<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

金曜は朝から気持ちを重くさせるには十分なほどのクレーム問題浮上。
あーあ、ったく・・・。ひとつ解決すりゃまたひとつか。最近この会社への対応だけで、
一日の労力の何割かは削がれてるな。そろそろ根本的にどうにかしないといかんだろ・・・。
こちらが対応に思案しつついろいろやってる中で締りのねえ顔しながら
仕事してんだかしてないんだかよくわかんねー役員連中がフラフラしてるの見てると気分悪くなるな。
毎度毎度言うがウチの会社は本当に甘いからな・・・。オーナーさんは心から尊敬できるいい人なのに。
17時過ぎに会社近くのおいしいやきとん屋へ行って18時目処に持ち帰りを注文しておく。
定時退社を狙ったが開発部とそのクレーム問題でヒアリングやらなんやらで脱出できず。少し遅れて出る。
やきとん屋でホカホカの串焼きをもらって神宮球場へGO。
すでに18:20なので、永田町で降りて自民党本部前からタクシーを拾う。会社からじゃ高いからさ。
e0078069_118437.jpg

やや青山通りは車が多い。見附の立体から青山一丁目交差点までが少し滞る。
タクシードライバー氏としばし雑談。なんと夫婦で神宮の年間指定席を持って観戦した過去もある筋金入りの
ヤクルトファンとのこと。「いやあ特にカミさんが熱狂的でね。今は還暦過ぎたんで以前ほど行かなく
なりましたけど、若松監督で優勝した頃は神宮主催試合全部観たしねえ」。すげえw。
「巨人も最近は育成してるねえ、松本とかも伸びてきてるし」・・・。おじさん詳しいねえw。
そんな話をしているうちにいちょう並木通りを過ぎ、神宮外苑外周道路へ出て、無事到着で1160円。あ、結構いったなw。
今日はドラゴンズファンの義兄と観戦するため、レフトポール際でまったり。義兄は先に到着。ようやく合流。
まずは乾杯。試合は今んとこ1-0でヤクルトがリード。先発は館山と吉見。
e0078069_1184983.jpg

しかし金曜の試合とはいえ、平日でよくぞここまで入った。外野は両翼ともかなりの入り。
巨人戦以外でこれだけ入るのは嬉しい。今年のヤクルトはよく入ってる。去年はポール際なんてガラガラだったし。
いやあ、冷夏のお陰か、観戦していて涼しくて助かる。例年なら熱帯夜でしょう。真夏のナイターなんて。
そうそう、そして4回裏、ブランコが館山から死球。まあ当然のことながらキツい内角攻めになりますよね。
レフトスタンドからは大ブーイング。かなり長い時間治療にとり、1塁ベースへと向かうが大きくスタジアムが沸く。
その時余所見していて気付かなかったんだけど、義兄が言うのはベンチを出て一旦館山の方へ向かってから
コースを変えて1塁に行ったらしいw。あはは。昔もそんなことした助っ人選手いたよねw。
5回表終了時は夏の神宮ナイター恒例の花火打ち上げ(300発)。いいですね~。屋外球場観戦の醍醐味です。
e0078069_1185679.jpg

花火打ち上げ後、風向きの関係で煙と灰が神宮球場に入り込み、少し試合が遅れる。座席も灰がチラホラ。
そうそう、例の竜心連合会、応援不許可問題の影響で今日の神宮も中日は応援団はナシ。
ファン有志による自主的な応援活動が行われています。許可団体以外の応援リードは禁止なので、
それに抵触しない範囲で、ファンのうちでも特に熱心な人がコールなどをとりまとめているようです。
そんな方々を通路で見たけど、いやあ、みんな熱い。森野の応援歌を刺繍したりしてさ・・・。
驚いたのはドラゴンズブルーのチャイナドレスを着てる女性。そして背中には「野本圭」ってでかい刺繍w。すげーw。
e0078069_119249.jpg

1-0で迎えた6回裏、ヤクルトは田中浩、ガイエルを置いて畠山がレフトへタイムリーで2点追加、3-1に。
一方、さすがにそのままでは終わらない中日は7回、藤井、小池の連続ヒットから谷繁のツーベースで2点を返す。
そして9番吉見のところで代打立浪のコールにレフトスタンドはこの日一番の盛り上がりを見せます。
なんつーか、形だけの出場ではなくて、実際に数字も残してるからね、チャンスにも相変わらず強いし。
「ミスター・ドランゴンズ」ですものね。私の前にいた立浪ユニもこんな形でエキサイトして応援していますw。
裸足なのにはワロタw。でもこの人、中日ファンのグループというか、同僚っぽい人たちで観戦してたけど、
いいなぁ、そういうの。同じ会社に同じチームのファンの人がそんなにいるなんて・・・。弊社イーグルスファンは私だけw。
立浪の当たりはセカンドを痛烈に襲う速い打球。それを田中浩がスーパープレーで好捕、結局2ゴロで谷繁は残塁。
e0078069_119957.jpg

7回裏は東京音頭が流れます・・・。なぜかレフトのドランゴンズファンも歌う人多数でワロタw。
空模様が微妙だったこともあり、傘を持ってきた人も多いようで、こうやって傘を掲げる人まで。
きっと踊りたくなるんでしょう・・・。自粛傾向の「くたばれ~読売!」の部分を強く歌う人がやっぱり目立つ?
e0078069_1191539.jpg

試合は結局、9回、林昌勇が出てきてきっちり3人で抑えて万事休す。3-2でヤクルトが勝利しました。
ただ、中日にとっては巨人も今日負けたので、ゲーム差は変わらず。
他球場の途中経過がスコアボードに映り、巨人の敗戦が伝えられた際も、大きくスタンドが沸きました。
試合終了後はドラゴンズファンの義兄にとっては反省会?スワローズファンの私にとっては祝勝会?
最初は新橋の「へそ」にしようか、という話もあったんですけど、帰りがラクな方がいい、ということになり、
ちょうど急行も来たし、溝の口へ出向くことに。試合終了が早かったこともあり、21時半過ぎには溝の口着。
ホルモン焼肉屋さんで一杯・・・っていうか飲みすぎた。別に酔ってはいないけど、
球場でビール4杯飲んだし。ここでも・・・3杯だっけ、2杯だっけ・・・。
e0078069_1192170.jpg

義兄と観戦する際はいつも姉が一緒で3人の観戦パターンでしたが、今日は姉が歯医者?だとかで二人。
二人だけで呑むのは久しぶりだなあ。確か結婚一年目の時、品川で待ち合わせて地元で呑んだっけ。
なんというか、身内として話をするというよりは、今日はサラリーマンの先輩として話を聞いた感じかな。
彼は大手企業で長らく勤務しているけど、そうしたところにありがちなことなかれ主義やなあなあ路線とは一線を画す
タイプの人なので、生き様が参考になります。私より嫌な思いとか腹立たしい思いなんてどれだけしているか・・・。
それでもやっぱり、働かなければならないわけで・・・。改めて自分の問題が小さく見えるとともに、前向きになれました。
まあ、そんなマジメな話の一方で、プロレス話もよかったんですけど、楽しめましたw。
しかし呑んだなぁ、久々に結構呑んだ。ご馳走様でした。
e0078069_119279.jpg

★試合結果 ヤクルト3-2中日

勝利投手 [ ヤクルト ] 館山(12勝2敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 吉見(10勝4敗0S)
セーブ [ ヤクルト ] 林昌勇(3勝1敗23S)
・バッテリー
中日バッテリー 吉見 、河原 、パヤノ - 谷繁
ヤクルトバッテリー 館山 、林昌勇 - 相川

※次回の野球観戦は8/1(土)ヤクルトvs中日を予定しています。
by NAVONA1971 | 2009-07-31 23:08 | プロ野球観戦記 | Comments(4)
ここ数日、とタイトルにはあるけれど、ここ二週間くらいのいろいろなこと・・・。
先々週金曜は記者クラブ在籍時に同部屋だったST氏と高田馬場で呑み。
よく行かれているという、いい雰囲気の居酒屋があったけれど残念ながら満席で、別の小ぶりな店へ。
自分があのクラブにいたのはもう13年前なんだよなあ。ついこの間ことのように思い出すけれど。
皆さんにかわいがってもらった記憶しかありません。まだ今より時代に余裕もあったし。
私は当時最新鋭(といっても分厚かった)のNEC、98ノートでもっともらしく原稿を書いてたんだけど、
手書きで仕上げる自信がなかったんだよね。なんつーか、PCやワープロだとヘボ記事でもまともに見えてしまうんだよな。
一方、ST氏は鼻歌まじりとまでは言わないまでも、軽快に淡々とさらさら手書きで綴っていたことを思い出します。
本当に書ける人は、ああなのでしょう。私が書く世界から足を洗ったのは賢明な判断でした。
e0078069_22452423.jpg

二時間ほど呑んだあとは、ST氏の住まいがある早稲田方面へ散歩しながら帰途に。
ST氏と別れたあと、一旦自分の会社の方へ戻って、いつものルートで帰宅しようと思ったんだけど、
都電荒川線の面影橋電停が近いことに気付く。だったら鬼子母神まで乗って、雑司が谷から地下鉄で帰ろう。
夜の路面電車って、風情があって素敵です。広島に行った時もそう思ったなあ。
闇の中を明るく照らされた小さな箱が人を乗せてガタン、ゴトン進んでいく感じが味わいあってさ・・・。
e0078069_22453027.jpg

雑司が谷からは副都心線で渋谷。渋谷からは東横線で帰宅。開業してしばらく経ちますが、
まだこの路線は定着していないようで、混雑度も低め。それでも西武・東武線方面は立ち客がチラホラ。
新宿3丁目あたりから、帰るには随分とラクになったもんね。
e0078069_22453637.jpg

電車で見かけた車内広告。なんだか露骨なネーミングがトホホだよなあ。
自ら「ハイッ、僕は草食系男子です!」なんて言うヤツがいるかよww。くらたまのトークショーってのもなあ。
なんてグダグダ文句言わずに出た方がよかったのかなw。
でも、「好きじゃあああああ」って叫びたくなるほどエネルギーが出るような恋愛したいっすねー。
もうそんなパワー微塵もありません。諦めも本当に早いし。ああ、そう、ダメ、あっそ。って感じでw。
熱意もなにもあったもんじゃないw。どんどん淡白になっていくな・・・。
去年の今頃、川崎の居酒屋バイト、I嬢に会いたいがために通ってた自分が懐かしい・・・w。
e0078069_22454570.jpg

先週は東京ビックサイトで某展示会を見学。その前に勝どきのお客様に用事があったもんで、
豊洲に一旦出て、ゆりかもめで国際展示場正門。帰りもゆりかもめで新橋。
途中からはフジテレビの「お台場合衆国」(だっけ?)とかいうイベント会場が見えたり・・・。あんま人いないね。
今さらお台場ってのもねえ。ただ、台場駅は賑わってました。そういえば、と思い流れる車窓に視線を送ると・・・ガンダム!
e0078069_22455076.jpg

あとはお客様から調べ物を依頼され代々木の某所へ。古びたつくりのパン屋さんにふっくらとしたコッペパンが並んでいる。
思わず買ってしまう。コロッケ入り。ふわふわして素朴な味。
調べてみると文明軒というお店。結構、パン通の中では有名なお店らしい。
別に特段おいしいわけじゃない。だけど、なんというか、昭和だな。学校給食を思い出させる。
無地の白い紙袋(ほら、むかしよくパン屋さんであったでしょ、薄い紙で)に入れてくれるのもまた風情がある。
e0078069_22455743.jpg

市ヶ谷駅総武線ホームから見えるこの広告・・・いつか立ち寄ってみるか、塩ちゃんこ。
しかし、私のような男がちゃんこを食べると力士そのも・・・ゲホンゲホン・・・。
e0078069_2246224.jpg

同じく調べ物で船橋市役所へ・・・。途中にあるパン屋さんで見かけたアイスぱん。
残念ながら食べることができず・・・。素通り。いつかチャレンジしてみましょう。
e0078069_2246824.jpg

やや商談が夏枯れ気味。ある意味これからの営業体制を整えるチャンスの時間でもあるような気がする。
こんな時にしかできない調べ物をしに広尾・有栖川公園内にある都立中央図書館へ。
ここには記者時代から本当にお世話になってますわ。今でこそネットがあるから来る頻度は減ったけど。
ただ、ちょっと不便なのがねえ。日比谷線の広尾駅からだと坂道だし、六本木からはちょっと遠いし・・・。
e0078069_22461428.jpg

有栖川公園の中はとても都心とは思えない静けさで、深い緑に覆われています。
驚いたのはカラスがやたらいて、枝で休んでいるどころか、スタスタ地面を歩き回ってること。ここが活動拠点らしい。
「カラスからの攻撃に注意してください」なんて看板まで立ってる。ちきしょー、生意気だよなあカラスは・・・。
e0078069_22462044.jpg

広尾駅前交差点で大きい入道雲を空にみつけて思わず1枚。夏って感じですね。
e0078069_22462547.jpg

やべえええ、8/5発売かよー! 特典がDVDらしいからなあ・・・。
e0078069_22463065.jpg

by NAVONA1971 | 2009-07-29 22:51 | 呑む・食べる・話す | Comments(2)
いやいやどうも。
今日は、ニッパツ三ツ沢競技場で開催されるJ2、横浜FC対東京ヴェルディを観戦します。
ホーム自由席はまだちょっと敷居が高いので、向正面のA自由にしようかと思ったけれど、
入退場の際、ぐるりとスタンドを回らないといけないのが面倒なので、500円しか変わらないから真正面のS自由で。
前売で3500円はさすがに高いね。買う時にちょっと躊躇したけど、目をつぶって前日購入。
本来なら自転車で行くんだけど、風が強い。これは暑さよりしんどいんだよねぇ、なので断念。
前日同様のメニューをスポーツクラブでこなしたあと、地下鉄で三ッ沢上町。
e0078069_2381329.jpg

駅前のコンビニに立ち寄ったあと、坂を上り、三ツ沢球技場へ。
ネーミングライツでばね製造メーカー大手のNHK(日本放送協会じゃないよw)日本発条が権利を取得、
「ニッパツ三ツ沢球技場」となりました。横浜に工場もあるから、ふさわしいですよね。きちんとした会社だし。
チケットをもぎってもらい中へ。ここに来るのは昨年11/22の対ベガルタ仙台戦以来。あの日より空いているかな。
今日は勝てるかなあ、前回は先制したものの、ロスタイムで追いつかれ2-2の引き分け。
e0078069_2381951.jpg

スタンドを見ると、うーん、東京サポが目立つね・・・。声もよく出てる。
横浜FCのサポって、もちろんゴール裏は他チーム同様のサポーターだけど、ほかは座ったまま落ち着いた感じが多い。
でも、結構みんなちゃんとユニを着てて、いいプレーには拍手を送る。なんか上品で好きです。
しかし、横浜FCは現在、J2で最下位。今日の対戦相手の東京Vは遥か上の6位・・・。
でもね、結果論じゃないんだけど、スタジアムの雰囲気が「なんかやれそうじゃない?」って感じだった。
試合開始直前、スタジアムDJ(でいいの?)が「今日は絶対に負けられない!」って煽ってたけど、そうそう、って。
ちなみにカズはベンチでのスタート。
e0078069_2382470.jpg

で、キックオフ。
やや横浜FCが押しています。技術的なことは私、わかりませんw。
そんな中、前半23分、小野智吉が頭でゴールを決めて先制!うそーん、まさかこちらが先に点を取れるとは!
さらにその4分後、八角剛史がこちらも頭で決めてなんと2-0。しかしサッカーでゴールが決まる瞬間は最高だね。
思わず立ち上がってうおぉぉぉぉってなっちゃったよ。どうしちゃった横浜FC、つええええぞ。
動揺する東京Vサポ。ドラムの音が一段と大きくなり、選手を鼓舞します。
2点を先制されたから?東京V選手の動きが荒さを増してきた感じ。激しく体をぶつけてきます。
そんな中、横浜FCにFKのチャンスが・・・。そこで安孝錬が直接決めてなんと3-0!!!これにはびっくり。
というか、三ツ沢のような観客席とピッチが近いスタンドで、ゴール3回も見られるなんて!入場料が安く感じたわw。
さらに押せ押せのムードで前半は終了。横浜FCサポはみんな笑顔です。痛快でしょうしね。
e0078069_2382960.jpg

で、後半。
後半はカズが入ってきました。うひょーw。ミーハーだが見られて良かった・・・。
インターバルで気合を入れてきた東京Vはやや攻めに回り、横浜は防戦。
後半30分頃かな、大黒将志(てか、失礼ながら東京Vにいたとは知りませんでしたw)が横浜FCキーパー大久保へ
激しくアタックし、大久保は倒れ込んでしまう・・・。そこでブーイングの横浜FCサポに対して大黒はなんと
耳に手を当て「きこえねーよ!」また、手で煽るように「もっとやってみろ!」と言わんばかりのポーズ。
これはマズいね。普段おとなし目?な横浜FCサポは激高。ペットボトルも投げ入れられ、
正面スタンドからも大黒へブーイング・・・。ちょっと性格悪いなw。
治療を続ける大久保を見ながら、一時はカズが「オレがキーパーやるしかねーか?」
と、グローブを持ち、まさかのための用意もしていたんですよね。
選手交替がもうできなかった?いなかったから?.大久保は治療後試合出場を続けるもかなり足が痛い様子。
その影響もあってロスタイムにその大黒に決められてしまう・・・。さすがJ2得点王、元・日本代表だなーー。
でもゴールしたあとわざわざ裏に回ってまたもや横浜FCサポを煽るw。
なにやってんだよ大黒ww。しかも相変わらず金髪なんだな・・・DQNっぽく見えるからあれは控えた方が・・・w。
結局、試合はそのままで終了、3-1で見事横浜FCが東京Vを撃破。気持ちのいい勝利でした。
なお、画像ですが、Jリーグは選手の肖像権に敏感だそうで、どうやらスタジアムの全景とか、
遠くから雰囲気だけを撮ったようなものはセーフらしく、そのようなスタンスでチョイスしたことをご了承下さい。
e0078069_2383567.jpg

★試合結果
横浜FC 3-1 東京V
・得点者
23分 小野 智吉
27分 八角 剛史
38分 安孝錬(アン・ヒョヨン)
89分 大黒将志
by NAVONA1971 | 2009-07-26 23:12 | サッカー観戦記 | Comments(4)
いやいやどうも。
プロ野球はオールスター開催ってことで、二軍の試合ももちろんない。ちょっと寂しい週末です。
午前中、スポーツクラブへ。その前にコンビニで明日の三ツ沢競技場(J2)のチケットを購入、横浜FCvs東京ヴェルディ。
そうそう、夏季水泳教室開催中のためプールはこの時期、コースが狭くなる。
なので、ジムにてウォーキング+腹筋など。久々に60分歩き切る。
そして、午後はポタリング。川崎方面へ。川崎競輪のサマーナイトフェスティバル(G1)にアントニオ猪木がゲストで来るんだとかw。
一度見てみたい、猪木をww。ちょうど、競輪場の隣にある、神奈川県立川崎産業図書館から本を借りていたので、
それも返さないといけない用事もあった。ちなみに丹下健三の追悼というか、半生の本とか・・・。
近くの公園では自治会が夏祭りの準備に忙しい。やぐらも完成、あとは夜を待つだけかな。
e0078069_22255436.jpg

そして川崎へ。これはロッテの本拠地だった川崎球場の照明塔。
現在は当時のスタンドが取り壊され、フィールドは人工芝となったもののアメフトの会場として主に利用され、
野球は軟式に限って使うことはできるものの、マウンドはなく、当時の面影を残すものはこれくらい。
この照明塔は、川崎球場の試合を幾度となく照らしてきたんでしょうね。ほら、あの1988年の10.19とかも。
私が初めてここに来たのは小学校5年生のGWだったかな。対阪急戦。落合のサヨナラHRでした。それ以来の信者w。
その後、学校帰りに観戦したこともあったけど、小雨が降りしきり秋の消化試合で、観客が34人ということがあった(340人じゃないです)。
指差して数えられるほどしかいない。まあ年間席として売れて分はあるんだろうけど。金網越しにブルペンの投手へ
話しかけたりしたこともあったな。そう、去年まであった広島市民球場みたいな所だったんです。
e0078069_22255879.jpg

図書館へ本を返したあとは、近くの川崎富士見公園内にある市民ガーテニングスペース、「はぐぐみの里」へ立ち寄る。
最近、お気に入りの場所です。スズメやヒヨドリが水浴びをしている姿を撮りたかったもので。
今日は暑いから、きっとジャブジャブやってるだろうと思ったんだけど、いつものところに鳥の姿はなし・・・。
e0078069_2226424.jpg

派手さはないのですが、小ぶりながら美しく咲く花が点在するのが「はぐぐみの里」の魅力です。
e0078069_22261266.jpg

ひょうたんが生っているのを初めてきました。愛嬌がある形ですよねえ。
e0078069_22261790.jpg

トマトも・・・。いい感じに色づいてきました。自然って素晴らしい!まさに「はぐぐみ」の里です。
e0078069_22262284.jpg

小ぶりどころかかなり小さい花・・・。ここは毎日でも来たいところです。
e0078069_22262765.jpg

まあ外は暑いもんで、ポタリング恒例の銭湯です。着替えやシャンプーは持ってきてますから。
いつも川崎といえば、先日もブログに書いた「中島湯」ですが、今回は川崎大師にある「吉野湯」にします。
何度もここの前を通ったことがあって、気になっていたんですよね。ようやく機会に恵まれました。
間口が銭湯にしてはかなり狭いので、正直見た目で期待していなかったというのもあったんですけど。
あ、猫がいますね・・・。
e0078069_22263233.jpg

ややメタボで、お腹をべったり地面につけて休憩中。看板娘ならぬ看板猫。しかし毛並みがいいね。
自転車を止めようとするとちゃんとどいてくれる気遣い?を見せてくれました。
e0078069_22263752.jpg

中に入りたそうな雰囲気がアリアリ。
e0078069_22264277.jpg

と思っていたら振り向かれちゃったな。
ドアをするすると開け、先に中へ入るよう促すも・・・動かず。あれ、入らない?あくまでお客さん優先?
で、450円+石鹸30円+ひげそり20円合計500円を払い中へ・・・。やや小さめだが清潔で雰囲気はいいね。
お客さんは三人ほど。建物は古そうだけど、ちゃんとリフォームと手入れがしてあって佇まいがよい。
湯船はやや熱めとぬるめの炭酸泉の二つ。いやー、気持ちいい。本当に気持ちがいい。
やっぱりぬるめは合うなあ。いつもよりゆっくり目に過ごし、最後は脱衣場のエアコンで体を冷やす。最高だね。
e0078069_22264773.jpg

フロントのおばさんに恒例の謝意、「いいお湯でした~」を伝え外へ。
吉野湯から少し、川崎とは逆方向へ進んだところにある酒屋「栃木屋」へ。ここは立ち呑みもやってます。
ハイリキレモンと魚肉ソーセージの組み合わせ。よく冷えていてうんまい。
e0078069_22265346.jpg

安全運転のため呑んだあとは休憩、そのあとゆっくり川崎競輪場へ向かう。
途中で見かけたのはここ。営業時間終了かな。歩く人の姿もまばらな川崎大師。
e0078069_22265952.jpg

境内から夕方の空を見上げる・・・。明日もよい天気になりそうです。
e0078069_2227556.jpg

川崎は猫の多い町なんですよねえ。ちょっと歩みを進めるとこうやって・・・。あ、安眠妨害しちゃった?
e0078069_22271119.jpg

最後は川崎競輪場へ。19:20からお待ちかねのアントニオ猪木トークショーw。
競輪のメッカ、川崎でのG1ということもあり、近年の凋落振りを忘れさせるかのごとく、混雑している場内。
夏休みのせいか、子供たちも駆けずり回っているが、あんまりよくないだろ教育上ここはwww。
モツ煮込みを頬張るガキんちょを見ると、西原理恵子の「ぼくんち」を思い出す(わかってくれる人だけでいいですw)。
で、”猪木効果”か、7レース終了後に開催と放送があったものの、
レースそっちのけでイベントステージ前は10分以上前から人だかり。そして・・・いよいよ登場です。
当然ながらテーマ曲はあの・・・「炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~」。シビレるなあ。
観客からは曲にあわせて「イ・ノ・キ!」コールです。かっこええええええwwwww。
すでに雰囲気はプロレス会場w。さっそうと猪木がキターw。

猪木「みなさーん、元気ですかーっ!」
観客「おーっ!」
猪木「元気があれば何でもできる!」
観客失笑www。
e0078069_22271760.jpg

しかしアントニオ猪木のトークは面白いw。
MC「猪木さん、自転車には乗りますか?」。
猪木「昔ねえ、青山墓地の下り坂で自転車乗った時におじいさんとぶつかって骨折させて350万とられてねー」。
観客失笑www。

MC「猪木さん、自転車はお好きですか、今はいろんなタイプが発売されているんです」。
猪木「自転車はいいけど、自転車操業はダメですからね」。
猪木「私なんか借金だらけで自転車操業ですが、こうして声をかけて下さる。”風が吹けば桶屋が儲かる”
ではなく、”風が吹けば猪木が儲かる”なんてことを・・・」。
観客失笑www。

MC「こうして見ても猪木さんのお肌はきれいなんですが、健康の秘訣は?」。
猪木「いやあ、これはさっきパックやったんですよ(頬に手を当てながら)」。
観客失笑www。

MC「車券を買ううえでのアドバイスを皆さんに」。
猪木「迷わず買えよ、買えば判るさ」。
観客失笑www。

隣にいるのはあの中野浩一。
中野「猪木さんと初めて会った時は六本木の飲み屋だったんですけど、”猪木です”って
スッと立って挨拶してくれて、あ、礼儀正しい人なんだなーって」。
猪木「いや、ああやって立って挨拶したのはあの時だけです」。
観客失笑www。
e0078069_22272347.jpg

ちなみに猪木は隣町、鶴見の出身ですからね。川崎競輪は45年ぶり、当時は同じくレスラーの
豊登に誘われて来たそうです。
競輪選手を見て「気合が入ってるね、(一方で)最近のプロレスラーはただ筋肉だけつけたような連中ばっかだから」と嘆きも挟む。
で、トークショーの最後はアレ・・・。一発いきますかー!
「1、2、3、ダーッ!」。そして観客からの溢れるような猪木コールの中、壇上から消えていきましたw。
ナマで見られてよかった(のか?)ww。
あ、猪木に夢中でレースも見てないし車券も全く買ってなかったわw。
いやあ、猪木のトークは最高でしたわ。
e0078069_22273178.jpg

by NAVONA1971 | 2009-07-25 22:27 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
5時過ぎに中日の練習は終了。フェンス際で立ち見できるのもこの時間まで。
自分の席に戻り、試合開始を待ちます。そして、5時15分、バッテリー発表。中日が川相、横浜がグリン。
外野席は両翼とも超満員となりました。さすが連休の真ん中だけあるわ。
e0078069_2155454.jpg

陽も長いですね。そして、夕焼けがキレイでした。みなとみらい方面の空が薄く、明るく光ってた。
ああ、こういう景色を目しながら呑むハイリキレモンが旨い・・・。普段ハイリキ呑む機会があんまりないし。
これがおにゃにょことの観戦ならどれだけよいことか・・・いや、う氏との観戦も十分楽しいがw。
ハイリキの話に戻って、400円という良心的な価格も素晴らしい。売り子は男ばっかりだけどねw。
e0078069_2155988.jpg

う氏が買ってきてくれたプロ野球カードチップス。封を開けると・・・なんとイーグルス選手がw。
やっぱプロ野球観戦にはネタとして欠かせないなあ、カードチップス。
e0078069_21551472.jpg

今回座ったのは1塁側B指定席。バックネット斜め上方ですが、全体を俯瞰できてなかなかいいです。
これで階段さえ急じゃなければ・・・。実際危ないもんなココ。買い物も面倒だし。
e0078069_21551953.jpg

陽が沈んでいくにつれ、ますます輝きを増す空。周囲のビルに夕陽が当たり、オレンジ色に染まります。
e0078069_21552415.jpg

ハマスタはこのくらいの時間、風景がすごくきれいなことがあるんだよね。
試合が冒頭静かなこともあり、空の方へ見とれてしまいます。
e0078069_21553072.jpg

夜7時頃、さらに空のオレンジ色が強まって、雲との対比も美しいです。
e0078069_21553563.jpg

ドーム球場では味わえないこの光景。そして、今日は昨日より風も冷たく、とても心地よい。
穏やかだった試合が動いたのは4回。ブランコがセンターバックスクリーンへ大飛球。フェンス上で跳ね返ったように見えたが、
塁審は「HRではない」と判断。前日に続いて落合監督の抗議が・・・。
その後、藤井のタイムリー、中村の犠牲フライで2点を先制。やっぱり中日が試合の主導権を握ります。
e0078069_2155406.jpg

3塁側内野席に空席が目立つので、二人で移動します。どうもこの球場の1塁側は慣れないせいか落ち着かない。
移動する際、バックネット裏を通って。そのついでに真正面から1枚。
e0078069_21554578.jpg

そして、5回、再びブランコに打席が回ってきます。
さきほどはHR性の当たりを放つもツーベースになりましたが・・・。もう、打つ気マンマンですねw。
e0078069_21555090.jpg

そして、ガツンとひと振り。ブランコの打球はレフトビジターに集まるドラゴンズファンの歓喜の声のさらに上を・・・。
ボールはレフト場外へ、真っ暗な夜空のもと、横浜公園内へと消えていく27号2ランホームラン!
ブランコすげええええ。こんなHR、ジャーマンの場外弾、あれ、2007年だっけ、あれ以来だなー。
球場内、観客のざわめきが止まらない。みんな興奮気味です。そりゃそーだよなあ。
e0078069_21555628.jpg

このままじゃ3タテされてしまう横浜にも意地が。昨日、一昨日と連続完封されてますからね。
2-2で迎えた7回、吉村ヒット、山崎四球で1、2塁となったところで川井は降板、リリーフのパヤノもジョンソンへ四球。
これで1死満塁のピンチ。中日は浪人生活から奇跡の復活を遂げた河原をマウンドへ送ります。
河原は金城を犠飛、下園を右飛に打ち取り、横浜に傾きかけていた流れを食い止めます。
飄々としたあのマウンドでのスタイルを久しぶりに見ました。懐かしいなあ。よくぞ抑えた。
e0078069_2156178.jpg

そして8回、1死満塁のチャンスで河原に打順が回ったところで、代打にミスタードラゴンズ、立浪登場!
e0078069_21567100.jpg

「バッター、河原に代わりまして、立浪」---。
ウグイス嬢のアナウンスが伝え終わらないうちに3塁側、レフト側から大歓声。
こんな感じで内野席のお客さんまで立って立浪の登場を喜びます。すごいねー。
その立浪は期待に応えセンター前に渋く抜ける2点タイムリーを放ち6-3とダメ押し点を呼び込みます。
e0078069_21561454.jpg

これで勝負が決まったか。
金曜日12-0、土曜日7-0、そして今日が6-3。ベイスターズファンもかなり席を離れました。
比較的埋まっていた1塁側FA、S、A指定席に空席が目立ち始めた終盤・・・。
e0078069_21562020.jpg

そして、9回には当然というか、勝ちパターン、中日の守護神、岩瀬がマウンドへ。
またまた立ち上がる内野席のファン。しかしドラゴンズファンも熱いねー。外野と大して変わらないね。
しかし、その岩瀬、先頭の吉村にツーベースを打たれ、さらに2死後、石川に四球で1、2塁。
ここで代打金城を迎えます。勝負強い打者ですから、嫌な雰囲気ですよ。
e0078069_21562683.jpg

金城は初球を打ちレフト線への大きなフライ。私の席からは死角でしたが守備固めに入った小池が好捕!
これ、落ちてしまえばフェアだったらしい。彼のファインプレーで試合終了、谷繁が嬉しそう。
e0078069_21563346.jpg

岩瀬、当たり前のように抑えて戻ってきます。川井が周囲から促されてタッチの列の先頭へ。
しかし落合野球の強さを見せつけられたこの土日でした。
e0078069_21564050.jpg

ヒーローインタビューは10勝目を挙げた川井。「打者の皆さんのお陰です」と低姿勢w。
「恥ずかしくないような投球を」と、オールスターへの抱負も語ってくれました。
e0078069_21564865.jpg

両チームとも継投策だったもので、試合終了が結構遅かったです。あと15分で22時ですね。
e0078069_21565534.jpg

★試合結果
横浜3-6中日
勝利投手 [ 中日 ] 川井(10勝0敗0S)
敗戦投手 [ 横浜 ] グリン(2勝10敗0S)
セーブ [ 中日 ] 岩瀬(1勝2敗26S)
本塁打 [ 中日 ] ブランコ 27号(5回表2ラン)

※次回観戦は7/22(水)西武vsORIXを予定しています。
by NAVONA1971 | 2009-07-19 23:54 | プロ野球観戦記 | Comments(2)
いやいやどうも。
昨日は中日が完勝したわけですけど、今日も行きます、ハマスタへ。
最初はいつもの通り、自転車で向かおうとして走り出したんだけども、とにかく風が強い。
体が大きいと風の当たる面積も大きいもんで、暑さもあってこりゃ無理だな、と予定を変更し京急鶴見の駐輪場にチャリを置く。
普通電車で黄金町へ。伊勢佐木モール裏手にある銭湯「利世館」に立ち寄る。ここに来るのは初めて。
歓楽街のド真ん中。風俗店の店員がしきりに声をかけてくる。落ち着かないなあ。

客引き「おにーさん、写真だけでも見て!いいコいるから!」
だま「いや、”普通の”お風呂に行くんでw」と利世館を指差す。

結構広い湯船。あー気持ちいい。最後は定番である水風呂にてスッキリ。ここから歩いてハマスタを目指します。
「ガツンとみかん」を食べつつ今回一緒に観戦する旧友、いわかつ氏こと”う氏”との待ち合わせ場所へ。
e0078069_747082.jpg

今日は内野のB指定席。開門時刻が15:45と外野席より15分ほど早い。
なんでこんなに早く来たかと言いますと、練習風景を撮りたいからです。練習中はフェンス際に行ってもOKなので。
開門間近の外野席は長蛇の列。ドラゴンズファンも熱心だ。
e0078069_747615.jpg

で、早速いわかつ氏と合流し、入場。二人とも一眼レフを持参なので、今日はひたすら撮影。
サードで守備練習をしているのは森野。
e0078069_7471317.jpg

打撃練習用のゲージ裏で落合監督と談笑するのは解説者の関根潤三氏と田渕幸一氏。
e0078069_7471926.jpg

確かめるように何度もスイングしているのは好調を維持している和田。
e0078069_7472551.jpg

そして、注目の的、ブランコ。いやあ、練習風景を見てもマジメ。真剣な顔つきでスイングを繰り返す。
e0078069_7473124.jpg

森野かっけーなあ。この3連戦もとにかく森野ユニが多い。井端ユニは結婚してから減ったような気がするw。
e0078069_7473787.jpg

その井端。実は彼、川崎市出身なので、ハマスタは準ホームのようなもの。
地元の少年野球チームに対して「井端弘和杯」を主催し、地域貢献も行っています。
e0078069_747455.jpg

他の解説者じゃこうはいかない?さすが、御大、関根さんの存在のせい?落合監督も笑顔で応じて和やかムード。
e0078069_7475085.jpg

守備練習のあとはすぐにバッティング練習。3番を担っていますから、責任は重大ですもんね。
e0078069_7475624.jpg

井端~!まさか河野アナと結婚するとはなぁw。河野アナ、井端ファンだったもんなぁ。
e0078069_748221.jpg

ブランコがバッティングゲージへ。ファンの拍手に迎えられて・・・。ピンポン球のように打球が飛んでいます。すげーw。
e0078069_748936.jpg

田渕氏に何を言われたのかな?森野は苦笑い。
e0078069_7481961.jpg

しかしブランコのスイングは鋭い。あの重いバットが軽々くるくる回るからね。フォームもウッズと似てるなあ。
e0078069_7482730.jpg

打撃練習が終わったあとも再び軽めのスイングをしてフォームを確かめています。真剣でよく練習しますわ。
e0078069_7483550.jpg

”アライバ”コンビでお馴染みの荒木。こちらも笑顔ひとつ見せずに練習。中日のこうした動きは引き締まってる。
e0078069_7484343.jpg

落合監督が軽めに素振り。あぁ、懐かしいな現役時代。でも痩せたなあ。足がずいぶん細くなった。
e0078069_7485023.jpg

愛弟子森野にアドバイス?ツンデレ気味に森野へ接する落合の愛情がまた、いいんだよなぁ。
e0078069_7485865.jpg

余裕を見せるのはべテラン谷繁。39歳を迎えますが衰えを見せず。石嶺コーチも懐かしいなぁ。
e0078069_7491297.jpg

井端、森野とともに語り合っている背番号71は川相コーチ。
e0078069_7491947.jpg

確実性の高い打撃陣を実現しているのは落合監督とともに指導者としての評価も高い石嶺コーチ。
なにせ彼も現役時代素晴らしい選手だったもんねー。内角打ちが特に上手だった。
e0078069_7493017.jpg

外野の守備練習のために臨時?ノッカーを務める谷繁。打球を飛ばすのがうまいわ。
e0078069_7493758.jpg

守備練習でようやく笑顔を見せたブランコ。バットだけでなくグラブ捌きも軽快ですね。
ファンからのブランココールにひょこひょこ頭を何度も下げていたのがかわいかったw。
e0078069_7494540.jpg

さあ、いよいよ試合開始です。試合編は追ってアップします。
by NAVONA1971 | 2009-07-19 23:46 | プロ野球観戦記 | Comments(0)
いやいやどうも。
今日はハマスタでの中日戦を観戦します。
このたびは、義兄の企画・立案で、だま家と義兄家、総勢6名での合同観戦となりました。
B指定席(1枚3500円)が4枚で1万円の「4人でおトク」チケットを2セット購入したようで。4席を二段分。
義兄にはわざわざ私の両親まで招いて頂き恐縮です。その上お弁当まで・・・。
先週もコンサートでオペラグラス借りたし、毎度毎度お世話になってばっかりだね全く・・・。
あ、別冊宝島のプロレス本も借りていましたww。
e0078069_23273929.jpg

内野は半分程度の入りですが、外野はよく入りました。特にレフトビジター席は超満員。
3連休ですから、名古屋からの遠征組も多数いることでしょう。熱いねー。
竜心連合会の応援不許可問題があったから、去年はノートランペットだったんだよね、ハマスタ。
あ、ハマスタだけでなく東京ドームもか。だから有志が応援リード行為にならない程度でコールまとめたり、
ナゴヤドラゴンズ会がヘルプに来ていたりしたけども、今日は鳴り物応援が整っています。
先発はベイスターズ、ドラゴンズとも「吉見」。同姓対決です。
e0078069_23274570.jpg

先制したのは中日。2回表、”危険な遊具”こと新・外国人、ブランコがレフト中段へソロHR。
背番号42で足が長く、スタイルも素晴らしい彼は、昨年まで在籍したタイロン・ウッズを彷彿とさせます。
打った瞬間に入る!と思った当たりでしたが、滞空時間も長く、打球は美しい円弧を描いてきました。
これが噂のブランコかー、と。確かにすごいわ。今日の目標はブランコのHRを見る!だったのでクリア。
しかし、雨が降っても中止にならないドームはもちろん良さがあるけど、薄暮の屋外球場は雰囲気いいね。
蒸し暑かったですけど、時折頬を撫でる風が案外冷たく、気持ちがいい。海も近いからね。
e0078069_2327512.jpg

その後は両、吉見が好投。4回裏には内野安打で出塁した下園がスチール。
谷繁がセカンド送球で井端がキャッチ、ラリアートするような感じでタッチして二塁塁審がアウトを宣告。
その後ボールは下園の体に振り回されてる形で落ちて、田代監督のアピールもありセーフに。
これに落合監督が猛抗議。まあ、一度アウトと言ってるし、タッチが完了してからボールが落ちてると言いたいんだろう。
ちょうどその時は買い物で売店に行き、タバコを吸わないけど喫煙所のモニターを見てたんだけども。
ニッカボッカに刺繍ユニ(関西系に多いねw)のチンピラチックな兄ちゃん&姉ちゃんカップルから、
「サーセン、何があったんスか?」と尋ねられ一通り伝える。お酒も呑んでたようで「伝わったかな?」と思ったけれども、
「あ、あんまり抗議するとダメ、5分過ぎたら遅延行為で退場になっちゃうし」と彼。
その風貌と違って冷静な指摘になんかワロタw。落合はギリギリ、多分5分は超えていたけれど、しっかり抗議。
こういうところ、なんというか、審判とも戦っているというか、「オレはしっかり見てるから、気を抜いた判定をするな」
というピリピリさが伝わってきて、審判もさすがに落合相手だとあしらうことも容易ではない感じ。
これが監督だよなあ、さすが落合。落合信者、通称オチシンの私も満足ですw。
e0078069_23275667.jpg

そして、試合は1-0のまま、6回を終えます。お、ベイスターズ、意地があるじゃん。なにせ昨日は12-0で負けたからね。
いくら中日ファンが集まったとはいえ、横浜ファンが多いわけだから、ここハマスタでは。少しはプライドを見せないとね。
しかし、中日の吉見ってのはいい投手だねー。ちょっと投球フォームがベイの番長に似ている感じ。
で、7回表、ラッキーセブンで「燃えよドラゴンズ」が高らかに響き渡ったあと、中日の猛攻が展開されます。
ブランコ四球、和田レフト前ヒットでブランコが一気に3塁を陥れる好走塁。その後、藤井のショートゴロでブランコが本塁突入、
タイミングはアウトでしたがタックルしたブランコに新沼は跳ね飛ばされボールを落としてセーフ。
ラフプレーという見方もあるようだが、このくらいはアリでしょう。むしろ新沼は何があってもボールをこぼしちゃダメだ。
細々としたところで中日野球のしっかりとした部分が見えてくる。さらに中村が四球で満塁から谷繁がセンター前2点タイムリー。
谷繁って打率.209なんだけど、妙に数字以上の不気味さがあるんだよなあ。
その後、吉見がきっちり送りバントを決めて1死2、3塁から井端のショートゴロの間にさらに1点で、一気にこの回4点。
e0078069_2328269.jpg

ベイスターズは吉見を諦め、真田から小山田へ。あぁ、2002年にはカープで30Sを記録したあの小山田。
そこそこやってくれる投手だとは思うのですが、最近は衰えを隠し切れないですね。
で、やっぱり、というか、登板直後、最初の打者の森野にライトへソロHRを浴びてしまう。
これで6-0。帰り出すベイスターズファン続出w。横綱相撲だもんなあ、中日は・・・。これは強いわけだ。
3塁側内野席にも多数ドラゴンズファンが。スタンディングでダイヤモンドを回る森野へ歓喜の声を上げます。
e0078069_2328744.jpg

こんな試合展開だからファンサービス?
フィールドでは立浪がキャッチボール。ファンは試合そっちのけで写真撮りまくり。
いろいろwあったけど、やっぱりミスタードラゴンズなんだなー、彼。
e0078069_23281293.jpg

試合は9回にも1点を追加、先制、中押し、ダメ押し、で、吉見は危なげなく完封。
安打数は1つしか変わらないのに、このスコア・・・。取り組んでいる野球の違いですかね・・・。
そう、ちょっと気になったのは6回裏、佐伯の空振り三振の場面。佐伯は「ボールに当たった!」「ファールだ」
と必死に審判へアピール。あれだけ言うんだから、多分きっと当たってるだろう。
「3塁コーチなんてそのままベンチ下がっちゃったよw」と義兄。こういう部分が中日落合監督と違うんだろうな。
チームのまとまりを感じなかったよ・・・。
e0078069_23281734.jpg

★試合結果
横浜0-7中日
勝利投手 [ 中日 ] 吉見(10勝3敗0S)
敗戦投手 [ 横浜 ] 吉見(1勝1敗0S)
・本塁打
[ 中日 ] ブランコ 26号(2回表ソロ) 、森野 12号(8回表ソロ)
・バッテリー
中日バッテリー 吉見 - 谷繁
横浜バッテリー 吉見 、真田 、小山田 - 新沼 、細山田

※次回観戦は7/19(日)横浜vs中日を予定しています。
by NAVONA1971 | 2009-07-18 23:30 | プロ野球観戦記 | Comments(4)
で、二軍戦の終わった西武ドームから、一旦所沢駅に戻る。
駅前の西友の4Fにあるダイソーでタオルを買い求め、駅前通りを進み、「沢の湯」を目指す。
所沢、実は改札を出たのは初めて。プチ渋谷みたいな雰囲気だね。
しかし、事前に調べたし、iPhoneのGPSを眺めつつ歩いたからまだよかったが、
「沢の湯」は実にわかりにくい場所。ダイエー所沢店のさらに奥、住宅街の中。
まあ、地元の人にだけわかれば確かにいいんだものね・・・。
中に入ると代わり映えのないポピュラーな銭湯。脱衣場には二葉百合子の新曲ポスターが。嗚呼、昭和。
ええ、岸壁の母を歌った方ですよ。お客は早い時間だし、まだ二人ほど。湯船は水風呂、ヨモギ湯などもあり、
全体的にややぬるめで、私の好み。そして、暑い中あえてサウナに入りました。体の水分を入れ替えるつもりで。
そして、水風呂がめちゃくちゃ気持ちいい。生き返った感じ。で、改めて西武ドームを目指しましょう。
e0078069_2304918.jpg

二軍戦に行く際はガラガラだった西武狭山線も、今回はそれなりに混んでいる。
改札を出ると、またまた西武ドームが鎮座してます。お客さんも増えて賑わってきました。
e0078069_2305582.jpg

球場前広場に展示してあったのは西武黄金時代のユニ。ライオンズクラシックで復刻ユニ着用もあるようで。
このユニは思い出があるね。ヤクルトが92年、ノムさんで初優勝した時に日本シリーズで目に焼き付けた。
これに戻してくれないかねー、どうみてもかっこいいだろ今のより。西武の観光バスはまだこのデザインだね。
e0078069_231075.jpg

がらーん・・・。
試合開始1時間前とはいえ・・・。
e0078069_231672.jpg

あぁ、ちょっと眠くなってきた。上を見ると天井が・・・。
e0078069_2311298.jpg

イーグルスの先発はルーキー井坂、ライオンズは涌井。さあ、試合開始。
でも、応援団が二人だか一人しかいないそうで。トランペットもなし。でも、みんなで声出せばいいし。
「とーきーはきーたりー♪」でも・・・。人すくねええええw。マターリ感があって悪くないけどね。
e0078069_2311750.jpg

あぁ、こんなのんびりした雰囲気で観戦するのは久しぶりだね。ここんとこ結構混んでたから。
e0078069_2312335.jpg

しかし、今年からビジターがライト側になったわけだが、西日がめちゃくちゃ差し込んでくるんだわ。
眩しくて眩しくて。屋根と球場の隙間からオレンジ色の光が伸びてきて外野自由席を照らします。
e0078069_2312920.jpg

イーグルスは1回、リンデンのツーベースでいきなりチャンスをつかむも、続く中村が送りバント失敗。
そこからはまともにヒットすら出ず・・・。
e0078069_2313514.jpg

井坂、涌井、双方とも好調な立ち上がりで、試合開始から1時間程度で3回が終了しそうな勢い。
そして、0-0で迎えた4回裏、栗山のスリーベースから石井義のタイムリーで西武が先制。
陽が沈み、いくらか涼しくなってきたけど、まだまだ暑い・・・。イチゴカキ氷を頂きます。
e0078069_2314033.jpg

狭山丘陵の空が夕焼けに包まれています。明日もいい天気みたい。
e0078069_2314633.jpg

イーグルスは1回に先頭のリンデンが放ったツーベースからヒットが出ず。
ようやく6回、リンデンがセンター前ヒットって、リンデンだけかよww。
攻撃の素っ気無さに思わずイライラしてビールを頼んでしまいます。井坂踏ん張っているのに・・・。
e0078069_2315246.jpg

後半、力尽きた井坂は清水ツーベースから銀仁朗犠牲フライ、中島、石井ヒットからGGタイムリーで5失点。
120球を超える熱投も、打線の援護は皆無。
8回表、中村、鉄平が続けてセンター前ヒットで二死1、2塁もジャーマンが遊ゴロで万事休す。
涌井に涼しい顔で完封されてしました。っていうかまだ9時前かよw。試合サクサクだったんだな。
まあ、帰りの電車が早くていいやw。もうそう思うしかない。球場前21:02の準急池袋行。
新秋津、府中本町での接続がよく、武蔵小杉には、22:16に到着。これは助かりました。
しかし、一日に二度も西武に負けるなんて・・・。さらに、火曜と木曜は勝ったじゃん。
なんでオレが行った日だけ・・・。でも、楽しかったな。現地で連携した皆さん、ありがとうございました。
e0078069_23204.jpg

★試合結果
西武5-0楽天
勝利投手 [ 西武 ] 涌井(11勝3敗0S)
敗戦投手 [ 楽天 ] 井坂(2勝2敗0S)
・バッテリー
楽天バッテリー 井坂 、松本 - 中谷 、嶋
西武バッテリー 涌井 - 銀仁朗

・次回の野球観戦は7/18(土)横浜対中日(横浜)です。
by NAVONA1971 | 2009-07-15 23:00 | プロ野球観戦記 | Comments(4)
いやいやどうも。
水曜日は有給休暇を頂戴しました。
年に1度しかない、西武対楽天の西武ドームでの親子ゲームを観戦するためです。
二軍戦は午前11時試合開始。横浜に住む私なので、普段会社に行く時間と大差なく出発。
今日は荷物も多いので、忘れ物がないようにしないと。必ず何か忘れるんだよなぁ。プロ野球選手名鑑とか・・・。
武蔵小杉まで自転車。そこから南武線で府中本町を目指す。ラッシュ時間帯を過ぎたこともあって、混雑も落ち着き、案外またーり。
南武線沿線は工場が多い(NECや東芝、富士通など)から、出勤時間が早いもんで、ラッシュも早いんだよね。
9時を過ぎると結構空いているね。武蔵中原付近の高架線を走る電車の車窓から1枚。いい天気だー。暑くなりそう。
e0078069_2213340.jpg

途中、大きなリュックを背負った小学生が沢山乗ってくる。黙々とファミスタDS2009をやっていると
画面をのぞきこんでくる。どこに行くのかと尋ねると「しゅうがくりょこー!」と元気のいい声。
日光か。武蔵溝ノ口で降りていった。専用列車で行くみたい。いい旅になるといいね。
で、府中本町から武蔵野線に乗り換え、新秋津へ。あぁ、何度となく通ったこのルート。二ヶ月ぶりか。
府中本町駅の連絡通路からも空を見上げてみる。澄み切った青空だね。
このあと、団体専用列車として、特急型電車が「修学旅行」の幕を出して走り抜けていった。彼らかな。
e0078069_2213817.jpg

新秋津駅宣伝係長という位置づけのオリジナルキャラクター「あっきー」。
駅員さんが手作りでやっているらしいけれど、絵心はあるし、上手だよね。
いつも来るたびに内容が変わるので楽しみ。このほかにも二枚と同じものがないポスターもあります。
e0078069_2214548.jpg

新秋津からは西武池袋線秋津まで5分ほどかけて歩いて移動。そしてコンビニで凍らせたペットボトル調達。
で、西武狭山線への乗り換え駅である西所沢へ。小手指行に乗り込む。
小手指というと、「がんばれ、タブチくん」でタブチくん好物だったのがここのたこ焼きだったよね。
いつもそれを思い出す。「ミヨコ、ここへお座り」、「座ってるわよ」って。タブランなんて言葉もありました。
西所沢駅で西武球場行を待っているとY嬢より「ダグアウトテラス最前列確保しました~」とTEL。
ちょw、マジですか!!座ってみたかったです。ワクワクww。普段座れないもんね、なかなか。
試合開催時間帯は賑やかな西武球場前駅ホームも、今日は人がまばら。電車もたった4両。
e0078069_2215070.jpg

電車の遅延もあり、試合開始の11時を少し過ぎた時間に到着。当たり前ですがガラーンとしてます。
e0078069_2215667.jpg

入場料1000円を払って中へ。外野席と、1塁側は未開放です。緑色の座席だけが目立ちます。
長い通路を歩いていると、高須の3ランホームランがいきなり飛び出す。殿下、1軍復帰頼みます。
そして、普段は2席2万円のボックスシートも全て自由席です。座ってみたけど、グリーン車のイスみたいだったな。
e0078069_222274.jpg

で、Y嬢のご厚意でダグアウトテラス(普段は1BOX5当日16,000円)に座ります。テーブルもあって、
長椅子と、独立した椅子も一つあって、定員は5名ですけど、ゆったりしています。真下は1塁側ベンチ。
当たり前ですけど、周囲はほぼ100%ライオンズファン。でも平日の午前だから、思ったより人は少ないね。
e0078069_222780.jpg

普段は二軍球場で二軍戦を見るわけですが、こうやって一軍の球場で二軍の試合を見るのは贅沢でいいな。
e0078069_222135.jpg

どうもドーム球場では適正な露出で撮るのが苦手ですいません、下手っぴで。イーグルスの先発は山村。
e0078069_2221999.jpg

西武の先発は平野。キャッチャーはなんと細川。ケガしてたみたいね。でも復帰も近そう。
投球を終えてベンチへ帰るたびに細川からいろいろと指示を受けています。平野にとってはいい経験でしょう。
e0078069_222242.jpg

リック・・・二軍じゃ見たくないな。あの応援、早く上でやりてえ・・・。
e0078069_2222977.jpg

ウッチー激走!!!
e0078069_2223596.jpg

ズサー!!!
e0078069_2224227.jpg

西村も立場が中途半端になりつつある。頑張らないとそろそろマズいかも。しっかし暑い・・・。
凍らせたペットボトルのお茶が結構な勢いで溶けていく。
e0078069_2224981.jpg

三浦貴と話すボカチカ。もしクビになったら他チームは獲得に動くべし・・・。
e0078069_2225695.jpg

4-3で迎えた9回裏、イーグルスのマウンドには故障で戦列を離れた川岸が・・・。おぉ、戻ってきたんだ。
e0078069_223295.jpg

気合の入った投球、強気なマウンド度胸、今のイーグルスに一番必要じゃないですかね。
しかし、赤田にツーベースを打たれてしまう。なんかね、伊志嶺と明らかに合ってなかった。
e0078069_223911.jpg

そして、なんとルーキー浅村にレフトヘサヨナラ逆転ツーランを被弾してしまう。
その伊志嶺と合ってないのがずっと尾を引いてた。数え切れないくらい首振ってたからな川岸。
素人目ですけど、球はそれなりに走っていたと思いますから、結果は気にしないでいいでしょうw。
試合終了後、夜の試合に合わせ、おかわりクンこと中村や、栗山なども様子を見に来ていました。
e0078069_2231678.jpg

で、スコアはこんな感じ。山村、渡辺恒、愛敬、石川から川岸というリレーでした。
e0078069_2232345.jpg

試合終了後、スコアボード裏には、二軍のチームバスが横づけされてました。
Y嬢「で、だまさんはナイター開門時間までどうするんですか?」(この時14時過ぎ)。
だま「ちょっと行くところが・・・」。
Y嬢「あー、温泉でしょう?」。
バレバレwww。
e0078069_2232879.jpg

Y嬢の友人の方が「開門まで延々狭山線を往復乗るとかw」と言ってたのも笑ったw。
ひたすらクーラーに当たりたいよなあこの陽気じゃ。
本当に暑くて、外にそのままいたら生命の危険があるわ・・・。ドームの銀屋根がギラギラに輝いてる。
そう、最初は東所沢と所沢の間にあるスーパー銭湯「湯の森所沢」に行こうと思ったんだけども、
所沢駅からだとバスで行かないと無理なんで、悩んだ末に断念。
なので、所沢駅から徒歩10分ほどにある銭湯「沢の湯」に行くこととします。
着替えも持ってきてるし、リフレッシュして、ナイターを迎えましょう。球場前から所沢へ戻ります。
by NAVONA1971 | 2009-07-15 22:00 | プロ野球観戦記 | Comments(2)
いやいやどうも。
暑い日が続きますね。先週は特に梅雨特有の蒸し暑い日が続き本当に辛かったです。
仕事もここんところ、サポート的内容のものが多く、まあ広義ではそれも営業なのでしょうけれどね。
それが縁で買い増ししてもらったり、有益な情報を得たり、新たな顧客を紹介してもらったり・・・。
でもそれとは別クチで本当はもっと回るべきところ、動くべきところがあるんだよな。
だからといってこうしたことをないがしろには出来ないし・・・。
落ち着かない日々で、週末のコンサートだけが楽しみでしたわ・・・。
その前の週に大阪・京都旅行に行ってきた姉夫婦からのお土産。
真弓監督の似顔絵が書いてあるゴーフレットの缶。なかなか似ていて雰囲気ありますね。
e0078069_22524530.jpg

都内の某ビルの入口にある警告。
ずらりと並ぶ禁止マークに ~やめましょう ~やめましょう ~やめましょうのオンパレード。
日本らしいというか、なんというか。ここまで羅列してあるのは珍しくて思わず1枚。
e0078069_22525021.jpg

月曜日も暑かった。日本橋に午前中出向くも照りつける太陽・・・。金麦の夏ですね。
e0078069_22525658.jpg

午後は茅場町へ。お昼、喫茶店で休みたかったがどこも混雑。そーだよなこの陽気じゃ。
仕方ないので客先と約束している13時まで永代橋のたもとで休憩。いやほんと暑い。
空が真夏モードになってきましたもん。あと二週間弱で8月だもんなあ。
e0078069_2253293.jpg

夕方、ややお疲れ気味だった私を察したのか、上司のS氏が「久しぶりに行きましょうか」と呑みに誘われる。
「どこで呑みます?」と尋ねられたので、新橋なら「たこ助」にしようかなあと思ったんだけど、
あそこはあそこで結構常連ばっかりで濃い客が多いので、無難に「へそ」とする。
月曜日と言うこともあり、いつも混雑はなく、やや落ち着いた感じ。
日曜は松田聖子(ちゃん)のコンサートで立ち見が約3時間。月日は上司と立ち呑みで3時間w。
もう、足が棒のようになってしまいますよ、いくら太い足とはいえw。
しかし、世間にはブラック企業が無数にあり、DQNなパワハラ上司が山ほどいることを考えると、遠慮なく、
雑談から仕事のことまで、ざっくばらんに語り合える関係が続いているのはよいことです。
私が呑んだのはリボンサワー。キリンのリボンシトロンおいしいよね・・・ってキリンはキリンレモンかw。
サッポロでしたねw。
e0078069_22531456.jpg

火曜は・・・いろいろやりたいことがあったんだけれど、花小金井の老紳士、S氏から電話。
製品のトラブルで、技術サポートからの回答はあったけれど、手順がよくわからないとのこと。
最近、技術サポートのサポートっぽいことが増えたなあ。クオリティ落ちてるんだろうなあ・・・。
山のように来る問い合わせにいちいち丁寧に対応していくのがどれだけ大変かはわかるんだけど。
夕方は定例会議だけれど、報告だけまとめて上司に伝え欠席することに。そして花小金井へ向かう。
駅前の多摩湖自転車道を歩いて、事務所へ・・・。暑いけれど湿度が低いのでしんどくはない。
e0078069_22532264.jpg

それに、この道はこうやって木々が覆いかぶさっているから、昼間でも暗いところがあるほど。そして木陰は涼しい。
前にもこのブログで触れましたが、この自転車道は、多摩湖から境浄水場(三鷹市)まで、埋設してある
水道管の上にあります。だからひたすら一直線なんですよね。
e0078069_2253309.jpg

このあたりはまだ農園、農家も随分と残っています。こうした無人販売所が結構、至る所にあります。
きゅうりやじゃがいも、たまねぎなどが中心ですが、おいしそうで、立ち寄る人も目立ちます。
e0078069_22533635.jpg

緑多い東京都下の盛夏、という感じの風景。多摩湖自転車道から外れて、Sさんの事務所へあと少し。
作業はさほど時間かからず終了。しかし、ウチの製品はユーザーフレンドリーじゃないね全く・・・。
私自身、こうした対応が一つひとつ勉強だわ。もっと技術がわかればいいんだけどねー。エンジニアじゃないから・・・。
e0078069_22534355.jpg

もう暗くなってしまいました・・・。
丁寧に家の前まで見送って頭を下げるS氏に恐縮しつつ辞する。このまま帰るのもな、と思案する。
あ、そういえば花小金井って、もう西武ドームまで近いじゃん。調べてみるとわずか20分弱。あと4駅で所沢だしね。
西武ドームの西武対楽天に行こうか、と一瞬考えるが、水曜は西武ドームで二軍戦もある親子ゲームを観戦予定。
それに体を疲れさせちゃマズいし、地元で友人と会う約束を月曜断って「明日ね」と言った手前、
今日も断るわけにも行かない。相手はもう既婚者のパパだし、独身が野球見て「また会おう」は悪いよなw。
ってことで、西武ドームは断念。なので、前回Sさん訪問時帰りに立ち寄ったスーパー銭湯「おふろの王様」へ再び。
e0078069_22534980.jpg

ひゃー、一日仕事したあとに大きな湯船に入って疲れを癒すってのはいいね。
お風呂大好きだからさー。気持ちいいよね。サウナ、水風呂、露天風呂といろいろ楽しみました。
しかし花小金井は遠い・・・。東京からは近いけど、横浜からだとね。帰宅もひと苦労。高田馬場~新宿~湘南新宿ライン・・・。
e0078069_2253549.jpg

そうそう、来月行くマツダスタジアムのチケットが届いた。
う氏が先日ナゴドで中日に3タテ食らってるので、この夏はズムスタで仇をとろう。
帰宅して地元の友人、SM氏とちょっと自宅近くで話したあとYahoo動画見たら宮出が決勝HR。行きゃよかったw。
e0078069_2254721.jpg

by NAVONA1971 | 2009-07-14 22:54 | とりとめもない話 | Comments(5)