<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

自転車で「いざ、鎌倉」

会社は休み。家にいたら基礎代謝も少ない。夜スポーツクラブに行くけど、それだけじゃ・・・。
と思いたち、自転車(27インチ3段変速シティサイクル)で鎌倉に行くことを思い立つ。
片道では最高で、自宅から大宮、というのがある。48km。帰りは友人の出タラ目氏に送って頂いたが。
マップファンWebで測定すると、自宅から鎌倉(若宮大路)までは38kmと出た。
夏に府中まで往復50kmも走っているし、気候のいい今頃なら大丈夫だろう。8時過ぎに自宅を出る。

いつもは鶴見川沿いに鶴見に出て、そこから第一京浜で横浜に向かうのだが、
マップファンWebでは二つ池から大口に出て、子安に出るような結果が出た。
わかる。それが最短なのは。ただ道が狭いから敬遠していた。
今日は土曜日だし、交通量も少ないからそちらのルートで行く。
e0078069_8523987.jpg

脚は軽い。1時間ほどで横浜へ。そこから寄り道する形で桜木町へ。
ランドマークタワーを1枚。わて、記者時代にこのビルを設計した人に会ったことがある。
このビルが出来たのは平成に入ってからだけど、計画自体はサンシャイン60が出来た頃から浮上してたそう。
下層部分がスカートのように広がっているのは、「城壁をイメージした」と聞いたなぁ。
デザインが近未来的で、やはり、横浜を象徴する存在ですわ。
今日は風が穏やかなので、流麗な姿が水面に映っています。
e0078069_856446.jpg

大好きな通りである海岸通りへ進む。旧生糸検査場の横浜合同庁舎の前を右折し、
相模ビル、日本郵船、神奈川犬警、いや、県警wの前を進む。
この通りは子供の頃から本当に好きなんだよね・・・。そして、山下公園前のS字を曲がり大桟橋に。
で、ここを「おおさんばし」と呼ぶのだが、わてはずっと「だいさんばし」と聞いていた。
ネットで調べると、横浜在住の古い人は「だいさんばし」と呼ぶそう。
別にわても古くはないが「だいさんばし」の方が正直耳にしっくりくる。なんか雄大そうで、迫力あるし。

山下公園へ。早朝のここはいいねぇ。まだ観光客も少ないし、ベンチにも空席があるから休憩。
地方からの修学旅行生が氷川丸の前で集合写真を撮っていた。うーん、のんびりいい雰囲気。
自宅からわずか1時間でここに来られるなんて幸せ。
奥にはベイブリッジ、右手には氷川丸。もっとも横浜らしい一枚かも。
「横浜にいてよかった」そう思えるひと時ですわ。
e0078069_8585330.jpg

氷川丸。元日本郵船の豪華客船。戦前、太平洋航路を中心に日米間を何度となく行き来した。
戦中は病院船として傷ついた兵士を癒してきたわけだ。戦禍を潜り抜け、ここで今は休んでいる。
煙突の日本郵船マークが誇らしげ。わての中で横浜=「氷川丸・マリンタワー」だからね、今でも。
今は艦内にレストランや展示スペースがあるけど、赤字だそう。一旦今年閉鎖するらしい。
日本郵船が改めてここで保存する方針らしい。年内にもう一度来て中を見てみよう。
ここでは結婚式も出来るんだよね・・・やりたかったなぁ・・・わての子供の頃からの夢だった・・・。
e0078069_93958.jpg

そしてもうひとつの横浜の代名詞。「マリンタワー」。世界で一番高い「灯台」ですわ。
子供の頃はねぇ、何度となく通ったなぁ。階段で展望台に行けるんだよね。
で、階段で行くと、マリンタワーの形をした定規をくれる。まっすぐ線引けないんだけどw。
なんかそれが欲しくてねぇ、足を震わせながら登った記憶があるよ。本当に怖いんだよね。
隙間から風吹きまくりだし。でもスタスタ登ってたから、元気だったんだなぁ、あの頃は。
ここも年内一旦閉鎖。でも横浜市が買い取るらしい。よかった。
わての中ではマリンタワー>>>越えられない壁>>>東京タワーだからね。

2Fにはちょっとしたゲームコーナーがあって、仕掛け人形っぽい巫女さんが
おみくじを引いてくれるゲーム機をここに来た時は必ずやってたねぇ。
ぎこちない巫女さんの動きが最高に好きだったんだが・・・。

マリンタワーからは黄金町へ。例の場所は摘発され、ほとんどの店が閉まった。
残っている店も普通の居酒屋として細々と営業してる。昔はネオンが妖しく光っていたのにな。
ここからは川沿いに吉野町へ進み、さらに鎌倉街道へ。「鎌倉18km」の表示に気合がはいる。
水分を取るのもいいが、お腹がたぷたぷになってしまうので、最強のアイス「ガリガリ君」を頬張りつつ進む。
ちょうど脚もよく回るようになってきた。いつも最初は20分くらいはキツいんだよね。
平坦な道のまま上大岡に到着。ここも京急百貨店が出来てから変わったねぇ。
バスや違法駐車が多いうえ、歩道に歩行者が多いため、車線を神経使いながら走る。
さらに港南中央へ。この辺は初めて通る場所。案外栄えているんだね。地下鉄通ってから時間も経つし。
e0078069_917574.jpg

ひたすら鎌倉街道。ゆるやかに、本当にわずかにゆるやかだが登り坂。
環状4号線との交差、横浜横須賀道路との交差も過ぎ、とにかく走る。しかし暑い。
今日はシャツに薄手のジャケットを着ているのだが、ジャケットは脱ぐ。
藤ケ沢を過ぎ、ややキツめの坂。どうやらここを下れば本郷台、だいぶ近くなってきた。
坂を登りきったあとは一気に下る。500mくらいはある下り。今はラクだが帰りは難所になりそう。
そして本郷台から、鎌倉女子大前を左折、「鎌倉6km」の表示に胸が躍る。

ややアップダウンがあり、我慢の走行。それでも緩いが。
そこでとうとう「踏切」の標識発見。横須賀線だ。やっとここまで来た。ちょうど遮断機が降り、電車が通過。
踏切を渡り左折、1km弱ほど走り、ついに北鎌倉に到着。やたーーーーーっ。
e0078069_9205568.jpg

ここからはペースを落とす。円覚寺側に渡り、ゆっくりペダルを踏む。
しかし、休日ともあって人出は多い。最近鎌倉人気あるからねぇ。こんな陶器を扱うお店もあって、素敵です。
e0078069_9244580.jpg



ここからは鎌倉学園の前を通り、洞門を抜け鎌倉に向かうが、こんなに坂道キツかったっけ。
自転車から降りて歩く・・・。なんとか登りきり、自転車に再び乗り一気に坂道を下る。
ここを走り切れば若宮大路に出る。しかしすごい渋滞。みんな車ばっかりじゃダメだよ・・・。パークアンドライドしなさい。
車の列が続く横を進むが、ガードレールがなく、隣は堀。あぶねええええ。落ちたら大怪我だよ・・・。
で、ひたすら走り続け3時間弱、ついに鎌倉に着いたーーーーーーーー。
e0078069_927356.jpg


のんびり鎌倉を楽しみたいが、とにかく人大杉。大混雑だよ。人力車はうぜえし。他県ナンバーは多いし。
今日は江ノ電を撮る、が一番の目的なので、由比ガ浜に抜ける。
とうとう海にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
e0078069_9314683.jpg

海岸には散策を楽しむ人がちらほら。夏も過ぎてさすがに人出も落ち着いた感じでいいね。
空にはトンビがぐるぐる旋回している。ああ、平和だね。穏やかだよ。ひとりぼっちだけど。寂しくないよw。
さらに海岸沿いに自転車を走らせ、稲村ガ崎へ。ちょうど江ノ電が海外近くに顔を出す場所。ここで1枚狙ってみました。
小さそうに見える江ノ電も、やはりここで見ると大きい。お客さんは満員だ。
e0078069_9352140.jpg

最近は江ノ電も新型車両の導入が続いて、このタイプは数が減りましたね。江ノ電らしさは一番あると思うんですけど。
e0078069_933620.jpg

ここはドラマやテレビCMでもおなじみの場所。七里ガ浜の鎌倉プリンスホテル前の踏切。海をバックに1枚。
e0078069_9394617.jpg

さらに自転車で進む。七里ガ浜と鎌倉高校前間にある交換所。江ノ電は単線ですからね・・・。
e0078069_9415648.jpg

「日本の駅百選」に輝いた鎌倉高校前。高校前っつうか海岸前。ホームの目の前が海岸。素敵な風景だねぇ。
e0078069_9464217.jpg

さらに先にある併用軌道区間でも撮影したかったけれど、帰りを考えるとそろそろ引き上げないと。
鎌倉からもいつの間にか結構離れている。江ノ島も目の前だ。鎌倉に向けて戻ることに。
帰りは海岸沿いではなく、極楽寺の方、山側を通ろうと思って一旦チャリを進めたが、坂キツすぎ。
諦めて行きと同じルートにする。道路際には魚が干されてました。猫から防御するため?に吊り下げ式。
e0078069_9474098.jpg

帰りも相変わらずの混雑。路線バスも動かない。地元の人にしちゃいい迷惑だろうな。
そもそも鎌倉って山に囲まれてるしねぇ。鎌倉街道作った人は偉いなぁ。ちゃんと一番険しくないコースを選んでるねぇ。
鎌倉~北鎌倉間の洞門までの坂道、きっつー。車も渋滞して危険なので降りて歩道を歩く。いやぁ疲れる。
そして途中、紅いものスイートポテトをお土産に購入。

北鎌倉駅近く、円覚寺沿いに素敵な画廊を発見。猫専門の画廊。
幸い、人も少なかったのでひと声かけてのぞく。行きに見た際はかなり混んでいたので・・・。
うーん、とても素敵な絵ばかりで驚いてしまう。ポストカードも売ってるね。
横須賀線の線路の目の前でこんな画廊を営めるなんてうらやましいなぁ。ドラマみたいな生活だw。

オーナーさんは中年の女性。顔立ちがとても穏やかで、目元を見て、「あ、優しい人だな」とわかるほど。
きっと育ちも良いんでしょう。醸し出している雰囲気が上品。
中で椅子に座っている猫に視線を送ると、「”ごはん君”っていうんです」と彼女。まだ五ヶ月なのに大きい。
旺盛な食欲が由来らしい。このほかに二匹ほど飼っているけども、”看板猫”になってくれるのは彼だけとか。
なかなかかっちょいい猫ですな。毛並みもよくてオーナー同様育ちがいい。ふさふさ、つーかつやつや。
ふと、この間見た川崎の野良猫が頭をよぎったw。まぁわても野良猫だわw。
オーナーさんに声をかけて写真を撮らせて頂く。快く承諾。ありがとうございます。この場を借りてお礼致します。

で、帰りはなかなか大変でした。本郷台から登る坂はめちゃくちゃ長いしキツイし、
疲労で判断力もにぶるし、信号無視しかかるし。まぁ大げさですが、なんとか無事に帰宅。
走行ルートをマップファンWebで再確認すると、片道42.5Km、往復85km!

家に着いたらさすがにグッタリですが30分休憩ののち、スポーツクラブへ。25m×30往復。にサウナ10分。
ヘロヘロでしたが楽しい一日でした。
by navona1971 | 2006-10-28 21:42 | 散歩・ポタリング | Comments(0)

演歌いーじゃん

詳しくは明日にでも。
e0078069_23263667.jpg

by navona1971 | 2006-10-27 23:26 | とりとめもない話 | Comments(0)

健康第一。

e0078069_16155661.jpg

by navona1971 | 2006-10-26 16:16 | とりとめもない話 | Comments(0)

中日やべええええええ

第1、2戦を観戦した姉夫婦からのお土産w。
来シーズン活躍しそうだ。

しかし、落合を胴上げしたい・・・日ハムも嫌いじゃないけどさ・・・。
頼むよ竜戦士。
e0078069_6593872.jpg
e0078069_6594527.jpg

by navona1971 | 2006-10-25 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)

ねこの国へ行く

スポーツクラブで泳ぐのは決定だけども、それだけでは物足りない。
昨日、会社まで自転車で往復したあとに泳いだ際、かなり足が軽くなって気持ちよく泳げた。
その感覚をもう一度、ということで今日も自転車に乗ってみる。

で、どこに行くかと言うと、「川崎市営埠頭」。
何をしにいくかと言うと、東京メトロ東西線で長年走ってきた「5000系電車」が、廃車に。
解体されるのではなく、第二の人生をインドネシアの鉄道で送ることになり、
その船積みがここで行われると聞いたから。いやー、鉄ヲタな行動だわな全くw。

我が家からなら15kmくらいだから、まぁちょうどいいでしょう。昨日のはやっぱり遠いw。
で、自転車を走らせる。川崎駅周辺はラゾーナの開業で西口が混雑気味。
しかし工業地帯の日曜日は快適。すんなり市営埠頭に。
ネットで調べると朝の時点では神奈川臨海鉄道線のヤードに留置してあったようだけども、もう午後。
ここには姿がなかった。市営埠頭の引込線へすでに進んでしまったんだろう。
ゆっくりそちらに向けてペダルを踏む。
e0078069_2045255.jpg

ここは保税地域。なので敷地内は一応立ち入り禁止。道路はなんとか大丈夫。
空は秋。いいねぇ。高い建物がないから空が高く感じる。
e0078069_20451114.jpg

市営埠頭に隣接する「ちどり公園」。で休憩、と思ったら、
わてが自転車を停めたとたん、わらわらと猫が出てきたw。すげー数だ。
ここに写ってないのも何匹かいますw。しかもやけに人懐っこいし、警戒心ナッシング。
いきなり歩いているわての足元をすり抜けたり、顔をこすりつけたりしてきますw。
ごめんなぁ、エサ持ってきてないんだよ・・・。でもみんな食べ物に苦労してない感じ。
野良猫の割には身なり?がしっかりしてるし。捨て猫もいるのかな。
中には首輪をしてるのもいたな。捨てるくらいなら最初から飼うなよー。
野良猫にエサをやることの是非はあるが、ここは住宅地でもない、埋立地のどん詰まりの公園だしね。
港で働く人やつり客あたりもいろいろ食べさせてあげてるのかも。
なんか妙に余裕のある野良猫たち。
e0078069_20451916.jpg

なので思う存分写真を撮ることにする。でも、カメラって猫は気づくのかな。
どうもレンズを向けると顔をそむけたり、目をつぶったりするw。
e0078069_20452815.jpg

彼も背中を向けてしまった・・・。写りたくない?
e0078069_20453679.jpg

そんな中にキリリとした顔をこちらに向けてくれたのが彼(彼女?)。
いやぁ、美男(女)猫だね。キリリとしていて。
彼はなかなか愛想もよかったですね。一番私の周りをうろうろしてました。
わてがペット可のところに住んでいたら、間違いなく持って帰ったなw。
e0078069_20454634.jpg

この猫もなかなか。横顔を頂きました。毛並みがいいわ。野良っぽくなくて。
e0078069_2045536.jpg

彼は居眠りばっかりしてましたね・・・。
e0078069_2046095.jpg

猫1「その雑誌の上って、オレの指定席なんだけど」
猫2「あ、そうなの?知らなかった」
e0078069_2046721.jpg

猫「よー、さっき真正面から1枚撮らせてやったろ~。フリスキー1缶くらい持ってこいよ」
e0078069_20462066.jpg

猫「ああ、陽も傾き始めた。一日が終わるね。今日来た奴はエサ持ってこないし・・・ふぅ~」。
e0078069_20462895.jpg

親子猫を発見。警戒心が強いのか、草むらでじっとしていました。
っていうか、親猫と毛色が違うのってあるの?猫詳しくないからよくわからん。
e0078069_20463559.jpg

ちどり公園の奥から、船積みされる電車が見えました。
この電車がインドネシアでまた、通勤輸送に邁進するんですねぇ。
でも、ここに運ばれるまでは、東京で走っていた当時のままの格好ですね。
夕方少し前に帰途へ。やや速めにペダルをこぎ、昨日同様プールでひと泳ぎ。
by navona1971 | 2006-10-15 19:49 | 野良猫撮影記 | Comments(3)

会社まで自転車で往復!

金曜の午後は千駄ヶ谷で取引先団体の技術交流会。夕方から懇親会。
出るつもりじゃなかったけれど、上司が「少し顔を出しましょう」というので同意する。
確かにこういう場は面倒がってはいけないね。私の悪い癖。いろいろと情報を仕入れる。

その後、上司と帰宅。彼は横浜在住なのでルートが同じ。
電車の中で「じゃあちょっと呑みましょうか」という話になり、なぜか横浜ポルタで呑むことに。
彼が若い頃からよく行く店らしい。25年前とか言ってたから、ポルタが出来た頃だよね。
ここで呑んで、スカイビルのサウナに泊まるのが定番だったらしい。旧スカイビルナツカシス。
カロリーを考えて、ウーロンハイ中心w。で、えんえん3時間か。
彼とは話が合う、というか感性が合うんだな。面白いし深い話が出来る。
こういう人が直属の上司にいるのは人間関係で散々嫌な思いをしたわてにとってはこのうえない幸せ。
で、横浜を23時半に解散。最終前の横須賀線で帰宅。
この日は懇親会に出ず、一旦会社に戻る予定だったため、水着一式を会社に置いてきてしまった。

仕方ないので会社に水着を取りに行くことにする。まさかスポーツクラブ行かないわけにはいかない。で、当然自転車でね。
でも、坂道は登りたくないので平坦ルートである海側を走る。

自宅から川崎市に出て、ガス橋→矢口渡→蒲田→第一京浜→梅屋敷→旧東海道→青物横丁
→品川→田町→新橋→丸の内→竹橋→神保町→水道橋→大曲→会社。片道25kmくらいか。
e0078069_8355625.jpg

ガス橋から蒲田へ行く途中にある「桂川精裸」。
いやね、いかにも昭和っぽくて。何度もこの会社の前をこれまで通ってきたんだけど、
この字のフォント、そして大きく立派に縦書き、さらにトラスを組んだ塔に掲げてるんだよね。
なんかプライドっていうか、心意気を感じていたわけ。
で、さきほど調べたら、やはり、螺子(ねじ)の製造の分野におけるパイオニア的企業だとか。
自動車、機械製品に多数採用例があるそう。なんだか納得。
雰囲気に配慮してセピア色にしてみました。
e0078069_836375.jpg

街角でみかけた野良猫・・・。最近猫を撮影するのがマイブーム。
e0078069_8361265.jpg

旧東海道に面している品川寺。観光客もおらず、静かな境内。
入口に大仏みたいな像?があるのなんて珍しいね。
e0078069_8361891.jpg

皇居前から周遊する屋根のない二階建てバス。気持ち良さそう。
いや、乗ってみたい。乗ってみたいんだけど相手が・・・orz。
e0078069_8362576.jpg

皇居のお堀にいた白鳥。カメラを構えるとずっと離れた場所にいたんだけど、
スススーーーと泳いでこちらに近づいてきたのでびっくり。エサがあると思ったかな。
白鳥をじっくり見るのは初めてかも。キレイだわ。柔らかそうな羽。
調べてみると「オオハクチョウ」らしい。シベリアなどで繁殖、日本で越冬するとか。
いや、本当に優雅な姿。悠然としているし。一応カモ科の鳥なんだね。
e0078069_8363141.jpg

会社に立ち寄って帰途。山寄り(神宮から帰る時のような)ルートにしようとしたが疲れてダメ。
坂道のない方がいいや・・・。ここは増上寺。紅葉には境内の木々がいい色になるかな。
背の高い東京タワーと何とか組み合わせて撮ってみる。

結構寄り道しながらのんびり走ったので帰りは3時間半かかったかな。
でも、脚は結構軽く回った。疲れもない。そのままスポーツクラブで2時間半ほど泳ぐ。
by navona1971 | 2006-10-14 23:41 | 散歩・ポタリング | Comments(0)
e0078069_0585052.jpg

諸般の事情で最初はなぜか上司と渋谷で夕方、結構早い時間から呑みとなりました。5時過ぎくらいかな。
こんな時間から酒場にいるなんて久しぶり。無職の時以来かw。
今日は上司が連れて行きたい顧客がいるんで、と。声掛けられたもんで。担当地域ではないんだけど、いいですよ、と。
それが終わったあとはこうなって・・・。まぁ、ここに連れて来たいとは前々言ってたけど。桜丘にある雑居ビル地下の立ち飲み屋。
呑みながら話す中身は至って真面目な内容です(夕方から呑んでた言い訳するをつもりじゃないですがw)。
会社の将来、諸問題(特に人間関係)について話すのは、悩ましいものですね。上司の苦悩も伝わってきますわ。
まぁ弊社に限らず、どこの世界に行ってもそういうテーマは必ずついて回るし、典型的な酒の肴と言ってしまえばそれまでですが。
でもね、結構自分なりに真剣に考えてるんですがね・・・。うーん。案外しんみりとした呑みになってしまった。
しかし、出てきた品はいずれもえらくおいしかったなぁ。このごぼう天、おいしそうでしょ?このあと頼んだから揚げもめちゃうま。
あとから続々とお客さんが入ってくる。この人気ぶりは納得。二人でビール2本だけ呑みました。
e0078069_0585838.jpg

そして東京ドームへ。入口で姉夫婦と待ち合わせ。
今日は野球を観にいく予定じゃなかった。でも、中日ファンの夫を持つ姉から「どうせなら行かないか」とメールがあり、
聞けば「チケットも当日券余ってる、買っておくよ」と声をかけられたため、「じゃあ胴上げ見るか」とその話に乗ることに。
しかし、欽ちゃんのゴールデンゴールズ、楽天とヤクルトの二軍の試合を含めたら今季はこれで22回目の観戦。
まぁーよく観たもんだね。学生時代も結構観たけど、それよりも多いね。自分でも驚くほどw。
ちなみに義兄は数年前は年間60試合くらい観たらしい。多忙な上場企業リーマンでよく出来たなぁとw。すげーわ。
でも、面倒がらず数多く行けばそれだけいい試合にも出会えるんだよね。だからそれを信じてわても行くことにした。

追加日程の最終戦のため、本来指定席の2F内野はすべて自由席でしかも1200円と格安。彼女たちは内野指定席へ。
わては内野自由席へ。さすがに7時を回っていたので3塁側は厳しい。
巨人のホーム最終戦でもあり、巨人ファンも多いため、あまり1塁側に行くのも、と思いい、バックネット最上段方面へ陣取る。
スタンドを埋める中日ファンの数にびっくり。東京にこんなにいたのか、ってほど。
とにかく、どよめきが常に続いている。地鳴りのような感じ。その雰囲気に圧倒されちゃうね。
e0078069_059436.jpg

試合は3-1で中日リードの場面から観戦。しかし、高橋由伸と小久保のソロホームランで同点。
その後は膠着状態。中日も硬くなってしまったのかヒットが出ない。
しかし、こうやってみるとやっぱり巨人の打線は怖い。目の前での胴上げ阻止のため相手も必死。
のちに知るのだが、今日は引き分けだと優勝じゃないのね。延長でもなかなか決着がつかない。
観ている方が頭が痛くなってくる。産みの苦しみ。やっぱり簡単には勝たせてくれない。
そして、延長12回、福留タイムリーで絶叫状態の中日ファンがエキサイトしている中、続いて、タイロンウッズの満塁ホームラン。
きたああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

もう、観客みんなが異常な興奮状態。こんな雰囲気の球場は初めて。
そして、これが優勝の瞬間。みんな岩瀬に駆け寄ってます。やっぱり最後を締めるのは岩瀬。
e0078069_059107.jpg

レフトスタンドから舞う紙テープを背景に落合監督が四度、宙を舞いました。
わての長い野球観戦歴でもペナントの胴上げは初めて。
しかもあの落合監督とはね。嬉しい。
e0078069_0591782.jpg

優勝インタビューに応じる落合監督。冒頭、いきなり泣いてましたね。わてももらい泣きですわ。
オーロラビジョンに目頭を押さえる監督の姿が大きく映し出されて・・・。
苦しく、猛烈なプレッシャーの中、平然を装って戦ってきて。
選手をねぎらう言葉、ファンへの感謝、そればかりが口をつく。頭が下がるわ。
e0078069_0592394.jpg

興奮さめやらぬファンがざわめく中、帰途につきました・・・。
そうそう、途中、水道橋が混むので、飯田橋まで外堀通りを歩いたら、
祝勝会会場に向かう中日ナインを乗せたバスと遭遇w。
思わず手を振るとタイロン・ウッズが応えてくれたあああ。

途中山手線では隣に座った中日ファンと何気なく世間話w。
あああああ、幸せだ。彼も本当に嬉しそうだった。
「日シリが関東でやらないのは残念ですね」と言ったら「アジアシリーズ行きますw」と。

帰りは横須賀線品川0時ちょうど発の最終に乗車・・・。

■試合結果

中 日 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 6  9
巨 人 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0  3

勝利投手 [ 中日 ] 岩瀬(2勝2敗40S)
敗戦投手 [ 巨人 ] 高橋尚(2勝6敗15S)
本塁打
[ 中日 ] ウッズ 46号 4回3ラン、ウッズ 47号 12回満塁
[ 巨人 ] 二岡 25号 4回ソロ、高橋由 15号 7回ソロ、小久保 19号 7回ソロ

今季応援チーム観戦成績9勝11敗
by navona1971 | 2006-10-10 23:58 | プロ野球観戦記 | Comments(4)

肌寒い秋のナイター観戦

e0078069_1141575.jpg

試合前にビールでういんろっく氏と乾杯。
この頃はまだそんなに冷え込んでなかったんだよね・・・。
ちなみにこのあとチューハイも飲みましたw
e0078069_1142252.jpg

バッターボックスはラミレス。
ちなみにラミレスの応援テーマはベネズエラ国歌をアレンジしたものです。
e0078069_1142917.jpg

相変わらずレフトスタンドのファンにサービスがいいラミレス。
e0078069_1143656.jpg

いつもの前田さん。もう少し明るく撮らないといけないね。下手だ・・・。
e0078069_1144155.jpg

この日は満月でした。ブレまくりですが初めて星の写真を撮りました。
e0078069_1145363.jpg

打席は森笠だったかな?
e0078069_115053.jpg

(多分)今季限りでヤクルトを去りメジャーへ行く岩村のバッティング。
e0078069_115856.jpg

試合はカープが勝ちました。ヒーローインタビューは廣瀬。
e0078069_1151437.jpg

帰りはまたまたチャリ。夜の青山墓地交差点から六本木ヒルズをのぞむ。


■試合結果
広  島 2 0 0 0 1 0 0 4 0-7
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 3 0 0-3

勝利投手 [ 広島 ] 横山(4勝5敗1S) 敗戦投手 [ ヤクルト ] 佐藤(0勝1敗0S)
本塁打 [ 広島 ] 石原 3号 5回ソロ [ ヤクルト ] 宮出 9号 7回3ラン

今季応援チーム観戦成績8勝11敗
by navona1971 | 2006-10-08 08:11 | プロ野球観戦記 | Comments(0)