<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

で、札幌ドームから今日予約しているホテルへ帰ることに。
地下鉄の切符は買っていたけど、面倒なのと、混んでいたこともあって、タクシーでJR白石駅へ。
タクシードライバーが気さくに話しかけてくる。って今日はなんかこういうの多いなw。
話題は当然、日本ハムのこと・・・。

ドラ「ウチは球団から指定されてるタクシー会社なんで、職員だけでなく、選手の方もよく乗るんですよ」。
だま「へえええ、誰か印象残っている人います?」。
ドラ「やっぱり新庄さんですかね。愛想もとてもいいですし。そして、とにかく、いい匂いなんですよ」。
だま「あははwwww」。
ドラ「それと、ダルビッシュさん、寡黙に見えますけど、実際は明るくてよく話す人ですね」。
だま「ほー」。
ドラ「あと、稲葉さんはもう、私にとっちゃ、スーパースターです。腰も低いし、優しいし・・・」。

そっか・・・。
なんだかハムに北海道民がメロメロにされているな。
でも、選手としても、また、プライベートも道民の目に触れる機会がやたらと多い中で、
好印象を持たれるよう心がける姿は素晴らしいね。球団の指導も徹底しているんでしょう。
東京にあるチームだと、人の多さに紛れて適当なことをしていてもバレないだろうし。
巨人ならまだ気も引き締まるけど(いや、いろいろとやらかす選手はいるけどさw)、
某ヤクルトや某横浜じゃ余計にそういうところで気が緩むだろうし。
笑顔でハンドルを握り、郷土球団の自慢を語るドライバー氏を見ると、ハムの移転は正解だった。

ドラ「お客さん、気付かれましたか?ヒーローインタビュー?」。
だま「え?何がですか?」。
ドラ「ファイターズは、インタビューを、ほかの選手が帰らずにちゃんと聞いているんですよ」。
だま「へえ~。それは知らなかったし気付かなかったな」。
ドラ「ハムの広報の方が乗った際に教えてくれたんですが、それを提唱したのは新庄さんだったそうです。
その日のヒーローをみんなで称えよう、インタビューの受け答えも見届けて、参考にしよう、と」。
だま「それはいいことだなあ」。

こんな話をしているうちに車は駅へ。ここからJRで札幌。うー、寒い・・・。
ホテルに向かおうとコンコースを歩いていると、寝袋を抱えた人の列が・・・。先頭にはこんな看板が。
「JR北海道ICカード一周年記念"kitaka"購入の列はこちら」。
ええwww、明日の朝までここにいるつもりかよwww死ぬよww。信じられねーなおい。
前日2時間弱しか寝てないこともあり、ホテルにチェックインして食事をするとすぐに寝てしまう・・・。

翌日、ちょっと体がだるい。窓を少し開けると、とてつもなく冷え込んだ空気を感じる。さみーw。
屋上に露天風呂があるため、そちらで早朝からまたーり。
本来野球観戦がある予定だったけども、中止になってしまったので、小樽に行こうと思う。
が、バイキングを食べたあとに札幌駅へ向かうと、だるかった体がさらに重くなる・・・もしかして風邪?
とりあえずススキノに出て、義兄に土産を手配し、札幌駅へ戻った時にはもう体がダメ。
そういえば、昨日徹夜組が出た「kitaka」カード。Suicaと互換性あるから買おうと思ったけど、
PASMOとしては使えないんだな。図柄がかわいかったんで手が出そうになるが見送る。

で、駅の横にある「アイカフェ」に入り、フラット席で横になる。いかん、完全に風邪引いた。小樽行きは中止。
帰りの飛行機は試合があることを見越して20時45分発だが、変更したい。そんな夜まで待てない。
が、「DOバリュー1」という購入形態は、予約変更不可。キャンセル後再購入が必要・・・ひでーw。っていうか当たり前か。
安いチケットだもんなー。ひたすらアイカフェで横になり、フリードリンクの温かいお茶を飲み、体調回復に努める。
ジャケットを着て来たが、ジャンパーの方がよかったね。ここまで寒いとは思わなかったよ・・・。
なんとか夕方になり、18時25分発の快速「エアポート」の指定席「μシート」を購入し千歳空港へ。ただひたすら寝る。
空港で会社へのお土産を買い求め、もうフラフラ・・・。つーか、白い恋人の価格はひどすぎだろ。時代はロイズだわ。
そして、体調にとどめを刺すように到着機材の遅延で出発も遅延。

飛行機に乗り込み、ほぼ満席の中、空港内をタキシングするB767。
ボーっとしていると・・・「お客様、お客様」と声をかけられる。ん?スッチーが目の前に。かわえええw。
「あの・・・シートベルトが肘掛けの上を回っているので掛け直させてください」。何やってんだ俺・・・。
まあスッチーが間近で見られたからよしとする。結局予定より10分遅れの20時50分に離陸。
安定したフライトで助かる。そういえば、総務・販売管理部へのお土産を忘れてしまう。
機内販売で機内でも飲み物として提供しているオニオンスープセットを買い求める。
しかし前々から噂では聞いていたけど、AIRDOのスッチーはみんな笑顔が自然で素敵だわ。かわええし。
で、定刻より5分遅延で羽田へ無事到着、高速バスでYCAT、横浜駅からJRで帰宅。もう体はぐったり・・・。
by NAVONA1971 | 2009-10-25 23:59 | 楽天イーグルス | Comments(2)
★試合について
で、札幌ドームへ到着。
小高い丘の上にあるんだね。階段を昇り、ライトビジター応援席の入場口である南ゲートに向かう。
というか、ここから遠いね・・・球場をぐるりと回る形。ちょっとフラストレーション。
入場するとまた階段を昇って客席上の通路へ。ちょっとややこしい造りだね。

試合開始まではまだ90分くらいあるので、ぼんやりと練習風景を眺める。
みんな特段いつもと変わらずの練習風景、でも、西武ドームやハマスタで見る時より笑顔がないかな。
福盛は気のせいか表情が冴えなく見えてしまう。有銘の出来が不安なだけに佐竹の投球にも気合が入る。

周囲を見回すと、もちろんみんなイーグルスファンなんだけど、関東で見かける人の姿があまりない。
まあ、やっぱり距離もあるもんね。もしかしたら自分が見落としているだけかも知れない。
応援団はしっかりと多数いらしてますね・・・。

ノムさんが監督として采配を振るう最後の試合になるかも知れないんで、1塁ベンチ前は報道陣が沢山。
全席指定なので、お客さんの入りも結構遅め。それでも試合開始10分前くらいにはほぼ満員に。
レフト外野席上の立見席にも座り込むファイターズファンの姿が見てとれる。

先発はイーグルスが藤原、ファイターズは藤井。
まあ、藤井が相手ならきっちり抑えられることはないだろうし、藤原次第で勝てるだろう、なんて考えがよぎる。
ところが1回裏、1死から藤原はひちょり、稲葉に連続ヒットを浴びたあとスレッジに犠牲フライであっさり先制。
続く2回裏にも田中賢のタイムリースリーベースと、ひちょりのレフトスタンドへの2ランであっというまに4-0。
おい藤原、いくらなんでもそれはねーだろw。情けない。今年はいいけど来年までにきっちり頼むよ。
彼はわずか2回で降板。後を任されたのは青山。
藤井には3回までノーヒットに抑えられるが、打線が二周り目になってから襲いかかる。
セギノール、宮出の連続タイムリーでこの回一気に3点。いや、セギノールの3点目ホームインは激走でした。
絶対に間に合わないと思ったもん・・・。

青山は久々のロングリリーフ。慌てることなく、珍しく落ち着いた投球で3回~6回を無失点に。
イーグルス反撃のチャンスをひたすら待つものの、江尻、林らの小刻みな投手リレーの前に苦しむ。
その後、7回裏にまたスレッジ、そして伏兵鶴岡にタイムリーを打たれ6-3。これで勝負あったかと思ったんだよ。
でも、8回表にセギノールのタイムリーで1点を返し、2点差に詰め寄る。あとワンチャンス。
しかし続くリンデンが空振り三振、中村真人が見逃し三振で追加点ならず。
しかし、左右の有利不利はわかるけど、宮出に代打中村ってのは勘弁して欲しかった。相手は宮出が怖いでしょうに・・・。
もちろん、中村は足も速いし、巧打だけど、こういう場面ではね・・・。まあ、結果論といえばそれまでだけど。
でも、とにかく振って欲しかった。見逃し三振はねーよ・・・。チャンステーマが鳴り響くもがっくり。

そして問題の8回裏、1死から登板した有銘がひちょりにヒットを打たれてわずか一人で降板。
今季は2位こそゲットできたけど、彼の不調は本当に痛かった。タフな投手だけに、「あぁ、よかった時の彼がいたら」と
思うことはこの日に限らず今シーズンは幾度となくあった。特にコントロールが不安定なんだよな今年。
昨季の疲れもあんのかなー。オフはしっかり休んで、来季に備えて欲しい・・・。
その後川岸にスイッチし、怖い高橋信二は遊ゴロで2死。この時には関東限定(とは知らなかった)のチキバンチャンテやら
新しいチャンテのジンギスカンなどがレフトスタンドだけでなく球場全体から響きまくりでビジター感満点だったわw。
なんか「敵地にいるなー」って感じがして結構ゾクゾクするんだよねw。

で、川岸が4球で高橋をしとめたあとは今日すでに2安打のスレッジを迎える。
ここで野村監督登場。ってことはもう・・・だよね。
ウグイス嬢が「選手の交代を申し上げます、キャッチャー、嶋に代わりまして、藤井・・・」って先にそっち読み上げるのかw。
この時点でライトスタンドは岩隈キターwって感じでw。その後ピッチャー岩隈コール。
これにはハムファンも大きな歓声。マウンドへ駆け寄るナインに「任せておいて」といわんばかりの背中を感じたよ。
今年のイーグルスを考えれば、ここに出てくるのは彼しかいないもんね・・・。
なんつーか、岩隈はもちろん、イーグルスの一員で、頼りになる選手なんですけど、
個人的に特別好き、という感情はなかったんですよね。けれど、なんでだろ、彼がマウンドに行く姿を見て、
自然に涙が出てきてしまって。チームやファン、監督を想ってくれる岩隈の気持ちが、
遠く離れたスタンドからでもしっかりと伝わってくるんです。多分、志願したんだろうなって。ヨシコーチに「行けます」
って意気込んだ姿が容易に想像できてしまう。頼もしいです。ありがたいことです。最後の最後までよく働いてくれます。

しかし、

2球目だっけ・・・バットにボールが当たった瞬間、「あ、まずい・・・」そんな言葉が小さく、口をついたんだけど、
フェンスギリギリではなく、スレッジの放った打球はライトビジター応援席の脇のハムファン応援席
の中段に余裕を持って飛び込んでしまったわ。
なんか、飛行機が高度を上げていくと気圧で耳がキーンとなるでしょう?ちょっと周囲の音が聞こえづらくなる・・・、
この瞬間がそんな感じだった。周囲のハムファンの歓声がどこか近いようで、でも遠くざわめいていて・・・。
と同時に「終わったな」って気持ちが。もちろん岩隈を責める気持ちなんてこれっぽっちもない。感謝することはあっても。
9回は草野が意地を見せてくれたけど、藤井がセカンドフライで万事休す。
クライマックスシリーズは第4戦でハムが勝利し、3勝1敗(+アドバンテージ分1勝)で日本シリーズ進出を決めました。

まあ、よくやったよ。
それに、こんな、11月が目の前、Bクラスのチームは来季へのキャンプにいそしんでいるのに、
ここまでシーズンを楽しめたなんて最高だったじゃないですか。課題もはっきりしたし、また、頑張って下さい。
e0078069_20161311.jpg
e0078069_20162110.jpg
e0078069_20162663.jpg
e0078069_20163150.jpg
e0078069_20163775.jpg
e0078069_20164323.jpg
e0078069_20164980.jpg
e0078069_20165460.jpg
e0078069_20165982.jpg
e0078069_201762.jpg
e0078069_20171114.jpg
e0078069_20171654.jpg
e0078069_20172315.jpg
e0078069_20172968.jpg
e0078069_20173519.jpg
e0078069_20174166.jpg
e0078069_20174785.jpg
e0078069_20175333.jpg
e0078069_2018071.jpg
e0078069_2018753.jpg
e0078069_2018155.jpg

★野村克也監督について
そして、野村監督にはわざわざここで書くまでもないフィナーレがあって。よかったよね。
試合終了後は席を立ち、最上段で見ていたことと、あの瞬間だけは、カメラを通じてではなく、自分の目で確かめようと思い、
カメラはカバンの中に入れたまま、最後の光景を眺めていました。とにかく、野村監督、4年間お疲れ様でした。
ここ一ヶ月くらいの騒動には、ややうんざりというか、興ざめしてしまったところもありました。
というか、ノムさんは野球の神様だけど人間としては神様ではないし、欠点もあります。家族にやたら甘いこととか・・・。
でも、聖人君子じゃあるまいし、完全な人はいません。それを補って余りある魅力がノムさんにはあるもんね。

昔、ダイエーをクビになって大工をやってた田畑一也をヤクルトに入団させ、再生した時は、
彼の地元、富山でオールスターが開催される時、たまたまその前に遠征で富山での試合があった際、
田畑の母親がノムさんに挨拶へ行ったんだよね。そしたら「おかーさん、息子さんをオールスターに出しますよ、
監督推薦で!」と伝えてあげたそうで、母上は涙を流して頭を下げたという話もありました。
イーグルスになってからも、チキンハートでどうしようもなかった徳元を前日打たれたのとほぼ同じ場面で登板させ、
みんなが「野村はアホか?」なんて言う中をきっちり抑えてベンチへ戻ったりする姿もありました。
球を受けたカツノリが顔をくしゃくしゃにして笑顔で徳元を迎えた光景を昨日のことのように思い出します。

ノムさんの取り組む野球は、その人がプロ野球人生を終えたあとも心の拠り所となるような思い出をしっかり残してあげること。
いつも言いますよね、プロ野球を引退しても人生があるんだ、と。
そこをちゃんと生きるための道標を作る人ではないかと思います。
ヤクルト時代から、ポンコツ(失礼)投手でやりくりして、当時、乱橋とか・・・なんで使うんだよーと嘆きながら見てたよ。
でも、どこかで彼らを生かそう、使い道はないか、って諦めずに考える人で・・・。

父を早くに亡くし、病弱だった母上も入院しがちで、ようやく退院の日、兄と大八車を走らせ駅に向かい、
母と出会えたことの喜びを語っていたNHK番組でのシーンは印象的でした。
「今でも思い出します」とハンカチで涙を拭っていました。僕が今さら言うのもナンですけど、優しい人なんですよ・・・。
ノムさんて、きっと出会った選手個々の人生、生き様までも心配し、気にかけてしまう人なんだろうなと。

一部の選手にはノムさんの真意が必ずしも伝わらなかったのかも知れません。報道も全てがウソだとは思わないし。
よく、草野や山崎とコーチだけがシンパだ、とか。でも、それを聞いて安心しました。ベテランにはわかるんだなと。
そんな、ハタチやそこらのコに今のノムさんを全て理解しろと言っても無茶な話だし・・・。
僕も若い頃は上司によく怒られて心の中では反発してましたけど、
振り返れば、みんなそれなりに真剣に注意してくれたのよね。叱ってくれる人って本当にありがたい存在。
どうでもいいなら本当にどうでもいいし。以前のブログにも書きましたけど、
教育というのは、その場でそうそう実るものではないし、月日が経った時に、その教え子たちの頭の中に、
”ノムラの考え”の何かがかすめることがあれば、ノムさんはきっと喜んでくれるでしょう。

★~追伸~「残念なこと」
まあ、ライトビジター応援席で観戦してたんだけど、試合中、
某新聞社の記者があちこち通路を動き回って観客席を何度となく撮影する姿に不快感を強く覚えました。
野球場に来れば、観戦する光景がカメラで抜かれるのは承知の上。それは当たり前。
でも、程度問題ってのがある(おそらく河北新報?)。

あんたら何枚撮ってんのよ。そんなに必要か?
つーか、何枚も撮らないとベストショットが得られないならカメラなんか構えるなよ。
数え切れないほど野球観戦に来てるが、こんなことねーよ普通。

嬉々としてボードを掲げて撮られたがる人もいるからかも知れないが、全てがそうではないし、
Kスタのノリでビジターで動き回られても正直目障りこの上ない。俺にとっちゃ”たかが新聞”だ。
別に俺たちは酒井法子じゃないんだから、レンズを何度も向けられても困るわw。

岩隈がHRを打たれた直後、落胆したイーグルスファンを撮りたかったのか、
いつになく張り切ってバシャバシャやってたら、俺の後ろに座っていた関西ビジターと思われる
イーグルスファンが「おい!空気読めや!なにカメラばっか撮ってんのや!」って怒鳴り散らしてたね。
周囲のみんなも「そうだそうだ」って顔してたのがわからなかった?
それがわからなかったならペンもカメラも置いた方がいい、記者としてのセンスないから。
罵声が耳に入って別の列に退散して撮影は続けてたな。
俺もカメラ構えてたのが女性じゃなかったら怒鳴ってたわ。
じゃあ俺があんたら撮ってここのブログに載せて「熱心な記者さんですw」なんて書かれたいか?

おめーらが目障りだったから試合終了後最上段に行って観ることになったよ。
取材する際はもう少し気遣いや配慮をしろよ。
俺がマスコミ(ミニコミのようなもんだが)を離れたのはああいう世界にうんざりしたってのもあんだけど・・・。
by NAVONA1971 | 2009-10-24 23:59 | 楽天イーグルス | Comments(8)
いやいやどうも。
金曜の夜はクライマックスシリーズを東京ドームで観戦したわけですけど、
これはもう「札幌行くのは諦めるんで」という意味合いも入っていたんですよね。
ところが周囲にその話をすると「なぜ行かない?」、「行かないなんて許さない」とか、
クレームがありましてw、行ける時に行っておかないと、確かにね。それにノムさん最後だし。
そんなわけで金曜は23時40分頃帰宅してからブログを更新し、明日への荷造りをして2時就寝。
目覚ましは4時10分にセット。起きられなかったら札幌行きは諦めることにするw。
幸か不幸か、きっちりiPhoneのタイマーで起床。シャワー浴びてさっぱりしたあと家を出ることに。

我が家の最寄り駅からは羽田空港行のリムジンバスが出ているんだけど、
今朝の北海道国際航空(AIRDO)の初便には間に合わない。なので、東横線で武蔵小杉、南武線で川崎、
そこから京急で向かう予定で駅に着いたが「南武線は人身事故で運転見合わせ・・・」こんな朝からかよw。
仕方ないんで一旦横浜へ向かい京急に乗り換える。これでは羽田着がちょっと遅くなってしまう。
しかし、乗った電車が京急蒲田駅手前で急停車。動かなくなってしまい、窓を挟んで向かいに立つ車掌が慌てている。
ちょwww何があったん?

運転士と電話でやりとりしながら本社の指令室からも頻繁に連絡が。大きな声なんで内容が丸聞こえ。
どーやら速度照査(保安装置の一種です)にひっかかったらしい。おぃおぃ運転士何やっとるん・・・。
解除に手間取り、ようやく遅れながらも羽田空港へ。降りた乗客はいきなり走り出す人も。俺もだよ・・・。
しかもAIRDOの窓口が遠い・・・一番奥じゃないか・・・。ここからだと霞んで見えるわw。
必死に走ってグランドホステスに事情を話す。離陸6分前。
グラホスは「こんな時間にチケット持ってきても・・もう~(ツン!)」みたいな顔w。サーセンw。
そして「私についてきて下さい!」。頷いて一緒に走って手荷物検査場へ。
「間に合わない場合がございます」ってそんなこと言われても・・・。

手荷物検査を通過して乗り場に行こうと思ったら搭乗口の番号横に「ランプバス」の文字が・・・。
ええええええ~。今の時代に沖止め(バスに乗って飛行機に乗る)やってるの?さらに焦る。
さらに走って行くと出発がやや遅れたこともあって、バスへ乗る列がちょうど途切れた時に到着。
なんとか間に合って乗車・・・。こんな走ったのいつ以来だろ。先が思いやられる。

今回乗るのはB767。味気ない。土曜ということもあり、ぼぼ満席。
席は前の座席との間隔が広い、主翼真上の非常口がある席。離陸前にスッチーが席に来て趣旨説明。
前の座席の後ろには、どうやって非常口を開けるのかがイラストで説明してある。
東京は曇り。飛行機は千葉から猪苗代、山形を通り、八戸へ。この頃、雲が途切れてくる。

隣の男性がスッチーからスポニチを借り、読み終わっていたので、声をかけて拝借する。
一通りこちらも読み終えると、その男性から話しかけられる。

男性「北海道の方ですか?」
だま「いえ、横浜なんです」
男性「あ、僕、T島なんですよね」
だま「僕、H吉です」
男性「近いですねえ~。ご旅行ですか?」
だま「いえ、これを観戦しに(とスポニチ1面を指差す)」

そんなことから雑談に。彼は高校同窓会の事務局をしており、北海道での開催があって出向くと。

男性「イーグルスファンなら、寺田知りませんか?」
だま「あぁ、若手の、龍平くんですか」
男性「ええ、彼、後輩なんです」
だま「じゃあS高校ですか」

ほー。名門じゃないか。やはりナンバースクールは伝統あるのね、同窓会の開催頻度も高いそう。
寺田くんの現状について問われたが、無難な回答にしておく。ユニフォーム姿の彼を見たいというので、
二軍球場に行けば関東でも会える、と伝える。その他寺田ほか、野球ネタが延々と。そうした中、
飛行機はすっきり晴れた千歳空港に無事着陸。彼に「よかったらご一緒に札幌まで行きませんか?」
と誘われたため快諾し、駅から快速エアポートに乗る。

車内でも話の続き。数年前甲子園に出たことがあって、仕切り方や団体観戦の方法やらが全くわからず、
困っていたところ、日程が近かった明徳義塾が懇切丁寧に教えてくれて、
無事に乗り切ることができたそう。いろいろとww。縁がありますね・・・。
「あの時は本当に明徳さんに助けて頂きました」だって。
初戦でPLと対戦したそうだけど、彼と同期の監督曰く「高校野球ってレベルじゃねー」と漏らしたそう。
そんなこんなで札幌に到着。せっかくだからと名刺交換をして別れる。某大手商社さんだね。

しかし、男性でも大歓迎だけどさー、なんで女性じゃないのよw。
吉瀬美智子タン(森口瑤子でも可)みたいなコが「どこに行かれるんですかー」とか俺に聞いてくるとかないの?
そういうのも今後期待します(きんもーっ☆)。

札幌ドームの試合は14時なので、それまでは市内観光。まずは旧道庁へ。手前の銀杏並木が美しい。
そっか、北海道はもう冬といってもいいくらいだもんね。庭園内の木々も色づいています。
道庁を見学したあとは、時計台へ。これが時計台かー。案外小さいのね。初めてみた。
札幌に来たのは10年ぶりなんですよね。それも稚内出張への帰りで、観光なんて出来なくて。
で、時計台の向かいにはあの”花畑牧場”の直営店が。覗いてみるけどたっけーwwwww。
ソフトクリームだけは良心的な価格なので購入して頂く。ウマー。
しかし、結構冷え冷えな気候なのに薄着風の人も多い。北海道の人はさすが寒さに強いのかな。

開門時間も近づいてきたので、そろそろ札幌ドームを目指す。
地下鉄東豊線で福住へ。札幌からは15分ほどで到着。ファイターズユニの人が目立ちますね。
途中のソフトバンクショップには「私たちはファイターズを応援しています」なんてのぼりがw。節操ねーなw。
駅から10分ほど歩くと、いよいよ札幌ドームの姿が見えてきました。近未来風だね。
なんとか勝ちたいが・・・。
e0078069_11193917.jpg
e0078069_11194561.jpg
e0078069_11195175.jpg
e0078069_11195764.jpg
e0078069_112026.jpg
e0078069_11201237.jpg
e0078069_11201724.jpg
e0078069_11202236.jpg
e0078069_11202760.jpg
e0078069_11203343.jpg
e0078069_11203854.jpg
e0078069_11204323.jpg
e0078069_11205032.jpg
e0078069_11205556.jpg
e0078069_1121194.jpg

by navona1971 | 2009-10-24 23:58 | 楽天イーグルス | Comments(0)
いやいやどうも。
木曜夜は楽天がまたもやハムに敗れて連敗、なんだか雰囲気良くないな、と、
半ばヤケクソで東京ドームのレフトビジター応援席が多数出品されているヤフーオークションに入札してみる。
どうせ無理だろ、と思ったら時間がどんどん過ぎ、水曜同様、チケット1枚分の価格と大差ない値段で4連番をゲット。
姉が身内と旅行に出ているので、単身状態の中日ファンの義兄に声をかけると「行くよ」と了承。
早速午前中に有楽町で商談を終えたあと、ファミマ端末で出品者からもらった番号でチケットを印刷。
都心某所の義兄勤務先前の地下鉄駅出口で待ち合わせチケットを手渡し、あとは現地集合ということで。
その後は水道橋のカットサロン「ア・ドーン」で髪を切ってもらう。丁寧さと楽しいトークなので数年来贔屓にしています。
そういや、宿敵梨田監督も交流戦の合間にここで切ったことがあるんだよ。坊主にしちゃってくれよもうw。
夕方、社内でいろんな人から「楽天がけっぷちだね~」、「札幌どうすんの?」とか、そればっかりw。
まあまあみんな落ち着いて・・・。そして東京ドームへタクシーでGO。相変わらずツーメーター程度で到着。
今日は前回より後ろの20段目。別にそれは構わないんだけど、柱が邪魔でスコアボードが見えない・・・。
e0078069_0243447.jpg

先発は高橋尚と吉見。ニンニク注射騒動もひとだんらくで、何より。
しかし周囲を見回すと、名古屋の飲み屋でネルソンとブランコに会った話をする人や、矢場とんのカツサンドを
頬張る人など、遠征組が結構いますね。気分はナゴヤドーム。
そんな中、ランナーをひとり置いて森野がライトへ2ランHRで先制!おっしゃー!さすが時代のヒーロー!
その後は高橋尚が立ち直り、中日は得点圏に何度もランナーを進めるがあと1本が出ず・・・。
これがあとあと悔やむことになるんだよな。一方の吉見も粘り強い投球で得点を許さない。
そんな中、4回頃に義兄が到着。夕方打ち合わせがあったようで、まずはるーびーでカンパイ。
今日は勝てるかなーと思った6回、吉見がラミレス、亀井に連続ソロHRを浴びてあっという間に同点・・・。
e0078069_0243919.jpg

くっそー。しかし、この周辺に座るドラゴンズファンの巨人に対する敵愾心の強さは本当に笑える。
レフト巨人応援席に、ドラえもんのぬいぐるみにオレンジタオルを巻いて抱えている観客がいたんだけども、
彼に対して「ドラえもんが苦ししそう!タオルを巻かれて苦しそう!ドラえもんがかわいそう!」とかw。周囲爆笑w。
アウトコールも「大きな声で~♪アウト~♪小さな声では相手に負ける~♪」って言うらしいんだけど、
「大きな声で~♪アウト~♪小さな頃から大嫌い~♪」なんて巨人ファンを指差しながらw。ったく呆れるが笑えるw。
2-2の同点で迎えた7回表、代打井上がセンター前ヒットで出塁。
そういえば、名曲テーマだよね、井上の応援歌は。「飛ばせ一樹それ一樹」を存分に現役最後歌ったわ・・・。
そこから荒木、ブランコのタイムリー(荒木好走塁)でこの回2点を取り4-2。中日には福盛いないしこれで決まったと思ったよ。
e0078069_0244474.jpg

だが、8回裏登板した浅尾(きゅん)は、先頭の坂本にいきなり四球。おめーは青山かよww。松本にもライト前へ。てめえw。
その後、小笠原を打ち取り、ラミレスも1、2塁間を抜けるヒット性の当たりを荒木が好捕でアウトに・・・ふぅ。
さらに続く亀井のショートへの当たりはふわりと上がったあと井端の前で回転が変わりバウンド。井端が取りそこねポロリ・・・。
えええええええええええええwwwwww。オレ井端のエラーって初めて見たかも・・・。彼でもこんなことあるのか・・・。
流れは完全に巨人。でも、打席には脇谷。まあ、なんとか乗り切りそうだ、と思ったがとんでもない、
伏兵にライトフェンス直撃のタイムリーツーベースでこの回一気に3点で巨人の大逆転。
「びーばーじゃいあんつー!」とオレンジタオルが振り回される。うぜえええええええええええええええ・・・・・。
9回はクルーンが出てきてあっさり三者凡退で終了・・・。ちなみに9回には札幌ドームの結果が。イーグルスの勝利に大拍手。
帰りは神保町の中華料理屋で義兄と軽く反省会。札幌に行くか迷っている旨伝えると「絶対に行きな」。
「オレだって行くの考えてたもん。今しかないよ」と。周囲もみんなそういう。だよな、やっぱ行った方がいいよな・・・。
なんとか奇跡を起したいな・・・しかし帰宅がこんな遅くて明日起きれんのか・・・ヒコーキ早いのに。
e0078069_0244972.jpg

★試合結果
読売6-5中日
勝利投手 [ 巨人 ] 豊田(1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 浅尾(0勝1敗0S)
セーブ [ 巨人 ] クルーン(0勝0敗2S)
本塁打
[ 中日 ] 森野 2号(1回表2ラン)
[ 巨人 ] ラミレス 1号(6回裏ソロ) 、亀井 1号(6回裏ソロ)
by NAVONA1971 | 2009-10-23 23:23 | その他の野球 | Comments(0)
いやいやどうも。
今日はクライマックスシリーズのセカンドステージ第1戦がセリーグ、パリーグとも開催されます。
セリーグは東京ドームで巨人vs中日。ナゴヤドームでヤクルトと対戦し見事2勝し、こちらにやってきました。

昨年、一昨年と、1Sでは中日と阪神が対戦し、いずれも中日が勝ち抜けています。
その際、1Sの勝敗が決まる前に東京ドームで3塁側のチケットを(阪神が勝つと見込んで)買ってしまい、
主に転売を目論見た人が大損をこく事態が発生しています。
実際、過去、1席6500円のバルコニーシートを2席で1980円とかw・・・この時期の風物詩のような・・・。
今日は、夕方18時から社内勉強会の予定でしたが、講師役の技術部社員から開催延期の告知が。
なので、昼休みにヤフオクをダメもとで覗いてみると・・・おー、あるある。
平日はチケット捌けないよ。それに、第1戦じゃまだ何も決まらないし。それでも高値転売を狙い出品が多数。
しかし、いずれも入札金額はチケットの購入代金にも遠く届かないケースばかり。
e0078069_2355040.jpg

で、ペアはうまく先に落札されてしまったので、仕方なく「ビジター応援席4連番1円から」に入札。
上限を1500円にしたところ、なんと1300円ちょっとで落札できてしまう(1枚ではなく4枚の価格w)。
しかし「Yahoo!かんたん決済」で相手に銀行からお金を振り込み、相手は支払い済みチケットの
予約番号をこちらに伝え、ファミリーマートで発券・・・落札からわずか15分で手元には4枚のチケットが。
なんというか、もんのすごい便利な時代になったね。けど、チケット発行用レシートには
支払い済み代金として1万円を超える金額がww。システム利用料とかも含めてるんだろうな・・・。
最近出勤時間を早めにしていることもあり、いつもより30分早い終業となる。そしてドームへ。
陽もだいぶ短くなってきたね。あと少しで11月だもんな。はえええよなあ。
e0078069_2355660.jpg

チケットが4枚もあるので誰かを誘いたいが、確か弊社には中日ファンはいないはず。
一応ビジター応援席なので、あの雰囲気が苦じゃない人を誘わないとね。
なんつーか、落合監督のせいなのか、ややアンチ中日が多いんだよね、弊社の野球ファンにおいては。
なので、誰にも声をかけず、ちょっと外の人に打診するも・・・なので、一人で行くこととする。
もともと姉夫婦はチケット買って観る予定にしているし。手元に何もないと寂しいので、メガホンをとりあえず購入。
手拍子派が増えてきた外野応援だけど、結構まだ、中日はメガホン派が多いんで・・・。
e0078069_23551137.jpg

転売屋の影響?レフトビジター応援席には空席が結構あったり・・・本当に観たい人がいるのにね。
で、先発は巨人がゴンザレス、中日が小笠原。
試合開始前に両チーム全選手がフィールドに並び、国歌斉唱後にいよいよ試合が始まります。
私の座った席は50通路の中段。レフト巨人応援席にも近く、なんつーか闘志がメラメラと沸いてきますw。
しかし中日ファンは熱いなあ。よくハマスタで見かける人もちらほら。
e0078069_23551687.jpg

あー、でも緊張感ある試合はいいなあ、で、そういう雰囲気を作ってくれるのはやっぱり落合竜。
前に座っている人が「球界の政権交代、落合監督」「マニフェストは”勝つことが一番のファンサービス"」と書かれています。
いいなあw。なんというか、同意ですね。今日も引き締まった野球を見せてくれることでしょう。
その落合竜はいきなり牙を剥きます。初回、センター前ヒットで出た井端を荒木の犠打で進めたあと、
森野のタイムリーで早くも先制。うおおおおおはええええええww。
さらにブランコがセンター前ヒット、続く和田もレフト前タイムリーヒット。
ここで早くも川又チャンテ・・・1回からチャンテって早すぎwwでも雰囲気は最高。
そして今日スタメン起用の野本がその期待に応え、ライトスタンドへ弾道の美しい3ランHRでなんと5-0。
レフトビジター応援席は優勝したかのような騒ぎです。その後3回にはブランコのビジター応援席に飛び込むソロも!
e0078069_23552247.jpg

巨人は散発的な反撃、一方中日は小笠原から小刻みな継投がズバリと決まり、圧倒的優勢で終盤へ。
この時、真後ろのおねーさんがビールをこぼし、空いている4連番に置いていた携帯に少しかかる。あぶねえええ。
今年はドームでiPhoneを洗面台で水没させてるからな。「すいません・・・ごめんなさい」としきり謝られるが大丈夫っす。
それよりも印象的だったのはガードマンの素早い動きだった。紙を持ってきて丁寧にふき取る。
「こっちは僕が拭きますから」と手を差し出すも「いや、汚れてしまうので・・・」と自分でテキパキと。最後は笑顔。
いつも仏頂面な雰囲気あったんだよなあ、あの人。意外だった。というか、ドームは引き締まった運営しているとは前々から思ってた。
結構他の球場って警備員が何の役にも立たないケースもあるから。
8回には札幌ドームが6-1で楽天リードであることをオーロラビジョンが伝え、歓声と拍手が(この時点ではね・・・w)。
そして、河原、高橋、浅尾とつなぎ、中日は危なげない勝利。巨人のアドバンテージである1勝に追いつきました。
で、帰途に就いているところで、札幌の悲劇を知る。もうぐったり。ドームの観戦よりこの結果を知ったら疲労が・・・。
一瞬、AIRDOの予約変更の方法なども調べておかなきゃと思ったほど・・・。
これで明日岩隈、明後日マー君で切り抜けるしかなくなったな・・・。
e0078069_23552750.jpg

★試合結果 
読売2-7中日
勝利投手 [ 中日 ] 小笠原(1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 巨人 ] ゴンザレス(0勝1敗0S)
本塁打
[ 中日 ] 野本 1号(1回表3ラン) 、ブランコ 1号(3回表ソロ)
by NAVONA1971 | 2009-10-21 23:56 | その他の野球 | Comments(2)
いやいやどうも。
先週土曜日は野球ヲタの姉夫婦宅へテレビで野球観戦のため訪問。
13時からはイーグルスvsホークス、その後18時からはドラゴンズvsスワローズの”ダブルヘッダー”。
3人でおしゃべりしながら中継を見入る。
まあ、マー君の完投、そして、ジャーマンの特大アーチで試合は決まって無事に「カンパーイ!」。
自分も、日本シリーズに出ることになれば、今回パリーグ球場が第1、2、6、7戦開催なので、仙台で6、7戦の直接観戦を
見込んでいたんだよね。クライマックスシリーズについては、来週、東京ドームのセリーグセカンドステージを観ようかなと。
ええ、ノムさんの挨拶を見るまではそう思ってました。

で、試合終了後のノムさん・・・。
声が震えてたね。本人も感極まっていたと思うわ。
カメラがスタンドを映すと、首からぶらさげたタオルで目頭を押さえる人の姿も。
ちょっと寂しげな口調に、これまでの野村楽天の思い出がいっきに蘇り、こちらも涙が溢れてきてしまいました。
まあ、それに、前にも書いたけど、ヤクルト監督時代に、あのとんでもなく弱かったあのチームを、
日本シリーズに連れていってくれたし。そんなことも頭が巡りました・・・。
e0078069_21123786.jpg

ちなみに夜は義兄特製のたこ焼きを食べつつドラゴンズvsスワローズを観戦。あっさりでウマー。
しかし、ノムさんの「ひょっとしたら挨拶できなくなるかも知れない」がひっかかったな。
帰宅後、考えあぐねた結果、札幌行きを決意(大袈裟w)。10/24(土)と、10/25(日)の2試合を観よう、ってことで、
日曜朝10時より札幌ドームビジター指定席の発売を開始すると聞き、念のため有楽町のぴあに。
ここは座席選択もできるしさ・・・。自分の前には数人が並ぶも他のコンサートチケットなどの確保みたい。
自分の順番はすぐに・・・。ところが「あいにくご提供できる枠は全て売り切れています」・・・うっそーw。
茫然自失。なんでまた。いくら人気あるとは言え、そんなことってあるのかよ・・・。
諦めるしかないのか。ぼんやり、ぴあのある東京国際フォーラム内をうつろな目をして歩く・・・。
が、ロペス氏より「ローソンに行けばある」との情報。隣、新橋駅前ローソンへダッシュ。
e0078069_21122231.jpg

で、ロッピーを起動。
しかし、プロ野球→ファイターズ→クライマックスシリーズセカンドステージ・・・と選択しても、
ビジター指定席が表示されない。もう売り切れた?もしかして。
他の座席区分が空いているので、それを取る?でもビジター指定席じゃなきゃツマラナイ。
深呼吸してメニューに戻ると、ビジター応援席だけメニュー階層が異なっていた。なにこれ・・・わかりにくい。
それでなんとか土日のチケットは無事にゲット。よかった・・・。
もともと来週月曜日は通院予約のため休みの予定。なので土日存分に観戦できそう。

今度は往復の交通機関。
お気に入りのJALクラスJは空席こそ少しあるものの、羽田~千歳はライバルの新幹線もないため、割高。
片道だけで3万円って何の冗談だよ・・・。とてもじゃないがそれは無理だって。
そういや以前、お盆の真っ只中に稚内・千歳へ出張したことがあったんだけど、全部で10万近くかかった記憶があるもんね。

JRの「ぐるり北海道フリーきっぷ」にするか・・・。
この切符は東京から北海道までの往復(特急料金+B寝台含)と道内乗り放題で35,000円。
金曜夜に北斗星で札幌入りも悪くないかなと思ったんだけど、JRサイバーステーションを見ると禁煙は満席。
金曜夕に「はやて」→「白鳥」→「はまなす」で土曜朝札幌入り、も考えたけれど、
「はまなす」のB寝台と東北新幹線の併用ができないきっぷなんだよね・・・。
それに、帰りの北斗星は17時過ぎに札幌を出るので、14時試合開始を考えると到底無理。ってことで諦める。

困ったなと考えている時に思い出したのが「AIRDO」。土曜朝イチ、日曜最終1便前で通路側・非常口前予約OKでした。
宿は札幌駅近くのビジネスホテルダイナスティを確保。よし、金曜までは仕事頑張ろう。
e0078069_21122733.jpg

■おまけ
某所にて本人と名刺交換。
いよいよだまこもち、政界進出か・・・w。
e0078069_21123268.jpg

by NAVONA1971 | 2009-10-20 21:12 | 楽天イーグルス | Comments(2)
いやいやどうも。
速報性重視?で、のサッカー、野球観戦の記事を先にアップしましたが、
先々週木曜か1泊で久しぶりに静岡へ出張してきました。だいたい2.5か月に1回くらいの目安で訪問していたけれど、
今回はなんやかんやでタイミングを逃してしまい、4か月ぶり。約二週間遅れで更新です。
e0078069_20424055.jpg

ただ、台風が来る予想もあって、朝は風がびゅーびゅー。まあ、オレじゃなかったら飛ばされるかもw。
鶴見川は増水。しかし、濁流が流れる川って惹かれるよね。つい観にいきたくなってしまう。あれはなぜ?
何か人を吸い寄せる魔力があるような。よく台風あるとじーさんが用水路観にいって・・・とかあるし。
e0078069_20424888.jpg

で、出張の日をずらそうかと思ったけれど、一度傾いた気持ちは収まらない。
それに、多摩川の風速計が規制値を超えたこともあって、横須賀線止まってるし・・・東京へ行けない。
ってことで通常より少し遅く新横浜駅へ向かう。東海道新幹線が運転再開した、と聞いたから。
でも、駅に行くと「新横浜~小田原間で倒木で運転見合わせ」って・・・。
ただ、10分ほどで復旧作業が完了、ホームに停まっていたこだまに飛び乗るとすぐに発車。その後は通常運転。
最初どんよりしていた空も、いつのまにかきれいに晴れ渡り、お昼前、静岡に到着する頃にはよい陽気になってました。
e0078069_20425372.jpg

お昼は葵区役所の展望フロアで休憩。ここは景色がよくてね。
右に見えていた新静岡センターは取り壊され、姿が見えなくなってしまいました。
静岡は広島同様、結構背後に山が迫っていて、思ったより平地が少ない場所です。
午後は近くのH氏の事務所へ。そうだった、わんこ飼ってたね。
インターホンを押すと、主よりも犬が先に駆け寄ってきた。「ほらだめだめ、あっちに行って」。
H氏は扉を閉めて仕事部屋から追い出す。が、かわいそうw。こちらをじーっと見て近づきたがっている。

だま「入れてあげましょうよ」
H氏「え、だまさん犬大丈夫でしたっけ?」
だま「ええ、前回も入れてあげましたw」。

戸を開けると元気にダッシュ。かわいいねーw。
もう11歳だそうで、H氏は背中を撫でつつ「以前より毛に艶がなくなってきてねー」と。でも老いは感じないけどな。
久しぶりに会えてよかったです。
e0078069_20425998.jpg

新静岡センターは今年1月末の閉店後、解体作業が始まっています。
跡地には”新”新静岡センターの高層ビルが建つ予定です。
ちなみに私のブログ、たどりついた方の検索キーワードの1位が「新静岡センター」なんです、今年。
e0078069_2043444.jpg

そんなこんなでお客様を訪問しているうちに夕方に。いつものごとく清水の宿へ。
陽が傾く中を、静岡鉄道でゆっくりと。この時間がいつもたまらなく好きだったりします。そして新清水駅へ。
駅前の踏切を電車が走り抜けます。今日の全面ラッピング広告は静岡鉄道の「ルルカ」カード。
e0078069_20431085.jpg

そして、ホテルのある清水銀座の中へ。相変わらず寂れてます、人いません。でもたまんない。
「ビスタホテル清水」、「清水シティホテル」、「クエストホテル清水」と、過去泊まってきましたが、
今日は「シーグランデ清水」。JR清水駅周辺ホテルの中で最後に泊まるところです。
ちなみに部屋の快適性ではビスタが圧勝でした。そのせいもあって一番価格も張りますが。
で、日本平でサッカーの試合があるならついでに観よう、と思っていたわけです。
出張前に清水エスパルスのホームページを見て、「あ、試合はないね」と確認したんですけど、
清水駅で「サッカー観戦の方のバス乗り場は・・・」なんて叫んでる。なんで?
e0078069_20431639.jpg

改めて調べると・・・え、日本対香港があるの?ここで?なんだよー、19時20分キックオフかよー。
知ってるなら行くのに・・・。まだ時間あるけど、さすがにいきなりはなー。それに出張だし、遊びはほどほどに。
台風一過で清水駅改札前通路から望む富士山が美しいです。
この画像の左上にUFOみたいなのが映ってますが、ガラスの反射ですので念のため。
e0078069_20432185.jpg

翌日もよい天気。
しかし、「シーグランデ」は狭い部屋だけども、ベッドが自分にはとても合った。8時間たっぷり睡眠。
体はどこも痛くないし、まるでトルゥースリーパーを使ったみたい(本人の感想であり効能ではありませんw)。
朝食はいつも愛用している清美軒・新清水店のパン。素朴で、昭和の街角にあったパン屋のパンという感じ。
特別おいしくはないが、食べると味に満足します(褒め言葉です)。
斜に構えた最近のツンとしたパン屋より、こういう店の方が好きなんです。
e0078069_20432733.jpg

そして、今日は私が静岡に来るとよく当たってしまう、午後の紅茶号。しかし目立ち過ぎる。
e0078069_20434182.jpg

静岡駅前は地下通路の工事もほぼ終わり、だいぶすっきりしてきました。
しかし、駅周辺を行きかう人は結構かわいい人が多い。静岡って酒井美紀とか石川亜沙美とか
ピンクレディーのMIEちゃん(ちゃんって年齢でもねーけど)とか、美人揃いなんだよね。
e0078069_20434852.jpg

いろいろ動き回っているうちに夕方だ・・・。帰りのこだまを待っていると、下り通過線を次々と
「のぞみ」が走り抜けていきます。
e0078069_20435449.jpg

帰りはJR東海ツアーズの企画きっぷ「ぷらっとこだま」のおまけであるドリンクチケットでビールを・・・。
そして、東海軒のサンドイッチ(310円)を買い求める。これ、包装がいいでしょ?ちょっと西洋風で。
文字のフォントもレトロっぽくて、昔からほとんど変わっていないんでしょうね。
値段も手ごろなんですが、これがまたおいしいんです。箱を開けると、丁寧にラップでパンが包んである。
で、ハムと卵が挟んであるサンドイッチが並んでいるんですけど、泣けるような懐かしい手作りの味。
パンもふわふわで、具もしっかり詰まっていて、価格の割に手抜きのない商品です。
e0078069_2044049.jpg

新横浜に着くとPHSに留守電が・・・。再生すると・・・
「だまさん、今神宮に向かってますけどいますか?」・・・経理マネージャーのA氏。
そういやヤクルトファンだもんなあ。なんか最近話しかけてくる回数が増えたと思ったんだよな・・・。
残念ながら今日は出張だから・・・。でも、CS進出決定を見られてよかったね~。
by NAVONA1971 | 2009-10-20 20:44 | 静岡・新潟(出張) | Comments(0)
いやいやどうも。
等々力でサッカー観戦を終えたあとは、神宮球場へ移動し、ヤクルト対中日を観戦します。
中日は今季最終戦。立浪がもしかしたら出るかなーと、そんな期待もあったんで。
e0078069_21594716.jpg

夕焼けがキレイでした。
e0078069_21595418.jpg

陽が沈むのがだいぶ早くなりましたね。
e0078069_2159598.jpg

先発はチェンと山本。
e0078069_220476.jpg

今日は名古屋からドアラが駆けつけました。つば九郎はプレゼントをスタンドに投げ込む時に
使うエアバズーカをなぜかドアラ、つばみ、そしてプレゼントをバズーカに補充するおねーさんに向けるw。
e0078069_2201061.jpg

ズドン!バズーカで撃たれ倒れるつばみとドアラwww。ちょwww、つば九郎最近毒ありすぎwww。
e0078069_2201599.jpg

試合はブランコのHRなどで中日がリード。ただ、山本もよく投げた。来季に繋がる内容でした。
しかし、オレの横に座ってる男性、同じコからビールをひたすら買い続けてる。何杯目だよwww。
売り子も「いつもすいませーん(はぁと)。あ、今日最後かも知れないから手紙書いてきたんですぅー」ってw。
e0078069_2202020.jpg

中日は途中から最多勝を目指す吉見が登板、さらに山井へとつなぐも、
デントナに逆転の3ランHR!しかしポール際の微妙な打球で落合監督がすぐさま抗議。
それに森ピッチングコーチやほかの選手まで集まり騒然とした雰囲気に・・・。
e0078069_2202825.jpg

落合は選手を全て引き上げさせます。翌日新聞で知ったのですが、落合監督は微妙な当たりにもかかわらず、
すぐにオーロラジョンでリプレイが流された件に抗議したそうです。「あれを見たら動かざるを得ない」と。
てっきりファールかホームランか、ということだけで文句を言ってたのかと思ったのですが。
こうした時は誤解を招かぬよう、リプレイを流さないような内規があったようですけど。
まあ、ホームランという声が圧倒的だったけど、俺にはファールに見えた。ヤクルト応援してたけどw。
結局、抗議が5分を超え、遅延行為で落合監督は退場、試合はホームランで続行となります。
これに苛立ったレフトの中日ファンからはいくつかグラウンドへモノの投げ込みが・・・。
そのファンの興奮を抑えるがごとく、レフトとのキャッチボールに立浪が登場。これでだいぶ落ち着きましたw。
e0078069_2203554.jpg

試合はそのまま4-3で9回裏へ・・・。
平田に代えて代打は立浪。球場全体から大きな拍手が沸き起こります。関東ビジターでは現役最後の姿か。
まあ、クライマックスシリーズでも見ることができるかも知れないけど。
e0078069_2204139.jpg

美しい、そして見慣れたバッティングフォームですよね。
e0078069_2204679.jpg

ああん、残念ながらセカンドフライ。しかし立浪の応援歌に合わせてライトスタンドのヤクルトファンからも声援が。
e0078069_2205273.jpg

アウトになったあとも拍手は鳴り止みません。
e0078069_2205811.jpg

PL学園で1歳後輩となる宮本から、立浪に花束贈呈が。そして、立浪からはバットのプレゼントが・・・。
e0078069_221486.jpg

改めて球場全体を見回して深くお礼をする立浪。お疲れさんでした。
私の公式戦観戦も今季は今日で終了、結局50試合の観戦。
あとはクライマックスシリーズ、日本シリーズかあ・・・。
e0078069_2211018.jpg

★試合結果
東京4-3中日
勝利投手 [ ヤクルト ] 松岡(6勝4敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 山井(0勝4敗2S)
セーブ [ ヤクルト ] 押本(2勝6敗1S)
本塁打
[ 中日 ] ブランコ 39号(6回表2ラン)
[ ヤクルト ] デントナ 21号(7回裏2ラン)
by NAVONA1971 | 2009-10-11 23:58 | ヤクルトスワローズ | Comments(0)
いやいやどうも。
最近は野球だけでなくサッカーに惹かれはじめていまして、近くの等々力競技場で、
天皇杯の2回戦、川崎フロンターレ対レノファ山口の試合です。
「れのふぁやまぐち?」、聞いたことのない方も多い(というか自分も試合当日朝にチーム名を知るw)と思うのですが、
地域リーグの中国地区に所属し、将来のJFL、Jリーグ入りを目指して活動する山口県のチームです。
e0078069_882544.jpg

レノファとは「レボリューション(維新)」と「ファイト」、「ファイン(元気)」の「ファ」を組み合わせた造語だとか。
サイトを見るとサポーターのバスツアー(山口からかよ!)まで
組んであって、そんな熱い気持ちも伝わってきます。なかなか面白そう・・・。
設立は2006年と新しいですが、昨年地域リーグで優勝し、全国社会人大会でも決勝リーグへ進出、
そこでは惜しくも敗れてしまいJFL入りは逃してしまっていますが、勢いを感じますね。
e0078069_883154.jpg

等々力競技場は横浜市民の私でも、チャリで20分強ほどで到着してしまう好立地。一度来てみたかった。
天気のせいもあるけれど、気持ちいいスタジアムだね。こんな青空のもとでサッカー観戦は最高だわ。
こんなに近いんだから、これからもっと訪れてみよう。
e0078069_883679.jpg

天気はいいけれど、多摩川から吹き込んでくる風は結構冷たい。秋の深まりを感じます。
普段野球でもビジターに慣れてしまっているので、足は自然とレノファ山口側の席へ向かってしまいます。
おー、数は少ないけど、ちゃんとレプリカユニに身を包んで、眩しそうにピッチを見つめるレノファサポの姿が。40人くらいか。
e0078069_884172.jpg

きっとこの中には山口からのバスツアーの人もいるんだろうなあ。熱いよなあ、ホントに。「山口から参上!」なんてボードも。
で、川崎側はもう、そりゃーJ1で実績あるチームなので、サポーターもぎっしり。
面白いのは、普通熱心なサポーターってゴール裏が多いんですけど、川崎はフィールドの横なんですよね。
e0078069_884660.jpg

その後、川崎サポから聞こえてきたのは「好きですかわさき愛の街」。川崎市民歌です。名曲ですよこれは。
川崎では試合前に歌うという話は耳にしていたので、楽しみにしていたんです。耳を傾ける価値はおおいにアリ。
「多摩川の明ける空から 聞こえる優しい鳥の唄~♪」、「微笑みは光のシャワー 鮮やかに心洗うよ~♪」
「新しい朝は生まれて 人々の軽い足取り~♪」、「好きです陽射しの似合う街 好きですかわさき愛の街~♪」
e0078069_885243.jpg

歌詞は知らないまでも、おそらく川崎市民150万人の全員が知ってると言っていい曲。
この曲、川崎市のごみ収集車のチャイムに採用されているので、これが聞こえてきて
「あ、ごみ出ししなきゃ」と反応する方も多いかと思いますw。ちなみに山本直純氏の作曲。
e0078069_885711.jpg

で、キックオフ。
やはりなかなかボールを支配できません。それでも決定打は許さないレノファ、頑張ってます。
そんな中、前半22分に川崎のエース、鄭大世が決めて先制!まあ、仕方ないよね。
「力の差があるんだろうなー」と思いつつ見ているとすぐさま反撃。
わずか1分後にレノファ柏原が見事なシュートを放ちボールはキーパーの手の先へ・・・うおおおおおおおお同点!
これはレノファサポ歓喜!感化されやすい自分もまるで前からのサポーターだったように感激したよ・・・。
その後も押されながらなんとか前半は見事1-1のままで終了。うおー、やるなあレノファ。
e0078069_89228.jpg

しかし、後半は川崎が怒涛の攻めを見せてきて、ほとんど川崎Fペースという感じ。仕方ないけれど。
鄭大世に2点を入れられハットトリック。しかも下げられてしまったよ。余裕の交替。
うーん、レノファもやや気持ちが切れてしまったかな。その後さらに3点を奪われてしまう。
でも、最後まで意地を見せてくれた。後半43分頃かな、コーナーキックのチャンスからシュートを放つもわずかに外れる。
これはねえ・・・後半がレノファサポ側へ攻めていただけに、目の前でのゴールを見たかったんだけどね。
でも、ここの動きは「諦めてない」という思いが伝わってきて素晴らしかった。
e0078069_89728.jpg

試合はこのまま結局6-1で終了、数字だけ見れば川崎が貫禄を見せた圧勝ですけど、レノファも存在感あったよ。
満足・・・ではないだろうけど、やりきった、という表情でレノファの選手がサポーターの前に整列し一礼。お疲れ様です。
その後、レノファ選手は川崎のサポーター前にも進み、深く一礼すると、川崎サポから大きな「レノファ山口」コールが何度も。
おおおお、これには結構グッときた。やばい泣きそう(いつもこればっかりw)。
その後、エール交換という形でレノファ側からも「フロンターレ」コール。レノファサポもきっといい思い出になったでしょう。
e0078069_891348.jpg

いやあ気持ちのいい試合でした。天皇杯っていいな。下位カテゴリチームが上位チームの胸を借りる場、
こういうのは全体のレベル向上に絶対必要なのにな。野球にもあればいいのに、
プロアマ規定がどうのとか本当にくだらねー。まあそれでも社会人との交流試合なんかは増えたけどさ。
で、試合終了後は神宮へ・・・。
e0078069_891864.jpg

★試合結果
川崎フロンターレ6-1レノファ山口
・得点者(川崎)
鄭 大世 22分、46分、54分 レナチーニョ 59分、77分 井川 祐輔 88分
・得点者(山口)
柏原 渉 23分
by NAVONA1971 | 2009-10-11 20:07 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(6)
いやいやどうも。
前日に仙台から戻ってきて、月曜日いきなりのハマスタですから、本来であれば行くことはないんですけど、
カープの緒方孝市外野手が今シーズン限りでの引退を表明したことを知り、
関東ビジター、今季カープ最終戦であるこの試合のチケットを買わずにいられるか、と。おそらく挨拶くらいはするだろう、と。
そうはいっても仕事でいろいろあって、夕方6時半頃に自分がいた場所は国分寺。
しかも結構雨がしっかり降ってる。でも日程を消化したいだけあって今さら中止にはしたくないんでしょう。
携帯で試合をチェックすると普通に始まってるし・・・。

しかし、国分寺から横浜スタジアムって本当に遠い。路線探索すると東京へ出てから東海道線、と。面倒だよ・・・。
幸いにも到着が5分遅くなるが湘南新宿ラインの快速経由もあるよう。
中央線で新宿へ出て、埼京線で大崎、ここまで先に来て湘南新宿ラインを待つ。
で、国府津行到着も、車内は大混雑、さらに中は蒸し暑く、窓ガラスは曇っている。なんで除湿しねえんだよ。
ここでドアが閉まると次は横浜まで開かない。速くていいと思ったが中の空気は淀んだまま。辛い時間。

それでも乗ってしまえば速いからひたすら我慢。なんとか横浜へ。そして、乗換案内より1本早い電車で関内へ。
関内では階段を駆け下りるカープのレプリカユニ姿の人や、カバンからメガホンが飛び出している人も・・・。
こちらもようやく、20時ギリギリに横浜スタジアムへ到着。試合はもう7回に入ろうかというところで、3-0でカープリード。
雨は気持ち弱まったけれど、傘なしではいられない。雨合羽は持参してないし、傘は他の観客の視界を遮るので、
最上段通路で観戦する。ガラガラかと思ったらとんでもない。レフト外野席は8割埋まってます。
とりあえず現地に到着した安堵でこれまでの疲れは飛んだわ。

まあ、試合経過はどうでもいいねw。
9回表、カープ関東ビジターファン最後の応援のシーン。リードを行う東京緋鯉会の方が、
冒頭、声に詰まり、両手で涙をぬぐう姿も・・・。カープファンからの大きな拍手で応援が始まります( ´Д⊂ヽ。
精一杯応援を指揮してきたシーズンも終わり、そして、緒方の姿を見られるのも今日が最後だからね。
9回裏は永川が相変わらず炎上しかかりましたが、なんとか抑えて勝利。

ルイスのヒーローインタビューのあと、レフトスタンドからは緒方の応援テーマが・・・。
「おがたー おーがーたー おがたー♪」
「この一打に 闘志燃やして 勝利の地へ 駆け抜けろー♪」いい曲なんだがな。
この声援のなか、緒方がライトスタンドへ向けて走ってきました。うおおおおお、おがたあああああああ。
横浜鯉恋組の「あこがれし緒方孝市」の旗も雨に濡れながら舞っています。今夜はカープファンの涙雨だわ・・・。
有志の方によって「23年間ありがとう、緒方さん」というシートも配られたようで、それを掲げる人もたくさん。

緒方は手は振って声援に応えたあと、深々とこちらに向けてお礼をし、また、手を振りながら3塁側へ去りました。
その後は3塁側FA指定席最前列通路前を、一人ひとりファンとタッチしながら進み、現役最後の関東ビジター戦を終えました。
長い間お疲れ様でした。来年からは二軍打撃コーチ就任が濃厚とのこと。
来年もまた由宇に行く理由?ができたなw。
e0078069_17573564.jpg
e0078069_17574089.jpg
e0078069_17574594.jpg
e0078069_17575113.jpg
e0078069_17575663.jpg
e0078069_1758227.jpg
e0078069_1758764.jpg
e0078069_17581270.jpg
e0078069_17581839.jpg
e0078069_17582459.jpg

★試合結果
横浜0-3広島
勝利投手 [ 広島 ] ルイス(11勝9敗0S)
敗戦投手 [ 横浜 ] 小杉(0勝1敗0S)
セーブ [ 広島 ] 永川(3勝6敗36S)
本塁打 [ 広島 ] マクレーン 18号(2回表ソロ) 、栗原 23号(3回表ソロ) 、ルイス 3号(7回表ソロ)

※次回の野球観戦は10/11(日)ヤクルト対中日(神宮)を予定しています。
by NAVONA1971 | 2009-10-05 23:54 | Comments(0)