<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

いやいやどうも。
今日は横浜スタジアムで開催される横浜対中日を観戦します。
日曜のナイターって翌日のことを考えるとうーん、という感じなんだけども、そういう人に配慮したのか、
試合開始時刻は1時間早めてあり、17時。これなら帰りはラクだよね。
昼間、スポーツクラブに行ってひと汗かいたあと、東横&MM線で日本大通りへ。この日は姉夫婦と観戦予定。
二人は土曜日まで2泊3日で長崎・福岡旅行に行っていて、帰京の翌日にナイターとはお疲れだと思うけれど、
最近まずまず調子のいい中日をしっかり応援したいという義兄の意向もあり、観戦することになった。

座席はレフト外野指定の最上段。階段がきっついなー。荷物を置いたあと、すぐにみかん氷を買いに行き、また階段・・・。
でも、後ろを気にすることなく観戦できるし、フェンスの高いハマスタでは前列は死角ができちゃうから、いつも上段がお気に入り。
先発は中日が中田、横浜が大家。中日の私設応援団竜心連合会のNPB応援不許可問題があって、
特に関東ビジターでは鳴り物ナシの応援が多くて、困ってたんだけども、今日はどこかの団体が来てくれていて。
うおー、トランペット&太鼓ありのドラゴンズの応援って久しぶりだよなあ。この問題もなんとななりゃいいんだけど・・・。
試合開始10分ほど前に義兄が到着、その後、実家母と待ち合わせ&お茶をしている姉があとから参加予定。
今日はわざわざナゴヤドームから公式マスコットのドアラ、シャオロン、パオロンと、チアドラゴンズが駆けつけています。

初回、いきなり先頭の荒木がツーベース!こりゃ今日も余裕の勝利だな~ふふん~♪
なんて思ってたんだけど、続くセサル、和田が連続三振、森野がサードゴロで無得点(正直嫌な予感ありまくり)。
1回裏、ベイも負けじと先頭の内川がツーベース!石川が送ったあと、村田がセンター前へ痛烈なタイムリーで横浜が先制!
その後、2回表は3者凡退、3回表も荒木がヒットで出たものの盗塁死で実質的に3者凡退。これ、正直負ける流れだ・・・。
周囲ではドラゴンズファンのアルコール量が急激に増えていく・・・。
そんな中、3回裏、1死2.3塁からハーパーが犠牲フライで2-0・・・。まあ、犠牲フライで済んでよかったよ、調子いいし。

4回表へ行く前に、ベイスターズ佐伯選手がスポンサードしている、「新恋愛シート」で観戦しているカップルの紹介。
これは、夫婦や恋人同士で応募して、ペアで観戦、そして、球場のアナウンスを通じて相手にメッセージを送る、というものなんだけども、
「今日は結婚30周年、二人が初めて知り合ったのがハマスタで、記念に応募してここに来ることができました」という、
熟年のご夫婦だった。ご主人から「また三十年後も一緒にハマスタで野球を観よう」というメッセージが。
オーロラビジョンに大きく映し出された二人の姿に、スタジアム全体から大きな拍手が沸き起こります。いやあ素敵な夫婦。
なんかジーンと来てしまって涙が出そうに(ホントすぐ泣くよな・・・)。奥様は上品な美人さんでしたね。
過去には「今ここでプロポーズします!よかったらマルをしてください」なんてのがあって、彼女が大きく「マル」と
やって大歓声だったり、と、結構、ハマスタの企画は楽しくてまったりムードにしてくれるんだよね。だから好きなんだけど。

で、ドラゴンズはヒットを打つものの、特にセサルと野本がブレーキ。二人とも打率が.205とか.210だもんなあ。
逆によくこの数字の選手がスタメンにいてこの位置にいるな中日。まあ投手陣がいいもんな。
あまりに打てないセサルへはスタンドから冷たい言葉も飛ぶ・・・。
が、後ろの通路にいるおっさんから聞こえてきたひとことがかっこよかった。「セサルに文句を言うのは落合に文句を
言うのと同じことだ!」。おお~、いいねえオレ流信者かっけーww!ちなみに豊橋から来たらしい。
その隣の人は焼津から。ちょっと雑談になり、「おにーさんはどちらから?」と効かれ「すいません、電車で15分の市内です・・・」。
遠慮はるばるみんなすごいね。まあ、名古屋から来ている人もいたみたい。帰りの新幹線がどうの、なんて話も・・・
でも、新横浜から「のぞみ」に乗れば86分だからな、下手に不便な場所へ帰るより速いかも。
そんな中、ドアラがイニングの合間にエアバズーカーを放ち、その焼津から来ていた親子がゲット!
厚意でボールを見せてもらう。パオロンのサインいりボールでした。
試合はブランコのタイムリーで4回に1点を返したものの、両チーム決め手を欠き、そのまま9回に。

9回、横浜は守護神、山口がマウンドへ。
中日は先頭のブランコがヒット、さらに代走の岩崎が盗塁成功、続く野本が四球を選び無死1-2塁のチャンス!
ここで絶対送りじゃなく強行してくれ!って思ったんだけど、谷繁が送りバントをしたがあたりが強く353の併殺・・・・・orz。
2死2塁で堂上直が力のないセンターフライで万事休す・・・。今日は負ける流れだった。セサルがなあ・・・。

ということで、17時から試合開始ということもあり、まだ21時前。なので畜生会を関内の海鮮居酒屋へ。
姉夫婦からは旅行の土産話。長崎はいいよね、思案橋やら原爆関連施設、グラバー亭、天守堂(浦上・大浦)を見て、
福岡ではソフバン対ロッテを観戦してきたんだそうだ。

義兄「来年は福岡ドーム行きなよー!」。
だま「どうしてですか?」。
義兄「綺麗な女性客が多いんだよ。それも二人連れとか」。
姉「そうそう、ぶーたん(僕は姉にそう呼ばれている)行けば~。あんなに女性ファン多いと思わなかった」。
だま「まあ、ムネリン(川崎)とかの影響かね、みんな博多美人なのかしら・・・」。

頂いたお土産は毎回恒例地元新聞と、大宰府の縁結びお守り←一体いくつこれまでもらっただろう”縁結び”関連・・・。
効能が・・・いや、本人の努力不足!っていうか、なんかもう、パワーが沸かない・・・。
そして、ヤフードームの王貞治ベースボールミュージアムでしか売ってない復刻版パッケージ「ナボナ」。
うおおおお~大好きなんだよナボナ(このブログのアドレス・・・一目瞭然でしょ?)。
東京土産といえばナボナ、横浜土産といえばありあけのハーバー、静岡土産といえばこっこ、仙台土産といえば萩の月。異論は認める。
もうね、ナボナは・・・死ぬ時、ベッドで最後に食べたいお菓子かもね。懐かしいパッケージ、このフォントに見覚えあり。
子供の頃、たまにお茶菓子としていただく、って感じでさ、変わらぬ味が大好きです。
お土産ありがとうございます。

しかし、ここんとこ帰宅が遅い日が続いたのと、暑さでちょっとお疲れ気味。スポーツクラブ行き始めて、
少し負荷をかけてきたこともあるかな。野球は9/9の横浜対巨人(横浜でセミナーがあるため、出席ついでに観戦)
まで観戦予定がないので、この二週間くらいでうまく体調を整えないと。皆さんも気をつけて。
e0078069_21404689.jpg

e0078069_21404313.jpg

e0078069_21403974.jpg

e0078069_2140355.jpg

e0078069_21403269.jpg

e0078069_2140284.jpg

e0078069_21402629.jpg

e0078069_21402229.jpg

e0078069_21401921.jpg

by navona1971 | 2010-08-29 21:39 | 横浜ベイスターズ | Comments(0)
いやいやどうも。
今日は横須賀スタジアムで開催される湘南シーレックス対ヤクルトスワローズを観戦します。
つーか、よく見れば、西武ドームでは西武対楽天が、神宮ではヤクルト対阪神が、横浜では横浜対中日があるのにわざわざ行くという・・・。
いや、なんか空いている球場でぼんやりと観戦したくてさ、二軍も結構いいものなので、そちらの雰囲気に慣れたこともある。
あと、湘南シーレックスでの試合は今季限り。来年は二軍独立採算制を諦め、一軍同様「横浜ベイスターズ」に戻る。
二軍の割に華やかな雰囲気だったこの賑わいも、今年までなのかも知れないし。

午後はスポーツクラブに行き、しっかり体を動かす。最近呑みがちょっと続いたので、反省。
その後、追浜へ。一緒に観戦する友人、Y嬢とは現地で会う予定だったけども、途中メールをやりとりしているうち、
どうやら彼女が品川から乗った電車にこちらが横浜から乗り込む形になりそう。結局、車内で待ち合わせに。
と思ったら、横浜駅下りホームは激混みで、彼女がいるという10両目は遠く先。仕方なくそのまま7号車に乗り込む。
というか、なんでこんなに混んでいるの?って。そして、次の停車駅、上大岡で10両目へ移動。無事に会うことに。
あら、Y嬢は綺麗な浴衣姿。素敵じゃないかー。もともと和装を着こなすのが好きで着付けも自分でラクラクに出来る才能を持つ方だったね。
藍色がまた上品な色合いでいいですね。車内では「あら、素敵な浴衣ね~」的な視線を周囲から受けていたみたい。

で、追浜到着、徒歩10分ほどで追浜スタジアム。スタジアムDJのケチャップが出迎えてくれる。これも今年限りかあ。
チケットを購入し、入場。風が適度にあり、黙って座っていれば涼しい。Y嬢とはチューハイで乾杯!
先発はヤクルトがユウキ、シーレックスは杉原。試合は守備の乱れもあり、横浜2回に打者一巡の7連打で5点を奪われる。
一軍昇格を狙うユウキには厳しい結果だけど、身内があれだけ足を引っ張ると正当な評価もしにくい、次回改めてチャンスを。
一方ヤクルトは拙攻。特に鬼崎は第一打席で0-3から打って外野フライ、第二打席はわずか3球で凡退・・・。うーん。
悩んでいる姿がありあり。好きな選手だし、頑張って欲しいよな。ちなみに試合終了後が真中打撃コーチーが声をかけてた。
同じ左打者だし、特に真中はバッティングセンスは素晴らしかったから、いい指導を期待したいもの。
鬼崎はもっと自信持ってやって欲しい。昨年一軍でCSを戦っているわけだしさ。頑張れ!兄も翌日の都市対抗、
かずさマジック(旧新日鐵君津)で出場予定だそうだし。

松井が2安打で孤軍奮闘するも、どうもナインが一つにまとまってない。ヤルキレス。それが観客にも伝わる。
はっきり言って杉原はこの打線なので持ったと思う・・・。そういや、湘南にも明るい話題が。前半戦、貴重な中継ぎとしてフル回転し、
その後故障に襲われた牛田が復帰後初登板。ちゃんと投げられる稀有な人材、早期の一軍復帰を期待しましょう。
試合は結局、ヤクルトがさらに追加点を奪われ、一方打線は散発8案安打の完封リレーを食らう。ひでえ。
ヤクルトはいいとこナシ。つーか試合の中身がひどすぎる・・・。今季一番つまらん試合だったかも。
試合後はさっさと帰途へ。追浜から特急品川行。あれ、結構お客さん乗ってるなあ、いつもはガラガラなのに・・・
と思ったら、横須賀で花火大会があったみたいで、金沢八景、金沢文庫からもドッと乗り込み、朝のラッシュ並みの混雑。

Y嬢「あれ、だまさん、そのiPhone、壁紙誰ですか?」。
だま「バンディーズです(キリッ」。
Y嬢「えええええええwwwwwww」。サーセンww。

そして、金沢文庫からは20代半ばのカップルが目の前に。お互い腰に手を当て、ベタベタ・・・。僕のわずか数十センチ前。
はぁ・・・。つーかさ、今日、Y嬢と来てたから、隣には浴衣姿で座っているわけだけども、Y嬢がいなくて、
これやられたら心張り裂けてたかも知れないwww。そのまま京急に飛び込んでたかもwwww。
だってさ、野郎一人、目の前でこんなラブラブやられててめーは携帯の壁紙がバンディーズって、どんな喪男だよとwww。
さすがに堪えるんだよなあこういうことやられると。なんかこれからラブホでお泊りします、って雰囲気まんまんw。
男性はね・・・境鶴丸アナみたいで、競技ダンスの男みたいなカッコ、女性もちょっと体の線を意識して出すようなカッコ。
俺の方がいい、なんて言うつもりはないけど、男はそんなかっこよくないよ・・・。
そんなこんなで無事に電車は横浜に到着~。ホームへ出ると・・・。

Y嬢「だまさん、あの向かいのカップル・・・w」。
だま「心が折れそうでしたけど、Yさんがいてよかったです。あれ、男一人で見せられたら死にますw」。
Y嬢「wwww。っていうかキモイ!彼がキモ過ぎる!あんなのでも彼女できるのかと思った」。
だま「僕が彼女いないから、ああいうのは不快に見えるのかなと思ったんですけど、Yさんも不快?」。
Y嬢「そりゃそうですww。ああいうのは誰も見てないところでやってくれって」。

だよねえ。まあ楽しいんだろうなあ、あれくらいの関係。ちょうど付き合い始めてお互い間もなく、ボールテージが最高潮に達している感じ。
ちょっとうらやましいと思ったりも・・・w。
その後、湘南新宿ラインに乗り換え、無事に散会。お疲れ様でした。
e0078069_656235.jpg

e0078069_6562777.jpg

e0078069_6563149.jpg

e0078069_6563528.jpg

e0078069_6563974.jpg

e0078069_656432.jpg

e0078069_6564696.jpg

e0078069_6564992.jpg

★試合結果 湘南10-0ヤクルト
勝利投手:杉原
敗戦投手:ユウキ
by navona1971 | 2010-08-28 23:57 | ヤクルトスワローズ | Comments(0)
今日はバンディーズをとりまとめている大澤氏(以下ボス)が企画・運営する”セッション系ライブハウス”「ばんど屋」で、
「夏のバカ祭り」(パン祭りは耳にしたことがあるけどバカ祭りってw・・・)が開催されるので、金曜の夜ってこともあるし、顔を出してみる。
それに、その「ばんど屋」が現在活動拠点にしている上野・御徒町のライブハウス「ドゥービーズ」が来月12日で閉店することもあり、
行き納めをしないと、とも思ってたから。このブログではお馴染み?バンディーズの定例ライブ会場として愛されていたんですが・・・。
仕事を終え、飯田橋から都営大江戸線で上野御徒町へ向かう。完成した当時は「無駄」とかいろいろ言われたけども、
いざ運転を始めると結構便利で助かっているんだよな、大江戸線。”大深度地下鉄”と呼ばれるだけあり、ホームがとにかく遠い・・・。
エスカレーターで地中深く降りていく。しかし、JRでわざわざ秋葉原回りをすることなく、飯田橋からわずか7分で到着。
e0078069_843316.jpg

はぁ・・・来週から9月だというのに蒸し暑い夜。アメ横を進み、ドゥービーズへ。
e0078069_843769.jpg

はい、そして到着。ここに来るのも多分最後になりそう。
僕とバンディーズを結びつけてくれた場所。しかし初めてライブに行ったのが7月だけれど、もう随分前のことのよう。
初めて入るお店って結構抵抗あるんだけど、そんな気持ちも吹っ飛ぶようなアットホームさに胸なでおろしたんです。
e0078069_844173.jpg

で、一度食べてみたかったここのサンドイッチ。ランチ時間帯の営業はもう終了していたから、食事は出してくれるか気になったが、
「オムレツサンドならあるぞ」と、ボス。おお、早速注文してみます。で、ふっくらしたボリュームあるサンドイッチが届いた。
トーストにオムレツを挟んでいるだけ、ある意味さっぱり、飾り気がないのだけれど、ガブリと頂くとおいしい~。
横にポテトチップスが添えてあるがなんともまたアメリカンでいいね。そう、アメリカ映画に出てくる、田舎町の小さな
ドライブインで出てくるようなサンドイッチです(スピルバーグの「激突」のワンシーンを思い出した)。
e0078069_844491.jpg

夕食を食べてなかったので、続いてフライドポテトも頼んでおく。手作り感満点でこちらもウマ~。
なんか子供の親が田舎から送ってきたジャガイモで作ってくれた時のことを思い出した。バドワイザーと合うわ。
e0078069_844769.jpg

開演の8時直前、ドゥービーズのドアが開くと、白髪と髭が似合う男性が入ってくる・・・あっ、あれは・・・!
ロックンロールバンド(なんて冠詞をつけなくてもわかるだろうが)COOLS(クールス)のリーダー兼ドラマーの佐藤秀光さんです。
かっけええええええ。渋いわ。そう、ボスとは「COOLS秀光&THE HUNGRY」で、ユニットを組んでいます。
ボーカルは、バンディーズでミキちゃん役をやっている「まな」嬢なんです。しかしオーラがあるなあ、秀光さん。
早速、何をするのかなと思ったら、「ばんど屋」のドラム担当の方に打ち方をレクチャーしたりして。優しい伝え方するんだね、言葉が。
その後、マイクを握り、「COOLS秀光&THE HUNGRY」の曲を歌ってくれました。
というか今日、秀光さんが来るとは思ってなかったので、直接目にすることが出来てホントに感激。
e0078069_845081.jpg

来月発売のアルバムにも収録されて、タイトルにもなっている「ガソリンがある限り」は耳に自然に入ってきて好きな曲になりそう。
で、3曲くらい歌ったあとに、秀光さんと一緒に来たオサレで美人の女性がマイクを持ち、松田聖子「青い珊瑚礁」などを歌う。
いいね~セーコちゃん。さっと弾ける上にコーラスまでやっちゃうボスもまたかっこよす。
この方、てっきり僕は秀光さんの娘さんかと思って(噂では娘さんも歌が好き、なんてことを見聞きしたので)たんだよね。
その後、秀光さんらがおいとまして、休憩中に近くに来たボスに尋ねたら・・・「いや、あれ秀光さんの奥さんだよ」。
うそおおおおお~。どうみたって20代に見えたわ・・・。バドワイザー吹きそうになった。周囲のお客さんもそれを聞いてどよめく。
年齢差のあるご夫婦のようで、実際の娘さんはまだ高校生なんだとか。僕、てっきりデビューを目指す娘さんかと思って、
写真何枚か撮ったけど、奥さんだったのかww。実際はもちろん20代ではないそうだけども、それにしたって若く見える。びっくり。
そう、奥様は私人ですからね、画像の掲載は当然、控えます。でもさすがだね、ロックンローラーはモテるね~。
いいなあ、かっこいいな~。やっぱり、男は年齢重ねたら顔に責任を持たないと、な、自分もしっかりせんと。貫禄ねぇもんなあw。
e0078069_845440.jpg

COOLSは秋に日比谷野音でコンサートがあるようです。ポスターを頂いてきました。チケットの売れ行きも上々のよう。
そして”お客様参加型ライブバー”のふれこみ通り、お客さんがギターを持ち込んで、演奏するなり、歌を歌い、
ばんど屋の皆さんがそのバックでベースやドラムを担当し、お客さんの気持ちよいステージをサポートする、そんな仕組みなのね。
開演前から中年女性とその娘さんと思われる小学生の女の子がいたんだけども、スーツを着たおじさんが途中入店してくる。
どうやらこの人の奥さんとお子さんのようで、父親がここで演奏する姿を見に来たみたいんだよね。
で、彼は上着を脱いでタオルを首からかけ、ワイシャツのままで楽しそうにギターを弾くわけ。奥さんと子供も聞き入って。
奥さんの右手にはビデオカメラ。きっと家に帰ってから観るんだろうね~。でも、中年のおとーさん、かっこいいよ、あんた。
甲斐バンドの「HERO」とかやってくれて、上手で僕らも手拍子です。そのほか数曲やって、すごく満足げに見えてたわ。
最後は拍手で終了。いやー、サラリーマンになっても音楽を続けて、家族が見に来るなんて素敵じゃない?
ばんど屋の面々のサポートも素晴らしかったようで、ステージで握手してお礼する姿がすがすがしくて。音楽っていいね。
e0078069_845832.jpg

あ、そうそう、秀光さんが帰ったあたりかな、ボスが「切れちまったよ」と声をあげる。ん?
どうやら、ギターのストラップが切れてしまったらしい。え、だって、この間の日曜日のバンディーズライブで、
このギターを買った時についていたストラップが切れたので買い換えたと言ってたばかりじゃない?
これまで使っていたストラップはもう20~30年は持ったんじゃないのかな。

だま「こないだのバンディーズライブで、ほら、椅子の上にあがって弾いたりするからですよw」。
ボス「買って6日目だぞ!」。

でも、明日の阿字ヶ浦COOLSライブでバンディーズが前座として歌うわけで、バンドらしいから、その時じゃなくてよかった。
もっと聴いていたいけれど、SY氏との待ち合わせがあるので、9時半過ぎに店を出る。ここからは渋谷に向かう。
会津若松の酒造メーカーに勤務する友人、SY氏が県酒造組合のイベントで渋谷のセルリアンタワーへ出張に来ていたもので。
お昼も時間作って食事を一緒にしたんだけど、まあせっかくなので夜も一杯やりたいですよね。そのイベントも無事終了したようで、
渋谷ハチ公前、東急旧5000系のあたりで待ち合わせ。しかしものすごい人。もう22時も過ぎているのに。そして暑い・・・。
e0078069_85183.jpg

一杯気軽に、と言ってもどのお店も混みあっている。給料日あとの金曜日だものな。
なんとかみつけた大衆居酒屋「山家」へ。SY氏からは手土産として清酒を一本頂戴する。うわーいつもすいません!
ここでは一時間ほど焼き鳥を頂きながら雑談。SY氏は朝から上京、夜までイベントなのでかなりお疲れの様子。
なので、楽しく会話はしたものの、これは早く寝かせてあげないと、とやや早めに切り上げ散会。秋には会津行きますよ!
最後は酔客でギューギューの東横線に乗って深夜1時ちょい前に帰宅~♪
e0078069_85511.jpg

by navona1971 | 2010-08-28 08:05 | 御徒町ばんど屋&音楽の世界 | Comments(2)
いやいやどうも。
今日は横浜のミュージッククラブ(なんて表現したらいいかよくわかんね)の「egg」でバンディーズのライブがあります。
一昨日の日曜日、ドゥービーズの定例ライブを見てきたばかりだけど、横浜市民の僕としては地元で一度見てみたい気持ちもある。
それに、バンディーズは来春解散予定、ここでのライブもどうやら最後になりそう、ということだし。
「egg」はみなとみらい線馬車道駅すぐだから、終わっても自宅最寄の東急東横線H駅まではわずか18分だしね。
夕方、定例の営業会議を終えて、ちょっと仕事を片付けたあと、会社を出る。しかしまだまだ蒸し暑い。
そういえばこの暑さは1995年以来らしいが、その頃って何してただろうとぼんやり回想する。まだ、記者やってた頃だね。
上司と衝突して辞めたんだったよな。とても細かい人で、もちろん仕事のイロハは教えてくださるんだけども、束縛してねえ、神経質で。
でも、当方も我慢できなければ去るしかないと思った。その後気持ちの整理がついて、彼に顔を出しに行ったり、
逆に彼からも「あの頃はいろいろ言いすぎて君も大変だったろ」みたいなことを言われたり。
教えたことってその場ですぐ実るわけじゃないんだよね。それはその上司との出会い、衝突、別れで痛感しました。
だから、今、会社の若い子を育てようとする時に、いつもあの時の自分を思い出します。当時の彼の立場になっちゃったわけで。
彼も今の僕と同じように当時嘆いたんだろうな、と。そう思うと、なんとも言えない気持ちになるわ。
陽が暮れて、真っ黒になった車窓をキャンディーズを聴きながら(ここ重要)、そんなこと考えてた・・・ってライブと関係ない話ですまん。
e0078069_041233.jpg

で、横須賀線で横浜。根岸線で関内。京子嬢のブログをチェックすると、控室で出番を待つ日記が更新されてた。あ、そこに今日の衣装が出てる。
「夏が来た!」仕様か。どんな衣装かなと思って楽しみにしていたのでネタバレしちゃったけども、僕が一番好きな衣装なので全然OK。
駅から徒歩5分ほどで「Egg」へ到着。というか、このビルに来たことあるな、十数年前、当時の勤務先の顧問税理士かなんかと。
エレベータで3階へ。ちょっと開けにくいドアを進み、さらにもう一回ドアを開けると店内。思ったより小ぶりだなと思った。
名前を告げると「席は用意してありますよ」と左手奥に通される。バンディーズのライブは少し遅れてスタートするとのこと。
このお店はフロアで手伝っている女の子はみんな歌手志望で、一定時間おきに開催されるショータイムで歌うわけです。
そこでさらなるスカウトを待ったり、また、技術の向上を目指しているそうです。
バンディーズの前に、お店の子が三人、数曲歌ったが、特に二番目に歌った子なんて巧い。ミーシャ歌ってたけど、
目をつぶって聴けばまさに本人だし、だいたい、素人プラスアルファレベルでこんなに上手なのか、と感心しちゃった。
てか、この世界における売れる売れないの差ってなんだろ・・・。この子だってCD出せるレベルじゃないの?
e0078069_04108.jpg

そんなお店の子の歌唱力に感心しているうちにバンディーズライブの時間がやってきた。
オーナーのF氏はわざわざ紙テープを持ってきてくださる・・・。
相席になった男性から「バンディーズってどんな感じなんですか」と聴かれたので、
「めちゃくちゃかわいいから楽しみにして(キリッ」と即答~。
e0078069_04795.jpg


そして、バンディーズの登場~♪やっぱりかわいい。かわいすぎる~♪
ドゥービーズとはまた違った雰囲気で、これはこれでいいね~。ちょっとステージが狭いので動きにくそうだけども。
そのせいか、みわ嬢が振り付けを一箇所間違って「やば~」って顔してたわ。
今日は必ずしもキャンディーズファンというかバンディーズファンばかりではないので、いろいろ三人が解説しつつのライブ。

みわ嬢「キャンディーズのデビューシングルはナンでしょう?」。
だま「”あなたに夢中”(キリッ」。
京子嬢「この衣装はどの曲で使われたものを再現したでしょうか?」。
だま「”夏が来た!”(キリッ」」。

と、ひとり挙手して答えてご満悦ってとことんアホだよな俺も・・・w。
そして、まな嬢からは即席の紙テープ投げ講座もあったり・・・。しかし、たっぷり歌ってくれました。
うーん、「危ない土曜日」、「夏が来た!」、「ハート泥棒」かなー僕のベストスリーは。

後半、やっぱりシングルの曲が中心なので、中高年のお客さん(女性もいました)が結構盛り上がり、
あっという間に最後の曲に。そして、アンコールまではよかったが、Wアンコールを求める酔客の声が・・・。
「てめええええ、バンディーズはさんざん歌って疲れてんだよ、もういいだろーよ」と、僕は内心イライラ・・・。
ちょっと歌っている三人を見ていて気付いたこともあったりしたんで・・・。
だけど結局押し切られ1曲歌うことに。なんだか申し訳ない気持ちになりながら「年下の男の子」を聴く。
そりゃ、お客さんからそう言われれば断れないよね。マスターもボスもバンディーズもさ。仕方ない。
お客さんも敬意を相手に持って節度をわきまえないとね・・・。
酒呑んだ時だけ気が大きくなるような連中っているからな。俺は飲んでも変わらないのでどうしようもないけど。
e0078069_04414.jpg

お土産にライターを・・・。LEDライトつき。サイリウムライトがわりになりそう。色はもちろんこの3色。
ちなみにタバコは吸いませんけど。
e0078069_9541254.jpg

とにかく、皆さんお疲れ様でした。僕もライブ終了後は徒歩3分のみなとみらい線馬車道駅からMM&東横線で帰宅。
あー、来年の春で解散ってもったいない・・・。
e0078069_04184.jpg

■セットリスト
ハートのエースが出てこない/優しい悪魔/その気にさせないで/あなたに夢中/暑中お見舞い申し上げます/
年下の男の子/哀愁のシンフォニー/ハート泥棒/危ない土曜日/夏が来た!/そよ風のくちづけ/春一番
(アンコール)
微笑みがえし
(Wアンコール)
年下の男の子
by navona1971 | 2010-08-24 23:59 | 御徒町ばんど屋&音楽の世界 | Comments(4)
いやいやどうも。
昼はスポーツクラブへ。1Fのジムでウォーキングとウエイトトレーニングでしっかり体を動かしたあとはプールへ。
途中から例のスイマーさん登場・・・。うわ・・・はえええ。今年はなんとか同じレーンで泳ぎたい。まだ隣で遠慮だからな。頑張ろう。
で、一旦帰宅し、再度出発。今日は夜、いつもの上野「ドゥービーズ」でバンディーズのライブが開催されるんで。
そういえば、今回でバンディーズのライブが通算50回目を迎えたそう。節目ですね。
僕はまだ三回目だし、ライブの参加は。バンディーズの存在に気付くのが遅すぎたのがとにかく悔やまれる。
あ、今日の日記、なぜ画像が小さいか・・・上手く撮れなかったんで、それをごまかすためっす。
e0078069_2343812.jpg

開場時刻の19時過ぎに受付を済ませ、中へ。ほどなくして友人、OT氏も到着。
前回はバンディーズファンクラブに入ってはいたものの、入会までが精一杯で・・・。今日は会長のSさんから、
声をかけて頂き、いろいろ話が出来たほか、わざわざ私に「だまこもちさんですね?」と声をかけてきて下さる方もいて、
本来ならこちらから挨拶すべきところ、大変申し訳なかったです。また、皆さん紳士的かつ気さくで、溶け込みやすく、素敵な集まりです。
で、あっという間に開演時間でライブスタート。今日は会場の皆さんのテンションも高い~。「夏が来た!」からスタート。
これねえ、冒頭の振り付けがめちゃくちゃかわいいんですよねえ~。バンディーズ最高だ~。

前半が終了し、京子嬢からはドゥービーズ閉店の残念なお知らせ、また、みわ嬢からはハガキコーナーの読み上げ(さすが朗読がウマス)が行われ、
ハガキがどこにあるのかと思ったら、胸元からスッと取り出すシーンは観客のどよめきのあと、「もう一回やって!」の声がw。
さらに「ちょっと待って!」と叫ぶのはカメラを構えるOT氏じゃんかww。あんたかよw。周囲から笑いが起こるw。
一方、まな嬢は「江藤さんタオルです~」と僕が小手指で江藤さんから買ってきた”江藤の犬”タオルを掲げつつ汗をぬぐう。
京子嬢はイラストを見て、「これキリン?」と辛らつでワロタ。今日は江藤さんが来るかも知れないと言っていたので当方も持参し掲げる。

まな嬢「あ~、あのタオル、おそろいですね~」。
そうそう、ボスにも冒頭MCで「だまこもちクン、江藤さん小手指ライブにバンディーズファンとして唯一参加w」と褒めて?もらいました。

そして後半、ノリノリの「ダンシング・ジャンピング・ラブ」では、椅子に乗って流麗にギターを操るボスが・・・かっこよすぎる・・・。
e0078069_23431161.jpg

キーボードの横に添えてあったセットリスト。
「これ、誰の字だろう?僕が書いたんじゃないんですよ、バンディーズかなあ?誰だろう」とキーボードの担当の方。
一方、親切な方がキャンディーズのコンサートではお馴染みの紙テープを分けてくださる。ありがとうございます。
ちゃんと芯を抜いてある。投げ方を尋ねると、テープの終わりを持って投げるよりは、テープの始め(芯があった方)を
持ってひょい、と投げた方がいいようなことを言う。なるほど。まず、曲の1番でみんなの投げるタイミングを見て、
僕も見よう見まねで2番で投げてみる。まあ、哀愁のシンフォニーなら「こっちを向いて~♪」のところだよね。
e0078069_23432653.jpg

今日はファンの方がオリジナルのタペストリーを作ってきてくれたので、それを持って記念撮影~。
画像からではよく見えませんけど、三人の似顔絵もよく似ています。みわ嬢は舌を出し、まな嬢はビールジョッキを持ってます。
それにあわせて、ホンモノのまな嬢もジョッキを手に1枚~♪しかし三人ともかわいいでしょう~?
まな嬢に10/2のキャノンシスターズのライブ(まな嬢+女性計2名の別ユニット)にも顔を出す旨を伝えると、

まな嬢「今日、後ろに女の子がいたじゃないですか?」。
だま「ええ、珍しいなあって」。
まな嬢「あの子がキャノンシスターズで一緒にやってる子なんです」。

は~ん、そうなのか~。いろいろと秋も楽しみです。「打ち上げいこ~」とS氏に誘われるも、なにせ明日は会社、後ろ髪引かれる思いで断る。
今週忙しそうで・・・。「僕だって明日は仕事だよ」と。そうですよねえ~、やっぱり行っていろんな話したかったなー。
新参者にわざわざお誘いの声をかけてもらい、恐縮です。ありがとうございました。
e0078069_23432877.jpg

■セットリスト
夏が来た!/危ない土曜日/あなたに夢中/どれがいいかしら/恋のあやつり人形/暑中お見舞い申し上げます/悲しきためいき
哀愁のシンフォニー/年下の男の子/キャンディーツイスト/優しい悪魔/ダンシング・ジャンピング・ラブ
(アンコール)
ハートのエースが出てこない/春一番
by navona1971 | 2010-08-22 23:43 | 御徒町ばんど屋&音楽の世界 | Comments(4)
8・22 追記:「試合編」はフルボッコ+貧打+酷暑で撮影もままならず。なので、記事を省略します。

いやいやどうも。
「あー、野球ぜんぜん観てないなあ」と思ってたんだけど、たった一週間だけだったね・・・。
なんかそれでも妙にソワソワしてしまって、今日は練習から観たいなと思い、早めに自宅を出発。開門直後くらいかな、ジャイアンツ球場へ到着。
時間が早いと、巨人の練習にぶつかります。荒井打撃コーチが大田となにやら・・・。
e0078069_1812322.jpg

さらに「みちのくのイチロー」こと、仙台育英でヤクルト、由規の一年後輩、橋本の練習にも付き添う。
若いけど、この橋本って子はなかなかセンスあるね。体は小さいけどパワーもあるし、成長が楽しみです。
e0078069_1812763.jpg

未来の主砲候補、大田。母校の東海大相模も甲子園で決勝進出、お陰でいつもニヤニヤだけど一層笑顔が増えている感じ。
しかし、彼は本当にいつも笑顔を絶やさない。スター性あるんだよなあ。人間性もなかなか立派だし。
e0078069_18121181.jpg

巨人の二軍は岡崎郁監督。引退するとメタボ体型になる指導者も多い中で、いまだにスリム。
現役時代はポスト篠塚として右に左に打ち分ける非凡な打撃センスで、当時ヤクルトファンだったんですけど、
ボコボコにされた記憶しかないですねw。でも誕生日が同じ、そして華美な姿勢に走らない姿勢が好きで影ながら応援していました。
e0078069_18121390.jpg

前日一軍登録を抹消された亀井。昨年の充実した成績がまるでウソのようで、今日も姿が目だ立たず、顔もうつむきがち・・・。
e0078069_18121767.jpg

巨人の練習時間が終了し、イーグルスの選手がかわりにフィールドへ・・・。そこで大田泰示(たいし)と、中川大志(たいし)が顔を合わせ、
大田「なんか最近すごい打ってるんじゃないの?」。
中川「そんなことないそんなことない~」。
なんてやりとりが聞こえてきました。”たいし”同士、お互い、守備位置もサードですし、一軍へのキップを掴みたいところ。
e0078069_18122090.jpg

大田とのリラックスした会話を終えると、中川は気持ちを切り替え、すぐに顔を真剣にしてバッティング練習にいそしむ。
e0078069_18122320.jpg

一方、ベテランの憲史も今は二軍。再昇格のチャンスが巡ってきません。ベテランらしい粘り強いバッティングは頼もしいのだけれど。
e0078069_18122653.jpg

憲史はカメラを向けると目線を合わせてくるんだよね~。嬉しいというか申し訳ないというかわざわざすいませんというか。
e0078069_1812281.jpg

自分の練習に取り組む合間、中川に声をかけ、軽くアドバイス。憲史は性格も穏やかで優しいし、今の時代の指導者タイプかも。
e0078069_18123244.jpg

ベテラン、と呼ぶにはまだ早すぎるし、老け込むのも当然早すぎる、宮出。とにかく必死でした。鬼の形相・・・。
e0078069_18123747.jpg

そんな宮出の気持ちを和ませるかのように、ルイスロペス打撃コーチが笑いながらひとことふたことアドバイス。
e0078069_18124197.jpg

さらに復帰した仁村監督からも。現役時代はとにかく勝負強い右打者でしたから、宮出も吸収できることはありそう。
この二人の会話はかなり長いものでした。上でそれなりの成績が残せるはずだものね、本来の宮出であれば。
e0078069_18124484.jpg

今日はロペスコーチが精力的に指導。宮出の次は西田のもとへ・・・。
e0078069_18124890.jpg

どうやら投手の投げる球を見る時のポイントを話しているようです。ロペスも今の若い子は知らないだろうけど、
カープ助っ人時代は最強の選手だったもんなあ、頼もしかったし。
e0078069_18125167.jpg

巨人ベンチへ挨拶に向かったのは朝井とのトレードで加入した栂野。まずは大田とおしゃべり。
e0078069_1814547.jpg

すぐに巨人の選手たちに囲まれてしまいました。そりゃそうだよな、こないだまでチームメイトだったんだもんな。
e0078069_18141434.jpg

練習後の休憩を終えて、再びフィールドを歩いてきた江藤コーチがロペスコーチに声をかける。
嬉しそうなロペス、そうですよ、90年代半ばにこの二人が広島カープのクリンナップだったんだもんな。
e0078069_18143637.jpg

二人ともすごく懐かしそう。ロペスの笑顔が素敵だね。
e0078069_18142587.jpg

まさかお互い、イーグルスと巨人で指導者になるとは、あの時想像もつかなかっただろうな。
そもそもイーグルスなんて球団、なかったしw。
e0078069_18144948.jpg

笑顔の写真というのは男でも女の子でも撮っている方も嬉しい。心からの笑いで、曇りがないし、和やかムード。
e0078069_181521.jpg

野村コーチ、といってもなんかしっくり来ない。我々イーグルスファンには「カツノリ」っていう呼び名がいいよね。
とにかくイーグルスがまだ気になるようで、ここでの楽天戦ではよくみんなに声をかけています。
e0078069_18151387.jpg

そしてメンバー表交換に向かう岡崎監督。
仁村監督に対して「体の調子はその後いかがでしょうか?」的なことを尋ねていた。やっぱり岡崎さん紳士だね。気遣いの人。
e0078069_18152413.jpg

その後、栂野に声をかけ、呼び寄せたうえで、なにやら話している様子。「どうだ?しっかりやってるか」という風な感じに見えた。
ここ、ジャイアンツ球場に来て思うのは、岡崎監督がよく目配り、気配りしているなということ。
わざわざこうして心配してくれるのは、栂野だって嬉しいよね。朝井が頑張っているだけに、「損した」なんて言われないよう、
頑張ってください。
e0078069_18153765.jpg

by navona1971 | 2010-08-21 18:13 | 楽天イーグルス | Comments(2)
いやいやどうも。
15日日曜日、世間はお盆休みの真っ只中だね。
今日は姉夫婦の家で新日本プロレス「G1 CLIMAX XX」をスカパーペイパービューで観戦しよう、との誘いを受けていたもので訪問。
自分もプロレスをゴールデンタイムで見た世代で、そんな詳しくはないが、それなりにわかる。
とはいうものの、主なレスラーの顔と名前が一致する程度だったけれど。だが、義兄は筋金入りのプロレスファン(プヲタ?)。
っていうか、僕らの世代はプロレス好き多いね、やっぱり。僕も子供の頃以来、プロレスはずっとご無沙汰だったんだけど、
義兄に刺激を受けてだいぶ最近は学んできたって感じでしょうか。いや、だって姉夫婦宅に出向くたびに「これ貸すから読んで」と、
別冊宝島の「プロレス下流地帯」とか手渡してくるしwww。まだまだニワカですけど、僕も多少理解が進みました。
(「下流地帯」に掲載されてる劇画調のWJプロレスドキュメントは面白かった・・・一読の価値あり)。
で、とりあえず、自宅からグリーンラインでセンター北へ。手土産を買い込み、ブルーラインに乗り換え姉夫婦宅へ。
義兄は僕が去年闘魂ショップで買ってプレゼントした”ワールドプロレスリング”仕様のレスリングどんたくTシャツで迎えてくれるw。
e0078069_21154031.jpg

試合を観ながら、今日は鍋。真夏だけど、もちろんエアコンの効いた涼しい部屋で。いいっすね~。
今日は部隊鍋(ブデチゲ)です。韓国の軍隊料理らしい。あ、もちろん姉夫婦は日本人ですw。キムチ鍋の素で味付けし、
野菜に魚肉ソーセージ、即席ラーメンなどを入れて煮込んだもの。とにかく野菜多目。ダイエット中の僕に配慮?したようです。
グツグツ煮ていると料理の腕が怪しい姉の手によるものでもなぜかおいしそうに感じるから不思議・・・。
しかし、もともと太っているわけじゃなかったが、姉夫婦は駅近くのスポーツクラブに通い始めて数ヶ月、みるみるスレンダーに。
義兄も肩や胸元あたりがスッキリして、姉も首筋あたりがさっぱりしている。少し顔も小さくなったような感じ。
ええ、これに多いに刺激を受けてこちらもスポーツクラブ再加入したんですけど・・・w。春先いい感じで痩せたのに、あの件で、
ダイエットなんてシラネ、って一時放置しちゃったもんで・・・。いかんよなあ。気持ち入れ替えます。
e0078069_2115388.jpg

で、鍋を終えたあとはお酒を引き続き軽く頂きながら、当方が持参した手土産のサーティーワンアイスクリームを・・・。
高いからww、たまにしか食べないけど本当においしいよねえ、だってガリガリ君だったら何倍も買えるしww。
買う時に、「お好みでお任せします」と言ったら食べる人の性別と世代を尋ねてきた。それの結果がこの中身。なるほど。
で、見ていたプロレスは何試合目だったかな、6人タッグマッチで出てきたのが”風雲昇り龍”こと、天龍源一郎。
そう、その輝かしい称号は小学生の頃同級生に借りたケイブンシャの「プロレス大百科」に書いてあったことを今でも覚えているよ・・・。
いやあ、あの髪型、健在だね。でも、膝が相当悪いようで、リングに上がるのがやっとの状態で、痛々しい。
そこを容赦なく攻撃するのが長州力。で、天龍とタッグを組んだのは師弟関係にある川田利明ですよ・・・(天龍同盟とか懐かしい・・・)。
でも川田も目にギラつきがなかったような感じ・・・。優勝決定戦は棚橋弘至と小島聡。小島が勝つシナリオなのかなーと。
結局、21分、ラリアットから片エビ固めで小島が勝利。新日本に所属していない選手の栄冠は初だったようです。
優勝インタビューには”テンコジ”でお馴染みの天山広吉が祝福に駆けつけたりしないのかなと思ったけどそれはなかった・・・。
アイスに友情出演したのはJR西日本のイコカ、イメージキャラのイコやん。
e0078069_21153434.jpg

さ、プロレス中継も終わって、そろそろ帰ろうか・・・。いつも歓待してくれる義兄に礼を言い辞する。
帰りは”まいばすけっと”と”セブンイレブン”に立ち寄るが、アイスが置いてあるショーケースの中にガリガリ君は一本もなし。
酷暑で大増産をかけているらしいが品薄状態だとか。いや、たまにどっさりあるが、すぐになくなる。まあ、僕も今夏は随分食べたw。
e0078069_21153176.jpg

なので、当たり棒も引き換えようがなく・・・って、こうやって一応とっといてあるけど、なんだが大人になってからアイスの当たりを
引き換えるのはなんだか恥ずかしくて気が引ける。きっとこのまま引き換えずに夏が終わる予感・・・。
一応その背後にある「レコーディングダイエット」手帳は、
これを気合入れてちゃんとやりますよ、というブログの読者の皆様へのダイエット宣言です(キリッww。
e0078069_21152754.jpg

火曜は国分寺で仕事を終え、西国分寺、府中本町経由で武蔵小杉へ。JR武蔵小杉駅の南武線ホームから横須賀線ホームへの
連絡通路は鋼板で覆われ、その区間延長も長い(350m)。現在、動く歩道の建設中だが、これらが原因で空気が異常にこもる。
ガードマンが立つ横には温度計と湿度計があった・・・。これ、もう夜7時過ぎているんですけど、気温は32℃、湿度はなんと70%。
通路が一部狭いため、ガードマン氏がハンドマイクで警備しているが、彼らが倒れるんじゃないかと心配になるわ。
今週は正直仕事にならないよ・・・。日陰にいても日向にいてもあまり変わらないし・・・。皆さんも気をつけて。
e0078069_21152591.jpg

今年の夏休みは地元で野球観戦を楽しみ、遠征はありませんでしたが、そのかわり、というわけではないけれど、9月に仙台へ。
9月18日(土)からの対ロッテ3連戦を観戦予定です。土曜は3塁側内野指定、日曜はレフト外野指定、月曜はトリプルシート。
金曜月曜は姉夫婦と観戦。土曜、二人は野球を観ずに松島観光を間に挟むらしい。それはイイネ。
僕も当初は七回忌も近いE嬢の墓参として新庄でも行こうか、とか、寒河江にそばでも食べに行こうかとも考えたけど、
まあ、1試合はレフト外野で観たいな、と。本当は自由席でスタンディングしたいけど、遠征だと場所の確保も大変なので・・・。
仙台駅西口側に泊まるといつもKスタ間との移動に意外と難儀するので、今回は東口のダイワロイネットホテル仙台にした。
18日(土)はやて21号 東京13:56→仙台15:38、20日(月)はやて22号 仙台17:26→東京19:08をえきねっと”トクだね”で事前予約完了。
そう、あとからバンディーズのライブとぶつかることに気付いた・・・。残念だがライブは欠席だなー。
いや、ライブが19:30からなら行けるな。萩の月orササカマ持って仙台からそのまま参加しよ。
e0078069_22363571.jpg

by navona1971 | 2010-08-17 21:15 | とりとめもない話 | Comments(4)
いやいやどうも。
今日はずっと家に引きこもっているつもりだったんだけど、やっぱり昼くらいからどこかへ行きたい気持ちが。
イーグルスファンとしては千葉マリンのロッテ対楽天に行くべきなんだろうけど、なにせ遠くてさ・・・。
それに、お盆のナイターってどうも落ち着かない、混みすぎていて。
なので、足が向かず・・・。NPBの日程表を見ると、相模原球場でシーレックス対ジャイアンツの試合が。これだ、これにしよう。
ダメもとで友人、OT氏に声をかけると、「行く行く」と。彼は田園都市線沿線に住んでいるから、球場まで近いしね。

僕は自宅から横浜市営地下鉄グリーンラインで中山、そこからJR横浜線。十日市場駅で彼と合流。
さらに16分ほど乗り、淵野辺駅に到着。「随分都会になったなあ」と町の雰囲気を見て二人で顔を見合わせる。
横浜線沿線なんて昔は本当に寂しいところばかりだったんだけど、まるでゲームのシムシティのようにビルが建ち人が増えた。

駅前から神奈川中央交通に乗り、淵野辺公園を目指す。「球場で食べるご飯はおいしいよね」というOT氏の奨めもあり、
バス乗り場の目の前にあるお惣菜屋さんでお弁当を買い込む。なんか行楽気分でいいね。
バスは僕ら以外に数人を乗せ、発車。途中、交通量の多い国道16号を通るが、渋滞に巻き込まれることもなく走っていく。
バスの音声が聞こえる。「次は大野台・・・」。

例の静岡の子が「小学5~6年生は大野台で過ごしたんです」と話していたことを思い出した。
「マンモス校から分割して、日に日に生徒が増えて。そう、静岡と校庭の土の成分が違うんです。粘り気があって」とも。
そっか、よくわからんが、武蔵野台地とかこのあたりは関東ローム層になったりするん?
なんか声が脳内再生されて気持ちが落ち込んだ(引っ張るよな自分)。(´・ω・`) (´・ω:;.:... (´:;....::;.:. :::;.. .....
でも、彼女の故郷がボスの隣町ってのもまた面白く、僕の静岡への縁を感じざるを得ないです。
もう少し涼しくなったら静岡出張の予定でも入れよう。そして、さらにバスは走り、相模原球場のある淵野辺公園へ。

フィールドではシーレックスの選手が練習中。観客はざっと1500人ってとこかな。
右奥の空は赤く染まり、夕焼けが綺麗。「丹沢かな」と言うと、OT氏が「方角的には八王子や秩父方面だろう」と。
確かにそうだ。丹沢になると真正面からやや左手だものな。風も時折吹き、黙って座っているぶんには涼しいナイター日和。
先発は湘南が甲子園優勝投手の左腕田中、巨人が日ハムから移籍後、登録抹消された同じく左腕の藤井。
スタメン発表時、巨人の4番、5番にも球場全体から拍手。そう、東海大相模出身の大田と田中だものね。
一方、湘南の4番は横浜高校出身のルーキー、筒香。今日は神奈川色があっていいね~。

さて始球式。スタジアムDJのケチャップが小学生を連れて登場。ジャンケン大会で選ばれた子だと。
でも、彼は準優勝だったそう。聞けば、優勝した男の子は、去年ここで始球式をしたそうで、
「僕は去年やったから」と、決勝でジャンケンに負けた彼に権利を譲ったそうだ。ええ話や(ノД`) 。
優勝者は1塁側で観戦中。ケチャップに呼ばれて手を挙げて、スタジアム全体から拍手喝采です。
「相模原には野球の神様がいますよきっと」とケチャップ。そうね、もともと野球の盛んな地域だし。

試合が始まると、航空機のエンジン音が。厚木基地が近いからね。でも、空を見上げると4発機だな。
B-52って全部退役したっけ・・・でも、翼の形が違うな。米軍の民間チャーター機と勝手に判断する。A340あたりかな。
最近、というかもともと飛行機はマニアでもなんでもないのでよくわからん。
しかし、沖縄もそうだけど、厚木基地もどうにかして欲しいもんだよ。よく地元の人は住んでいられるよな。
墜落のリスクもあるわけだし(まあそれは民間飛行場でも同じだといえばそれまでだけどさ)。
横浜米軍機墜落事件なんて本当にひどい事件だった(知らない人は検索ね)。母親は最後精神病院で亡くなってさ。
というかさ、どういう出来事も、当事者以外の人は、真剣にその人の身になって考えることなんてしないんだな。
今や、家族や親族でさえ、散り散りになる時代だものな・・・。普通心配にならないもんかなと思うが。
まあ、僕なんかおせっかいだから、「気にしてます」、「心配してます」オーラが相手へ出て逆にうざいかもw。

藤井と田中は双方ともまずまずの立ち上がりで得点を許さない。特に藤井はさすが一軍レベルだなと思わせる球のキレ。
田中も変化球、カープを中心とした組み立てが効いているようで、特に外角へ効果的な配球。細山田の影響かな。
で、3番吉村裕基ってどういうことよw。あんた一軍でポンポン打ってたじゃん。オフにトレードかもなあ。
いや、彼のために環境を変えた方がいいかも知れない。今ならそれなりの投手が交換条件で来てくれるだろう。
「ハマに勝利を~♪呼び込む豪快なスイング♪」・・・この応援歌が流れ、みんなで拍手。好きなテーマだけど、今日も無安打。

両投手の好投で迎えた6回、巨人は藤井から高木に。出来は今ひとつでランナーを出したあと、
コバマサへ交代したところで筒香が犠牲フライを放ち1-0と湘南が先制!そして、7回裏には代打佐伯・・・。
スタジアムの盛り上がりっぷりはすごかったね。ファンファーレから。
いや、ハマスタで華々しく活躍してた彼が、二軍球場で必死にプレーして、それをまた、彼のレプリカユニを着て
応援しているファンが一杯来ていて、感極まって涙が出そうになってしまった・・・。佐伯頑張れ!
で、佐伯の放った打球は痛烈に1-2塁間へ!きたああああああと思ったらランナー内藤の足に当たり・・・内藤はアウトw。
おめええええ何やってんだよwwww。ボールしっかり見てプレーしろよww師匠がせっかくヒット打ったのに・・・。

8回には井手の犠飛、さらに内藤の汚名返上のツーベースで3-0、そして、9回は田中から復活を目指す寺原がマウンドへ。
いやあ、田中もよかったけど、もう、ピシピシ決まる球のレベルが違うね。悪くてもさすが寺原だ・・・。
最後は三振で締めて3-0の完封リレーで湘南シーレックスの名前で行う最後の相模原球場での試合を勝利で終えました。

ヒーローインタビューは田中。「なんとか一軍へ行きたいです。(同期で先に一軍へ行った)阿斗里には負けたくないです」と。
楽しみだね。一軍はボロボロだけど、確実に若手は育っているので・・・。OT氏ものんびりとした観客、けども、
緊張感ある選手たちの動きに満足した様子。バス停が混んでいたのでタクシーを拾い、淵野辺駅へ出て帰宅~。
e0078069_1374118.jpg

e0078069_1374547.jpg

e0078069_1374781.jpg

e0078069_1375141.jpg

e0078069_1375591.jpg

e0078069_1375875.jpg

e0078069_138173.jpg

e0078069_138413.jpg

by navona1971 | 2010-08-14 22:08 | 横浜ベイスターズ | Comments(2)
いやいやどうも。
お盆、僕は先週一足早く夏休みをもらったので、今週は通常出勤。
でも、客先はほとんど休みなので、外出することも皆無、終日社内にいることが多いこともあり、スーツは着ずにカジュアルウィーク。
以前よりも集中的に休まず、分散されたとは耳にするけど、やはり、週後半は電話も鳴らず静か。
お陰で製品開発担当とじっくり会話をしたり、書類の片付け、新商品の内容再習得などに時間を使えて、結構有意義。
そして夕方、ボスことばんど屋の代表、O氏がギターを務める江藤博利さん(元・ずうとるび)のライブが小手指であるので、出向くことに。
e0078069_852939.jpg

先月、バンディーズのライブでドゥービーズ(ライブ会場)に行った時、チラシをもらったのよね、小手指のライブハウスの方から。
仕事は定時過ぎであがれるし、ナイター観戦はちょっと暑いし、お盆で家族連れも多いから一人で行くのもナンだし。
明日は休みだから帰宅がちょっと遅くなっても別にいいしさ。ってことで、会社前のバス停から高田馬場。
そこからレッドアローで所沢を目指す。うーん、西武新宿線高田馬場駅はとてもお盆とは思えない混雑ぶり。やっぱり休みは分散してるな。
で、30分ほど乗り、所沢で普通電車に乗り換えて二つ目、小手指に到着。
小手指といえば、「がんばれタブチくん!」で、タブチくんの大好物なたこ焼き屋があるとされていたよね。
横浜市在住の僕にはなかなか縁のない場所で、実は初めて降りる駅。案外静かなところ。そして駅から直進で5分ほど進むと・・・。
今日の会場であるライブハウス「サウンドストーン」に到着。
e0078069_853252.jpg

階段を降り、受付で支払いを済ませると、ちょうどいい大きさのフロア。前にステージで、テーブル席が対向し、後方にはカウンター。
清潔感もあり、シンプルで、いいお店だと思います。ちょうどステージではボスが最終チェック中でした。

ボス「おぉ、来たのかー!バンディーズいないぞ!」。
だま「いやいやw、わかってますw。ボス観に来たんですから」・・・。ってそれじゃ江藤さんに失礼かw。

真ん中二列目の丸テーブルに座ると真後ろになにか気配が。あ、カウンター席に腰掛けているのは江藤さんじゃないか。
あぁ、もちろん、「ずうとるび」では超有名だけども、僕の世代だと、「お笑いマンガ道場」のイメージも結構ある。
「三波伸介の凸凹大学校」もあったねえ(自分で書いていながら懐かしい・・・)。
そんな仲、江藤さんは気さくに周囲のお客さんに声をかけていく。
e0078069_853655.jpg

江藤さん「今日はタオルを使いますので、ぜひお買い求めください」。

ん?見上げると、江藤さんが首にオリジナルタオルを巻いている。カウンター横で売ってるみたい。
あまりに売れてないので(すいませんw)、販売協力する。
それを見た江藤さん「ありがとうございます~。じゃあサインをしましょう~」ってことでタオルを僕が持って引っ張って、
馴れた流麗な手つきでサインを書き上げました。おお、これは嬉しいですね。
この絵柄、皆さんわかります?江藤さんは独特の画力を誇ってまして、その昔、”凸凹大学校”や、マンガ道場でも話題になった”江藤の犬”です。
これ見たら思い出してくれるでしょう?僕も帰宅して検索して「あったあった!そうそう!」ってね。
この頃のテレビは面白くて、素直に毎日笑っていたな~。ゲストの中原理恵とか懐かしい。小学生の頃好きだった・・・。
e0078069_853912.jpg

はい、20時を少し過ぎたところでライブ開始。
お盆の真っ只中ということと、外で雨が降り出したこと、あと、小手指という若干アクセスの悪い場所での開催ということもあり、
ちょっと観客は少なめ・・・。それでも「空席以外は満席です」というコメントで軽く笑いをとる江藤さんw。
「4時39分発の急行飯能行で来たんです」ともw。あははw。
e0078069_854299.jpg

ボスとの軽妙なやりとりはまるでコントのようで、歌の前にまずトークが楽しい。1曲目もまだなのにしゃべるしゃべる!
まだ、江藤さんのこのライブツアーは続くようなので、ネタバレ的な話はここで書かないことにします。
話は主にずうとるび時代のネタですけど、気遣うことなく素直に笑える。江藤さん面白いな。
ずうとるびの歌って正直思い出せないな~と思ったけど、この曲は流れ始めたら「あ!あったあった!」って。
コレ、「みかん色の恋」。懐かしい!「す~きなんだ!(チャチャ、す~きなんだ!(チャチャ、さ~かだちしたいほど~♪」。
思わず合いの手っていうのかな(表現が古いかw)を入れたくなっちゃうね~。
e0078069_854410.jpg

途中、30分ほど休憩を挟み、第二部へ。こちらではお店のスタッフの女の子がコーラスで一人飛び入り参加。いいね~。
なんか、音楽が好きでお手伝いしてます、みたいな雰囲気ありありで、美人な子。
思わず「かわいい~!」と叫んでおくが、ボスに突っ込まれ・・・。

ボス「いや、彼はね、かわいきゃ誰でもいいんですよ、バンディーズでもそうだから」。
だま「ちょwww」。
江藤さん「そうなの?バンディーズで誰が好き?」。
だま「みんなです(キリッwww)」。
e0078069_854929.jpg

楽しい時間もあっという間。結局90分くらい、いや、もっとかなー。
ずうとるびとして全盛だった時代、その後、ちょっと売れなくなる時代(失礼)も、ちゃんと笑いにしてネタにしてるんだよね。
そして、トークと歌で楽しませてもらって、昔話は面白いし、絶え間なく私たちをワクワクさせてくれて、
なんというか、”プロ”を感じました。やっぱり芸能人ってすごいな、と。よくゲーノー人はラクで金儲け~なんて言うけど、
そんなに甘くないよ、常に努力してなきゃ、生涯この世界で生きていくことなんてできやしないしね。
あと、ボスのギターも上手で、かっこよくて素晴らしかったなあ。ボスからは「なんでもやる!」という姿勢が見えるんだよね。
僕、”ゼネラリストのスペシャリスト”が好きで、自分もそんなスタンスを目指して仕事をしています。
軽妙にさらりと弾いてしまう姿に、まさにそれを感じた次第です。
e0078069_855110.jpg

アンコールもあって、無事にライブは拍手の中、終わりました。江藤さんありがとうございました。
階段を上り、サウンドストーンを出ると、雨は上がったみたい。さあ、帰るのがちょっと大変だ。西武ドームと変わらないか。
西武園でも花火があったみたいね・・・。秋津まで出て、武蔵野線新秋津へ。
西武ドームに行く時に通るルートと同じだけど、JR新秋津駅の駅員さんの手作り広告は相変わらず目を楽しませてくれる。
なんというか、和み系で、お客様のことを思って作っている感じが伝わってきて微笑ましい。
e0078069_855587.jpg

その後、府中本町から南武線で武蔵小杉、横須賀線最終になんとか間に合い、某駅へ・・・。スカ線は終電早いんだよな、結構。
iPhoneをいじっていると、昨日バンディーズがゲスト出演したレインボータウンFM(コミュニティ放送局)に
僕の応援メールが読まれたことを知らされる。仕事中でネットで時折覗いてたけど、まさか音声出すわけにもいかず、
ミュートにしてたんだよな・・・。聴きたかったな。っていいトシしてすいませんww。
e0078069_855862.jpg

by navona1971 | 2010-08-13 23:04 | 御徒町ばんど屋&音楽の世界 | Comments(6)
いやいやどうも。
あーなんか夏バテ気味です。文章つまんなくてすいません、精一杯更新しましたw。眠い・・・。

8月8日(日曜日)は、早めに頂いた夏休みの最後の日。
朝はスポーツクラブへ。ウォーキングをしたあと、ジムでトレーニング。まだまだ体は重いけれど、とにかく通おう。
その後は府中市の大国魂神社境内で開催されている「府中商工まつり」に向かう。武蔵小杉から南武線で府中本町。
お盆に入りかけている昼下がりということもあり、電車はガラガラでのんびり。30分ほどかかり、府中本町駅へ到着。
東京競馬場へ向かうギャンブル客を背に、市の中心部へ歩みを進め、徒歩5分ほどで会場に。
大国魂神社は現在、随神門の建設中。施工を行うのは社寺建築分野を得意とする松井建設。
築地本願寺や小田原城の再建などにも携わった豊富な実績を持つゼネコンです。弊社のお客様でもありますけど、
地味で、派手さはなく、真面目で堅実だな、という印象。松井家が代々社長さんで、現在16代目だったかな。もともとは富山の会社。
e0078069_2249480.jpg

50回目を迎える今回の商工まつりは例年同様非常に盛り上がりを見せていました。
”商工”まつりの名前の通り、出展するのは府中市内で事業を営む企業の方々。店舗を通じてではなく、こうしたオープンな場で、
市民と触れあうことが出来る、こういうタイプのイベントってありそうでなかなかないですよね。しかも府中のような大きな町では。
以前のブログで地元の商工会議所の課長さんと呑んだ時のことを書きましたが、どうしても大手・巨大資本に食われがちな中、
どうやって生き抜くか、皆さん必死なようです。そして、街が元気でありつづけるには、”地元の業者さん”が活発でないとね。
e0078069_2249147.jpg

で、私のお客様、I氏が出展しているブースへ。市内で建築設計事務所を営んでいます。
今回はコンセプトが大きく異なる3つのタイプの住宅を提案し、ペーパークラフトとしました。
そして、来場者の皆さんに人気投票をしてもらう、というイベント。いいですね~。さっそく見てみます。
(左から)
(1)「双頭の家」。
外観は二つの棟と外部空間と一体的なテラス部からなり、1階は子供たちがどこへでも
通り抜けることができる2ウェイ(かくれんぼの道)に・・・。

(2)「石垣の家」。
一階の外壁を石垣とした狭小住宅。鉄骨造で間仕切りのない広い空間を実現。石垣にはツタを這わせたりするアレンジもOK。
外壁と一体化した門によってプライバシーを確保した中庭も確保。

(3)「CUBE」。
外観を立方体としてスッキリ、シンプルに。2階の縦方向にスリット(切れ込み)が入ってますが、
これは住宅の中で騒音が出やすい浴室や洗面脱衣室と個室を遠ざける役目をしています。
e0078069_22485635.jpg

皆さんは気に入った家、ありますか?
こんな感じで、感想を書いたシールを壁にペタペタ貼っていきます。私は「(2)石垣の家」に1票。古風さと斬新な発想が気に入りました。
暑い中、頑張るI氏とはお茶を頂きながらおしゃべり。その間にもひっきりなしに来場者の方が。
あっという間の3日間ですが、また来年が楽しみですね。市民には欠かせないイベントになりました。大変お疲れ様でした。
e0078069_22485493.jpg

I氏と別れたあとは京王線で一路新宿へ。D氏らとの待ち合わせ場所である錦糸町へ向かう。
快速新宿行はガラガラ・・・適度に効いた冷房で襲ってくる睡魔と闘いつつ、電車の揺れに身を任せます。
e0078069_22485097.jpg

で、新宿で中央線、御茶ノ水で総武線に乗り換え、錦糸町へ。
今日は、D氏から誘いを受け、一杯やることになりました。待ち合わせ場所にはさらにD氏の友人、S嬢、D氏の弟、T氏が集合。
その後、少し遅れてバンディーズのプロデュースをしているオフィスばんど屋の代表、O氏が登場。
遅刻の理由を聞いて呆れる(というか青ざめる?)周囲・・・。さすがだわw。そして、駅から徒歩数分にあるO氏オススメの居酒屋「しちりん」へ。
O氏とは先日の横須賀、バンディーズライブの感想を話し合ったり、そのほかこぼれ話をいろいろと・・・。
e0078069_22484626.jpg

O氏としっかり話すのはもちろん初めてなのだけれど、僕と他生の縁はある。COOLSの山崎廣明氏は中学校の先輩wで家が近いし、
O氏の故郷は私が幾度となく訪れて、ここのブログにも紹介している「丸子(まりこ)」の隣町の用宗(もちむね)。
そんなこともあり、静岡の話も弾む・・・。こんなところで丸子の話ができるとは思わなかったな。
「ピンクレディーがスター誕生の決勝に出る時にさ、俺、MIEの弟と同級生で、しずてつのバス借り切って見に行ったし」。へええええ~。
「その後、新静岡センターでイベントやったんだよ、溢れんばかりの人だったな」。その新静岡センターも今は取り壊され、建て直し中でしたね。
そのほか、バンディーズで気になっていたことを尋ねて、納得の回答をもらったりと、楽しい時間でした。
そう、これは伝えたかったんだけど、バンディーズの3人が集まった偶然って、キャンディーズとなんら遜色ないレベルの奇跡だと思う。
素敵だし、かわいいし、頭の回転は早いし、そんなみんながO氏のもとで素晴らしい歌を聴かせてくれて・・・一ファンとして本当に嬉しい。
そのほか、D氏やS嬢、T氏とも特に70~80年代の歌の話が中心に4時間くらい、おしゃべり。
e0078069_22484365.jpg

帰りは総武快速・横須賀線。一見自宅から遠く感じる錦糸町も、乗り換えなしの一本。休日なんて割安なグリーン車に乗っちゃえ。
錦糸町駅キオスクで売っていた銚子電鉄の「ぬれ煎餅」のミニパックを頂きながら帰途に・・・。
皆さん今日はありがとうございました。わざわざ僕を誘って頂いたD氏には改めてお礼申し上げます。
e0078069_2248395.jpg

で、火曜日から日曜日まで頂いていた夏休みも残念ながら終了。8月9日月曜日から仕事。
とりあえず自宅でも仕事のメールはチェックして、問題ありそうなものは対応しておいたので、スムーズな滑り出し。
お盆が近いこともあり、電話も少なく、やりたかったこまごまとした仕事や、新製品の機能を改めて覚えたりする時間も取れそう。
そんな中、午後は広尾の都立中央図書館へ情報収集。有楽町線で永田町、半蔵門線で青山一丁目、大江戸線で六本木。そこから歩く。
六本木ヒルズの中を抜けて、裏手に出て有栖川公園を目指す。
e0078069_22483546.jpg

今日はやや雲が大目。六本木ヒルズから東京タワーを望んでみると、結構どんよりとしちゃって・・・。
e0078069_22483198.jpg

火曜日は会社帰りにスポーツクラブへ。久しぶりのプールへ。しかし夏場はやっぱり気持ちいいね~。
泳いでいる人はまばらだが、いずれも僕が退会前にいた人ばかり。「あれ~、だまさん久しぶりじゃないですか」とやたら声をかけられ、
いちいちそのたびに「すいません、再入会して・・・」と説明に追われる・・・。このスポーツクラブまったりとしてんだよね。
会員の半分は年金もらってるようなじいさんばっかりだし。あくせくしてなくて、それが自分には合うんだけどね。
さて、どれくらい泳げるだろう・・・最初は500mほど泳ぐが、もう腕が重くてしょうがない。今すぐ辞めたくなるくらいに・・・。
こんなに水をかくのは力がいるのか、と思うくらい。それでもなんとか泳いでいくうちにだんだんと体が慣れてくる。でも遅いけど。
ようやく1.25kmほど、25mプールで25往復を泳ぐ。はじっこで休憩していると鐘の音が。水中エアロが始まるのでコースが狭くなる。
すると、例のスイマーさん登場。とてもじゃないがあの人と同じレーンでは泳げないので退散。相変わらず泳ぎが綺麗で見とれちゃう。
しかしプールとサウナを終えたあとのミネラルウォーターはおいしいね。
e0078069_2248286.jpg

今日からは本格的なお盆なのか、電車はますます空いていて、ラクチン。今週だけは営業の私もカジュアルなカッコで出勤。
午後は月曜日に都立中央図書館に手帳を忘れたことに気付き、電話すると無事届いているとのこと・・・すいません。
ちょっと会社を抜けて取りにいく。今日は蒸し暑くて、六本木からは歩きたくない。とりあえず麻布十番を目指し南北線。
お盆だからか、平日昼間なのに永田町駅の南北線ホームはガラガラ・・・。
e0078069_22482342.jpg

麻布十番駅に着いたあとは、港区のコミュニティバス「ちぃばす」に乗るために交差点近くの乗り場で待つ・・・。
もう、猛烈というか強烈な日差し・・・。酷暑です。バスを待つのもしんどい。歩くのはもっとしんどい。ギラギラ照り付けて陽射しが痛いほど。
e0078069_22481951.jpg

「ちぃばす」に乗り、仙台坂を登りきり、愛育病院前で降りて都立中央図書館へ。秋になると見事な色づきになるイチョウも今は青々としています。
蝉の大合唱・・・一体どれだけいるんだろう。
e0078069_22481068.jpg

帰りは仙台坂を歩いて下り、麻布十番駅へ。途中、国生さゆりの旦那さんが経営してるんだっけ、ドルチェ東京の前を通る。昔なかったよな、ここ。
まあ、ちょっとナンだけどね、まあ・・・。でも、店頭にいるクマはかわいい。熱中症になりそうだけど・・・。
会社に戻ったあとは引き続き雑務やら、後輩G君の育成方法やらうんぬん・・・いろいろとまた悩みそう・・・。
e0078069_22475466.jpg

by navona1971 | 2010-08-11 22:49 | Comments(4)