<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日はバンディーズの晴れ舞台、ONTAMAカーニバル2011(主催:テレビ朝日、協賛:au)が開催されます。
今週は仕事も結構忙しくて、その合間になんとかフライヤー(チラシ)を作り、印刷をかけ、引き取り出来て、安堵していたところでした。
サイズはA5とはいえ、持ち帰りは3,000部あったため、前日夜は大事をとり、駅からはチャリではなくタクシーで帰宅。
だもんで、今朝は散歩しながら、駅に自転車を取りに行くことに。空気が旨い!
帰りはフライヤー作成に賛同した方とバンディーズにフライヤーをわけるための封筒を買い求め、自宅へ。
ライブは午後からだから、ひと休みするかー、と思ったらMさんから連絡。リハも含め撮影する予定だったP氏の急遽の欠席。
ってことで僕がカメラを持って行くことになり大慌てで支度をしてお風呂に入って一路横浜アリーナへ。自転車で行ける距離でよかった。

正午にリハ参加の面々と合流。今回の企画をまとめたY氏と待ち合わせ、中に入っていく。
バンディーズはメインステージの横で、開演直前に春一番を歌い、1番はそのまま、2番は観覧上の諸注意を替え歌で、という形。
ほー、それは面白い。で、彼女たちへ、いつものバンディーズファンが声援したり、紙テープを投げて昭和っぽさを演出する、と。
今日のバンディーズの衣装は水色の、アレですね、僕が一番お気に入りで、キャンディーズらしさが最も出てる、あの衣装。
まなさんあたりはこちらに手を振ったり、余裕ですね。で、リハ。1番はともかく、2番は結構歌詞が難しくて、よく覚えたなあ、と。
前日三人でリハやったらしいけど、俺なら絶対忘れる自信あるわwww。二度目のリハでまなさんの衣装が崩れるアクシデントもあり、
ヒヤッとしたが・・・リハでよかった。とにかく三人とも落ち着いていて、安心して見てられたわ。
今回の話をまとめたY氏は芸能・テレビ業界に長らく触れていただけあって、仕切りや準備も上手ね。
もともとフライヤー作成の企画もY氏の手によるもの。なにしろ自称”昭和のアイドル評論家”だしなー。

で、リハ終了。外へ戻ると、すでに入場しようとする人々の列が・・・盛り上がってまいりました。そして開場。
あっという間にバンディーズの出番に。僕もリハ同様、ステージ近くに行くことはできたんだけど、フライヤーをコインロッカーに
預けないとけなかったので、ちょっとその場を離れたんだよね、で、行くタイミングを失ってしまってwww。まあいいか、と。
アリーナDの通路から、バンディーズの雄姿を眺めることに・・・。いよいよ開演5分前に春一番とともにバンディーズ登場。
場内はそれなりに盛り上がってくれる。っていうか、まあ、この歌なら、世代関係なくみんな知ってるものね。

圧巻だったのはステージ手前から投げるファンの皆さんの紙テープの美しさだろうなあ。
リハの時点で「屋根が高いからね」と天井を見上げていたキラキラ師匠ことTさんの紙テープは、楕円を描きながらバンディーズのもとへ。
周囲がどよめく。「仕込みのスタッフがしっかりやってるねー!」なんて声もあったけど、いやいやスタッフじゃないですw。
まあ、バンディーズファンはスタッフみたいなもんだけどw。で2番の歌詞も無事に歌い抜くことができて、大成功に終わる。よっしゃ。

あとは夜、セカンドステージの出番待ち。20時20分だったっけ。って、今時計は14時なんだけど。それまでひたすら待つ。
いろんなアーティストが出てるけど、今ひとつ興味も沸かないしな。で、夕方17時30分には目玉のPerfumeが。
これだけは中に入ってみたけど、すんごい人気なのね。耳にしたことがある曲もあったな。てか、女性ファン多いね。
それに、僕の横で踊ってたのは50近いおっさんだった。いやー、幅広い世代に人気なんだな。
”平成のキャンディーズ”なんて言われたりするけど、もうひとつの平成のキャンディーズも今夜、歌います♪

で、とうとう20時20分に・・・。それまではフライヤーを配ったりしたんだけど、なかなかの反響。
「え、ホンモノと同じ、4月4日に解散するんですか、凝ってるなー」って笑ってくれるというか感心してくれる人まで。
過度な宣伝にならないように、バンディーズ公式ブログのTwitterで、オンタマのハッシュタグを使ってライブをPR。反応もいい。
最初はメインステージからどれだけ客が流れてくるか心配だったけど、順調そう。お、ボス、今日は珍しくスーツ姿!
さあ、バンディーズの出番。「年下の男の子」が。セカンドステージは100名くらいいた感じだったけど、入口を開放して、
この曲が始まったもんだから、様子を伺いに続々と観客が入ってくる。いいね~、中には駆け足で入ってくる人も・・・。
結局どんどん人が増え、300人以上は余裕でいたと思うわ。嬉しかったのは4割くらい女性だったことかな。

EさんやMさんやSさん、Tさんなど、バンディーズファンで紙テープ、コール、笛をいつもやってる重鎮?の皆さんは今日も変わらず。
その雰囲気に周囲があっという間に飲み込まれて、ライブは予想以上の盛り上がりを見せる。すげええええええええ。
さらに周囲の観客の皆さんに紙テープを配り、投げ方を伝授する方も・・・。まあ、アイドルだから、Perfume好きなら、
バンディーズだって抵抗なく好きになるだろー。いやー、とにかく最高の雰囲気だ。
京子さん「私たち、4月4日で解散してしまうんですけど」。にはええええええええ~と。そうだよなあ。しっかり小岩のライブもPR。
そんなこんなで、王道のシングル曲を6曲くらいかな、最後は「暑中お見舞い申し上げます」を、超盛り上がりの中でw。
最後は大きなアンコールの声の中、終了しました。まあ、時間の都合でそれに応じることが出来なかったみたい。

Twitterを見てみると、参加された一般の方のバンディーズへの評価が非常に高くて嬉しい。まとめるとこんな感じ。批判がなんとゼロ!

■バンディーズいいですねw■個人的な最大の収穫は、バンディーズかなw ■バンディーズ。もうちょっと前に知ってれば・・・
■オンタマありがとう!そしてバンディーズ、ありがとう! ■バンディーズ、謎だらけだけど、30年後Perfumeで同じようなことは
あるだろうか。その時は、さすがに我々の世代じゃなくて絡むのは 今10代から20代のファンだろうけど彼らは、Perfumeをそこまで
愛してくれるだろうか。 ■個人的にバンディーズ気になる。テープ投げたい! ■今日の2nd Stageの見もの、バンディーズ!
■みんなcocco終わったらバンディーズダッシュだな ■ああ、バンディーズ見に行かなきゃ
■キャンディーズのコピーユニットの、応援に往年の全キャン連が! 彼女たちがおらんかったら、スペクトラムも、Perfumeも存在しなかった
かもしれないのよ。 リスペーークト!ということで、バンディーズ待機。 ■バンディーズいいなぁ!私パフュ終了後帰っちゃいました。
■2ndステージ、バンディーズなう! ■2ndステージでバンディーズのライブ参加中!パンバパン、フー! ■バンディーズやべぇ^_^
■キャンディーズトリビュートバンド、「バンディーズ」最高!!!!! ■メインステージは終わったけど2ndステージに、開演前の注意事項
を替え歌で伝えていたバンディーズの皆さんが。客の平均年齢がグッと 上がってる感じだけど、キャンディーズを応援している、年期の入った
「親衛隊」の皆さんのパワーがスゴいぜ。 ■バンディーズすげぇええ! ■バンディーズめっちゃ楽しかった!
■バンディーズいいな。懐かしい。 ■バンディーズ観とけば良かった!! ■本当のオンタマのトリは、バンディーズだったぁ~!
■バンディーズ、2列目で見ちゃったよw ■オンタマカーニバル初日終了。バンディーズ、さっきスゴいと言った 親衛隊の皆さん、
紙テープを客に配って、テープ投げ体験させてた。 オイラもいただきましたが、うまく投げれんかった…。
■個人的にはバンディーズが強烈 ■本編終わってからキャンディーズのコピーしてるバンディーズ見てた。 なんか昭和にタイムスリップ
したようなそんな感覚。 ■全部歌えた! ■初見なのに8割曲知ってるとか胸アツです!バンディーズ。

などなど。本当に嬉しいですね。公式ブログ管理人として、Twitter上で皆様にお礼を伝えた次第。
今回の企画を実現したYさん、場内の空気の流れを見てキラキラ紙テープを決めるキラキラ師匠Tさん、大声援を送るTさんやSさん、
フライヤー配布から紙テープの回収等、縁の下の力持ち的存在のMさんなど、皆さん本当に素晴らしい動きだっと思います。
僕もフライヤー作成、引き取り、持参、Twitter、ブログ担当などで微力ながら貢献できたかなと安堵しています。
なにせ仕事もバタバタしていた中でのフライヤー作成だったので、正直、自分から言い出したにせよ、面倒なこと引き受けたなーとは
思ったんだけど、なにもかもが無事に進んで、本当によかった・・・。

帰途は自転車で20分弱!(それも嬉しい)。
なお、当日の模様は撮影してありますが、オンタマの本放送が来月なので、公式ブログにはそれらへの配慮のため、
放送日以後の更新となります。

ちゃんとバンディーズって、セカンドステージのタイムスケジュールには書いてあります!
e0078069_827435.jpg

っていうか毎年開催して今年が三回目なのね、全然知らなかった・・・。
e0078069_827184.jpg

フライヤー貼付けの許可を頂き、こうやって掲示すると、覗き込んで読んでくださる方も・・・。
e0078069_827754.jpg

by navona1971 | 2011-01-30 08:26 | 御徒町ばんど屋・音楽のこと | Comments(0)
前日は六本木でのバンディーズアコースティックライブでしたね。
今日は西大島ドラゴンエンジェルでCOOLS秀光WithTHE HUNGRYのライブがあるんだよねえ。楽しみ~♪
そう、城東方面に行くのなら、と、船堀在住の知人、Sさんに会おうと思い、誘いのメールをしていた。
Sさんは僕が社会人になって初めて勤務した某弱小マスコミ時代の先輩で、年齢はちょうどひとまわり上。
当時は取材でモータースポーツイベントでSUGO、筑波、富士、鈴鹿、東京モーターショーなど、二人で良く行きました。F1も。
F1はピット裏に入れる貴重なプレスパスで、当時フェラーリのピットにいたら、目の前に黒髪で目付きの鋭い美女がいて、
あんた誰?と思ったら、後藤久美子だったんだよね。その数年後、ジャン・アレジと事実婚だったっけ。そんなこともありました。
あれこれ細かいことを言わないおおらかな方で、あの頃は本当にお世話になって、その後もちょくちょくお会いしてて。
最近ちょっとご無沙汰していたので、会いたいな、と。3年半ぶりくらいかな、待ち合わせは新小岩駅で16時。
お~、変わらないな~、Sさん。会うとマスコミ時代に戻る感じがする。昔話から、最近の話まで。楽しいな~。
そうそう、Sさんは成績優秀な学生だったけど不良だったのでww、最近の僕の趣味の話を伝える。

Sさん「CAROLはコンサート行ったね。COOLSは、CHOPPERが亀戸になかったっけ?」。

おお~さすがSさん、CHOPPERの存在も知ってたかー。今、iPodにはYAZAWAも入っているって。
やっぱりこの世代(50ちょい過ぎくらい)には絶大な影響力を持っていたんだね~。僕の趣味の変わりようにも驚いてたが。
そんなこんなで1時間ほど話をしてお別れし、総武線で亀戸へ。さらに歩いて西大島へ向かう。
まだライブまでは余裕があるので、ライブ会場のドラゴンエンジェル近くにある銭湯「久の湯」へ。しかし湯船があちー。
それに立派な刺青を入れた連中も。まあこんなのは川崎で見慣れてるけどね、日常の光景ですw。
しかしヤクザって風呂好きだよなー、俺も好きだけど、カタギですw。
e0078069_23147100.jpg

いやー、この久の湯は縁側もあって、暑くなった体を冷やすことも出来る。なかなかいいお風呂だわ。
ドラゴンエンジェルに来る時はセットでここにも立ち寄ろう、これからも。で、お店へ行ってみる。
今日は秀光さんのお店、CHOPPERの新年会という設定らしく、その一環でライブを開催する。まず、ワンダラーズのライブ。
そして、ハングリーの登場♪ってその前にまず、まなさんが1曲。恒例の「キューティーデビル」かと思ったら、
ちょっとロケンロールっぽい「キャンディー・ツイスト」から。おお~珍しい。いつもはバンディーズの三人が歌いますが。好きな歌です。
ノリノリなんだよね~。今日はまなさんひとりで、コーラスにボス&ベースの柿本さん。
まなさんのソロを堪能したあとは、”ミスターCOOLS”こと、秀光さんの登場。しっかしかっこいいね、ダンディだね。
1時間ほどハングリーのライブを楽しみました。その後はお客さんとのフリーセッションタイム。なんと秀光さんがドラムをやってくれます。
これは夢のような企画でしょう。子供から大人まで楽しんでました。手を上げそこねた・・・来年は俺が!今からしっかり歌詞を覚えようw。
そんな中にボスが飛び入りし、舘ひろしの真似で「紫のハイウェイ」を・・・。いや、だから途中からだんだん似てないんですそれwww。
e0078069_23141143.jpg

で、レコーディングダイエットは継続中。そんな僕に強い味方になってくれたこのコーヒー牛乳。
砂糖ゼロ、脂肪ゼロで、この500mlでカロリーは100カロリー弱。コーヒー牛乳はカロリーの塊ってイメージだったからね。
おいしくてもなかなか手が出なかったけど、これならOK。つか、コーヒー牛乳ってコーヒーよりおいしいと思いません?
今週は結構仕事が忙しくて、バタバタ。その上、バンディーズのフライヤー(チラシ)の作成もしなきゃならず、奔走してました。
そんな中で、これをごくりと飲むと、気持ちが落ち着きます。砂糖ゼロだけど、きちんと甘さも残されています。
e0078069_2314155.jpg

で、フライヤーは土日に皆さんのご意見を聞いて、それをまとめ、作成を頼んだ弊社の広報担当のコへさらに伝言。
着実に作業してくれました。外注すればもっと高くなるし、デザインの依頼を快諾してくれたI嬢には心から感謝。ありがとう。
本業の多忙などがあったけれど、木曜日の昼になんとか完成、データ量が多いのでネット入稿では送り切れない可能性がある、
と彼女からの指摘もあり、仕事の合間をぬって、北千住の東京カラー印刷へ。翌日仕上げの締切5分前に到着し入稿。
ここは値段が安いかわりにデータチェックが厳密。彼女が事前チェック項目をよく把握してくれたお陰で問題なく印刷へ回る。よかった・・・。
e0078069_23141926.jpg

で、金曜日は所属する業界団体の新年会で、かつしかシンフォニーヒルズへ。いつもは青山とか原宿なのに葛飾区とは珍しい。
この日も忙しく、本来であればこの新年会で三遊亭歌奴(うたやっこ)さんの落語を聴く予定だったけども間に合わず。
毎年ゲストに来てくれていて、これが三回目かな。素晴らしい話術で、いつも笑わせていただいてました。人柄も素敵です。
今日は一席、聴くことが出来なかったので、そのお詫びも込めて、春の鈴本演芸場のイベントの前売券を買い求める。
すると、わざわざ手ぬぐいをプレゼントして下さいました。そして、記念に歌奴さんを1枚笑顔でパチリ!来月の寄席も楽しみ!
新年会ではざっくばらんに業界内の方と交流を深める。みんな信頼してくれていろいろ本音を語ってくれるのは嬉しい。
けども、男の本音はいいので、そろそろ女性が僕に本音で語って欲しいっすww。で、2時間ほどで新年会は終了。
だけども、話しかけられたりしてズルズルと残り、なんとか19時半少し前に脱出。急いで東京カラー印刷へ向かう。
この新年会会場が東京カラー印刷の最寄り駅とわずか3駅しか離れてないのは偶然とはいえ、出来すぎだな。
e0078069_23142225.jpg

で、東京カラー印刷の閉店時間の5分前に到着(本当に今回は何もかもギリギリ・・・)。
ドサッと仕上がったフライヤーの束が目の前に置かれる。お~、まずまずの出来じゃん。
とりあえず、持ち帰りは計画通り、3,000部として、2,000部は某所へ別送手配をかける。さすがに手持ちで5,000部は無理。
しかし、3,000部でもかなりの重さ・・・ひーこら言いながら帰途。帰りは自宅最寄り駅に停めてあるチャリを諦め、タクシーへ。
e0078069_23142570.jpg

by navona1971 | 2011-01-28 23:14 | 御徒町ばんど屋・音楽のこと | Comments(2)
昨年9月に開催され大好評だったバンディーズのアコースティックライブ。
要望に応える形で、再度、行われることになりました。4月に解散を控えているわけだから、おそらく最後のアコースティック。
目黒線~南北線で六本木一丁目駅へ・・・そこから数分で「ルーゴ」へ。昨年と場所は同じですね。趣のある素敵なお店。
e0078069_2329426.jpg

テーブルにはキャンドルが置かれて雰囲気を盛り上げてくれます。
e0078069_23294573.jpg

この日はギターとシンセサイザーだけ。ボスはタバコを咥えつつ準備を・・・。
e0078069_23294768.jpg

で、あっという間にライブ開催。「今日は歌い方をちょっと変えています」とみわさん。
e0078069_23295098.jpg

どんな風に変えたのが、心当たりはあるけれど、外れているとみっともないのでここには書きません♪
e0078069_23295211.jpg

キャンドルの灯りがバンディーズをほのかに照らします。
e0078069_23295523.jpg

「さっきまでは髪がボサボサ!」(まなさん)だったバッハ杉本さん、今日はワックスで整えて、キリリとしていますね~♪
ちなみに、このシンセサイザーは「自前」なんだそうです。車で持ち込んだそう。「もう7年は使ったかなー」とライブ終了後に。気さくな方です。
e0078069_23295717.jpg

唇がとっても色っぽく撮れている感じがしたこの1枚。きれーい。
e0078069_2330038.jpg

新曲「アンティックドール」を披露する京子さん。胸に抱えた青い目の人形が、歌うシーンにバッチリ。
e0078069_2330390.jpg

実は「アンティックドール」では前半一瞬だけ歌詞を失念してしまう。こんなことは僕、初めて見たんだよね。
カメラの砲列に驚いたみたい。そう、それは今日感じてた。シャッター音も目立ったし、フラッシュもあったし、マナーの問題がね。
目の前にカメラ構えられたら、そりゃーいくら撮られて慣れている人もドギマギするよね、だから近くで撮りたくないんだ、僕。今日は撮影少なめにした。
e0078069_2330550.jpg

でも、そんなミスを帳消しにするほど、哀しい雰囲気を再現して歌ってくれました。僕もリクエストしていたので、聴けてよかった♪
e0078069_2330865.jpg

昨年の定例ライブで披露してくださった「わな」もアコースティックバージョンで歌ってくれました♪
e0078069_23301081.jpg

今日はステージからみて左側にいたので、まなさん特有のハリがあって力強い、でも優しい声がよく感じ取れました。
e0078069_23301346.jpg

さすが、歌い切る姿がサマになりますね、まなさん。
e0078069_2330159.jpg

かわいいキャンドルカップ(っていうの?)がバンディーズによく似合う。
e0078069_23301811.jpg

1時間ほどのライブはすぐだね。でも、MCも楽しくて、歌も素敵で、とっても楽しかった。いつも以上に歌を愉しみました。
そして、アンコール後、春一番を歌って、再びバンディーズが去り、ボスも頭を深々と下げて、ライブは終了です。
e0078069_23305432.jpg

今日はこのライブが終わったあと、行徳でJUNKSのライブがあったので、こちらがサクサク出られれば立ち寄る予定だったが、
やっぱりそれは難しいね。お会計に手間取り、結局ルーゴを出たのは9時近かった。昨年横須賀でJUNKSのこうへいさんにはお世話になったし、
とってもいい音楽を聴かせてくれるので、心待ちにしていたんだけどね。ま、しゃーない、帰ろう。

「ルーゴ」でのライブを終え、南北線・目黒線でM駅へ到着。鼻歌まじりでチャリに乗り自宅を目指すが、
途中、交差点の赤信号で止まっていると、目の前の横断歩道を駆け抜けた女性が携帯電話を落とす・・・。おいおい。
彼女は落としたことに全く気づかずこちらがあわてて拾って追いかけると、彼女が消えたのはその交差点の角にあるY邸。

だま「すいません・・・携帯落としましたよ」。
彼女「え、あ、ありがとうございます!」。
だま「あ・・・Yさんでしょ?」。
彼女「はい・・・そうですけど・・・?」。
だま「僕、ほら、Y小とH中で一緒だっただまです」。
彼女「ああああああああ~、だまくんだ!!!!!」。

ってことで、この交差点の角は、小学校2~6年で同じクラス、中学校も同じだったYさん宅がある。
その家に入っていったから。振り返りざまに顔みたら、ああ、Yさんだ!と。会うのは中学校三年生以来だな、多分。24年ぶり。

だま「実家に帰ってきてるのかな?」
Y嬢「独身なのw」。
だま「あ、ごめんwwww。僕もだけど。でもYさん独身なんて意外だな~」。
Y嬢「今なにやってるのー?」
だま「○○業界でリーマン。飯田橋に勤めてる」。
Y嬢「私は銀行。飯田橋・・・こないだ東京大神宮に行ったけど、長蛇の列で帰ってきちゃったw」。
だま「Yさん頭よかったもんな、銀行も納得だわ」。

ああ、屈託のない表情が懐かしいね。すこーしタレ目の顔、忘れもしませんよ。ここからは小学校時代の話に・・・。

Y嬢「私、社会科が大っ嫌いで、だまくんがテストの答案全部見せてくれたんだよ、すっごく覚えてる!」。
だま「なにそれ全く記憶にないwwwwwwwwww」。そう、昔は神童だったんだよ、昔は(遠い目)。
だま「Yさんスポーツも勉強もできたね。おかーさん元気?授業参観でよく声かけてくれたよ」。
Y嬢「え、母親のことまで覚えてるの?やだなーw」。
Y嬢「誰か連絡とってた人いた?小学校関連で?」。
だま「H嬢かな、なんか腐れ縁?で、ちょくちょくメールや電話したり。もう最近はパッタリだけど」。

ってことで15分ほど。二人と同じクラスだったK嬢と連絡もとってるそうで、じゃあ呑むか、という話に。
メアドを交換しておしまい。いやー、本当に懐かしかったです。久しぶりに卒業アルバムでも見てみるかな。
by navona1971 | 2011-01-22 23:30 | 御徒町ばんど屋・音楽のこと | Comments(0)
夕方、というか夜、お客さんから来訪要請があり、水道橋へ。いい話だけども、正式受注はもしかした次年度かも・・・なんとか年度内になればなー。
久々に明るい話ではあるので、ひと安心・・・。バンディーズのフライヤー制作がらみのメールをチェックしたいので、近くのネットカフェへ。
iPhoneでgmailの受信は出来るけど、画像データは重いからさ。その後、いつも髪を切ってもらってるOさんの店にちょこっと顔を出す。
ちょうどお店を閉めて雑務をされているところでした。いつもお世話になってます。あと、コーヒー、ご馳走様でした♪
そして、今日は比較的暖かい夜なので、ばんど屋でのバンディーズリハーサルに行ってみようと思う。
来月は小岩オルフェウスでのライブだし、ブラスセクションとトライバングルも来るだろうから、
バタバタするだろうし、今日で、僕自身、もうリハに来ることもないでしょう。
まだ1時間ほどあるので、夕食をカレーショップで頂き、もちろん忘れずよく噛んで・・・お陰でお腹いっぱいでご飯を残してしまう。いい傾向だw。
水道橋から靖国通りを通って万世橋を渡り散歩がてらばんど屋へ向かう。が、時間がかかり、秋葉原からひと駅だけJRに乗車。

ばんど屋ではまず、京子さんが練習。バッハ杉本さんのシンセと藤原さんのギターで・・・。
e0078069_033363.jpg

「ダメだなあ、この曲聞くと、”解散が近いんだもんな”って思っちゃったんだよ。この曲は・・・」とつぶやくボス。ちょっと悲しい曲だものね。
e0078069_033691.jpg

その後すぐにまなさんも揃い三人のリハに・・・ボスも腕組みしてじっくり・・・。
どんな風に歌えば喜ばれるか、とにかく真剣。活発な意見のやりとりも続きます・・・。
e0078069_0331021.jpg

そんなみんなを横目に僕はレコーディングダイエット手帳に今日の食べた食事とカロリーをメモメモ(いつまで続けられるのか・・・)。
e0078069_033135.jpg

ついこの間まであれだけ蒸し暑かったばんど屋も、さすがにこの時期、この時間は冷えます。みんな暖かくしてリハーサル!
e0078069_0331867.jpg

当日が楽しみですね。アコースティックライブは今週土曜日。残席わずかです。ご興味のある方は公式ブログから申込して下さい。
by navona1971 | 2011-01-19 00:33 | 御徒町ばんど屋・音楽のこと | Comments(1)
いやいやどうも。
今日は、以前から一度行ってみたかった、川崎区にある大島劇場で、大衆演劇を見てみます。
ほら、僕がよく行く、名銭湯の中島湯が近くにあって、脱衣場に「今月の公演」なんてポスターがあるんです。気になってて。
この日は友人O氏とふたりで出向く。1月は旗丈司さんという方が座長をされている「劇団喜楽」の公演。
昔ながらの街中にある大衆劇場って感じの佇まいで、レトロ感覚満点。
e0078069_2154103.jpg

椅子じゃないんですね。畳。いいよねえ。足も伸ばせるし。で、平日は座椅子のレンタルもあるそうですが、土日祝はナシ。
あと、100円で座布団を貸してくれます。もちろん借りてみます。あ、入場料は1,500円。やっすー。
e0078069_21541698.jpg

僕は座高高いし、周りの人に迷惑がかからないように後ろに腰掛ける。
座布団を貸してくれたおばあちゃんが「壁際に座れば、寄りかかれるからね」と。確かにそうやって座ると楽だな♪
で、舞台の反対側には売店もあって、お酒からカップラーメンまで、良心的な価格で販売しています。いやあ、ホントに大衆演劇ね。
e0078069_21541861.jpg

この大砲みたいなのは何?とおもったら、サーチライト、照明ですね。それぞれ、明るさや方向を手動で扱うようです。
e0078069_21541779.jpg

結局お客さんが20人いくかいかないかの状態。夜の部は賑わいそうだけどね。
来場している年齢層は高め。おばあちゃん世代。でも、20代の子もチラホラ。若くてかっこいい役者さんいるしね。
で、冒頭の20分くらいは、若手芸人さんによる「新年の舞」。その後、舞台設営があり、ブザーも鳴り、開演です。わくわく・・・。
e0078069_2154209.jpg

現在、同劇団は大島劇場にて1月末まで公演中のため、あらすじはこのブログの一番下に書いています。
差支えがある場合は読み飛ばして下さいね。読みたい人だけ読んでくださいね♪
「俺を雇う気はないか?親分」。いやあ、この武士役の人、いい目してるよね?
e0078069_21542279.jpg

「富次郎さんの行くところなら、どこへでも行くわ・・・・」。いやあ、セリフも流暢だし、なにしろ、声の通りがいい。素晴らしいです。
e0078069_21542452.jpg

「お父さん・・・私を許して・・・」。ちなみのこの左側にいる赤ちゃん抱えた人は女形で、つまり男ですね。
いやあ、ここの場面はね、すいません、泣きましたwwwwwすぐ涙出ちゃうしwwwww。
e0078069_21542754.jpg

さらにクライマックスの場面。緊張感があって、もっとあっさりしたストーリーかと思いましたが、ヒネリもあり、飽きません!
こんな素晴らしい演劇をせんべい食べなから気楽に見られるなんて、素敵だなあ。
e0078069_21543144.jpg

演劇のあとは、役者さんによるショーですね。歌に合わせて踊る、って感じの。
前の列に座るおばあちゃんからはおひねりも出たり、と。この美人さんは松川翔也くんという人らしい。男に見えないよね~。
e0078069_21543370.jpg

メイクの影響もあるにせよ、仕草や視線が女性らしくて、素晴らしい演技です。そーいや、この劇場には昔、梅沢富美男さんも来たんだとか。
e0078069_2154353.jpg

りりしいよね~。ちなみに大島劇場は動画撮影はダメですが写真撮影はOK。みんな結構撮ってますね。もちろんフラッシュは焚かずにね。
e0078069_21543750.jpg

さらに、松川翔也くんの兄、松川小祐司くん。かっこいいね~。ジャニーズ系で。
e0078069_21543977.jpg

そして座長の旗さんも貫禄あるステージを見せて下さいます。
いやあ、こちらが思う以上にプロの世界。すごい・・・。頭が下がる。覚えることだらけだし、俺には絶対無理だ・・・。
e0078069_21561973.jpg

で、最後はみんなダーンス!後列のみんなのカッコが面白いでしょ?
e0078069_21563130.jpg

わざわざ終演後は入口で僕らを見送って下さいます。ファンの方に混じって僕らも撮らせて頂きました。
左二人が松川くん兄弟、セーラー服の方ががなんと松川くん兄弟の母上なんです(若いwwwww)。
右に大和歩夢くんです。花形の方々に集まってもらった感じかな。公演を楽しませて頂いた、とお礼の気持ちも伝えました。皆さんのプロ意識もすごいわ。
e0078069_21564211.jpg

少し足の悪いおばあさんが見に来てたんだけども、松川くんの母上が、この衣装のままで、広い道まで手をとる姿が視界に入った。
優しい方ですね。素敵な光景でした。さっきまで舞台やってきて、すぐこうやってお客さんを見送って・・・本当に大変。
でも、きっと、心から大衆演劇が好きなんだなと・・・。そして最後はいつも通り中島湯へ。2時間きっちりあったまってきたー。
e0078069_21565217.jpg

【あらすじ】
とある町で任侠道を極める仏(ほとけ)一家。ある日、信濃の国から来た馬淵というひとりの浪人が「雇って欲しい」と姿を見せるが、
「甘くない」と、その願いを一蹴、丁稚の佐吉に対応させ、追い払うことに・・・。
そう、すでに仏一家には流れ着いた富次郎という一匹オオカミのヤクザがいたのだ。
しかし、長女が富次郎に惚れ抜いていることを知った親分は、手切れ金を渡し、この町からすぐに離れるよう求める。
富次郎はそれに従い、単身去ろうとするが、別れ際に長女がすがってきたことから、「有り金持って俺と一緒に来い!」と促す・・・。
富次郎に惚れぬいた長女を守るため、親分は佐吉に娘の監視役をさせていたものの、
佐吉が目を離した隙に、彼を追うように長女は家を飛び出し、富次郎との待ち合わせ場所の一里塚へ向かってしまう・・・。

「娘を守らなかったらお前の首を斬る!」と親分から言われていた佐吉は、必死に長女の姿を追い求め、町から町へと捜し歩く・・・。
しかし、見つけることが出来ない・・・。身も心も疲れ、荒れ果てた1年後のある日、駿河の丸子の峠で、
佐吉は偶然、ひとり道を歩く富次郎と出くわす。「娘はどこにいるんだ!」と尋ねる佐吉に富次郎は、
「病に罹った女などいらない。丸子の宿に置いてきた」と素っ気なく背中を見せる。立腹した佐吉は富次郎に襲いかかるが、
逆にあっさり眉間を斬られ、「あと3年、山にこもって肩を並べるまで出直せ!」と、捨て台詞を吐かれ、立ち去られてしまう。

長女が去った仏一家に、ある男が乗り込んでくる。あの、素浪人馬淵だった。
改めて、自分を雇う気がないか、親分に尋ねるが、再び毅然として断る親分に腹を立て、刀で斬り付け、片腕を奪ってしまう。
それをきっかけに没落した仏一家。片腕をなくし、日々の生活もままならない中、次女がひたすら、身の回りの世話を続けていた。
そんなある日、玄関に倒れこむ母娘の姿が・・・。あわてて二人が駆けつけると、それは富次郎と一緒に飛び出した長女と、幼子の姿。
「男に惚れぬいて飛び出した女など娘でない」と、敷居をまたがせない親分。「富次郎に捨てられ、頼るところは
ここしかありません、お父さん!」と懇願する長女、その姿を見て次女は、許して家に入れるよう、父親である親分に泣きつく。
親分、いやここでは父親である彼は、涙ながらに、長女を部屋に招き入れるのだった・・・。

そして、再び、馬淵が仏一家の戸を叩く。馬淵はその後、同じ町内で任侠を始めたのだ。
そこで、親分に、縄張りを全て譲り渡すように脅し始める。それにも屈服しない親分に対し、馬淵はある男を外から呼びつける・・・。
その男は富次郎だった。「お前・・・!」その先の言葉を失う親分に対し「名前を呼ばれる筋合いではない」とそっけない富次郎。
馬淵の指示通り、親分へ斬りかかろうとする富次郎を制するように、男が飛び込んでくる。佐吉だ。

丸子の峠で富次郎から投げつけられた、「3年3月、山にこもって修行しろ」という言葉を胸に、都へ戻った佐吉は、
単なる丁稚として出来の悪かった当時の面影は全くなく、立派な男に成長していた。返す刀ですぐさま馬淵や取り巻きを斬り捨て、
富次郎と1対1の対決となる・・・。にじり寄る二人。しかし、成敗しようとする佐吉を止める次女と親分。
「富次郎、娘は乳飲み子を残して病に倒れこの世を去った。これはたった一人のおまえさんの子供だ。
そして、頼むから、あの世へ行った娘へひとこと、謝って欲しい」と頭を下げる二人。

その姿に心打たれ、身を震わせながら泣き出す富次郎。捨て子として愛情を受けず、食う物食わずの生活だった幼き日々、
行き交う町の人々を見て、どうして自分だけがこんなに不幸なのかと嘆くことばかり。
そこで自分が考えついたのは、人の幸せを壊すことだった、と身の上話を切り出す。
そして、妻を早世させてしまったことを悔やむ言葉を続けたあと、刀を自らの腹に向けるのだった・・・。
「今、そっちへいくからな・・・」。
(完)。
by navona1971 | 2011-01-15 21:55 | お笑い・演劇観覧記 | Comments(0)
いやいやどうも。
土曜日はばんど屋新年会、月曜日はバンディーズライブ、ってことで、真ん中の日曜日は、友人O氏と川崎区にある名銭湯、中島湯へ。
昔から大好きな銭湯で、広い湯船に、半露天風呂、さらに、東京湾沿岸部特有の黒湯温泉もあります。体の芯まで暖まる。
なので、あえて横浜からわざわざ出向いています。まあ、土地柄か、背中に絵が書いてある人も多いんだけど、それもまたいい。
この日も2時間くらいいたかなー。アルカリイオン冷水機があるので、ペットボトルで汲んで、それを飲みつつ湯船を行ったり来たり。
たった450円で体も心もリフレッシュ。その後は、姉夫婦宅へO氏に送ってもらう。
e0078069_2302625.jpg

姉夫婦宅では、毎年1月2日に新年会をやってるんだけど、今年は風邪気味だったこともあり、僕は行けず。
そんなこともあり、改めて挨拶に向かう。いつもはプロレスのPPVに合わせて行ったりするんだけど、今回はナシ。
義兄が鍋好きなんで、今日は参鶏湯(風)鍋。いやー、あったまっておいしかったです。姉にしては旨く仕上げていたしな。
実家にいた頃はあんまり料理やっていなかったんで、結婚してお嫁に行った時はどうなることかと思ったけども・・・w。

義兄「今年は野球、どうするの?」。
だま「いやー、もう興味が薄れ気味です・・・。バンディーズ一色だし」。
義兄「でも、解散しちゃうんでしょ?」。
だま「だけど、その後に野球への興味が戻るような雰囲気の気持ちじゃないんですよねえ」。

2011年は僕にとってどんな一年になるんでしょう・・・。
ってことで、鍋を突付きながら、1月4日の東京ドーム新日本プロレス大会の録画を見たりして過ごす。相変わらずプロレス好きねえ。
そう、あと3月のバンディーズが出る横浜ベイサイドにも姉夫婦が行けそうらしい。一度ナマでバンディーズ見て欲しいしなあ。
e0078069_2303376.jpg

とりあず、加入者が増えるのはいいけど、電波がどうしようもねえぞ最近のソフトバンクは・・・。
iPhoneで通信速度がおせーおせー。なんなんだよこれ。この日はたった46KBの画像メールが新橋駅地下ホームで2分かかっても送れず。
電車はそのままトンネルに突入、品川で地上に出てもまだ送信中。さすがに頭来たなあ。
ドコモに戻りたくなるけど・・・でも、やっぱりソフトバンクなんだよなあ。SMSとか使いやすいからさあ、ホワイトプランもあるし。
とりあえず当分我慢するので、頑張ってくれ、としか言いようがない。
e0078069_23036100.jpg

火曜は夕方から開発部のN嬢と取引先を2社訪問。時計を見るともう、6時少し前。
N嬢「”夜はだまさんと呑みに行くから直帰ですー”って周りに伝えたんで~」と、笑う。ならば、と二人でさくら水産神保町店へ。

N嬢「実はだまさんに言いたいことがあったんです・・・」。もう顔がニヤついている。しかも目がランランとしてるし。
だま「彼氏できたんでしょ?」。
N嬢「なんでわかったんですかーwww」。
だま「顔がそういう表情だもんwww」。

聞けば、去年秋に東京タワーへ一緒に行ってその後呑んだ時は前の彼と別れた直後だったんだけど、
どうやらいろいろ僕が励ましていたらしく(そんな意識はねーけど)、彼氏ができたらすぐ報告しよう、って(別にいいよしなくてww)。

だま「あの時は”彼氏のいないフリーな時間もいいものです”なんて散々言ってたクセに~」。
N嬢「いや、そうなんですけど、だまさんから自信持つように、って何度も言われて、気持ちがラクになって・・・」。
N嬢「その後、昔の友人と久々に会って。その日の夜、胸がドキドキして眠れなくて、あぁ、なんか彼が好きなんだなあって」。
だま「僕と会った夜はなんかすぐ寝てそうだし・・・。スヤスヤとwwww今晩もきっと快眠だよwww」。
N嬢「そwwwんwwwwなwwwwこwwwとwwwあはははwwwwww」。笑いすぎww。

生ビールから生キウイサワーへと進んだ頃には・・・。

N嬢「だまさんも頑張って下さい。私だって頑張ったんです。計画を練りに練って・・・両思いになるように、って」。
だま「Nさん美人じゃん、計画練らなくても普通に相手はあなたのこと好きになるよ」。
N嬢「そんなことないです。で、だまさんは好きな人いないんですか?」。
だま「いるよ」。
N嬢「私、力になります!会ってもいいです!応援します!」。うーん、テンションたけーぞNさんwww。

その後はいかに俺が消極的か、っていうことに対するお説教を頂戴・・・ってことで、延々3時間(なげーよ)。
話した内容はまるで女子会ね。酒には強いN嬢だが転んだりするのは怖いので、九段下駅の改札まで見送る・・・はぁ・・・。
ちなみにお刺身中心で、唐揚げなどは控えました・・・。
e0078069_2303836.jpg

翌朝は眠くて・・・。3連休後の頭に呑みが入ると翌日、エンジンがかかりにくいね、頭の。
ってことで、お気に入りのミンティアで眠気対策&気合いれ。かわいいでしょ?この印鑑入れ。
e0078069_2304147.jpg

最近、年齢的なものなのか、髪に艶がない気がしていたんだよね。その悩みを行きつけの床屋である水道橋のア・ドーンさんに
打ち明けたところ、「これを使ってみてください」とプレゼントしてくれたのが、資生堂プロフェッショナルの「クリスタライジング
アクアフィックス」という、”洗い流さないトリートメント”。で、頂戴してからきちんと使っていなくて、この日、ネットで正しい
使い方を把握したうえで初めて試したら・・・おお~、髪が生き返った感じ!ツヤツヤ~♪
お風呂なりシャワーを終えたあと、タオルで髪を乾かしたあとに、これを適量手にとり、髪になじませるんですね。
その後、ドライヤーで乾かすんですけど、かなり違いますね、これから愛用していきます!
e0078069_2304473.jpg

この日は家に1枚のはがきが・・・。社団法人青少年交友協会から「かち歩き大会」の勧誘ハガキ。
これ、実は数年前に出場したことがあって。ランニング好きの取引先の方から「だまさん、一緒に出ませんか?」と誘われて・・・。
まあ僕はさすがに新宿-青梅は無茶なんで、新宿-東村山の23kmコースでさ。朝8時に都庁前公園に集合して。
確かね、2000人くらい参加するんだよ。僕、ブーデーだけど歩くのは嫌いじゃないので、なんとか完走、いや、完歩できれば、と。
いざスタートすると、最初は鼻歌交じりなんだけど、10kmを過ぎたくらいから疲労感が出てきて、15kmくらいでキツくなる。
20kmくらいになると、一定間隔であるキロ数表示のノボリと、お店が出しているPRのノボリを見誤る感じになってきて、
無事にゴールした時には感激でしたね・・・。確か4時間弱くらいで東村山まで。またやってみたい気持ちもなくはないけど・・・。
e0078069_2304712.jpg

木曜日は午後、府中にあるS氏の事務所へ。同僚のI君を連れて、彼が販売を担当する新製品を見せて意見を賜る。
Sさんの指摘の鋭さは今の始まったことではないので僕は慣れっこだが、I君はS氏の頭脳明晰ぶりに感銘を受けた様子。
いずれにせよ、弊社のパートナーとしてこういう優秀なお客様がついてくれているのが心強い。
で、最後は雑談気味にソニーリーダーの話に。これが実物か。仕事にもだいぶ役立ちそう。PDFが結構綺麗に読めるし。
製品マニュアルをこちらにいれておけば、いつでもどこでも読めるよね。僕も欲しい。早速帰り、家電量販店に行ったら在庫切れ・・・。
e0078069_2304979.jpg

おいとまする際、Sさんから手作りのメロンパンをいただく。以前からパン作りが趣味とは聞いていて、
「いつか食べさせてくださいよー」と伝えていたのだが、ついに実現。で、I君とご馳走になる。お、甘さは控えめで、
ボソボソ感は全くせず、食べやすくておいしい。こんなおいしいパンが自分で作れるってすごい。お店に行かなくていいなんて~♪
e0078069_230515.jpg

ってことで、メロンパンの生地、いや、記事のあとで説得力ないですけど、こちらも日々書き始めています。
今年は絶対になんとかする・・・。
e0078069_2305325.jpg

by navona1971 | 2011-01-13 23:01 | 呑む・食べる・話す | Comments(0)
いやいやどうも。
今日はバンディーズの2011年最初のライブがばんど屋で開催されるので、もちろん出向く。
まあ、一昨日来たばかりだけどさ、ばんど屋には。しかし今日は寒いね、風も強いし。
いつもいらしているファンの方と新年の挨拶もしつつ、ライブ開催を待つ。
お、ばんど屋入口ではシンセサイザー担当のバッハ杉本さん(あの”銭金”出演歴アリ!)が髭剃り中~♪思わず1枚頂きました。
e0078069_2082375.jpg

この日はばんど屋でボスからギターを習っているキャロルトリビュートバンド「スズキキャロル」のSさんも姿を見せた。
一昨日もいらしてたものね。開演まではキャロルトリビュートバンド界の現状などを教えていただく。
とりあえずボスがものすごい、頂点クラスの腕前だってことはやっぱり本当なんだね(疑ってはないけどw)。
ばんど屋は教えてもらいやすくて、しかも丁寧に指導してくれるから、自分にはとてもいい、とも。
あと、ボスの人間的魅力についても・・・。それはやっぱり、Sさんと同感です。
そんな話をしていて、一向にライブが始まらないと思ったら、ベースの藤原さんから「(ドラムスの)RYOがあと5分で・・・」あ、遅刻?
e0078069_2082799.jpg

RYOさんが準備出来るまではボスのトークタイム。
再来週の土曜日、六本木ルーゴで予定されているアコースティックライブについて、選曲など。
「実はB面の曲をあんまり知らないんですよ僕は。リクエストが多いんですけどー」と。そうなのかwww。
e0078069_2083196.jpg

RYOさんなんとか間に合いました。あれ?髪型変わった?ちょっとラフな感じに。まさかベッドから飛び起きて来たわけじゃw。
でも、いざライブが始まると、相当な腕前で、迫力あるドラムを演出してくれる素敵な方です。
ってことで、今日はバンディーズを支えるばんど屋ハウスバンドの面々を紹介してみました。
e0078069_2083321.jpg

今日は新年最初のライブってこともあるし、解散へ近づいてることもあるのか、先月のまなわなライブに続き場内は盛況。
一方、僕は妙に失敗ショットばかり・・ヘタだよなあ、一眼レフでこの腕前はないわ・・・。っていうか衣装に見とれちゃったって感じ。
e0078069_2083648.jpg

で、今日の衣装は・・・そう、これ、ファン歴の浅い僕は初めて目にするんだよなあ。セクシーですね~。
「初心にかえって」と京子さん。ファーストライブの時の衣装なんだそう。
もともと、キャンディーズと同じ衣装でバンディーズをやる、という計画は当初なかったんだとか。意外ですね。
e0078069_2083913.jpg

モデルがよく、カメラもいいのに、失敗作だらけの今日で、輝くベストショットは多分これじゃないかな。
美しい背中と、カチュシャーの似合う髪と、シリアスな表情の組み合わせがお気に入り。
e0078069_208428.jpg

早速まなさんが昨年12月の定例ライブで披露して下さった「わな」をこの日も歌ってくれました。すでに余裕ですね。
ちなみに行く人行く人がみんなこういう髪型になるそうで、まなさん曰く「きのこ美容室」と。渋谷にあるとか。
e0078069_2084582.jpg

で、うまく撮れない中で、今日は比較的みわさんがきちんと撮れたんだよあ。位置的な問題で、
いつも前にいる人が遮ったり、何かと苦しい環境でみわさんは狙うんだけど、今日は不思議とすんなり撮れました。
e0078069_208475.jpg

逆にまなさん、京子さんの雰囲気ある写真の撮影には苦心・・・。
衣装が黒系統なので、適切な露出を落ち着いて確保しなかったことも原因かな。黒系で適正露出を出すのが苦手なんだ、僕。
e0078069_2085029.jpg

おなじみの「どれがいいかしら」。これ、盛り上がりますね~。まあ歌いながら場内を指差す訳です「あの○○な人~♪」って。
あ、俺、指差されたことないかも・・・。「あの、カメラ持ってるブーデーな人~♪」って言われるのもナンだしなあwww。
e0078069_208549.jpg

みわさんはカチューシャが似合うのよね、モテふわな髪型だから・・・。髪もボリューム感あるしね。
みわさんはリハーサルとか、プライベートな服装の時もカチューシャをつけてることが多いみたい。
e0078069_2085714.jpg

バンディーズライブは歌もいいけど、トークもいいですね。「今日のボウリング大会、黒(ボス)組はいるんでしょうか~?」って顔の京子さん。
e0078069_209066.jpg

黒い衣装だったから、カスタムイメージを「銀残し」にして撮影したけど、うーん、うまく撮れない。ヘタだな自分。
e0078069_209349.jpg

バンディーズを支えるボス。土曜はばんど屋新年ライブ、日曜は江藤博利オルフェウスライブ、そして今日はバンディーズ。
休みなき多忙な日々を送っています。「睡眠時間?18時間くらいだな、一週間(6日間)で」。
そうだよな、土曜の夜も午前3時半まで一緒にいたし・・・。
e0078069_209660.jpg

ボスを背にしてみわさんのキリッとした表情を狙いました。いいね~。
e0078069_2095768.jpg

「危ない土曜日」では、キラキラ師匠こと、Tさんのキラキラ紙テープが見事に舞います。
e0078069_2010660.jpg

手袋、爪の部分がスワロスフキーっぽくキラキラになってるのね。萌えるポーズなので1枚。
e0078069_20101748.jpg

この組み合わせは「キャンディー・ツイスト」ならぬ「バンディー・ツイスト」。大好きな歌ですね。盛り上がるし。
毎度のことなんだが、見せ場の京子さんーまなさん、京子さん-みわさんのマイククロスシーンが特に好きなんだが撮影失敗orz。
ここはマイクをクロスさせる前のシーンで我慢してください・・・。うーん、ISO引き上げておくべきだった。少しでも低い感度で撮りたいからさ。
e0078069_20102672.jpg

ってことで今日はみわさん多めのみわさん特集でお送りしました♪
e0078069_20103710.jpg

ライブ終了後はファンとバンディーズとのボウリング大会+新年会。
京子さんに「だまさんは行かれるんですか?」とわざわざ声を掛けて頂いたが、この時点では次に用件があったので申し込んでいなかった。
それも去ることながら、とても丁寧な年賀状を頂いたのに、その際にきちんとお礼が言えずに大変失礼しました。ごめんなさい。
っていうか、京子さんやみわさんとは(意外と)直接話したことがあんまりないんで、声かけられるとびっくりなのよね。
いっつもバンディーズライブん時は誰かしらに囲まれてるからさ。
しかも、ひとり一人、送った方へ手書きで文面を変えて出していたようで、どうやら、京子さんが内容を考え、個々、記述していたようです。
京子さん、ありがとうございました。裏面には晴れ着姿に三人のサイン。大切にします。

で、スズキキャロルのSさんからは「いかがですか?何か音楽やりましょうよ」と。うーん、ちょっと前から少し悩んでて。
やるならドラムにしたいと考えてはいたんだが「ドラムが似合いますよ、楽しいし、かっこいいですよ」とも。
スズキキャロルのベースを担当されてる方は、46歳まで楽器を一切触ったことがなく、ばんど屋で柿本さんに教えてもらったんだよな。
でも、昨年秋に演奏しているのを見て、驚きました。もちろんご自身がしっかり学ばれたというのはあるのでしょうが。
ドラム担当のRYOさんと昨年暮に話をじっくりして、、さらに以前から、ドラムの雰囲気や叩く人の姿に惹かれてたのはあった。
ただ、本当に好きか、継続して出来るか、それをじっくり考えたうえで答えを出そうと思う。バンディーズ解散後だろうけども。
幸いにもばんど屋はレクチャーも安価で、そのうえ、マン・ツー・マン、さらに、弊社からはバスで1本、20分だしな・・・。

そして、ばんど屋を出る。実はこのあと、別の某ミクスチャー・ロックバンドのライブを見に、都内某所へ行く予定だった。
いや、興味があるわけでなくてね。ちょっと縁のある人が出るんで。
でも、予想以上に低い気温と、強い風、そして、そのバンドがやたら長いライブらしく、午前様になるかもという噂を聞いた・・・悩む。
しかも前座もあるから、これじゃー明日の仕事に響くかも、と、無茶はせず、行くのを控える。ってことで予定変更、そのまま帰宅。

・・・・まだ初詣行ってない・・・なんとかしなきゃ。中央区、千代田区あたりで仕事の途中に行くか・・・。
by navona1971 | 2011-01-10 20:10 | 御徒町ばんど屋・音楽のこと | Comments(3)
いやいやどうも。
今夜は御徒町ばんど屋で、キャロリスト&クールシスト新年会が開催されるので、お年賀タオルを片手に出向くことに。
昼間スポーツクラブでひと動きして、夕方気持ち早めに出発。秋葉原を少しブラつく。
普段仕事ではよく通るけれど、休日の秋葉原なんて久しぶり。しかし、ものすごい人出。ヨドバシなんかお歳暮シーズンのデパートみたい。
ブルーレイレコーダーを品定めして・・・欲しいけど、めちゃくちゃ欲しいわけでもなく、まあ、テレビあんまり見ないしな。
「そろそろかな」と時計を見ながらばんど屋へ・・・。
e0078069_1147472.jpg

で、いつもの階段を登っていくと・・・バンディーズのフライヤーが。これも見納めなのかな、あとわずかで。
今よりも若干初々しい三人の姿がまた、眩しい。月曜日は新春定例ライブですね、そういえば。
e0078069_1147816.jpg

ばんど屋入口にある鏡。幾度となくバンディーズの姿を映し続けてきたんでしょうね・・・。
e0078069_11471149.jpg

そんなことを思いながら中を覗いてみると・・・誰もいない。もう始まりの時刻なのに・・・。
数分後、Tさん、F女史らも到着。「もうこのまま俺たち4人は今日、タダだな」とTさん。もー、ボスはどこ行ったんだ。
e0078069_11471563.jpg

15分ほどして、ボスが登場。どうも風邪気味らしい。「30年くらい風邪なんか引いてないけど、ここ最近はダメだな」と。
そう、去年も11月にダウンしたじゃん、ボス。小岩オルフェウスのライブ前にさ。もう若くないんだから無理しないで。
「今日はワンドリングつき。さあさあどうぞ、ツマミもあります」とボス自ら甲斐甲斐しく動くのには笑ったw。珍しい。
こういう時ってボス、ニヤニヤしてるんだよなあ。あのニヤニヤ顔、結構好きw。
e0078069_11471840.jpg

その後、柿本さんも到着、まなさんも到着・・・だんだんと賑やかになってきて。あ、キャノンシスターズでおなじみのアキさんと、
ご主人Sさんも・・・。温かくておいしいたこ焼きを差し入れして下さいました。そんなこんなでTさんのCAROLがスタート。
あれ、奥でドラムを叩いている人は・・・?
e0078069_1147215.jpg

ボスがドラムwww。いやー、器用なもんだね。なんでも出来る人なんだね。雲の上の存在だよ、僕にとっちゃ。
ちょっと叩き方が怪しいけどww。
e0078069_11502194.jpg

そして、ボスのクールスセッション。いいね。「ひびわれたグラス」、舘ひろしの真似で「恋のテディ・ボーイ」。ワロタwwww。
似てるwwww。これが見たかった。でも最後までそのレベルを維持できず、「だんだん遠くなってますね」と柿本さんw。
e0078069_11502555.jpg

続いて、オールディーズコーナーへ・・・。となればこの人の出番。まなさんきたあああああああ。
コニー・フランシスのナンバーから「カラーの口紅」。英語歌詞バージョン。これがまた流暢でさ。かっこいいの。
さらに、アキさんも登場し、キャノンシスターズとして即席ミニライブ。やったー。「思い出の冬休み」、「ロコモーション」、
「VACATION」・・・と披露してくれました。こういうのがあるからばんど屋ライブは楽しいんだよなあ。
e0078069_11502960.jpg

その後もキャロル、YAZAWAセッションタイムが続き、23時少し前に新年会は終了。
普段なら居酒屋大統領だけども、ボスが風邪気味なので屋外の呑みは厳しい、ってことで全品300円均一のサンマルへ。
30分ほど話して終電で帰るか、と思ったけど、いざ、話をすると楽しいわけで・・・。
ボスも面白いし、また、ボスの周囲に集う人とも楽しく話せるのがばんど屋の魅力だと思うわ。結局、終了は午前3時半・・・。
e0078069_11503383.jpg

なんとか新橋まで来て、でも、始発電車まではまだ1時間。「3000エンでキモチヨクナルネ!」という、チャイナマッサージ嬢の
猛烈な客引きから逃げつつ時間を潰す。
e0078069_11503561.jpg

幸いにも全く寒くない。このままSL広場前で待ってもいいくらい。
だけど、念のためネットカフェへ・・・。40分ほどゆっくりしたあとは新橋から横須賀線始発電車で帰宅♪
e0078069_11503935.jpg

by navona1971 | 2011-01-09 11:51 | 御徒町ばんど屋・音楽のこと | Comments(0)