カテゴリ:とりとめもない話( 200 )

母の日を迎えて想うこと

今日は明日、病院なので、自宅で静かにしている。
先月の腎生検の検査結果の告知とともに、採血採尿もあるしね。
復帰を踏まえた大切な外来だし。
けれど、家にいるとなんだかかえって体が重たく感じるんですよね。
気持ちの問題かも知れないけど。で、ふと気付く。今度の日曜日は母の日だ、と。

当日は混むだろうし、前日である明日は病院だし、終日雨と聞いている。
行くなら今日だなと思い、午後、花屋へカーネーションを買いに行く。
店頭でどれがよいかを尋ねると「全部オススメですよ~」と。
ただ、カーネーションって特別高い花ではないんですよね。
その中から、気持ち高めで、と伝えると、花屋の店員さんが話し合いながら、
推奨してくれた「特にいいと思います」と言うのをそのままチョイス。
「重たいので気をつけて」との気遣いの声を背に店を出る。
花は見るだけで気持ちが華やいでくるねえ。この間の緑化フェアもそうだったけど。

でもね、買っておきながら言うのもなんだが、やっぱりこういうのは小手先なんです。
本来なら、カーネーションより、結婚すること、孫を見せること、健康でいること----。
そういうことこそが母への真の恩返しだと思ってます。母へ手渡しながらも、
この程度のことしかできない自分がやっぱり申し訳なく感じます。

まあ、結婚はねえ。
そこそこいい流れで言っても、結局進展しなくて、相手がまるで蜃気楼のようです。
今思えば、入口に進んだ程度ではしゃいでたのも愚かなものだなと。
ここでも随分と励ましの言葉を頂いたのにね。
縁がなかったというより、やっぱり女性は見るべきところを見てるし。
あ、最近の話じゃないよ、前のね。そういうネタはここんとこ全くないんで。

子供はもう無理だし、結婚も微妙(どころかだいぶ無理)、
ただ、健康でいることだけは自分の努力で今後なんとかなる範囲は大きいから、
規則正しい、健康的な食生活と適度な運動を続けていきます。
いやー、ごめん、随分ネガティブな内容になってしまいましたが。
なんせ、オレの周囲ってみんな立派な人が多いのよ。なぜか知らないけど。
しっかりしてて、きちんとしているし。だらしないのはオレくらいなんだよね。
e0078069_16342969.jpg
カーネーションはひとまず玄関に。
後日ベランダに置く。日陰がいいらしい。階段で花をポロリと2つくらい落としちゃった。

by navona1971 | 2017-05-12 16:41 | とりとめもない話 | Comments(0)
今週土曜日の外来で問題なければ、いよいよ来週から復帰。
そろそろ気持ちを切り替えていかねばならない。
毎度書いてるけど不安もある。ここでさんざん「間もなく復帰」と書いてるけど、
決定事項じゃないしね。あくまでも先日の検査入院の結果次第。大丈夫だろうが。
復帰後も問題なく通えるかどうかも課題だし。あまりびくびくするのもアレだが。

■05月15日(月)
朝に今週のうちに準備すべきこと、買うべきもの、今日から日曜までの行動予定をまとめる。
今日はメガネを求めて、水道橋にあるメガネ店「Cal(キャル)」へ。
コンタクトとの併用ですが。なんと山手線の内側へ行くのは昨年9月以来。人が多いなやっぱり。
それに、みんな働いているなあと感じる。ちょっと疎外感。
e0078069_08360558.jpg
まあ、今時メガネはどこでも売ってるし、わざわざ横浜から東京へ行くことも、
とは思うのだけど、こちらは何度もお世話になっているお店で、
値段も手頃かつ、とても親身に接してくれ、仕上がりも早いのが素晴らしい。
周辺には学生街やドームなども近いせいもあって、ガッツリ系ラーメン屋などが目立つ。
もうああいうのに含まれている塩分を想像しただけで震えがきそう。
そういえば、今日で退院から86日目だが、一度もラーメンを食べていない(当たり前かw)
しかし暑い。半袖の人もちらほら。のちに確認するとアメダス東京で14時に27.7℃。

メガネを選んだあと、視力、度数の検査へ。
今の度数では近くが気持ち見えにくい感じ(ほんのわずかだけど)。すると、

「では、度を一段階少し弱くしましょう。そうすると近くも見やすいですよ」。

そう言いながらレンズを差し込むと、たしかに遠くはやや見えにくくなったが、
近くは楽だ。手渡された新聞の東証株価欄の数字はキレイに見える。
すぐにメガネは完成、それを受け取り、東海道線~京浜東北線~横浜線で新横浜へ。
東海道線のホームには品川止まりの「ときわ」。横には「はや・こま」が。
e0078069_08361245.jpg
先日も訪れた港北スポーツセンターへ。うわー、自分で行くと決めたとはいえ、
いちいち東京からまた新横浜まで面倒だなあと思ったが、そこで帰宅しちゃダメだ。
昼下がりで電車は座れたし、冷房も効いているので、体力回復。
軽めの負荷で各2セットしかやらない。今のところはあまりキツい運動はできないし。
過度に筋肉を疲労させると、腎臓の検査に支障がある(採血時に影響)ので。
腹筋周辺を鍛えることができるのはここしかないから。

■05月15日(火)
前日はメガネを作ったが、普段仕事をしている時はコンタクトが多い。
顔が大きいのでメガネが似合わないし、やっぱり邪魔だからね。
ただ、年齢を重ねて、目の”くま”の部分の腫れとかは、メガネの方が目立たないな、とも。
部屋にあった在庫も切れ、処方箋の有効期限もないので、まずは横浜へ。
八重洲コンタクトに隣接する眼科へ。
愛用していたワンデーアクエアが後継のワンデーアクエアエボリューションに。
とにかくヤエコンは安くて助かるんだわ。
クーパービジョンの試供品も頂く。酸素をよく通すらしいが片目3000円はワンデーではつらい。
平日は空いてて助かる。土日はごった返しているからね、ここ。
e0078069_08362231.jpg
コンタクトを購入したあとは、市営地下鉄ブルーラインで新横浜。お、快速じゃん。
快速だと新横浜まで停まらない。このスピード感が快適だね。快速初めて乗ったけど。
新横浜で三省堂書店をぶらり。買いたい本があったが在庫切れ。
前日同様港北スポーツセンターで軽く、ほんの軽く体を動かす。そして帰途に。
e0078069_08362705.jpg
帰宅後、カメラを整理したり動かしたりしている時に、手が滑り、愛機のペンタックス「k-5」を
落としてしまう・・・。上部にある設定表示モニターにヒビが・・・あぁ。
ちょっと軽く、わずかに落としただけなのに。ここ、プラスチックだから劣化もあるかな。
ここのモニタ、撮影する時にすごく便利で。最新の「KP」はここにモニタないんだよ。
そもそも最近一眼自体出動させる機会が皆無だけど。まあでも最高の愛機ですからねえ。
ペンタックスが得意とするのは人肌なんですけど、そんなものを撮る機会もねえや最近は。
発色はニコンやキヤノンよりずっと好きなんです。
ペンタックスの発色は人間の目で見た色に最も近いと思っています。
e0078069_08363396.jpg
■05月16日(水)
上司と川崎駅近くの喫茶店で打ち合わせ。
「13日の検査結果後、いきなり一週間通し勤務は大丈夫なの?」。焦らなくていいよ、と。
いつも気遣って頂き恐縮する。自分も多少なりとも不安はあるが、
十分休んだし、どこかで区切りをつけないとね。内勤的業務も多いから、体力的には大丈夫でしょう。
オレが元気だった頃はよく二人で本当に呑んで話をしたので。立ち飲みで4時間とか。
よく腰痛にならなかったもんだよ、てか、話すネタがそんなにあるもんなのかと。
面白かったなあ。この日も不在中のネタや今後のことなどで気づけば2時間半も会話していた。
そうそう、上司もアイコスにしたそうだ。よく手に入ったね。初めて直接目にしたわ。
吸う本数も減ったし、体にも若干優しい気がする、と彼。社内でも浸透傾向だそう。
こんな調子じゃあと5年もしたら、ほとんど電子タバコになるかもね、普及速度は早そう。
e0078069_08363894.jpg
上司に深々と頭をさげ見送ったあと、さっぱりしたいと思い、四谷上町にある「日の出おふろセンター」へ。
ここは銭湯ですが、サウナコース(健康ランド的な)も用意されており、温泉もある。
独特ののんびりとした雰囲気が好きで、友人と数え切れないほど訪れていた。
ただ、腎臓が悪化してからはご無沙汰していて、さらにこのたび改装工事で休業していて、
ようやくそれが終わり、GW前にオープンしたので、様子を見に行きたかった。
e0078069_08364819.jpg
お店は外壁からリニューアルされ、店内も壁や床もすべて張り替え、エクステリアは全て新築並み。
いいねえ。体のこともあるので、短い時間(数分)で2度ほどサウナを行き来し、
シャワーを浴びて終わり。それでもスッキリとするんだよねえ。全身から汗が出ていって、
悪いものも一緒に消える感じで。爽快感がたまらない。無理はせず、
体に負担のかからない範囲でたまに来たいです。さっぱりしたあとは川崎ヨドバシでちょっと買い物。
しかしサウナ入ると朝まで深く眠れるね。


by navona1971 | 2017-05-11 08:41 | とりとめもない話 | Comments(0)
GWは引き続き静かに過ごしています。
近所へ買い物に行った帰り、地元で学生時代の同級生、Tとばったり会う。
「そういえばさ、○○が肺がんで亡くなったらしいんだよ」。そうか・・・。
もうこの年令になると、言葉は悪いが、死に始める連中がでてくるよ。
40半ばはいわゆる「最初の壁」だよな。実際、オレも腎不全で死にかけたし。
腹膜透析中は本当につらかったし、前にも書いたかも知れないが、記憶がないんだよ。
日々、会社行くのが精一杯で、自宅での透析時間もあるし、土日は休養するしかない。
外食もままならないし、体力がないから、遊びにも行けない。なので思い出がないw。
例えば、2015年7月から12月の土日の(まともな)外出は1回しかない。スケジュールが真っ白。
ただ、自宅でできる腹膜透析にしたお陰で、会社へは通えたし、腎臓への負担が少なく、
移植後の腎機能回復が早かったこともあり、誤った選択ではなかったのだけどね。
だから、リハビリを兼ねて今、出かけられるのも、とても幸せなことだって思っています。
e0078069_10271339.jpg
今日は義兄に誘われ、新日本プロレス「レスリングどんたく」のPPVを見に姉夫婦宅へ。
その前に、大きいサイズを扱うようになった港北ニュータウンのアオキへ。
復帰後の通勤用の服を検討。最初はスーツも考えたが、もうチノパン+ジャケットでいいな、と。
だいぶラインナップも豊富になり、スリムに見えるデザインも増えたし、
(慎重だけども)来週の外来で問題なし、と言われれば、こちらに再訪し買い揃えようと思う。
こんな感じで細かなサイズ展開になっています(アオキさんに許可を頂き撮影)。
店員さん曰く「アオキサイズで言うところの2L」体型だそうですわ。アメリカンサイズならL。
e0078069_10272341.jpg
姉夫婦宅へ行くと、こちらへの塩分やカロリーには配慮してくれるのだが、つい話がはずみ、
こちらの気が緩み、いろいろつつきながら食べてしまうので、今日は食事を済ませて行く。
センター北駅内の「サブウェイ」。ベジーデライトは野菜だけだからローカロリー。
ウーロン茶は氷抜きで。昔はかじるほど好きだった氷なのに。今じゃ常温が合う。
そして、姉夫婦が住むマンションのロビーで、向かいのご家族と会う。
高級マンションは奥さんも子供も旦那さんも上品だなぁ。オレとは違うわw
そうなんだよ、義兄もオレにはすごい気さくだけど、育ちがとてもいい家の人だからなあ。
そういう世界の人は人格もできてるし、おおらかだなと思う。
e0078069_10271851.jpg
姉夫婦は1泊2日でふらりと長野へ行ってきたらしい。
松本城近くに泊まり、上田を見て帰京。ホテルは「喫茶山雅」がすぐ裏手にあったとか。
夕食はさっきサンドイッチを食べたので、プロレス中継は長野土産を肴に。
クランチチョコの「白樺の大地」と、上田市飯島商店の「みすゞ飴」。
おー、昔あったよねえ、こういうフルーツ味のするゼリー状のお菓子。
それの本家的存在なのかな?適度に甘くて美味しかったです。昭和の味だなあ。

で、レスリングどんたくを見たプロレスヲタには程遠いビギナーのオレが見た感想は以下。

■第一試合
高橋裕二郎が入場時に連れてくる女の子が別人だった。てか二人になってたw
いつもの子はMAOちゃんって子らしいが。あの子はパフォーマンスが上手いし色気もOK。
実況曰く「中洲で見つけてきた」。義兄曰く「交通費のからみで現地調達じゃね?」と。
もうちょっとかわいかったらよかったんだけどw

■第二試合
凱旋参戦の獣神サンダー・ライガー、さすが声援もひとしお。いつもより動きもいい?
中西とともにライガーとタッグを組んだ永田、第一線が本当に長くて驚かされる。
対戦するタイガーマスクW、てか、中身は飯伏だったの?そりゃ動きの良さも納得だわ。
てか、飯伏ってジュニアじゃなかったっけ?すいませんニワカなもんで。
真壁はやつれて細くなった気がしたが、ドラマ出演の影響なのかな。役作り?とか。

■第三試合
世界一、実は性格のいい男鈴木みのる。かっけええええ。
狂気を演じさせたらやっぱり日本で彼の横に出てくる者はいないよねえ。
対戦した矢野も頑張ってるけど、もはやいい人オーラが隠しきれなくなってるしw

■第四試合
元WWEのエース級だったらしいコーディ。BULLET CLUBとして参戦。
いかにもアメリカ生粋のプロレスラーというビジュアルでイケメンだわ。
しかも義兄から聞いて驚いた。コーディは本名がコーディ・ローデス。
あのダスティ・ローデスの息子だそうだ。血筋がいいわそれは。
動きとパフォーマンスが素晴らしかった。アメリカ国旗が似合うなあ。
てか、WWEを放り出してまで新日に来る、それだけ新日が世界で評価されている証。
今後の活躍に期待が持てます。

■第五試合
先月、100秒弱で高橋ヒロムにまさしく”秒殺”されたKUSHIDAがタッグ戦でリベンジ。
ジュース・ロビンソンと。YouTubeのNJPW動画に、彼のこれまでのドキュメンタリーが
アップされていますが、もう全米が泣いたレベルなので、必見。オレも推していきます。
いわゆる「ガイジンレスラー」の生き様が全てかっこいいんだわ。
新日へのリスペクト、家族、仲間への愛、プロレスへの情熱----。ま、それがなきゃ、
新日のマットには上がれないし、クオリティあるパフォーマンスは望めないしな。
で、この日もヒロムにやられてしまう。最近、ヒロムが推されてるね。見せ方も上手だし。

■第六試合
永遠の友情タッグ、テンコジがレイモンドロウとハンソンに挑む。
いやー、このハンソンってのがスゴいんだよ。まさに「動けるデブ」で、体重は130kg超だが、
軽快にマット上を動き回る。相手をコーナーに貼り付けたあと、対角線上に走りアタックする際の
駆け抜けっぷりは実に痛快で会場も盛り上がる。ROH出身なんだね。
新日参戦は昨年末からで間もないけど、すでに強い存在感を見せている。
IWGPタッグ選手権はハンソンらが防衛、次回はタンガ・ロア、タマ・トンガ兄弟が挑戦だとか。

■第七試合
”田口ジャパン”すっかり人気ユニットになったなあ。てか、田口イケメンだよなあ。
絶対モテると思うわ。メンバーの棚橋も最近はタッグ戦への参加が目立つ。体ボロボロだろうしな。
田口がSANADAの髪が尖り過ぎじゃないかってレフリーに指摘してたのには吹いたw

■第八試合
石井智宏vsケニー・オメガ。なかなか壮絶な試合でした。
石井は、派手さはないし、目立つパフォーマンスもしない。口数も少ないイメージがありますが、
いざゴングが鳴ると、本当に精一杯動いてくれる人で、ここのところマット上の事故も多いので、
彼のことを見ていると、心配になるほどです。例の対柴田戦後ということもあるのか、
ハードなスケジュールのこともあるのか、やや落ち着いた展開だった次のオカダvsファレ戦よりも、
明らかに熱い試合でしたね。オメガが勝利しましたが、内容では石井も互角。
軽快に動くオメガに、重厚さで立ち向かう石井。
花道を去る際に朦朧しているほどでしたから、全てを出し切る、まさに死闘でしたね。

■第九試合
オカダのIWGPヘビー防衛戦。相手はバッドラッド・ファレ。
ファレも体の大きさの割に動けるんだよね。ファレの勝利(初IWGPタイトルなの?)にも期待
したけど、最後はレインメーカーの連発でオカダが防衛、ケニーオメガが次回対戦だそう。
試合よりも?印象に残ったのは最後のオカダのマイクパフォーマンスかな。
柴田のことを強く意識した内容でした。彼が涙をこらえているように見えた。
いや、オレも泣きそうだった。きっとレスラーも怖いしつらいんだろう。
だけど、それでも乗り越えないといけないし、それだけプロレスが好きなんだろう。
3日には高山善廣が救急搬送されたとも聞いたし。厳しい世界。でも、NJPWのドキュメント動画で、
誰だったかな、ファレだがジュース・ロビンソンだがが触れていたが、
「新日は本物の自分とレスラーの自分が近く、素のままでやれる」と、
WWEのオファーを断った理由に触れていたけども、新日が世界的に評価されているのは、
方向性がブレてない、というのもあるんだろうね。良質な”ガイジンレスラー”も次々来るし。

そんなこんなで、17時から21時頃までのPPVは無事観覧終了。
義兄は焼酎を呑みながらご機嫌でしたが、姉はぐったりww 


by navona1971 | 2017-05-05 10:33 | とりとめもない話 | Comments(0)
ゴールデンウィーク前半はあまり外出することもなく静かに過ごす。
平日の活動で空いた日常に慣れてしまい、混み合う街中に行くのも気が進まないし。
いずれそのギューギューな世界にはどうせ戻るわけだから(でないと困るけど)。
e0078069_11181866.jpg
で、iPadmini3をPCと平行して使っていたんだけど、使っていたといっても入院の時とか、
動画を見たりとか、まあ、大した内容じゃないんだけど。恥ずかしながらビジネス色も全くないw
そんな中、友人SY氏が持っていたiPadを壊してしまったとのこと。ならばこれを、と。
相手も新たに買う覚悟をしていたそうなので、安価でご提供させて頂く。

あと、ニコニコ動画がなぜか見られないのよ、オレのiPad。同様のトラブルは多いらしい。
今さらニコニコ?と言われそうだが、見ているのがあってね「ハイボールの人」で検索ねw
その人の動画が破滅的でめっちゃ面白くてさ。いちいちPCで見るのも面倒だし。
だから、iPadmini3は宅急便でSY氏へ。オレはその代わりに、全くAndroidを最近触ってなくて、
それも怖いので、ハーウェイの「Mediapad T2 8.0 pro」をポチりました。
以前、少しだけワイモバイルの同社製スマホを使っていたんだけど、使いやすくてね。
なので、こちらにしました。だって安いんだもん。そしてこのクオリティ。すごいわ。
本当に最近の中国製品の技術力、開発力の高さを思い知らされる。
e0078069_11184162.jpg
GW中、小物を買いに「ダイソー」へ行ったんだけど、余計なものを買えば結局ガラクタだし、
意外に?キレイ好きなんで、最小限のものしか手にしない。
そんなオレがひと目で気に入ったのがこの貯金箱。ペール缶風でデザインもいいでしょ。
ネットで見ると同様に評価している人が多く、フタを外して花瓶や小物入れにしている人も。
さっそく小銭を入れました。てか、貯金箱とは無縁な人生なので、貯めれればいいなあ。
e0078069_11184770.jpg
低血糖を防ぐ「三種の神器」。いずれもコンビニで。
・ヤングドーナツ(宮田製菓・198カロリー)
・ブラックサンダー(ユーラク・110カロリー)
・ブランバウム(ローソン・173カロリー)
この3品はカロリーと糖分とのバランスがよくて、お気に入りなんですよ。
e0078069_11182396.jpg
退院後しばらくして先生から頂いた「LIFELONG」。
免疫抑制剤を製造しているノバルティスファーマ社が発行している腎移植者向けの冊子。
内容は腎移植後の生活について。注意事項などがまとめてあり、専門医の談話も。
以前もここで取り上げたけど、改めて目を通す。まあ、以下のことに尽きるんだ。

(1)減塩(1日8g以下、できれば6g以下)=高血圧の防止
(2)カロリー管理(1日約2,200カロリー目安)=肥満の防止
(3)運動(負荷の激しくない、適度なもの)=基礎代謝の改善
(4)うがい、手洗い=感染防止

そして、血圧、体重の記録を欠かさずに。
先日の検査結果が問題なければ復帰まで2週間を切った。油断はしてない。緊張している。
信頼を失うのも怖いし。初心を忘れないようにね。心して。

by navona1971 | 2017-05-03 11:19 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。
買わなきゃ買わなきゃと思っていて、ようやくプロ野球選手名鑑2017を買いました。
いろんな会社が出していますが、この別冊宝島版が一番自分にはしっくり来ます。
小さくて(現地へ持っていきやすい)、内容が濃くて、値段も手頃(388円)。
去年も買ったけど結局ほとんど読まず。だって観戦ゼロだったし・・・。
ドトールでお茶しながらページをめくるが、知らない選手が増えた。
若手と思っていた選手が中堅、ベテランの域に入りつつあるねえ。
イーグルスの中川大志(オレの一押し)なんてもう9年目だし。早いよ、時の流れは。
e0078069_07280553.jpg
ところで、父親が簡単な手術で今日から1泊で入院した。
行くほどではないのだが、まあ、近いし、顔を出すことにする。
自宅からもっとも近い大型総合病院。父が長年かかりつけとしているところ。
実はこの病院には、オレの従伯父(父方の祖父の弟の息子)が長らく入院している。

彼は両親が病気で早逝しているため、幼少期にオレの父と一緒に住んでいた時期もあり、
さらにオレの父と母が結婚していた縁で、母の妹と結婚したうえ、
同じ街に住んでいるので、縁は深い。従伯父夫婦の子供とは小学校も中学校も同じだし。

彼は昨年夏くらいに背中の痛みを訴え、我慢するだけ我慢して結局入院。
脊髄だかにガンができて、腸の調子も悪化し、結局現在は自力歩行不可、
ほぼ寝たきりで、消化機能の不全で、点滴やおかゆ以上の摂取もできない状態。
オレも入院する前にお見舞いには行ったが、その頃はまだ多少なりとも元気だった。
もう少し早く来たかったが、こちらの感染防止のこともあるからね。
e0078069_07281027.jpg
父はオレが病院に着いた頃に手術が開始されたそうなので、先に従伯父を見舞う。
そこにはかなり痩せた彼の姿が。まあ、はっきり言えば骨と皮、という感じだ。
来訪を喜んでくれ、顔色の改善や体型の変化を指摘してくれた。
「焦らず自己管理していってね。入院してるオレが言える立場じゃないけど」。
そう自嘲気味に笑う従伯父だが、声には力がない。
長らくの単調な入院生活で、テレビだけが頼りな中では、お見舞いは嬉しいわな。
彼は比較的無口で頑固なタイプだが、この状態によく耐えているなあと思う。
その偏屈さで、息子との関係は長らく決してよいとは言えない状態だった。
気持ちはわからないでもないが、オレにはそれなりに優しい人でね。
子供の頃、遊び相手をしてくれたことは、しっかりと覚えている。
父曰く、早くに両親を亡くし、環境が気の毒だったのもあるんだ、と。
また来ようとは思う。なんか、人生ってあっという間だね。
この間までオレが子供でお世話になっていたのに・・・。
いろいろと考えるわ。自分の体のこととも照らし合わせてね。
e0078069_07281336.jpg
病室から見える風景って、すぐには変わらないよね。それでも窓際にいるだけマシだけども。
待合室で朝から付き添っていた母とともに父を待つと、
気温は低いのに大量の発汗と頭痛。脈も上がった感じする。いつもと違う。
駅から病院までは汗をかくほどの距離じゃなかった。そもそも涼しいし。
思い出した、低血糖の典型的な症状だ。
ここのところ、ご飯の量を減らし(1食100g)、チョコなども控えていた。
キャベツを中心とした野菜類は多く取っていたから、空腹はあまり感じなかったが、
糖分や栄養という意味では、最近ちょっと摂取が少なすぎたかも知れない。
一応糖尿とは無縁の人生で、もともと特別血糖値も高いわけじゃないんだよね。
夏場に外回りしてた時もたまにあったんだよねえ。
e0078069_07281650.jpg
汗は収まらず、ここにいるのがしんどい。ここまで来て父には悪かったが、
ひとまずタクシーでひとり帰宅することに。
帰宅後、チョコレートを食べ、15分ほど静かに横になると症状は落ち着いた。
ま、すぐ甘いものを取るのも血糖値が急に上がるからよくないらしいけど。
血圧は119-76。オレにしてはめちゃくちゃ低い。脈も高め。
ここ一ヶ月くらい、体重の減少が悪かったので、過敏に対応しすぎた。
父は無事手術を終えたそうだ。こちらは夕食をしっかり取り、早々に寝床へ。

お陰様で翌日は回復。朝食はご飯を160gとしました。
病院ですらご飯200gで、減らすようにお願いして170gだったからね。
100gは減らしすぎだったわw気をつけよう。

by navona1971 | 2017-04-27 07:31 | とりとめもない話 | Comments(0)
今日は新日本プロレス両国大会のPPV(ペイパービュー)放送を見に姉夫婦宅へ。
昼間に少し立ち寄ったりとか、退院の際とか送ってもらったりとか、
義兄には会っているけど、ゆっくり夕食とりながら、はなかったので。
まあ、これまでは病気の問題で食事制限もあったから自粛気味でもあったしね。
今は常識的な範囲内であれば通常の食生活で構わないからさ。
もちろん、減塩には気遣っていますが。お陰様で血圧はいい状態です。

地下鉄に乗り某駅へ。改札口を出ると真新しい花屋があった。
え?こんなところに花屋があったっけ。
後に確認すると、前からあったようだが、居抜きで経営が変わったようだ。
店長らしき人は美熟女?な感じで、ほら、フレンチのレストランとかにありがちな
腰で縛るエプロンみたいなのをつけてかいがいしく動いていた。
雰囲気はよさげだが、ちょっと価格が強気過ぎる。ショバ代もあるんだろうが。
その後手土産を買って到着。ちょうど中継が始まって少し経ったあたりか。
e0078069_20135556.jpg
義兄の勧めでご相伴に預かりオレも2杯ほど。「大丈夫なの?」と姉。
いや、深酒は論外だが、実は腎臓とアルコールというのは直接関係がないのだ。
しかし、久しぶり。前にいつ呑んだか覚えてない。半年ぶり?一年ぶり?
少し酔ったわ。あっという間に抜けたけど。あぁ、お酒ってこんな感じかあ。
たまにはこれからも呑みたいねえ。あくまでたまーによ。つまみは控えめにね。
てか、昔のようにばくばく食えないわ。すぐいっぱいになっちゃう。
e0078069_20140656.jpg
そういや、このムーミングラス、先日御殿場アウトレットで買ったそうだ。かわいいね。
ムーミングッズって結構高いんだよね、北欧系だからさ。
ちなみにコースターは義兄贔屓の居酒屋さんのものらしい。猫がいいね。

さ、試合も見ていこう。第2試合は大好きな鈴木みのるが。
あのいかにも悪そうな顔(でも実はいい人)ってのがしびれる。
帰宅して気づいたが、第1試合は高橋裕二郎が出ていたのか、入場みたかった。
あのセクシー女優との名コンビのやりとりがたまらなく好きだったりする。

第3試合は邪道、外道が。なんかリング内でレスラーとして見るのは久しぶり。
邪道は先日、本間との試合でああいうことがあったよね。
その後もレスラーとして不変のスタイルで試合を続けるって大変だね。
どこまでも魅せなければならない宿命なんだな。彼らは。
てか、外道さんいつのまにかヒゲがすごいことに。
オカダがすっかり一人できちんと話せるようになったからなあw
そういや、タイチも高橋同様セクシー女優を率いていたが、あれは彼の方が早いらしい。

第4試合は矢野、石井のCHAOSコンビにファレとかっこいいオメガ。
中休みのように、矢野とオメガはコミカルな動きも見せていいアクセントに。
第5試合は田口ジャパンに対して内藤やBUSHIらが対戦。
てか、田口ジャパンって何よw 田口ほとんど動かないしww
たまに動けばヒップアタックばっかりだしw ネタ選手と化しているな。
でも、ビジュアルと佇まいは新日で一番好きなんだ。イケメンだし。
棚橋もメイン路線から外れて後進を見守る立場に?
姉が義兄と一緒になってプヲタ路線にオレも引き込まれて?十数年だが、
その間、オカダが出て来るまで、ほぼ孤高の存在として、
低迷期からここまでの復活に最も貢献してきた存在だからね。
どんなに疲れていてもファン第一の姿勢は中継でも見てとれたし。
一方、その間、伸び悩みの印象もあった内藤が最近突き抜けてきたよね。
そういう、運営側のプッシュうんぬんもあるだろうけど、
それに乗れるか、また、ないならないで自分でどう這い上がるか、名を売るか、
そこらへんのストーリーが興味深いよね、プロレスって。

第6試合はテンコジ対ロウ、ハンソン。レイモンドロウは知っていたが、
ハンソンは知らない。でも、体重130キロを感じさせない軽快な動きに、
義兄宅も現地も湧いたw面白かった。天山も傷だらけの体で必死だったねえ。
テンコジといえば、飯塚さんどこに行ったん!
アルミホイル・・・いや、アイアンフィンガーなんちゃら片手に復活を!
一時義兄と同じマンションに住んでいただけにご贔屓なんですよねえ。
e0078069_20140294.jpg
第7試合は後藤対ザック・セイバーJr。
ザックの名前も初耳。実況によるとイギリススタイルのプロレスだとか。
やや細身で、まあジュニアだしね。でも、繰り出す技と動きの器用さは傑出。
一応後藤の勝利にはなったが、内容的にはザックの見せ場が圧倒していた印象。
今後、新日での活躍の場が広がりそうな感じです。

第8試合はKUSHIDAに高橋ヒロム。
高橋のヒール感がいいねえ。なんと1分弱で高橋が勝ってしまった。
そんな流れだったのか、アクシデント説もあったが、真相はいかに。
そしてファイナルはオカダ対柴田。
オレにとって意外だったのは現地が圧倒的に柴田コールだったこと。
ちょっとオカダ中心の路線にファンが飽きている?そんなことない?
自分の観戦歴はオカダ成長物語でもあったのでちょっと悲しかったなあ。
一方で、柴田は記憶も新しいああいう騒動があって、干されるのかなと思ったが、
あえて彼を引っ張り出すことで、禊が済んだというか、そんな感じもしたわ。
本人も相当期するところがあったような戦いぶりに見えた。
25分過ぎあたりからはお互いの執念がぶつかり合い、見てる方も無言になったわ。

翌日の報道によれば、この日の試合での頭突きが影響したのか、
硬膜下血腫で病院搬送、入院、緊急手術だったとか。
いやさ、この間の本間の怪我もそうだけど、技を食らって倒れた時、
中西学がリングの脇で号泣しながら見守る姿に心打たれた。
みんな選手は命を賭けて戦っていて、プロレスで死ぬならそれでもいい、
くらいの気持ちでやってるよね。それくらいプロレスが好きなんだろうな。
まあ、そこにファンは惚れる、熱狂するわけだけども。
本当にオカダ対柴田戦は息を呑む内容でしたわ。

あっという間のPPVでした。
もちろん中継を見ながらご飯食べて、お酒飲んでお茶飲んで?
おしゃべりしてアイス食べて、なんですけど。
姉は中継をよそにストレッチをやっていたが、あれ、なんかお尻大きくなってる?
去年の秋あたりはスリムで、もしや「STORYのモデル?」みたいな感じだったのに。
聞けば「あれからピー(自粛)kg増えて」。あれま。また頑張りなさい。
(デブなオレから言われたくないかw)。

一方義兄は経理関連職だけに年度区切りの時期は多忙な様子。
昨日も仕事だったらしい。大変だわ。大手だと連結で数字も出すからさ、
オレには想像のつかない世界。のほほんと休んでいてすんません、だわ。
試合数が多かった割にはいつもより意外にスムーズな展開で、
20時過ぎには終了。その後帰途に。いろいろお世話になりました。

by navona1971 | 2017-04-09 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
今日は友人のOさんと久しぶりに会うために北千住へ。
横須賀・総武快速線で錦糸町。少し小さくなった川崎みたいな雰囲気の町。
ヨドバシや周辺のお店を少しぶらついたあと、半蔵門線・スカイツリーラインで北千住。
駅改札横の定期券売場には新年度ということもあり、長蛇の列が。
人の多さで待ち合わせ場所にお互いいたんだけども見つけ出すのに一苦労。
e0078069_21082634.jpg
Oさんは都心で10年以上に渡り私の髪をカットしてくださっていた方で、今は地元のお店にいる。
お互いの近況報告やら、髪の相談やら雑談やら。
しかし、上のお子さんが高校生だったことは覚えていたが(大学の見学会に行ったーとか耳にして)、
下のお子さんは「そろそろ中学生くらいですか?」と尋ねたら、すでに高校一年生、と。
ええええええwwwwついこの間までDSで遊んでた、とかこども会のイベントで~とか言ってたのに。
本当に子供の成長って早いですね。というか、大人の時間で測るとあっという間なんですね。
「中学校も考えてみればたった3年ですからね」とOさん、確かに。僕らだと3年なんてすぐだしね。

Oさんはもやっぱりハサミ1本で生き抜いてきた方なので、リーマンと違う強さがある。
ひょうひょうとした雰囲気ながら、立派に子育てもゴールへと近づきつつある。
「僕の子供なのに全然手がかからなくて」。反抗期らしい時期もほとんどなかったとか。
そりゃ立派なお父さんの背中が見えているからですよー、うん。

あとは髪についてのアドバイスも頂く。やはりタオルドライよりはドライヤーで乾かす方がいい、と。
以前から頂いた助言で実行しているのは、髪は伸びると重くなって垂れてしまうので、
きちんとした間隔で行くといい、と。それは守って、ボリューム感が少なくなっても、
月に1度は行くようにしている。髪が短くなると軽くなって髪が立つんですよね。
といっても一応まだまだ髪はありますがw それに、技量のある人にやってもらうと嬉しいし。
いずれにせよ、またOさんが都心で腕を見せる機会があるならぜひお世話になりたい。
e0078069_21083102.jpg
Oさんとの雑談はなんだかんだで100分くらいか。
またぜひ、と。Oさん得意のバーベキューもいいですね、と。ホント、行きたいなあ。
お別れしてから、金八先生でお馴染みの堀切あたりを少し散歩しようかと思ったんだけど、
16時近くになって気温が下がってきて風も出てきたので、無理せずに。
帰りは曳舟から亀戸線で亀戸、そして錦糸町からまた総武快速・横須賀線で。
曳舟駅からはスカイツリーが目の前に望めました。

帰宅後、シグマへ修理に出していたDC18-250mm3.5-6.3HSMが戻ってきた。
シグマの本社はこちらだが、修理品は会津にある工場から届いていた。
これ、数字の通り対応範囲が広いので、レンズ交換が不要。
横着でホコリ混入などに疎い自分には向いている。ま、多少画質はね、アレだが。
当時はそれなりに高かったので良品で安価な中古をアキバで見つけて購入したのだが、
その後パッタリと一眼を使う機会が減ってしまい、実はほとんど使っていない。
その中で一度落としてしまっていて、挙動が変に。で、今回に至りました。
相棒はペンタックスK-5。自分では新しい製品と思ってたけど、買ったのは2010年11月。
もう7年目なんだね。今回出た新製品のKPにも興味はあるけど、まだまだこちらを使うよ。
愛着もあるし、オーバーホールに出してからこちらもほとんど使っていないし。
e0078069_21083565.jpg
ちなみにデジタル一眼は当初ニコンD40→D90でしたが、
知人の撮影画像とどうしても色合いが違う。なぜ?知人はペンタックスでした。
即座にマップカメラへ行きニコン一式売却、ペンタックスK20Dに買い換えてからはペンタ一筋。
ニコンどうのこうのでなく、オレはペンタックスの色が好き。
重たいけど、桜か飛行機でも撮りに行ってみようか。でもこれから当分天気悪いんだよね。
ペンタックスの得意発色は人肌なんだけど、残念ながらそんなもの撮る機会は当面ねーなw


by navona1971 | 2017-04-05 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
今年の春は寒いですね。というか、冬が長いと言った方がいいのか。
ただ、今日の横浜は暖かく、18℃くらいまで気温が伸びたようです。
ようやく春という感じです。少し外へ出ましたが、桜が咲き始めました。
けれど、この暖かさも一旦お休みで、週末は雨となり、だいぶ冷え込むようです。
お花見、満開までにはまだ少し時間がかかりそうですね。
e0078069_17084244.jpg

by navona1971 | 2017-03-30 17:11 | とりとめもない話 | Comments(0)
いやいやどうも。
また少し遠出をしたいんだけど、まだ寒いのと、今週土曜日外来があるので、
まずはそこを乗り越えてから、と。なにも急いでいくことはないからね。
バスの空席状況を見たらまだ余裕もありそうだし。

引き取るものがあるので姉夫婦宅へ。
姉の義母が今回の移植手術がひとまず終わったことへのお祝いを先日買って下さったとのこと。
そこまで気遣いを頂いてわざわざとてつもなく恐縮なのだが。
やはり昔の品のいい、育ちのいい人なのでそういうところはきっちりされているんだねえ。
腎臓を提供した母に対しても同様に。
義母さんには少しご無沙汰していたので近いうちに直接お礼をしなきゃならないです。
義兄にさんざんお世話になっていることのお礼も伝えてないしなあ。

義理といえば姉の旦那さんである義兄は今日もちろん会社へ行っているが、
読み古した(古したと言っても読み終わっただけでピカピカ)本がたまっているみたい。
厚意で例のごとく何冊か面白そうなのを頂いてきた。
野球本とプロレス本、加えて仕事関係の本がちらほらあったが、
最近はプロレス本の面白さを義兄に教えてもらった感じ。
この日も以下の本をピックアップ。そうそう、
柴田勝頼と後藤洋央紀は四日市工業高の同級生なんだよね。楽しみです。
e0078069_08415792.jpg
ここに来る時、横浜市営地下鉄の車内広告でその開催に気づき、
「暇だし行こう」と思ってた横浜高島屋での「こち亀展」。なぜか招待券を姉が持っていた。
欲しいならいくらでも、とのことなので拝借。明日行ってみようと思います。
さすがに全巻揃えるまでは無理でしたが、一時期は60冊くらいまで持ってたしさー。
やっぱりオレらの世代ではバイブル的なマンガですよね。
e0078069_08415236.jpg
そういえば、ここで体重の停滞がしばらく続いていると書いたが、
その矢先、4日連続で減少を記録。増えたり減ったりシグザクしながらトータルで
下降線を描くパターンの中での4日連続減は退院後初。お陰で第一次減量目標値まであと600g。
でも、明日あたりまた少し増えていそう。いずれにせよ平常心で取り組もう。
適切なカロリー摂取をしていれば、結果的に増えることは絶対ないのだから。
その対策としてまあ、リハビリ散歩をしていますけども、
姉から「自分が通っているヨガに行かないか?」と誘われた。姉は長らくOLをしていたが、
辞める直前の頃はもう姿勢も悪くなり、責任の重さと長時間通勤で疲労していた印象だった。
ところが退職してヨガを始めたところ、背筋はピンとなり、スタイルもスリムに。
お腹もぺったんこで、一時期ストイックに通っていた頃はマジでモデルスタイルだった。
171cmで体重50ちょいとかだったらしい。効果抜群だったよう。
先日、しばらく休んでいた理由はオレの入院だったことを先生に伝えたところ、
「弟さんもリハビリにぜひー」という流れになったらしい。
まだ社会復帰まで時間もあるし、負担の強い運動がまだ禁じられている中、
足以外の筋肉もゆっくり負荷をかけていきたいだけに、行ってみようかと思う。
決してヨガの先生が「檀れいみたいな雰囲気で美人だよ」と言われたからではないけどww

by navona1971 | 2017-03-22 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)
今日は親友、OT氏と退院後初めて会う。
ここ最近は入院が目立ったが、そのたびにいの一番に様子を見に来てくれ、どれだけ励みになったか。
山あり谷ありの人生の中でも、常に近くにいて、力をくれた存在です。
高校一年生の時に同級生になってからの付き合いだから、今年でもう30周年。
退院から一ヶ月だし、そろそろお礼もしなければと思い、声をかけさせてもらった。
彼の地元までのんびりとバスで。途中、道中坂下(どうちゅうさかした)でバスを乗り換える。
名前がいいでしょ。もう、なんとなく場所のイメージが沸くじゃないですか。
画像左手が中原街道。右手が道中坂下のバス折返所になっています。
e0078069_21262973.jpg
ここは、五十三次で知られた東海道の裏街道(脇往還)として利用された中原街道
(神奈川県平塚市~東京都)の途中にあります。東海道より距離が短かったことや、
大名行列の混雑などを嫌った商人や旅人などに愛されたようで、
この先にある武蔵小杉には、「御殿町」など、当時を思わせる町名が残っていたりします。
今でこそ道路が改修されましたが、少し前までは狭い道が曲がりくねり、
周囲の山々に生い茂る竹笹とともに、うっそうとした空気を生み出していました。
e0078069_21263502.jpg
その後田園都市線青葉台へ。
ひとりで少しお茶をして休んだあと、彼と待ち合わせ。
夕食には早いから、とドライブ。アテもなく流れのままに。港北IC~第三京浜~横羽線~湾岸線~
中央環状~渋谷線~都心環状~霞が関~桜田通り~目黒通り~第二京浜。
e0078069_21263977.jpg
上海の隣、昆山(こんざん)市に製造工場を持つメーカーに勤務する彼。
こちらは休みだが現地工場は稼働しており、
中国版LINEに相当する微信(WeChat)の通知音がよく響く。あ、世界的にはLINEの方が少数派か。
コスト削減で製造拠点は海外への転移が目立ち、彼の会社もそれにならったものだが、
品質の問題や仕事の取り組み方、考え方の違いなど、カルチャーショックも多いそう。
良くも悪くも「適当なんだよなぁ」と。ただ、優秀な人はとても優秀だし、活気溢れる印象はある、と。
食事と空気は「やっぱり日本がいいよ、出張から戻るとホッとするよ」本音だろうね。
車中ではその後、ここに書きにくいような話題を延々と。しかし、特に湾岸線と渋谷線の混雑が激しい。
好天、3連休、年度末、卒業シーズン、いろいろ重なるからね。
けれど、笑いと会話が絶えず本当に面白い。長い渋滞もこんな時はかえってありがたい。
渋谷線上からヒカリエを1枚。
e0078069_21265114.jpg
東京から戻り、最後は川崎市幸区河原町にある台湾料理店「海味館(かいみかん)」にて夕食。
来るのは3年ぶりかなあ。彼とはお互いの都合が特に合いやすかった2010年から2012年にかけて、
よくここに立ち寄って夕食を食べてから、銭湯、サウナに行く、というお決まりのコースがあった。
オレの病気の悪化で控えて以来です。もちろん、無茶した食べ方はしません。
夜の定食、酢豚やエビチリなどからメインをレバニラとして、小皿もチョイスできるがサラダに。
ご飯も残しました。というか、胃がもう量を受け付けない感じ。もちろんおいしかったけど。
e0078069_21270197.jpg
彼は台湾ラーメンとニンニクチャーハンに麻婆豆腐。スリムなのに大汗をかきながら食べている。
僕は移植をしてから代謝がよくなり、以前より汗をかくようになって嬉しいような困るような感じだが、
彼の姿を見て、まだまだ自分の代謝改善なんて甘いなあ、と。
でも、彼はその代謝の良さのせいか、肌はつやつやで、血色もよく、オレより遥かに若く見える。
実際先日病院へお見舞いに来た時は、ナースに「弟さんですか?」と尋ねられたくらいだから。
ま、車の中が多いからというのもあるが、彼は今日半袖姿。
ちなみに激辛で有名な蒙古タンメン中本だと「あそこ行くと汗がこんなもんじゃない」そう。
冷や汗はともかく、こうした汗は、先生も言っていたが、健康な証拠でもあるね。いいことだ。
さ、そろそろ帰りましょう。今日は楽しかった。ありがとう。


by navona1971 | 2017-03-18 21:29 | とりとめもない話 | Comments(0)