カテゴリ:プロ野球観戦記(遠征編)( 40 )

いやいやどうも。
昨夜は見事なサヨナラ勝ちで、気分よく一杯やって就寝しました。
そして、日曜朝、ちょっと雲が多いかな。天気予報も今ひとつ。早起きはしたけれど、いろいろと考えごとをしたり、
ネットをしつつまったりと過ごす。試合前、歴史民俗史料館に行こうと思ったが、雨が降りそうなので明日に変更。

とりあえず仙台駅周辺や、広瀬通付近をぶらぶら。しかし、もう東京となにもかも雰囲気が変わらない。
お店もチェーン系ばっかりだしね、まあ、全国的な流れなんだろうけど。
帰りの荷物をなるべく軽くしたいので、お土産を早めに購入し、宅急便で送ってしまおうと思う。
しかし、仙台駅のお土産屋さんの混雑っぷりはすげーな。まともにじっくり選ぶことすらままならない・・・。

なんとか買って、ホテルに戻る。
フロントには「本日のクリーニングは営業日です」のプレートが掲げてある。
え、さっき朝、部屋から電話したら休みです、って言ってたのに。チェックインした時もそうだったけど、オープン間もないのか、
なんとなく手際が悪い。静岡出張の時にいつも泊まっているビスタホテル清水でも経験したけど、やっぱり落ち着くまでは時間かかるか。
あそこも部屋番号と違うカードキー渡されたりとか結構ボケボケだったからな。今はすっかり素敵な宿になったけど。
コインランドリーがあるので、自分で洗濯。いや、長袖を持参したのだけど、出番がなかったんで、それは自宅へ返送。
そのかわり、半袖を洗濯機でゴンゴロ・・・。仕上がるまでベッドの上でゴロリ。ああ、リラックスできるなー。

乾燥機で乾かし終えたのが試合開始40分くらい前か。やや急いでKスタ宮城へ。
今日は姉夫婦が不在。松島観光なんだとか。なのでこちらは一人でレフト外野指定席で観戦。
やや雲が多く、試合開始直後は雨がぱらつく。雨合羽を取り出すが、結局着ることなく、そのまま横の席に置いておく。
先発のラズナーは制球に苦しみ、四球でランナーを貯めてしまったあとは、勝負強いサブローにタイムリーを打たれ先制されてしまう。
うーん、そして、今日はロッテファンもよく集まっていて、ライトスタンドは真っ黒・・・。声も出てるなあ。こちらより明らかに。

一方、マリーンズの先発は吉見、捕手は斉藤。なんだ、シーレックスでよくみかけたバッテリーやん。
里崎のケガもあるんだろうけど、斉藤を先発捕手として使わなくてはならないってのはなかなかしんどいな、ロッテも。
2点を追う楽天は初回、聖澤がいきなり先頭打者初球アーチ。ブラウン監督なっていいことってあんまりなかったけど、
彼を成長させてくれたのが収穫(唯一?)だな。昨年二軍で見ていて、正直ここまでやれるとは思わなかった・・・。
あれ、鉄平がスタメンにない・・・。なんでも骨折なんだとか。シーズン間際だから、もうゆっくり休んで来季を目指して欲しいわ。

その後、毎回得点で3回裏には3-2と逆転、さすが仙台ではロッテに強いなと思っていた矢先の5回表、
清田に特大の3ランを浴びてしまう・・・。続く6回にも福浦の犠牲フライで6-4・・・。
マリーンズのラッキーセブンには球団歌とともに「Kスタ病治りました!」のゲートフラッグが掲げられ、
カラービジョンに映し出されて周囲の笑いを誘ってました。
そう、今、ロッテはここでまさかの15連敗中・・・僕も「今日はさすがに、とうとう負け、連勝ストップかなー」と思ったわ。
だけども、7回裏に高須のタイムリーで1点差に。そして、9回は小山が好投し、イーグルスの反撃を待ちます。

ロッテのマウンドは守護神、小林宏。昨日に続く登板。
先頭打者は好調内村。また彼がよく粘るんだ、ファールで。小林も投げるところが見つからない。
そして、2-3から投げたストレートにバットを振り切った内村の打球はレフト前にポトリと落ちるヒットに・・・同点のランナーが出た!
続く聖澤はきっちり送りバントで1死2塁。さらに2番の直人はやや強い当たりのショートへの内野安打。判断よく内村は3塁へ。
1死1-3塁でバッターはさきほどタイムリーを打った高須・・・。チャンステーマが響く中の4球目・・・

いつものコンパクトながら鋭い振りでの一撃は大歓声の中、僕らのいるレフトスタンドへ打球が。これ、もう余裕でHRの距離!
くるくるくるくる~入った!うそおおおおおお~サヨナラ3ランHRかよwwww。やったあああああああ。
もうスタンドはみんなで手を取り合い大喜びです。二日連続のサヨナラ勝ち。しかもホームランなんて!
でも、サッカーのゴールもいいけど、この野球って、HRの打球が飛んでくる瞬間が最高にワクワクして気持ちがいいね。
高須はナインからの手荒い祝福を受けたあと、ヒーローインタビューへ。さらに、サインボールを持ち、球場を一周。
こちらも「たかすうぅぅぅぅぅぅ~」と声援を送らせてもらいました。さすがベテラン。最近ちょっと存在感が薄かったけど、やっぱり高須。
もうさ、昔でいうと土橋とか、こういう、勝負強い、渋い打撃をする選手ってのはしびれるね。数字以上のモノを感じます。

それに、高須は過去、やっぱりチームを引っ張ってきてくれたし、野村野球を率先して実践してきた選手。
ちゃんと、考える野球を監督が変わってもやり続けているようで、さすがですね。この人のせいで負けた試合ってあったっけ、ってくらい。
ちょっとイーグルスへの気持ちが薄れていたんだけど、去年や一昨年の熱い気持ちを思い出させてくれる一発でした。
高須ありがとう~♪うれしくてちょっと泣けた・・・。

振り返れば、牧田の好捕とHRも素晴らしかった。もともとセンスある人だし。綺麗な右打ちでした。
それに、内村も、抜けたらタイムリーという当たりを好捕、1塁走者今江も殺したあのプレーも大きかった。
今日はこの二人の活躍が最後の高須のHRを生んだと言ってもいいくらい。

泣けたといえば打たれた方のコバヒロ。マウンド上で崩れ落ちてました。西岡が励ましていたけれど。
投手はどうしても全責任を負いがちだよね。抑えの投手って、リードの場面で出るから、「抑えて当たり前」と思われる傾向あるし。
気の毒だなとも思いました。野球の残酷な一面。これでロッテはKスタ宮城でまさかの16連敗・・・。

試合終了後はホテルへ一旦急いで戻ったあと、姉夫婦と合流し駅前の海鮮居酒屋で一杯。
松島も楽しんできたようです。客引きがなかなかすごいとか・・・。

義兄「観光船乗ってもさ、みんな風景見ないでデッキに出てカモメの相手ばっかり」。
だま「wwwww」。
義兄「デッキの定員13人なのにそれ以上来るから船がウイリーww」。
だま「ワロタwwww沈みますwwwww」。

牡蠣丼やらずんだなども味わったらしい。松島は仙石線乗ればそんな遠くないんだな。

義兄「いやー、母親がさ、キミ(だま)の新婚旅行の費用くらいあなたが出しなさいって俺にさ」。
だま「すいません・・・。僕に彼女が出来たら、義母様もきっと喜ぶでしょうね。いろいろ気にしてもらってたし・・・」。

なんやかんやで二時間ほどの呑み。
しかし、いかんね。とりあえず運動頑張って、春頃の気持ちを取り戻さないと・・・。はあ・・・。



先発はラズナーと吉見。特に立ち上がり、ラズナーは制球に苦しみ、サブローに2点タイムリーを浴びて初回2失点・・・。
e0078069_5254296.jpg

今日はビジター応援デー?だったかな。連休中ということもあり、関東方面から多数のマリーンズファンが応援に。
e0078069_5255027.jpg

試合開始直後は雨もぱらついたKスタでしたが、それも最初だけ。だんだんと雲の切れ間が出来、空が明るくなってきました。
e0078069_525577.jpg

ラズナーは4回、清田に3ランを浴び5失点。劣勢だが、イニングの合間には「学園天国」で盛り上がろう~♪
e0078069_526863.jpg

5回、福浦の犠飛で6点目を加えたロッテ。さすがに今日は負けるかな・・・。7回では恒例のジェット風船が飛ぶ風景を楽しむ。
e0078069_526193.jpg

試合時間が長い・・・。デーゲームですが、陽が傾いてきました。幸いにも気温が高いので、半袖でも余裕の観戦。
e0078069_5262412.jpg

昨日同様、オレンジ色の空が綺麗です。
e0078069_526326.jpg

この夕焼け空なら、明日の試合もやれそうだね。
e0078069_5263646.jpg

6-5で迎えた9回、クラッチがまだまだ諦めないで!と観客を鼓舞します~♪
e0078069_5264477.jpg

9回、先頭の内村、ひたすらファールで粘った末に、レフト前ヒット。昨日、今日と本当によく活躍をしてくれています。
e0078069_5265164.jpg

続く聖澤は犠打で1死2塁。さらに直人はショートへの内野安打で1死1、3塁に。そして打席には3番の高須!
e0078069_5265714.jpg

なんとサヨナラHR!!ナインがホームベース付近で出迎えます。
e0078069_527397.jpg

高須も両手を挙げてバンザイ!
e0078069_5271013.jpg

ナインの輪に飛び込みながらホームインすると手荒い祝福が!
e0078069_5271935.jpg

昨日、今日と延長もしていないのに4時間を越えるゲーム。両チームどんだけ野球好きなんだよとw。
e0078069_52726100.jpg

観客からは最後まで諦めずに戦ったイーグルスの選手たちに拍手が送られます。
e0078069_5295018.jpg

試合後恒例のバンザイ三唱に向かう中谷ら。
e0078069_530489.jpg

バンザーイ!
e0078069_5301714.jpg

ヒーローインタビュー終了後、子供たちと球場を一周します。
e0078069_5302821.jpg

サインボールの投げ入れかな。
e0078069_5304282.jpg

僕の近くも通ってくれました。ありがとう高須~!
e0078069_5305443.jpg

レフトスタンドからは高須コール!そしてそれに応える高須。
e0078069_531171.jpg

by navona1971 | 2010-09-19 23:24 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(0)
いやいやどうも。
この土曜からの三連休は、仙台のクリネックススタジアム宮城で開催される、楽天対ロッテの三連戦を観戦します。
初夏の頃に姉夫婦が行く、というので、まあ、じゃあ現地で一緒に観ようか、ということで。
だいたい年に1回は応援しているイーグルスの本拠地ということで、観戦に来るんだけど、今年は5月にカープ戦を観戦しに来ています。
今季2回目の仙台になりますね。本当はねえ、クライマックスシリーズ争い真っ只中の三連戦かなと思ってたんだけど、
まさか単なる消化試合になるとは、行く、と決めた時には想像もつかなかったww。まあ、それでももちろん観戦は楽しいのだけれど。
去年のKスタ観戦はあのクライマックスシリーズ出場決定試合だったからねえ、盛り上がったなあ(遠い目)。

土曜日ですが、今日はナイター。
なので、焦らず、午前中はスポーツクラブへ。しっかりと汗を流す。マルチパワーが空いていたので、ウエイト量も増やして・・・。
はぁ・・・なんとかしないとな、体。春の頃の雰囲気戻さないといけない。静岡でオワタ!になってからダメダメだったからな。
で、昼過ぎに戻り、昨晩用意していたリュックに残った荷物を詰め込む・・・。今回は忘れ物がないように、点呼メモ作ったよww。

そして横須賀線で東京駅へ。なんちゅう混雑。朝のラッシュ時よりひどい。東京駅の何が嫌かといえば、お土産屋が煩わしい。
お土産を買う列が駅構内通路に伸びるって本末転倒だろ。ここは「駅」であって、デパートじゃないし。
そのデパートといえば、隣接する大丸も今や土産屋だね。この間通りかかったら、1階で大声張り上げて洋菓子売ってるの。
もう少し品位のある売り方すればいいのに。少なくともデパートでしょ?こういう流れってグレープストーンが力つけてきたあたりから、
おかしくなってきた印象がある。東京ばな奈とかねんりん家とか。特別美味いとも思わないし、店員の売り方も多分、
会社から相当キツイ指示があるんだろうど、正直あんまり買いたい気分にさせないんだよ。

で、新幹線ホーム。こちらも混雑・・・。ドアの前で並んでいる僕に、女性が「自由席はどこか」と尋ねてくる。って駅員じゃないよw。
「はやて」には自由席がないこと、仙台なら次の「やまびこ」に乗ることと、自由席の位置を伝える。JR、オレを使ってw。
そして「はやて」に乗車。この、上野~大宮間の東北新幹線下りに乗ってる時の気持ちの高揚感ってあるよあ。
「これから旅に出ます」という感じの助走って感じで。逆に、上りでここ走ってると「あー、明日から仕事か」と思って、
ネオンを見ながら寂しい気持ちになったり・・・。キャンディーズとハングリーを聴きながら新幹線は一路北へ。

速いものですね。90分ほどで仙台へ。グリーン車だったんだけど(リッチだからじゃないよ、私大柄なんで。えきねっとのトクだ値
だと2割引で普通指定席とほぼ同額で買えるのも嬉しい)、デッキには立ち客が一杯。なんか通勤電車みたいだ。
ドアが開く。ややむわっとした空気に包まれる。てか、東京より蒸し暑くないか?まずはホテルへ。
駅から徒歩数分、開業一ヶ月弱ということもあり、まだまだ新築の香り。ちょっとシャワー浴びて、一休みしたあと、Kスタへ向かう。

仙台駅東口からは、ひたすら道を直進して約2km弱。20分ほどで到着。
東京の球場に行きなれている者としては、このテーマパーク感全開な雰囲気が、嫌いじゃないがちょっと違和感。
まあ、東京は黙ってても客来るけど、人口も少ないし、ここに惹きつけ続けるのは、こうしないといけないのはよくわかるわ。
で、今日は3塁側内野指定席上段。程なくして姉夫婦も参加。昼は牛たん屋のなんちゃらとかいう店で30分並んだとか。

しかし涼しい~♪最下位、消化試合の割には、連休最初の土曜日ということもあって、かなりの入り。ほぼ満席。
まあ相手がロッテだから、1塁側とライト側の埋まりもよい。試合展開は・・・割愛。成瀬、岩隈両エースのまずまずな投げあい。
楽天は打線が湿ってるね。そして、2-2のままで迎えた9回、青山がマウンドへ。
1死後、大松にヒット、代打福浦は抑えたものの、続く角中に四球(意味ないよなあこれ)、
そして、徳沢直子ちゃんと婚約した西岡のセンター前タイムリーでロッテが勝ち越し!防御率はいいんだけど、どうも信頼感がな。
つーか、この意味不明な四球とか、相手が飲み込んでくるとそのままやられちゃう雰囲気ってのは変わらないな青山。
顔もいいし、球もすっごくいいと思うんだか。ええ、もちろん大好きな投手ですよ。それだけにねえ。

3-2のロッテリードで9回裏へ。とうとうロッテの仙台での連敗も止まるかなと思いつつ、内村を見つめる。
すると、投手強襲の安打。おお~、今日、猛打賞じゃんうっちー!そして聖澤が犠打で内村が2進。
さらに直人がセンターへ抜けるかという強い当たりのショートゴロ。うっちーあわててセカンドへ戻り2死2塁。
ああ、反撃もここまで、か、と思ったら、鉄平は死球、さらに4番、山崎が打席へ。頼む!!今日は結構いい当たりしてるし。
そして、ジャーマンきたあああああ素早い打球は三遊間を抜けてレフト前同点タイムリーヒット!!!!

ここまで来たら一気に決めちゃえ、てか、延長にも入ってないのにもう22時直前って今日どんだけ試合遅い展開だよ。
そして続く中村紀もライト前へ・・・鉄平がセカンドから一気にホームインで逆転サヨナラ勝ちきたああああああああああああ。
よかったよかった。ナインに手荒い祝福を受けたあと、ヒーローインタビューへ・・・。うんうんよかった。明日も勝とう。
帰りも歩いて仙台駅へ。義兄が行くと決めていた居酒屋は僕の泊まっているホテルの1階だった。軽めに1時間ほど祝勝会~♪

子供にとってはあこがれですね、新幹線。僕もそうだった。
e0078069_71913100.jpg

はやて・こまち21号で仙台に向かいます。つい30年前は夜行列車まであったのに、90分ほどで移動とは!
e0078069_719199.jpg

「東京には本当の空がない」。安達太良山はじめ、那須から南東北の山々と青く、高い空を見ると確かにそうかも。
e0078069_7192398.jpg

そして仙台に到着。駅前の照明ポールにはこんなフラッグが・・・。残念ながら最下位なんですけど、今シーズン。
e0078069_7192881.jpg

まだまだ暖かいですけど、陽が沈むのは随分と早くなりましたね。
e0078069_7193542.jpg

来るたびにいつも美しい夕焼けが観られる。これはライトスタンド後方。
e0078069_7194078.jpg

今日の先発はイーグルスが岩隈、マリーンズが成瀬のエース対決!
e0078069_719458.jpg

大きな拍手と声援を背に受けて、岩隈は1回、まっさらなマウンドへ向かいます。
e0078069_7195192.jpg

成瀬は仙台でのチーム対楽天戦連敗を止めるべく、奮闘。立ち上がりは完璧。
e0078069_7195784.jpg

一方、岩隈も 成瀬ほどではないけれど、まずまずの投球内容。
e0078069_720338.jpg

7回には毎試合恒例、球団歌を歌って、勝利を願うジェット風船が(いや、やらんでいいと思うがw)。
e0078069_7201169.jpg

9回、青山がタイムリーを打たれ、勝ち越すも、コバヒロから山崎が執念の同点タイムリー!
e0078069_7201733.jpg

そして、続く中村紀がライト前にサヨナラタイムリー!ホームへ疾走するサヨナラのランナー鉄平、沸くスタンド!
e0078069_7202450.jpg

ノリさん「やったー!」。
e0078069_7203063.jpg

山崎と抱き合い、草野からは水攻撃~。
e0078069_7203736.jpg

え、青山、そんな嬉しそうに輪に入るのかww。次回はしっかり投げろよw
e0078069_7262367.jpg

内村も嬉しそう、今日頑張ったもんな~。
e0078069_7264895.jpg

ノリさんにじゃれつく直人。
e0078069_7271545.jpg

さらのその後ろから思いっきりジャンプして飛びつく草野。いいねえサヨナラは。
e0078069_7273950.jpg

そして一列に並び、最後まで諦めないで応援したファンに挨拶。いやー、最高の雰囲気です。
e0078069_728374.jpg

ノリさんのサヨナラタイムリーは今季初。てか、ベイビーブラウンこわいよwww。
e0078069_7283280.jpg

「残り10試合ですが全力でやっていきます!」。ノリさんの声に1塁側スタンドは祝福の嵐。
e0078069_7324244.jpg

ロッテはこれでクリネックス宮城でなんと15連敗となってしまいました・・・。
e0078069_7285111.jpg

夜のKスタも美しい!
e0078069_729204.jpg

試合終了が遅かったので短めですが姉夫婦と祝勝会~♪
e0078069_7312980.jpg

by navona1971 | 2010-09-18 23:21 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(2)
いやいやどうも。
つい先週、浦和でロッテ戦、三ツ沢で鳥栖戦を一緒に観戦した旧友、いわかつ(う)氏と会った際、「近々どっかいかない?」と誘われる。
「車出すからさあ」とも。イースタンリーグのロッテ対巨人(熊谷)なども考えたんだけど、埼玉県内の道路事情はよくないし・・・。
で、話した結果、いっそのこと、仙台、Kスタ宮城まで、楽天対広島を観戦に行こう、という結論に。う氏はカープファンだし、
昨年も一昨年もこの交流戦を観戦に当地へ来ています。昨年は1試合雨で中止なんてこともありましたね。
私もチケットを購入し、あとは行くだけだったが、こちらの仕事が珍しいことにやや忙しく、静岡出張もあったもんで、一旦は見合わせか、と。
しかし、金曜日静岡から戻ってきたあと、再考。そう後ろ向きになってばかりいても、と思いやはり決行することに。
今回は那須塩原で彼の車に拾ってもらい、東北道で仙台を目指します。結局、行くことに決めたのは当日、土曜の朝。
自ら決めたことながら慌てて行く準備をして、最寄りの横須賀線S駅から東京駅へ。
各駅停車の東北新幹線「なすの」255号の発車数分前になんとか間に合い乗り込む。
あ、開業当時から走り続けている古参、200系ですね、もう数が少ない。これに乗るのも最後の機会かも知れないな。
e0078069_223484.jpg

「なすの」は10両編成、うち普通車8両が自由席。11:20発なので観光客やゴルフ客の出発としてはやや遅いこともあり、
乗車率は10%にも至らず、お陰で静か、かつ快適な車内。ココン・・・ココン・・・高架線を走る音だけが車内に軽く響きます。
上野を出て再び地上へ出て、赤羽からは埼京線と併走。東北へ向かう際、このあたりを走ってる時、気持ちが高揚するね。
逆に、旅を終えて戻ってくる時、この何の変哲もない、乱開発されたベッドタウンの殺風景な景色に囲まれると落ち込む・・・。
途中、武蔵浦和のロッテ浦和球場が視界に入ってくる。今日、二軍は稲城のジャイアンツ球場で巨人戦があるはず。
リハビリ、リタイヤ組が残って練習していたようです。唐川とか、いたのかな・・・。
e0078069_22341536.jpg

東海道新幹線で各駅停車の「こだま」に乗ると、途中駅で「のぞみ」や「ひかり」の待避ばかりなのだけれど、
それから比べるとやはり東北新幹線はダイヤが緩やか。結局、一度も後続の優等列車に追い抜かれることなく、那須塩原へ。
那須高原に行く観光客と、ややゆっくり目のスタートのゴルフ客が降りた人々の中心かな。そんな彼らとともに改札を出る。
しかし、ヒンヤリとした空気が体を包み、思わず肩をすぼめる。仙台がもう少し暖かければいいんだけどね。
駅前で待っていてくれたう氏に拾ってもらい、最近流行りのスマートIC(SAやPAに併設する簡素なIC)である黒磯板室ICから東北道へ。
休日高速道路1000円のフィーバーも少し収まったのか、車の量はさほどでもなく、快適に移動することができました。
e0078069_22342134.jpg

途中福島県では晴れ間が覗き、安達太良山もよく見えました。雄大だねえ。東名道と違って緑が本当に多い沿線風景だよね。
そして、案外アップダウンも多いよねえ。トンネルが一方で少ない。そして、白石を過ぎたあたりから雨がチラホラ・・・。気温も下がるばかり。
パワーウィンドウを下げると、霧雨とともに冷たい風が車の中に舞い込んで来る。これ以上強くならなければね・・・。
途中、軽めの休憩を取り、結局、那須塩原駅からちょうど二時間で仙台宮城ICに到着。
しかし、休日だからか、それとも、雨ということもあるのか、市内の道が流れない。っていうか、仙台っていつもこうなの?車では初めて来た。
青葉トンネルや駅前周辺でかなりの渋滞。まあ、駅前のバスターミナルで車線規制のかかる工事をしているってのもあるんだろう・・・。
だけどタクシーも多いし邪魔だなー。さらに、今回宿泊するコンフォートホテル仙台東口はホテル所有の駐車場が少ない・・・。
チェックイン直後に行くもホテル収容分は満車。提携している民間駐車場も軒並み満車で”駐車難民”状態に。
さらに東口は一方通行が多く、区画整理中の影響もあり、同じ場所に戻るために一旦西口に出てぐるり。うーん・・・。
なんとか東口に提携外の駐車場を見つけ、駐車することに。車はこういうところが手間だよね。
e0078069_22342776.jpg

提携外ながら駐車場は宿泊ホテルに近いところで助かる・・・。ようやく予定より30分ほど遅れてチェックイン。
コンフォートホテルチェーンは、朝食無料、低廉な価格、クオリティの高いサービスと部屋で最近評判です。
昔は東横インくらいしかなかったけど、今やあちらが見劣りするもの、正直な話・・・。この世界も競争が激しいねえ。
フロント嬢とやりとりして部屋へ。「名古屋の子だな、あのフロントは」とう氏。わからなかった。イントネーションがあっちらしい。ふーん。
さて、荷物を置いて、肩掛けミニバックだけ持って、Kスタに行きましょう。
あ、ノートパソコン500円で貸してくれるのか。相場は1000円なのに割安だなあ。
借りればよかった。持ってきちゃったよ、サブノート。まあ、軽いからいいけど。
e0078069_22343353.jpg

駐車場探しに手間取り、思った以上に時間をかけてしまったので、ホテル前からタクシーに乗り込み、Kスタへ。
すでに「MAEDA 1」ユニを着込んでいるう氏を見て「広島から来たんですか?」と切り出されてから雑談・・・。
タクシードライバー氏によると、高速道路1000円効果で北東北や南東北からの買い物客などの車が流入し、
市内の渋滞が悪化したこと、一方で、新幹線から降りる客があからさまに減ったことなどを聞かされる。
「少し前なら新幹線が到着するたびにドッと降りてきたんですけどね」と。景気の影響も大きいだろう。
だいたい新幹線はビジネス中心。なにせ東京-仙台1万だもん。個人が出すには割高感があるよ・・・。
一方でツアーバスも人気だし、駅前にはさくら交通の東京行が停まってたな。こちらは往復で1万以下だもの・・・。
さらにドラ氏が続ける。「駐車場?パチンコ屋に止めればいいっしょー。帰る時に少しだけ打ってあげればいいんだよ」ってww。
まあ確かにそうなんですけどww。なかなか気さくで面白い人ね。で、無事に数分でKスタ到着。昨年10月のCS進出決定日以来。
おお、我が聖地、やっぱりいいですね。ゴールデンエンジェルスがイベントやってるけど、なんか美人増えてない?
e0078069_22343932.jpg

観戦は外野自由席。う氏はカープファンなんで、彼に配慮するため、ライト自由席へ陣取ることに。
で、軽めのカープファンとイーグルファンが混在しているポール際の中段に席を確保。レフトスタンドでもちろん観戦したいけど、
あちらは席が埋まるのも本当に早いので・・・。それでも今日はこちらから見ても空席がまだ目立つ。まあ試合開始まで2時間あるものね。
さっそく外へ買い物。まあ、たまにしか来ないから、スタジアムグルメを楽しまないと。ちょっと割高感あるけどねえ。
しかし寒い・・・。シャツ2枚の上にイーグルスのレプリカサードユニを着込むが寒い・・・。
e0078069_22344480.jpg

まずはこの人形のいるお店でビール。乾杯~!
う氏はここの店員さんにも「広島からいらしたんですか?」。さらにレフト外野席ゲート前でも「広島からですか?」ってww。
いやいや、カープファンは全国に散らばっていて、ビジター多いのよ~。聞けば駐車場に広島ナンバーの車があったとか・・・。
e0078069_22345045.jpg

お、例の煽りTシャツ。
しかし、Kスタに来て思ったのは、ファンクラブ勧誘とグッズ売りののスタッフが多すぎることだな。そこまで躍起にならんでも。

バイトの子「レプリカユニいかがですかぁ~?」
う氏「いや、俺カープファンだからw」
バイトの子「買ったあと雑巾にしてもいいのでいかがですか~?」

という表現にはう氏とともに顔を見合わせちょっと引いたww。なんだかなあ。今時の子なのかなあ・・・・。
e0078069_22352134.jpg

しかしカープファンもよく集まるなあ。だけど、黙っていると身震いがする。冷えるなあ。寒い・・・。ホテルは暖房が入ってたし。
あと数日で6月か来るというのに、まるで冬みたいな冷え込み。コートを着てる人の姿も・・・。あながち大げさじゃないよ。
早く試合やろうよ・・・。暖かくなりたくてラーメンを食べたいけれど、考えることはみんな同じで長蛇の列・・・。
仕方ないのでチキンカレー。おいしいな、コレ。でも、プロ野球チップス1個150円は高すぎる・・・。
途中、プロチを4つ抱えてう氏が戻ってくる。「手にとってから値段わかったよ、なんだよこれー」って。4つで600円www。
だけど、鮮やかなスタジアムだよなあ。ボールパークっぽい。まあ、賛否はあると思うけど、普段神宮やハマスタばかりだから新鮮。
e0078069_2236065.jpg

あっ・・・。
e0078069_2236557.jpg

あなたはもしや・・・今年からの新キャラクター・・・!
e0078069_22422474.jpg

ベイビー・ブラウン!気さくにカメラ目線をくれましたw。挙動不審でちょっときんもーっ☆だけどww。
e0078069_22361052.jpg

今年から運用が開始された大型カラービジョン。国内最大級らしいじゃない?
ツイッターの画面が表示されています。イーグルスファンのつぶやきが次々と。スポンサーが創造電力ってのがまたアレだがw・・・。
しかし「~なう」って言葉はポピュラーになったねえ。人が使うのは楽しいけどなんか自分は恥ずかしいから控えますw。
e0078069_22361687.jpg

で、先発バッテリーの発表。イーグルスは岩隈、嶋。カープはスタルツ、石原。
周囲のカープファンは「えええ~、ラズナーとかじゃないのかよ、正直に岩隈で来たのかよ~!」と嘆きの声もw。
e0078069_22362228.jpg

しかしこのカラービジョンはくっきり、はっきりだね~。で、スタメン発表・・・。カープは石井琢が珍しくサードで起用されました。
岩隈が先発でもキャッチャーは嶋。打撃も好調ですし、藤井が苦しい立場に追い込まれてますね。
だけど、嶋がここまでやるとは思わなかった。打撃は絶対改善できねえ、と。努力したんだろうなあ。ルーキー年からは想像もできん。
e0078069_2236538.jpg

いよいよ試合開始。レフトスタンドはほぼ満席、ライトスタンドも8割方埋まりました。先攻はカープ。まずはファンファーレから・・・って、
トランペットなかったね。スタンド真ん中付近を中心にスタンドの多くの部分をカープファンが占有。遠征組もだいぶいるみたい。
よく関東ビジターで見かける私設応援団の面々も・・・。一方、岩隈は得意のゴロを打たせるピッチングでまずまずの立ち上がり!
e0078069_22425044.jpg

一方、カープの先発は途中加入の新外国人選手、スタルツ。ここんところ、長身を生かした投げ下ろすような球を生かし、
初先発時こそ、崩れてしまいましたが、だんだんと調子を上げ、その後、好投が続いています。
イーグルスは序盤、ランナーを出すものの、中軸の中村紀、山崎武がことごとく打ち取られ、先制のチャンスを逃します。嫌な流れ・・・。
e0078069_22443922.jpg

そんなこんなで両投手の好投が続いた6回、ランナー一人を置いて3番天谷が右中間へ2ランで2-0、カープ先制!
くっそー・・・。”宮島さん”が響いているよ・・・。まさかあれだけ不調なあまやんに打たれるとはなあ。
寒さでビールもチューハイも控えていたが、う氏はペースを上げて呑みまくり・・・ってどれだけ呑んでんよwww。
前に座ってる奥様から「あの・・・広島からいらしたんですかお二人?」いやだから違うよww。
俺はイーグルスユニ着てるじゃーん(横浜弁)。う氏がやたら声援してたので広島県人に見えたか。
e0078069_22444687.jpg

スタルツの出来からして、これはヤバイな、と思ったんだけど、中4日で回しているせいか、100球を越えたところで8回、スタルツが降板。
これは大変ラッキー。イーグルスには助かったよ。そこで林が登板した途端に打線が襲い掛かる。
先頭の渡辺直はアウトになったものの、痛烈な投直、さらに聖澤ヒット、そして高須も上手な右打ちでライト前ヒットで1-3塁。
ここで林からベイルにスイッチ。打席には鉄平。鉄平は1ゴロで3塁ランナーホームインで2-1に。
その後、中村紀が横山からセンター前タイムリーきたあああああああ、土壇場で2-2の同点に追いつく。うひょー。
そして延長10回、1軍復帰、即登板の永川がヒット、四球、四球で満塁。
ここで嶋が2-3からセンターオーバーサヨナラタイムリー!!!!
e0078069_22445217.jpg

イーグルスユニの前席奥様も満足げ。

奥様「あれ、お友達は・・・?」。
だま「満塁の時点で察したようで、喫煙所へ・・・」。
奥様「あらまwwwwww」。
e0078069_22445751.jpg

ヒーローインタビューはもちろん嶋!よく打った!!!
っていうか、周囲のカープファン荒れすぎww。まあ試合内容(というか采配が)ひどいもんな。気持ちわかるわ。
ほんと2ちゃんねるの世界というか、放送禁止に近いような怒りのぶちまけ方。
俺、関東でカープ戦よく観るけど、こんなに荒れたのは見てないよ。相当フラストレーションあるんだろう。
ノムケンの采配も?なところが結構あるからな。しかも前監督のチームに負けるって・・・。そりゃ怒るよ。
帰りは駅前での道をひたすら歩く。いつもは酷暑の中だったけど、こんな日は楽だね。長く感じることもなく到着。
観戦中にビール、サワー、ハイボール、ホッピーやら呑みまくったう氏はグダグダのため祝勝会・反省会はなくこのまま終了w。
呑み過ぎなんよww。
e0078069_2245221.jpg

これで気分よく次回の横浜対楽天(6・4、5)迎えられそう。
翌日も観戦予定でしたが、う氏がダウンしたのと、駐車場に難儀しそうなことと、
まあ、仕事への影響も踏まえ、素直に帰京することとしました・・・。
by navona1971 | 2010-05-29 22:33 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(2)
で、札幌ドームから今日予約しているホテルへ帰ることに。
地下鉄の切符は買っていたけど、面倒なのと、混んでいたこともあって、タクシーでJR白石駅へ。
タクシードライバーが気さくに話しかけてくる。って今日はなんかこういうの多いなw。
話題は当然、日本ハムのこと・・・。

ドラ「ウチは球団から指定されてるタクシー会社なんで、職員だけでなく、選手の方もよく乗るんですよ」。
だま「へえええ、誰か印象残っている人います?」。
ドラ「やっぱり新庄さんですかね。愛想もとてもいいですし。そして、とにかく、いい匂いなんですよ」。
だま「あははwwww」。
ドラ「それと、ダルビッシュさん、寡黙に見えますけど、実際は明るくてよく話す人ですね」。
だま「ほー」。
ドラ「あと、稲葉さんはもう、私にとっちゃ、スーパースターです。腰も低いし、優しいし・・・」。

そっか・・・。
なんだかハムに北海道民がメロメロにされているな。
でも、選手としても、また、プライベートも道民の目に触れる機会がやたらと多い中で、
好印象を持たれるよう心がける姿は素晴らしいね。球団の指導も徹底しているんでしょう。
東京にあるチームだと、人の多さに紛れて適当なことをしていてもバレないだろうし。
巨人ならまだ気も引き締まるけど(いや、いろいろとやらかす選手はいるけどさw)、
某ヤクルトや某横浜じゃ余計にそういうところで気が緩むだろうし。
笑顔でハンドルを握り、郷土球団の自慢を語るドライバー氏を見ると、ハムの移転は正解だった。

ドラ「お客さん、気付かれましたか?ヒーローインタビュー?」。
だま「え?何がですか?」。
ドラ「ファイターズは、インタビューを、ほかの選手が帰らずにちゃんと聞いているんですよ」。
だま「へえ~。それは知らなかったし気付かなかったな」。
ドラ「ハムの広報の方が乗った際に教えてくれたんですが、それを提唱したのは新庄さんだったそうです。
その日のヒーローをみんなで称えよう、インタビューの受け答えも見届けて、参考にしよう、と」。
だま「それはいいことだなあ」。

こんな話をしているうちに車は駅へ。ここからJRで札幌。うー、寒い・・・。
ホテルに向かおうとコンコースを歩いていると、寝袋を抱えた人の列が・・・。先頭にはこんな看板が。
「JR北海道ICカード一周年記念"kitaka"購入の列はこちら」。
ええwww、明日の朝までここにいるつもりかよwww死ぬよww。信じられねーなおい。
前日2時間弱しか寝てないこともあり、ホテルにチェックインして食事をするとすぐに寝てしまう・・・。

翌日、ちょっと体がだるい。窓を少し開けると、とてつもなく冷え込んだ空気を感じる。さみーw。
屋上に露天風呂があるため、そちらで早朝からまたーり。
本来野球観戦がある予定だったけども、中止になってしまったので、小樽に行こうと思う。
が、バイキングを食べたあとに札幌駅へ向かうと、だるかった体がさらに重くなる・・・もしかして風邪?
とりあえずススキノに出て、義兄に土産を手配し、札幌駅へ戻った時にはもう体がダメ。
そういえば、昨日徹夜組が出た「kitaka」カード。Suicaと互換性あるから買おうと思ったけど、
PASMOとしては使えないんだな。図柄がかわいかったんで手が出そうになるが見送る。

で、駅の横にある「アイカフェ」に入り、フラット席で横になる。いかん、完全に風邪引いた。小樽行きは中止。
帰りの飛行機は試合があることを見越して20時45分発だが、変更したい。そんな夜まで待てない。
が、「DOバリュー1」という購入形態は、予約変更不可。キャンセル後再購入が必要・・・ひでーw。っていうか当たり前か。
安いチケットだもんなー。ひたすらアイカフェで横になり、フリードリンクの温かいお茶を飲み、体調回復に努める。
ジャケットを着て来たが、ジャンパーの方がよかったね。ここまで寒いとは思わなかったよ・・・。
なんとか夕方になり、18時25分発の快速「エアポート」の指定席「μシート」を購入し千歳空港へ。ただひたすら寝る。
空港で会社へのお土産を買い求め、もうフラフラ・・・。つーか、白い恋人の価格はひどすぎだろ。時代はロイズだわ。
そして、体調にとどめを刺すように到着機材の遅延で出発も遅延。

飛行機に乗り込み、ほぼ満席の中、空港内をタキシングするB767。
ボーっとしていると・・・「お客様、お客様」と声をかけられる。ん?スッチーが目の前に。かわえええw。
「あの・・・シートベルトが肘掛けの上を回っているので掛け直させてください」。何やってんだ俺・・・。
まあスッチーが間近で見られたからよしとする。結局予定より10分遅れの20時50分に離陸。
安定したフライトで助かる。そういえば、総務・販売管理部へのお土産を忘れてしまう。
機内販売で機内でも飲み物として提供しているオニオンスープセットを買い求める。
しかし前々から噂では聞いていたけど、AIRDOのスッチーはみんな笑顔が自然で素敵だわ。かわええし。
で、定刻より5分遅延で羽田へ無事到着、高速バスでYCAT、横浜駅からJRで帰宅。もう体はぐったり・・・。
by NAVONA1971 | 2009-10-25 23:59 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(2)
★試合について
で、札幌ドームへ到着。
小高い丘の上にあるんだね。階段を昇り、ライトビジター応援席の入場口である南ゲートに向かう。
というか、ここから遠いね・・・球場をぐるりと回る形。ちょっとフラストレーション。
入場するとまた階段を昇って客席上の通路へ。ちょっとややこしい造りだね。

試合開始まではまだ90分くらいあるので、ぼんやりと練習風景を眺める。
みんな特段いつもと変わらずの練習風景、でも、西武ドームやハマスタで見る時より笑顔がないかな。
福盛は気のせいか表情が冴えなく見えてしまう。有銘の出来が不安なだけに佐竹の投球にも気合が入る。

周囲を見回すと、もちろんみんなイーグルスファンなんだけど、関東で見かける人の姿があまりない。
まあ、やっぱり距離もあるもんね。もしかしたら自分が見落としているだけかも知れない。
応援団はしっかりと多数いらしてますね・・・。

ノムさんが監督として采配を振るう最後の試合になるかも知れないんで、1塁ベンチ前は報道陣が沢山。
全席指定なので、お客さんの入りも結構遅め。それでも試合開始10分前くらいにはほぼ満員に。
レフト外野席上の立見席にも座り込むファイターズファンの姿が見てとれる。

先発はイーグルスが藤原、ファイターズは藤井。
まあ、藤井が相手ならきっちり抑えられることはないだろうし、藤原次第で勝てるだろう、なんて考えがよぎる。
ところが1回裏、1死から藤原はひちょり、稲葉に連続ヒットを浴びたあとスレッジに犠牲フライであっさり先制。
続く2回裏にも田中賢のタイムリースリーベースと、ひちょりのレフトスタンドへの2ランであっというまに4-0。
おい藤原、いくらなんでもそれはねーだろw。情けない。今年はいいけど来年までにきっちり頼むよ。
彼はわずか2回で降板。後を任されたのは青山。
藤井には3回までノーヒットに抑えられるが、打線が二周り目になってから襲いかかる。
セギノール、宮出の連続タイムリーでこの回一気に3点。いや、セギノールの3点目ホームインは激走でした。
絶対に間に合わないと思ったもん・・・。

青山は久々のロングリリーフ。慌てることなく、珍しく落ち着いた投球で3回~6回を無失点に。
イーグルス反撃のチャンスをひたすら待つものの、江尻、林らの小刻みな投手リレーの前に苦しむ。
その後、7回裏にまたスレッジ、そして伏兵鶴岡にタイムリーを打たれ6-3。これで勝負あったかと思ったんだよ。
でも、8回表にセギノールのタイムリーで1点を返し、2点差に詰め寄る。あとワンチャンス。
しかし続くリンデンが空振り三振、中村真人が見逃し三振で追加点ならず。
しかし、左右の有利不利はわかるけど、宮出に代打中村ってのは勘弁して欲しかった。相手は宮出が怖いでしょうに・・・。
もちろん、中村は足も速いし、巧打だけど、こういう場面ではね・・・。まあ、結果論といえばそれまでだけど。
でも、とにかく振って欲しかった。見逃し三振はねーよ・・・。チャンステーマが鳴り響くもがっくり。

そして問題の8回裏、1死から登板した有銘がひちょりにヒットを打たれてわずか一人で降板。
今季は2位こそゲットできたけど、彼の不調は本当に痛かった。タフな投手だけに、「あぁ、よかった時の彼がいたら」と
思うことはこの日に限らず今シーズンは幾度となくあった。特にコントロールが不安定なんだよな今年。
昨季の疲れもあんのかなー。オフはしっかり休んで、来季に備えて欲しい・・・。
その後川岸にスイッチし、怖い高橋信二は遊ゴロで2死。この時には関東限定(とは知らなかった)のチキバンチャンテやら
新しいチャンテのジンギスカンなどがレフトスタンドだけでなく球場全体から響きまくりでビジター感満点だったわw。
なんか「敵地にいるなー」って感じがして結構ゾクゾクするんだよねw。

で、川岸が4球で高橋をしとめたあとは今日すでに2安打のスレッジを迎える。
ここで野村監督登場。ってことはもう・・・だよね。
ウグイス嬢が「選手の交代を申し上げます、キャッチャー、嶋に代わりまして、藤井・・・」って先にそっち読み上げるのかw。
この時点でライトスタンドは岩隈キターwって感じでw。その後ピッチャー岩隈コール。
これにはハムファンも大きな歓声。マウンドへ駆け寄るナインに「任せておいて」といわんばかりの背中を感じたよ。
今年のイーグルスを考えれば、ここに出てくるのは彼しかいないもんね・・・。
なんつーか、岩隈はもちろん、イーグルスの一員で、頼りになる選手なんですけど、
個人的に特別好き、という感情はなかったんですよね。けれど、なんでだろ、彼がマウンドに行く姿を見て、
自然に涙が出てきてしまって。チームやファン、監督を想ってくれる岩隈の気持ちが、
遠く離れたスタンドからでもしっかりと伝わってくるんです。多分、志願したんだろうなって。ヨシコーチに「行けます」
って意気込んだ姿が容易に想像できてしまう。頼もしいです。ありがたいことです。最後の最後までよく働いてくれます。

しかし、

2球目だっけ・・・バットにボールが当たった瞬間、「あ、まずい・・・」そんな言葉が小さく、口をついたんだけど、
フェンスギリギリではなく、スレッジの放った打球はライトビジター応援席の脇のハムファン応援席
の中段に余裕を持って飛び込んでしまったわ。
なんか、飛行機が高度を上げていくと気圧で耳がキーンとなるでしょう?ちょっと周囲の音が聞こえづらくなる・・・、
この瞬間がそんな感じだった。周囲のハムファンの歓声がどこか近いようで、でも遠くざわめいていて・・・。
と同時に「終わったな」って気持ちが。もちろん岩隈を責める気持ちなんてこれっぽっちもない。感謝することはあっても。
9回は草野が意地を見せてくれたけど、藤井がセカンドフライで万事休す。
クライマックスシリーズは第4戦でハムが勝利し、3勝1敗(+アドバンテージ分1勝)で日本シリーズ進出を決めました。

まあ、よくやったよ。
それに、こんな、11月が目の前、Bクラスのチームは来季へのキャンプにいそしんでいるのに、
ここまでシーズンを楽しめたなんて最高だったじゃないですか。課題もはっきりしたし、また、頑張って下さい。
e0078069_20161311.jpg
e0078069_20162110.jpg
e0078069_20162663.jpg
e0078069_20163150.jpg
e0078069_20163775.jpg
e0078069_20164323.jpg
e0078069_20164980.jpg
e0078069_20165460.jpg
e0078069_20165982.jpg
e0078069_201762.jpg
e0078069_20171114.jpg
e0078069_20171654.jpg
e0078069_20172315.jpg
e0078069_20172968.jpg
e0078069_20173519.jpg
e0078069_20174166.jpg
e0078069_20174785.jpg
e0078069_20175333.jpg
e0078069_2018071.jpg
e0078069_2018753.jpg
e0078069_2018155.jpg

★野村克也監督について
そして、野村監督にはわざわざここで書くまでもないフィナーレがあって。よかったよね。
試合終了後は席を立ち、最上段で見ていたことと、あの瞬間だけは、カメラを通じてではなく、自分の目で確かめようと思い、
カメラはカバンの中に入れたまま、最後の光景を眺めていました。とにかく、野村監督、4年間お疲れ様でした。
ここ一ヶ月くらいの騒動には、ややうんざりというか、興ざめしてしまったところもありました。
というか、ノムさんは野球の神様だけど人間としては神様ではないし、欠点もあります。家族にやたら甘いこととか・・・。
でも、聖人君子じゃあるまいし、完全な人はいません。それを補って余りある魅力がノムさんにはあるもんね。

昔、ダイエーをクビになって大工をやってた田畑一也をヤクルトに入団させ、再生した時は、
彼の地元、富山でオールスターが開催される時、たまたまその前に遠征で富山での試合があった際、
田畑の母親がノムさんに挨拶へ行ったんだよね。そしたら「おかーさん、息子さんをオールスターに出しますよ、
監督推薦で!」と伝えてあげたそうで、母上は涙を流して頭を下げたという話もありました。
イーグルスになってからも、チキンハートでどうしようもなかった徳元を前日打たれたのとほぼ同じ場面で登板させ、
みんなが「野村はアホか?」なんて言う中をきっちり抑えてベンチへ戻ったりする姿もありました。
球を受けたカツノリが顔をくしゃくしゃにして笑顔で徳元を迎えた光景を昨日のことのように思い出します。

ノムさんの取り組む野球は、その人がプロ野球人生を終えたあとも心の拠り所となるような思い出をしっかり残してあげること。
いつも言いますよね、プロ野球を引退しても人生があるんだ、と。
そこをちゃんと生きるための道標を作る人ではないかと思います。
ヤクルト時代から、ポンコツ(失礼)投手でやりくりして、当時、乱橋とか・・・なんで使うんだよーと嘆きながら見てたよ。
でも、どこかで彼らを生かそう、使い道はないか、って諦めずに考える人で・・・。

父を早くに亡くし、病弱だった母上も入院しがちで、ようやく退院の日、兄と大八車を走らせ駅に向かい、
母と出会えたことの喜びを語っていたNHK番組でのシーンは印象的でした。
「今でも思い出します」とハンカチで涙を拭っていました。僕が今さら言うのもナンですけど、優しい人なんですよ・・・。
ノムさんて、きっと出会った選手個々の人生、生き様までも心配し、気にかけてしまう人なんだろうなと。

一部の選手にはノムさんの真意が必ずしも伝わらなかったのかも知れません。報道も全てがウソだとは思わないし。
よく、草野や山崎とコーチだけがシンパだ、とか。でも、それを聞いて安心しました。ベテランにはわかるんだなと。
そんな、ハタチやそこらのコに今のノムさんを全て理解しろと言っても無茶な話だし・・・。
僕も若い頃は上司によく怒られて心の中では反発してましたけど、
振り返れば、みんなそれなりに真剣に注意してくれたのよね。叱ってくれる人って本当にありがたい存在。
どうでもいいなら本当にどうでもいいし。以前のブログにも書きましたけど、
教育というのは、その場でそうそう実るものではないし、月日が経った時に、その教え子たちの頭の中に、
”ノムラの考え”の何かがかすめることがあれば、ノムさんはきっと喜んでくれるでしょう。

★~追伸~「残念なこと」
まあ、ライトビジター応援席で観戦してたんだけど、試合中、
某新聞社の記者があちこち通路を動き回って観客席を何度となく撮影する姿に不快感を強く覚えました。
野球場に来れば、観戦する光景がカメラで抜かれるのは承知の上。それは当たり前。
でも、程度問題ってのがある(おそらく河北新報?)。

あんたら何枚撮ってんのよ。そんなに必要か?
つーか、何枚も撮らないとベストショットが得られないならカメラなんか構えるなよ。
数え切れないほど野球観戦に来てるが、こんなことねーよ普通。

嬉々としてボードを掲げて撮られたがる人もいるからかも知れないが、全てがそうではないし、
Kスタのノリでビジターで動き回られても正直目障りこの上ない。俺にとっちゃ”たかが新聞”だ。
別に俺たちは酒井法子じゃないんだから、レンズを何度も向けられても困るわw。

岩隈がHRを打たれた直後、落胆したイーグルスファンを撮りたかったのか、
いつになく張り切ってバシャバシャやってたら、俺の後ろに座っていた関西ビジターと思われる
イーグルスファンが「おい!空気読めや!なにカメラばっか撮ってんのや!」って怒鳴り散らしてたね。
周囲のみんなも「そうだそうだ」って顔してたのがわからなかった?
それがわからなかったならペンもカメラも置いた方がいい、記者としてのセンスないから。
罵声が耳に入って別の列に退散して撮影は続けてたな。
俺もカメラ構えてたのが女性じゃなかったら怒鳴ってたわ。
じゃあ俺があんたら撮ってここのブログに載せて「熱心な記者さんですw」なんて書かれたいか?

おめーらが目障りだったから試合終了後最上段に行って観ることになったよ。
取材する際はもう少し気遣いや配慮をしろよ。
俺がマスコミ(ミニコミのようなもんだが)を離れたのはああいう世界にうんざりしたってのもあんだけど・・・。
by NAVONA1971 | 2009-10-24 23:59 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(8)
いやいやどうも。
金曜の夜はクライマックスシリーズを東京ドームで観戦したわけですけど、
これはもう「札幌行くのは諦めるんで」という意味合いも入っていたんですよね。
ところが周囲にその話をすると「なぜ行かない?」、「行かないなんて許さない」とか、
クレームがありましてw、行ける時に行っておかないと、確かにね。それにノムさん最後だし。
そんなわけで金曜は23時40分頃帰宅してからブログを更新し、明日への荷造りをして2時就寝。
目覚ましは4時10分にセット。起きられなかったら札幌行きは諦めることにするw。
幸か不幸か、きっちりiPhoneのタイマーで起床。シャワー浴びてさっぱりしたあと家を出ることに。

我が家の最寄り駅からは羽田空港行のリムジンバスが出ているんだけど、
今朝の北海道国際航空(AIRDO)の初便には間に合わない。なので、東横線で武蔵小杉、南武線で川崎、
そこから京急で向かう予定で駅に着いたが「南武線は人身事故で運転見合わせ・・・」こんな朝からかよw。
仕方ないんで一旦横浜へ向かい京急に乗り換える。これでは羽田着がちょっと遅くなってしまう。
しかし、乗った電車が京急蒲田駅手前で急停車。動かなくなってしまい、窓を挟んで向かいに立つ車掌が慌てている。
ちょwww何があったん?

運転士と電話でやりとりしながら本社の指令室からも頻繁に連絡が。大きな声なんで内容が丸聞こえ。
どーやら速度照査(保安装置の一種です)にひっかかったらしい。おぃおぃ運転士何やっとるん・・・。
解除に手間取り、ようやく遅れながらも羽田空港へ。降りた乗客はいきなり走り出す人も。俺もだよ・・・。
しかもAIRDOの窓口が遠い・・・一番奥じゃないか・・・。ここからだと霞んで見えるわw。
必死に走ってグランドホステスに事情を話す。離陸6分前。
グラホスは「こんな時間にチケット持ってきても・・もう~(ツン!)」みたいな顔w。サーセンw。
そして「私についてきて下さい!」。頷いて一緒に走って手荷物検査場へ。
「間に合わない場合がございます」ってそんなこと言われても・・・。

手荷物検査を通過して乗り場に行こうと思ったら搭乗口の番号横に「ランプバス」の文字が・・・。
ええええええ~。今の時代に沖止め(バスに乗って飛行機に乗る)やってるの?さらに焦る。
さらに走って行くと出発がやや遅れたこともあって、バスへ乗る列がちょうど途切れた時に到着。
なんとか間に合って乗車・・・。こんな走ったのいつ以来だろ。先が思いやられる。

今回乗るのはB767。味気ない。土曜ということもあり、ぼぼ満席。
席は前の座席との間隔が広い、主翼真上の非常口がある席。離陸前にスッチーが席に来て趣旨説明。
前の座席の後ろには、どうやって非常口を開けるのかがイラストで説明してある。
東京は曇り。飛行機は千葉から猪苗代、山形を通り、八戸へ。この頃、雲が途切れてくる。

隣の男性がスッチーからスポニチを借り、読み終わっていたので、声をかけて拝借する。
一通りこちらも読み終えると、その男性から話しかけられる。

男性「北海道の方ですか?」
だま「いえ、横浜なんです」
男性「あ、僕、T島なんですよね」
だま「僕、H吉です」
男性「近いですねえ~。ご旅行ですか?」
だま「いえ、これを観戦しに(とスポニチ1面を指差す)」

そんなことから雑談に。彼は高校同窓会の事務局をしており、北海道での開催があって出向くと。

男性「イーグルスファンなら、寺田知りませんか?」
だま「あぁ、若手の、龍平くんですか」
男性「ええ、彼、後輩なんです」
だま「じゃあS高校ですか」

ほー。名門じゃないか。やはりナンバースクールは伝統あるのね、同窓会の開催頻度も高いそう。
寺田くんの現状について問われたが、無難な回答にしておく。ユニフォーム姿の彼を見たいというので、
二軍球場に行けば関東でも会える、と伝える。その他寺田ほか、野球ネタが延々と。そうした中、
飛行機はすっきり晴れた千歳空港に無事着陸。彼に「よかったらご一緒に札幌まで行きませんか?」
と誘われたため快諾し、駅から快速エアポートに乗る。

車内でも話の続き。数年前甲子園に出たことがあって、仕切り方や団体観戦の方法やらが全くわからず、
困っていたところ、日程が近かった明徳義塾が懇切丁寧に教えてくれて、
無事に乗り切ることができたそう。いろいろとww。縁がありますね・・・。
「あの時は本当に明徳さんに助けて頂きました」だって。
初戦でPLと対戦したそうだけど、彼と同期の監督曰く「高校野球ってレベルじゃねー」と漏らしたそう。
そんなこんなで札幌に到着。せっかくだからと名刺交換をして別れる。某大手商社さんだね。

しかし、男性でも大歓迎だけどさー、なんで女性じゃないのよw。
吉瀬美智子タン(森口瑤子でも可)みたいなコが「どこに行かれるんですかー」とか俺に聞いてくるとかないの?
そういうのも今後期待します(きんもーっ☆)。

札幌ドームの試合は14時なので、それまでは市内観光。まずは旧道庁へ。手前の銀杏並木が美しい。
そっか、北海道はもう冬といってもいいくらいだもんね。庭園内の木々も色づいています。
道庁を見学したあとは、時計台へ。これが時計台かー。案外小さいのね。初めてみた。
札幌に来たのは10年ぶりなんですよね。それも稚内出張への帰りで、観光なんて出来なくて。
で、時計台の向かいにはあの”花畑牧場”の直営店が。覗いてみるけどたっけーwwwww。
ソフトクリームだけは良心的な価格なので購入して頂く。ウマー。
しかし、結構冷え冷えな気候なのに薄着風の人も多い。北海道の人はさすが寒さに強いのかな。

開門時間も近づいてきたので、そろそろ札幌ドームを目指す。
地下鉄東豊線で福住へ。札幌からは15分ほどで到着。ファイターズユニの人が目立ちますね。
途中のソフトバンクショップには「私たちはファイターズを応援しています」なんてのぼりがw。節操ねーなw。
駅から10分ほど歩くと、いよいよ札幌ドームの姿が見えてきました。近未来風だね。
なんとか勝ちたいが・・・。
e0078069_11193917.jpg
e0078069_11194561.jpg
e0078069_11195175.jpg
e0078069_11195764.jpg
e0078069_112026.jpg
e0078069_11201237.jpg
e0078069_11201724.jpg
e0078069_11202236.jpg
e0078069_11202760.jpg
e0078069_11203343.jpg
e0078069_11203854.jpg
e0078069_11204323.jpg
e0078069_11205032.jpg
e0078069_11205556.jpg
e0078069_1121194.jpg

by navona1971 | 2009-10-24 23:58 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(0)
いやいやどうも。
前日は見事にクライマックスシリーズ進出を決める痛快な試合でした。
ヒーローインタビューを聞いてからスタジアムの外へ出ると案の定明日の試合のためのシート貼りの長い列が。
日曜はもう、レフトでの観戦を諦めてライトで・・・。朝はホテル近くのサンクスでスポーツ紙全紙購入。
しかし、この仙台遠征ではアルファ仙台青葉通店によく行ったんだけど、キレイだし施設が整ってるなあ。
東京のネットカフェ、最近はたまーにしか行かないけど、こんなところないよー。ホテルからも近くて、来年もここへ来よう。

試合は一昨日なので、内容は割愛。
ちょっと観客もファンも、土曜のCS決定の試合でテンションが高まりすぎて、気が抜けた印象を受けたかな。
心配でしたが、月曜は勝ったようでなにより。帰りは「はやて」のグリーン。だって普通の席じゃくつろげねーし。
ていうか、株主優待券を金券ショップで買って、それで切符を購入すると、
東京-仙台は普通指定席との差額が2000円以下とグーンと縮まる。おトク感が強い。
リクライニングを倒すといつのまにかzz・・・。気付けば大宮。そして東京。
西武ドームから帰るとの40分くらいしか変わらないって・・・。
e0078069_225461.jpg
e0078069_2254117.jpg
e0078069_22541679.jpg
e0078069_22542298.jpg
e0078069_22543090.jpg
e0078069_22543616.jpg
e0078069_22544187.jpg
e0078069_22544643.jpg
e0078069_22545165.jpg
e0078069_22545677.jpg
e0078069_2255190.jpg
e0078069_2255627.jpg
e0078069_22551133.jpg
e0078069_22551862.jpg
e0078069_22552645.jpg
e0078069_22553434.jpg

e0078069_22554352.jpg
e0078069_22555248.jpg

e0078069_2256788.jpg
e0078069_22561491.jpg
e0078069_22562076.jpg
e0078069_22562752.jpg
e0078069_22563611.jpg
e0078069_22564390.jpg

★試合結果
東北楽天2-6埼玉西武
勝利投手 [ 西武 ] 涌井(16勝6敗0S)
敗戦投手 [ 楽天 ] ラズナー(4勝6敗0S)
本塁打
[ 西武 ] 中村 46号(1回表2ラン) 、中島 22号(6回表2ラン)
[ 楽天 ] 山崎武 39号(8回裏ソロ)
by NAVONA1971 | 2009-10-04 22:53 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(0)

■試合前風景編をスクロールして見られない方ははこちらをクリック。


球場はもう、ぎっしりで、隙間が全くない状態。私の横は通路(階段)でした。レフトスタンドの両端の
通路には座る姿が過去の試合でも何度かありましたが、今日は中の通路にも人が座る状態。
人々の顔が熱気に満ちていて、異様な雰囲気です。似た感じがあったな、と思い出したのは、
1992年、ヤクルトスワローズでのシーズン末期の試合や日本シリーズですね。
あの時も、そして今も、野村監督がそれを演出してくれています。
e0078069_2240434.jpg

試合結果はもう、皆さんご存知ですがら、今さら書くまでもないですね。
現地では、青山ということで、期待というよりは、正直不安半分の様子で「今日勝てなくてもいい
と思っているのかなー」なんていう声も聞こえてきたり。それでも鉄平の初回3ランで、気持ちが一気に盛り上がりました。
野村監督も、多くのファンもそのホームランが効いたと思っているようです。
もちろんそうですけど、個人的にはその次の草野のソロアーチがとっても嬉しかったですね。
「え、ウソ、伸びるよ、伸びるよ、入るよ・・・おーーー入った!」みたいな感じで。涙腺が早くも緩みそうに。
レフトスタンドは、もう、お互い、誰もが前から知っていた仲間、いや、友人のように、笑顔で喜び合う姿が見られました。
しかし鉄平にはイチローがダブって見えてくるようになってきたわ。
e0078069_2240479.jpg

その後、イーグルスの攻めは急停車。2回から4回までは渡辺直がヒットを1本放っただけで、
帆足も立ち直ったかのように見えました。そこで、5回表、細川の2ランHRで4-3となった時にはさすがにマズいな、と。
レフトスタンドもやや静かになり、常勝王者西武の粘り強さ、底力を見せ付けられた印象がありましたね。
そうした悪い流れになりかねないところで、5回は山崎武がよくぞ打ってくれました。
e0078069_22405262.jpg

実は私の真後ろに座っていた初老のおっさんは異常なまでのネガティブファンで、周囲に聞こえるような声で
「どうせ山崎はゲッツーだろ」、「三振だよ三振」、「青山は早く変えた方がいい」なんて延々言うもんだから、
あんまりしつこいと胸倉掴むぞw今日はなんの日だかわかってんだろーなと思っていた矢先の3ラン。
周囲と大騒ぎしながら振り向きざまに、「そんなことばっかり言ってちゃダメだよー」と言ったら周りも、
「そうだよそうだよ」とw。やっぱりみんな思ってたか・・・。その後おっさんは前向きな声援をしてくれましたw。
まあ、ネガになる気持ちはよくわかるんだけどね。青山にもさんざん期待してただろうからな・・・。
隣の同世代男性は、もう目が真っ赤で、しきりに涙をこらえている様子が伺えました。
しかし、山崎のHRは、引っ張りよりも右に打つ姿がいいなあ、美しい。上手だね。
e0078069_22405835.jpg

6回にはさらに鉄平の今日2本目のアーチ、さらにリンデンも8回に2ランが・・・。
残念ながら、と言っては贅沢ですが、今日のイーグルスのアーチはみんなセンターからライトへの当たり。
リンデンがHR後の守備でレフトへ来た際、ファンのリンデンコールに大きく応えてくれた姿がよかったな。
e0078069_2241259.jpg

青山は9回は、1死後、GG佐藤にレフトへ運ばれてしまいます。これ、たぶん誤審。ポールの外へボールが消えて、
こちらにいたファンはみんな「はいはいファール」と思っていたら3塁塁審が手をグルグルw。まあ点差があるからね。
その後2死まで来た際は、自然発生的に「あとひとり」コールが。いかんのよ、これはw。
案の定というか、代打上本にソロアーチ・・・。東北荒鷲会の人もそのコールを止めるのに必死・・・。
スタンドみんながもう軽い興奮状態だったからねー。
「しっかり抑えろ青山」コールでようやくまとまりを見せ、青山も片岡を遊ゴロに打ち取ってゲームセット。
これで今季、イーグルスの3位以内が決定し、クライマックスシリーズの出場権を得ることができました。
e0078069_2241624.jpg

この歴史的瞬間に立ち会うことができて、本当によかったです。
先々週の西武ドームでの3連戦では、全て観戦予定が、金曜は仕事が伸び、土曜は急遽球場を離れ、と
残念なこともありました。でも、優先順位はやはり仕事だものね・・・。たいしたことしてないけど。
あの土曜の試合を直接観ることができず、悔しい思いをしましたが、あの試合に並ぶようなよいゲームでした。
e0078069_22411186.jpg

振り返れば、イーグルス球団創設のシーズンは知りません、ほとんど。イーグルスに限らず球界全てに。
昔は学校帰りや日曜には幾度となく、川崎球場、横浜スタジアム、神宮球場へと足を運びましたが。
学生時代以後から、あの時までは野球に興味の薄れた空白の時期でしたね。
でも、姉が野球観戦好きな人と出会って結婚してから、昔を思い出したように観戦数が増えていきました。
そんな矢先、2006年の交流戦、横浜対楽天をなんとなく観戦して、関東ビジターではおなじみのロペス氏の
熱く応援する姿に驚き、そのうえ、ノムシンと言われようが野村信者なので、イーグルスへ惹かれはじめた次第です。
e0078069_22411532.jpg

野村監督の何が一番好きかといえば、これはヤクルト時代からそうなのですが、
采配にかならず情を交えることです。それがたまに欠点となることもあるけど。温かな人間味がいい。
あの頃も、前日打たれた投手を翌日同じような場面で平気で使う。「打たれたら・・・」と思うと出来ることじゃない。
「あの人なんなんだろーなあ」なんて当時は思ってました。
そして、表向き、言葉ではけなしたり、グチグチ言ってるように見えて、ちゃんと相手の気持ちも汲んでくれてる。
さらに、熱い思いを持っている人、努力を怠らない人には、必ずチャンスを与えます。
e0078069_22411969.jpg

よく選手、コーチと監督間の意思疎通の不足によるあつれきと言いますが、監督業は教育そのものだと思います。
選手への指導はその場で実るものではなく、月日が経った時に、教えを受けた人の心の中に残るもの、
それがまさしく、ノムラの考え、野村野球でしょう。
e0078069_22412459.jpg

私が神宮によく通った頃は、ヤクルトスワローズは弱くて弱くてどうしようありませんでした。
そのヤクルトを、強いチームに作り変えてくれた野村監督が、また、自分の好きなイーグルスを、
クライマックスシリーズに導いてくれたことに、心からお礼を言いたいです。
そして、野村監督のもと、結束してシーズンを戦い、この位置をつかんでくれた選手全てにも、ありがとうと言いたいです。
あと、最後まできちんと声を出して応援していた西武ファンの皆さんも素晴らしかった。
さあ、これから10/04の試合も見てきますね。
e0078069_22412815.jpg

★試合結果
東北楽天14-5埼玉西武

勝利投手 青山 (3勝4敗5セーブ)
敗戦投手 帆足 (9勝6敗0セーブ)
・本塁打
埼玉西武  5回 細川4号2ラン 9回 G.G.佐藤25号ソロ 9回 上本4号ソロ
東北楽天  1回 鉄平11号3ラン 1回 草野6号ソロ 5回 山崎武38号3ラン 6回 鉄平12号3ラン 8回 リンデン12号2ラン
by navona1971 | 2009-10-03 22:41 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(0)
天気が素晴らしくよくなったもんで、試合前の風景をまとめてここに置いておきます。
夕焼けが特に美しかった。広島やここは空がキレイだな。

■試合編はこちらをクリック。

e0078069_2226084.jpg
e0078069_2226426.jpg
e0078069_2226923.jpg
e0078069_22261426.jpg

e0078069_2226229.jpg

e0078069_22263130.jpg
e0078069_2226357.jpg
e0078069_22263994.jpg
e0078069_22264453.jpg
e0078069_22264834.jpg
e0078069_22265258.jpg
e0078069_22265620.jpg
e0078069_2227233.jpg
e0078069_2227610.jpg
e0078069_22271096.jpg
e0078069_22271461.jpg
e0078069_22271885.jpg
e0078069_22272394.jpg

by navona1971 | 2009-10-03 22:27 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(0)
いやいやどうも。
今日は宇都宮に出張。久しぶりに栃木県のお客様と会って情報交換などいろいろと。
大雨に、宇都宮線で人身事故などもあり、そのうえお客様との話も長引き、
夕方、乗る予定にしていた新幹線にギリギリ、発車2分前にホームへ到着。
もう、その頃には中止決定と知っていたので、今日はここまで仕事で来ているんだし、ちゃんとそちらを終えてから、
とも思っていたので、焦らずに。まあ、そういう心構えの時に限って間に合うんだよな。
那須の山々にはもやがかかり、空模様はごらんの通り・・・。
e0078069_20425291.jpg

「やまびこ」は、東京発だとやや早い時間ということもあり、自由席はガラガラ。3列シートに一人いるかいないか。
約1時間弱で、定刻通り、仙台へ到着しました。ドアが開いた瞬間、
冷たい空気が体を包むのかと思っていたんですが、意外なことに東京と全く変わらない気温。
むしろやや湿度が高く、蒸し暑さを感じるくらい。
e0078069_20425656.jpg

このままホテルに行きたいところですが、明日の試合のために、外野自由席の列にシートを貼らねば。
翌朝でもいいかもしれないが、今から行っておくに越したことはないし。
新幹線ホームから仙石線乗り場に向かい、宮城野原へ・・・。帰りのラッシュとぶつかり、そこそこの混雑。
e0078069_2043067.jpg

改札口には「本日のプロ野球は中止」と大きな看板が・・・。わかってますw。残念だよなあ。
駅からKスタに向かうが・・・晴れてるやーん。空を見上げると雲がどんどん流されていく様子が見える。
で、レフト自由席の列へ向かうと・・・。やっぱり、すでにそこそこの数が貼ってある。来てよかった。
e0078069_2043652.jpg

試合は中止ですが、そのぶん?ゆっくりとKスタの周囲を歩くことができました。人はぜんぜんいません。
e0078069_20431133.jpg

夜のKスタは初めてだったんですよねえ。ナイター見たかった。これまで全てデーゲームなんで。
e0078069_20431589.jpg

夜景もまた、いいですね。
e0078069_20431960.jpg

明日はまた、多くのイーグルスファンが行き交うこの場所も、今は静まり返ってます。
e0078069_20432376.jpg

水たまりがキレイだけど恨めしいわ。
e0078069_20432895.jpg

Kスタをあとにする頃には、路面のアスファルトも水がはけていました。試合やれたじゃーん・・・。
まあ、仕方ない。あれこれ今さら言っても。
昼間も仕事で動き回ったし、疲労を考えれば、今日ゆっくりホテルで過ごすのも、明日のためにはいいし。
e0078069_2043324.jpg

で、宮城野原駅に戻るのはナンなので、仙台駅へ向かう一本道の方へ。
どうせ路線バスでも来るだろうしさー、と思ったらぜんぜんないw。バス停すらない。
えーっ、仙台駅まで歩くのw。タクシーになんて乗りたくないし・・・。まあ、延々、というほどの距離ではないけど。
でも、なんか遠く感じる。道がまっすぐってのもあるんだろうけど。気温もやや高めで歩くと暑いw。
職場へのお土産は今日のうちに仙台駅のオフィシャルショップで買っておきました。
e0078069_20433795.jpg

ホテルのすぐ近くにキレイなネットカフェがありました。ブログの更新には助かります。
明日も降水確率は決して低くはないんですよね・・・。中止だけは勘弁して欲しい。

~追記~
10/3、12時現在、やや曇りですが仙台は空模様、なんとか大丈夫そうです。
イーグルスはクライマックスシリーズマジックが「2」ですので、
今日、ホークスに勝利すれば悲願のクライマックスシリーズ出場が決定します。

当ブログ取材班?も今夜は特別編集体制?で現地観戦です。
また、現地の様子は試合終了後できれば90分以内にホテル近くのネットカフェより更新予定です。
ご期待ください。
by navona1971 | 2009-10-02 20:44 | プロ野球観戦記(遠征編) | Comments(0)