<   2008年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ホテルに戻ってからは死んだように眠り・・・翌朝は8:30に起床。8時間たっぷり眠りました。
お陰で非常に快調です。ゆっくり、チェックアウト時間の10時少し前にホテルを出ます。
中日スポーツを買うと、昨夜のデラロサタイムリーを「デラ格好いい!!」と名古屋弁とかけてますw。
今日も残念ながらしとしとと雨が降り続いています。そんな中、名鉄のパノラマカーで岐阜へ向かいます。
あ、その前に伏見駅で買ったのは地下鉄の一日乗車券。
ドニチエコきっぷ。600円で乗り放題。今日は3回乗るのでモトが取れます。
実は名鉄に乗るのは初めてだったりする・・・。ミューチケットと呼ばれる特急券を購入し、名古屋から乗車。
空いていたので後ろ向きですが展望席をゲット。しかしあいにくの雨で眺望は楽しめません。
e0078069_21541163.jpg

30分もかからずに名鉄岐阜へ到着。隣のホームには”初代”パノラマカーの7000系が。おぉー。
今年度末には全て廃車にされるそうです。でも、小田急ロマンスカーにも影響を与えた展望席は貴重です。
各駅停車として走り去っていきました。こんな電車が普通に毎日各駅停車って贅沢だなw。
e0078069_21541644.jpg

隣の名鉄岐阜駅犬山線ホームが騒がしい。実は今日、そのパノラマカーが引退を控えているということもあって、
臨時特急として走らせて、その姿を惜しむという企画があって。偶然にもそれが今日らしく・・・。
ホームはごらんのような人だかりで、ごった返しています。家族連れ等も多く、パノラマカー人気を感じます。
全盛期はこの「日本ライン 新可児」という愛称板をつけて疾走していたそうです。本などで見たことはあります。
無骨なデザインの中にも、おもてなしの雰囲気を感じるデザインで、車両設計の先進性に敬意を表します。
今は各駅停車が中心の運用だそうですが、この日は晴れ舞台です。
臨時特急は満員のお客さんを乗せてとても引退間近とは思えぬ走りで去っていきました。
e0078069_21542239.jpg

パノラマカーが去ったあとは、岐阜市内観光です。
今回、狙いを定めていたのは川原町。鵜飼でおなじみの長良川の長良橋近くの一帯なわけですが、
むかーし、山間部の木材や、美濃和紙などがここで舟に積み込まれ、川を下っていました。
荷物の中継地点として問屋などが数多く栄えたそうですわ。
岐阜駅からはレンタサイクルかバスで行こうと思ったんですが、あいにくの土砂降り。
でもここまで来たなら意地でも行く。タクシーに乗って向かってみることに。
e0078069_21542751.jpg

雨でかえって風情が出たかな。観光客は皆無。そりゃ豪雨続きだものね・・・。
格子戸があったり、昔ながらの家々がいい風味を出しています。
e0078069_21543326.jpg

立派だよねぇ。どこか懐かしいです。この町並みでは電柱の地中化工事も進められています。
e0078069_21543930.jpg

江戸時代にタイムスリップしたようです。すいません、傘片手なのでカメラアングルもイマイチです・・・。
e0078069_21544580.jpg

行き交う人もいない町並みで唯一華やかだったのは朝顔でした。
e0078069_21545190.jpg

こういう町にはやっぱりこのポストですね。
e0078069_21545744.jpg

天気のせいもありますが、本当に静かで・・・。まだPRも足りないかも。
こうした古い日本家屋が続く一帯は確かに決して長くはないんだけどね・・・。でもいいとこです。
ちなみに私はあるテレビドラマでここがロケ地になっていたのが興味を持ったきっかけでした。
e0078069_2155274.jpg

雨は相変わらず強く降り続いています。金華山に登りたいところですが、
見上げると山にはもやがかかっていて、行っても何も見えないでしょうね・・・。
タクシーで今度はあの、美川憲一の歌でもおなじみの柳ヶ瀬に行ってみることにしましょう。
柳ヶ瀬は岐阜県最大の繁華街。アーケードタイプの商店街とデパート、あとは呑み屋などが集中しています。
アーケードを進むと・・・ありました。歌碑があるとは聞いていたんです。この歌大好きなんだわ。
e0078069_2155926.jpg

えーっと、アーケードは人がいませんw。まぁ岐阜に限らず地方都市なら共通の光景かもしれない。
路地にちょっと哀愁があって、なんか自分には落ち着ける。肩肘張らなくて済むし。
e0078069_21552610.jpg

いいでしょ~こういう風景。小料理屋やバーがあってさ・・・行灯の字体もまた、昭和レトロです。
柳ヶ瀬ブルースの歌が似合いますよ。そこの角から美川憲一がぬっと出てきそうw。
残念ながら昼間でしたが、ぜひこういう店でじっくり呑んでみたい・・・。絶対次は行こう。
e0078069_2155325.jpg

柳ヶ瀬を堪能したあとは、再び名鉄特急で名古屋へ戻り、地下鉄を乗り継いで昨日同様、ナゴヤドームへ。
ちょうど乗った地下鉄が、ナゴヤドーム矢田前駅よりひとつ手前の大曽根止まりでした。
ここからは、ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」で、次の矢田駅まで行ってみることにします。
いや、このガイドウェイバスって、日本で確かここしか走ってないのよ。一度乗ってみたかったw。
このバスは、一般の道路も走るし、混雑する区間は、専用の高架軌道があって、そこを走る仕組み。
まぁ渋滞知らずで便利です、ということです。200円払って乗車。
うーん、なんか普通に高架道路を走っている感じとなんら変わりない(当たり前だがw)。
ドームへ近づくと「チケット全席完売」そしてダフ屋の声(こんなの久しぶりに聞いたわw)。
そして、ドームとなりのイオンにあるドアラ神社も盛況・・・。
e0078069_21553927.jpg

席は昨日よりやや3塁側寄り。席の種類は昨日同様パノラマです。
e0078069_21554584.jpg

義兄が買った車につけておく「ドラファンが乗っています」プレートw。ビールを飲みつつ観戦・・・。
e0078069_21555012.jpg

先発は高橋建と山本昌。べテラン同士で先発発表時は場内が大きく沸きました。
カープは初回、アレックスのライトへの2ランで先制、その後中日が追いつき、
さらに8回、カープは無死満塁のチャンスで打席は嶋・・・。これは見逃せない場面。
ところが・・・帰りの新幹線の時間が!時計は20時55分・・・。そう、今日は横浜へ帰るんです。
後ろ髪引かれつつ姉夫婦と3人で球場をあとにする。少し余裕持ったこともあり、無事に名古屋駅へ。
e0078069_21555526.jpg

名古屋からは東京行の最終「のぞみ54号」で帰ることに。
予約は別々に取ったので姉夫婦とは席が離れてしまっています。一人5号車に乗り込みます。
車内は満席。ドラゴンズのシャツを着た人もいますね。こんな時間まで名古屋にいても東京へ
帰れるわけだから、最終のぞみは人気ありますね・・・。
23時27分、わずか77分で新横浜に到着。つーか、これ絶対西武ドームより近いだろw。
さらに地下鉄で帰還し、広島・名古屋遠征の全行程が無事に完了でした・・・。
e0078069_2156137.jpg

■試合結果
広島4-3中日
勝利投手 斉藤(1勝0敗0S)
セーブ 永川(4勝1敗27S)
敗戦投手 山本昌(10勝4敗0S)
本塁打
[ 広島 ] アレックス 12号(1回表2ラン)
・広島バッテリー
斉藤、岸本、青木勇、梅津、ブラウワー、永川 - 石原
・中日バッテリー
山本昌、浅尾、小林、中里 - 谷繁、小田
by navona1971 | 2008-08-30 23:59 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(2)
前日、広島から戻ってきました。
帰りの飛行機も雲だらけで、多分眼下に見えたのは浜名湖だったと思うが、それくらいしか把握できず。
帰京して羽田空港からバス乗り場に行くと広島よりムワッとする蒸し暑さ・・・。ぐったり。
そんな状態なのに、翌朝6:00発のひかりを予約したってバカだろ自分w。
目覚ましを4:10にセットするが、雷鳴のとんでもない音で目覚める。すげぇぇぇぇぇ。
2chの交通情報板を読むと中京地区がひどいことになっているらしい。つーか横浜も雷雨がひどい・・・。
そして朝食中に停電。3分くらいだったろうか。夜中に消えると何もわからんな・・・。
チケットは契約乗車票だから列車変更できない。だけどなんとか雨が弱まり、とりあえず最寄駅へ急ぐことに。
6時少し前に無事、新横浜に到着。先般のダイヤ改正から登場した、新横浜が始発のひかり393号広島行です。
e0078069_21423981.jpg

新横浜へ6時にたどり着かなければ乗れないため、はっきり言ってガラガラです。来年からの広島遠征にはこれに乗ろうw。
ひかりですが最新鋭のN700系が使われています。「ひかり」にN700が走るのは1日1往復だけ・・・。
e0078069_21424620.jpg

N700のロゴが誇らしげじゃないですか。空も雷雲が去り、うっすらと青空が見えてきました。
e0078069_21425830.jpg

面白い形の先頭形状ですよね。空力特性に配慮した結果のスタイルなんでしょうけど。
ホーム先のLEDにはひかり393号という意味であろう数字が表示されていますね。
e0078069_214353.jpg

朝もやの相模平野をN700が疾走します。丹沢の山々が奥のほうに美しい姿を見せています。
しかしこれまでの新幹線より明らかに揺れが少ない。座席の幅も広いし、快適ですわ。
e0078069_21431166.jpg

小田原からはそれなりに乗車がありました。”のぞみ”優先ダイヤの中では、このようにこだまばかりが
停まる駅はある意味冷遇されていたので、これに乗ればかなり早く名古屋や大阪に行けますからね。
確かのぞみに抜かれないで大阪まで行けるんじゃなかったっけな。小田原を出てもまだ座席に余裕があります。
三島を走る頃には右手に富士山が見えてきました。雲の帽子をかぶっていますが、空は美しく晴れています。
e0078069_21431851.jpg

はえええええ。7時過ぎには豊橋を通過しました。ただ、空は暗くなり、時折越える川は濁流です。
三河安城では新幹線が速度を落とします。昨夜は大雨だったようです。水没している田んぼも見えました。
途中、冠水した道路で止まっている車もたくさん見かけましたね。被害の大きさを思い知らされます。
途中の減速運転の影響で、定刻より2分ほど遅れて名古屋に到着。さっそくホームで名物の「きしめん」を頂きます。
駅を出ると「あんかけスパゲティ」の文字が。うーん、さすが名古屋ね。
駅の周囲のビルでは地下から水をくみ上げている人も。どうやらあふれた雨水が地下フロアへ流れ込んだらしい。
みどりの窓口も冠水し一部営業を中止していたな。とにかくすごかったみたい。
e0078069_21432310.jpg

私も広島遠征の疲れをひきずったまま・・・。蒸し暑いこともあり、遊びに行く気力が出ない。
本来であれば明治村に行きたかったんだけど、名鉄も大雨の影響でダイヤが大幅に乱れ、運休もしている。
仕方ないので駅前のネットカフェに入り、ソファーに身を預けながら体力回復&休憩・・・。6時のひかりに乗った意味ねぇなw。
午後は地下鉄で栄へ。サカエチカを散策。でっかい地下街だよねぇ。
つボイノリオの名曲であり山崎の中日時代のテーマでもある「名古屋はええよ!やっとかめ」でもおなじみw。
で、このサカエチカには所々に緑のパトライトが回転している。これはなんなんでしょうか?
私の推測では外で雨が降っているよ、というお知らせだと思うのですが・・・。
ドラゴンズが優勝した際に盛り上がった中日ビルなどを回り、早めにホテルへチェックインします。
ホテルは伏見の名古屋クラウンホテルっつう所で、ビジネスホテルなのに温泉大浴場があります。
誰もいない湯船で疲れを癒します・・・。さっぱりしたあとは名城線でナゴヤドームへGO。
e0078069_21432929.jpg

名城線で伏見から15分ほど乗ると、ナゴヤドーム前矢田駅です。
っていうかナゴヤドーム手前矢田と揶揄されるのがわかる・・・。ドームは遠いじゃんぜんぜん。
これでも地下鉄ができてマシになったそうだけど。昔は大曽根駅から延々歩いたらしいし。
駅から地上まで400mくらい地下通路が続いていますが、ドラゴンズロード2008と銘打ってあります。
選手の写真や(当然ドアラも)、日程表、歴史年表などが貼り出されて、球場に行く気分を盛り上げてくれます。
e0078069_2147064.jpg

地下通路を歩いたあとはエスカレーターで地上へ。さらに連絡通路を同じ距離くらい進む。マジ遠いw。
ようやくドームの姿が見えてきました・・・。
e0078069_2150867.jpg

シートは5FのパノラマB指定。初めてのナゴヤドームですが、他の球場と比べて設計が新しいせいもあり、
座席はやや大きめ、通路も広く、視界も広くて見やすいです。結構快適。しかも涼しいし。
e0078069_21512294.jpg

なにしろ5Fなので全体を俯瞰できます。一部レフトの奥が死角になってしまいますけど・・・。
e0078069_21512932.jpg

試合はいい感じの接戦だったんですけど、ブラウワーが負傷退場した井端にかわってショートに入った
デラロサに勝ち越しタイムリーを打たれ、最後は岩瀬にピシャリと締められ惜敗・・・。
e0078069_21513655.jpg

試合は途中からセンター寄りにまとまった空席があったので、姉夫婦と合流し並んで観戦でした。
義兄は子供の頃を名古屋で過ごし、リーマンになってからも名古屋転勤歴がある。当然ドラゴンズファン。
この日は上高地観光を終え、松本から特急しなので名古屋へ乗り込んでいる。
義兄は「99 NAKAMURA」、姉は「6 IBATA」ユニで観戦w。
私は広島のみ遠征の予定でしたが、姉夫婦に「名古屋も来たら?」と誘われた次第です。
試合終了後は伏見の手羽先居酒屋「世界の山ちゃん」で手羽先ほか鶏料理を愉しむ・・・。
義兄山ちゃん好きだよなぁ、東京でもよく食べるよね。でもわかる。おいしいし値段も手ごろだし。
手羽先はコショウが効いていてクセになってしまいます・・・。ビールも進むねw。
祝勝会&反省会を1時間弱やってお開き。ご馳走様でした・・・。ヘロヘロになりながらホテルに戻りました。
e0078069_21514491.jpg

■試合結果
中日4-3広島
勝利投手 高橋(1勝1敗1S)
セーブ 岩瀬(3勝3敗29S)
敗戦投手 ブラウワー(0勝2敗0S)
本塁打
[ 中日 ] ウッズ 26号(2回裏ソロ)
・広島バッテリー
篠田、シュルツ、ブラウワー - 石原
・中日バッテリー
川井、浅尾、平井、高橋、岩瀬 - 田中、小田
by navona1971 | 2008-08-29 23:59 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(3)
どうも。広島遠征を終え、金曜土曜の名古屋遠征も終え、無事に帰宅しましただまです。
で、広島遠征の際の初日前編ブログ記事に「ある人と同じ便だった」と書きましたがw。
この人でしたwww。

シートに座った際、前が小柄な男性だったことには気づいたんですけど・・・。
飛行機が広島に到着して、座席上の荷物入れからカバンを下ろした時に、その男性と同じタイミングで。
あ、ちょww柳沢慎吾ちゃんじゃんwwww。リアルで吹いたわww。
で、遠征前のブログにも書いたように、ちょうどあのCD聞いたあとだったもんで、
軽く肩を叩いて「あの・・・慎吾さん、クライマックス甲子園聴きました・・・」と勇気を出して話しかけた次第。

慎吾ちゃん「うっれしいなぁ。どうですかあのCD?リアルさ力いれたんですよねぇ~」
だま「いや、とってもよかったと思います。楽しくてもう笑って笑って仕方なくて」
慎吾ちゃん「そう言ってもらえると作ったかいがありましたよー。いやー、嬉しいなぁ」
慎吾ちゃん「あの中に出てくる"PC学園”ってのは”ポニーキャニオン”からとったんですよアハハ」
慎吾ちゃん「警視庁24時のネタも出して欲しい?あぁ、それも要望あるんですよねぇ」

オリコン初登場が56位であったこと、付属DVDがメイキングで、本編のDVD化を望む声があること、
などを飛行機から降りて到着ロビーに行くまで延々と話してくれました(テンションの高さがテレビとかと全く同じでワロタww)。
e0078069_19271740.jpg

ブログに使いたかったので、写真を1枚いいですか?とたずねたら、
「そんな遠慮しないで一緒に撮りましょう!」とツーショット。私の体はトリミングで切りましたw。
最後は「あばよ!」のポーズを決めてマネージャーさんと消えていきましたw。
気さくで笑顔を絶やさず対応してくれました。朝早い移動中なのに。
柳沢慎吾さん、あの時はありがとうございました。
by navona1971 | 2008-08-28 23:59 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(5)
広島遠征もあっという間でした。今日はとうとう横浜へ戻る日です。
朝、ぜひとも散歩をしたかったので、目覚ましを6時にセット。ですが、使うことなく自然に起きました。
カメラ片手に早朝の広島中心部へ向かいます。朝独特の匂いが町を包んでます。これ、たまらないですわ。
もう路面電車は走っていますね。朝もやの中を疾走するのは元・西鉄の3000形です。
e0078069_1940578.jpg

ホテルからは5分ほどで平和記念資料館へ。ラジオ体操をしている方が結構いましたね。
体を気持ちよく伸ばして、その後お仲間の方と談笑している皆さんを見ると、平和っていいなと。特に場所が場所だけに。
e0078069_19401241.jpg

慰霊碑へ。もともと静かな場所ですけど、朝だけにさらに静か。
散歩している方が必ず立ち寄って手を合わせていきますね。私も昨日はし損ねてしまったので、ゆっくり、手を合わせます。
一人ひとりが平和を思う気持ちが軍縮なり、核兵器廃絶なりに、つながって欲しいんですがね。
その一方で、アフガンのボランティア拉致事件が広島遠征中、連日報道されて。なんとも複雑な思いです。
e0078069_19402012.jpg

慰霊碑から少し先に進むとあるのが「原爆の子の像」。恥ずかしながらこの像の存在は初めて知りました。
これは佐々木禎子さんという子がモデルなのね。彼女は爆心地から至近で2歳の頃に被爆、その後11歳で白血病を発症、
余命いくばくもないと言われながら、お見舞いで贈られた折り鶴がきっかけで、彼女も、そして周囲もひたすら回復を願い
折り鶴を折り続けたそうで・・・。残念ながら、それは達せられることなく、翌年12歳の若さで他界してしまいました。
今、禎子さんは原爆の子の像となり、人々の想いが詰まった折り鶴を天に掲げ、青空のもとで平和を祈り続けてくれています。
e0078069_19402726.jpg

そして右に目をやると原爆ドームが。ドーム右には広島市民球場の照明灯が見えます。
e0078069_19403512.jpg

路面電車と市民球場の組み合わせが気に入りました。これは元・神戸市電の1150形とのこと。
e0078069_19404769.jpg

次から次へと電車が来ます。これは700形ですか・・・。
e0078069_19405389.jpg

昨夜、歓声に包まれた球場は、また、お客さんが来るまで、つかの間の静寂となります。
e0078069_19405979.jpg

いやぁ、いいわ。この球場(しみじみ)。
e0078069_19412061.jpg

いればいるほど、離れがたくなります。イーグルスの本拠地、宮城球場もこんな風に愛されて続けて欲しいです。
e0078069_19412953.jpg

天気はずっと今ひとつで、これは広島に限らず全国的にでしたけれど、ようやく青空が・・・。
e0078069_19413470.jpg

正面入口も静かです。なんだか独り占めして球場を眺めているようで、贅沢な時間でした。
e0078069_19414011.jpg

元・京都市電の1900型が走り抜けます。やっぱり古い電車が似合うな、市民球場には。
e0078069_19414554.jpg

キター。1本しかないグリーンムーバー「カープ電車」が散歩中に姿を見せてくれました。なんという偶然。いい土産になります。
e0078069_19415318.jpg

市民球場とカープ電車の組み合わせもまた素敵です。町とチームの一体感が伝わってくるんですよね・・・。
e0078069_1942054.jpg

子一時間の散歩を終え、ホテルで一休みしたあとは、路面電車で駅に向かいます。
次世代の路面電車、グリーンムーバーmax。ノンステップで乗りやすく、中もキレイです。
広島駅に着いたあとは、山陽本線の快速で白市。そこから空港連絡バスで広島空港へ・・・。
最後のお好み焼きでの昼食を空港内で頂いてから飛行機へ乗り込みます。
相変わらず巡航中は雲ばかり。かろうじで浜名湖が見えたくらいか。1時間05分のフライトで、羽田着。
e0078069_1942575.jpg

空港ロビーからリムジンバス乗り場に出た途端に蒸し暑い空気が体にまとわりついて・・・。
広島の方が過ごしやすかったわ・・・。
by navona1971 | 2008-08-28 19:53 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(1)
前日は移動+呉で結構歩いたこともあって、明日のためにもと思い早めに寝ました。
おかげさまで翌朝はすっきり。今日は、広島といえば、マツダ。マツダの本社工場を見学します。
事前に申し込みさえすれば誰でも見学することが可能ですので、皆さんもぜひ。
路面電車で広島駅に向かいます。今朝はまずまずの空模様。青空のもとをグリーンムーバーmaxが疾走します。
e0078069_1671458.jpg

しかしこうやって見てると次から次へと電車が来る。ほとんど待たずに乗れる。便利だなあ。
階段を上り下りすることなく、移動できる。障害者や高齢者にも優しいよねぇ。最近ようやく見直されてきて。
広島市民の皆さんがうらやましいです。こんなに便利な乗り物が当たり前のように使えるなんて。
e0078069_167209.jpg

JR広島駅から、山陽本線で大阪方面に戻る形で二つ目に、向洋(むかいなだ)駅があります。マツダ本社最寄り駅。
そこから5分ほど歩くと、旧東洋工業、マツダの本社となります。シンプルで清潔感ある社屋でした。
9:30に見学者は集合。今日は30名くらいでしょうか。ほかにも別グループには中国やインドからの見学者も。
自動車産業らしいですね、こういうのは・・・。本社からバスに乗ってまずは「マツダミュージアム」という博物館へ。
本社社屋からミュージアムまでは数km離れています。その間は全てマツダの工場敷地内。
広島市民球場186個分!そして、工場の中を10分間隔でバスが走っているそうです。「エンジン工場前」みたいな
感じのバス停があるんですわ。もうこれは町だね。スケールの大きさに感嘆。
ミュージアム入口ではコンセプトカーが迎えてくれました。
ちなみに、ここは見学コースに入っているため、ここだけのアポなし見学はできませんのでご注意を・・・。
e0078069_1672647.jpg

おー、オート三輪だよ・・・テラナツカシス・・・。私が子供の頃もだいぶ姿を見かけなかったけど。
子供心に「前輪が1個だけで大丈夫なんだろうか」と思ってたな。材木屋さんなんかでよく使われてたね。
e0078069_1673356.jpg

マツダ最初の乗用車、R360クーペ。ちいせぇw。それでも大人4人がなんとか乗れる設計らしい。
でも、昔の車のデザインの方が味わいがあるよね。
e0078069_1673912.jpg

これはベストセラーにもなった「キャロル」ですね。その後名前が復活したこともありました。
e0078069_1674639.jpg

ウルトラマンですっかり有名になった「コスモスポーツ」。中年の見学者が感慨にふけってたな。
私の世代よりこれは前ですね、実物が走っているのは見たことがないです。高級だったでしょうし。
e0078069_1675296.jpg

B360。こちらもかわいい軽トラック。昔のデザインのまんまで中身は今の技術、って出してくれないのかな。
e0078069_1675721.jpg

マツダのワゴンといえばボンゴ。今でも脈々とその名前は続いていますね。しかしどれもデザインが素敵。
e0078069_168220.jpg

これはもう、35歳以上のおっさんにはおなじみですね。RX-7。これはよく見かけましたね。
当時はリトラクタブルライトなんて言葉を知らなくて、「隠しライト」なんて言ってました。
セリカXXとか、隠しライトは当時それなりに流行りましたね。
e0078069_1682149.jpg

これこれ。小学生の頃憧れたよ、ファミリア。角ばったデザインで、垢抜けてて。
当時、このファミリア屋根にサーフボード載せて走るのがトレンドだったよねぇ。大好きな車でしたわ。
e0078069_1682768.jpg

実車展示のほかには、車ができるまでの解説や、部品の紹介などもあります。
これは、車が好きな方ならわかりますのよね、マツダの代名詞、ロータリーエンジンの断面です。
そして、右はデザイン検討に使われるクレイモデル。普段はなかなか見られませんからね。
ミュージアムを楽しんだあとは、実際に工場のラインを見学します。
e0078069_168339.jpg

で、画像は?と聞かれそうですが、ミュージアム以外は撮影禁止なんです。構内バスから見える景色も。
自動車工場の見学は小学校5年生の時に日産自動車座間工場に行って以来だな。
で、ここでは製造ラインで、複数の車種を製造しているのね。ロードスターのうしろにデミオがあったり・・・。
車によって取り付ける部品は当然違う。ラインに車が来ると、何を取り付けたらいいのか、目の前のモニターに表示される。
それを見ながら作業している人がサクサクと取り付けているわけ・・・。でも、その動きの早さにびっくり。
ラインのベルトコンベアーは、ゆっくりに感じるけど実は早い。自分の区画に車が流れてきて、
隣に行ってしまう前にテキパキと仕事を終えてしまう。雑談なんてもちろんナシ。
すげええええええええええ。その横ではロボットもばんばん動きまくってる・・・。すごい複雑な動作なのに・・・。

ちなみに車が完成するまでは、車体が鉄の板っぺら(鋼板)の状態からで15時間(思ったより早い)。
そのうちの8時間が塗装工程なのだそうだ。一日4000台製造し、工場内には在庫が12000台備えてある。
いや、もうスケールが違う。気が遠くなってくる。工場全体で使う電力の6割は自家発電で、工場内に火力発電所が・・・。
約2時間の見学を終え、本社社屋に戻る際、風景の説明を受けるわけですが、マツダの直営短大(給料をもらって勉強できる)、
独身寮、体育館、研修施設・・・あるわあるわ。超大手企業は福利厚生面っては手抜かりがないね。至れり尽くせり。
ガイドさんに見学者がお礼をして終了。頂けるお土産はRX-8のプルバックカー。かわいいw。
貴重な機会を頂けたマツダさんに心からお礼申し上げます。
by navona1971 | 2008-08-27 23:00 | プロ野球観戦記 | Comments(1)
マツダ本社工場の見学を終えたあとは、再び広島駅に戻り、今度はカルピオへ向かいます。
カルピオっていのは、なんつーか、カープグッズのショップと、カープのちょっとした博物館で構成されています。
広島駅前で路面電車を待ちます。と、視界に入ったのはグリーンムーバーのカープ電車。おおおおおおお。
これ、乗りたかったんだよ・・・。ALL-IN”激”の文字が誇らしい。かっちょえええええええ。
e0078069_16551458.jpg

ドア横には鯉、そして上にはおなじみカープ坊やのフィルムが貼ってあります。いいねぇ。
e0078069_16552071.jpg

さっそく乗車。つり革の吊り輪の上にロゴ入りゴムボールみたいなのが取り付けてあります・・・。
e0078069_16552679.jpg

「シルエットから選手名を当てて下さい」と書いてあります。車体連接部にはこの二人が・・・。
多分これ、直筆サインだと思うんですけど・・・。
e0078069_16553278.jpg

八丁堀までカープ電車を味わったあとは、そこから歩いてカルピオで。ちょっとわかりにくい場所です。
お好み焼きで有名なみっちゃんの入っているビルの奥にあります。1Fがショップで、2Fがミュージアム。
写真撮影は自由です。多くの歴代カープ選手の写真が多数、というか無数に飾ってありました。
カープの歴史の重みを昨日以来、じわじわと感じています。
これは多分初優勝の時のコージさんですね。そして連続試合出場の衣笠さん。
下の画像左、これは優勝した帰りの新幹線では?古葉監督のピースサインがいいね。
右は引退の時かなぁ・・・同じ衣笠さん。
この二人が活躍していた頃のカープは強くて、とてもヤクルトじゃ敵わないと思ってたな・・・。
e0078069_16553816.jpg

つだぁぁぁぁぁー。やばい。こういう画像は涙腺が・・・。
視線はつい、大野さんとか北別府さんとかにいっちゃうな。黄金時代だものねぇ。
e0078069_16554346.jpg

懐かしい、このスコアボード!ありましたよねぇ。
e0078069_16555042.jpg

歴代ユニフォーム。背番号20のこの赤いユニが一番印象に残ってます。
e0078069_1655566.jpg

2世代前、これは江藤が着ているイメージ。その次は新井が着ているイメージがあるなぁ。
でも、今のユニが一番好きかなぁ。特にホームユニかっこよすぎたろ・・・。
e0078069_1656136.jpg

やっぱりこの二人です、欠かせません。ロッカーが再現されています。
e0078069_1656768.jpg

クライマックスシリーズへぜひ出場して、ここにペナントを加えて欲しいですね。
e0078069_16561363.jpg

by navona1971 | 2008-08-27 22:59 | プロ野球観戦記 | Comments(1)
カルピオを堪能したあとは、一旦ホテルに戻ります。シャワー浴びてすっきりしたいし、
暑いんで疲れもためないようにしないと。歩いて中電前近くにあるホテルへ向かう。途中お好み焼きでの昼食。
その後は、広島平和祈念資料館へ向かいます。あの丹下健三の手による設計です。
入場料50円を払い中へ。夏休みとはいえ平日ですが、かなりの入場者がいましたね。
外国人が多かったのには驚きました。こうやって訪れてくれるのは素晴らしいこと。
e0078069_175368.jpg

原爆投下からの経過時間と最後の核実験からの時間を表示しています。核実験の時間は短いと困る・・・。
原爆ドームはこういう外観をしていたんですね、投下前は・・・。館内は皆さん神妙に見て回っています。
私も当然観ました・・・が、あまりに悲しい、というか辛い。呉の大和ミュージアムもそうだったけど。
正視できん・・・なんつーか「かわいそう」で。いや、ほかに適切な言葉が浮かびあがらない。
ハンカチ持ってきてて助かったわ・・・。汗を拭うふりをしてひたすら涙を拭く。戦争ってバカげてるわ全く・・・。
e0078069_17531354.jpg

あっという間に市の中心部が廃墟と化したわけですが、よくぞ広島市はここまで復活したと思います。
いや、ゆっくり、丹念に回るべきなのはわかっているんだが、キツい。かわいそうでかわいそうで。若干足早に進んだっす・・・。
資料館の出口前にはノートがあります。私は記しませんでしたが、めくって読ませてもらいました。
前述の通り、筆記体で綴られた英文が目に付きます。「NO WAR」って言葉が一番多かったかな。
みんな思いは同じなんだけど、地球上からは絶えませんね。なんでなんでしょう。俺の頭じゃわからん。
e0078069_17531973.jpg

慰霊碑の前は人が絶えません。
e0078069_17532417.jpg

平和の灯が絶えず燃え続けるその後ろに原爆ドームがあります・・・。
e0078069_17533036.jpg

by navona1971 | 2008-08-27 22:58 | プロ野球観戦記 | Comments(0)
原爆ドームを見学したあとは、目の前にある市民球場へ。
外野自由席のチケットを持っていたのですが、差額を払うと指定席に移れるとのことでしたで、切り替えます。
e0078069_1922426.jpg

球場は広島市内の中心部の中心にあります。周囲がこんな風に商業地ですから。
これは球場前横断歩道から広島駅方向に向かって撮ったもの。
e0078069_19221240.jpg

今日も多くの人で賑わっています。私のように球場へカメラを構える人もやっぱり沢山いますね。
e0078069_19222089.jpg

優勝の際に作られたモニュメントと、衣笠選手の連続試合出場を讃える碑があります。
e0078069_19222514.jpg

前日食べ損ねたカープうどんにとうとう出会えました。
うどん屋さんのおばちゃんは気さくで、試合前のヒマな時間だったようで、いろいろ話してくれたんですけども、
強い広島弁で半分何を言ってるのかがわからなかったw。でもなんか嬉しい。
「市民球場が最後の年だから(ここに携わっている)自分もやらなければならないことがありますね」というような
ことを広島弁で話してくれた感じでした。古びた(褒め言葉です、これ)球場で広島弁を聞きながらうどんを食べる・・・。
こんなこと、西暦2008年で出来るってなんて贅沢w。
で、味は言うまでもなく素朴でおいしいです。
e0078069_19223130.jpg

試合開始前、ベンチに集まるカープナイン。緒方が心配そうに空を見上げています。この日も空は暗くて今にも降り出しそう。
e0078069_19223749.jpg

で、ザーッと試合開始10分くらい前から雨脚が強くなり、グラウンドへシートをかけて開始時間が遅れます。
スラィリーが傘片手に様子を伺いにきました。
e0078069_19224227.jpg

みんな手持ち無沙汰。っていうか、試合やりたがってる感じだなー。小窪も手を伸ばして雨をチェックしています。
e0078069_19224880.jpg

マーティーことブラウン監督はなぜがクローブをつけてますねw。奥では栗原が笑顔を見せ、赤松はぼんやり空を見て・・・。
こういう時はみんなの素顔が見られてこれはこれで、試合とまた違った楽しみがあります。
e0078069_1922549.jpg

雨が小康状態になったため試合開始に・・・。
シートをはずしにきたスタッフへスラィリーが喜びのあまりに抱擁ww。スタッフ迷惑がってましたw。
e0078069_1922592.jpg

そうやって暴れてばっかりいるから・・・ビニール傘を壊してしまうスラィリーw。
「ヤクルトファンから借りて来い!」なんて声も飛んでましたねw。
e0078069_192356.jpg

さあ、なんとか試合開始です。ちょっと空も明るくなりました。外野は相変わらず満員。
e0078069_19231080.jpg

栗原は好調ですね。春先、絶不調でしたけど、マーティーも信じて4番で使い続けて。
私は当時「下げた方がいい」なんて思ってましたがとんでもなかったです。最近は風格さえ漂ってるし。
しかしカープの和製大砲育成力はすげえなw。江藤、金本、新井・・・。
栗原、ツーベースだったんですけどまさかのけん制死。流れを呼び込めず不吉な予感。
e0078069_1923163.jpg

カープの先発はベテラン高橋建。中11日の登板、悪いながらも大崩れせずしのいでいきます。
e0078069_19232235.jpg

こちらも好調東出。打率は期待できない人だったのに、今年は素晴らしい。
試合が途中中断したため、ホームベース周辺に砂を足してのプレー継続です。かなり強い雨だったわ。
e0078069_19232863.jpg

最後の市民球場観戦なので、同じ場所で見ずに少しづつ移動しながら堪能します。
幸いにも内野はかなり空席が目立ったので。この天気じゃ仕方ありません。
e0078069_19233492.jpg

試合はヤクルトが飯原のホームランなどでリード、先発館山がまずまずのピッチング。
カープは栗原のけん制死、アレックスのライト守備でのエラーなど、ミスが続いたのが残念・・・。
e0078069_19234017.jpg

試合はヤクルトリードのまま終盤へ。あぁ、この球場とあと少しでお別れしなければならないんですね。
ちょっと人間観察みたいなこともしてたんですけど、みんなカープを愛しているのね。
広島弁で「あと2点なんじゃ!」とかそんな声援聞くと嬉しくなってしまいます。こんな天気でも試合観るくらいの人は熱いな。
雨の中でも傘すらささずにずっとスクワットしてるリーマンやOL(明日仕事大丈夫なのか?風邪ひくぞ?と思ったほどw)、
女の子でも普通にずぶ濡れの人がいたのにはびっくりw。雨で中断してても帰るそぶりすら見せないじいさんばあさん、
子供の付き合いで来て、奥さん同士で井戸端会議かと思ったら聞こえてきた内容は戦力分析だだしw。
カープが地元の人の生活そのものなんだ、としみじみ理解しましたわ・・・。何度聞いてもいい曲ね。みんな声出して歌ってた。
カラービジョンに映し出されたのは、惜別市民球場ということで、2001年の球団歌映像の復刻版だそうです。これ、泣けるストーリーなのよ・・・。



実は新井がFAで出てった時、カープファンは激怒したわけだけど、最初その気持ちがあまりわからなかった。
カープの体質に問題がある部分もあるし、新井の気持ちもわからないでもない、と。
ただ、今日の球場の様子を見て、カープファンは心から選手を信じて声援送ってるんだなと。
新井は特に地元の選手だしね、成績が悪い時も声をかけてきて育てたという気持ちもあるんだろう。
それが出ていって、よりによって阪神に行ってしまったわけで。裏切られた思いはあるわな。怒りの大きさは愛情の裏返しw。
一方で、引退した時に浅井が「カープが大好き、ファンが大好きです」と話したし、佐々岡も「子供の頃から
カープが好きで、赤い帽子をかぶって野球をやってました」って言ってたよね。
やっぱり、特にカープで野球をやっていくのであれば、選手もチームが好きでなければいかんよ。
「監督・選手+ファン=優勝」という横断幕が昔カープにあったけど、
その気持ちでクライマックスシリーズになんとか出場して欲しいものです。
e0078069_19235532.jpg

最後、9回裏には代打緒方。ランナーが一人いますから、HRが出れば1点差。
盛り上がる球場。この時は1F内野にいたんですけど、観客の喜びよう、期待のしようったらない。
もう、ワクワクして、打って欲しくて、でも、結果うんぬんよりとにかく緒方がみたい、という感じで。
球場全体から地鳴りのような声援。大人も子供も・・・。すごい迫力。
でもね、わかるわ。1Fで見てたから特に感じるんだけど、選手との距離が近い。これはシビれる。
目の前で緒方がバット持ってるんだもん。かっこよすぎるだろ・・・。中条かな子が惚れるのも当然やw。
残念ながら結果は・・・下の動画で・・・。でも、球場が沸く雰囲気は伝わりますよね。
結局試合はそのまま林に抑えられて終了です。



■試合結果
広島1-4ヤクルト
勝利投手 館山(8勝3敗0S)
セーブ 林昌勇(1勝4敗29S)
敗戦投手 高橋(8勝5敗0S)
本塁打
[ ヤクルト ] 飯原 6号(2回表ソロ)
・ヤクルトバッテリー
館山、松岡、五十嵐、林昌勇 - 福川
・広島バッテリー
高橋、青木勇、上野、岸本 - 倉
by navona1971 | 2008-08-27 22:56 | プロ野球観戦記 | Comments(0)
どうも。
今日から2泊3日で広島に行きます。
広島市民球場のラストイヤーということで、ギリギリまで、先週のスカイマーク楽天戦にするか、
今回とスケジュールが重なっている西武ドームの楽天戦に行くかかなり迷ったんですが、
やはり市民球場には一度足を運んでおかなければ、と。今しかチャンスないですし。
気持ち遅めの夏休みをいただき、最寄り駅から始発リムジンバスで羽田空港に向かいます。
まぁ、体格もいいので、ゆったりのクラスJ、別に乗りたくないが仕方ないw。普通運賃プラス1000円はオトクです。
機材はボーイング767。かなり朝早い便なんですが、価格設定が安いこともありほぼ満席のようです。
e0078069_2318162.jpg

さて、離陸。この背中を押される感じがなんとも言えず苦手・・・。無事に飛び立ちました。
飛んでいる時に、フッとスロットル(まあ車で言うアクセルです)を戻した時のフワッとした感じも苦手だ・・・。
低気圧の影響で若干揺れる。それよりなにより残念なのは外の風景がずーっと雲雲雲・・・。
なんだか綿を敷き詰めた感じで、のっかれるものならのってみたいが。
e0078069_2318937.jpg

離陸時の滑走路が渋滞していたこともあって、定刻よりやや遅れて広島空港着。
やや雲が多いけどなんとか晴れています。この時、降りる直前にある人と同じ便(つーか私の前の席)
であることに気づき、声をかける。うおー、なんというタイミング。つーかみんな気づかないのかな・・・。
この人が誰であるかは後日ここで紹介します(もったいぶってる訳ではなく、画像いじらないといけないので・・・)。
(いわかつ氏、ネタバレコメントやめてねw)。空港からは連絡バスで最初の目的地、呉に向かいます。
山間を90分ほど進み、造船の町、海軍の町である呉に着きます。山に囲まれた港で、自然の要塞ですね。
e0078069_23181570.jpg

まずさっそく行ったのは話題の「大和ミュージアム」。実物の10分の1の大和の模型が出迎えてくれます。
入場者数も予想を上回る勢いだそうで、今日は夏休み終盤、平日の午前中とあって空いていて助かります。
e0078069_2318259.jpg

個人的に印象に残ったのは、正直言って大和でなくて、当時の様子ね。
出征した若い兵士が両親に宛てた手紙などが遺族の方々の協力を得て公開されています。
素晴らしいのは、どれも達筆、そして、異口同音に両親へ感謝する言葉が冒頭に綴ってある。
「お父さん、お母さん、今まで育ててくれてありがとうございます」と。たまらんね、これは。
そして、「子供の頃のことばかり思い出します、楽しかったです、また会いたいです」と。ちょっともう読んでられないんだわ。
両親への感謝、愛情を続けたあとに、祖国日本のために行かねばなりません、と〆ている。
これ以上見てると泣けてボロボロになりそうなので、つい、目をほかへ向けてしまう。
画像の左は、戦死の報が記された紙です。息子さんを亡くした母親のもとに届いたもの。たった紙切れ1枚。
右側はおわかりのように、出征してしまった男性に代わり、”銃後”を守ったのは女性だったわけですね。
e0078069_2318316.jpg

そして、人間魚雷。これは試作型で、実戦には別の形式のものが使われて、多くの若い兵士が玉砕したわけですね。
人間魚雷で特攻したある若い兵士が、同じように家族に言葉を残していたものが公開されていましたが、
こちらもつらくてその場にいられなくなってしまいました。今が平和であることに心から感謝するだけです。
e0078069_23183568.jpg

大和ミュージアムを見学したあとは隣接する「てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)」に立ち寄ります。
実際に4年前まで現役で使われていた潜水艦がでーんと置いてあります。迫力とサイズに驚いたわ。
ここでは海上自衛隊の活動の紹介、特に機雷処理などの掃海活動について多く触れられています。
知らなかったのは、戦後も米軍が残した機雷処理に追われたこと、機雷に船が接触したら爆発するのではなく、
音や磁気に反応して爆発するタイプもあり、年々精巧になっていることでしたわ・・・。
e0078069_23184012.jpg

このキノコみたいなのが機雷です。そして、この潜水艦は内部の見学が可能。乗組員のベッドはB寝台みたいね。
e0078069_23184561.jpg

大和ミュージアム、てつのくじら館の前はもう海です。竣工間際の大型タンカーが目の前に姿を見せています。
e0078069_23185926.jpg

中心部から歩いて20分ほど、少し坂道を登ると「歴史の見える丘」に到着です。
ここは呉港が一望できるビュースポット。眼下にはIHIのドッグが見えます
戦艦大和を建造したドッグに使われていた石材を転用し、モニュメントが建てられています。
e0078069_2319564.jpg

さらに駅へ戻る途中にある「入船山記念館」へ向かいます。
これは明治時代に海軍の呉司令長官の官舎として使われていたもので、当時の姿へ復元したそうです。
こちらも平日とあって人は少なく、穏やかに見学することができました。
ここの石畳は、呉を走っていた路面電車の路盤から転用したものだそうです。なかなか重厚。
e0078069_23191862.jpg

そしてその官舎。素敵な造りですよねぇ。
e0078069_23192325.jpg

ここは長官の執務室だったようです。
e0078069_23192714.jpg

こちらは会議室。うまく洋風が取り込まれていて、素晴らしいですよねぇ。
でもちょっと贅沢かな。高級役人(つーか軍人)の贅沢思考ってこの頃からあったのねぇ。
e0078069_23193222.jpg

建物の外から中を覗いてみます。なんだか映画に出てきそうな洋館です。
e0078069_23193875.jpg

正面玄関のガラス戸には錨が描かれていますね。
e0078069_23194268.jpg

お昼を呉駅隣接のお好み焼き屋でいただく。おぉ、これが広島風なのねぇ。
ちょっと奮発して牡蠣の鉄板焼きとのセットを注文。観光地価格っぽいけど。
e0078069_15543076.jpg

呉からJR呉線の「安芸路ライナー」で広島に向かうこととします。
30分弱で広島到着~。ここが広島か、生まれて初めて降り立ちました。
e0078069_23194759.jpg

一旦ホテルにチェックインします。JR広島駅からは広島電鉄(ひろでん)の路面電車で向かいます。
何度もどうせ乗るし、来年も来るだろうから、乗降時に楽なパセオカードを購入。
ひろでんは廃止になった全国各地の路面電車を引き取り、今も現役で走らせています。
この1900型は、元・京都市電です。塗装も京都時代を引き継いでいます。
e0078069_2319522.jpg

路面電車は地下鉄のように階段の上り下りもないから高齢者や障害を持つ方にも楽ですよね。
一時期は車に押されて消える傾向にありましたが、ここ広島では欠かせない市民の足です。
広島駅から乗る際も、その混雑振りにびっくり。そして次々と走ってくる路面電車の本数にもびっくり。
バリアフリーにも対応したノンステップ車両、グリーンムーバーmaxが走り抜けます。
e0078069_23195777.jpg

ホテルに近い大きな繁華街である「本通」で降りてみること。アーケード前の信号の目の前に電停があります。
e0078069_232025.jpg

本通商店街もカープを積極的に応援しています。カープが勝った翌日の割引サービスなどを展開中。
こんな大きな垂れ幕も飾っています。さあ、いよいよ広島市民球場へ向かいます。
e0078069_2320676.jpg


■スクロールしても後編が読めない方はこちらをクリック!

by navona1971 | 2008-08-26 23:20 | プロ野球観戦記 | Comments(2)

■前編より続きます


ホテルに入りひと休み。
疲れをとったあとはさぁ、広島市民球場へ向かいます。
歩いて行けないこともないけど、ちょっと疲れたので、路面電車で紙屋町まで・・・。
広島そごう横の地下通路を歩いていくと、赤いTシャツや帽子の人々がグッと増えてきます。
その突き当たりにあったのがこの大きなポスター?広告?壁画?
ブラウン監督を中心に、選手が集まっています。あの「最後の晩餐」を模して話題になりましたね。
e0078069_016310.jpg

エスカレーターをあがると、おぉ、これが広島市民球場か・・・いや、感動。そして人出もなかなか。
e0078069_016888.jpg

カープのマスコット、スライリーは記念撮影に追われていました。ご苦労様です。
e0078069_0161371.jpg

私が球場に着いた頃はやや雨が強くて、試合の開始もちょっと危ぶまれていたところでした。
場内アナウンスではしきりに、チケットの半券をなくさないように、と伝えています。
e0078069_0161752.jpg

ライトスタンドはグループ観戦が多そうな雰囲気。なのでレフトへ移動してまったり・・・。
e0078069_0162278.jpg

雨も弱くなり、ベンチ前でウォーミングアップをはじめるカープナイン。
e0078069_0162780.jpg

うおー、カープのホームユニが新鮮。そして前田じゃないですか。森笠と談笑し笑顔も見せる。
e0078069_0163224.jpg

貫禄あるよなぁ。新球場でも現役でぜひお願いします。
e0078069_0163879.jpg

先発は疲労から登録抹消されていましたが復活のルイス、ヤクルトも長期離脱から復帰したゴンザレスです。
e0078069_0164370.jpg

今日のレフトは嶋。今季は調子がいいようで嶋ファンの私としても嬉しい。
e0078069_016492.jpg

やや空いていた外野スタンドも、試合開始直前にはかなーり埋まってきました。
e0078069_017582.jpg

ルイスはまずまずの立ち上がり。相手に的を絞らせません。ゴンザレスも前半ノーヒットに抑えます。
e0078069_017936.jpg

北京五輪出場をねぎらうメッセージがカラービジョンに。よい演出ですよね。場内からも拍手が。
e0078069_0171376.jpg

で、選手の似顔絵カップを扱うアサヒビールの売り子さんを捕まえる。注がれたコップには東出の顔が・・・。
e0078069_0171857.jpg

いい感じの夜になってきました。雨も止み、ときおり吹く風も涼しく、秋の雰囲気です。
外野は満席になり、通路は立ち見客で埋まっています。
e0078069_0172328.jpg

ビールの2杯目は前田カップでした。しかしこの似顔絵、そっくりだよなぁ・・・。
e0078069_0172759.jpg

カープはレフトにも応援団がいます。鯉組ですね。ボンボンを持った赤いハッピの鯉組レディース、渋い。
e0078069_0173275.jpg

栗原の二度のタイムリーでカープリードのまま迎えた7回、球団歌にあわせてジェット風船を飛ばします。
今日は、核廃絶を願うなんとかイベントの日なので、ジェット風船は緑色なのです。あ、折鶴ナイターだったかな。
e0078069_0173623.jpg

母上を亡くされたブラウン監督、悲しみにくれる間もなく職場復帰。ヤクルトはゴンザレスがKOされ、木田にスイッチ。
e0078069_0174059.jpg

その後は森笠のタイムリー、代打前田の押し出し四球などで効果的な追加点を奪取したカープが5-1で勝利。
ヤクルトは8回に1死満塁のチャンスで青木が東出の好守によるダブルプレーで無得点が響いた。
e0078069_0174491.jpg

試合終了後はスライリーがモーターカーに乗って一周。手にはこいのぼりが。しかし軽快はハンドル捌きだな。
e0078069_0175436.jpg

ヒーローインタビューは好投のルイスとタイムリーを放った栗原。外野ではあまりマイクの声が聞こえず・・・。
こあと「ヒーローと記念撮影」というのをやるんだけど、いつもその様子だけこっちからテレビで見ててて、
一体どうやってあれは選んでいるのかな、と思ったら、試合開始前に年間指定席に座っている人から、
カメラマンがチョイスしてカラービジョンに映して選んでいたのね。
e0078069_0175837.jpg

試合を終えて球場を出ると、目の前にはライトアップされた世界遺産、原爆ドームが。明日はしっかり見てきます。
e0078069_018468.jpg

夜の球場の前を路面電車が走り抜けます。この光景もあとわずかです。
カープグッズを着込んだ人々が繁華街である本通へ消えてきます。みんな笑顔ですね。
e0078069_018864.jpg

■試合結果
広島5-1ヤクルト
勝利投手 ルイス(12勝5敗0S)
敗戦投手 ゴンザレス(0勝2敗0S)
・ヤクルトバッテリー
ゴンザレス、木田、佐藤、花田、西崎 - 福川、川本
・広島バッテリー
ルイス、シュルツ、ブラウワー、梅津 - 石原
by navona1971 | 2008-08-26 23:19 | プロ野球観戦記 | Comments(4)