カテゴリ:東北への旅 ( 40 )

福島市在住の友人、SY氏に会うため、久しぶりに福島へ遊びに行く。
体力に任せてガッツリ回るのではなく、まあ、ゆっくりと。帰途も早めにね。
SY氏は会津出身のため、福島県へ行くことは多く、様々な場所を案内して下さったが、
福島市に来たことは皆無だった。会津や白河方面が多かったからね。
e0078069_09483226.jpg
E6「こまち」編成を連結していますが、17両全てをすべて「やまびこ」として運転します。
e0078069_09482921.jpg
東京駅からやまびこ43号で一路福島へ。E5系使用なので座席もゆったりとしていて快適。
東北もようやく暖かくなり、花見にもちょうどよい。GW前にもかかわらず客は多い。
しかし、中高年が中心。新幹線は高いからね。若い子は高速バスに流れるかな。
上野を出ると宇都宮と郡山のみ停車なので、結局1時間20分程度で福島へ到着。
ドアが開くと多少なりともヒンヤリするが、移植後暑がりになった自分にはちょうどいい。
e0078069_09483694.jpg
西口にはSY氏が迎えに来てくれていた。
まずはSY氏宅へ。小休止したあと、職場の酒蔵に寄り、その後、大笹生、庭坂方面の
いわゆる「フルーツライン」へ。果樹園が広がり、シーズンには観光客で賑わうらしい。
少し標高がある丘陵だけあって、桜はまだ満開で、桃やリンゴの花も沢山見られた。
e0078069_09484194.jpg
多分しっかり桃の花を見たのは初めてで、とても華やかで美しかったわ。
途中2度ほどセブンイレブンに立ち寄ったが、SY氏の指摘の通り、美人のバイトが多い。
福島のセブンはめっちゃどこもかわいい子ばかりなんですよ。乃木坂クラスがいますw
e0078069_09484528.jpg
フルーツラインから、旧磐梯吾妻スカイラインへ。
一気に山を登っていく。かなりの高さだが、山頂付近以外は雪がもう見られない。
先日姉が友人らと宿泊に来た玉子湯を過ぎ、その先にある花月ハイランドホテルへ。
腎移植患者は免疫力が低下しているので、お湯を循環しているお風呂は控えたい。
それに配慮してSY氏が案内してくれたここは源泉掛け流し。
「雪解けとなり、源泉の水温が低下していますが、加温・加水は一切しておりません。
ぬるいかも知れませんがご了承ください」的な張り紙がしてあった。

さっそく露天へ。硫黄の香りが漂い、たしかにお湯はぬるいが、かえって心地よい。
風景は雄大です。右にはりりしい山々が。正面には福島市街が見下ろせる。
新幹線と車で硬くなった姿勢が癒される感じだわ。
小一時間、温泉を楽しみ、ドライブしつつ郡山へ向かう。
再び来た道を下り、広域農道から国道115号を進み、土湯方面へ。
途中、プロ野球の福島開催時ではおなじみの「福島県あづま球場」の前を通る。
e0078069_09485088.jpg
球場の真向かいには菜の花畑が。いやー、キレイで思わず「おー」と驚嘆のセリフが出るわ。
e0078069_09485567.jpg
球場の周囲には桜が連なっており、見事に満開で、今年最後の花見ができました。
e0078069_09490023.jpg
土湯を通る国道115号はは福島市と会津方面への最短ルートであるとともに、ツーリングなどには、
風景、コースともに適しているようで、バイクの姿も多く見られた。
「道の駅つちゆ」でもちょっと休憩。好天に恵まれ、こんな標高でも暖かい。
e0078069_09490521.jpg
ここからは国道459号を進み、岳温泉へ。ちょうど桜まつりの真っ最中で満開。
立ち寄りたかったがかなりの混雑ぶりで、車窓から楽しむにとどめた。
最後は国道4号に出て、郡山駅へ。帰りの新幹線を決めておらず、
その時点で指定を取るつもりでいたが、夕方の上りはいずれもほぼ満席。
1時間後まで普通車の空席はない。仕方ないので空いていたグリーン車を選択。
16時29分発やまびこ48号で帰京。結果的にゆったりしたグリーンでよかった。
e0078069_09491050.jpg
すんなり横須賀線も来て、18時43分には帰宅。郡山からわずか2時間16分。
近くなったなあ。SY氏には長時間運転して頂いたうえに、
純米酒までお土産に頂きました。深くお礼申し上げます。


by navona1971 | 2017-04-23 23:59 | 東北への旅  | Comments(0)
by navona1971 | 2016-09-27 08:34 | 仙台(Kスタ)/会津、東北の旅  | Comments(0)
by navona1971 | 2016-09-26 08:37 | 仙台(Kスタ)/会津、東北の旅  | Comments(0)
今日はボスとまなさんが加わる「COOLS秀光withTHE HUNGRY」 と、
ジェームス藤木さんのライブが福島県南会津町であります。「リバイバルタイムin南会津」、
と題する復興チャリティイベント。
会津で?とならば当然行くしかない。会津大好きな僕だし。年に1回は必ず行ってるし。
朝、浅草8時発の東武特急「スペーシアきぬ」で一路、鬼怒川温泉へ。
e0078069_15215480.jpg

電車は時折水位の増した川を越えて・・・。鬼怒川と利根川がすごかったな。
e0078069_15215740.jpg

車内販売準備室のある号車は通路からのスケール感ある展望が素晴らしい。
2時間ほどで無事、鬼怒川温泉駅に到着。
e0078069_1522163.jpg

そして、会津若松まで直通の快速列車「AIZUマウントエクスプレス」 に乗り換え、
会津を目指す。東京からこの乗り換え一回だけ、4時間ほどで着くことが出来ます。
e0078069_1522460.jpg

会津鉄道の案内係は女性の方。気分転換に席を立ち、
ドアの窓越しに広がる美しい景色を眺めていると彼女に話しかけられる。

案内係「ご旅行ですか?」。
だま「ええ、温泉とソースかつ丼とライブを楽しみに」。
案内係「ソースかつ丼だと、十文字屋ですか?」。
だま「いやー、あそこは胃にもたれてね。おねーさん食べられる?」。
案内係「うふふ、私案外食べるんです。今日もお昼どうしようかと」。
だま「駅前のドムドムにしたら?」。
案内係「ドムドム潰れちゃったんですぅ」。

なんだか案内係と昔から知り合いだったかのような奇妙な会話。
会津若松の2つ手前の西若松で降り、友人SY氏と合流♪
e0078069_1522682.jpg

まずは昼食。湯川町の「きむらや」へ・・・。中華そばを注文する。
e0078069_15221150.jpg

このあたりのラーメンって、チャーシュー麺じゃなくてもちゃんとチャーシューが入ってる。
そして、東京の個人経営の店ではまずお目にかかれないレベルのおいしさ。
さすが会津。ラーメンも素晴らしい。
e0078069_15223022.jpg

その後は車を走らせ、南会津町へ。途中、猫の駅長がいる芦ノ牧温泉駅へ立ち寄る。
ホームには什の掟「ならぬものはならぬ」でお馴染み、あいづっこ宣言!
e0078069_15223773.jpg

残念ながら駅長”ばす”は巡回中?で不在。前回は駅長室で仮眠中だったんだよな。
テロ警戒中に笑ったwww。
e0078069_1522459.jpg

ばす駅長とは会えなかったけど、仕方ない。まだライブの時間までは余裕があるので、
ライブの会場を一旦越えて、 駒止峠を抜けて、旧南郷村へ入ります。
e0078069_1522508.jpg

旧南郷村中心部に近い丘の上にある「さかい温泉」に立ち寄り湯をします。
温度は低く、入りやすい。そして、ややぬめりのあるぬるめの温泉。
誰もいなかったので、ちょっとカメラで外の風景を。あまりに絶景なので・・・。
e0078069_1523538.jpg

「さかい温泉」の隣には昔、この集落にあった農家(曲り家)等を復元して展示しています。
ああ、ススキも伸びて、もう季節は秋なんですね・・・。
e0078069_15231177.jpg

青紫の美しい花ですけど、名前がわかりません。この曲り家のすぐ横に咲いてた。
e0078069_15231734.jpg

やや季節外れだけど、その花の横にはあじさいが・・・。
e0078069_15232214.jpg

保存してある曲り家の裏手には資料館が。見たかったけど、4時で閉館。ポストが懐かしい。
e0078069_15232561.jpg

by navona1971 | 2011-09-04 15:24 | 仙台(Kスタ)/会津、東北の旅  | Comments(0)
そんなこんなで夕方。そろそろライブ会場へ。 国道289号を再び走り、だいくらスキー場へ。
e0078069_15261442.jpg

こんな看板が出ていると、テンションも高まるし、「いよいよ」って感じ!
e0078069_15261916.jpg

現地到着。受付を済ませ、被災者への義援金となる入場料を支払い、入場。
車を停めると、2階のロッジからリハーサルの音声が・・・。 秀光さんの声だなー。
ロッジに回ると、2階の窓からチラリとボスの姿が・・・。
e0078069_15262226.jpg

階段の踊り場へタバコを吸いに外へ出たボスへ手を振る。

だま「ボスぅ~!」。
ボス「お前来てたのか!!(振り返り)おい、だまが来てるぞ!!」。

へへ~。そう、黙ってたんだー。びっくりさせようと。
かなり驚いてくれてちょっと嬉しかったw。
ここまでは東京から誰も来ないだろうと思ってたでしょう。
ところが・・会津なら僕はいきます。

お、まなさん、秀光さん、COOLSサポートメンバーでもお馴染みの市川さん!
僕も二階にあがってちょっとおしゃべり。
e0078069_1526267.jpg

本来なら屋外にステージを作る予定だったけど、台風の影響で、天気がやや荒れ模様。
e0078069_15263087.jpg

オープニングアクター、白倉さんのYAZAWAのモノマネはいいね。 永ちゃんへの愛も感じます。
e0078069_15264364.jpg

このシャツのデザイン・・・早く落ち着いてくれることを祈るばかりです。
e0078069_1526492.jpg

そしてまなさんのオールディーズがスタート! 会場はまなさんの登場に特に男性客が盛り上がる。
e0078069_152703.jpg

その後、秀光さん登場でいつものHUNGRYナンバー!一緒に口ずさめるのがいいね。
e0078069_1527539.jpg

「ガソリンがある限り」を聴いていると気分よく飲めるみたい。「アルコールがある限り?」。
e0078069_1527925.jpg

中盤にはジェームス藤木さん登場。 ジェームスさんの「Mrハーレーダビッドソン」は最高!
e0078069_15272020.jpg

ボスもリードギター、サイドギター、コーラス、と頑張ってました。お疲れ様です。
e0078069_1527246.jpg

ライブは最後、「紫のハイウェイ」をファンと一緒に歌う、と。
ところが指名されたファンが遠慮して壇上に行かないため微妙な間が。 だったら、と「はーい!」。
僕が手を上げて前へ。 まあすべて頭に入ってるわけじゃないが、なんとかなるだろ、と。
ついに、だまがCOOLS秀光さん、ジェームスさんと同じステージへ! 眩しくて、気持ちいいなあ。
アーティストからはこう見えるのか。 人生初の華々しい舞台かも知れないw。
秀光さんは曲の最後の締めを僕にやるよう促し、終了。 貴重な経験をさせてもらいました。
ライブ終了後にはテレビユー福島さんからインタビューも受けてしまいましたww。
e0078069_15272936.jpg

時計を見ると9時近く。なんかお腹空いたなーと思ったら、お昼の中華そばから何も食べていない。
SY氏の安全運転で豪雨の中、会津若松へ戻り、地元のチェーン店「はるやま」へ。
で、名物の会津ソースかつ丼。このカツにかけられている白いモノ?は卵を細かく溶いたもの。
まるで雪山の雰囲気ですね。おいしかった!
e0078069_15273479.jpg

by navona1971 | 2011-09-04 15:20 | 仙台(Kスタ)/会津、東北の旅  | Comments(4)
今回の宿は若松駅前の「ホテルアルファーワン」。PC付の部屋で税込5,000円は安いものね。
そして翌朝は風が強いものの青空が広がっている。朝は8:30にSY氏が迎えに来てくれる。
会津地区では珍しくない「朝ラーメン」を楽しんでみる。市内の”大笑家”へ。
まったくしつこくない味なので、朝から食べても大丈夫。女性客もたくさん朝からいますしね。
e0078069_15335198.jpg

その後は鶴ヶ城を外から見学。立派なお城です。瓦の色が紫っぽい赤に塗り替えられたとか。
e0078069_15335749.jpg

遠足かな、修学旅行かな、こちらを訪れた生徒さんからの激励の言葉が素敵です。
e0078069_1534122.jpg

気持ちいい空。ちなみに、税込9100円でヤマダ電機にて購入したペンタックスのRZ10が旅のお供。
e0078069_1534691.jpg

若松の隣町、会津坂下(ばんげ)町の外れにある、地元が生んだ昭和のヒーロー、
春日八郎記念館に立ち寄る。直筆の楽譜や、当時の衣装なども・・・そして目の前は大自然。
e0078069_1534957.jpg

今日もSY氏が温泉に連れて行ってくださる。目指すのは喜多方市(旧高郷町)にある
ふれあいランド高郷。途中分岐した道に立ち寄ってみると、先日の豪雨のためにこの状態。
大きな被害が出たようです。早い復旧が望まれますね。すぐ横の阿賀川が氾濫しました。
e0078069_15341444.jpg

山をひたすら登っていくと、ふもとにあるのがふれあいランド高郷。
クセのない優しいぬるい温泉で、とっても入りやすい。お客さんが僕らしかいなかったんで、
カメラでちょっと露天風呂からの風景を。こんなよい景色のある露天風呂なんて初めて!
e0078069_15341830.jpg

高原の温泉を堪能したあとは、そろそと帰途に。会津盆地を縦断して大内宿を目指す。
SY氏は地元の酒造メーカー勤務だが、大内宿にはよいお付き合いをしている酒屋さんが。
その裏手に車を止め、挨拶しつつ進む。この大内宿で湧く地下水もお酒に。ひんやり~!
e0078069_15342310.jpg

大内宿は日光から若松へ抜ける会津西海道の宿場町でした。今も当時の雰囲気が残る
日本でも非常に珍しいところ。道の両脇には豊富な水が勢い良く流れています。
e0078069_15342792.jpg

時折降る天気雨の雫が花びらを濡らします。
e0078069_15343116.jpg

21世紀とは思えない風景ですよね~。心が和みます。もう何回来ただろう、何度でも来ちゃう。
e0078069_15343728.jpg

とても大切にされているお地蔵さん。
e0078069_15344443.jpg

道の両脇の水路にはラムネが冷やしてあります。水の流れる音が耳に優しい。
e0078069_15344835.jpg

大内宿の一番奥にある神社への階段を登って周囲を見下ろしてみます~。
ライブから温泉、グルメ、そして大内宿、と、会津を堪能して、そろそろ・・・東京へ。
e0078069_15345347.jpg

SYさんに会津鉄道の会津田島駅まで送って頂きました。ここから東京までは3時間。
行きと同様、まず鬼怒川温泉まで行き、「スペーシアきぬ」に乗り換え、特急で浅草へ。
快速でそのまま乗り通すのもあるが、さすがに時間がかかるんでね。空も晴れてきた。
e0078069_1534579.jpg

台風の影響で、鬼怒川温泉からの「スペーシアきぬ」の1号車の利用者は僕だけ。
栃木県内はずっと豪雨。ようやく利根川を超えたあたりで雲の切れ間から日差しが・・・。
e0078069_15362872.jpg

by navona1971 | 2011-09-04 15:16 | 仙台(Kスタ)/会津、東北の旅  | Comments(2)
いやいやどうも。
今日は、日帰りで福島に行きます。
お気に入りのバンド「COOLS秀光with THE HUNGRY」が、郡山でライブを開催するんですよね。
で、たまたま、冬休みの時期に使える「青春18きっぷ」を買っておいたので、それでいっそこのこと出向いてみよう、と。
ライブは夜からだし、なんなら、会津若松まで足を伸ばして、同地在住の友人、SY氏に会って、おいしいモノと温泉も楽しもう、と。
「青春18きっぷ」は、各駅停車しか乗れないけど、5枚綴りで1万弱。会津若松あたりなら、疲れずに行ける限界の距離だしね。
で、金曜夜、まるで遠足前日の子供のようなワクワク感の中、なんとか眠りにつき、土曜朝、4時頃自然に目が覚める。
まずは6時過ぎの電車で上野に出たあと、宇都宮線で宇都宮へ。グリーン車は750円、土日は安いので、リクライニングを倒してゆっくり。
宇都宮では20分ほど待ち時間があるので、朝食として名物「野州そば」をいただく。ホームの立ち食いそばだけど、おいしいんだ。
e0078069_93174.jpg

宇都宮から黒磯、さらに黒磯から郡山、ちょうど1時間くらいずつで乗り換えるので、飽きずに気分転換になるんだよね。
で、郡山は雪がちらつく。どうやら会津も相当降っているらしい、と、これから会うSY氏からのメールで驚く。
これから乗る会津若松行の快速「あいづライナー」の車体には雪がたっぷり・・・。どんだけすごいんだ。
e0078069_9311223.jpg

「あいづライナー」は、雪の中、かなり遅れながら低速で走り続ける。しかし、車内は鉄道ファンがやたらと目立つ。
そう、今日、この「あいづライナー」に使われている車両は、583系という、昔の特急型電車で、熱烈な支持があるんだな。
本来使っている電車が検査で工場へ入っているらしく、この電車が代走しています。ファンは情報を事前に持ってたようで。
僕?僕はむかしファン(といっても本を買ったり、旅する程度よ)だったけど、今はとりたてて・・・嫌いじゃないけどね~。
で、予定時刻より、50分近く遅れてなんとか会津若松駅に到着。ホームに降りて豪雪っぷりに言葉を失う。
e0078069_9311615.jpg

改札口にはSY氏が迎えに来てくれていた。長靴姿です。いや、それ正解、靴なんて普通のを履いたらもうロクに歩けない。
で、駅前は一面銀世界。もう、何がなんだか、どこに何があるんだかも見えない。それでもひたすら、雪は振り続ける。
e0078069_93119100.jpg

まずは昼食を、ってことで、まあ、会津若松に来たら、ここしかないでしょう。門田町にあるソースかつ丼の名店「むらい」。
SY氏のご自宅からも近く、彼は20年来の常連、当時は普通のお店(もちろんかつ丼はジャンボですが)だったのに、
最近はネットの普及やマスコミに取り上げられたこともあり、常に盛況、この日も大雪にかかわらず、店内は混み合っています。
注文は「ロースソースかつ丼」(1150円)。で、届くのがこれ。僕の席の隣に座ってた二人組が初めての来店らしく、
これを横から見て吹き出していた。あまりのボリュームに。もう、会津磐梯山のようにそびえたつロースかつwwww。
「こんなの食えるわけないよー」って思うでしょ?それがね、脂身はとても少ないし、ソースもあっさりで、案外イケるんです。
実際のところ、客の4割くらいは女性。あからさまに残す人もいない。食べきれない場合は容器をくれます、持ち帰り可。
「おめーダイエット中じゃねーのかよ」というツッコミが聞こえてきそうですが、会津に来たらこれだけは食べたいので許して・・・。
e0078069_9312336.jpg

会津若松に到着した時間が1時間遅れたこと、ライブの前に温泉に入りたい事を考えると、早くも郡山へ移動しないとまずい。
SY氏「(若松と郡山を結ぶ)49号線の流れがかなり悪そうなので、まず郡山へ向かい、途中で温泉に入りましょう」と。
そうだね、それに従う・・・。が、国道49号が動かない・・・。並行する高速道路、磐越自動車道は大雪のため通行止め。
ノロノロ走りながら猪苗代まで来たが、そこから先はぼとんど動かない。10分100mの速さww。
e0078069_9312633.jpg

これ絶対ライブまにあわねえ・・・最悪引き返して会津若松に泊まることも考えないと、という考えが頭をもたげる。
ツイッターをチェックすると、猪苗代と郡山の途中にある難所、中山峠で、トレーラーがジャックナイフを起こして止まっている、と。
マジかいな・・・。こちらも動かないが、下り車線もほとんど車が来ないんだよ。「片側交互にしてるんでしょうか」とSY氏。
だってこの場所から中山峠までだってまだまだ距離あるのに・・・。もう絶望的だ・・・福島まで来てライブ見られないなんてwww。
思わず顔もショボーンになっちまうぜwww。てか、もう雪が吹雪状態で、前も横も後ろも真っ白だよ。
e0078069_9312937.jpg

ところが、地図を見ると、国道49号が最短だが、途中、県道6号が遠回りながら、猪苗代湖畔を通り、山を抜け郡山へ行ける。
「こちらの道を選択しましょう」とSY氏。これが正解だった。若干距離は伸びるものの、車は地元の人しかなく、除雪もされている。
SY氏は自身でもつい先日走ったばかりで、地元だけに土地勘は問題ない。よかった。でもひとつまだ問題が。
今日、ヒゲ剃ってないんだよ・・・。てっきり温泉に入れると思っていたから。こんなむさくるしい顔でまなさんには会えないだろうwww。
それじゃなくてもむさくるしいのにwwww。あーぁ、どうしよう・・・悩みながらiPhoneのGPSを見ると、この先途中に「休石温泉」の文字。
マジか!調べると、立ち寄り日帰り温泉もやってるらしい!やたああああ。ってことで、さっそく行ってみる。
e0078069_9313221.jpg

太田屋さんという、一軒宿の温泉です。とてもきれいな建物で、日帰り入浴の僕らも女将さんは優しく接して下さいました。
そして、女将さんとともに、ワンコがしっぽを振りながら迎えに来てくれます。かわえええ~。移動の疲れが吹っ飛ぶね。
ちなみに名前は「虎太郎(こたろう)」だそうです。看板犬ですね。利発そうな表情をしているなあ。
そう「休石(やすみいし)温泉」とは面白い名前だが、由来は、平安時代の前九年の役(戦いですね)で、天皇の命を受けた武将が、
東北を牛耳る安倍家を討伐に行く際、ここの石に腰掛けて休憩し、同時に温泉も発見したのがきっかけなんだとか。由緒あるなー。
で、温泉はやや硫黄の香りがする柔らかいお湯で、大きな露天風呂もあって、雪見風呂ですよ。もう最高。
ここから郡山はもう20kmあるかないか、このまま行けば大きな遅れなくライブには着けそうで、その上お風呂にも入れて、
あの渋滞から抜け出せない時はどうなるかと思ったが、もう涙が出そうになる。あったけーw。まなさんの歌う姿も見られそうだしw。
女将さんにお礼を伝え、幸せ満面で車に乗り込もうとすると「ドササササ・・・」という重い音とともに、雪が僕の頭の上に・・・。
木々に乗っていた雪がまとめて落ちてきて・・・せっかく髪をちゃんと乾かしてマトモにまとめたのに・・・(´;ω;`)。
e0078069_9313682.jpg

そして、郡山市内へ。雪もやや少なくなり、30分ほどで市の中心部へ。さらに10分ほど、6時20分頃に、
今回のライブハウス「シャープナイン」裏手にある駐車場へ到着。となりの区画には「HUNGRY MAN COOLS H.S」の文字が
書かれたワンボックスカーが。あ、たぶん秀光さんやボス、まなさんなど、バンドのメンバーが乗ってきた車だね!
で、ライブ会場入り。お、結構入ってるね~。ちょうど前座バンドの方々の後半くらいかな。
程なくして、ハングリーの面々が登場。ボス、まなさん・・・お、僕に気づいた。もうここまで来るの大変だったんだからー。
そしてライブ開始。しょっぱなはまなさんのソロ、「キューティー・デビル」。これ大好きなんだよなー。まなさんの歌声に合う曲。
e0078069_9314182.jpg

ボス&まなの師弟コンビ。ボスも車で東京から長駆、車移動でライブだから大変だよね、お疲れ様でした。
e0078069_9314784.jpg

まなさんは日本で一番、このノースリーブ花柄ワンピが似合うでしょう(だま認定)。この衣装もお気に入り。
秀光さんのガイコツマイクで歌います。そう、今日は白い手袋をしてますね、初めて見ましたが、アクセントになっていて素敵です。
e0078069_9315182.jpg

やや暗いライブハウスにまなさんの美声が響きます・・・。
e0078069_9315581.jpg

ちょっと暗すぎたかな、シルエット風に撮影してみる。歌ってる姿がサマになるのがまなさんよ。
e0078069_931595.jpg

そして、バンドのリーダー、”COOLS秀光”こと、佐藤秀光さん登場で、場内は熱気を帯びてきた。ホンモノだもんね~。
で、まな&秀光さんのデュエット曲「ロミオ&ジュリエット」も披露。
e0078069_932226.jpg

トランペットの名手、KONさん。素晴らしい音色を奏でてくれます、ハングリーには欠かせません!
e0078069_9385715.jpg

秀光さんの”マイマイク”のガイコツマイク。オールディーズ雰囲気満点でいいね。小物にもこだわるところがスターだわ。
しっかり、4月1日の中野サンプラザでのコンサートもPR。「矢沢永吉にも声かけたんだけどね・・・まあ、矢沢”もどき”は来るけど」、
と秀光さん・・・もしかしたらその”矢沢もどき”ってボスのことかなwwww。
e0078069_939681.jpg

まなさんは秀光さんヴォーカル時や、COOLSヒットナンバーの時はしっかりコーラスでまとめて行きます。
ちなみに「ガソリンがある限り」では、秀光さんから「大澤くん、モノマネやって見る?」って目線が行きましたが、
ボスが逃げてましたww。舘ひろしとかやって欲しかったのに・・・郡山の皆さんに見せたかったわ。
e0078069_9392731.jpg

そして、まなさんの歌うもう1つのソロ、「ロンリー・ジョー」。これも素敵な歌なんだ。
この笑顔とさー、歌声が最高ですよ。本当に今日、間に合うと思ってなかったから、なんか夢の中にいるみたい。温泉にも入れたし。
e0078069_9394084.jpg

そして、COOLSオリジナルメンバーとしては欠かせない、ジェームス藤木さんも登場。
最初呼んでも来なくて「髪も薄くなったけど、耳まで遠くなったんじゃないだろうな」と秀光さんが囁いて場内から笑いをとってましたw。
こういうアットホームな雰囲気を作り出すのが上手だよね。ジェームスさんが来たらCOOLSヒットナンバーがスタート!
e0078069_9395552.jpg

ジェームスさんが来ると、秀光さんは「じゃあ俺がドラムやろうかな」と後ろへ。前日は長崎、明日は福岡!
還暦なのにハードスケジュールをこなすのはすごい!
e0078069_94045.jpg

「紫のハイウェイ」、「シンデレラ」、「言えなかったんだ」、「バースディ」、「恋のテディー・ボーイ」、「ミスターハーレーダビットソン」・・・
みんないい曲だよねえ。場内はリーゼント姿の方々がみんなツイスト踊りまくり♪
e0078069_9401741.jpg

そんなこんなで、ライブは21時頃に無事終了。満員で大盛況♪みんなお酒が入り、気持よく踊って、歌って、幸せそう。
ああいうのを見ると僕も嬉しい。最後はボスとまなさんに挨拶。ボスはこういう時「ありがとな!」って言うんだけど、それがまたいい。
てか、こっちは好きで見に来てんだから、お礼を言うのはこちらっす。いつも素敵なライブをありがとうございます。
で、まなさんはさっそく、会場の女の子に質問されたりしてたなー。「お名前はー?」「どこの方なんですかー?」なんて。
そうだよね、やっぱり直接見ると惹かれるよね。歌も上手いし綺麗だし。場の雰囲気を見て華やかな盛り上げ方を知ってるし。
まなさんには感想を伝えて、酒造メーカー勤務のSY氏からは日本酒をお土産に!まなさん日本酒もイケるそうだし。
e0078069_9402753.jpg

そうそう、最後はキーボードの市川さんに初めて挨拶した。というかまなさんに紹介された。
まなさん「だまさん、市川さん鉄道マニアなんですよ~!」。えええwwwなんで俺が鉄ヲタだと知ってるのまなさん?
いや、市川さんはかっこいいから「音楽もできて、鉄道マニアなんて意外性ありますね~(はぁと)」で済むけど、
僕が鉄道マニアだと「あー、いかにも、って感じじゃん」でしょww。子供の頃はそうだったけど、今はカタギですw。
だから、鉄道に詳しいことは隠しているんですwwww。ま、飛行機、車、バスも詳しいけど、今はバンディーズっす。

~以下、交わされた完全にマニアな会話の二人~

だま「今日はあいづライナーが583でした。485が全検みたいで」。
市川さん「そうなんですか!郡山駅にだから人がいたのかー。僕も快速白虎で乗りました!」。
市川さん「そういや、僕、浦安に住んでいるんで、京葉線の201があと3本しかなくて」。
だま「あ、もうそんなに少ないんですか!」。
市川さん「秩父鉄道の101はいつまでですかね、撮りに行かないと・・・」。
だま「引退時期は明確じゃないみたいですけど・・・東急の8090が入りましたもんね」。

やっぱりマニアしかわからん会話じゃんか・・・w。しかし市川さんすげーw。

帰りは21:38発の「やまびこ」で帰京。もう丸一日出かけてたから、最後は半分居眠りで、ワープのように移動で東京着。
今日はディナーショー、続けてのお仕事でボスもまなさんも大変ですね、応援しています。
また、長時間、安全運転に心がけ、ライブまでお付き合いして頂いたSY氏に心からお礼申し上げます。

あ、忘れてた・・・。
そう、23時過ぎに東京駅へ定刻通り「やまびこ」が着いて、地下の横須賀線ホームへ行くと、23:22まで来ないんだよ。
じゃあ、品川までだけでも先に行っておこう、と、エスカレーターで上に戻ると、ちょうど東海道線が・・・。で乗る。
「今日はいろんなことがあったけど、最後はライブ見られてよかったー」と回想しながら立っていると、新橋からラブラブのカップルが・・・。
僕の真横(もっと離れてもいいだろうに)に立って・・・。彼女はティファニーの紙袋を下げている・・・。

彼女「もう~、すごい幸せ~、もう幸せ~、大好き~」。
彼「やや照れる感じで無言」。
彼女「ほら~、すごい綺麗~、もう嬉しくて~。どうしよう、好きすぎて~」。

彼女の首もとにはティファニーのなんつーの、昔のアパートの鍵みたいなデザインの銀色のアクセサリーが。
ははーん、これを今日、クリスマスプレゼントにもらったのか・・・。
電車のドアが鏡になる形で、外を見ても嫌でもその光景が見えてくるんだが、その女性も、鏡越しで俺を見てくる。
なんか「ほら、私たちこんな仲良しなカップルなの!」みたいな幸せオーラがwwwww。くっそーwwwww。
なんだよ、まなさんより全然かわいくねーじゃねーか。こっちは美人の美声を聞いて気分いいのに・・・。
う、うらやましくなんかないんだから!しっかし、最後の最後でドッと疲労感・・・。はぁー。
by navona1971 | 2010-12-26 09:32 | 仙台(Kスタ)/会津、東北の旅  | Comments(8)
いやいやどうも。
9/18~9/20の3連休に仙台へ行ってきたことはここのブログでも書きましたが、
最終日は夜立ち寄ったバンディーズのライブのことしかアップしてませんでしたね。すっかり忘れてました。サーセン。今更ながら更新します。
この旅では仙台駅東口前に8月オープンしたばかりのダイワロイネットホテルにお世話になりました。とてもいいホテルでしたね。
連泊中、「掃除はいいので、タオルとアメニティだけ交換してね」とメモを残していたらわざわざ手書きのお礼まで添えてありました・・・。
とても気持ちよく宿泊が出来ました。いつかまた利用したい。
e0078069_207501.jpg

この日もロッテ戦を観戦。ちょっと早めにホテルを出て、宮城野通をひたすらまっすぐ。時間が早いせいか、まだ歩いている人はまばら・・・。
e0078069_2075426.jpg

そして、クリネックススタジアム宮城の少し手前にある榴岡(つつじがおか)公園へ・・・いやあ、広い芝生が気持ちいい!
e0078069_2075734.jpg

立ち寄りたかったのは、仙台市役所教育局が運営する歴史民俗資料館。200円を払って中へ・・・。
e0078069_208013.jpg

資料館は、だいたい江戸後期~明治初期から戦後混乱期くらいまでの仙台、宮城県内の歴史について触れられています。
やはり太平洋戦争に関連するスペースも多く割かれています。
つい神妙な顔になるけど、窓の先には芝生で遊ぶ人々の姿が。平和の大切さを痛感します。
e0078069_208393.jpg

大日本帝国時代、榴岡公園は陸軍歩兵第四連隊の拠点になっていたそうです。
東北地方の農家の次男坊や三男坊が招集され、太平洋戦争において、彼らのほとんどが戦死してしまったという悲しい過去があります。
資料館には、第四連隊での厳しい生活ぶりが紹介され、また、来場者ノートには、家族を第四連隊に捧げ、そして
失った遺族の今だ癒えない悲しみが綴られた一文もありました。赤紙が来て、いきなり家族を引っ張られて、で、どこで死んだかもわからず、
遺骨もなくて、それで納得しろという方が無茶だよね・・・。言葉を追ううちに涙が止まらなくなりました。
この平和が、数多くの英霊の犠牲の上に成り立っていることに、ただただ感謝です。
e0078069_208720.jpg

そのほか、東北地方という土地柄もあり、農業に関する紹介、展示物も多数あります。
しかし、昔は水田での農作業が非常に重労働だったんだなと。ほとんどが人力で、コンバインや田植え機っての登場というのが、
飛躍的に農業を効率化したんだな、ってのに納得です。いろいろと勉強になる資料館でしたね~。皆さんもぜひ。仙台市民に限らず。
資料館を出て、坂道を降りて数分歩くと、もうKスタ宮城に到着。エントランスでは「カルトE」を開催中。
この日の第一問は「イーグルスの本拠地今季初セーブは誰でしょう?」。わかります?
e0078069_2081110.jpg

ベイビーブラウンに「ポーズとって!」って行ったら指くわえてました。あぁ、ベイビーだものね。しかしきもいww。
気のせいか人が集まらないwww。なので彼の撮影は案外容易だったりする。
e0078069_2081443.jpg

今日は姉夫婦とライトトリプルシートに。やや大きめのバケットシート。そして、椅子と椅子の間にはこうしてテーブルも。便利です。
e0078069_2081792.jpg

イーグルスのマスコット、クラッチとクラッチーナ。
e0078069_2082065.jpg

イーグルスの先発は永井。
e0078069_2082924.jpg

レフト側は前日ほどではないですが、かなり埋まりましたね。
e0078069_2083527.jpg

ライトは名手牧田。もしかしたら来年はレギュラー?
e0078069_2083951.jpg

途中雨がパラつく微妙な陽気でしたね。
e0078069_2084561.jpg

えーっとロッテの先発は・・・忘れた。誰だっけこの外人さん。ジャーマンがHR放ちましたね。あれこれあるけど頑張ったと思う、彼。
e0078069_2085451.jpg

バンディーズのライブが19時30分から上野で開催されるので、それに間に合うよう、僕は試合を切り上げて退散。
で、まだ時間に余裕があるので、榴ヶ岡の裏手になる小田原町にある銭湯、喜代乃湯へ行くが「月曜休業」。そうか・・・今日月曜だった。
仕方ないので諦めて仙台駅へ。まだまだ蒸し暑いので、駅ナカにあるカフェで「ずんだカキ氷」を頂く。緑茶つき。ちょっと甘いかな。
e0078069_20104566.jpg

iPhoneの電池が危ないので、ヤマダ電機へも立ち寄り、再び駅へ。さあ、仙台ともお別れです。あとお土産。萩の月やら、うまい棒やら。
e0078069_20105553.jpg

ちょうど17時。地元のテレビ局のお天気お姉さんが駅前から中継してました。この黄色いシャツの方はADさんです。
e0078069_201145.jpg

このあと、17時26分発の「はやて」で帰京。あの神曲と言われる仙台駅の発車メロディを聞きながら・・・。
遠征中は姉夫婦、特に義兄殿には大変お世話になりました。お礼申し上げます。
by navona1971 | 2010-09-30 20:09 | 仙台(Kスタ)/会津、東北の旅  | Comments(2)
いやいやどうも。
昨夜は見事なサヨナラ勝ちで、気分よく一杯やって就寝しました。
そして、日曜朝、ちょっと雲が多いかな。天気予報も今ひとつ。早起きはしたけれど、いろいろと考えごとをしたり、
ネットをしつつまったりと過ごす。試合前、歴史民俗史料館に行こうと思ったが、雨が降りそうなので明日に変更。

とりあえず仙台駅周辺や、広瀬通付近をぶらぶら。しかし、もう東京となにもかも雰囲気が変わらない。
お店もチェーン系ばっかりだしね、まあ、全国的な流れなんだろうけど。
帰りの荷物をなるべく軽くしたいので、お土産を早めに購入し、宅急便で送ってしまおうと思う。
しかし、仙台駅のお土産屋さんの混雑っぷりはすげーな。まともにじっくり選ぶことすらままならない・・・。

なんとか買って、ホテルに戻る。
フロントには「本日のクリーニングは営業日です」のプレートが掲げてある。
え、さっき朝、部屋から電話したら休みです、って言ってたのに。チェックインした時もそうだったけど、オープン間もないのか、
なんとなく手際が悪い。静岡出張の時にいつも泊まっているビスタホテル清水でも経験したけど、やっぱり落ち着くまでは時間かかるか。
あそこも部屋番号と違うカードキー渡されたりとか結構ボケボケだったからな。今はすっかり素敵な宿になったけど。
コインランドリーがあるので、自分で洗濯。いや、長袖を持参したのだけど、出番がなかったんで、それは自宅へ返送。
そのかわり、半袖を洗濯機でゴンゴロ・・・。仕上がるまでベッドの上でゴロリ。ああ、リラックスできるなー。

乾燥機で乾かし終えたのが試合開始40分くらい前か。やや急いでKスタ宮城へ。
今日は姉夫婦が不在。松島観光なんだとか。なのでこちらは一人でレフト外野指定席で観戦。
やや雲が多く、試合開始直後は雨がぱらつく。雨合羽を取り出すが、結局着ることなく、そのまま横の席に置いておく。
先発のラズナーは制球に苦しみ、四球でランナーを貯めてしまったあとは、勝負強いサブローにタイムリーを打たれ先制されてしまう。
うーん、そして、今日はロッテファンもよく集まっていて、ライトスタンドは真っ黒・・・。声も出てるなあ。こちらより明らかに。

一方、マリーンズの先発は吉見、捕手は斉藤。なんだ、シーレックスでよくみかけたバッテリーやん。
里崎のケガもあるんだろうけど、斉藤を先発捕手として使わなくてはならないってのはなかなかしんどいな、ロッテも。
2点を追う楽天は初回、聖澤がいきなり先頭打者初球アーチ。ブラウン監督なっていいことってあんまりなかったけど、
彼を成長させてくれたのが収穫(唯一?)だな。昨年二軍で見ていて、正直ここまでやれるとは思わなかった・・・。
あれ、鉄平がスタメンにない・・・。なんでも骨折なんだとか。シーズン間際だから、もうゆっくり休んで来季を目指して欲しいわ。

その後、毎回得点で3回裏には3-2と逆転、さすが仙台ではロッテに強いなと思っていた矢先の5回表、
清田に特大の3ランを浴びてしまう・・・。続く6回にも福浦の犠牲フライで6-4・・・。
マリーンズのラッキーセブンには球団歌とともに「Kスタ病治りました!」のゲートフラッグが掲げられ、
カラービジョンに映し出されて周囲の笑いを誘ってました。
そう、今、ロッテはここでまさかの15連敗中・・・僕も「今日はさすがに、とうとう負け、連勝ストップかなー」と思ったわ。
だけども、7回裏に高須のタイムリーで1点差に。そして、9回は小山が好投し、イーグルスの反撃を待ちます。

ロッテのマウンドは守護神、小林宏。昨日に続く登板。
先頭打者は好調内村。また彼がよく粘るんだ、ファールで。小林も投げるところが見つからない。
そして、2-3から投げたストレートにバットを振り切った内村の打球はレフト前にポトリと落ちるヒットに・・・同点のランナーが出た!
続く聖澤はきっちり送りバントで1死2塁。さらに2番の直人はやや強い当たりのショートへの内野安打。判断よく内村は3塁へ。
1死1-3塁でバッターはさきほどタイムリーを打った高須・・・。チャンステーマが響く中の4球目・・・

いつものコンパクトながら鋭い振りでの一撃は大歓声の中、僕らのいるレフトスタンドへ打球が。これ、もう余裕でHRの距離!
くるくるくるくる~入った!うそおおおおおお~サヨナラ3ランHRかよwwww。やったあああああああ。
もうスタンドはみんなで手を取り合い大喜びです。二日連続のサヨナラ勝ち。しかもホームランなんて!
でも、サッカーのゴールもいいけど、この野球って、HRの打球が飛んでくる瞬間が最高にワクワクして気持ちがいいね。
高須はナインからの手荒い祝福を受けたあと、ヒーローインタビューへ。さらに、サインボールを持ち、球場を一周。
こちらも「たかすうぅぅぅぅぅぅ~」と声援を送らせてもらいました。さすがベテラン。最近ちょっと存在感が薄かったけど、やっぱり高須。
もうさ、昔でいうと土橋とか、こういう、勝負強い、渋い打撃をする選手ってのはしびれるね。数字以上のモノを感じます。

それに、高須は過去、やっぱりチームを引っ張ってきてくれたし、野村野球を率先して実践してきた選手。
ちゃんと、考える野球を監督が変わってもやり続けているようで、さすがですね。この人のせいで負けた試合ってあったっけ、ってくらい。
ちょっとイーグルスへの気持ちが薄れていたんだけど、去年や一昨年の熱い気持ちを思い出させてくれる一発でした。
高須ありがとう~♪うれしくてちょっと泣けた・・・。

振り返れば、牧田の好捕とHRも素晴らしかった。もともとセンスある人だし。綺麗な右打ちでした。
それに、内村も、抜けたらタイムリーという当たりを好捕、1塁走者今江も殺したあのプレーも大きかった。
今日はこの二人の活躍が最後の高須のHRを生んだと言ってもいいくらい。

泣けたといえば打たれた方のコバヒロ。マウンド上で崩れ落ちてました。西岡が励ましていたけれど。
投手はどうしても全責任を負いがちだよね。抑えの投手って、リードの場面で出るから、「抑えて当たり前」と思われる傾向あるし。
気の毒だなとも思いました。野球の残酷な一面。これでロッテはKスタ宮城でまさかの16連敗・・・。

試合終了後はホテルへ一旦急いで戻ったあと、姉夫婦と合流し駅前の海鮮居酒屋で一杯。
松島も楽しんできたようです。客引きがなかなかすごいとか・・・。

義兄「観光船乗ってもさ、みんな風景見ないでデッキに出てカモメの相手ばっかり」。
だま「wwwww」。
義兄「デッキの定員13人なのにそれ以上来るから船がウイリーww」。
だま「ワロタwwww沈みますwwwww」。

牡蠣丼やらずんだなども味わったらしい。松島は仙石線乗ればそんな遠くないんだな。

義兄「いやー、母親がさ、キミ(だま)の新婚旅行の費用くらいあなたが出しなさいって俺にさ」。
だま「すいません・・・。僕に彼女が出来たら、義母様もきっと喜ぶでしょうね。いろいろ気にしてもらってたし・・・」。

なんやかんやで二時間ほどの呑み。
しかし、いかんね。とりあえず運動頑張って、春頃の気持ちを取り戻さないと・・・。はあ・・・。



先発はラズナーと吉見。特に立ち上がり、ラズナーは制球に苦しみ、サブローに2点タイムリーを浴びて初回2失点・・・。
e0078069_5254296.jpg

今日はビジター応援デー?だったかな。連休中ということもあり、関東方面から多数のマリーンズファンが応援に。
e0078069_5255027.jpg

試合開始直後は雨もぱらついたKスタでしたが、それも最初だけ。だんだんと雲の切れ間が出来、空が明るくなってきました。
e0078069_525577.jpg

ラズナーは4回、清田に3ランを浴び5失点。劣勢だが、イニングの合間には「学園天国」で盛り上がろう~♪
e0078069_526863.jpg

5回、福浦の犠飛で6点目を加えたロッテ。さすがに今日は負けるかな・・・。7回では恒例のジェット風船が飛ぶ風景を楽しむ。
e0078069_526193.jpg

試合時間が長い・・・。デーゲームですが、陽が傾いてきました。幸いにも気温が高いので、半袖でも余裕の観戦。
e0078069_5262412.jpg

昨日同様、オレンジ色の空が綺麗です。
e0078069_526326.jpg

この夕焼け空なら、明日の試合もやれそうだね。
e0078069_5263646.jpg

6-5で迎えた9回、クラッチがまだまだ諦めないで!と観客を鼓舞します~♪
e0078069_5264477.jpg

9回、先頭の内村、ひたすらファールで粘った末に、レフト前ヒット。昨日、今日と本当によく活躍をしてくれています。
e0078069_5265164.jpg

続く聖澤は犠打で1死2塁。さらに直人はショートへの内野安打で1死1、3塁に。そして打席には3番の高須!
e0078069_5265714.jpg

なんとサヨナラHR!!ナインがホームベース付近で出迎えます。
e0078069_527397.jpg

高須も両手を挙げてバンザイ!
e0078069_5271013.jpg

ナインの輪に飛び込みながらホームインすると手荒い祝福が!
e0078069_5271935.jpg

昨日、今日と延長もしていないのに4時間を越えるゲーム。両チームどんだけ野球好きなんだよとw。
e0078069_52726100.jpg

観客からは最後まで諦めずに戦ったイーグルスの選手たちに拍手が送られます。
e0078069_5295018.jpg

試合後恒例のバンザイ三唱に向かう中谷ら。
e0078069_530489.jpg

バンザーイ!
e0078069_5301714.jpg

ヒーローインタビュー終了後、子供たちと球場を一周します。
e0078069_5302821.jpg

サインボールの投げ入れかな。
e0078069_5304282.jpg

僕の近くも通ってくれました。ありがとう高須~!
e0078069_5305443.jpg

レフトスタンドからは高須コール!そしてそれに応える高須。
e0078069_531171.jpg

by navona1971 | 2010-09-19 23:24 | 仙台(Kスタ)/会津、東北の旅  | Comments(0)
いやいやどうも。
この土曜からの三連休は、仙台のクリネックススタジアム宮城で開催される、楽天対ロッテの三連戦を観戦します。
初夏の頃に姉夫婦が行く、というので、まあ、じゃあ現地で一緒に観ようか、ということで。
だいたい年に1回は応援しているイーグルスの本拠地ということで、観戦に来るんだけど、今年は5月にカープ戦を観戦しに来ています。
今季2回目の仙台になりますね。本当はねえ、クライマックスシリーズ争い真っ只中の三連戦かなと思ってたんだけど、
まさか単なる消化試合になるとは、行く、と決めた時には想像もつかなかったww。まあ、それでももちろん観戦は楽しいのだけれど。
去年のKスタ観戦はあのクライマックスシリーズ出場決定試合だったからねえ、盛り上がったなあ(遠い目)。

土曜日ですが、今日はナイター。
なので、焦らず、午前中はスポーツクラブへ。しっかりと汗を流す。マルチパワーが空いていたので、ウエイト量も増やして・・・。
はぁ・・・なんとかしないとな、体。春の頃の雰囲気戻さないといけない。静岡でオワタ!になってからダメダメだったからな。
で、昼過ぎに戻り、昨晩用意していたリュックに残った荷物を詰め込む・・・。今回は忘れ物がないように、点呼メモ作ったよww。

そして横須賀線で東京駅へ。なんちゅう混雑。朝のラッシュ時よりひどい。東京駅の何が嫌かといえば、お土産屋が煩わしい。
お土産を買う列が駅構内通路に伸びるって本末転倒だろ。ここは「駅」であって、デパートじゃないし。
そのデパートといえば、隣接する大丸も今や土産屋だね。この間通りかかったら、1階で大声張り上げて洋菓子売ってるの。
もう少し品位のある売り方すればいいのに。少なくともデパートでしょ?こういう流れってグレープストーンが力つけてきたあたりから、
おかしくなってきた印象がある。東京ばな奈とかねんりん家とか。特別美味いとも思わないし、店員の売り方も多分、
会社から相当キツイ指示があるんだろうど、正直あんまり買いたい気分にさせないんだよ。

で、新幹線ホーム。こちらも混雑・・・。ドアの前で並んでいる僕に、女性が「自由席はどこか」と尋ねてくる。って駅員じゃないよw。
「はやて」には自由席がないこと、仙台なら次の「やまびこ」に乗ることと、自由席の位置を伝える。JR、オレを使ってw。
そして「はやて」に乗車。この、上野~大宮間の東北新幹線下りに乗ってる時の気持ちの高揚感ってあるよあ。
「これから旅に出ます」という感じの助走って感じで。逆に、上りでここ走ってると「あー、明日から仕事か」と思って、
ネオンを見ながら寂しい気持ちになったり・・・。キャンディーズとハングリーを聴きながら新幹線は一路北へ。

速いものですね。90分ほどで仙台へ。グリーン車だったんだけど(リッチだからじゃないよ、私大柄なんで。えきねっとのトクだ値
だと2割引で普通指定席とほぼ同額で買えるのも嬉しい)、デッキには立ち客が一杯。なんか通勤電車みたいだ。
ドアが開く。ややむわっとした空気に包まれる。てか、東京より蒸し暑くないか?まずはホテルへ。
駅から徒歩数分、開業一ヶ月弱ということもあり、まだまだ新築の香り。ちょっとシャワー浴びて、一休みしたあと、Kスタへ向かう。

仙台駅東口からは、ひたすら道を直進して約2km弱。20分ほどで到着。
東京の球場に行きなれている者としては、このテーマパーク感全開な雰囲気が、嫌いじゃないがちょっと違和感。
まあ、東京は黙ってても客来るけど、人口も少ないし、ここに惹きつけ続けるのは、こうしないといけないのはよくわかるわ。
で、今日は3塁側内野指定席上段。程なくして姉夫婦も参加。昼は牛たん屋のなんちゃらとかいう店で30分並んだとか。

しかし涼しい~♪最下位、消化試合の割には、連休最初の土曜日ということもあって、かなりの入り。ほぼ満席。
まあ相手がロッテだから、1塁側とライト側の埋まりもよい。試合展開は・・・割愛。成瀬、岩隈両エースのまずまずな投げあい。
楽天は打線が湿ってるね。そして、2-2のままで迎えた9回、青山がマウンドへ。
1死後、大松にヒット、代打福浦は抑えたものの、続く角中に四球(意味ないよなあこれ)、
そして、徳沢直子ちゃんと婚約した西岡のセンター前タイムリーでロッテが勝ち越し!防御率はいいんだけど、どうも信頼感がな。
つーか、この意味不明な四球とか、相手が飲み込んでくるとそのままやられちゃう雰囲気ってのは変わらないな青山。
顔もいいし、球もすっごくいいと思うんだか。ええ、もちろん大好きな投手ですよ。それだけにねえ。

3-2のロッテリードで9回裏へ。とうとうロッテの仙台での連敗も止まるかなと思いつつ、内村を見つめる。
すると、投手強襲の安打。おお~、今日、猛打賞じゃんうっちー!そして聖澤が犠打で内村が2進。
さらに直人がセンターへ抜けるかという強い当たりのショートゴロ。うっちーあわててセカンドへ戻り2死2塁。
ああ、反撃もここまで、か、と思ったら、鉄平は死球、さらに4番、山崎が打席へ。頼む!!今日は結構いい当たりしてるし。
そして、ジャーマンきたあああああ素早い打球は三遊間を抜けてレフト前同点タイムリーヒット!!!!

ここまで来たら一気に決めちゃえ、てか、延長にも入ってないのにもう22時直前って今日どんだけ試合遅い展開だよ。
そして続く中村紀もライト前へ・・・鉄平がセカンドから一気にホームインで逆転サヨナラ勝ちきたああああああああああああ。
よかったよかった。ナインに手荒い祝福を受けたあと、ヒーローインタビューへ・・・。うんうんよかった。明日も勝とう。
帰りも歩いて仙台駅へ。義兄が行くと決めていた居酒屋は僕の泊まっているホテルの1階だった。軽めに1時間ほど祝勝会~♪

子供にとってはあこがれですね、新幹線。僕もそうだった。
e0078069_71913100.jpg

はやて・こまち21号で仙台に向かいます。つい30年前は夜行列車まであったのに、90分ほどで移動とは!
e0078069_719199.jpg

「東京には本当の空がない」。安達太良山はじめ、那須から南東北の山々と青く、高い空を見ると確かにそうかも。
e0078069_7192398.jpg

そして仙台に到着。駅前の照明ポールにはこんなフラッグが・・・。残念ながら最下位なんですけど、今シーズン。
e0078069_7192881.jpg

まだまだ暖かいですけど、陽が沈むのは随分と早くなりましたね。
e0078069_7193542.jpg

来るたびにいつも美しい夕焼けが観られる。これはライトスタンド後方。
e0078069_7194078.jpg

今日の先発はイーグルスが岩隈、マリーンズが成瀬のエース対決!
e0078069_719458.jpg

大きな拍手と声援を背に受けて、岩隈は1回、まっさらなマウンドへ向かいます。
e0078069_7195192.jpg

成瀬は仙台でのチーム対楽天戦連敗を止めるべく、奮闘。立ち上がりは完璧。
e0078069_7195784.jpg

一方、岩隈も 成瀬ほどではないけれど、まずまずの投球内容。
e0078069_720338.jpg

7回には毎試合恒例、球団歌を歌って、勝利を願うジェット風船が(いや、やらんでいいと思うがw)。
e0078069_7201169.jpg

9回、青山がタイムリーを打たれ、勝ち越すも、コバヒロから山崎が執念の同点タイムリー!
e0078069_7201733.jpg

そして、続く中村紀がライト前にサヨナラタイムリー!ホームへ疾走するサヨナラのランナー鉄平、沸くスタンド!
e0078069_7202450.jpg

ノリさん「やったー!」。
e0078069_7203063.jpg

山崎と抱き合い、草野からは水攻撃~。
e0078069_7203736.jpg

え、青山、そんな嬉しそうに輪に入るのかww。次回はしっかり投げろよw
e0078069_7262367.jpg

内村も嬉しそう、今日頑張ったもんな~。
e0078069_7264895.jpg

ノリさんにじゃれつく直人。
e0078069_7271545.jpg

さらのその後ろから思いっきりジャンプして飛びつく草野。いいねえサヨナラは。
e0078069_7273950.jpg

そして一列に並び、最後まで諦めないで応援したファンに挨拶。いやー、最高の雰囲気です。
e0078069_728374.jpg

ノリさんのサヨナラタイムリーは今季初。てか、ベイビーブラウンこわいよwww。
e0078069_7283280.jpg

「残り10試合ですが全力でやっていきます!」。ノリさんの声に1塁側スタンドは祝福の嵐。
e0078069_7324244.jpg

ロッテはこれでクリネックス宮城でなんと15連敗となってしまいました・・・。
e0078069_7285111.jpg

夜のKスタも美しい!
e0078069_729204.jpg

試合終了が遅かったので短めですが姉夫婦と祝勝会~♪
e0078069_7312980.jpg

by navona1971 | 2010-09-18 23:21 | 仙台(Kスタ)/会津、東北の旅  | Comments(2)