カテゴリ:とりとめもない話( 202 )

いやいやどうも。
また少し遠出をしたいんだけど、まだ寒いのと、今週土曜日外来があるので、
まずはそこを乗り越えてから、と。なにも急いでいくことはないからね。
バスの空席状況を見たらまだ余裕もありそうだし。

引き取るものがあるので姉夫婦宅へ。
姉の義母が今回の移植手術がひとまず終わったことへのお祝いを先日買って下さったとのこと。
そこまで気遣いを頂いてわざわざとてつもなく恐縮なのだが。
やはり昔の品のいい、育ちのいい人なのでそういうところはきっちりされているんだねえ。
腎臓を提供した母に対しても同様に。
義母さんには少しご無沙汰していたので近いうちに直接お礼をしなきゃならないです。
義兄にさんざんお世話になっていることのお礼も伝えてないしなあ。

義理といえば姉の旦那さんである義兄は今日もちろん会社へ行っているが、
読み古した(古したと言っても読み終わっただけでピカピカ)本がたまっているみたい。
厚意で例のごとく何冊か面白そうなのを頂いてきた。
野球本とプロレス本、加えて仕事関係の本がちらほらあったが、
最近はプロレス本の面白さを義兄に教えてもらった感じ。
この日も以下の本をピックアップ。そうそう、
柴田勝頼と後藤洋央紀は四日市工業高の同級生なんだよね。楽しみです。
e0078069_08415792.jpg
ここに来る時、横浜市営地下鉄の車内広告でその開催に気づき、
「暇だし行こう」と思ってた横浜高島屋での「こち亀展」。なぜか招待券を姉が持っていた。
欲しいならいくらでも、とのことなので拝借。明日行ってみようと思います。
さすがに全巻揃えるまでは無理でしたが、一時期は60冊くらいまで持ってたしさー。
やっぱりオレらの世代ではバイブル的なマンガですよね。
e0078069_08415236.jpg
そういえば、ここで体重の停滞がしばらく続いていると書いたが、
その矢先、4日連続で減少を記録。増えたり減ったりシグザクしながらトータルで
下降線を描くパターンの中での4日連続減は退院後初。お陰で第一次減量目標値まであと600g。
でも、明日あたりまた少し増えていそう。いずれにせよ平常心で取り組もう。
適切なカロリー摂取をしていれば、結果的に増えることは絶対ないのだから。
その対策としてまあ、リハビリ散歩をしていますけども、
姉から「自分が通っているヨガに行かないか?」と誘われた。姉は長らくOLをしていたが、
辞める直前の頃はもう姿勢も悪くなり、責任の重さと長時間通勤で疲労していた印象だった。
ところが退職してヨガを始めたところ、背筋はピンとなり、スタイルもスリムに。
お腹もぺったんこで、一時期ストイックに通っていた頃はマジでモデルスタイルだった。
171cmで体重50ちょいとかだったらしい。効果抜群だったよう。
先日、しばらく休んでいた理由はオレの入院だったことを先生に伝えたところ、
「弟さんもリハビリにぜひー」という流れになったらしい。
まだ社会復帰まで時間もあるし、負担の強い運動がまだ禁じられている中、
足以外の筋肉もゆっくり負荷をかけていきたいだけに、行ってみようかと思う。
決してヨガの先生が「檀れいみたいな雰囲気で美人だよ」と言われたからではないけどww

by navona1971 | 2017-03-22 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
今日は親友、OT氏と退院後初めて会う。
ここ最近は入院が目立ったが、そのたびにいの一番に様子を見に来てくれ、どれだけ励みになったか。
山あり谷ありの人生の中でも、常に近くにいて、力をくれた存在です。
高校一年生の時に同級生になってからの付き合いだから、今年でもう30周年。
退院から一ヶ月だし、そろそろお礼もしなければと思い、声をかけさせてもらった。
彼の地元までのんびりとバスで。途中、道中坂下(どうちゅうさかした)でバスを乗り換える。
名前がいいでしょ。もう、なんとなく場所のイメージが沸くじゃないですか。
画像左手が中原街道。右手が道中坂下のバス折返所になっています。
e0078069_21262973.jpg
ここは、五十三次で知られた東海道の裏街道(脇往還)として利用された中原街道
(神奈川県平塚市~東京都)の途中にあります。東海道より距離が短かったことや、
大名行列の混雑などを嫌った商人や旅人などに愛されたようで、
この先にある武蔵小杉には、「御殿町」など、当時を思わせる町名が残っていたりします。
今でこそ道路が改修されましたが、少し前までは狭い道が曲がりくねり、
周囲の山々に生い茂る竹笹とともに、うっそうとした空気を生み出していました。
e0078069_21263502.jpg
その後田園都市線青葉台へ。
ひとりで少しお茶をして休んだあと、彼と待ち合わせ。
夕食には早いから、とドライブ。アテもなく流れのままに。港北IC~第三京浜~横羽線~湾岸線~
中央環状~渋谷線~都心環状~霞が関~桜田通り~目黒通り~第二京浜。
e0078069_21263977.jpg
上海の隣、昆山(こんざん)市に製造工場を持つメーカーに勤務する彼。
こちらは休みだが現地工場は稼働しており、
中国版LINEに相当する微信(WeChat)の通知音がよく響く。あ、世界的にはLINEの方が少数派か。
コスト削減で製造拠点は海外への転移が目立ち、彼の会社もそれにならったものだが、
品質の問題や仕事の取り組み方、考え方の違いなど、カルチャーショックも多いそう。
良くも悪くも「適当なんだよなぁ」と。ただ、優秀な人はとても優秀だし、活気溢れる印象はある、と。
食事と空気は「やっぱり日本がいいよ、出張から戻るとホッとするよ」本音だろうね。
車中ではその後、ここに書きにくいような話題を延々と。しかし、特に湾岸線と渋谷線の混雑が激しい。
好天、3連休、年度末、卒業シーズン、いろいろ重なるからね。
けれど、笑いと会話が絶えず本当に面白い。長い渋滞もこんな時はかえってありがたい。
渋谷線上からヒカリエを1枚。
e0078069_21265114.jpg
東京から戻り、最後は川崎市幸区河原町にある台湾料理店「海味館(かいみかん)」にて夕食。
来るのは3年ぶりかなあ。彼とはお互いの都合が特に合いやすかった2010年から2012年にかけて、
よくここに立ち寄って夕食を食べてから、銭湯、サウナに行く、というお決まりのコースがあった。
オレの病気の悪化で控えて以来です。もちろん、無茶した食べ方はしません。
夜の定食、酢豚やエビチリなどからメインをレバニラとして、小皿もチョイスできるがサラダに。
ご飯も残しました。というか、胃がもう量を受け付けない感じ。もちろんおいしかったけど。
e0078069_21270197.jpg
彼は台湾ラーメンとニンニクチャーハンに麻婆豆腐。スリムなのに大汗をかきながら食べている。
僕は移植をしてから代謝がよくなり、以前より汗をかくようになって嬉しいような困るような感じだが、
彼の姿を見て、まだまだ自分の代謝改善なんて甘いなあ、と。
でも、彼はその代謝の良さのせいか、肌はつやつやで、血色もよく、オレより遥かに若く見える。
実際先日病院へお見舞いに来た時は、ナースに「弟さんですか?」と尋ねられたくらいだから。
ま、車の中が多いからというのもあるが、彼は今日半袖姿。
ちなみに激辛で有名な蒙古タンメン中本だと「あそこ行くと汗がこんなもんじゃない」そう。
冷や汗はともかく、こうした汗は、先生も言っていたが、健康な証拠でもあるね。いいことだ。
さ、そろそろ帰りましょう。今日は楽しかった。ありがとう。


by navona1971 | 2017-03-18 21:29 | とりとめもない話 | Comments(0)
ここのところは寒いこともあって、書けるような動きもあまりしてないですね。
せいぜい近くを歩いたくらいで。
昨日は昨年夏以来に秋葉原まで行って散歩しようと思ったんですよ。
最高気温も高くなりそうだったから。ところが予報も外れ思ったより寒く、
風も強く(最大風速9m)、気乗りせず少しだけ駅前周辺をブラブラしてそのままUターン。
テレビでの直近一ヶ月予報では関東地方の春は平年より低めの気温で推移する、と。困るなあ。
早く暖かくなって気持ちよく、寒がらずに歩きたいものなのだが。

僕以外にとっては本当にどうでもいい話なのですが、
カシオのEX-100というデジカメを持っています。
全域F2.8で28mm~300mmという性能で、2014年春の発売当初はかなりの上位機でした。
その後体調が悪化したためあまり出番がなかったのですが、
昨日引っ張り出してそろそろもっと使わなきゃ、と。

で、高性能なのに使わなかったもうひとつの理由が今回操作してみてわかったんですね。
買ってから3年目で初めて(説明書ちゃんと読めよw)。
28mm~300mmだから10.7倍ズームじゃないですか。
でも、そこから先もズームができて、それはデジタルズームなんだな、と思ってた。
私、画質が落ちがちなデジタルズームは嫌いなので、設定をOFFにしていたんだよね。
だけど、OFFにしているのに、デジタルズームがONになったまま。何度やっても。
なんでだろう?故障にしては変だし、そういう仕組みなんだろう、と思ったら、
このカメラには「デジタルズーム」と、「プレミアムズーム(これも広義のデジタルズーム)」
の二種類があるらしい。私は設定でデジタルズームはOFFにしていたが、
プレミアムズームはONになっていた。これをOFFにしたところ、
正常にズーム範囲が28mmから300mmになった(当たり前だよな)。
オチはこれです。ごめんなさい。 

久しぶりにEX-100で2枚。
自宅からさほど遠くないJR貨物新鶴見機関区で休むEF65-2075(更新色)
EF65もだいぶ数が減ってきました。子供の頃はブルートレインを牽いた華やかな存在でしたね。
この武骨な表情がいいんだよなあ。と、少し鉄ヲタモードに。
e0078069_09560157.jpg
コンパクトカメラでこれだけ撮れると一眼の出番は減るよなあどうしても。
e0078069_09555004.jpg

by navona1971 | 2017-03-16 23:55 | とりとめもない話 | Comments(0)
少し前に書いたけど、最近の摂取カロリーは約1900~2300カロリー/日。
透析になる前、6年ほど遡った頃、レコーディングダイエットって流行ったでしょう?
岡田斗司夫さんがやって、大ヒットした、アレです。
で、当時そのノート(文庫本サイズ)を買って真似したんですよねえ。
効果はありますがやはり我慢とリンクしてしまうので、続けるのは難しい。

その後、透析となり、透析生活でもカロリー記録を再開しました。
そこではレコーディングを続けることができたので、だいぶ、
カロリーに対する意識や知識がついてきたかなあという自己評価はあります。
ご飯100g、トースト1枚、卵1個、納豆1パックなど、頻出する食品のカロリーは、
ほんんど記憶してしまったので、今はそれらに加え直感的なイメージで、
概ね日々摂取するカロリー計算はできた感じになっています。
e0078069_15160260.jpg
今は順調ですが、やはりお腹が空く時はあります。
昔は特にポテトチップスなどを好んだんですが、今はあまり興味が沸かず。
(すでに一生分食べたからかもw)。最近は少し甘いものが合います。
でも実はあんこやスイーツは特別好きなわけではなくて・・・。
以前からお気に入りなのが、マドレーヌとバウムクーヘン。
でも、カロリーがそれなりにあるんですね。例えばバウムクーヘンは、
だいたいコンビニや洋菓子店で売ってる1切れが270~300カロリーあります。
これでは気軽にパクリ、というわけにはいかない。
ま、もっと痩せたらお祝いでユーハイムあたりを食べたいところだけど。

そこで一部のローソンで扱っているカロリーを抑えたバウムクーヘンの登場。
ブラン(小麦?)を使っているそうで、まあ、正直甘さは控えめですが、おいしいです。
ボリューム感もあり、これで1個173カロリー。ちょっと外出した時などによく買っています。
健康体重に向けた生活をしている私にとって、
先日こちらで紹介したブラックサンダーミニとともに最適なおやつです。
どうもナチュロー(ナチュラルローソン)での販売が多いみたい。
ノーマルローソンになかなか置いてないのが惜しまれます。

by navona1971 | 2017-03-08 17:00 | とりとめもない話 | Comments(0)

「かけーぼを書こう」

先日姉夫婦宅へ行った際、
姉から婦人之友社が出している「生活の家計簿」の付録でついている解説書をもらった。
「これは余っているからあげるよ」と。姉はこの家計簿を使い始めて3年目になるそう。
自己流だが実は自分もPCで家計簿というほどではないが支出表を作っていて、
これも管理というほどではないが、視覚化している。

それをより精度の高いものにするために、この小冊子を大いに参考にさせてもらうことにした。
この冊子は、家計簿をつける上で、どんな費用がどういう科目に振り分けられるのか、
詳細に解説している。なんでも、戦前?にとあるご婦人が作ったものだそうで、
今でも脈々と受け継がれ、この家計簿を使う人のサークルが全国にあるんだって。
使い方などについて交流しあったりするそう。なかなか奥深い世界だな、家計簿。

ただ、私がひねくれているからだろうが、そもそもこういうのをしっかりと記録する人は、
家計簿に関係なく、そんなべらぼうな金遣いもしないし、貯金もしっかりするんですよ大抵w
つけない人に限ってどうしようもなかったりする(自分がそうだった)。
特に今は休職中なので、よりしっかりお金の行方を、と思い取り組んでいるけども、
もちろん、いいことだと思うが、だいたい、特別なことがない限り、
支出は一定、とまでいかなくても毎週、毎月大差なかったりするんだよな。
彼女もいないし、物欲も失せた今となってはw
e0078069_20422848.jpg

by navona1971 | 2017-02-27 20:43 | とりとめもない話 | Comments(0)
退院から約2週間、病院では医師やナースなどに守られているので、
体調がどうであれ、根底には安心感がある。退院すると、もちろん自由は手に入るのだが、
定期的な診察までの間は当然自己管理。特にこのたびは移植後の退院で、緊張感が相当あった。
その中で、散歩程度の運動以上はまだ許されないし、体力的にも難しい。
感染対策として、人の沢山いる場所に行くことは控える。当然時間的に自宅、自室にいることが
非常に長くなり、精神的にかなり疲労してしまった自覚があった。

今のところ体調には全く問題なく、食生活もいい状態だし、もっとゆったりと考えたいのだが、
まだ外来も一度だけだし、どうしても余裕が生まれない。このままだと自分が持たないなぁと思い、
あえてリフレッシュするため、出かけることにした。外の空気を少し吸った方がいい、と。
当初、近くのビジネスホテルにでも行こうかと思ったが、空室もないし、一人で過ごすと、また
ネガティブな思考になるなと感じて、義兄にも会いたいと思い、姉夫婦宅へ行こう、と。
頼んだところ快諾してくれたので、厚意に甘える。よくこれまでも「泊まってけばー?」と言われ
る機会は多かったんだが、幾度となく遊びに行きながら、泊まるのは初めてだったり。

e0078069_16375208.jpg
「悪いね、夜は同僚と飲みなんだけどいい?」と義兄。
いや、私の突然な依頼なんでね。もちろんこちらのことは気にせずどうぞ。
午後、地下鉄に乗り港北ニュータウンにある姉夫婦宅へ。我が家からは小一時間。近くて助かる。
ヨガを終えた姉から昼食を頂き、まったりと雑談しながら夜まで過ごす。
こちらの心境を吐露し、だいぶ楽になった気がする。あぁ、追い込まれてたんだなぁ。
過剰に責任感を意識して、「再度悪化させてはいけない」という気持ちが強すぎてしまって、
それが自分を息苦しくさせているんだな。リラックスしなきゃ、自制できてるし自分を信じなきゃ、
という気持ちは当然あるのだが、なかなかそちらが勝らない。かえって体に悪いわな、こんなのは。
やっぱり、生きている人から臓器を頂くというのは、自分が想像していたより重いこと。
これが、献腎移植(脳死等で全くの他人から頂く)だったりするとまた違うのかも知れない。
これからは、その責任感を、いい形で自分のこれからに生かしていくのが大事だな、と。
そういや姉自作のスコーンは美味しかった。
e0078069_16380341.jpg
あぁ、でも来てよかった。本当に落ち着いた。
こちらも以前よりヘルシー志向の食生活だそうで、夕食は私にとってもプラス。
ホットカーペットの上でくつろがせてもらっていると、夜遅くに義兄帰宅。
義兄はフリートーク?ではよく話してくれるのだが、大事なこととか、ポイントポイントでは、
少ない言葉で返してくれるので、自分にはかえっていい。そういう人とは相性がいい。
いい兄を持って恵まれているなあと思う。一般的にここまで仲良くないしな。
少しおしゃべりしたあと、ゆっくり寝かせてもらう。


by navona1971 | 2017-02-24 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
はい、寒いけど歩きます。風はないけどさむーい。
ゆっくりではあるが、そして、日々力強く、というほどではないけど、
歩くことが負担にならなくなってきている。たまに腹部に鈍痛があるけど、その頻度や間隔も
だんだんと少なくなっていることもなんとなく感じている。隣町の駅前にある老舗喫茶店まで歩く。
e0078069_15571289.jpg
ここは区画こそ区切られているが喫煙可能。自分はさほどタバコの煙が気にならないので。
最近少なくなった本格的なお店で、なんつーの、フラスコみたいなお湯?沸かすアレ、
が沢山並んでいて、モーニングも魅力ある内容。で、カフェオレを頂く。

右手に視線を送ると、鏡が。自分が写っている。若い頃に比べ髪に力がないから、寝癖もつきやすい。
ちゃんと乾かさないのもあるけど。昨年まで10年以上通った床屋さんが立ち退きに伴い閉店したため、
新たな美容院を見つけたが、どうもWebで予約表を見ると埋まり方が早く、
また、以前手がけてくれたスタッフ氏も、シフトを目一杯入れているわけではないみたい。

あー、ここまで来たなら髪切りたい。前回は入院少し前くらいの年明けだし。
カフェオレで体を暖めたあと、ネットで探した美容院へ行ってみると、午後ならOKという。
うーん、そこまで待てない。仕方なく帰ろうとすると途中で別の店が視界に。
OPENしているけど誰もいない。「フリーなんですけどいいですか」。
恐る恐る尋ねると「ぜひ、どうぞ!」。おっしゃー、助かった。
男性スタッフがカットしてくれるのも気楽でいい。さっそくお願いする。
e0078069_15572217.jpg
カットされながら雑談。髪のボリュームがない(といってもまだハゲてはいませんがw)場合は、
かえって髪が多い時よりカットする頻度をあげた方がいいなあと思う。
このスタッフ氏も、例の床屋さんも言ってたけど、髪が伸びると重さで寝ちゃうんだよね、髪が。
短くすると立つんだよねえ。髪はないなり?に綺麗にしておかないといけない。
その以前通っていた床屋にも、毎週とか、隔週で来ていた常連さんがいっぱいいたんだよね。
じゃあ彼らの髪が長いのか、多いかというとそうでもなくて。ようは清潔感ってのが大事。
俺もあと何年かしたら髪をバックにしておでこを見せる髪型にしなきゃならないのかもw。
所ジョージ風に。いっそのこと金髪にでもするかw。

「頭皮が柔らかいですね」。シャンプーしながら言われる。そうなんですよー。
だから、ハゲることとは無縁と思っていたが。例の床屋さんも「年齢とともに誰でも髪の
ボリュームはある程度なくなります。だまさんもその範囲ですよ」と。そうかねぇ。
スタッフ氏は静岡県東部某市の出身で、私が仕事で静岡を担当していた頃にもよく行った町。
もしやと思い尋ねるとたまに立ち寄っていた地元でちょい有名な喫茶店が同じだった。
こういう奇遇は楽しい。

1時間ほどで無事終了。丁寧にやってくださり、頭が軽くなった。中身はもともと軽いけど。
飛び込みにもかかわらず、見事にカットしてもらい助かった。またお世話になろう。


by navona1971 | 2017-02-22 15:57 | とりとめもない話 | Comments(0)
別に入院、移植手術をしたから、という訳ではないのだが、
時間もあるので、引き出しの中の整理、
断捨離というほどではないんだけどね。もともとあまりモノがないし。

実は一昨日、切れ味のいいハサミを買ったせいもあるんだけど、
意を決して、ある程度、過去になった年賀状は全て捨てることにした。
割り切るのも大切。というか、目を通すことも実際ないしな。
数年ほど前には手紙も全て捨てた。山ほどあった訳じゃないが。
見てもなんとも思わないし。感傷にひたれるなら取っておくけどさ。
なんか昔過ぎちゃって実感ないのよ本当のところ。
思い出ではなくて、思い出を思い出す、みたいな感じでね。
焼き付いている記憶じゃなくて、単に保存してある記憶を引っ張るだけ、みたいな。
それに、忘れられないようなことは、媒体がなくてもきちんと覚えているから。
e0078069_14401480.jpg
切り刻んで捨てることだし、さすがに最後は一枚一枚目を通す。
新聞社時代とか懐かしい。基本的に行政(当時の運輸省・環境庁)や
物流業界を担当していたが、代打で輸入車業界やバス業界を担当することも多かった。
あの頃はバブルこそ弾けていたけど、まだまだ輸入車は元気だったからね。
右も左もわからんガキで弱小新聞社だったけど、取材先はみんな優しかった。
結局、インポーター(輸入業者)って、育ちのいい家の子息とかコネ採用wが多いから、
みんな上品なんだよね。特にヤナセなんかそう。男性イケメン女性美人、みたいな。
父の勤務先がヤナセの取引先だったこともあって、かわいがってもらえました。
まだ今から比べると、様々な面で余裕のあった時代だったんだろう。
昔の若さと今の知恵があれば、もっといい仕事ができたんだろうけどな。

ちなみに不定期開催ながらこの新聞社のOB会が続いている。
労働環境は褒められたもんじゃなかったが、一応新聞社だけにプロ棋士崩れやアウトローインテリが多く、
執筆能力は当然のことだが、なによりみんな話術に長けていた。
個性派揃いで面白かった。いい勉強させてもらった。
e0078069_14402454.jpg
今日は昨日同様強風が吹き荒れているが、気温も昨日同様、とは行かず、
8~9℃程度下がってしまい、風速10mを踏まえたら体感温度は相当寒い。
けど、歩かないわけにはいかない。寒くて面倒だけど、一日一日が大事だから。
この日も3kmほど歩く。やっぱり毎日歩けば回復も確実だし。でも、寒い・・・。
途中、早咲きでお馴染みのカワヅサクラの木が見事な花を咲かせていました。
うん、やっぱり春は近づいているんだな。


by navona1971 | 2017-02-21 14:39 | とりとめもない話 | Comments(0)
今日は風こそ強いものの、予想最高気温は18℃。なんと東京は20℃だとか。
朝10時の時点でアメダスは13.5℃。散歩日和じゃないか。
11時少し前に外出。本当に風が強いが、暖かさが帳消しにしてくれる。とても歩きやすい。
e0078069_13475498.jpg
途中、自宅近くを流れる一級河川の土手を歩く。ここは下流で、この先数百mで鶴見川に合流する。
現在、護岸にこれまでの洪水時に堆積した土砂を一掃する工事が行われている。
おそらくこのコンクリート製護岸にしてから初の除去工事のはず。
堆積して長い年月がたっているので、護岸上からは多くの草木が生い茂り、ある意味自然だった。
そうした部分が格好の隠れ家や餌場になるのか、猫、タヌキ、ネズミから、スズメ、ツバメ、
ハクセキレイ、ムクドリ、カモメ、サギ、鵜など、
おおよそ都市河川とは思えないバラエティに富んだ動物たちの集まりのベースにもなっていたと思う。
e0078069_13472969.jpg
この堆積土砂の撤去に伴い、木々も当然姿を消し、そっけないコンクリート護岸が姿を見せた。
ただ、あまりの堆積量の多さに、水害時の流量を障害する要因にもなっていたから、仕方ないな。
入院前は工事予告看板もあるかないかだったけど、久しぶりに土手へ登ったら工事はピーク。

土手を歩いたあとは再び町中を進む。暖かさもあって足取りも軽く、隣町のシャトレーゼまで歩き、
買物して再び歩いて帰宅、合計3kmほどを歩いた。退院後最長距離で、疲れもない。よかった。
少し自信になったが、明日は打って変わってまた冷えるらしい。木曜日は雨みたいだし。
日々暖かな日差しのもと気持ちよく散歩できるにはまだ季節が早いね。


by navona1971 | 2017-02-20 13:46 | とりとめもない話 | Comments(0)

「サスペンダー初体験」

そうそう、昨日の外来で、ベッドに横になりながら先生に手術痕を診て頂いたが、
傷跡に負担の少ない生活の仕方として、しばらくの間、
ズホンをベルトではなくサスペンダーで支えてみては、とのアドバイスをもらった。
言われてみれば確かに。あまり最近聞かないんだよね。サスペンダー。

帰りに自宅近くのデパートでいくつかお店を覗いてみるが、扱っていない。
やっぱりなあ、本当に最近見かけないもんなあ。
仕方ないのでアレしかない。Amazon。あっさり発見。しかも明日到着。
いや、そこまで急いでいないのだけど。

で、届いた。実は人生初のサスペンダー。
体重も減ったし、通常タイプでいいだろうと思って何気なくメールで姉に尋ねたら、
「大きいサイズじゃないとダメじゃないの?」と。んなぁこたぁないよ、と思ったら、
「だって胴長いじゃん!(横浜弁)」と。はい、言われてみればそうでしたw
ってことで長めを購入。サイズはOK。むしろ少し短く調整してズホンを試し履き。
うん、大丈夫だ。多少なりともお腹には負担がかるいな。腹帯の邪魔にもならんしね。

散歩は初めているのだが、まだスタミナが足りない。冷や汗が出てしまう。
で、それが寒さで冷えるのでちょっと怖い。風邪とか引きたくない。
少し室内で筋肉を動かしてみよう。そういう意味じゃ筋トレだけでも早めに
スポーツクラブに再入会して鍛えたいのだがなあ。まあまだまだだろうか。
e0078069_16181402.jpg
あと、欲しかったペンタックスのレンズがある。55-300のリニューアル品で、AFもなかなかいいらしい。
しかし、K-5非対応と知り大ショック。でも、考えてみれば、発売開始直後に買ったから、
私のK-5ももう6年4か月経過してるんだよな。自分では新しいつもりでいたが、
一眼レフ所有歴の中でももっとも長いものになってしまった。
でも、ほいほいと買い替えられる金額のものじゃないからねえ。愛着もあるし。
ちなみに自分の一眼歴はD40→D90→K20D→K-5。一番好きだったのはK20Dだけど。
すると、今月末、KPっていう新ボディが出るんだって。コンパクトで高感度に強い。高いけど欲しい。
だけど、ひところから比べるとあまりに一眼レフが普及しすぎてなんか持ち歩くのに抵抗感もちょっとあったり。
果たして一眼レフを使い続ける熱意が持つかも怪しくてな。
まあ病気のせいもあったけど、K-5の出番はここ2年全くといっていいほどなかった。
それに、コンパクトカメラでも本当によく撮れるからねえ。最近は。スマホもすげーし。



by navona1971 | 2017-02-18 16:25 | とりとめもない話 | Comments(0)