<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

桜、櫻、さくら、サクラ

e0078069_20282396.jpg
e0078069_2028345.jpg
e0078069_20284021.jpg

会社近くにある神田川沿いは桜の名所。
昼食を終えたあと、少し歩いてみた。
水面にせり出すように枝が伸び、花びらが無数に広がっている。
じっくり観ると、花びらは、白にわずかに赤味がかかっているのね。
いちごみるくを思い出す。

神取忍が代表を努めるプロレス団体LLPWの場所取りの看板を発見。
そうそう、彼女をこの辺でよく見かけるんだよねぇ。
by navona1971 | 2006-03-29 20:28 | Comments(0)

フリーペーパー戦争

e0078069_20272348.jpg

有楽町駅改札前。
場所柄か、フリーペーパーの配布のメッカ。
クーポンランド、ホットペッパー、そして今日はめざましマガジン。
キャラクターのめざまし君がわざわざ登場していたのでカメラで1枚。

インターネットの普及によって、情報に対してお金を払うことへの抵抗が出てきたように思う。
このあたり、リクルートは嗅覚が鋭い。R25は瞬時にラックから消えていく。
もう少し内容にボリュームがあって、速報性があれば、雑誌、新聞は駆逐できるでしょう。
韓国だったか、どこだったか、フリーペーパーの日刊紙があるらしい。
まぁ既存マスコミは圧力かけてくるだろうけどなぁ、日本じゃ。
by navona1971 | 2006-03-28 20:26 | Comments(0)

春ですね

e0078069_19585690.jpg

今日は午後から社内勉強会。
レクシャーしてくださるKO氏とのお茶菓子として
会社近くの商店街でコーヒーからチョコやら買い込む。
そして、和菓子屋さんにおいしそうな桜餅があったため手を伸ばす。

ちょうど会社裏手にある桜も咲き始めているしね。
さきほど甘くない桜餅、KO氏も満足そうに頂いているのを見て安心。
今日の話は特に難しかった。丁寧に、かつ優しく教えて下さるのに理解できない
自分のバカさ加減にムカつく。あぁ悲しき文系人間。
by navona1971 | 2006-03-25 19:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
e0078069_17293798.jpg



今日はいい天気。
そういえば、平和島競艇でSG総理大臣杯競走が行われるんだった。
実はまだ一度も競艇を見たことがない。ちょっとのぞいてみることにする。
京急で平和島へ。そして、第一京浜沿いにある護送車(無料送迎バス)乗り場へ。
競輪場よりやや年齢層は低く、そして幅もある。

そして競艇場到着。
まず、建物のカラーリングが明るいことに驚く。
入口に向かう脇に予想紙の売店があるのは競輪と同じだね。
100円を払い入場。さすがグレードの高いレースの決勝戦だけに混んでいる。
出走表をもらう。カラー刷りで読みやすい。
しかもレース結果や配当を記入するスペースもあり、使いやすい。
さらに表紙の下に視線をやると、「ファンの皆様、ありがとうございます」という囲み記事が。
そこには来場へのお礼と、収益金が福祉事業、発展途上国支援等に
役立っていると説明文があり、今後も競艇をご愛顧下さい、と〆ている。

そう、競艇は笹川良一(一日一善の人ね)氏が理事長の頃から、
当時の日本船舶振興会のCMの最後に「ファンの皆様、ありがとうございます」という
テロップが出ていたことを思い出した。
お客様本位、という気持ちが(少なくとも競輪よりは)出ているのね。

感心しつつ奥へ進む。
ハズレ舟券はあまり散乱してないし、ファンも案外穏やか。
SG戦ということもあり若い世代も多いし、女性客もいる。
これだけ人がいるのにガードマンが少ない。川崎競輪の方が多そうだw。

しかも、ベンチには「荷物で場所をとらないように」ときちんと張り紙がしてあり、
概ね来場者がそれを守っているよう。
これまで秩序のない?競輪場に行っていたのでやや戸惑う。
発走時間に近づくと、場内放送に加え、ガードマンがマイクで投票を促す。
全体的にキビキビしている印象を受けた。

うーん、なんか、全てが競輪よりいいよ。まいったな。
これじゃあ競艇に行きたくなるよなぁ。少なくとも競輪よりはいい、ずっと。


e0078069_17294842.jpg

フライングとなった艇にからむ舟券は全て払い戻しになるため、
詳しいルールが掲げられている。丁寧だねぇ。
選手もフライングした場合は厳しいペナルティが課せられる。
主催者側も賭金を返還しなきゃならないから大変な損失。
落車しても買った客は丸損の競輪とは大違い。
しかも失格理由も競輪なんて今ひとつ明確じゃないしね。


e0078069_17295442.jpg

ぶぃぃぃぃぃぃぃん!!!!!とエンジン音を響かせながらボートが目の前を通過。
なかなか迫力ありますねぇ。特にオレンジブイをターンする部分なんて。
スピード感があって爽快。で、案外住宅密集地なのね。
後ろのマンションはベランダからレースが見えるんだろうねぇ。
ちなみに平和島競艇のコースは運河とつながっているため、海水だそう。
風や干満の影響もレースの予想に多少は響くとか。



e0078069_1730340.jpg

食堂。なかなかメニューは充実している。
1号艇ラーメン。ネーミングがにくいじゃないの。
聞くところによると以前は650円の”6号”艇ラーメンもあったとか。
いいねぇ、鉄火場の雰囲気満点。ちなみに「なか卯」もあります。
わてはラーメンは食べなかったけど、焼きそばを頂きました。
ソースが絶妙でおいしかった。
川崎競輪場でおなじみのフライやおでんなども売ってます。
by navona1971 | 2006-03-21 17:30 | Comments(0)

携帯電話を購入

e0078069_2121414.jpg



昨年暮れに愚姉が結婚したため、ドコモのファミリー割引が使えなくなくなっちゃった。
だもんで、安いところはないか、と思い、久々にボーダフォンに戻していたわけ。
でもねぇ、使っていると結構不満が多いんだよねぇ。
価格体系が不明瞭(自分が慣れていないだけだろうけど)で、
なんか通話料が高く感じるんだよねぇ、しかも周囲にボーダがあんまりいない。
Jフォン時代はとても使いやすかったんだけどねぇ。
”LOVE定額”する相手もいないし・・・( ´Д⊂ヽウェェェン 。

結局、ボーダフォンを解約することに。
そして、母親に携帯を持たせる(らくらくホン)。で、ファミ割ワイド加入。
で、自分はどの端末にするか。確かに端末はたんまり変更してきたけれど、
あんまり高いのは買ってないんですよ、ええ。

型落ちで安くなった901isシリーズにしようかと思ったけれど、
前々から気になっていたサンヨー初のFOMA端末「SA700is」にする。ちなみに1円。
デザインが何よりいいし、操作性がとても良いと聞いてたもんで。
実はこれだけ携帯を買い換えているんだけども、
サンヨーと三菱だけは使用履歴がないんですよ。食わず嫌いもナンなんで。

実際使ってみるといいねぇ。ちょっと辞書変換の勘が悪いけれど、
カメラだって100万画素だし、何しろサクサク動くのに驚き。
こんな軽い動作、メール機能が付く前の携帯を思い出すほどの速さ。イイヨイイヨー。
取り付けたストラップは「白井ヴィンセント」。でも、彼のこと会社ではみんな知らない・・・。
ちなみに隣にあるウィルコムの京ポンは会社支給のもの。

母親に買わせたのは還暦を迎えているし、老化防止の意味も込めて。
らくらくホンシンプルにしようかと思ったけれど、まさか、
メールが使えないほど老けてもないだろう、と。
説明書と格闘しながら何とか送っているよう。
今日も「野球は日本が四対ぜろでかっています」とWBCの経過を送ってきた。

【これまで使ってきた39台の履歴は以下の通り】
・NTTパーソナル「101S」(シャープ)1995年の初夏に購入。漢字対応が珍しかった。 
・NTTドコモ「so101」(ソニー)ジョグダイヤル採用。マナーモードなどもまだなく。
・NTTドコモ「N202」(NEC)折りたたみ式だが当時は人気薄。厚みはかなりもの
・IDO「STAR-TAC」(モトローラ製)世界最小携帯。デザイン秀逸。マイベスト携帯。
・NTTドコモ「F203」(富士通製)ポケットボード接続用として活躍も性能は今ひとつ。
・NTTドコモ「P156」(松下製)いわゆる「シティフォン」。機能・操作・デザイン良好。
・NTTドコモ「so206」(ソニー製)漢字対応、ジョグダイヤル。片手操作が軽快。
・NTTドコモ「P157」(松下製)P156がさらに薄くなり、質感が向上。
・東京デジタルホン「J-KO1」(ケンウッド製)スカイメール機能が秀逸。
・ドコモ「N501i」(NEC製)同社初のiモード端末。遠距離恋愛に活躍。
・IDO「C201H」(日立製)着信音に「この木なんの木」収録。cdmaOne対応。
・IDO「105P」(松下製)質感はあるものの、特に際立った機能や特徴はなく・・・。
・IDO「310T」(東芝製)かなり小型化が進む。ストレート端末。ビジネス仕様。
・IDO「305S」(ソニー製)薄型ジョグダイヤルモデル。
・IDO「C303CA」(カシオ製)いわゆる"Gショック”携帯。
・NTTドコモ「NM502i」(ノキア製)機能は日本製より劣るが持っていて楽しい一台。
・東北セルラー「105T」(東芝製)仕事の関係で使うことになるも旧型機で魅力は・・。
・NTTドコモ「P502i」(松下製)当時のベストセラー。現在もデザインは見劣りしない。
・au「C308H」(日立製)カラー液晶に惹かれ入手。別売キーボードが話題に。
・NTTドコモ「データスコープ」(京セラ製)購使いこなせず、一週間で解約。
・NTTドコモ「P209is」(松下製)”やまとなでしこ”で桜子愛用。女性に人気。
・Jフォン「J-T05」(東芝製)ストレート端末。カメラは未搭載。
・Jフォン「SH07」(シャープ製)10万画素カメラ搭載、爆発的人気で入手難続く。
・au「A3014S」(ソニー製)キー上にジョグダイヤル採用。自分の手には小さく・・。
・Au「A3012CA」(カシオ製)カラー液晶も輝度アップ。最近の携帯に近づいていく。
・Jフォン「J-P51」(松下製)10万画素カメラ搭載ストレート端末。人気呼ぶ。
・NTTドコモ「N504i」(NEC製)カメラ未搭載時代の末期。基本を押さえた出来。
・NTTドコモ「SH251i」ドコモ初のカメラ付。N504iと交換し姉より譲受する。
・NTTドコモ「T2101V」(東芝製)東芝初のFOMA端末。使い物にならず。
・NTTドコモ「N2001」(NEC)有機EL液晶。待受が24時間しか持たず。
・NTTドコモ「P504i」(松下製)カメラ未搭載時代の末期。
・Jフォン「J-T51」(東芝製)”ロッソ”と呼ばれる深みのある赤色のボディー。
・ボーダフォン「SH010」(シャープ製)30万画素カメラ搭載。液晶の美しい。
・NTTドコモ「P2102V」(松下製)FOMA最上位機種。動画撮影機能が話題に。
・NTTドコモ「P900i」(松下製)1上部フリップが”着せ替え”可能なことが人気呼ぶ。
・NTTドコモ「P900iV」(松下製)P2102Vの後継。ムービー携帯。カメラが画質良好。
・ボーダフォン「903SH」(シャープ製)320万画素カメラ搭載の3G。品薄で高人気。
・NTTドコモ「SA700is」(サンヨー製)自身初のサンヨー製携帯。軽い動作が心地よい。
by navona1971 | 2006-03-19 21:01 | Comments(2)

静岡へ日帰り出張

e0078069_20313577.jpg

静岡へ出張。開発部のKT氏と一緒。
彼とは気が合う。談笑しつつ「こだま」に乗り込む。
車両は300系。「のぞみ」のイメージが強いけれど、
700系にバトンタッチされ、もっぱら「こだま」運用が目立つ。
乗車率は3割程度か。
昔は比較的出張の多い会社にいたこともあり、
高知、大阪、富山、名古屋、豊橋、長野、上高地、新潟、
仙台、郡山、猪苗代、秋田、弘前、札幌、稚内・・・と歩いたけれど、
最近はご無沙汰。仕事で新幹線に乗るのも半年ぶり。寂しい。

しかし、「こだま」は「のぞみ」増発の影響で駅にとまるごとに退避。
「のぞみ」は東京~名古屋90分、「こだま」は東京~静岡90分。
もう、同じレールを走るけれど別の列車って感じ。

まぁでも空いている車内でお茶を飲みつつ雑談するのは楽しい。
90分は長くもなく、短くもなく。


e0078069_20341223.jpg

仕事を終える。
KT氏とは静岡駅で別れる。
すこし駅周辺をブラブラしようと思ったから。
でもすぐに後悔。荷物は重いし、駅広いし。
いっそのこと東名ハイウェイバスで帰ろうかと思い時刻を見るが
安いだけのことはある。やっぱりとんでもなく遅い。
ロケーションも悪い。東名横浜・向丘バス停から我が家までは1時間だし。

諦めて新幹線改札へ。
次の「こだま」まで30分待ち。
次の「ひかり」まで45分待ち。
この「ひかり」は静岡の次が品川。乗りたい気持ちになるが、
どうせ混んでるだろう。「こだま」を待つ。

静岡駅をひっきりなしに「のぞみ」が通過する。
ゆうに250kmは出てるんだろうね。
地上を走る飛行機のような感じだ。金属音が耳をつんざく。
あの電車の中ではみんな平気な顔して本読んだり寝たりしている。
なんだか不思議。考えてみると怖いねぇ。

帰りは外も暗くなり、景色は楽しめない。
ひたすら目をつぶる。ふたたび停車駅ごとの「のぞみ」退避も困ったもんだ。
やがて車窓から自宅付近がちらりと見える。
でも品川まで行って戻らなければならない。まぁ仕方ないけれど。
ふー。疲れた。
by navona1971 | 2006-03-10 20:33 | 静岡・新潟(出張) | Comments(0)

現代の蟹工船

e0078069_22592058.jpg

フリーター相手に寝床を貸す商売。
そして、仕事も紹介する。

まぁ、日払いのフリーター向けだから、仕事といっても程度は知れてる。
あの手この手で請負・派遣屋が金儲けをたくらんでるな。

野球場のネーミングライツ権を購入した某人材派遣・請負屋は、
自分たちのスタッフにクレジットカードを発給するそうだ。
仕事を紹介して金も貸す、返せなかったら働け、と。
やってることがヤクザそのもの。
単なる山谷や釜ケ崎にいる手配師並みの手口。
by navona1971 | 2006-03-09 22:57 | Comments(2)

平日のお休み

e0078069_2240684.jpg


今日はお休みを頂く。
会員になっているスポーツクラブには寒さのせいもあってご無沙汰している。
そうこうしている間に腹は出てきしてしまった。まぁ前からだけども。
そろそろ泳ぎの勘を戻さねばならない。
いきなりスポーツクラブに行くのはしんどいかも知れない。

ってことで川崎のごみ焼却場に隣接する入江崎温水プールへ。
埋立地にあるんだけどもね。川崎駅から海に向かい4kmほど。
無職だった頃によく泳ぎにきたもんだ。懐かしい。

2時間で500円。
平日の午前中だけあって人も少ない。不便な場所だしね。
最初は歩行コース。水の温かさが心地よい。
体を慣らしたあとはクロール。うー、腕も体も重い。デブだからだけどw

それでも何度か泳いでいるうちに楽しくなってきた。
うーん、なんで冬の間ちゃんと泳がなかったんだろ。
いかんなぁ。自分の弱さに立腹。また鍛えなおしである。
週末は土日ともきっちり泳ぐことにする。


e0078069_22401420.jpg

ブックオフに立ち寄る。
例の悪法、PSE法の影響も見たかった。やっぱりこの張り紙が。
リサイクル業界を直撃しとるからね。
PSEマークなしは投売り状態。ほすぃ商品はなかったけれど。

しかし、今回の騒動を見て思うのは、
日本は民主主義でも社会主義でもなく官僚主義だってこと。
日本は他の国から比べると法律が手厚い。
それはてっきり、国民を護るためかと思っていた・・・。

違うんだな。

官僚が「俺たちがルールは作るから従えや。黙って見てればいいんだよ」ということ。
法律で国民を囲い込み、自己責任能力という”足腰”を弱くさせてから
「ほら、お前らは俺たちがいないとダメだろ?」と刷り込ませる。

そして好き放題の仕組みを作り上げ天下りし放題。
本来は国会議員が目を光らせなければならないのに
最近の議員はアフォばかり。ますます官僚に舐められる。
だって立法能力ないんだもん。
by navona1971 | 2006-03-07 22:39 | 旅・ポタリング | Comments(0)
e0078069_205847100.jpg

今日は本来休日だけども、
会社の開発・サポート部門の方に製品のレクチャーを受けるため出社。

理系分野の製品を扱うわては、残念ながら典型的な文型人間。
これまでは何とかしのいできたが、口先で売るのはもう嫌なんだな。
少しでも製品を理解したい。客と本質的な話をしたい、と。かなり遅まきながら。
勉強会を提案すると快く応じてくれるKO氏。開発・サポート部門では神様のような存在。
「覚えようとする人には協力を惜しみませんよ」と彼。
これを聞いて本当に涙が出そうになった先日・・・。
この会社に入って良かったと思えた瞬間でもあった(給料安いけど)。

コーヒーを飲みながら、時に談笑しながら2時間弱のレクチャーを終える。
本来であれば恥ずかしくて聞けないような初歩的なことも、
実に丁寧に、わかりやすく教えて頂く。わかったような感じになるから不思議だ。
来週のレクチャーが楽しみ。

そして午後、SY氏とは王子駅で待ち合わせ。
いつもは競輪観戦が多いが、今回は下町散策にする。
王子からは都電荒川線で三ノ輪橋へ。
あまりの混雑ぶりに驚く。つり革を見つけるのも一苦労。

終点、三ノ輪橋のひとつ前の荒川一中前で降り、
長い商店街”ジョイフル三ノ輪”を歩く。

昭和の香り漂う町並み。スタスタと進み、銭湯へ。
多少なりとも金があるので、番台に財布を預ける。
刺青を入れている客に出会うのもこの場所ならでは。
前回もそう、今回も全身に見事なモンモンを背負ってる方が。

けれど、ここはお湯の質がいい。温泉ではないけど。
肩に刺青をしていた老人。そこにタオルをかけて隠していた。
珍しい。こうやって隠す人はこれまでの長い銭湯通いで初めてみた。
若気の至りだったのかも知れん。心中を察する。

銭湯を出て再び商店街へ。
大きな惣菜屋。から揚げが特売。思わず手を伸ばす。
SY氏とともに食べつつ散策。こんなことが出来るのもこの町の良さ。

三ノ輪橋からは日本堤、山谷へ。
日雇い労働者、以前より見かけなくなったと思う。どこへ消えたのか。
仕事もないし、山谷には以前よりも求心力がなくなっているのかも。
ここに来ても、何も解決しないもんな。そして南千住へ。
ここからつくばエクスプレスで浅草。初乗車。おお、なかなかいい。

浅草ではウインズ浅草の前でSY氏が歩みを止める。阪神12R。
フラフラと散策。たまたま見つけたお好み焼き屋へ。
量が少ないかな、と思ったが、小麦粉は腹に来る。
ホッピーは案外焼酎が多く酔いが回る・・・。
仲見世でお土産の人形焼を買い、都営浅草線・京急で京急川崎。

川崎ではゲーセンで対決!
頭文字Dで峠を走る。さすがSY氏は免許所持者だけある。完敗。
そして今度はエアーホッケー。SY氏に先制されるも最終的に7-7のドロー。
お互い自殺点ばかりw。周囲はカップルも多かったが気にせず?に楽しむ。

そして中華料理の某店へ。
ここでは先日、タンメンを頼み、出てきた品に味がなかったトラブルがあった。
そのことを後日メールしたところ、次回来店の際にお詫びしたい、との返事。
で、二人でチャーハンを食べつつ店長を呼ぶ。

笑顔の店長「サービスします。お詫びの気持ちを込めて」。すがすがしい。
杏仁豆腐を頂き、会計は前回の味なしタンメンの分を引いたもの。
うーん、こちらも満足。今回はおいしかったし。これまでも多く来たが、
これからもずっと来よう。さすが川崎を代表する中華料理店だけある。
しかし、チャーハンと焼きそば、タンメンもいいけど、おいしいよなぁ、何度食べても。
by navona1971 | 2006-03-04 22:58 | 旅・ポタリング | Comments(2)

バタバタと迎えた週末

e0078069_20574341.jpg

打ち合わせ先が百人町だったんですよねぇ。
新大久保で降りる。うーん、異国テイスト。
行きかう人の言葉がわかんない。

手短に打ち合わせを終えるも空腹感。ちょうど”餃子の王将”を発見。入ってみる。

うおぉ、アジアン風。
店員が激しく鍋を振り続けている。甲高い店員の声が響く。
チャーハンを頼む。
しかし、カウンターの前で揚げられる唐揚げの香りに負けて追加注文。

チャーハン到着。
やや水分が多いが、味ははっきりしていておいしい。
スープも。具が多いし。王将ってこんなにうまかったっけ。

唐揚げ到着。
香ばしい。いやぁ、減量の敵だなぁ。でもうまい。揚げ立てだし。
塩と胡椒をまぶすのだが、実にジューシーでいい。
店の雰囲気は雑然としているが明るい。タイの屋台みたいな感じ?行ったことないけどw
店員と客が楽しげに談笑してる。でも、その間も店員の手は決して休んでないんだな。

ご馳走様でした。
レジで「ここは他の王将よりうまいよ」と一声かけておく。
”ありがとうございましたー”の声を背に辞する。



e0078069_20574913.jpg

そして、夜から友人、OY氏の無線LAN構築ヘルプ。
職場が御茶ノ水にある彼と連絡を取り、一足早く東京へ。
ホームライナー逗子の整理券を購入しておく。
ほどなくOY氏登場。すぐにホームライナーも入線。昨年末のダイヤ改正で、
183系から新鋭の257系に置き換えられた。

金曜日の夜ということもあり、席はほぼ埋まった状態。横須賀線を南下する。
品川を出ると大船まで止まらない。深いリクライニングで旅行気分。
静かな車内に合わせ、小声で談笑しつつ過ごす。
1時間ほどで逗子へ。停車中の横須賀行に乗り換え、東逗子へ。

マイカーを取りにOY氏は一旦原チャリで自宅へ。その間に駅前でしばし待ちぼうけ。
そこへ民主党の市議会議員がチラシ片手に話しかけてくる。
改札口で帰宅するサラリーマンの”出待ち”をしていた様子。

議員「活動報告のチラシをどうぞ!」
わて「あのさぁ、とりあえず永田はどうにか始末したら?」
議員「ええ・・・もうその話ばかりで私も」
わて「あと、●●解放●●と、●治●といい加減手を切ったら?」
議員「うーん、まぁ穏健な人もいるわけで、ええ」
わて「そこと手を切って純粋なる労働者のための政党で行ったらずっと入れてやる」
議員「うーん、はぁ(額に手をやる)」

議員をからかっている間にOY氏到着。車で自宅へ。
置いてあった無線ルーターと子機はメルコのAOSS仕様。
しかし購入したノートPCの内蔵子機はAOSS非対応。ルーターのAOSSを解除せねば。
だが、AOSSは一旦、AOSSで接続しないと解除できない仕組み。
AOSS子機を既存のデスクトップPCに接続しても無線を見つけない・・・。なぜ・・・。
何度も再起動したり、そのうえ、有線でじか付けしてもネットが見られない。

時間だけが過ぎて再トライ。なぜか成功。AOSSをデスクトップPCで解除。
すぐにノートPCは無線を拾ってくれて無事終了。
帰りは彼の車で横横・狩場・ベイブリ・横羽経由で帰宅。
帰宅後はMK嬢から通信費についてメール相談。返事を書いて深夜3時就寝。
by navona1971 | 2006-03-03 23:57 | Comments(2)