<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日は新小金井のお客様へお買い上げ頂いた製品を届ける。いつもは宅急便なんだけども、
急いでいると聞いたし、たまにはお会いしないとね。半年振りくらいかな・・・。
初めて話をした時はつっけんどんだったんだけども、今やすっかり気の置けない方になりました。
こういうのは営業の楽しさだと思います。遠慮せず相談してくれたりするのはありがたいことです。

地下鉄東西線で中野、中央線で武蔵境。下り線が高架になったんだよねぇ。きれいになったよなあ。
ここで西武多摩川線に乗り換え。この線は西武のほかの線とつながってないユニークな支線。
ワンマンカーがのんびり行き来しています。
電車に乗ったら窓が開いてた。ああ、なんかこうやって下側の窓の開く電車に乗るのは久しぶりだなあ。
そういえば、こうやって指でつまんで窓を上げるタイプって最近見なくなったね。
隣を中央線が追いかけてきます・・・通勤ラッシュが終わった多摩川線の車内はガラガラ。
e0078069_2232315.jpg

新小金井に到着。屋根のないホームがローカルな雰囲気を醸し出してます。
っていうか、このお客様へ行くようになってこの駅の存在初めて知ったし。
こうやって知らない町を仕事ついでに訪れて、だんだんとわかっていくのも、また楽しい。大好きだな。
新小金井駅はゆったりとした造りで、駅前にもちょっとした広場があります。結構お気に入りの町です。
e0078069_2233063.jpg

駅前の商店街はこんな感じ。お昼前でガラーン。有線放送の音楽が上のスピーカーから漏れてきます。
歩いている方は高齢者の方が目立つかな。でも大型スーパーもないし、昔ながら、という感じ。
ここを抜けて、お客様の事務所へ。笑顔で迎えてくれます。
子一時間ほど、仕事の話で情報交換。うーん、やっぱり大変みたいだね・・・。この業界。
いずれにせよみんながスムーズに仕事ができるよう、支えていかねばと思う。
最後は笑顔で〆て事務所を出る。あ、そういえば前回来た時に迎えてくれた15歳の猫がいなかった。
いつもわしが行くとニャーニャー鳴いてたんだが。もしかして・・・。
メス猫で「男の人が来ると鳴くの。女の人だと鳴かないんだよねぇ」と。あはは。なんか面白いw。
e0078069_2233751.jpg

今日は午後、病院に行かねばなりません。本当はお昼の時間を利用して、お客様の事務所から、
坂道を降りて、武蔵野公園を抜けて歩きたかったんだけど。そんな時間はなくて・・・。
このへんは国木田独歩の「武蔵野」あたりで触れられています。素敵なところですよ。
今度は休みにでも改めて訪れようと思います・・・。新小金井に急いで戻り、多摩川線で白糸台へ。
ここから徒歩5分で、京王線の武蔵野台駅に着きます。連絡きっぷはありませんが、乗り換えはできます。
中央線沿線のお客様と、京王線沿線のお客様を続けて訪れる際、このルートをよく使うんです。
ただ、白糸台駅と武蔵野台駅はそれぞれ、目視で確認できないのでこのように地図があります。道もちょっとわかりにくい。
この辺もマンションや戸建住宅が増えましたが、畑もまだまだ残っているのんびりとした風景が残っています。
e0078069_2234481.jpg

白糸台駅から武蔵野台駅へ歩く途中にあるのが、スイス風パン屋「モルゲンベカライ」です。
わしが外へ行くと見知らぬパン屋さんに入るのが結構好きなんですけど、ここはそうやってふらりと入って
気に入ったお店のひとつ。値段もリーズナブルだし、味付けも濃くないし、あっさりして、健康的だし。
この日はちょうどお昼だったので、立ち寄ってパンをいくつかチョイス。すでに数人の先客がいました。
ここは繁盛してるなぁ・・・。
e0078069_2235081.jpg

地味な外観ですが、パンはおいしい。焼き上がり時刻などが手書きで掲げられてるのが素朴です。
「あなたはその痛みにいつまで耐え続けるのですか!」なんか怖いコピーwww。途中見かけた整骨院にて。
e0078069_2235741.jpg

武蔵野台駅に到着。ちなみに各駅停車しか停まらない。うーん、ちょっと寂しい。
駅の売店ではなぜか千葉ロッテマリーンズの応援感謝セールがw。なかなか安いぞ。
このあと、府中のしろなまずさんの事務所が引っ越しをしたので、お祝いでも持って顔を出そうとしたんだけど、
東府中で人身事故。電車が全く来ない・・・。病院に行く時間もあるので結局断念。
府中は諦め調布に向かうことにするがこちらも電車が来ない。20分待ってやっと各駅停車が・・・。
飛田給で特急が臨時停車してくれてやっと調布に着く。ところが相模原線が全く来ない・・・。ちょw。調布駅は人だかり。
さらに20分近く待たされて京王稲田堤へ。もうグッタリ・・・。病院にもう着いてないとヤバい。採血あるし・・・。
e0078069_224323.jpg

稲田堤駅前の「おかしのまちおか」。しっかし安いね。この価格には驚き。どの店もいっつも混んでるよね。
e0078069_2241030.jpg

予定より1時間遅れて病院に到着。幸いにも診察も遅れていたため助かった。急いで採血してもらう。
しかし、毎度毎度、針をぐぃ、と刺して血を抜かれるのは嫌だな。
血を採ってから、針を腕から抜く時の感じがもう・・・ぞわぞわだw。あー、注射って嫌だねぇ。
で、診察。うーん、別に何が悪くなった、というわけではないんだけども・・・。悪くはなってないがよくしないとな。
先生から一層の奮起を促される。「よくなったらちゃんとナース紹介するから!」と励まし?を受けつつ診察終了。
帰りには病院近くで障害者の方が作ったクッキーを売る「しいの実工房」へ。ここのクッキーおいしーんだよね。
造りがかわええなかよしベアほか何点か買い求める。明日会社でみんなのおやつ用として配る予定。
e0078069_2241611.jpg

ふー。月曜の話をこうやって火曜の夜に書いております・・・。今日は社員所有のPHSが壊れてしまい、
総務がWillcomショップへ修理に出したいが行く時間がない、と悩んでいるのを見たためわしが代わりに池袋へ・・・。
池袋の東口に降り立つのって何年ぶりだろう・・・。端末を修理に出して代替機をゲット。
本当は今日プールに行きたかったんだけどなぁ。プール行こうとすると必ずこういう出来事が起きるんだよな。
でも総務にはいつもお世話になってるし、仕方ない。これくらいやらないと。しかし池袋の人ごみは疲れる・・・。

で、自宅最寄駅からのんびり帰宅。途中の交差点角にあるコンビニに立ち寄ったところ、ちょうど店から出てくるOLとすれ違う。
ちょwwww。HY嬢じゃんかwwww。まだこの町に住んでたのか・・・つーか結婚してなかったのか・・・(余計なお世話かw)。
HY嬢はわしと小学校~中学校~予備校と同じで、学生時代は7年クラスメート、予備校時代も一緒に通学してました。
懐かしいなあ。その後、社会人になってからメールのやり取りは結構してたけど、いつの間にか疎遠になり・・・。
姿を見るのは18年ぶり。面影が顔に残っていたのですぐにわかった。でも声はかけなかったけれど。
ああ、懐かしい。本当に懐かしい。昔は神がかり的にかわいかったからねぇ。
予備校一緒に行くの楽しかったなぁ。まだ携帯なんてなかった頃だよな・・・。よく長電話したなぁ。
まぁそうやってうつつを抜かして勉強してなかったわしは落ち、彼女は福沢諭吉大学に受かるわけだがw。
もうとっくに嫁に行ってるもんだと思ってた。まあ姿みただけでイコール独身と決め付けるわけにはいかんが、
そんな雰囲気だったな。ああ、しかしわしらも来年37歳。老けるもんだよなあ。ついこの間まで学生だと思ってたのに。
今や平成生まれが18歳だからねぇ。無理もないか。なんだか寂しいね・・・。
by navona1971 | 2007-10-29 22:04 | とりとめもない話 | Comments(2)

熱海へ一泊温泉旅行

弊社が加盟している健康保険組合直営の保養所が熱海にあります。
格安で施設もよいため予約を取るのも一苦労。
温泉行きたいねーという話しを友人のOT氏としていたんだけど、
ダメモトで電話してみると「一部屋だけ空いてます」と。おお、ラッキー。
その話をういんろっく氏に話すと「俺も行く」と。ちょうど三人部屋なので、三人で予約を取ることにする。

場所は熱海駅の裏手にある山の中。草津なども考えたんだけど、何しろ遠くて。
一昨年、同じく友人OT氏と草津に行ったんだけど、朝10時に我が家を出て、その後環八に進むも大渋滞。
全く動かないため、砧から狛江に抜け、調布から中央道、さらに16号であきる野(ここでやっと昼食)、
そして圏央道で鶴ヶ島を経て、関越道に出て渋川伊香保からさらに90分だもん。8時間近くかかったw。
その反省?を生かして今回はやたら近い熱海。朝11時に江田で待ち合わせ、東名~オダアツ~真鶴道路。
台風が接近していることもあって行楽客は少なく道はスイスイ。2時間かかることなく熱海駅前に到着。
車が苦手(酔う訳ではない、乗りなれないので疲れる)のわしとしては限界というか、ちょうどよい距離。
ここで栃木から新幹線を乗り継いできたういんろっく氏を拾う。あ、コンビニで酒も調達してね。

車で10分ほど走り宿へ。和室の8畳くらいの部屋。オーシャンビューだよ。でも台風で外は何も見えないw。
とりあえず温泉兼プールで泳いだり、またーりしたり。スイミングスクールに通った経験もあり案外水泳の得意な
ういん氏にバタ足を教わったり。ああ、やっぱりプールはいいな。ほかのグループはおらず貸切状態。
そんなこんなで1時間近くいたわけだが、プールを終え着替えるといきなりういん氏フラつく。ちょwww大丈夫か。
どうやらのぼせたらしい。そうそう、ういん氏は風呂が苦手だったことを思い出した。
その割には今日長く風呂に浸かってたもんなー。決して熱い湯ではなかったんだけど。びっくりしたよwww。
死んだらどうしようかとww。まぁ生きてるからよかったよー。風呂は怖いからね。
OT氏も酒軽く呑んで入浴してたけど、これマジで危ないからね。気をつけないと。

で、部屋では何をして過ごしたかといいますと、プレステ、スーファミ持参でワールドスタジアム、
スーパーフォーメーションサッカー、ボンバーマン、スーパーマリオワールドですw(レトロだなこりゃ)。
OT氏とはワースタ、実力拮抗なので白熱の戦いになります。けれどOT氏はいつも巨人を選ぶ(ファンじゃないのに)。
なにせ打線が松井、高橋、江藤、清原、マルチネスって息抜けねぇんだよ。松井は当たれば長打だし。
(ホームラン、2試合に1回は打たれてる)。一方、わしが選ぶチームはもっぱら西武。これがまた打線が貧弱w。
クリンナップが松井稼、鈴木健、垣内だからね・・・。1番大友だし(あ、離婚したねw)。
ただ、松坂がすでにいるので、結構いい球投げてくれるんだけどね。今回は二人で8回くらい対戦し、
わしの3勝5敗。うーん、途中同点にするも最後は息切れというパターン。デニー炎上とかw(ホンモノと一緒やんw)。

おいしい夕食をとり、日本シリーズを観戦。悔しいがダルはいい投手だねぇ。3人で野球を見ながらお酒。
ああ、やっぱり和室はいいね~。本当はパターゴルフやりたかったんだけど、雨で・・・。
眠くなってきたところで消灯。翌朝は日の出に合わせて起床。海から顔を出す朝日にしばし感動。
アジの干物が出る熱海ならではの朝食を頂く。しかし、宿の朝飯ってなんでこんなにうまいんだろうか。
こういうメシって「旅に来たなぁー」という感じがしますぜ。
1泊じゃあっという間。チェックアウトの時間が来たのでふたたび熱海駅へ。ういん氏をおろしたあと、
OT氏と土産物屋を散策。その後車で来た時のルートを戻る。今日は行き以上にスムーズ90分ほどで東名川崎に。
いやあ、やっぱり旅行は近いのがいいね。疲れも残らないし・・・(おっさんだなw)。


台風一過、日の出が素晴らしかったねぇ。ご来光、最近お正月天気悪くて拝めなかったし・・・。
e0078069_21335840.jpg

朝日が昇ってきてプールとレストランを照らしていきます。整然と並んだ食器がお客さんを待ちます。
e0078069_2134419.jpg

あー、チェックアウト直前にこの天気だからね~。惜しい。次回は晴れることを期待します。誰だ雨男は。
e0078069_21341185.jpg

伊豆の海はキレイだねー。熱海は観光地としては廃れてしまったとよく聞くけど、まだまだ捨てたもんじゃない。
e0078069_21341842.jpg

前日は台風の中、ここの露天風呂に入ってました。それもなかなか乙でしたがw。しかし絶景だわ。
e0078069_21342465.jpg

しっかし、守屋の証人喚問・・・病院で見てたが。のらりくらりでかわされたな。無理もないけど。
議員側も準備期間ないし、何か強烈なネタ握ってる人もいたわけではないし。
だけど、生き様って顔に出るな。おおよそ善人には思えない顔だよ。
最新号の文春の吊り広告に亀田父と守屋の顔写真が出てるんだけど、似てるよな顔つきが。
それによ、ガキじゃねぇんだからゴルフゴルフとホイホイ喜んでついていくなよなぁ。
カミさんまで同行して、娘に至っては留学先でのフォローまで。
これで業者に全く便宜を図らないんであれば、むしろその冷酷さが問題だわなw。

人間なんてせいぜい生きて80とか90だよ。それもイキイキと動けるのなんて50くらいまで。
あとは老いる自分をひきずりながら日々を過ごすわけだ。そんなの金持ちも貧乏人も一緒。
だったら、なんてもっと他人の不幸や幸せに敏感になれねぇんだろうなぁ。理解できんよ・・・。
うまいモン食って、好きな女抱いて、金ばらまいたってどうせ死ぬんだから。
だったら、もっと有意義な生き様見せてみろよ、と。

この間、川崎産業図書館に調べ物があったんで出向いたら、途中で目の輝きを失ってるホームレスが。
なんかどうしても気になったので、一旦通り過ぎたあと、コンビニでパンいくつか買って、彼のところに戻って。
話しながらパン渡して。残飯食ってる様子が伺えたから。「栄養つけてよ」って渡したんだけど、
「いいよ、お兄さん体大きいだろ?食べないとダメだよ」って。むしろ痩せなきゃダメなんでw、と言ってあげたけど。
おいしそうに食べてくれた。そこから少し座って世間話・・・。人間関係が嫌になって会社を飛び出して・・・。
川崎来てまだそう時間は経ってないそう。顔つきは確かに優しそうで、社会から隔絶された雰囲気はない。
年金受給までもう少しで、「年金手帳だけは大切に持ってるんだ」とリュックの奥から見せてくれた。
山梨(塩山)の実家からは「”戻って来い”とは電話するたびに言われるけど、今更・・・」と。つらいなあ。
わしも本当に弱い人間で、たまたま家族や友人、
そして会社に恵まれているお陰で温かいご飯と雨風をしのげる部屋が得られている。
彼との違いはたったそれだけ。彼にもそういう人がいて欲しい。早く出会って欲しいと思う。
そういう人がいないのであれば、少しでも自分がそういう役目をできればと思う(自己満足は承知の上だが)。
望まれないで、喜ばれないでこの世に生を受けた人なんていねぇんだから。自分以外の人も、大事にしたいよ。
彼も、きっと、誕生の日は両親に大事に抱きかかえられ、心から祝福をされたんだろう、と。

川崎では冬場に手袋のないホームレスに軍手あげたり、できることをするんだけど(たまーにですけど)、
みんな「ありがとう」って言ってくれる。今回のパンおじさんのようにこの程度でも遠慮する人がいる一方で、
偽名のプレートつけたゴルフバッグ抱えて嬉々としてアゴアシ付きに飛びつく守屋・・・。情けね・・・。
by navona1971 | 2007-10-28 22:31 | 静岡・新潟(出張) | Comments(5)

今日、仕事の帰りになにげなく北の空を見たら、オレンジ色っぽい球形の物体が流れるように
落ちていくのを目にした。数秒間。最後にその物体がさらに3つくらいに割れて、消えていきました。
最初は飛行機が落ちた?なんて驚いたんだけども・・・。

さきほど、2chの某板某スレを見ると、以下のような書き込みが・・・。
------------------------------------------------------------------------
278 :名無しSUN:2007/10/23(火) 19:33:11 ID:LimqPJL0
さっきでかい火球が流れた@東京上空
誰か見た奴いない?
280 :名無しSUN:2007/10/23(火) 19:38:03 ID:Jqe87xk3
見た。 埼玉県中央部でほぼ真北の低空、西から東へ、地平線と平行やや東下がり。
明るさマイナス5等以上。2秒間以上。
282 :名無しSUN:2007/10/23(火) 19:43:40 ID:bTldDrRp
オレも見た 黄色っぽく横長に光って堕ちていった 星なんかより大きかった
髪の毛生えます様にと願いました
286 :名無しSUN:2007/10/23(火) 19:55:23 ID:3nlrjyB/
最後3つに分裂したよね? オイラも唖然としましたよ
290 :名無しSUN:2007/10/23(火) 20:11:22 ID:i0BqIkou
見たよin長野県上田市。19時25分頃。
293 :名無しSUN:2007/10/23(火) 20:21:53 ID:1By65Nvj
@新潟市 仲間がいてよかった
19時23分 十三夜を眺めていたら 黄オレンジ色の火球?が最後3個に分裂
西北西から東南東方向へ ちょうど月の下で消えた・・・
------------------------------------------------------------------------
流星?火球?その辺の区別がよくわからないんだけども。30年以上生きてきて産まれて初めて見た。
なかなか感動しましたよ。で、文章だけではナンなんなので、画像を2枚。流星はもちろん撮れない。
願いごとを言うのも忘れた。今年は元旦に財布を拾う(ちゃんと届け、本人に戻る)し、
いい行いをしてきたのにいいことがないw。まあ穏やかに明るい日々が過ごせるだけでもいいもの。
あ、話が戻って画像。駅のベンチに座ると、柵をはさんで向かいに鎮座するねこが・・・。
e0078069_2312552.jpg

そしてもう1枚は日本橋にある西川(あの布団の)本社の1Fになったスヌーピーキャラのぬいぐるみ。
外回り中に見かけて思わず撮影。撮っていいとも書いてあったんで。
いくらなんだろう?と思って首から下げてあるプレートを見たけど、値段は書いてなかったわ。
e0078069_23121272.jpg

by navona1971 | 2007-10-23 23:14 | Comments(2)
どーも。やはり先に画像をアップしてあとでキャプションを加えるのは、億劫になってしまうね。
いかんいかん。先週金曜日の出来事なんだからなるべく早めに更新しないと。
で、木曜日同様、金曜日のチケットも阪神ファンが手放したバルコニー席を格安で入手。
今日もひとりで行くのはナンだな、と思い、いつも広島戦で連携している開発部の同僚、MT君を誘う。
「行きます行きます、仕事なんてどうでもいいです(そりゃマズいだろw)」とメールで返事が。
私はお客様にところに出向かなくてはならなかったので、現地で合流することに・・・。
2Fのバルコニー席。今日は最前列。開放感があって見やすい。実に気分がいい。球場全体が見渡せる。
e0078069_10412941.jpg

巨人の先発は木佐貫。っていうか彼でいいの?高橋尚という予想が圧倒的だったんだけど・・・。
e0078069_104136100.jpg

高く上げる足が印象的な井端のバッティングフォーム。あと、ファール大杉www。
昔川上が「打球を1塁側にカットする井端の真似」をテレビ番組でやってたがすげー似てたなああれ。
e0078069_1041438.jpg

今日も”レフドラ”は熱狂的な応援。レフトスタンドがドラゴンズブルーに染まっております。声もよく出てる。
e0078069_10415477.jpg

立ち上がりに苦しむ川上の一方で木佐貫は一見好調にみえたが次第につかまり始める・・・。
e0078069_1042273.jpg

ちょっとこのクライマックスシリーズで不調なのがこの森野。いいトコないんだよねぇ。プレッシャーなのか?
e0078069_10421071.jpg

木佐貫もランナーをかかえる苦しいピッチング。ほそーい、気弱そうな顔だから余計に苦しそうに見える。
e0078069_10421760.jpg

井端らにタイムリーを浴び結局木佐貫は4回で降板。あとがない巨人は中継ぎエース、林をマウンドへ送る。
e0078069_10422493.jpg

レフトスタンドのコールに応える井端。そう、今日は木佐貫のセンターへ抜けるか、というゴロを
荒木が取り、井端へトス、素手で井端が取りファーストへ送球する”アライバスペシャル”が成功。
このシーンは球場全体がどよめいたわ。わしも驚きの声しか出なかった。年に1度あるかないからしくて、
今年は初めてだったしい。これを観ただけで今日の直接観戦の価値はあった。
e0078069_10423164.jpg

中日の先発はエース川上憲伸。どうも立ち上がりが不安定で「こりゃいつまで持つか」と思ったが・・・。
e0078069_10423721.jpg

林はウッズを警戒して四球。レフトスタンドからのブーイングにもめげず淡々と次の打者を抑えにかかる。
e0078069_10424441.jpg

長身から投げ下ろす球、この日は力があった。しかしこの時点で林を使うとあとが苦しくなるよな巨人も。
しかし林はかっこいいなぁ。テレ東の亀井京子も惚れるわけだw。全裸メール男林・・・。
e0078069_1042527.jpg

苦しいなりにももがきつつ力投する川上。さすがだわ。よく投球を見ると逃げない。
とにかく内角を突く攻撃的な投球。これぞエースだね。ノムさんも「一番必要なのは闘争心」と言っていたね。
e0078069_10425845.jpg

巨人で孤軍奮闘するのは小笠原。どこに投げても打たれる気がする。しかしバットスイングの速さがすごいね~。
e0078069_1043661.jpg

一方、小笠原に対してブレーキになったのが李。この日も好機にゲッツー。中日李との”李対決”はあちらに軍配。
e0078069_10431261.jpg

タイロンウッズ応援時の前奏。「ホームランかーっとばせタイロン!レフトへ~、ライト~へ」×2と歌ったあと、
両手で「T」のジェスチャーをやります。好きな応援なんですわこれも。


7回だったかな、ツーベースのウッズを2塁において、5番の中村ノリが送りバント。
李はうまく前にダッシュしてきて3塁に送球するも小笠原のタッチが甘くセーフ!野選になる。
3塁塁審に抗議する小笠原・・・。もう中日ペースだね。

e0078069_10431970.jpg

そしてウッズと中村ノリを置いて李がセンターオーバーの走者一掃タイムリースリーベース!
きたああああああああああああ。ノリ走れれえれれえええええ。おっしゃーあああああ。
高めのストレートは、長身の李にはちょうどいい。鋭い打球が飛んでレフトスタンドは大歓声。
ああ、こんな緊張感ある試合最高だなあ。こちらも椅子に座っているが打つたびに立ち上がってしまう。
e0078069_10435752.jpg

これで勝負あったか。巨人のマウンドに立ち尽くす西村。ナインも掛ける言葉がない・・・。
e0078069_1044417.jpg

さらに代打立浪キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!。盛り上がりは最高潮だったが残念ながら1ゴロ。
e0078069_10441181.jpg

この回はついに”川又チャンテ”も登場。打て!打て!打て!打って打って打ちまくれ!!!!!


■後編に続きます。
by navona1971 | 2007-10-20 10:44 | その他の野球 | Comments(0)
7回表終了、6対1で中日がリード。引き続きマウンドには川上。あれだけ危なかった序盤でしたが、
拙攻にも助けられ、自分のペースを取り戻してきました。結構巨人打線は早打ちもしてたわ。
e0078069_10453728.jpg

ところがそのまま負けるほど巨人もヤワじゃない。ホリンズがセンターバックスクリーンに3ラン!
大歓声に沸くドーム。やっぱり3塁側も巨人ファン多いね。これで2点差。わからなくなってきた・・・。
e0078069_10454720.jpg

巨人は8回から豊田をマウンドへ。故障明けだけども、球は力強い。まるで西武時代を思わせる。
で、野球(特にパリーグ)をほとんど観てなかった時期に豊田は西武で抑えだったので、
あんまりすごいイメージないんだよね。この文章書きながらWiki読んでるけどなかなかだったのね。
そう、そういえばこの頃の西武、大友がモデルと結婚したよな、と思ったら、大友はとっくにクビになってるし、
さらに秋本祐希とはクビになる年に離婚してんだなwww。ちょ・・・薄情やな秋本祐希。
金の切れ目が縁の切れ目か・・・それで今はVERYのモデル・・・。まぁ美人だけどさあ、そりゃないぜ。
(話がクライマックスシリーズからズレっぱなしだがw・・・)。
e0078069_10455624.jpg

豊田から三振を食らう森野。うーん、美男子森野の不調が気になるね~。豊田は結局三者連続三振で0封!
e0078069_1046262.jpg

8回裏は岡本が登板、しかし四球を出してしまう。こうなったら残るは・・・。落合監督自らマウンドへ・・・。
そして「ピッチャー岩瀬」コール。レフトスタンドは再び大歓声。しかし本当にワクワクする試合だな。
e0078069_1046946.jpg

落合監督を中心として集まるナインは、本当によくまとまっている、結束しているチーム、という雰囲気がありあり。
e0078069_10461585.jpg

落合監督はゆっくり歩いてきた”守護神”岩瀬へ丁寧に直接ボールを手渡す。
ウッズが笑顔を谷繁に見せているところが、このチームの余裕っていうか、強さだねぇ。
e0078069_10462117.jpg

相変わらず危なげない、そして淡々としたピッチングを見せる岩瀬。壊れないし、安定してるねぇ・・・。
e0078069_10462798.jpg

今日負ければ王手をかけられる巨人は9回に上原をマウンドへ。
クライマックスシリーズ初登板。こちらの守護神登場はライト側から大歓声。
e0078069_10463342.jpg

彼もまた、抑えに転向したものの、エースだものね。先発やりたいんだろうな本当は。
以前よりやや球速は落ちたものの、風格はあるね。川上はすでにマウンドからはおりたけれど、
同い年の対決でしたね。
e0078069_10463925.jpg

安定度抜群の上原が、まさかまさか、李にセンターバックスクリーンにソロホームランを打たれる。
腕組みをしながらボーゼンの原監督。どうやらこの一打で勝負あったか。
数字が出ない李を(使わなければならない事情もあったようだけど)辛抱した落合監督の期待に
李もよく応えた。喜びがこちらにまで伝わってきたよ・・・。きれいなホームランだった。
e0078069_1046456.jpg

意気消沈した巨人は9回裏も比較的淡白な攻撃でおしまい。とうとう中日が2勝!
谷繁は「あと1勝」という意味で一本指を突き立てているのかな?
e0078069_104705.jpg

ナインをベンチ前で迎える立浪。一番前でタッチしてましたよ。まあ、そういう立場の人ですもんね~。
e0078069_1047733.jpg

はいお疲れ~、ベンチに下がったウッズや川上もナインを出迎える。お、背番号77、うーやんの姿も。
e0078069_10471441.jpg

試合はこんな感じ。専制、中押し、駄目押し、と理想的な展開。中日のいいところばかりが目立ったわ。
e0078069_10472048.jpg

いやー、いい試合だった。MT君も満足そう。わしも最高に気持ちがええ。本当に気分がええ。
アライバスペシャル、送りバントと見せかけて川上のバスター、李の復調、岩瀬の力投・・・。
いやあ、落合監督のもと、選手が本当に頑張っているね。日本シリーズまであと1勝となったドラゴンズファン
は大騒ぎ。この「奪回」というのは、原監督の題字によるもので、入場時に配られたわけです。
で、「裏には好きなメッセージを書きましょう」と。最近なんか流行ってるね。西武でもやったし、ヤクルトでもやった。
で、わしの横にいたドラファン。裏に「無理」と書いて、表の「奪回」とくるくる裏表にして周囲に見せて
爆笑を誘っていましたwwww。こういうセンス最高に好きだw。思わず1枚撮らせてもらった次第。
e0078069_11453522.jpg

試合終了後、外は大雨と強い風。普段なら憂鬱になっちまうけど、そんなこと一切なし。
足取り軽く飯田橋まで歩いて地下鉄でスムーズに帰宅。疲労感もゼロ。最高の試合でしたわ。
落合信者のわてとしては、もう文句のない一日でした。
by navona1971 | 2007-10-19 23:58 | その他の野球 | Comments(5)
先日の神宮、古田引退試合で今季のプロ野球観戦は終了!のつもりでした。
そして、東京ドームでのクライマックスシリーズ。ふと、ヤクオクを見ると怪奇な現象か。
2chで情報収集してみると、どうやら、ファーストステージの勝者が決まる前にセカンドステージを発売してしまい、
阪神が勝ち抜くと見込んでチケットを大量購入していた虎党やら転売屋が投売りしたよう。

もうびっくり。しかも定価の1割程度でも入札がない有様(平日開催分については)。こりゃひどい。
で、ためしにシーズン中はシーズンシートとして一般発売のないバルコニー席(ジュニアスイート)を、
入札してみるとちょっと競合はあったものの、定価の1割程度で第1戦、第2戦が手にはいりましたwwww。
バルコニー席は定価1枚6000円だからねぇ。2枚連番出品されいてたのでそのまま落札。ラッキー!
チケットぴあのデジポケはたまたま去年、IDだけ作っておいたので、すんなり発券できました。うわあ嬉しい。

バルコニー席は初めて。4席ごとに通路があり、出入りもしやすい。絨毯が敷いてあり、休憩スペースも広い。
選手のグッズ、愛用品を紹介するコーナーもありくつろげる。いい席だなー。普段外野派だから感激。
今日の席はライト側のポール際。真下がレフトスタンド。下をのぞくと盛り上がってる。
しかしスタンドを見回すと空席が多い。おそらく阪神ファンの捌ききれなかったチケットのぶんだろう。
これでもチケットは「完売」です。
そしてなんという偶然か、わしが座ったバルコニー席の15mほど先の同じバルコニー席には義兄夫婦が。
ちょw。なんか狙いが同じでワロタw。義兄は土日のみ観戦予定だったらしいけれど、
やっぱりヤフオクでチケットが暴落しているのを見て購入したそう。
e0078069_23511710.jpg

先発は巨人が内海、中日が奇襲で小笠原。内海はピンチの連続。しかし李も当たりが出ない・・・。
e0078069_23512445.jpg

こんな御前会議が毎回のように見られました。でも、中日も序盤は拙攻があり、結構危なかったよ。
しかもわしの右斜め後ろの巨人ファンのOLがうるさい。巨人が打つたびに悲鳴。打たれるたびに悲鳴。
抑えるたびに悲鳴。うっせーよwww。
ちらりと顔を見ると「私ってかわいいかも」って思ってる顔立ち。まあ実際かわいいんだけどw。
e0078069_23513178.jpg

ここも結局三振。平田の若さが出たかな。でも構えがいいね。たぶん落合監督も期待を込めての起用でしょうけど。
構えはかっこいいねぇ。
e0078069_23514171.jpg

そしてウッズがホームラン。「ホームランかーっとばっせタイロン~、レフトへ~、ライトへ~」と歌った直後っす。
もうボールがピンポン玉のようにライトへ飛んでいきました。打った瞬間ホームランとわかる当たり。
この日はひとり観戦ですが隣のリーマン氏とハイタッチです。たぶんこの人もヤフオクw。
e0078069_23515221.jpg

ホームランのあと、レフトからの「タイロン」コールに応じるウッズ。かっけーよ。
e0078069_2352139.jpg

先発を山井と読んで左を並べた巨人打線。スタメン起用の清水は劣勢に浮かない顔。
このあと、清水の代打に矢野が出された。そりゃさ、いくら左対左とはいえ、
清水と矢野じゃ格が違うだろ。貫目が合わないぞ。どっちが怖いと聞かれれば清水だろ。
まぁ矢野の応援好きだから聞けてよかったけど(なんじゃそりゃ)。
e0078069_23521223.jpg

恒例のビッグフラッグ登場。うーん、なんかムカつく。
e0078069_23521918.jpg

谷・・・いい選手だねぇ。3塁側の一部に巨人ファンの集団がいて、「よっしともっ」って何度もコールしたら
手をあげて応えてたね。いいヤツだ谷。この日はソロホームラン。敵ながら素晴らしい当たりだったよ。
e0078069_23522622.jpg

途中、中日は代打の切り札、井上。おおお、応援の前奏が好きなんだよなあ、井上。
応援自体もかっちょいい。「飛ばせ一樹、それ一樹!」。この打席は残念ながら・・・。
e0078069_23523226.jpg

巨人もそのままあっさり引き下がらない。8回は連打で追い上げてくる。ここで落合監督は自らマウンドへ。
e0078069_23523829.jpg

そして手に持った白いボールを手渡すのはもちろん守護神岩瀬。レフトからの大歓声が信頼の証。
広島の永川やロッテのコバマサは相手チームファンから歓声が起こるからなw。
e0078069_23524574.jpg

岩瀬の投球練習中話をする美男子森野と藤井。今日は森野、いいとこなかったけど、
ドメ不在だけに、3番は森野しか役目を果たせない。期待しています。
e0078069_2352512.jpg

ウッズ、最後の打席もホームランを期待する声援。そしてライトへ大飛球もフェンスによりかかる高橋由伸のグラブへ。
見事な空調っぷりでしたw。6回だったか7回だったかの、李の当たりもフェンス目の前で失速・・・。
「なんでスタンドに入らないんだー」と後ろから声が。だからそれはドームの空調が・・・(以下略)。
そして試合は無事、9回も岩瀬がパーフェクトに抑えて中日が見事勝利!
e0078069_23525885.jpg

バルコニー席は柱の横にテレビもついているのでリプレーもすぐに見られます。うーん便利。ほとんど見なかったけど。
明日も行きます!
e0078069_2353545.jpg

by navona1971 | 2007-10-18 23:53 | その他の野球 | Comments(2)
ウチの会社好きなんですよ模様替えが。わし、この会社5年目だけど、これで3回目だからねw。大杉。
おまいら、もうちょっと落ち着け、とw。なんかね「動線が・・・」とか「仕事の共有率が・・・」とか。総務がねぇ。
頭いい連中はすぐ理屈で動くからねぇ。そんなんで仕事効率化できて売上が上昇カーブ描くなら苦労しねぇっつーの。
だいたいわて以外秀才ばっかりの弊社だって業績、最近こそいいけどさっぱりだったじゃねぇかwww。
と愚痴はこの辺で。で、机も買い換えたらしい。真っ白で高級感あるっぽいけど。
こんな机買い換えるなら棒茄子あげろよーと言いたい。が、この机も激安なんだそう(金額聞いて安さにびっくりw)。

せっかくの土曜日なのですが涙を呑んで出勤。昨日の夜から準備していたこともあったし、
なにしろわし、荷物が少ないので、さほど混乱もなく終了。
ただ、残念なのはこれまで窓際だったんだけど、フロアの真ん中に移動しちゃったこと。
窓際族よかったんだけどなー。いい天気の時は光が差し込むし、外の様子もよくわかるし。
隣は川と公園なので、台風の時に「おー、増水してるなぁ」とか、春には「桜がいいなぁ」とか。楽しめたのに。
極めて残念。それだけが残念。
模様替え記念として、机の画像を置いておきます。つーか野球終わってネタが・・・w。
しっかしここ一ヶ月くらい永井先生の映像観てるが楽しいなぁ。
e0078069_2212463.jpg

■見てわかる!安月給リーマンのだまこもちの机
①・・・この間の仙台遠征で購入。イーグルスメモ帳。大きくて使い易いので気に入ってます。ステッカーのおまけつき。
②・・・サトウ製薬の「サトちゃん」指人形。なぜか置いてある。たまに指を入れて遊んでいます(仕事しろよw)。
③・・・ホコリ対策で、100円ショップ「キャンドゥ」で購入したランチョンマットをかけてあります。
④・・・いただいた名刺入れ。スボラな人間ですが名刺だけはきちんと管理。これは命です・・・。特にメールアドレスね。
⑤・・・FAXしたあとの書類を束ねておくファイル。送った見積書が全て決まればいいのですが。最近はPDFでメール送信も増えましたね。
⑥・・・仕事用ノート。軽いから持ち歩くのはいいけど、液晶が観づらい。正直、でっかい液晶のデスクトップが欲しい・・・。
⑦・・・これは「ダイソー」で買ったランチョンマット(また100円ショップかよw)。色合いがどうもダメ。地味だね。近日中に買い替え予定。
⑧・・・私用携帯を置いておくためのミニチェアー。デザインとクリアグリーンの色合いが素敵なのでかなーり気に入っている。
⑨・・・会社支給PHS「W-ZERO3[es]」。ええ、これでつながれているんですよ、わしは・・・容赦なく外出中もメールが・・・。
⑩・・・一応、仕事に関係する本も棚にはある。でもお飾りになってるかも(学生時代からもそうだったな)。
⑪・・・旧勤務先で交換した名刺。一部今の会社と取引先が重複するので、念のためとってある。
⑫・・・電話。IPなのでそんなに音質はよくない。ちなみにあまり電話はしません。営業の癖に。受ける方ですね。架電は好きじゃないですw。
⑬・・・ロジテックのマウス。この間壊してしまったので買い換えてもらいました。大きすぎてあんまり使い心地はよくないです。
⑭・・・小ぶりな本棚。仕事関係の本と、それ以外の本が数冊。上司に貸した「真剣師・小池重明」が戻ってきたところ。面白かったと喜んでた。
⑮・・・糊やホッチキスや長袖ワイシャツの袖止めなどの小物類置場です。
⑯・・・シャチハタ。見積書には欠かせませんね。シェフが抱えている樽にハンコが刺してあります。そろそろ電子ハンコも悪くないかも。
⑰・・・Campusのミニリングノート。大きさがちょうどよいのと、表紙背表紙の紙質が硬めなので鞄に入れても傷まず商談に便利でお気に入り。
⑱・・・ちょっとした書類を入れておくプラケース。なにか紙でもらうとすぐここに突っ込む悪い癖があるので、あまり整理できてません・・・。
by navona1971 | 2007-10-13 22:01 | とりとめもない話 | Comments(4)
えーと、とうとうこの日が来てしまいました。10/7(日)。ヤクルト本拠地最終戦であり、古田兼任監督の引退試合。
昨日に続いて今日も自転車で神宮へ向かいます。ゆっくり漕ぐと汗もかかず、快適。
そういえば、西麻布の交差点に、ミャンマーで非情の死を遂げたカメラマン、長井さんの葬儀案内看板があったな・・・。
本人も志半ばではあるけれど、ご両親の悲しみは計り知れない。そんなことを思いつつ、青山霊園の坂を登る。
お墓参りか、喪服姿の人も目立つし、ペダルをこいでいると、ほんのりと線香の香りが漂う。

神宮外苑へ。もう並木道は神宮側から青山通りまで伸びて、さらに噴水に向かい折り返し、噴水前から信濃町へ向かう。
すごいw。言葉が出ない。今回は前売りでチケットは完売、さらに自由席へ行列するためのシート貼りは10/4からという異例の事態。
10/4のブログにも書いたけど、仕事をうまく抜け出して当日、15時からシート貼りを済ませていたんだけど、よかったわ・・・。
シートの位置に行くとそこには場所には熱狂的カープファンの同僚、MT氏、熱狂的ヤクルトファンの同僚、CS氏、
そしておなじみ、熱狂的カープファン兼ヤクルトファンの友人、マイミクういんろっく氏がすでに宴を始めていた。
(なんか待ち合わせに一番最後に来るなあ、自分。でもシート貼ったのはわし。GJGJ(自画自賛w)。
しかしみんなテンション高いんだもーん。MT氏にいたっては「11時に来ました」って。普段もっと早く来いww。
まぁわてもいい年して情けなくもあるが、まるで学生時代のように気の合う人と楽しく観戦できるのもまたよろし。
特にひとり観戦も今季は多かっただけに、ひとり観戦自体は大好きだけど、こういう試合は人と観たい気もするものね。
とにかく神宮はすごい人出。野球観るってレベルじゃねーぞ、って感じ。もうみんなワクワクドキドキ。ヤクルトファンもカープファンも。
1992年の日本シリーズ思い出したよ・・・。徹夜の列が日本青年館まで続いたからね。
治安上の問題から、まぁ徹夜まではしなくてよくなったけど、こんな昼から並ぶのは久しぶりだな。
e0078069_218252.jpg

球場内では大学野球の開催中だったが、あまりに人が多いので開門時間を早めて入場開始。
シートを早く貼っていたこともあって、思いのほか、すんなり席をゲットすることが出来てひと安心。
入場者には古田敦也ベースボールカードと、このペーパーボードがレフト、ライト関係なくもらえます。
「打席に入る時に掲げましょう」と。今夜、スタンドが緑一色になると素敵だわな。あぁ、なんか実感が沸かないな。
e0078069_218106.jpg

神宮に来られなかった人のために裏面もお見せします。通算成績と、直筆のメッセージが刻まれています。
くるくると丸めて大切そうにしている人がスタンドでも結構見受けられました。あと、紙テープの準備をしている人も。
ライトスタンドの一部のブロックでは、私設応援団「ツバメ軍団」の方がチームカラーの黄緑色の紙テープを配布。
わしも1個頂く。実は初めて使うんだよねぇ。楽しみ。いやーしかし入場した途端にライトはほぼ満席に。
MT氏とマイミクういんろっく氏はレフトで観戦。もう、MT氏のテンションが異常w。隣にいるういん氏は疲れるだろうwww。
お気に入りのビールの売り子、Sちゃんから生ビールを買ってすでにグイグイ行ってるw。まだ試合始まってねーぞw。
e0078069_2181779.jpg

大学野球が終了し、グランドの整備が急ピッチで行われる。ああ、あと1時間ちょっとで試合が始まる。陽も短くなったね。
空はもう、すっかり秋だよ。雰囲気も寂しいね。あの神宮の並木も色づくまでそう時間はかからない。
3塁側スタンドへ夕陽がゆっくりと沈みます。観客の頬がオレンジ色に染まる。
ああ、とうとう、古田兼任監督ともお別れか(´Д⊂。空が澄んでいて気持ちがいい。
e0078069_2182452.jpg

■「中編」に続きます。
by navona1971 | 2007-10-07 23:59 | ヤクルトスワローズ | Comments(3)
夕陽も沈んで、試合開始が近づく。大学野球の試合終了時間の影響で、ナイターは10分遅れの18時30分開始に。
しかし、通路がとにかく混んでいる。ライトに一度入った観客が空席を探す→ない→レフトへ歩くという人々が続出。
売り子が歩くのもままならない。階下の売店の混雑っぷりは「モノ売るってレベルじゃねーぞ」という状況。
トイレも男女双方とも長蛇の列。男はまだ回転早いからいいけど、女性は大変だと思う。今オフに改修・増設しなきゃ。
特に神宮は女性客多いし。会社帰りのOLさんとか。グットウィルドームなんてトイレ多くてきれいだしなぁ。松坂資金らしいけど。
そして試合開始直前、恒例の監督同士によるメンバー表交換。古田監督のこの姿が見られるのも今日で最後。
プロテクターをつけたままブラウン監督に近づいていく、というのが兼任監督の大変さを物語ります。
そしてブラウン監督と会話。古田監督へ労いの言葉をかけているよう。他人への気遣いという点ではブラウン監督もさすが。
e0078069_20103014.jpg

試合開始前、カラービジョンで流れた記念映像。懐かしいね。(※真ん中をクリックすると映像がスタートします)。


一部のスポーツ紙報道でも「古田監督がスタメン」と書かれており、観客も期待と不安でスタメン発表を見届ける。
コールされた打順は、予想を大きく超えて?なかなか面白いものでした。(※真ん中をクリックすると再生します)。
ホームラン王を狙うガイエルに少しでも打席が回るように、という配慮もされていますね。5番は懐かしい・・・。


久々のスタメンだね。だから、古田監督もちゃんと他の選手と一緒に守備練習を行います。
扇の要だものね、捕手は。あぁ、でも似合うなぁこの姿。古田がベース付近に立つ姿は、神宮の象徴だよなあ。
ハートチップルを食べながらうるうる来てしまうわし・・・。あ、うまい棒も食べましたw。
川本、福川、おまいらも古田を見習っていい捕手になってくれよ。
e0078069_20103749.jpg

さて試合開始。ヤクルトの先発は今季低迷も後半になってやっと復調気味の左腕、石川。頼むよ、今日は勝たないと。
しかし、本当にここへ古田が座って構えるのが当たり前だったから。いなくなると他の捕手が頼りない、正直。
石川は大学時代五輪派遣に選ばれた際、古田に受けてもらって感激したそうじゃないか。
e0078069_20104425.jpg

スコアボードには5番「古田」の文字が。これが見られるのも今日でおしまい。ヤクルト=古田だったもんねぇ。
当たり前が当たり前でなくなるのはつらいね。この5番は昔からよく打った打順だったね。
今日は青木が前にいるし、彼、出塁率いいから、ランナーを置いての古田、が見られるかも。
e0078069_20105277.jpg

打席に立ちます。入場時に配られた「27」の古田敦也ボードを掲げる観客・・・。
今日はヒットがでるかな、大きいの頼む!最初の打席では、古田の旧応援歌が流れる。
懐かしい曲キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!これだよこれ。うわー涙腺が緩む・・・。
「肩の強さ、日本一だ、頼れる守備の要、勝負強く、打てよ古田、狙え三冠王~♪」。92年思い出すなあ・・・。
e0078069_201159.jpg

で、さっきのペーパーボードをこうやってみんな古田に向かって掲げてます。ちょっと大きいので、前が見えにくくなるのが欠点。
背が高くてよかったw。そして、前が見え易い通路側でよかったw。球場内みんなが掲げてます。
こんな一体感、ヤクルトじゃ初めてだ。昔の日本シリーズを超える。カープファンの皆さんも掲げてくれています。
e0078069_2011131.jpg

ほら、内野席でも。さらに1塁側、3塁側、レフト、ライト関係なく、神宮球場が緑一色でなかなか壮観。
古田に向かって投げようとしているのは、池山が引退した時にも投げた長谷川。
彼も石川同様、前半は不振に悩まされましたが、後半になり、持ち味のストレートが回復しています。
2ケタは絶対勝てる投手だと思う。来期は広島もクライマックスシリーズ行かないと。彼への期待も大きい。
e0078069_20113372.jpg

残念ながら先発の石川はピリっとせず、途中降板。そこから木田、シコースキーと継投します。シコは来年抑えで、と思ってますわ。
そして、古田と長らくバッテリーを組み、数え切れないほどの喜び、苦労を共有してきた石井一がマウンドへ。
どうやら志願のようです。まあ石井一は古田に育てられたようなものだもんね。
全盛期の石井一なんて、古田と組んでいれば何の心配もなく観戦できたしね。たまに「抜く」癖があるけれど、
今でも実力はセリーグトップクラスの左腕でしょう。古田無き来季以降は、あんたがチームを引っ張らないと。石井一、わかってる?
e0078069_2012140.jpg

残念ながら先発の石川はピリっとせず、途中降板。そこから木田、シコースキーと継投します。シコは来年抑えで、と思ってますわ。
そして、古田と長らくバッテリーを組み、数え切れないほどの喜び、苦労を共有してきた石井一がマウンドへ。
どうやら志願のようです。まあ石井一は古田に育てられたようなものだもんね。
全盛期の石井一なんて、古田と組んでいれば何の心配もなく観戦できたしね。たまに「抜く」癖があるけれど、
今でも実力はセリーグトップクラスの左腕でしょう。古田無き来季以降は、あんたがチームを引っ張らないと。石井一、わかってる?
e0078069_2012731.jpg

4回目の古田の(おそらく最後の)打席で、ブラウン監督が粋な計らい。
前日、広島市民球場で事実上の引退登板をした佐々岡がなんとマウンドへ。
直前にブルペンで佐々岡が投球練習をしはじめた頃から場内がざわついていてたんだよね。「あれ佐々岡じゃないの?」って。
ブルペンで投げる姿を見せるだけかなー、なんて思ってたんだけど、まさか実際に投げてくれるとは!
「ピッチャー、佐々岡」のコールに当然のごとく、スタンドは大歓声。
もちろん、ライトのヤクルトファンからも拍手と佐々岡コールの連呼。もう、ビジターとか、ホームとか、関係ないね。
この頃、レフトスタンドの熱狂的カープファンMT氏は酔いも加わり号泣していたらしいwww。
e0078069_20121344.jpg

広島の元エースと、ヤクルトの主軸打者、何度となくあった名対決だね。
どうやらこの二人は社会人時代、全日本でバッテリーを組んだこともあったらしい。
佐々岡、昨日引退登板はしたけど、東京にたくさんいるビジターファンにも姿を見せて欲しいな、と思ってたら・・・。
素晴らしい演出をしたブラウン監督に感謝。見ていてこんなに感激し、かつ心から楽しめた試合は久しぶり。
躍動感ある、やや上半身に力の入る感じの佐々岡のフォームも昔と変わらないな。いい選手はフォームを観れば、
他チームでも誰かわかるもんね。先発100勝100S、なかなかできることじゃない。先発、抑えとフル回転してたよなぁ。
「もう一度優勝したかった」って言ってたね。その夢は叶わなかったけど、指導者としてカープへ戻って欲しいね。
e0078069_20122162.jpg

ランナーがいたんだよね。四球で出た青木。ライトスタンドでは首に巻いたタオルで涙をぬぐう人がいっぱい。
佐々岡が最後、勝負のストレートを投げ込む少し前の画像。場内のボルテージは本日最高に。
古田と佐々岡を応援するコールが神宮の杜にこだまします。
しかし野球観てこんなにドキドキしたの久しぶりだなぁw。
e0078069_2012272.jpg

残念ながら古田監督は内野ゴロ。そして、本当の引退登板を終えた佐々岡に古田監督から花束。再び場内拍手。
そして再び佐々岡コール。いやぁ、野球っていいな。見に来てよかった。佐々岡も長い間お疲れ様でした。
e0078069_2012425.jpg

大歓声を浴びながら、帽子を取り、頭を下げてベンチへ戻る佐々岡。東京のカープファンには素晴らしいプレゼントでした。
e0078069_2012507.jpg

サプライズは続く。9回は高津がマウンドへ。そこでブラウン監督は「代打前田」。ふたたび大歓声。
ライトスタンドからも前田コールとスクワットがはじまります。こんな豪華な試合ないな。おなかいっぱいだw。
e0078069_20125657.jpg

まだまだ終わらない。前田の次は代打緒方。キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!つーか一軍にいたのか。
ケガしてたからさあ。もうびっくり。ブラウン監督すげーわ。空気読んでくれて。
e0078069_2013430.jpg

そして緒方を見逃しの三振に斬ってとりました。あぁ、この二人がこうしてタッチをする姿が見られないのか。
もう数え切れませんが、ふたたび場内からは大歓声&拍手。ここで「捕手古田」の仕事がおしまいに・・・。
e0078069_2013113.jpg

カープの私設応援団、横浜鯉恋組さんからも横断幕が。ありがとうございます。
いや、そりゃ強いチームが理想だけどさ、ヤクルトやカープのこういうところが好きだよ。低迷ぶりを忘れるなあw。
e0078069_2013184.jpg

■「後編」に続きます。
by navona1971 | 2007-10-07 23:58 | ヤクルトスワローズ | Comments(4)
試合は残念ながらヤクルトが惜敗。まぁこの日は結果なんかどうでもいいんだがw。
カープの選手はビジター最終戦では観客席にサインボールを投げ込みます。それを済ませてクラブハウスへ消えました。
ここからは古田監督の引退セレモニー。当然、誰ひとりとして帰ろうとはしない。カープファンでもね。
e0078069_19125294.jpg

セレモニー直前の古田監督。何を想う?
e0078069_1913067.jpg

一列に並んだ選手とともにカラービジョンで古田監督の軌跡を見ます。石井一はもう涙が出てきたのかな。
e0078069_1913712.jpg

映し出されたのは引退会見の様子。誰もが一言も発さず、黙ったまま、映像を見守ります。スピーカーの音だけが響く。
e0078069_1913143.jpg

一列に並ぶとこんなに選手がいるのか。それを指揮し、一年戦うことの辛さは筆舌に尽くしがたい。そして選手兼任。
e0078069_19132365.jpg

映像が終わり、再び正面を向く選手たち。バックネット裏には「18年間ありがとう古田監督」の大きな横断幕が。
e0078069_19133472.jpg

挨拶を前に、古田監督の親族から花束贈呈。お父様とお母様。横には中井美穂夫人。あぁ、もう涙なしでは・・・。
e0078069_19134157.jpg

深々と頭を下げている中井美穂夫人の姿が印象に残りました。「お疲れ様」という気持ちが表れているんでしょう。
e0078069_19134968.jpg

球団からは選手を代表して石井一と高津から花束贈呈。ヤクルト黄金時代を古田監督とともに支えた二人だものね。
e0078069_19141517.jpg

そして挨拶。ご両親への感謝、そして「心が折れそうになった」と話していたね。低迷するチームの監督はキツいわな。
e0078069_19142322.jpg

少し照れてたかな、そういうところあるから、古田は。でも、最後に「また会いましょう」で締めくくってくれた。
場内からは大きな拍手。「戻ってこい!」、「待ってるぞ」の声援も多数。泣いている人ももちろん多数。
e0078069_19143032.jpg

挨拶を見守る中井美穂夫人。懐かしいな、久々に観たよ。昔、プロ野球ニュースで毎日顔は眺めてたけど。
古田を信頼しきってる目をしてるな。こういう目で古田は美穂夫人に見てもらえるんだね。いい夫婦だなあ。
e0078069_1915458.jpg

挨拶が終わったあとはホームベース付近で胴上げ。
優勝してやりたかったけど、まぁ、仕方ないこと。二度、三度と宙を舞います。気持ちよさそうだなー。
e0078069_19512719.jpg

さらに場内一周。スタンドからはこれまでにない大歓声。そして、古田がゆっくりライトスタンドの前に来てくれました。
私設応援団、ツバメ軍団がフィールドに降りて花束贈呈。そこから古田のテーマを大合唱です。古田監督が立ち止まってくれます。
e0078069_191526100.jpg

古田監督はレフトスタンドへ進みます。カープファンからも大きな拍手と声援が。紙テープも乱れ飛びます。
e0078069_1915334.jpg

場内一周を終えたあとは、ご両親と記念撮影。りりしいね。親孝行だなぁ、古田は。尊敬するよ・・・。とにかくお疲れ様。
e0078069_19154168.jpg

これで終わりかと思ったんだけど、クラブハウスに帰る途中で、古田監督が再度ライトスタンドに向かってきます。
そして一気にフェンスをよじ登り、わがヤクルトファンに手を振り、挨拶をしてくれます。
そうそう、ここのフェンスを登るのは、優勝した時によくやったねー。ライトスタンドは歓喜に包まれます。
e0078069_1916469.jpg

ごめんなさいね、もっとピントを合わせるべきなんだろうけど、ライトスタンドは観客全員興奮状態で、
まともにシャッター押せる状態じゃなくwwww特にわしがいたのは熱いゾーンだったもんでw。すごかったわw。
古田監督さ、やっぱり目は寂しそうだよ。わしも涙でシャッターがうまく押せん。
e0078069_19161016.jpg

最後は高津とラミレスも加わってスタンドに手を振ってくれます。そう、やっぱりこの人たちだわな。
高津は万感の思いがさすがにあるようだ。ラミレスも古田とは本当に仲がいいもんな。
e0078069_19161827.jpg

古田監督、ぜひ、また戻ってきて欲しい。采配には確かに文句はつけたよ、不満もあったけど、
おまいさんの人間性には文句ないよ。若くして人を指導し、率いることの難しさも教えてくれた。
古田監督は自分に厳しく、人に優しい。わしは自分に優しく、人にも優しいw。
外の世界を見て、また、神宮の杜に戻ってくることを期待しています。ミスタースワローズだもの。
忘れもせんよ。80年代、ずっと弱くて、何度行っても負け、朝から並んでも負け。
子供の頃は優勝なんて別世界の話だと思ってた。それがノムさんが監督になり、古田監督ほか、
選手の努力で、92年にリーグ優勝、そして日本シリーズ。あの緊張した試合を見られる立場になれるとは。
ヤクルトファンで幸せだと思ったよ。来年以降も「あぁ、古田がいたらな」という思いが頭をよぎる時が沢山あるかも。
とにかく、必ず、監督として、ヤクルトに戻ってきて欲しい。待ってますよ。
本当にお疲れ様でした。古田敦也兼任監督。とりあえず、ゆっくり休んでください。
by navona1971 | 2007-10-07 23:57 | ヤクルトスワローズ | Comments(6)