<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

KEIRINグランプリ06

さあ、今年もあとわずか。今日は恒例となったKEIRINグランプリ観戦。
空は澄みわたり、気持ちがよい。まず、有楽町で買い物があるため、最寄り駅へ。
Suicaにチャージしていると声をかけられる。W44Sで音楽を聴いていたので気づかずびっくり。
同じマンションのKさんご一家じゃないか。外でよく会うんだよな、ここの奥さんと。
美人なんだよねぇー。旦那さんもとても優しい感じの人で。
いい夫婦でうらやましい。一応子連れだったので「一足はやく、少ないけどね」とお年玉をあげる。
うーん、見栄を張ってしまった・・・。競輪で取り返せねばw。

有楽町で買い物を済ませ、ラピスタ新橋へ。
京王閣は混んでいるだろうし、万一当たった時の払い戻しを考えてwここで買う。
こちらも結構な混雑ぶり。来場者サービスで赤競をもらう。
久しぶりに車券を購入。わての決めた買い目と父のアドバイスによるものと二種類。
高速バスで移動中のSY氏から「まもなく東京に着く」との連絡で八重洲口にて待ち合わせ。
「東京はあったかいですね」と開口一番彼が言う。寒くて震えてたんだけど、わて。
やっぱり東北とは違うんだねぇ。まだまだこちらの冬なんて甘いんだね。
e0078069_1938173.jpg

中央線で新宿へ。そこから京王線準特急で調布、相模原線で京王多摩川。
おお、人出がすごい。なんかグランプリって雰囲気。
そんなこんなであっという間に陽が傾く。そう、この夕暮れがグランプリだよね。
陽が隠れると暖かかった空気が一気に冷え込む。さむーw。
ホッピーを呑みつつ発走をひたすら待つ。
普段ガラガラなスタンドも今日は空席を見つけるのが大変なほど。
吉岡が引退するのでは?という新聞報道もあったし。
e0078069_1938773.jpg

いよいよ発走。気のせいか去年よりも空が明るい気がする。
しかし、場内のグランプリ独特の雰囲気はたまらないね。
観客が軽い興奮状態っていうのかな。わても二年連続での観戦だけど、
これを見ないと年を越せない感じになってきた。
e0078069_1944433.jpg

本当に最後のレースになるのか、吉岡。発走台で彼は何を想う?
e0078069_1944955.jpg

レースは合志が飛び出し吉岡が前家する展開。これだと山崎は逃げる形か。
噂では最後だけに吉岡が逃げるか?なんてのもあったけどね。
手島が山崎の後位を競るかと予想されたがそれはなく、
案外とすんなりとしたレースに。競ると利点がないってのをわかってくれたかな。
特にグランプリでは競るとロクなことないので。落車も怖いし。
そういう意味では自力で動いた手島の心意気は褒めてあげたい。
結局、山崎の逃げを利した東北ラインの三番手から突き抜けた有坂がグランプリ覇者に。
吉岡は7番手からの捲くりが決まらず惨敗となる。
秋田県から初めてのグランプリレーサー登場!
有坂ファンとしては嬉しい。枠単だが車券もゲットした(低配当だけどね)。
K1でおなじみの角田さんから花束贈呈。笑顔で受け取る有坂である。
e0078069_19441429.jpg

有坂の表彰式が終わり、「さぁ・・・終わったか」と思ったら場内アナウンス。
「吉岡選手からファンの皆様にご挨拶があります」えええええええええええ!マジか!
どよめくスタンド。すでに帰途についているファンも多いけど、まだまだぎっしりだ。

自転車に乗り敢闘門から出てくる吉岡。壇上に立ち、涙ながらに最後の挨拶をする。
声にならない。嗚咽とともに締めくくり、具体的に引退という言葉は口にしはしなかったけども、
ファンへの感謝の言葉ばかりが続いた。
「てめえ吉岡やめんじゃねーよ」。罵声も飛ぶ。愛情という名の罵声が。
e0078069_19441926.jpg

吉岡が挨拶したあと、日本自転車振興会、その他協賛団体から表彰が続き、
最後、ご両親から花束贈呈。バンクに家族を呼んだのはこれが初めてだってね。
何度も涙を拭う姿にこちらももらい泣き。周囲でも涙する人の姿が目立つ。

低迷し、白眼視された競輪というギャンブルの中に中野の後継者として舞い降りた吉岡。
わては全盛期を直接目にはしていないけれど、過去の映像では何度も見てきた。
彼のフォームって、獲物を狙った豹のようなんだよね。誰よりもキレイでかっこいい。
選手の人柄も大事なことはわかる。でも競輪は博打。選手は博打の駒。賭けの対象。
1着にどれだけ絡むことができるか、それが評価のすべてだと思う。
余計なパフォーマンスも浪花節もいらない。
黙々と輪界を背負ってきた吉岡こそ、ファンのことを最も考えていた選手でしょう。

歳とっても、それこそ還暦まで走って欲しかった。でも、彼なりの美学があるのかな。
とにかく、長年この世界をひっぱってくれたことに感謝。
e0078069_0242061.jpg

そして現役選手として最後の場内一周。
吉岡がゆっくりペダルを踏みと、鐘が鳴り響く。心地よい、気持ちのよい音。
冬のピンとした空気の中を突き抜けていく。
ファンからは吉岡の名前が悲鳴のように連呼される。
わても「吉岡お疲れさま!」と涙声で叫んだ。だめ、もう涙が止まらない。
e0078069_0272746.jpg

一周して敢闘門に戻ったところで選手から胴上げ。
同時にスタンドのファンからは吉岡コール。
その声援を背に門の中へと消えていきました・・・。
e0078069_0271519.jpg

SY氏も涙ボロボロである。無理もない。
吉岡引退は残念だけれど、きちんとしたセレモニーは見ることができたし、
有坂が優勝、レースもみんなが正面切って勝負したので、充実した内容だった。

相模原線で京王稲田堤。そこからJR南武線稲田堤へ歩き、南武線経由で川崎へ。
そこから京浜東北線で鶴見へ。ういんろっく氏ことIK氏と待ち合わせ忘年会である。
今回の会場はIK氏たっての希望で「さくら水産」。鶴見店へと進む。
IK氏と合流。同時に「不要」と言われた高級ヘッドフォンを頂く(5000円くらいするらしい)。
※ちなみに帰宅後聴いたら確かにすげえ音だった。

しかし、確かに安い。魚肉ソーセージ50円とか、マグロ煮が80円とかw。
ビール、ウーロンハイ、ホッピーとみんなハイペースで呑みまくる。
IK氏とSY氏は今年夏の神宮での野球観戦以来の再会。
野球、相撲、競馬と話題の共通項も多いので打ち解けるのが早いw。
e0078069_0273363.jpg

で、コロッケ、鳥の唐揚げ(5セットくらい頼んだかもw)、オニオンスライス・・・
刺身(これも280円~380円程度で安い。馬刺も食べた)も頼みまくり・・・。
90分ほどいて、たらふく食べて一人4000円。
かなり食べ物を頼んだので・・・それでも安い。
会計を済ませると酔ったSY氏が店頭でいきなり”股割り”のパフォーマンスwwww
そして「甘いモノが食べたい」というIK氏の希望で階下のコージコーナーへ。
みんなカロリー大丈夫かwwwww。
そして「来年はいい年にしよう!」と3人で堅い握手して解散。

IK氏は帰宅、わては酔い覚ましを兼ね、定宿のカプセルに泊まるSY氏と歩いて川崎に向かう。
幸いにも寒くなく、風もないため、気持ちよく歩ける。30分ほどかけて川崎に到着。
e0078069_0251884.jpg

で、川崎に着いてからは定番?のUFOキャッチャー。
(ついつい使ってしまうんだよねー、100円玉を)。
これ、不二家のパラソルチョコレート(テラ懐かしい)。
うまくSY氏がうまくアームでつかんだと思ったら落下ゾーンの手前でひっかかるw。
隣で見ていたOL風二人組爆笑(右側がかわいかった)。
SY氏がすっきり取ってくれれば、女の子拍手→獲得商品をあげる→ナンパ成功w
という流れになるはずだったのに!(人のせいにすんなや自分w)。
このあと、結局ペンシルチョコレートはゲットできたのだけれど、おにゃにょこの姿はなし・・・
ちなみに、SY氏がここに来るたびにトライしていた握力・背筋測定マシンは消えてましたw。
e0078069_0253821.jpg

今日の戦利品は以上。でも私がとったのは一番左だけ。
SY氏ゲットしまくりでした~。ありがとう~。
by navona1971 | 2006-12-30 23:32 | 競輪(KEIRIN)観戦記 | Comments(4)
e0078069_9374368.jpg

マイミクであり、親友のういんろっくことIK氏がMNP(ナンバーポータビリティ)で、
ドコモからauにした、との連絡が届く。ほぉ。
今回、ちょうどソフトバンクが予想外割などをぶち上げ、そちらに話題が集中していたが、
MNPで一番加入者が多かったのってauなんだよね。

過去40台に上るわてのケータイ歴。
その中でau(当時IDO)は10年前に初めて手にしたけども、
あの頃は当然メール機能はなし。モトローラ製の「STAR-TAC」(画面上)は待受24時間w。
だからつねにACアダプター持って歩いてましたよ、しかもアナログ。ザーザー言うし。

それから3年、ちょうどcdmaOneが始まった頃にまた使って、その後もちょくちょく使う機会があった。
当時はメール機能は搭載されたものの、全文受信が出来ず、タイトルと冒頭のメッセージだけ届いて、
あとからサーバーに取りに行かねばならず、i-MODEの「センター問い合わせ」に相当する機能もなかった。

音質は当時から気に入ってはいたが、メールについてはドコモに一日の長あり、と見ていた。
その後、4年前にも使っていたこともあったけど、どうも変化がなくて、
ある意味auが一番元気がなかった頃だったのかも知れない。

で、今回、auから出たソニーエリクソンの「W44S」(画面下)。ワンセグ+ミュージック機能つき。
内部メモリも100MBをデフォルトで搭載。すげーw。
最近ドコモにも物足りなさを感じていたし、周囲がauにするケースも増えてきた。
「安いのがあったら」と思いネットで調べてみるとなんと新規0円で提供している店があるとのこと。

IK氏からは紹介メールが届く。これを申込書に記載すると、紹介した人、された人双方にポイント付与。
半信半疑で新宿の某店へ。「au全品新規無料です」と女の子。予想外だわw。
さっそく契約。その合間にドコモショップへ行き、MNP予約番号をもらう。

で、無事にW44Sをゲット。メールアドレスは@以下をauのドメインにしただけ。
音質はいいね。これは前々から信頼していた。
さらにメール機能も変換、各種問い合わせ機能などがかなり便利になっていて驚愕。
マニュアルをほとんど読むことなく使いこなせる。

さらにワンセグは電車での高速移動中も鮮明な画像が見られる。
先日は「銭金」を見ながら帰宅。普段テレビ見ないから楽しくて新鮮。
部屋の中では見えたり見えなかったりってことだけど。

音楽機能はCDから取り込みUSB経由でケータイへ。音質もバッチリ。iPodいらないよこれw。
しかもメールしながら聞けるし(今の時代当たり前なのかも知れないけど)。
メールを打ちながらでも曲が変わるとタイトルが画面上でスクロール。本当にすごい。
メール着信も知らせてくれるし。久々の神ケータイ。

これを0円で手に入れられたってことで今年はいい締めくくりかな?
e0078069_938146.jpg

by navona1971 | 2006-12-27 23:47 | とりとめもない話 | Comments(2)
e0078069_19285178.jpg

先週は・・・。

日曜日・・・姉夫婦の家でお好み焼き食べまくり。
水曜日・・・マイミクのしろなまずさんと呑み。
木曜日・・・上司と呑み。
金曜日・・・以前の勤務先仲間と呑み。
土曜日・・・前日から継続して上記の仲間と呑み。

ということで、体重を計るのも恐ろしい状態でした・・・。
今日は30分の水中ウォーキングレッスンに加え2kmほど泳ぎ、やっと体に水泳の感覚が戻ってきた感じ。
体重もなんとか先週のレベルに戻りつつある。
年末年始はプール休みだからね。今週はなるべく会社帰りに立ち寄りたい。
明日は休館日で無理だけど・・・。

そういやびっくりした。「友達の詩」を歌ってる中村中って男だったのねww
テレビで見て「うわーキレイだなぁ」って思ったのに。びっくり。

明日は今年最後の給料日。定率減税の率が落ちて年末調整もやや少なくなった。
来年は廃止だっけ・・・。ひでーな全く。

ということでクリスマスイブはラジオ聴きながらPCやってます・・・。
一応上記画像のような状態らしいしw。来年こそは!
by navona1971 | 2006-12-24 19:29 | とりとめもない話 | Comments(0)

久々のプール

e0078069_2251737.jpg

すいません、”ダイエット編”というブログながら呑み日記になってましたw
今日は昼間、ひたすら眠っておりました。

夕方になりプールへ。
日曜日以来。今週は平日一日も行けなかったからなぁ。
体が重い。ウエイトも増えているが、体動かしていないからだるいんだよね。
それでも何とか泳ぐ。でも2kmは厳しそう。結局1.5kmで終了。
まぁそれでも終わることにはスッキリした。

サウナから出て低カロリー発泡酒「ダイエット」を呑む。うめええええええええ。
体動かしたあとのアルコールはうまいねぇ。ぷはー。

そういや、最近ワーキングプアってよく聞かれますね。まぁ私もそんなもんです。
水曜の夜かな、家の近くの郵便局の前でアルミ缶を満載した自転車の横で
腰を下ろして休んでいる人がいた。木曜日はアルミ缶等、資源ごみの回収日。
それを前に前日夜から争奪戦なんだよね。

特にこの日は寒く、彼の姿がとても辛そうに見えたので、
自転車を停めて自販機で暖かい缶の緑茶を買い差し入れる。何度も頭を下げられた。
今のアルミ缶の価格相場を尋ねる。「1kg170円かな」と彼。
仕事がない、って言ってたな・・・。体だけには気をつけて、と言いつつ別れる。

東京でも横浜でもアルミ缶を集める人、そしてホームレスが増えたよ・・・。
自業自得では片付けられないだろ。好きでそうなったわけじゃないだろうに・・・。
by navona1971 | 2006-12-23 22:05 | とりとめもない話 | Comments(4)
e0078069_1736457.jpg

この日はわてが社会人になって最初に勤務した専門新聞社の仲間(OB・現役)の忘年会。
不思議なことにこの会社で知り合った人とだけはずーっとこれが続いている。今日の幹事はわて。
たまに幹事を引き受けると開催場所に困るわけだが、今回は「さくら水産溜池山王店」にする。
なぜここにするのかというと、この新聞社がこのビルにあったからw。
今は青山に移転したが、当時を回想する、というネタフリも含め、ここにさせてもらった。

今回の出席メンバー
・SY氏 競輪好きの先輩。自営で不動産管理業。日大藤沢で山本昌と同級。通産省担当、中央林間在住。
・SK氏 電話工事会社勤務。優しい人で数え切れないほどお世話に。モータースポーツ担当、船堀在住。
・TM嬢 まだ今の会社にいる。もう大台?であるがそれを感じさせない美貌の持ち主。営業管理担当、高尾在住。
・MK嬢 シンクタンク勤務。わての入院時すぐに駆けつけてくれた時は泣けた・・・。部品メーカー担当。杉並在住。
・わて  この会社には約3年勤務。大して記事も書けないくせに記者ヅラしてましたw。運輸省・環境庁担当。

19時にお店の前で待ち合わせ。ここで仕事をしていたのは12年前。風景も様変わりした。
地下鉄南北線も出来たし、ホテルニュージャパンの廃墟も消えた。キャピトル東急も一旦閉館・・・。
そんなことを思って懐かしくビルを見上げると、SY氏が声をかけてきた。
SY氏がこの集まりに参加するのはなんと10年ぶり。でも、わてがSY氏と会うのは1年半ぶりw。
過去、数年おきに偶然会うことがあった。場所は花月園、京王閣、川崎・・・って競輪ばっかかよw。
以前花月園競輪の発走台前で見ていたら隣にいたことがあったwwwww。
そしてTM嬢が来たところで、残りの二人は遅れるかもと聞いていたので店内へ。
e0078069_17365461.jpg

実はさくら水産で呑むのは初めて。座敷で杯を酌み交わす。
このビルの地下は、わてが仕事をしていた頃は雀荘で、中は伺い知れなかった。
でも、こんなに広いとは思わなかった。びっくり。120席くらいあるらしい。

わてはSY氏とはちょくちょく会えていたが、SY氏と10年ぶりの再会にTM嬢は感激の面持ち。
異常な盛り上がりを見せた。そうこうするうちにSK氏、MK嬢も登場。メンバーが揃い乾杯!

話は当時のこと、そして今の会社のこと。しかし楽しい。
みんなでも頷き合ったんだけど、まるでこのビルでさっきまで仕事をしていて、
終えて地下に下りてきて呑んでいるような、そんな感じさえする。
空白だった時間が一気に埋まってしまう。なぜかみんなとの連帯感を生む会社ではあった。
「そうそうあったあった」、「今もそうなの?」、「変わってないなー」の繰り返し。
わてが何か言うと、「お前よくそんなこと覚えてるよな~」とSY氏に頭を叩かれる。
なんかそんな軽妙なやりとりさえも懐かしい。まだあの頃は22歳くらいだったからね。
わてもみんなの前ではまだまだ駆け出しなんだよな。

最近、昔を振り返ると、本当にそんな日々があったのか、と思うことがあった。
実感が薄れていくというのか。思い出を思い出す感じになってね。
でも、今日こうやって話していると、確かに自分はこの会社にいた。
みんなと言葉を交わしていたんだ、と納得した次第。
美化されてはいるんだろうけど、あの頃はあの頃で振り返れば楽しかった。人には恵まれた。

宴会時間は二時間だったけれど、軽く超越して4時間。いつもよりみんな酒量も多い。
後半、なぜかSY氏が泣き出してしまうw。
「こんなにみんなと昔のように会えるなんてさ。よく集めてくれたよお前」と。
なんだかなー、あっさりしていた昔のSY氏を知ってるわてとしてはなんか老けを感じた。
なんかみんな丸くなっちゃうのかなーと。そんな涙は嬉しいけどね。

自宅が遠いTM嬢が帰り、お店を出てSY氏とも別れる。かなり酔ってたけど大丈夫か?w。
ここからは「なんか帰る気分じゃないね」となり、SK氏、MK嬢とともに赤坂のビアバーへ。
しかし、酔ってるとMK嬢は色っぽく見えるねぇ。いや、普段も素敵だけどさ。
二十歳の頃から知ってるから、なんか不思議な感じ。あどけない顔は変わってないけど。
妙に愛想がよくて優しいところが悪魔的な魅力あるからねぇー、この子は。

ビアバーでも2時間半。ラストオーダーとなり店を出た時には3時近く。
でも内堀通りを歩く人は多い。忘年会としては最適の日だから混むわな。
タクシーがつかまらなく手間取ったが、SK氏が乗り帰宅、わてもMK嬢と同乗。
ちょうど彼女が帰宅するルート上に会社があるので、そこまで乗って別れる。
PCを立ち上げメールチェックをしたあと会社のカーペットにゴロリ。
始発電車まで90分ばかり目覚ましをセットして休む。

そして有楽町線の始発に乗り、新橋でおいしい立ち食いそばで有名な「かめや」で
かき揚げせいろを食べて帰宅。思いっきり寝る。しかし、今日は面白かった。幸せだった。
今年一年で一番楽しい日だったかも。

これから年末までは泳がないと!
by navona1971 | 2006-12-23 03:28 | 呑む・食べる・話す | Comments(6)

二日連続の呑み・・・

e0078069_23292362.jpg

上司と大手ゼネコンへ。ここは長年彼が担当していたが、今後は私。
相手の上司への砕け方を見て、いかにきちんとコミュニケーションが取れているかが伺える。
それらをうまく自分も保っていければと。
客先を出ると時刻は5時半。「じゃあ飲みましょうか、いつもの所で」と彼が切り出す。

上司と新橋の「へそ」へ。
二人だけで飲むのは最近バタバタしてたから一ヶ月ぶり。一緒に帰る日はあったけど。
明日が新聞社時代の同僚との忘年会、昨日がしろなまずさんと呑み。珍しく続くなぁ。
でも、アルコールはすべてウーロンハイにしている。ビールや果汁系サワーはカロリー高いから。

話はどうしても会社のこと。彼はいつも物腰が柔らかく、とらえどころがないんだけども、
目のつけどころが鋭く、考えされられる。一通り真面目に話したあと、
「まぁ、どうでもいいんだけどね」と破顔一笑されてしまう。
彼の強いところは、ある種の「適当さ」。前日呑んだ日は翌朝遅刻してきたり、
夕方5時頃一緒に歩いていると、「じゃあ切り上げて呑みましょうかw」と言い出したり・・・。
それが非常にギリギリのところで踏みとどまってる。
私が真似をすると”単なるだらしない人”。でも、彼がやるとキマる。

仕事で必要なのは「愛」と「思いやり」。それを教えてくれた、いや。
そう思っていたけれど、これまでの人生で挫折を繰り返し自信を失っていた自分に
「それは正しいよ」と背中を押してくれた人のように思う。わてにとっては恩人。

今日も「1時間だけね」と言いつつ結局3時間(スーダラ節かよw)。
レモンサワー呑みまくりで、8杯くらいのんでたかなー、大丈夫かいな。
京浜東北線に乗ったら奥さんにメールしてた。「駅には11時に着きます。車で
迎えにこなくても大丈夫」と。本来ならこんなへべれけに酔った旦那さんなんて放置?が基本なのに
夜遅くなっても迎えにきてくれるのかと驚き。奥さんも優しい人なんだろうな。
それに、彼自身、憎めないところあるもんね。自然に人の輪が出来る。

そうそう、今回は京浜東北線に乗せた。
以前、早く帰宅させたいと思い東海道線に乗せたら寝過ごし国府津まで行ったらしいしwww
わてものんびりとスカ線で帰宅。
by navona1971 | 2006-12-21 23:29 | 呑む・食べる・話す | Comments(0)
e0078069_23215219.jpg

今日は年末恒例の挨拶回り。
都心から離れやや日頃訪れにくいお客様と話すには最適の機会。
直接的な商談ではなく、相手の仕事の現状や、こちらの社内情報などの交流も欠かせない。

八王子駅に降り立つ。
ある大手企業から「協力してくれる技術力のある人を教えて」との依頼にこれから行く方を紹介し、
その後スムーズに、いい関係で仕事が出来ていると聞いている。応えてくれたお礼も兼ねての訪問。
実はこういった紹介はすごく大事で、紹介を求める側の要望に応えることで、こちらの情報量、
ネットワーク、人を見極める力が試されるし、さらにうまくいけば恩も売れる。
紹介される方も経営にはプラスだし、プライドの部分でも悪い気がしないと思う。
わてはあんまり商品を売るつもりで歩いていない。まぁ会社はそれじゃ困るだろうけどw
それに、モノを売った縁よりも、それ以外の交流の方が意外とお互いに残ったりする。
ただ売ればいい、という世界じゃないから結構好きだったり・・・。
もともと上司がそういうスタンスの人で、二人三脚でやれているように思う。
年齢は15歳も違うが、なぜか交わす会話はよき友人のような印象がある・・・。

お礼のスイートポテトを買い込み事務所へ向かう。
事務所まではいつも歩く。八王子の町の雰囲気が好きだから。やや雑多で、懐かしさもある。
駅前は華やかだが、少し離れた横山町(昔のメインストリート)は商店街もシャッター通りで寂しい。
それでもクリスマスを控えそれなりの雰囲気。昭和チックでね、何度来ても落ち着く。
商店街から離れ、狭い路地を進み浅川へ。オレンジ色の光を感じて振り返ると美しい夕陽だ。
遠くには陣場方面の山々が見える。この画像の一番左手の山は多分富士山。空も澄み気持ちが良い。

ほどなくお客様のところへ。いつも優しい笑顔で迎えてくれる方。ありがたいなぁ。
いろいろ話すうちに1時間はすぐに過ぎてしまう。「よい年を」と頭を下げ真っ暗になった道を駅へ急ぐ。
e0078069_2322656.jpg


少し遅くなってしまったが、マイミクの「しろなまず」さんの事務所にも立ち寄りたくなり電話する。
幸いにもいらっしゃるようなので京王八王子駅へ向かう。
夕方はみんな準特急になってしまったのね。さっそく乗車し府中へ。
いつも忙しいので先日府中を通った時は立ち寄るのを遠慮したのだけれど、今日は少しのんびりのよう。
しろなまずさん、時折若手のスタッフの方も交えお話。またまたいろいろな情報を頂く。本当にありがたい。
こちらからは提供できるものが何もなくいつも恐縮してしまう。
画像は事務所に飾ってあるミニチュア(食玩)で作ったイルミネーション。かわいいでしょ?
窓からはトナカイとサンタがのぞきこみ、クリスマスプレゼントが置いてあります。
仕事はきっちり、いや、きっちりどころかさらに高いレベルでやる。それでいて遊び心を忘れない。
わてにはできない芸当で感嘆する。
e0078069_23222375.jpg

そしておいしいお寿司を出す近くの海鮮居酒屋へ。おいしいのよね、ココ。
仕事~プライベート全般についていろいろ話す。
話すのはすごく楽しいのだけれど、一方で自分がいかに堕落しているかも思い知らされる。
一生懸命生きてないというか、いつも五分の力というか。男ならやってみろよ、と。
必死に事務所を経営しているしろなまずさんを見ると、自分の錆びつき度に落胆してね。
で、ここでこんなことを書いてもダメなわけで、本当に気持ちを切り替えないとね。
手本となる人がいるわけだから、近くに。本来わての方が年上なのに情けない限り。

杯を交わしながら、自分たちが仕事をしている業界の現状について嘆く。
そこで、ある構想を話してくれたのだけれど、いつも驚かされるのよね、そのアイデアと視点に。
外の世界からこの世界に入ってきたから、全体を俯瞰できてる。
わてなどは足元にもおよばないが、わても外の世界からここに来たので、大いに賛同。
それらの取り組みは業界の既得権益に入り込むことになるかも知れない。
道のりは穏やかではないけども、メーカーの営業担当としての立場で、そして、それを離れ
だまこもちという個人の立場でも、ずっと応援していきたい。

こんな真面目な話から、ああいう方面の話もしたし98全盛時代のパソコン、アキバの話も・・・。
いやいや面白かった(マハーポーシャ、STEPなんてナツカシス)。あっという間の3時間でした。
申し訳ないことにご馳走になってしまい(スイマセン)。府中本町から南武線で帰途につく。
by navona1971 | 2006-12-20 23:21 | 呑む・食べる・話す | Comments(0)

小さくてもリアル。

e0078069_2213939.jpg

ノートPC用テレビチューナーをビックカメラにて購入。
最初はワンセグ用にしようかな、と思ったんだけど、すでに購入したマイミクさんの話だと
結構受信環境に左右される、と聞いていたので、私の部屋では厳しいかも、と思いアナログタイプに。
普通に同軸ケーブルを結ぶ無難なタイプとする。

なぜかポイントが15%もついたので、一度買ってみたいと思っていた「Bトレインショーティー」を購入。
どのシリーズにしようかな、と思案したけれど、1両でもサマになる路面電車編に。
ちなみにBトレインショーティーってのは、接着剤不要の塗装済プラモデル。
サイズはNゲージ(150分の1)と同等で、さらに車体を短くデフォルメしていてかわいらしい。
ちなみにブラインド式で、箱を開けるまで何が入っているかはわかりません。

で、5箱購入。画面左から、岡山電気軌道3000形”KURO”、同9200形”MOMO”、
広島電鉄1900形、東京都電7000形、土佐電気鉄道200形。

塗装はしっかりしており、窓ガラス、そしてワイパーも表現されており、それなりにリアル。
下回りやヒューゲル、パンタグラフは原則として共通部品だけども、さほど気にならない。
これまで、お店でショーケース越しに見たことはあったけれど、
直接作ってみて良さがわかった。大ヒットしたのも納得。本当に完成度が高い。

車輪を交換したり、動力を入れることで、Nゲージ車両として走行も可能。
今度冬のお休みにトライしてみます。
これなら急カーブも曲がれるので、ミニレイアウトを作りたい気持ちもムクムク出てきました・・・。
by navona1971 | 2006-12-13 22:13 | とりとめもない話 | Comments(4)
e0078069_1404966.jpg

近未来通信。仕事中に発見。東京都中央区にて。
もちろん、上と下の会社は今回の事件には無関係です。

しかし、相変わらずこういうのに詐欺られる人っているのねぇ。
もちろん騙す方が悪いけど。
by navona1971 | 2006-12-09 01:41 | とりとめもない話 | Comments(4)

どうしようかな

e0078069_22321170.jpg

えーっと、画像はこの間、銀座・数寄屋橋でみかけたベロタクシー。本文とは関係ありませんw。

今日は仕事の合間に記者クラブ時代から懇意にしているOY氏とお茶。
転職活動中の彼が「中途採用がかなり復活しているね」とひとこと。
確かにそれは同感。もちろんそれなりの競争率ではあるだろうけれど。
ここ数年の景気低迷による採用減で、中堅若手が少ない会社が目立つ気がする。
そのうえ、団塊世代の退職だものね。30代にとってもまだチャンスがあるような状況。
雰囲気を見ると、わてが今の会社に来た3年半前よりも改善されている気もする。

わての年齢だと転職もそうそうチャンスはない。
この会社に来た時は「ここを最後に、終の棲家にしよう」と思ったもの。
これまで、いくつか仕事を転々として、人間関係で特に苦しんできた。
まぁ職場の問題ってほとんどそれだよね。

その点、今の会社の上司はえらくわてを理解してくれ、仕事をするうえで不満はない。
周囲もよい人ばかり。楽しく仕事ができる環境は整っている。
有給休暇はいつでも取れるし、さほど残業もないし・・・。
そんなこんなで、来年になれば早くも4年目を迎える。

だが、サラリーが今ひとつ。いや、今ふたつか。
この会社に今後5年、10年と本当に自分が居続けるべきなのか、悩んでしまう。
別に金が欲しいわけではない。でも、それなりの年齢になれば、それなりに欲しいわな。
会社の足を引っ張ってるわけじゃないし、それなりに貢献しているつもりだし。
かといって、ガキのようにただ「金くれー」と言うつもりもない。
会社には会社の理由もあるだろうしね。

最近、この会社を去る時のことを考えてしまう。上司とも別れるし、
何より、沢山の親しくしてくれたお客様とも離れ離れになってしまう。
お客様と打ち解け、だんだんいい意味で仲良くなり、交流できるのは営業の醍醐味で、
ちょっとしたことで電話をくれたり、訪問を求められたりするのはありがたいこと。
そんな風に声をかけてくれる人もここ最近、だいぶ増えてきたように思う。

そんなことをすべて無にしてしまうことになかなかふんぎりがつかない。
大げさかも知れないが、自分が辞めたあと、自分が接してきたお客様が、
果たして、その後もウチの製品を贔屓にしてくれるのか、
後任担当者や同僚が、きちんと目を配ってくれるのか、放置しないのかが心配。
そんなもん辞めたあとは余計なお世話と言えばそれまでだが。

いつまでもここで働きたいけどね・・・。
by navona1971 | 2006-12-01 22:32 | とりとめもない話 | Comments(2)