<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

勝鬨橋を渡る

e0078069_21462246.jpg

勝どきの会社へ商談に出向く。
中央区担当なので、ウォーターフロント(死語?)へ訪れる機会が多いんですよ。
時間があるので、銀座から歩いて向かう。
というか、こっちから勝どき方面ですごく不便なのよね。
大江戸線は大門から築地市場を経て勝どき。こっちを迂回してるし。
晴海ふ頭行きのバスもあるけど、まぁわざわざ乗るほどの距離でもない。
そんなに暑くないから助かるな。

しかし、銀座周辺はきれいな子が多い。年齢関係なく。ため息が出るね。
セレブっぽいというか。はぁ・・・全然縁ねぇよなぁ。
デートも最近全然してねーし。もう1年以上してねぇよ。
あの頃は白金とかでデートしてたんだから、俺にしちゃパワーあったよなぁ。
なんか最近そんな意欲もねーわ。最悪だな・・・。

親に孫の顔を見せられないってのはつらいなー。
申し訳ない気持ちになる。そんなことを思いながら、取引先に向かって歩く。
客先に行けば笑顔になるのだが、こんないい天気でも気持ちは土砂降りw
「ふざけんなテメー」って言われるかも知れないけど、
前の彼女も、前の前の彼女も、相手から
「いずれ結婚しようか」的な気持ちを明かされたんだよねぇ。
でも、踏み切れなかった。意地が悪いっていうか、貪欲というか。
まぁ、それより、暮らしていける自信がなかったわ。仕事も安定してなかったし・・・。
確かにサラリーマンしてたけど、職場環境悪かったから案の定辞めたし・・・。

その後も知人から小学校の教師を紹介されるも「美人じゃないよ」の言葉に脅えw
結局こっちから断ったしなー。その後はまるっきりダメ。振られてばっかり。
前述の二人ともとっくに結婚しちゃったし。
しかもそのうちの一人は事故でこの世にはいない。俺が半分殺したようなもんか。
あんなに早く死ぬならまだ貧乏でも俺と暮らした方が良かったかも。
夏には墓参り行かねばな。

そんなことを考えているうちに勝鬨橋へ。雰囲気がいいね。
昔は開閉していたらしいけど。こち亀にあったね、これを題材にした話が・・・。
ちょうど橋の真ん中あたりを歩いてると近未来的宇宙チックな船が。
思わず1枚。調べてみると松本零士氏がデザインした「ヒミコ」という船らしい。
そうそう、なんかデザインが彼っぽいよね。さすがだな。
なんか銀河鉄道999に出てきそうな感じ・・・。

よそ見をしている場合じゃないね。急がねば・・・。
by navona1971 | 2006-06-23 21:46 | とりとめもない話 | Comments(0)

東京ビックサイトへ

e0078069_21454550.jpg


新宿で打ち合わせを済ませ、午後から夕方にかけて、
設計・製造ソリューション展を開催している東京ビックサイトへ向かう。
丸の内線で赤坂見附。連絡通路を抜け有楽町線永田町へ。
これまでは新木場に出て、りんかい線で東京テレポートに抜けていたが、
ゆりかもめが豊洲まで延伸したため、今日はそちらへ。

豊洲駅から地上へ。ここは昔、IHI(石川島播磨重工)へ用事があって、
何回か来たもんだけど、ガラリと変わったね。もう住宅地。
工場、臨海って雰囲気ないもの。どんどんマンション出来たし。
ゆりかもめはガラガラ。ただ、豊洲から先へ伸ばす気があるような作り。
勝どき方面に進むらしいが・・・。ゆりかもめって黒字らしい。
完成した時は「誰が乗るんだよ」と思ったけど。だったら値下げもお願いします・・・。

豊洲からビックサイト東棟に近い有明までゆりかもめに乗車。
しかし、風景は造成中ばっかり。まだまだ駅で乗り降りする人影もない。
でも、あと数年で雰囲気が一変すんのかねぇ。
e0078069_21455134.jpg

ビックサイト。実は先週も来たばっかりなんだけども・・・。
さっそく入場。今日は情報収集と、以前勤務していた会社が出展しているので、
どんな様子か見たいこともあってね。まぁたまにはのんびり見学もいいでしょう。
しかし、景気回復のせいか、熱気があるねぇ。
しかもなかなかどこのブースも派手。扱うものは地味なのに。

それに、コンパニオンのレベルがでら高いw
いや本当に高いね。っつーか、目の保養になるねぇ。
なんであんな笑顔なんだろうねぇ。好きでもない人に微笑むよねぇ。
つい名刺あげてアンケートやっちゃうよおっさんの俺は。
中国企業なんかチャイナドレスですよ、切れ込みがちゃんと入ってますし。
けれど会場が広いから歩くと疲れる・・・それとここに来て思うのは、
他社の先進ぶり。みんな抜かれまいとやってるよなぁ。妙に感心してしまう。

ひととおり見て、外へ。休憩中のコンパニオンがだるそうにタバコを吸う光景が
観られるのもここの風物詩w。帰りは安いバスで。虹01系統浜松町行。
200円でレインボーブリッジを渡れるから人気あるんだよね。
案の定、テレコムセンター前あたりから立ち客。30分ほどで浜松町着。
ふー、疲れた。
by navona1971 | 2006-06-22 21:45 | とりとめもない話 | Comments(0)
昨日のドームでの楽天の勝利をラジオで知ることとなる。
ただ単に「日曜夜だと明日が仕事だから体がしんどい」と、
おっさんみたいな安易な理由でドームに行かなかった自分がアフォと悟りました。
(まぁ実質おっさんなんだけど)。

先週、神宮・ドームとダブルヘッダー観戦に連携したIK氏からも、
神宮へ「会社辞めてでも行け」(ちょwww)とメール。
それに乗せられたのか、だんだんと気合が入ってきたので、行くことにする。
午後は府中でちょっとした用事。で夕方戻り、雑用をこなす。
早く出たかったけど、電話などがかかってきたりして6時40分に会社を出る。
やることはあったけど、明日にするw(スチャラカ社員だよな全く)。

地下鉄で開発部の同僚の子と会う。
野球に行くことを話すと「わぁー私この間神宮いきましたよ」と。
おぉ、野球の分かるおにゃにょこキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!と思ったら
「でも野球ぜんぜんわかんなくて~」あらら。
誰と言ったかは聞かなかったよ・・・泣いてないさ・・・。
彼女は楽天のレプリカユニ、きっと似合うよ(妄想モード)。
ただ、まさか彼女にベニーランドはいきなりさせるわけにはいかんしw
そのまま帰宅すると聞いたが誘うのは我慢。
はぁー、でもたまにおにゃにょこと行きたいっす・・・。

で、信濃町から歩いて神宮球場へ。今日は外野は1000円均一。
観戦するつもりじゃなかったから手ぶらだったため、ツインバットメガホン購入w
混んでるかと思ったらめっちゃ空いてる。レフトへ陣取る。
早速、前々からお会いしたかった楽天ファンのマイミクさんとリアルで初めて挨拶。
冒頭はガッチリ”漢”の握手であるw
「いつもお世話になってます~」。優しそうな方だ~。
ネットでの印象と変わらぬ人柄。。・゚・(ノд`)・゚・。

先発は山村とゴンザレス。
ホセのホームランとバレントタイムリーですでに到着した時点で3対0!
これは楽天戦4戦目にして初勝利の予感。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
と思ったらラロッカに1発食らう。やはり敵にすること怖いね。

しかし、そのあとは後続を断ち、青山、河本、小倉で8回を締める。
珍しく河本はきっちり抑えたw
そして9回は高須のタイムリーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
ベニーランドできたよ~。しかも結構長々とw嬉しい・・・。

スコアは4-2、福盛ならば2点あれば問題なし。
ピシャリを抑えて無事に今期観戦4戦目にして初勝利。
周囲のサラリーマンと握手。
わての横にいた男性は京都から出張ついでだとか。
最後はヤクルトファンとエール交換。
池山や飯田の応援歌には泣けたなぁ。
懐かしいよ。ヤクルト黄金時代通った身としては。池山の歌は久しぶりに聴いた。
「まだまだやれるぞ飯田」コールにも涙。飯田がスタンドに一礼してたね。

とにかく勝ててよかった。明日から仕事頑張りますw



e0078069_235201.jpg




東北楽天 2 0 1 0 0 0 0 0 1  4
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 0 0  2

勝利投手 [ 楽天 ] 山村(4勝5敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] ゴンザレス(1勝4敗0S)
セーブ [ 楽天 ] 福盛(0勝0敗14S)
本塁打 [ 楽天 ] フェルナンデス 18号 1回2ラン
[ ヤクルト ] ラロッカ 15号 7回2ラン
by navona1971 | 2006-06-19 23:05 | プロ野球観戦記 | Comments(4)
e0078069_0413317.jpg

今日は神宮・ドームのダブルヘッダー観戦。
野球観戦歴が長いわてでも初めての経験である。
昼過ぎに現地にて友人のIK氏と待ち合わせ。
つーか、その日栃木から出てくる彼より遅く球場に着くわて・・・情けない。
球場へ。ものすごい強い日差しでしかも蒸し暑い。
いつものポール後方、ライトスタンドへ陣取る。
今日は交流戦天王山だけあってお客さんの入りもなかなか・・・。

試合開始前からかわええ売り子をチョイスして呼んでビールを買ってしまう。
昼間っから飲むのは最高にうまいね。
レフト側はすでにほぼ満席。ビジターユニホームの黒一色。
先発オーダー発表にあわせ「オイ!」の大きな掛け声。
ヤクルトファンからは「ロッテすげー」の声w

e0078069_0414050.jpg


14時試合開始。
始球式はヤクルト公認マネージャーの磯山さやか。
打席はヤクルトのキャラクター「つば九郎」。
キャッチャーは古田。
つば九郎は打席でオープンスタンスで構え、
腰を動かしながらバットを上下に。八重樫じゃんw
またまたコアな真似をするなぁ・・・ワロタよ。

さて、どんな展開になるのかと思いきや、
ロッテ先発の清水が大乱調でいきなり4失点。
その後、4回裏にはラミレスの3ラン。
楽勝ムードが漂うが、それは石川だけに危険w
案の定、里崎に2ランを被弾。次の回も集中打。
その後登板した高井は初球、福浦へ頭部死球で危険球退場w
たった一球での退場でライトスタンドからはため息・・・。
戸田行きだな、高井w福浦が無事そうでなにより。

後半はヤクルトの攻勢も途切れ防戦一方。
勢いづき猛追するロッテを木田が抑え込み試合終了。

千葉ロッテ  0 0 0 0 2 3 0 0 0  5  
ヤクルト   4 0 0 3 0 0 0 0 X  7 

勝利投手 石川(7勝4敗0S)
セーブ 木田(2勝1敗2S)
敗戦投手 清水(6勝4敗0S)
本塁打 [ ロッテ ] 里崎 7号(5回表2ラン)
[ ヤクルト ] ラミレス 13号(4回裏3ラン)



そしてタクシーでドームへ移動。
e0078069_0414592.jpg

で、水道橋に5時30分頃に到着。
神宮を最後まで見てこちらに来ることができるなんて最高の展開である。
ちょうど姉夫婦も観に来ていたため、ゲート前で顔だけ合わせる。
オレンジ色のジャイアンツグッズを持つ人が目立つ。
ライバル心が燃えるw最近、忘れてたなこの熱い気持ち・・・。
スタンドでは早くも応援合戦。
ドームは太鼓、トランペット、両方OKなので応援も盛り上がる。

で、試合開始。
1回裏、いきなり沖原がなんでもないショートゴロをエラー・・・おっきー頼むよ・・・。
そこから連打を浴び先発グリンは3失点。嫌なムードだ。
しかし2回表、グリンから山崎がレフトポール際にソロホームラン!
喜んでいる間に礒部もライトへライナーでスタンドイン。
二者連続ホームランだよ・・・歓喜のレフトスタンド。

さらに4回表には山崎が二打席連続で左中間スタンドに一発!
もう押せ押せですよww。体が震えたね。
こんなに気持ちが盛り上がったのは92年の日シリを神宮で見て以来だな。
e0078069_0415021.jpg

その後、ホセの強いライナーが工藤の足を直撃。
治療を行う工藤に楽天応援団は「頑張れ頑張れ工藤」コール。
ライトスタンドの巨人ファンから暖かい拍手を頂く。ええ話や。

しかし、試合の後半は守備の乱れもあり、巨人が猛追。
スタンドはオレンジ色のタオルを振り回す人でいっぱい。
我ら楽天ファンはレフトの一角で小さくなっているw

巨人の勢いはとまらず、ついに逆転。
中継ぎの真田が好投し、4回表以降楽天は無得点。
そのまま試合終了。外は涙雨・・・。

今日は守備の乱れが目立ちましたわ・・・。
ちなみに8列目で観戦したため、結構フィールドには近かった。
画像のように、守っている関さん(関川)が結構よく見えました。

勝利投手 真田(1勝0敗0S)
セーブ 豊田(1勝1敗10S)
敗戦投手 グリン(2勝1敗0S)
本塁打 [ 楽天 ] 山崎武 6号(2回表ソロ) 7号(4回表2ラン)、礒部 3号(2回表ソロ)
by navona1971 | 2006-06-17 23:42 | プロ野球観戦記 | Comments(0)
e0078069_18374398.jpg


今日も神宮である。ただしデーゲーム。
神宮でのデーゲーム観戦は1992年の日本シリーズ第6戦以来。
最近までペナントレースではあまりデーゲームやらなかったんだよね、ヤクルト。

新橋でチケットショップをちらりと見て、まぁ土曜だから休みばかりだが、
餃子の王将で餃子2人前を買い込み銀座線で外苑前へ。
待ち合わせ時間に遅れたため、昨日に続き連携のIK氏が先に球場入り。
メールによると「席は昨日のひとつ後ろ」。実にわかりやすい。

先発は石井一と平野佳。アメリカ帰りのノーコンとルーキーの対決w
案の定、石井は四球とワイルドピッチがからみ失点。
この辺はメジャーに行っても何の成長もないことが笑える。ったく。
打線もこの日は湿りがち。ヒットは出るもののあとが続かない。
風も向かい風。まぁそれは相手チームも同じだけど。

そんなこんなで後半。リリーフの花田が連続長打を食らい、
さらに松井まで・・・。今年のヤクルトは中継ぎがある意味楽天以下w
うーん・・・。
打線は最後まで目覚めず・・・。完封負け。
疲労感満点で帰途に(´・ω・`)。

■試合結果■
オリックス 0 0 0 1 0 0 0 3 0  4  
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0
勝利投手[ オリックス ] 平野佳(6勝3敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 石井一(2勝4敗1S)
by navona1971 | 2006-06-03 18:37 | プロ野球観戦記 | Comments(0)
e0078069_0174739.jpg

ヤクルトおばさんが配る販促用チケットを再び入手しました。
神宮でのオリックスバファローズを迎えての交流戦。
わてはオリックスの野球を球場で観るのははじめてです。
今日は長い付き合いの友人IK氏と観戦。ひとりじゃないっすw。

夕方に月報を作成せよとの社内メール。
来週月曜の提出も可とあるのでずうずうしくそうすることにする。
フレックス制度を使い定時より30分早い17時30分に退社。
金曜夜というだけで開放感があるのに、そのうえ野球とは幸せだ。
これで彼女がいれば文句ないのだが(´・ω・`)。
買い物をしていつものごとく市ヶ谷乗換えで信濃町へ。
球場には有給休暇を取得したIK氏が先に出向いているはず。
夕闇迫る神宮外苑を抜け絵画館前を進む。
草野球用のグランドがあるスペースは、都会のオアシスだね。空が広く見える。

入場するとIK氏がライトスタンドポール際上段に座っていた。元旦以来の再開。
わざわざ栃木からすまんね。しかし、
湘南新宿ラインかと思ったら宇都宮から新幹線だって。
贅沢だね~。まぁあの速さは麻薬だからねぇ。
と、振り返ってここでスコアボードを見ると2-0で負けてる Σ(゚д゚lll)ガーン
18時20分試合開始かと思ったら18時00分かよ。で、もう藤井が打たれてる・・・。

水口にくらったとか。一発病ですなぁ。
しかもその後は投手の川越にタイムリー打たれるし・・・。藤井・・・しょうもねぇ。
オリックスの川越はエース格だけあって容易には打てない。球も速い。
そしてやっとラミレスのソロホームランが!
そして今日は古田がスタメン。ヒットも出てる。
7回。ラッキーセブンには名曲の球団歌「飛び出せヤクルトスワローズ」を歌う。
なんど聴いてもええ歌や。哀愁があるんよな。
子供の頃から神宮に幾度となく来た思い出が蘇る( ´Д⊂ヽウェェェン 。

8回表、追撃体勢に入るも花田が打ち込まれたうえに岩村の悪送球。
守備がガサツだねぇ。もうダメかと思ったが、その裏の攻撃、
古田がフェンス直撃のタイムリーツーベース。
久々の猛打賞キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!。
あのバッティング、90年代前半、彼の全盛期を思い出すよ。
古田は左中間の当たり、伸びるんだよねぇ。やや高めのライナーで打球が飛ぶ。

さらに9回裏、岩村がライトスタンドへ同点2ランホームラン。
自分たちの座る席に向かって球が伸びてくる感覚は最高だね。
完全に勢いはヤクルト。ついに延長10回裏、
リグスがランナー2人を置いてレフトポール際へサヨナラ2ランホームラン。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

神宮はライトから観ているとレフト側の打球が見づらい。
ポール際だったため、最初スタンドの観客もホームランに気付かない。
そのあとやっと何が起こったか理解できて大歓声。
神宮のヤクルト戦で勝ったのは久しぶりだなぁ。
逆転サヨナラ。最高っす。最近IK氏と観にいくと負けてたので、よかったす。
試合内容に満足し帰途に。土曜日も行きます・・・。

■試合結果■
オリックス2 0 0 0 1 0 2 2 0 0  7  
ヤクルト 0 0 0 0 0 1 2 2 2 3X  10
勝利投手 [ ヤクルト ] 木田(1勝1敗1S)
敗戦投手 [ オリックス ] 香月(0勝1敗0S)
本塁打
[ オリックス ] 水口 2号 1回2ラン、相川 1号 7回2ラン
[ ヤクルト ] ラミレス 9号 6回ソロ、岩村 7号 9回2ラン、リグス 15号 10回3ラン
by navona1971 | 2006-06-03 00:15 | プロ野球観戦記 | Comments(2)