーツに身をつづんだ”マナトロ”こと、真菜さんが登場。
想像以上にかっこよかったんでびっくり。現在必死に曲を覚えている最中で、演奏できるのは7曲だそうですけど、
それでも立派なもので。風格があるよ。アイドル歌謡曲からロック、オールディーズまで、なんでも歌える子だけど、
一番似合っているんじゃないかと思うくらい。聞けばクワトロは中学生くらいから聴いてたんだって。
e0078069_12311468.jpg

ライブ終了後は”黒革軍団”で記念撮影。JUNKSに加え、YAZAWAトリビュートの「T-project」のTさんの姿も。
次回のライブは未定だそうですが、さらに練習を重ねるそう。
上手く行けば今年2月にばんど屋が主催したCOOLSライブが来年も行われるそうなので、そこでO/Aとして出番が
あるかも、とボス。これは期待できますね。努力に敬意を表するとともに、これからのさらなる発展に期待です。
e0078069_12312235.jpg

※画像掲載は㈱オフィスばんど屋の承諾済です。
by navona1971 | 2013-10-14 23:29 | 御徒町ばんど屋&音楽の世界 | Comments(2)
今日はエッグカートンで開催されるお笑い芸人さんのトークライブを楽しみに行きます。
昨年から主にアミーパーク所属の芸人さんを中心に、毎月1回、開催されているものです。
この日はスタスタローンさん、森しゅんすけさん、あと、ルネさんなども開催するのですが、出遅れてしまい、
森さんのコーナーから見ることになりそうです。しょっちゅう来てるつもりでいるけど、一ヶ月ぶりか。
そうそう、元住吉に面白そうな古本&CDショップができた。今日は覗かなかったけど、気になる。
店名も「凸っと凹っと」と楽しい。Twitterは早速フォローしてみた。近いうちに行ってみよう。
e0078069_14151713.jpg

そのままチャリで武蔵小杉まで行き、亀屋万年堂で差し入れを買ったあと、南武線で登戸へ。
前にも書いたが、東横線の渋谷駅が地下化されたことで、
井の頭線への乗り換えが途方もなく遠くなったので、登戸経由に改めた。その方がずーっとラク。
で、下北沢はちょうどカレーフェスティバルの開催中。いつも以上に混み合っている様子。
4時半からスタートの森しゅんすけさんのライブ、開始には間に合わず、やや遅れて到着。
へぇ、NSC、吉本出身なんだー。芸歴は5年目だそう。少し前にアミーパークへ新たに所属したんですよね。
今日は自分の持ちネタ(ショートコント)をひたすら披露していく感じ。
うーん、申し訳ないけど、ちょっと俺の笑いの好みとは違うかなという感じ。
e0078069_14153630.jpg

続いて約30分のインターバルをおいたあとは、スタスタローンさん編。
こじんまりとしたトークライブにもちゃんと小道具のライフル銃を持参するのが実直なスタスタさんらしい。
話はさすがベテラン?だけあって面白い。前半は日々の仕事や暮らしの中で見つけた笑い、後半は、
スタローンのネタでしたが、あっという間の60分でした。
スタスタさんは自分がバイトしている某中華料理チェーン店に自分のサインを飾っているのですが、
それについて触れてきた客の話はもう会場大爆笑でしたw。本当なら一杯やっていきたいところですがね、帰らないと。
e0078069_14172055.jpg

帰りも小田急で。三連休真ん中の夜だからかな、急行はさほど混まず、経堂からあっさり座れる。そして登戸へ。
南武線もあっさり座れる。もう渋谷経由ではいけないなあ下北沢には。
e0078069_14173089.jpg

そうそう、前から気になっていたのだが、今日、武蔵小杉の崎陽軒の前を通った時に「あっ!」と思ってね。
今月限定で神奈川県の食材を盛り込んだ「神奈川あじわい弁当」(850円)が発売されてるの。これは食べたい、と。
で、崎陽軒に聞くと「ちょうど配送されるんです、あと数分待って!」とおばさん。すると、その言葉通りに
お弁当を持った配送員の方が到着。「よかったわあ」とおばさん。愛想もいいし明るい人だなあ。なんか悪いので、
シウマイも追加購入。で、帰宅後夕食に頂きます。
e0078069_14173848.jpg

中は崎陽軒のシウマイは当然のこと、小田原かまぼこ、三浦産の芽ひじきと舞茸とさつま揚げの炒め煮、
三崎産マグロの生姜煮などがぎっしりです。いやー、おいしかった!
e0078069_14174631.jpg

by navona1971 | 2013-10-13 23:18 | お笑いライブ | Comments(0)
少し前にTBSで再放送していて、たまたま途中から録画して見ていたらめちゃ面白くて。
でも、七話からだったので、一話からどうしても見たくなって、中古をAmazonでゲット。
なにせレンタルあがりの中古品なので定価は二万だけどその一割程度の価格で買えてしまって満足。

真矢みき、稲盛いずみ、北川弘美、滝沢沙織、と俺好みのスレンダー美人女優多数出演なのもいいし、
男も惚れるかっちょよさの高橋克典が主役なのもいい。
昨夜は退院後控えていた夜更かしを久々にしながら一話から六話までを一気に見たのでした。

あわせてこの金曜が再放送の最終回だったキムタク主演の「GOOD LUCK」もよかったねえ。
これも2003年放送で(もう10年も経っていることに驚き)。この頃のドラマはいずれもなかなかの充実っぷり。
e0078069_2216926.jpg

by navona1971 | 2013-10-11 22:17 | とりとめもない話 | Comments(0)
半年も悩んだ末に(貧乏性だなおいw)、秋淀でペンタックスのハイグレードコンデジ「MX-1」を買ってしまった・・・。
仕事で末広町に行ったんだけど、まあ帰りは秋葉原駅だよね。通りかかって、そのまま吸い込まれるように淀へ。
ちょうどお昼休みだったこともあって、ちょっとカメラ売り場を覗いてみて・・・。そこそこ値段も落ち着いてきていたし(まだ高いけど)。
e0078069_137116.jpg

e0078069_137594.jpg

e0078069_13781.jpg

きっと長く愛せる、使えるカメラだと思うので、決断しました。この画像は夕方、弊社の会議室から1枚。黄昏の雰囲気がよく出てますわ。
e0078069_2013494.jpg

なにせペンタックス大好き、ペンタックス教の信者だからね、俺は。
きっかけなんだけど、よく野球観戦で一緒になる方もブログをやられていて、画像を見ていたんだけど、
持ってるカメラが同じ一眼レフなのに、どうしても写りが違う。俺のは寒々しいのだけど、その方の画像はやわらかく、温かみがある。
なぜなのかずっと考えていたのだけど、答えは簡単で、ペンタックスだから。

それに気づいた時には買ってから半年も経過してなかったニコンD90とレンズ一式をマップカメラに売っぱらってしまい、
K20Dに買い換えたんだよねえ。そしたら、まさしくこれよ!俺の求めていたものは!という色合いになってた。
もちろん好みがあるので、ニコンやキヤノンが好きな人もいるでしょう。けど、俺はペンタックスが好きなんだ。
一番は、自分自身の見た色のままに出るから、ってのがある。そして、肌色が美しいんだよねえ。
その後、苦手だった高感度に強くなったK20Dの後継、K-5導入に至るわけです。
e0078069_20211814.jpg

by navona1971 | 2013-10-09 20:15 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。
今日は神宮球場で開催されるヤクルトスワローズの今季本拠地最終戦を観戦します。
そして、この試合は今年で19年間のプロ野球生活を終える宮本慎也選手の引退試合です。
ならばヤクルトファン歴30年以上の俺が行かないわけにはいかないでしょ。仕事になんとか都合をつけて、4時過ぎに現地到着。

この日が引退試合と決まってすぐにチケットを買ったが、ほぼ瞬殺だったらしいしね。まあ宮本の人気を考えれば納得か。
いつもなら開門時刻だが、列が消えていた。おそらく開門を前倒しにしたのでしょう。
当然のごとくライト側へ行くといくら混んでたとはいえ、まだこんな時間なのに(来てない人も多数いるはずなのに)空席がない。
いや、空席はあるんだ。明らかに過剰な席取りをしている。一時期よくここに来ていた時もひどくて、足が遠のいたが、
その後、少しは改善されたのかと思ったら、呆れたわ。俺はヤクルトファンだけどヤクルトファンが嫌いだからw。
もうね、ガキの頃からここに来てるけど、連中の社会性とか公共心のなさはよくわかってる。だからコアゾーンから離れていく。
常連観戦集団の馴れ合い、そして傍若無人な振る舞い、これじゃ新規ファンなんて入ってこないよ。
ハマスタもドームも、外野の指定化って客が自分の首締めてんだもん。神宮も来年から全席指定になればいい。こんな状態なら。
まさか座席の上にガムテープをただ張ってあるだけで席取りなんて。こんな大胆かつ無神経な席取りなんていまどきやるか?
気分最悪のまま、レフトスタンドへ向かう。宮本引退試合にこんなことで水差すんじゃねえっつうの。
あ、そうそう。今日の入場者にはこのボードが配られました。打席に入ったらみんなで掲げましょう、だって。
そういえば、古田引退試合の時もやったね、これ。
e0078069_1021140.jpg

裏面には宮本からのメッセージと通算成績が。怪我も少なく、好不調の波がとても少ない選手でしたねえ。
e0078069_1021846.jpg

そして歓声に包まれて宮本がグラウンドに入ってきます。フェンス際も進み、サインに応じているようです。
e0078069_10214958.jpg

今度はレフト側からも歓声が。今季で22年の現役生活を終える桧山進次郎選手の姿が。東京では今日が最後の試合となります。
e0078069_10215824.jpg

ライトで守備練習に就く桧山には、ヤクルトファンからも声援が。手を挙げて応じる桧山。他球団ファンからも親しまれましたしね。
e0078069_1022548.jpg

ライトスタンドでは宮本の背番号「6」をボードで表現。もうちょっとハッキリ、クッキリだとよかったが。
e0078069_10222173.jpg

つば九郎が引退する桧山にメッセージ「ひーやんへ」と。さすが人脈の広い彼だけあるわw。
e0078069_10222873.jpg

そしてスタメン発表。注目の宮本は代打出場ではなく、フルでの登場。二番ショートでのコールに球場も大きく沸きます。
先発はメッセンジャーと木谷。
e0078069_10223248.jpg

試合開始に先立ち、桧山へヤクルトスワローズより花束贈呈ということで、代表し川端がプレゼンターに。
e0078069_10223662.jpg

俺も桧山は好きな選手だったなー。なぜか応援歌も歌えるしな。広島で今季引退した前田とともに、天才左打者と称されましたね。
e0078069_10225075.jpg

桧山選手、長らくの間お疲れ様でした。いつのまにかレフトスタンドも東京で桧山の姿を最後の見られるチャンスとあって賑わってきた。
e0078069_10225515.jpg

始球式は宮本の息子さんが投げました。打者は父上の宮本。ボールは弧を描きながらしっかりと相川のもとへ。素晴らしい。
e0078069_1023235.jpg

結構寒い。そうなんだよねえ。秋風の吹く季節の神宮はかなり冷え込むんだよね。途中から合流した友人Iは上着なしで大丈夫かな。
e0078069_10231063.jpg

ライトにはファンのメッセージが書き込まれたビッグフラッグが掲げられました。観客によって揺らされ、たなびいています。
e0078069_10262627.jpg

そして試合開始。チアの間を駆け抜けていく宮本の姿を見られるのも今日が最後です。しっかり目に焼き付けよう。
e0078069_10263639.jpg

頼もしかったなあ、ショートの宮本。安心して見ていられたからねえ。
e0078069_10264632.jpg

タイガースファンも宮本ボードを掲げてくださる方が多かったことに感激。タイガースファンの前にプロ野球ファンという感じで。
あと、今日は久しぶりに阪神側に座ったんだけど、応援団は統率がとれているし、トランペットはしっかりしてるし、
ファンも声が出ているし、なんというか、さすが阪神だなと思った。よく聞けば応援テーマも歌詞がわかりやすいし、名曲も多い。
e0078069_10265573.jpg

宮本&桧山ラストとともに注目なのがバレンティン。ただいま59号。60号の大台に乗るか、期待が高まります。
e0078069_1027341.jpg

by navona1971 | 2013-10-04 23:59 | ヤクルトスワローズ | Comments(0)
宮本が打席に入るといっせいに掲げられるボード。レフト側から1塁側~ライト側を見ると緑一色です。
e0078069_10283855.jpg

イニングの合間にはこんなクイズが。正解わかりますか?俺は知らなかった。てか、意外な理由でした。
入団前後に話題になったヤクルトが舞台の映画「ヒーローインタビュー」で主人公だった真田広之演じる選手の背番号だったから、と。
おーおー、その映画見たよ俺。武田鉄矢が野村監督を模した感じで出てきてね。ヒロインが鈴木保奈美だったかな。
e0078069_10284549.jpg

一時期巨人がやってたけど、野球でビッグフラッグって珍しいよね。しかもヤクルトらしからぬアイデア(褒め言葉)。
e0078069_1028502.jpg

こうやってレフト側のファンもどんどんボードを掲げてくれます。なんか今日はシーズン特有の殺伐さがない。消化試合らしいな。
実はこんな雰囲気嫌いじゃない。のんびりと観戦するのも悪くないしね。
e0078069_10285542.jpg

バレンティンの2打席目、メッセンジャーの外角球をライトスタンドへついに60号2ランアーチ!いやあ記録的なシーンに立ち会えた。
e0078069_10282730.jpg

宮本の引退に花を添える60号。出迎えた宮本と抱き合っていたのが印象的でした。最下位の中で最多勝の小川とともに唯一明るい話題。
e0078069_10283421.jpg

7回表には六甲颪が。てか、阪神ファンは3番まで歌うんだね。阪神ファンでもないのに2番を歌える俺を褒めて。
子供の頃クラスに阪神ファンがいて、彼らとよく後楽園とかハマスタ行ったんだけど、その頃の記憶かなあ。
あの時は徹夜が許されていたので、よく並びました。しかし汎用のヒッティングテーマは聞き惚れる名曲だな。
自分の中ではあの曲って嶋田宗彦のイメージ。かっとばせーしまーだ!(の兄!)と叫んでいた記憶が。
ちなみに7回裏にはヤクルト側が東京音頭をやりますが、傘を開いて阪神ファンも一緒に歌ってます。くたば○読売、とw。
こういうところはいかにも阪神ファンって感じですねw。ま、巨人の永遠のライバルは阪神ですよ、やっぱり。
e0078069_10283812.jpg

フル出場で打席を重ねていく宮本ですがヒットには至らず、残念!でもまだまだチャンスが。
e0078069_10293570.jpg

試合は早いテンポで9回に。このまま延長に入りそうな雰囲気。雨がちょっと強くなってきて気温がさらに下がる。
e0078069_10293896.jpg

「プロチ、買ってきたよ!」。友人の声。そう、俺らは野球観戦する時に必ず買うんだよねえ。で、カードが誰になるか、と。
おみくじ感覚で。子供の頃よく集めたよねえ。観戦のいいアクセントにもなるしね。
e0078069_1032045.jpg

なんと宮本がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!これはなんというタイミング!
e0078069_10321822.jpg

延長10回、ついに代打の神様、桧山が登場。この時もレフトライト両翼から大歓声。
e0078069_10324354.jpg

「この一打に賭けろ、気合で振りぬけよ~♪」俺も歌ってしまったよ思わず。
e0078069_10333348.jpg

同点で満塁ですから、ひと振りで勝ち越して欲しい、と願うレフトスタンドからの声援がひときわ大きく。
e0078069_10333863.jpg

しかし、フルスイングで三振!大声援もため息に。でも、観客のため息はすぐに拍手へと変わります。
e0078069_10334233.jpg

小雨が降り、気温も下がる一方ですが、宮本と桧山を見届けようと、観客は帰ろうとしません。
e0078069_10351185.jpg

さあ、11回裏、おそらく、宮本現役最後の打席。僕も目に焼付けなければ。
e0078069_10352786.jpg

by navona1971 | 2013-10-04 23:58 | ヤクルトスワローズ | Comments(0)