カテゴリ:その他の野球( 46 )

土曜日は姉夫婦から誘われ、ハマスタで開催される横浜対中日を観戦します。
東横線で現地へ向かおうとするが、到着した電車は相互乗り入れしているみなとみらい線の車両。
ベイスターズのゴロがラッピングされていて、雰囲気をもり立ててくれます。
e0078069_21552789.jpg

今にも雨が降りそうな中、横浜で根岸線に乗り換え、関内からハマスタへ。3塁側内野自由席。
そうです、義兄は中日ファンなんですね。父上の仕事の都合で子供の頃、名古屋に住んでいたり、
社会人になってからも転勤経験があって、いろいろと縁があるようです。落合政権時代はとくによく
観戦したんですよねえ。落合監督による初優勝の試合を僕も観戦しました。あれは一生の思い出。
e0078069_21553262.jpg

で、試合を観戦。そうそう、この日はブランコが3試合連続の9号アーチを放ったんだよ。
e0078069_21553586.jpg

途中から雨脚が強くなってきて、傘の花が方々で開き始めました。そして気温も伸びない。
e0078069_21554022.jpg

こんな天候なので体調面も考慮し、5回表終了時に撤退。
予定変更で港北ニュータウンの姉夫婦宅へ一緒に戻り、夕食をご馳走になりつつTVで野球中継。
その後、センター北で友人、O氏と待ち合わせして拾ってもらい、ユーランド鶴見(健康ランド)でゆっくり。
e0078069_21554482.jpg

◆試合結果
横浜4-2中日
勝利投手[ DeNA ] 加賀(1勝1敗0S)
敗戦投手[ 中日 ] 田島(0勝2敗0S)
セーブ[ DeNA ] 山口(2勝1敗5S)
本塁打[ DeNA ] ブランコ 9号(4回裏ソロ)
by navona1971 | 2013-04-20 14:00 | その他の野球 | Comments(0)
午後は横浜スタジアムへ。あ、その前に忘れず、
紙テープを売ってる浅草橋の「田中商店」へ初めて行ってみる。 ドラゴンズブルーの紙テープを購入。

で、ハマスタ到着。 うおー、熱狂的ドラゴンズファン大集結。今日は一人観戦。
だが、前日の列の前後だった方といつのまにか雑談したり。
同じ野球好きだから、そんな交流もまたいいもの。 名古屋から来ている人も相当数いる様子。
そして開門。無事に見やすい自分なりのベストポジションをゲット。
あとはゆっくり試合開始を待つ。しかし日差しが隠れ、結構寒い。

で、5時半過ぎに先発バッテリー発表。ネルソンとコバフト。
そしてスタメン発表があり無事、6時に試合開始。
今日は内野も外野も全て売り切れで、内野立見席もとうとう発売開始。

しかし、打線は相当プレッシャーがあるのか、1回表はたった4分で終了。
うーん、やっぱり巨人戦3連敗が効いているのかなと不安になる。
中日打線が湿った中、横浜は渡辺のタイムリーなどで3点を先制。
直人に打たれるって複雑な気分。 コバフトは安定した投球を続けていて、
「うーん、明日本拠地で優勝かな」。 なんて囁き出す人も増える。
ヤクルトが阪神にリードの途中経過・・・。 引き分け以上じゃないと胴上げはない。

だが、6回表、堂上剛の内野安打、森野の中前打で1-3塁、打者ブランコ。
2-2から右中間に同点3ラン!うおおおおおお~。 ライトスタンドは泣く人、抱き合う人、もう興奮状態。
1塁側内野席で観戦中の姉夫婦も間に合ったみたい。 球場は地鳴りのような歓声。
寒いし、仕事も残業続きだったけど、 来てよかった・・・って思ったわ。
その後は試合が再び静かになり、勝ち越すことは出来なかったものの、 延長に入り、
浅尾がベイ打線を無事封じ込め、10回裏も0封。 結局試合は3-3の引き分けで、中日の優勝が決まった!
おめでとう、落合監督!

いやー、紙テープ投げたよ~。夜空に弧を描いて飛ばすのは気持ちいい!
わざわざ田中商店まで行って買って良かった。 約30年間のプロ野球観戦歴で、
自分の応援する側の胴上げは 今日で2回目。でも、その2回いずれも落合監督。素晴らしい。
郷土の誇り。秋田県の誇り。落合信者、通称”オチシン”としては最高の結果。
30年前、物心ついた時に川崎球場で初めて観たプロ野球で、
サヨナラHRを打ってくれたのが落合でした。それ以来、好きなプロ野球 チームはあるけど、
それ以前に落合博満のファンなんです。 本当にありがとう!
愛想がない、なんて言うけど、去年ここのオープン戦では、こんな光景も目にしています。

胴上げのあと、レフトスタンド前に来て、僕らに深々と頭を下げてくれて。 選手を信じ、
労う言葉が続く優勝監督インタビューもよかった。 僕も涙がうっすらと。周囲の人も目が真っ赤。

「どうして辞めちゃうの?」。
「ありがとう、落合。辞めるな!」。
「監督、来年もいて!」。

悲鳴にも似た叫びがレフトスタンドを包む。続投して欲しいけど、
少し体を休めて欲しいな。で、再来年は我がイーグルスの監督に!

で、試合終了後、レフト7番ゲートから外に出ようとすると、 花道ができている。えー、なに?
と思ったら、ゲートから出てくるファンをファンが出迎えてハイタッチ。 もうみんな大喜びで、
こちらも逃げるわけにもいかず、 花道の中をハイタッチしながら進んでいく。50mくらい。長い。
でも嬉しい。なんか自分が優勝したみたい。

「おめでとう!」。
「ありがとう!」。
「応援お疲れ様!」。

こんな言葉が飛び交う。
途中テレビ局が来るとカメラマンが飛ばさんばかりにファンがドッと集まる。
いやあ、こういうお祭り騒ぎは優勝ならでは。

内野席で観戦した姉夫婦と合流し、ビールかけこそしないけど、
祝勝会会場へ。もう10年来通っている「清香楼」へ。
価格も手頃、おいしい、化学調味料に頼り過ぎない味付けでお気に入り。

明日も仕事なので45分くらいかな、試合を振り返って、
クライマックスシリーズはどうしようかな、とか、話をしてお開き。
チャイナの店員さんの「オヤスミナサーイ」の声を背に店を出る。

姉夫婦は市営地下鉄関内駅へ。僕はみなとみらい線馬車道駅へ。
外の空気が、秋の夜の匂いになってるね・・・。 横浜からは酔客が沢山乗ってくる。
「うるさいなあ」とは思うけど、こちらも優勝したし、ほんのり赤く染まる
彼らの頬を見ると、気分がいい人を見るのも悪くない。

あの・・・。でも酔ったOLが思いっ切り寄りかかってくるんですが・・・。
まあOLだから許す。てか、細身の割には重いだろ・・・。
で、なんでこんなに体温があるんだよ。あつー、なんか湯たんぽを
体にくっつけられてるみたい。僕は以外とひんやり?な体なので。
そんなこんなで自宅最寄り駅。帰宅後は早々に就寝。

紙テープを忘れずに・・・。
e0078069_22125645.jpg

開門前のハマスタ、レプリカユニで染まっています。
e0078069_2213138.jpg

いつもならのんびりした光景の試合前練習も選手へひときわ大きな声援。
e0078069_2213361.jpg

そしてスタメン発表。
e0078069_22136100.jpg

レフトスタンドはぎっしりと埋まりました。
e0078069_2213962.jpg

苦しい展開の中でブランコに同点3ラン!
e0078069_22131297.jpg

応援もヒートアップ!
e0078069_22131694.jpg

ベイ早川の打席終了後は中日ファンも総立ちで拍手。
e0078069_22131814.jpg

今日は内野立見席も開放。
e0078069_22132315.jpg

浅尾が10回裏、筒香を三振に斬って取り、引き分けで優勝!
e0078069_22132516.jpg

宙に舞う落合監督!
e0078069_22132885.jpg

その後、ドアラとともにレフトスタンド方面へ。
e0078069_22133148.jpg

ファンの声援に帽子を取る落合監督。
e0078069_22133468.jpg

選手会長、森野の頭をナデナデ。
e0078069_22133635.jpg

セ・リーグ連覇達成の横断幕も。
e0078069_22134091.jpg

ファンの前へ一列に並んで・・・。
e0078069_22151474.jpg

記念撮影かな。
e0078069_22152385.jpg

優勝監督インタビュー!
e0078069_22153131.jpg

紙テープのじゅうたん状態。
e0078069_22154066.jpg

外でもファンの大声援と大興奮が続いていました。
e0078069_22154889.jpg

by navona1971 | 2011-10-19 22:14 | その他の野球 | Comments(0)
西が丘サッカー場での横河武蔵野FCvs松本山雅FCを見たあと、
駅前の十條商店街をぶらぶら。お惣菜屋さんが多く、
買い物客で賑わう。「コロッケ30円!」なんてのもあったり。
都内有数の規模で知られるからね、ここ。 商店街を抜けて「十條湯」へ。
手ぶらセットを買い求め中に。 幸いにも都内の銭湯にありがちな熱~い湯船ではなく助かる。
それでも横浜よりはやっぱり水温は高め。うーんサッパリ! お風呂って最高だよね~!

さ、そろそろドームへ。十條から新宿経由で水道橋へ。いやー人出がすごい。
41ゲートの前も長蛇の列。 なんとか中に入り、席へ行くと姉夫婦は先に座っていた。
で、ビールで乾杯しながら試合観戦。ドキドキだな~。 落合監督の胴上げをなんとか観たい!
え、ヤクルトファンじゃないのか?と思われますが、 ヤクルトファン兼落合信者なので。
落合監督大好きなので。 今年は優勝を譲っちゃっていいよ、と。

でも中日は6回までノーヒット、一方巨人はHRで2点先制。
さらにタイムリーで4-0、中日はチャンスらしいチャンスもない。
もともと打線が貧弱だから、しんどいところだな。
結局、9回に代打佐伯のHRのみで3安打で惨敗。
胴上げは明日以降に持ち越しとなりました・・・。ドラゴンズファンの義兄もがっくり。

残念会を水道橋の「桂園」で。ここ、味と価格のバランスがいい。
都心でも店舗数が増えていますね。 最近あまり呑まないんで結構酔ってしまった。

あ、そうそう、書き忘れた。 行きたかった展示会ってのは、

中原淳一の少女雑誌「ひまわり」展。
物資の乏しい戦後に子供たちへ夢を与えるために
発刊された戦後初の少女雑誌。原画展示がある、と。 竹久夢二記念館で開催。

あと、人形作家石井美千子展「昭和のこどもたち」。
今調べたら、これ、今日までだったんだなあ。 行きたかった・・・。
人形で昭和のこどもたちの姿を忠実に再現しているそう。
特に高齢者の方に「昔を思い出す」と人気だとか。 次回狙いましょう。


庶民的な十条駅前商店街。
e0078069_23225163.jpg

その商店街の裏手にある「十條湯」。
e0078069_2322553.jpg

わんこはご主人がお風呂から出てくるまでじっと待つ。
e0078069_2323389.jpg

そして東京ドームへ!
e0078069_2323858.jpg

41番ゲート前は長蛇の列・・・。
e0078069_23231169.jpg

実は1階席より観やすかったりする。全体を俯瞰できるし。
e0078069_23231311.jpg

ドラゴンズブルーで染まったレフトビジター応援席。
e0078069_23231593.jpg

パオロンも準備OK!
e0078069_23231886.jpg

「おかしのまちおか」で買ったプロ野球チップスはこんなメンツ。
e0078069_2323225.jpg

惜敗・・・義兄の背中もどこか寂しい。
e0078069_23232727.jpg

でも餃子はおいしかったわ。これで280円は素晴らしい!
e0078069_23232949.jpg

by navona1971 | 2011-10-17 23:23 | その他の野球 | Comments(0)
キャプションは追って。
e0078069_9285557.jpg

e0078069_9285930.jpg

e0078069_929619.jpg

e0078069_929991.jpg

e0078069_929128.jpg

e0078069_9291472.jpg

by navona1971 | 2011-06-15 23:28 | その他の野球 | Comments(0)
いやいやどうも。
天気が危ぶまれたけれど、梅雨の中休み(にしては早いが)でプロ野球も開催できそう。
今日は千葉マリンスタジアムで開催されるロッテ対楽天を観戦しようと準備を進める。
だが、家を出てバス停でバスを待つも一向に来ない。千葉は午後降水確率が高めなので、試合直前に行くと、
外野の庇のある部分の真下の席はもう埋まってしまうだろうなという不安と、さらにバスが全く来ないこともあり、幕張行きを諦める。
カバンにはイーグルスのユニが入ってるけれど、同じく14時試合開始の横浜スタジアムでの横浜対阪神を観戦する。

東横・みなとみらい線で日本大通り。ここから数分歩けばライト側が見えてくる。
チケット売り場でライト外野自由席を購入。阪神側はどうせ一杯だろうから。
で、入場。ハマスタのライトスタンドでプロ野球公式戦を観戦したのは1987年以来、22年ぶり。
そう、あれは高校1年生の時、1-0で負けたんだじゃなかったかな、レスカーノがいた年だから強烈に記憶にある。
「ボールが怖くなったので帰国します」というのが名言だったな・・・。

実は外野席での観戦は阪神タイガースの方が多い。
古い話になるけれど、中学校2年生の頃、僕のクラスはヤクルトファンと阪神ファンが多く、相互に交流していたんだよね。
で、阪神ファンとともに結構一緒に観戦しにいって・・・。ちょうど1985年、あの阪神日本一の時ですよ。
後楽園球場(ドームではない)で徹夜して並んだりしたこともありますし、
今よりも結構コワモテなハッピ姿の応援団がいたものでした。酒に酔って徹夜で並ぶ僕たちの靴下にライターで火をつけて
からかおうとしたのが東京岡○会だったりw(治安・警備上の問題で徹夜はその後禁止に・・・)。
ハマスタのスコアボード裏手の通路、昔は両翼の移動がOKだったんですけど、よくファン同士が小競り合いとかやってましたね・・・。
あのくらいの殺伐さが今となっては懐かしいです。

で、その年、阪神の優勝が決まったあと、秋口に川崎球場でロッテ対西武があったわけです。
西武がマジック点灯していた頃かな。僕らは阪神の応援グッズを身につけ、
川崎球場の1塁側でロッテを応援。すると取材陣に囲まれて・・・。
夜のスポーツニュースで「川崎球場に阪神ファンが駆けつけました!」と。
そして翌朝スポーツ新聞で「川崎に猛虎党現る!」とデカデカと掲載されたんですよね。
実際、みんな地元球団のロッテが好きで、落合やリー、水上とか、個性的な選手も多かったしね。よく学校帰りに観戦した。
ロッテの応援団がこんな僕らに気遣って阪神の応援歌を演奏してくれたり、今となってはナマイキなガキに寛容でした。

ごめん、話がだいぶずれてしまいましたね。
で、ライトスタンド外野席に入場。試合開始30分前。センター寄りに空席はあるものの、スコアボードが見えないので避ける。
結局、指定席区分の最上段通路で立ち見することに。
ハマスタは結構立ち見の環境がよい。高さがあるので全体を把握しやすいうえに通路もまずまず広いし、柵に寄りかかれるし。
ネックなのは下からひたすら階段を登らないといけないことか。トイレも面倒なんだよな。

で、先発投手は阪神が久保、横浜が米球界から復帰の大家。
今日はトラッキーとラッキーがわざわざ甲子園から駆けつけていたわ。
ハマスタはスタメン発表時に個人応援歌を演奏する流れになっているんだけど、それにあわせてトラッキーが細かすぎて
伝わらないレベルのモノマネを各打者について曲にあわせて披露するのね。ブラゼル似ててワロタよw。

ああ、ライトから観るハマスタは新鮮だな。でも、眩しい。陽射しを背にしているぶん、レフトでの観戦は好ましい。
まもなく試合開始。おなじみディアーナが試合直前にパフォーマンス。私の推しメン、青木いつみ嬢は目立つねえ~。
ちなみにこのブログ、検索キーワードのベストテンが集計されているんですが、先月の1位は「青木いつみ」でしたw。
どんだけみんな好きなんだよwwwベイスターズファンはwww。

はい、プレーボール。しかし阪神の声援は相変わらずでけえな。トランペットのクオリティも高い。
初回いきなり鳥谷がツーベース、進塁後内野ゴロの間にホームインしてあっさり先制。
しかし横浜もすかさず村田のタイムリーですぐ同点に追いつく。いいよいいよ~。
1-1で迎えた3回裏、1死から下園が3塁打でチャンスを作る。
ここで今年から採用された新チャンステーマ「チャンテゼロ」が響く。うひょー、これ歌いたかったぜ~w。
ところが下園のリードが意味不明なほどに大きく、城島から牽制され憤死・・・なにやってんだよwwww。その後石川も三振。
これで完全に流れが阪神に行ったよ、これ罰金モンだろ・・・。

で、次の4回表、1死から城島ヒット、桜井四球で2死1・2塁で打席は投手の久保。
甘くみたのかどうかは知らないが、久保が思い切って振ったバットにボールは当たり、ライト前へ。
この打球をライト下園が二度お手玉。ボールが手につかない。ホームインする打球じゃないのに下園、さっきの牽制死が頭にあったか。
その後、鳥谷にも内野安打(石川のプレーが微妙)、平野にツーベースが出て一気にこの回4点。大家はリズムを崩し、気の毒だった。
気落ちした大家から6回、新井、ブラゼルが連続ソロアーチ。これで7-1。勝負あったかな。
一方のベイスターズは併殺が4回もあったそうだ。村田にヒット2本が出て復調の兆しが見えたのがあえて探せば明るい話題か。
あと、江尻の好投もまずまず。また、一軍にようやく昇格した佐伯は今季初打席、惜しい当たりのセカンドゴロ・・・。

ベイスターズのライトスタンドの応援体制は、2つのNPB許可団体が仕切る。
ポール際が「ベイスターズを愛する会」。センター側が「全国星覇会」。イニングごとにメインリードが交替。
僕が観戦していたのは彼らが陣取るその中間あたりだったんだけども、トランペットを合わせて演奏しないといけないし、
よくお互いが視線で合図しながら協調しているのを見て、こりゃ大変だなと思ったわ。
こんな展開にも慣れっこなのか「阪神ファンは負けていても諦めません!これを見習ってウチも今日は声を出しましょう」とメインリード氏。
相手チームを蔑まない表現が気に入ったなー。しかし、多くのベイファンも熱い。
特に佐伯の打席・・・結構ジーンと来てしまったよ・・・。

こんな試合展開だったので用意した「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 」タオルは出番がタイムリーの時しかなく。
掲げたら隣のおねーさんに笑われたがw。かわいいよね、このタオル。あきばおーで以前買っておいたのよw。
で、試合は6回裏に橋本のタイムリーでベイが2点を返したが反撃もここまで。9回裏はあっさり三者凡退。
てか、橋本は出囃子が爆勝宣言(故・橋本真也のテーマですね)。この音楽にあわせて「はっしもと!はっしもと!」とやるらしいw。

柵にもたれかかりながら観戦したので別に腰が痛くなったりしたわけではないが、陽射しに強く当たったので、
ちょっと休憩、試合終了後は横浜公園横のベローチェへ。そして、関内駅が空いてから帰途に・・・。
ベイは負けたけれど、迫力ある阪神の応援と、ベイのチャンテも楽しめたし、何より青空のもと、野球観戦が出来て幸せでした。
あ、そうそう、桧山の打席も見られてよかったわ。応援歌もいいよねえ。

ハマスタは日本大通り駅から近いです。
e0078069_2014425.jpg

青空になってきた!
e0078069_2015758.jpg

最上段からの風景はなかなかのもの。
e0078069_2021023.jpg

ぎっしり集まった阪神ファン。通路も隙間がありません。
e0078069_2021795.jpg

ディアーナ登場。青木いつみ嬢を見つけるのは光の速さだぜー。
e0078069_2022457.jpg

もう夏の空だね
e0078069_2023248.jpg

1回裏攻撃が始まる時のスタイル。せーの、両手を前に、球団歌のサビを叫びます。
e0078069_2023866.jpg

「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 」タオル
e0078069_2024598.jpg

PENTAXのカメラはコンパクトでも空が綺麗に撮れるからお気に入りです。
e0078069_2025115.jpg

青空があまりに気持ちいいので何度もカメラを向けてしまう。
e0078069_2025731.jpg

3塁側が特によく入りましたね。
e0078069_203553.jpg

ディアーナかわええ~。
e0078069_2031088.jpg

ビールの紙コップに広告が。
e0078069_2032024.jpg

夕方になり少し雲が増え・・・。
e0078069_2032874.jpg

試合終了~。久保、粘りの投球でした。ヒーローインタビューに応じています。
e0078069_2033467.jpg

関内周辺はこんな感じのアピールをしているお店が多かったな。
e0078069_2033949.jpg

★試合結果
横浜4-7阪神
勝利投手[阪神] 久保(6勝4敗0S)
敗戦投手[横浜] 大家(2勝2敗0S)
本塁打
[ 阪神 ] 新井 9号(5回表ソロ) 、ブラゼル 20号(5回表ソロ)
[ 横浜 ]
by navona1971 | 2010-06-19 20:04 | その他の野球 | Comments(0)
いやいやどうも。
今日は某所で前々から入手済の自由席券があり、行ければ覗いてみるか、という気持ちでした。
定時には終われず、少し遅れて、7時少し前に会社を出る。
会社の前でタクシーを拾い、東京ドームへ。道は信号がうまく青になり続け、3分弱で到着、速いわ。
外堀通りではなく、ラクーア側(25番ゲート側)が弊社からだと近いんだよね。
しかも目白通りとつながる道が完成してから格段に利便性が向上。
で、7時ちょうど位に到着。現地は3回裏あたりだったか、ラミレスの2ランなどで4-1で巨人がリード。
どこに座ってもいいんだけど、慣れている3塁側へ。阪神ファンいるねえ。外野は両翼とも満員。オープン戦なのに。
e0078069_22504766.jpg

巨人の先発は山口、阪神は下柳。
しかし、阪神は6回に猛攻。ブラゼルの同点2ランに加えて鳥谷の3ランで一挙5点。チャンスわっしょいが響く響くw。
中継ぎで登場したマイケルは大炎上・・・っていうか、球威ないだろアレ。もう正直きついなあ。
鳥谷はすごいねえ、青木が完全に抜いた形かと思ったけど、さすが騒がれただけありますね。
阪神ファンはやっぱり多いね。後楽園の阪神巨人戦は1985年のゴールデンウィーク以来ですw。
あの日は後楽園球場のレフト自由席に座る為に前日から白山通り沿いに徹夜で並んだことを覚えています。
どちらのチームのファンでもないので、ニュートラルな立場で観戦を楽しむ。それに、やっぱりこのカードは盛り上がる。
オープン戦だけども観ていてそれなりに楽しい。日曜のハマスタよりは・・・w。
ただ、夜は冷え込むと聞いた。今日は昼間暖かかったのでコートを持参せず。そのため8回終了で退散。
珍しく携帯カメラでの画像アップですが、お散歩カメラとしてカバンに入れていたOptioP80が壊れた・・・。
この間初期不良で修理に出したのに、なぜまた・・・またペンタックスフォーラムに行かなきゃ。ったくー。
e0078069_22505554.jpg

★試合結果
読売6-7阪神
by navona1971 | 2010-03-16 22:50 | その他の野球 | Comments(0)
いやいやどうも。
とうとう長かったオフもおしまいです。
今日はよみうりランドジャイアンツ球場で開催される巨人対日本ハムのイースタン、教育リーグを観戦します。
本来であれば、草薙球場での楽天対ヤクルトもいいかなと、出張にあわせて、もう1泊して、と思ったんですが、
スーツだし、仕事のカバンもあるし、控えました。この日、自宅から近いところでの開催はここくらいかな。
で、この日は電車で。横須賀線の駅開業で沸く武蔵小杉、稲田堤経由で京王よみうりランド駅へ。
ここからジャイアンツ球場に抜ける真新しい坂道が完成していた。「巨人への道」という階段を延々登らずに済む。でもこの坂道もキツい。
しかし、球場に隣接している新築間もない室内練習場が素晴らしい。なんだこの立派さは。玄関では内海が軽くランニング中。
e0078069_635355.jpg

教育リーグは入場無料。試合開始の90分程前に到着したが、無事にいつもの場所である3塁側ベンチ上1列目を確保。
まあさすがに土曜、そして無料とはいえ、非公式戦だとお客さんの出足は鈍るのかな。
フィールドではハムが練習中。ブルペンを覗くと「沖縄のダル」こと、ルーキー、運天ジョン・クレイトンの姿が。
今年から二軍投手コーチとなった吉井から指導を受けています。
e0078069_6353530.jpg

運天(という呼び方でいいのか?)は高卒ルーキーですから、まだまだ下っ端。
ブルペンで投げたあとは投手の守備練習の際、吉井に付きっ切りでボールを投げる役目を背負わされます。
吉井がノックして投手がホーム返球、っていう、よくやるアレね。
で、運天はトス役&捕手役で返球のストライク、ボール判定をする。聞こえてくる言葉に耳を傾けると、
結構、吉井は優しい印象を受けたなあ。で、普段は関西弁なんだなw。しかし運天いい男だ。
e0078069_6354470.jpg

ひたすらバットを振り抜く練習をしているのは6年目を迎える市川卓。
二軍では重用されているものの昨年は一軍出場ゼロ。正念場だろうな。目つきが真剣、そして必死そうだ。
e0078069_6355119.jpg

そして、二軍打撃コーチに今季から就任したのは”ミスターファイターズ”こと田中幸雄。応援テーマ好きだったw。
かっこよかったよねえ。しかも東京ファイターズの雰囲気を持っていてくれてさ。
e0078069_6355810.jpg

市川にボールをトスしていたのはルーキーの加藤。東北高校ではダルの1つ下だそうで。
俊足巧打が売り。優しげな、野球選手っぽくない顔立ちで、人気が出そうな雰囲気を感じます。
e0078069_636719.jpg

田中幸雄コーチは若手でまだなかなか結果が残せない大平に対して声を掛け熱心な指導。
大平は3年目、体は恵まれていますが、ファームでも打率が1割台と低迷。そりゃ気になりますよね。
e0078069_6361423.jpg

「こうして、こうやって・・・」みたいな感じが伝わってきます。
実直な人柄の田中、きっとコーチとしても素晴らしい仕事をしてくれそうです。
イーグルスとはライバルですけれど、どのチームもよい指導者に恵まれてよい選手が出てきて欲しい。
e0078069_6362048.jpg

ハムの練習が終了に近づくと、続々と巨人の選手が姿を見せます。お、太田君。
1月の大人のナイトキャッチボールではありがとう、と心の中でお礼を言うw。
ニヤニヤしているのはハムのムードメーカー、杉谷がわめきながら練習する姿を見てのことw。
この杉谷って面白いなあ。ポストひちょり的存在になるんじゃないの?巨人ベンチからは大爆笑。
e0078069_6362733.jpg

真剣に選手を指導していた田中コーチが相好を崩したのがこのひととき。
駆け寄ってきたある巨人の選手に笑顔。果たして誰でしょう?
e0078069_6363515.jpg

おお、日本球界に三年ぶりに復帰した元ロッテの守護神、コバマサこと、小林雅英。
田中とは現役時代、数え切れないほど対戦したでしょうし、名勝負の一つにもなっているでしょうしね。
こうやってコバマサが挨拶に駆け寄るところが、田中の人望というか人徳かなー。
e0078069_6364141.jpg

そしてメンバー表の交換。巨人の二軍は昨年に引き続き、吉村のあとを担う岡崎が監督です。
で、気になったのは横にいるマネージャー、これってあの川中のような気がするんだけど。
ちなみにハムの監督は五十嵐信一氏です。
e0078069_6364912.jpg

お、クルーンが!開幕近い二軍戦は調整している一軍選手の姿が多数あるのが楽しみの一つ。
練習を終えた村田を捕まえて笑顔で話しかけています。売り出し中の村田をなぜクルーンが知ってるのかな?
あ、日本シリーズがあったか。和める光景ですw。
e0078069_6365570.jpg

ハムの先発はルーキー、ドラフト5位の増井。巨人は久保。つーか俺は久保何度ここで見させられるんだ・・・。
増井はなんつーか、井坂をもう少し力強くさせてコントロールを定まらなくした感じだな。
新人で今、これだけ投げられれば上等じゃないのかな。まずまずマウンド度胸もあるし、課題は細かい制球か。
直球はまずまずだけどね~。その増井が5回(くらいか?)を投げて1失点。その後はあの林が登板です。
危なげない投球はさすがに格上を実感させる。誰かに似てるなあと思ったら顔もフォームも川口和久に雰囲気が。
e0078069_637020.jpg

格上といえばこの人も。
一時はライト稲葉、センターひちょり、レフト紺田って時期もあったでしょう。昨年は病もあり低迷。
今季は復活に賭けます。まだ老け込むには早いでしょう、働き盛りの8年目。
e0078069_63774.jpg

投手を支えるのはファームの正捕手、今成。二軍ではお馴染みの姿になりました。そろそろ飛躍したいところ。
動きやすい体をしているし、元気もいい。投手によく声もかけるし、昨季もファームで3割を記録。飛躍を期待。
e0078069_6371534.jpg

巨人の二番手は育成ドラフト1位、独立リーグの信濃グランセローズ出身の星野。やや変則なフォームの左腕。
1回を投げて1失点。こちらもコントロールと、フィールディングに課題。直球は142kmくらいがmaxでしたかね。
e0078069_6372486.jpg

ハム、続いて当番は谷元。彼にも大人のナイトキャッチボールではお世話になりました。
いやあ、小柄ながらキレキレのボールと落ち着いたマウンド捌きは素晴らしい。一軍24試合登板はさすが。
変化球もしっかりきまりあっという間の3者凡退。今季も貴重な中継ぎとして存在感を示してくれそう。
気の利きそうな顔立ちもしてる。何しろ頭が良さそうなのがいいね。右の石川(ヤ)みたい。小柄なところもね。
e0078069_637326.jpg

2-1で迎えた9回、巨人は契約が育成枠に降格したロメロが登板。
あっさりツーアウトでバッターは陽。「ちょんそ(仲壽)」から「(岱鋼)だいかん」に改名したんだな。
しかも結婚してたよな。台湾のモデルと(これがまたとんでもなく美人で吹いたw。謝宛容でググってね)。
陽は野生的で動きもよく、敵ながらレギュラーを獲って伸びて欲しいとずっと思っていた選手でした。
だんだんとたくましくなってきたなと思って見ていたら1-2塁間を抜ける痛烈なヒット!ナイスバッティン!
e0078069_637425.jpg

その陽を1塁に置いて今成がなんとロメロからレフトフェンス直撃の同点タイムリースリーベース!
土壇場で同点に追いつきます。素晴らしい当たりでしたよ。9回裏守備に就く彼にハムファンから今浪コール。
手を挙げて応じてくれます。いいね~。ちょっと恥ずかしげなのも何気にいいw。
e0078069_6375099.jpg

9回裏は榊原がマウンドへ。前年ドラフト2位で、一年目は目覚しい活躍はありませんでしたが、
この日はコントロールもよく、直球もしっかり決まり、サヨナラ勝ちの望みを絶ちあっさり三者凡退に打ち取る。
e0078069_6375776.jpg

試合は結局2-2の引き分け(規定により延長なし)。でも9回2死から追いついたハムは実質勝利かな。
ファンも満足げ。「ファイターズ賛歌」を高らかに歌うファンの気持ちはちょっとわかるw。
しかし、二軍でもソツない野球をやるハムの姿を見て、今季も彼らに戦いを挑むのは大変だなと実感しましたね。
e0078069_638685.jpg

★試合結果
読売2-2北海道日本ハム

次回の観戦予定は、3/14の横浜対オリックス(横浜)を予定しています。
by navona1971 | 2010-03-13 23:33 | その他の野球 | Comments(5)
いやいやどうも。
寒い日が続きますね。
そんな中でY嬢から「プロ野球選手会が主催するキャッチボールイベントに当選したので行かないか」との誘いが。
ほー、そんな企画あったんだ。ネットで検索してみると「大人のナイトキャッチボール」の文字が。
夜、少し早い始まりだけども、なんとか行けそう。というか貴重な機会なので、快諾。
場所はコナミスポーツプラザ品川。京急の青物横丁駅から徒歩5分ほど。
若かりし?頃はよく自転車で走った旧東海道を歩いて会場へ。懐かしい風景です。
e0078069_84627100.jpg

ロビーでY嬢、K嬢と待ち合わせ受付を済ませ中へ。更衣室で内履きに履き替える。
中には着替えを持ってきた人も。私はスーツで参加です。仕事がなかったらもっとラフなカッコで来るんだけど。
そうそう、日本プロ野球選手会がキャッチボール用の球として開発、販売している
「ゆうボール」を今回は使うんですね。Y嬢が貸して下さると話してくれたが、今回のイベントは無料だし、
敬意を表し、会場でひとつ買い求めてみる。定価500円が400円。初めて持ってみたけど、
縫い目がしっかり刻まれているのにやわらかいから素手で捕れる。そして、本物のボールっぽく弾む!
e0078069_8463821.jpg

イベント開始までは練習時間となり、ウォーミングアップを兼ねてY嬢とキャッチボール。
というか、こうしてしっかり、ある程度ボールを投げあうのって何年ぶりだろう。たぶん20年ぶりくらい。
忘れていたよこの感覚・・・。どこか懐かしい。ああ、昔はもっと体が軽かったな。
ちなみにサウスポーです、私。何回も投げ合ううちにいい所へ球が飛ぶようになる。いいねえ。
Y嬢も立派なフォーム。女の子にありがちな「手投げ」になってなく、肘と肩がうまく動いています。
e0078069_846593.jpg

しかし、10分くらいやったかな。暑くなってくる。いやー、ただ投げるだけだけど、これも運動なのね。
普段はスポーツクラブ中心だから「運動のための運動」だけど、やっぱり格段に楽しいね、こういうのは。
そして、選手が登場しイベント開始。あこがれのユニフォーム姿で登場。参加者からはどよめきが。
今回は巨人から大田君、藤村君、日本ハムからは大野君、榊原君、谷元君、そして、とりまとめ役は
昨年まで日本ハムの二軍監督をされていた水上氏。
e0078069_8471514.jpg

まあ、現役選手も去ることながら、水上氏、懐かしい。懐かしすぎる。
よく川崎球場で見たよ、後ろ髪長くして、颯爽とフィールドでプレーする姿を。かっちょよかった。
あの10.19の時も「ジスイズプロ野球!」の名言が生まれたファインプレーもしっかり覚えてる。
水上氏ももう52歳かー。いやあ、川崎球場の水上は”掃き溜めに鶴”だったよ・・・。
e0078069_8472751.jpg

で、エキジビションで未来の巨人の主砲、大田君が打撃を披露してくれることに。
バットを持ちニヤニヤの彼。
e0078069_8474573.jpg

水上氏がボールをトスし、軽めながら綺麗なスイング。
e0078069_848689.jpg

続いて谷元選手がピッチングを見せてくれました。初めてみた投手なんだよな。
聞けばヤクルト石川より背が低いそうで・・・。
e0078069_8482292.jpg

昨年までの師匠、水上氏の前でさすが、プロらしいビシッとした球を投げ込んでくれます。
さすがプロだねー。伸びがあって、球が真っ直ぐ向こうへ糸を引いたように飛んでいく。
e0078069_8484443.jpg

ボールの握り方など、まずは基本中の基本をレクチャーされる。あぁ、握りなんてあったよなあ。
そんなの意識せずにさっきはボール投げてたな。
しかし、水上氏の話し方は素晴らしい。落ち着いていて、ゆっくり、丁寧な言葉で伝えてくる。
人柄のよさがわかります。特にファームの指導者ってそういう所大事だものね。
e0078069_849095.jpg

そして実践。選手ひとりひとりとキャッチボールを実際にやってみます。
これはねえ、幸せだよねプロ野球ファンとして。なかなか体験できませんから。
e0078069_8491717.jpg

まずはハムの選手と。そして、とうとう大田君とキャッチボールっす。うおー大田君かよー。目の前に立ってます。
やや緊張して球が逸れてしまい「ボールでした!」と笑われてしまいました。しかし気持ちいい。
藤村君には一番いいボールが投げられたかな。内角低めにw。「ナイスボール!」とお褒めの言葉を頂きました。
e0078069_8493287.jpg

時折キャッチボールを中断して、適宜アドバイスコーナーが設けられました。
ここでは大田君が投げる際の手の動きについてレクチャー。
e0078069_8495510.jpg

後半では希望者に対して直接指導をする場面もありました。
水上氏も話していましたが、これをきっかけにキャッチボール人口が増えればいいですね。
e0078069_8502164.jpg

わき見をしない、前を見て、相手へ正対する形で投げ込むこと、と。
そしてキャッチボールが上手になるために日々できることがないか?との問いには
「東京ドームに試合を観に来ることw」(大田君)、「札幌ドームに試合を観に来ることw」(谷元君)
と応じて思わず笑いが。
水上氏は「部屋の中でテレビを見ながらでも、ボールを握りながら・・・というのもいいですよ」と。
そうしていくうちに縫い目を意識できて、いちいち球を見ることなく、掴むべき場所を理解できる、と。ほー。
e0078069_8503854.jpg

最後に、今シーズンのライバルチームは?そして、日本シリーズでどこと対戦したいか?
との問いについては、巨人の二選手がいずれも「中日」と答えたのが印象的でした。
やはり巨人が戦う上で苦しい相手はあくまでドラゴンズなんだな。なんか納得。
そして、ハムの3選手は西武、オリックスなど。日本シリーズについては谷元君は三重県
出身ということもあり、中日と対戦したい、と話してましたね。
e0078069_851054.jpg

楽しいイベントの時間はあっという間に終わりです。
非常に有意義で、普段は観戦ばかりですが、野球自体をプレーすることの面白さを思い出しました。
水上氏はじめ参加の5選手にただただ感謝。
いずれの選手も非常に真面目で受け答えもしっかりしており、頼もしく感じた次第です。
私は巨人ファンでもハムファンでもありませんが、球界の健全な発展のためには、どのチームにも
素晴らしい選手が増えてもらいたいです。そういう意味ではこの2チームの未来は明るいのでは?と思います。
e0078069_8512031.jpg


イベント終了後は各自サイン、記念撮影に応じたりと和気藹々。
早速大田君は報道陣に囲まれて即席記者会見。しかし、流暢に受け答えできる子だね。頭がいいや。
しかも微笑みを絶やさない。その後、Y嬢が大田君とツーショット。カメラマンやりましたけど、
こっちも笑顔で写ってました。巨人軍は紳士たれ、的なイズムがしっかりと彼の中にもあるようです。
来期は花開く予感がします。二軍戦でも昨季はずっと観てきましたが、いい選手ですよ。
育成に定評のある水上氏の人気もなかなか。記念撮影の列、そして気さくに話しかける姿勢が素敵でした。
我々一般人に夢を与える商売にふさわしい方ですね。私も川崎時代から好きだったことを伝えたかったですが、
まあ、そこはハムファンさんがいらしたのでそちらに任せて、お開きです。
e0078069_8513975.jpg

帰りは品川でイベント開催前ギリギリに合流したK氏も含め四人で反省会。
しかし体を動かしたあとの酒はうめええwwwww。野球談義を一通りして、スカ線終電で帰宅。
皆さんお疲れ様でした。招待して下さったY嬢に改めてお礼申し上げます。
by navona1971 | 2010-01-15 23:45 | その他の野球 | Comments(6)
いやいやどうも。
木曜夜は楽天がまたもやハムに敗れて連敗、なんだか雰囲気良くないな、と、
半ばヤケクソで東京ドームのレフトビジター応援席が多数出品されているヤフーオークションに入札してみる。
どうせ無理だろ、と思ったら時間がどんどん過ぎ、水曜同様、チケット1枚分の価格と大差ない値段で4連番をゲット。
姉が身内と旅行に出ているので、単身状態の中日ファンの義兄に声をかけると「行くよ」と了承。
早速午前中に有楽町で商談を終えたあと、ファミマ端末で出品者からもらった番号でチケットを印刷。
都心某所の義兄勤務先前の地下鉄駅出口で待ち合わせチケットを手渡し、あとは現地集合ということで。
その後は水道橋のカットサロン「ア・ドーン」で髪を切ってもらう。丁寧さと楽しいトークなので数年来贔屓にしています。
そういや、宿敵梨田監督も交流戦の合間にここで切ったことがあるんだよ。坊主にしちゃってくれよもうw。
夕方、社内でいろんな人から「楽天がけっぷちだね~」、「札幌どうすんの?」とか、そればっかりw。
まあまあみんな落ち着いて・・・。そして東京ドームへタクシーでGO。相変わらずツーメーター程度で到着。
今日は前回より後ろの20段目。別にそれは構わないんだけど、柱が邪魔でスコアボードが見えない・・・。
e0078069_0243447.jpg

先発は高橋尚と吉見。ニンニク注射騒動もひとだんらくで、何より。
しかし周囲を見回すと、名古屋の飲み屋でネルソンとブランコに会った話をする人や、矢場とんのカツサンドを
頬張る人など、遠征組が結構いますね。気分はナゴヤドーム。
そんな中、ランナーをひとり置いて森野がライトへ2ランHRで先制!おっしゃー!さすが時代のヒーロー!
その後は高橋尚が立ち直り、中日は得点圏に何度もランナーを進めるがあと1本が出ず・・・。
これがあとあと悔やむことになるんだよな。一方の吉見も粘り強い投球で得点を許さない。
そんな中、4回頃に義兄が到着。夕方打ち合わせがあったようで、まずはるーびーでカンパイ。
今日は勝てるかなーと思った6回、吉見がラミレス、亀井に連続ソロHRを浴びてあっという間に同点・・・。
e0078069_0243919.jpg

くっそー。しかし、この周辺に座るドラゴンズファンの巨人に対する敵愾心の強さは本当に笑える。
レフト巨人応援席に、ドラえもんのぬいぐるみにオレンジタオルを巻いて抱えている観客がいたんだけども、
彼に対して「ドラえもんが苦ししそう!タオルを巻かれて苦しそう!ドラえもんがかわいそう!」とかw。周囲爆笑w。
アウトコールも「大きな声で~♪アウト~♪小さな声では相手に負ける~♪」って言うらしいんだけど、
「大きな声で~♪アウト~♪小さな頃から大嫌い~♪」なんて巨人ファンを指差しながらw。ったく呆れるが笑えるw。
2-2の同点で迎えた7回表、代打井上がセンター前ヒットで出塁。
そういえば、名曲テーマだよね、井上の応援歌は。「飛ばせ一樹それ一樹」を存分に現役最後歌ったわ・・・。
そこから荒木、ブランコのタイムリー(荒木好走塁)でこの回2点を取り4-2。中日には福盛いないしこれで決まったと思ったよ。
e0078069_0244474.jpg

だが、8回裏登板した浅尾(きゅん)は、先頭の坂本にいきなり四球。おめーは青山かよww。松本にもライト前へ。てめえw。
その後、小笠原を打ち取り、ラミレスも1、2塁間を抜けるヒット性の当たりを荒木が好捕でアウトに・・・ふぅ。
さらに続く亀井のショートへの当たりはふわりと上がったあと井端の前で回転が変わりバウンド。井端が取りそこねポロリ・・・。
えええええええええええええwwwwww。オレ井端のエラーって初めて見たかも・・・。彼でもこんなことあるのか・・・。
流れは完全に巨人。でも、打席には脇谷。まあ、なんとか乗り切りそうだ、と思ったがとんでもない、
伏兵にライトフェンス直撃のタイムリーツーベースでこの回一気に3点で巨人の大逆転。
「びーばーじゃいあんつー!」とオレンジタオルが振り回される。うぜえええええええええええええええ・・・・・。
9回はクルーンが出てきてあっさり三者凡退で終了・・・。ちなみに9回には札幌ドームの結果が。イーグルスの勝利に大拍手。
帰りは神保町の中華料理屋で義兄と軽く反省会。札幌に行くか迷っている旨伝えると「絶対に行きな」。
「オレだって行くの考えてたもん。今しかないよ」と。周囲もみんなそういう。だよな、やっぱ行った方がいいよな・・・。
なんとか奇跡を起したいな・・・しかし帰宅がこんな遅くて明日起きれんのか・・・ヒコーキ早いのに。
e0078069_0244972.jpg

★試合結果
読売6-5中日
勝利投手 [ 巨人 ] 豊田(1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 浅尾(0勝1敗0S)
セーブ [ 巨人 ] クルーン(0勝0敗2S)
本塁打
[ 中日 ] 森野 2号(1回表2ラン)
[ 巨人 ] ラミレス 1号(6回裏ソロ) 、亀井 1号(6回裏ソロ)
by NAVONA1971 | 2009-10-23 23:23 | その他の野球 | Comments(0)
いやいやどうも。
今日はクライマックスシリーズのセカンドステージ第1戦がセリーグ、パリーグとも開催されます。
セリーグは東京ドームで巨人vs中日。ナゴヤドームでヤクルトと対戦し見事2勝し、こちらにやってきました。

昨年、一昨年と、1Sでは中日と阪神が対戦し、いずれも中日が勝ち抜けています。
その際、1Sの勝敗が決まる前に東京ドームで3塁側のチケットを(阪神が勝つと見込んで)買ってしまい、
主に転売を目論見た人が大損をこく事態が発生しています。
実際、過去、1席6500円のバルコニーシートを2席で1980円とかw・・・この時期の風物詩のような・・・。
今日は、夕方18時から社内勉強会の予定でしたが、講師役の技術部社員から開催延期の告知が。
なので、昼休みにヤフオクをダメもとで覗いてみると・・・おー、あるある。
平日はチケット捌けないよ。それに、第1戦じゃまだ何も決まらないし。それでも高値転売を狙い出品が多数。
しかし、いずれも入札金額はチケットの購入代金にも遠く届かないケースばかり。
e0078069_2355040.jpg

で、ペアはうまく先に落札されてしまったので、仕方なく「ビジター応援席4連番1円から」に入札。
上限を1500円にしたところ、なんと1300円ちょっとで落札できてしまう(1枚ではなく4枚の価格w)。
しかし「Yahoo!かんたん決済」で相手に銀行からお金を振り込み、相手は支払い済みチケットの
予約番号をこちらに伝え、ファミリーマートで発券・・・落札からわずか15分で手元には4枚のチケットが。
なんというか、もんのすごい便利な時代になったね。けど、チケット発行用レシートには
支払い済み代金として1万円を超える金額がww。システム利用料とかも含めてるんだろうな・・・。
最近出勤時間を早めにしていることもあり、いつもより30分早い終業となる。そしてドームへ。
陽もだいぶ短くなってきたね。あと少しで11月だもんな。はえええよなあ。
e0078069_2355660.jpg

チケットが4枚もあるので誰かを誘いたいが、確か弊社には中日ファンはいないはず。
一応ビジター応援席なので、あの雰囲気が苦じゃない人を誘わないとね。
なんつーか、落合監督のせいなのか、ややアンチ中日が多いんだよね、弊社の野球ファンにおいては。
なので、誰にも声をかけず、ちょっと外の人に打診するも・・・なので、一人で行くこととする。
もともと姉夫婦はチケット買って観る予定にしているし。手元に何もないと寂しいので、メガホンをとりあえず購入。
手拍子派が増えてきた外野応援だけど、結構まだ、中日はメガホン派が多いんで・・・。
e0078069_23551137.jpg

転売屋の影響?レフトビジター応援席には空席が結構あったり・・・本当に観たい人がいるのにね。
で、先発は巨人がゴンザレス、中日が小笠原。
試合開始前に両チーム全選手がフィールドに並び、国歌斉唱後にいよいよ試合が始まります。
私の座った席は50通路の中段。レフト巨人応援席にも近く、なんつーか闘志がメラメラと沸いてきますw。
しかし中日ファンは熱いなあ。よくハマスタで見かける人もちらほら。
e0078069_23551687.jpg

あー、でも緊張感ある試合はいいなあ、で、そういう雰囲気を作ってくれるのはやっぱり落合竜。
前に座っている人が「球界の政権交代、落合監督」「マニフェストは”勝つことが一番のファンサービス"」と書かれています。
いいなあw。なんというか、同意ですね。今日も引き締まった野球を見せてくれることでしょう。
その落合竜はいきなり牙を剥きます。初回、センター前ヒットで出た井端を荒木の犠打で進めたあと、
森野のタイムリーで早くも先制。うおおおおおはええええええww。
さらにブランコがセンター前ヒット、続く和田もレフト前タイムリーヒット。
ここで早くも川又チャンテ・・・1回からチャンテって早すぎwwでも雰囲気は最高。
そして今日スタメン起用の野本がその期待に応え、ライトスタンドへ弾道の美しい3ランHRでなんと5-0。
レフトビジター応援席は優勝したかのような騒ぎです。その後3回にはブランコのビジター応援席に飛び込むソロも!
e0078069_23552247.jpg

巨人は散発的な反撃、一方中日は小笠原から小刻みな継投がズバリと決まり、圧倒的優勢で終盤へ。
この時、真後ろのおねーさんがビールをこぼし、空いている4連番に置いていた携帯に少しかかる。あぶねえええ。
今年はドームでiPhoneを洗面台で水没させてるからな。「すいません・・・ごめんなさい」としきり謝られるが大丈夫っす。
それよりも印象的だったのはガードマンの素早い動きだった。紙を持ってきて丁寧にふき取る。
「こっちは僕が拭きますから」と手を差し出すも「いや、汚れてしまうので・・・」と自分でテキパキと。最後は笑顔。
いつも仏頂面な雰囲気あったんだよなあ、あの人。意外だった。というか、ドームは引き締まった運営しているとは前々から思ってた。
結構他の球場って警備員が何の役にも立たないケースもあるから。
8回には札幌ドームが6-1で楽天リードであることをオーロラビジョンが伝え、歓声と拍手が(この時点ではね・・・w)。
そして、河原、高橋、浅尾とつなぎ、中日は危なげない勝利。巨人のアドバンテージである1勝に追いつきました。
で、帰途に就いているところで、札幌の悲劇を知る。もうぐったり。ドームの観戦よりこの結果を知ったら疲労が・・・。
一瞬、AIRDOの予約変更の方法なども調べておかなきゃと思ったほど・・・。
これで明日岩隈、明後日マー君で切り抜けるしかなくなったな・・・。
e0078069_23552750.jpg

★試合結果 
読売2-7中日
勝利投手 [ 中日 ] 小笠原(1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 巨人 ] ゴンザレス(0勝1敗0S)
本塁打
[ 中日 ] 野本 1号(1回表3ラン) 、ブランコ 1号(3回表ソロ)
by NAVONA1971 | 2009-10-21 23:56 | その他の野球 | Comments(2)