カテゴリ:旅・ポタリング( 68 )

もう一ヶ月ほど前の出来事なんだけれども、今頃記事にして申し訳ないです。
今も暖かい日は続けているんだけど、とにかく歩くようにしています。
たまたま翌朝、豪華客船「飛鳥Ⅱ」が母港である横浜に戻ると知り、
出迎えに行ってみようと思った次第です。8時30分入港だとか。少し早起きして・・・。
東横・MM線の「みなとみらい」で降りて、コスモワールドを横目に、
赤レンガ倉庫経由で大さん橋を目指す。
e0078069_1045319.jpg

やっぱり横浜は海があるのがいいね。
家から30分でここに来られるのは本当に気楽。空気もおいしい。どこまでも歩けそう。
15分ほど歩くと、巨大な船体が見えてきた。押しているタグボートも奮闘中。
手前の「象の鼻」(昔を再現した象の鼻のような桟橋)では、
女子高生がアカペラで歌の練習中。そんな光景もいい。
やがて、タグボードが飛鳥Ⅱから離れます。
「船の旅はいかがでしたか?またお会いしたいです。さようなら」。
丁寧で心のこもった優しい挨拶がタグボートのスピーカーから流れる。
海の世界において、お別れの挨拶はよく「さようなら」が使われると聞く。品がいい。
e0078069_10453677.jpg

大さん橋からアナウンスが聞こえてきます。どうやら無事接岸したようです。
出迎えには多くのタクシーや貸切バスが。あ、そうそう、2020年五輪を控えて、
というのもあるようですが、1BOXのバリアフリータクシーが増えてきました。
ここでも飛鳥交通の日産NV200のタクシーが。鮮やかな黄色と横文字が目立ちます。
e0078069_10454014.jpg

大さん橋に歩みを進めると。圧巻のサイドビュー。言い尽くされた表現ですが、
まさに海に浮かぶ高級リゾートホテルですね。乗船客はやはりシルバー層が多い。
お金と時間のある人は限られますからね。フルムーン旅行組ですかね。
e0078069_10454418.jpg

飛鳥Ⅱを横目にまさしく”小さなアリ”のようなパイロット船が駆け抜けます。
横浜のような複雑な港は、船長に代わり、
「水先案内人」が先導することが義務付けられているため、
パイロット船が彼らを乗せて船へ届けるわけです。
e0078069_10455296.jpg

優雅な姿です。そういえば三菱重工が客船造船から撤退する報道もありましたね。
残念な話です。海外の客船受注でトラブル続きでしたから。
造船といえば日本のお得意分野だっただけに再起を期待したいところ。
e0078069_10455543.jpg

最後の一枚はランドマークタワーと一緒に。
このあと、山下公園をぶらぶらしながら元町へ。さらに石川町駅まで約6kmの散歩でした。
e0078069_10455834.jpg

by navona1971 | 2016-11-30 10:46 | 旅・ポタリング | Comments(0)
休職中の身なので、どうしてもブログの更新は滞りがちでネタも少ないですが、
FaceBookやTwitterがあまり好きではない私にとっての大事なツールでもあるので・・・。
いや、見ている人の反応を期待してSNSに書き込むのってすごい苦手なんです。
Twitterもつぶやかない日の方が多いし、
FBもやってから3年くらい経つけど投稿はほんとどしない。
いや、つながっている友人の書き込みをちょくちょく見るのは楽しいけどね。様子が伺える。
ただ、毎回食った飯をUPしてる連中とか、理解できないですわ。あれ、なんなん?
しかもFBって中年男性が好きだよな。もうおっさんツールだなあれは・・・。
このブログは見たい人に勝手に見てもらって勝手に帰ってもらえば最高なんです。

冒頭からいきなり話がずれましたが、毎年訪れている風鈴市へ。
久しぶりにコメダでゆっくりお茶して、あの金属製のひんやりしたコーヒーカップ(昔よくあった)で
アイスコーヒーとゆったりした店内を満喫して、川崎大師へ向かいます。

天気がいまいちなのと、平日ということもあって、空いています。
お蔭でさまざまな風鈴と音色を楽しむことができました。
久しぶりに愛機のペンタックス「MX-1」を片手に。
マンションは風鈴禁止というか遠慮しないといけないので、買えないのが残念ですが。

あ、「梅雨明けを知らせる・・・」なんて書いたけど、まだ明けてないよね・・・。
e0078069_1643947.jpg

e0078069_1643116.jpg

e0078069_1643134.jpg

e0078069_16431493.jpg

e0078069_16431997.jpg

e0078069_16432271.jpg

e0078069_1643175.jpg

ではまた。
by navona1971 | 2016-07-22 16:43 | 旅・ポタリング | Comments(0)
いやいやどうも。
療養中ですが、たまには外に出ないと、と思い、いろいろ検討。
朝5時に起床した時点で、山形、仙台、上田、長野、名古屋、静岡、銚子など、
いろいろ行先を思い浮かべたが、バスに空席があったので、松本に決定。
新設された新宿のバスタを使ってみたい気持ちもあったので。
東横・副都心線で新宿三丁目、ここからは3分でバスタへ到着。
e0078069_812985.jpg

さまざまな行先のバスがひっきりなしに発車していく。
清潔で比較的わかりやすいターミナルですね。これは便利だな。
そんな中、7時50分発の特急松本行に。片道運賃に1000円プラスするだけで、
幅広シートで1列少ない3列シート席に座れる「Sクラスシート」設定便です。
e0078069_813254.jpg

平日朝の下りなので渋滞知らず。快適に晴天の中央道を進む。今日は暑くなりそう。
e0078069_813571.jpg

2時間ほどで双葉サービスエリアへ。定刻到着。
この松本行は京王バス担当便です。こちらで約10分の解放休憩。
e0078069_813929.jpg

双葉サービスエリア名物の巨峰ソフトクリーム。さすが山梨。
ひんやりしていて、甘くておいしい。高速バスの旅はこういう休憩も楽しみ。
e0078069_814289.jpg

中央道は景色が雄大でいいんですよね。居眠りをしているうちに塩尻付近。
e0078069_814588.jpg

バスが松本バスターミナルに定刻着したあとは、腹ごしらえ。
松本といえば山賊焼き(にんにくの出汁に漬けた唐揚げのようなもの)ですが、
カロリーを考慮し我慢。以前、地元の方に食べさせて頂いた時は美味くてねぇ・・・。
なので、今回はヘルシーに人気店の駅前にある「榑木野(くれきの)」で
まいたけ天そばをチョイス。いやあ、そばもおいしいし、天ぷらもサクサク。
e0078069_815087.jpg

松本には何回も来ているが、サッカー観戦や仕事で、だったので、ゆっくり市内を
観て回ることは皆無だった。なので、松本城も初めて。その美しさに息を呑んでしまう。
それとともに驚いたのは外国人観光客の多さ。中国人にカメラ撮影頼まれちゃったし。
「ハイ、チーズ」ではなく「イー・アール・サン」なんだなw。
彼らはちゃっかりレンタサイクル使ってた。そう、俺も乗るつもりだったんだけど、
身分証明書を忘れちゃってね。だから今回は見送り。次回に。
e0078069_81541.jpg

お城の庭では地元の幼稚園児が遊びに来たり、ベンチでのんびりする人も。いい光景。
お城をあとに中心部散策。松本は水が豊かな土地で至る所に水が沸いています。
ひしゃくですくって飲むと、おいしい。アルプスのおいしい水ですね、まさに。
e0078069_815873.jpg

市内中心部、田川沿いのなわて横丁へ。雑貨店などが軒を連ねています。
e0078069_8212.jpg

こちらにも井戸水が。おいしい。
e0078069_82526.jpg

言うまでもなく、松本山雅FCのホームタウンです。フラッグが誇らしい。
e0078069_82890.jpg

無数に水源があるんですわ。で、いずれも綺麗に整備されています。
e0078069_82133.jpg

帰りは双葉サービスエリアだけでなく、集中工事で遅延が予想されるため、
談合坂サービスエリアでも休憩をとる、と運転士さん。
e0078069_821682.jpg

過去の中央道高速バス乗車では帰りに大渋滞に巻き込まれることばかり。
今日は大丈夫だろう、余裕余裕、と思ったら、府中~調布の上り線で集中工事。
このため、府中から高井戸まで2時間とのこと。ガーンw。
回避策として中央道日野バス停で降り、多摩モノレール&南武線で帰宅しました。
e0078069_82198.jpg

by navona1971 | 2016-06-12 08:02 | 旅・ポタリング | Comments(0)
長期入院の影響ですっかり(足の)筋力も落ちてしまったので、リハビリを兼ね、散策と、
2009年に不慮の事故で急逝した親友、O氏への墓参に出向くことに。
自宅近くの川沿いはすっかり春。あぁ、こうした花々を目にすると、命の恵みを感じます。
退院を実感。空気もおいしいし、気持ちもよい。
e0078069_14341.jpg

ラッシュ時間が過ぎて空席が目立つ京急で一路、O氏の墓地の最寄り駅である北久里浜へ。
北久里浜駅からは、霊園を経営する組織の送迎バスに乗って現地へ。
バスには僕のほかにも数名が乗り込んだ。向かうは南葉山霊園というところだが、
ちょうど三浦半島のこちらから見て裏手に当たるため、20分以上揺られる感じ。意外に遠い。
e0078069_143884.jpg

さ、到着。
墓参は4年ぶりくらいか。お墓の位置が久しぶりでおぼろげで、しかも超広大な敷地のため、
事務所で改めてO氏のお墓の場所を確認、そして、お花を買い求め、お墓へ。
母上やご親族がよくいらしているのか、お墓はきれいで、ビールとお花が。
一通りお墓を洗い、お花を添え、手を合わせる。今でもO氏がいなくなったのはつらい。
亡くなる寸前までしょっちゅう会っていただけに。会いたいなあ、会えないけど。
4歳年上だったO氏の年齢に追いつき、追い越してしまった。
一緒にいる時間は濃厚で楽しかったなぁ。あの時間に戻りたい・・・。
e0078069_1431163.jpg

墓参後は再びバスで北久里浜へ。観音崎に地元で採れた魚を出す食堂が新規に開店したと聞き、
立ち寄ってみようと。堀ノ内で乗り換えて浦賀へ向かう。
e0078069_1431743.jpg

京急は日中、快特はほとんど久里浜・三崎口方面へ向かうが、本線はこっちだったりする。
京急本線の本当の終点は浦賀。昔は造船で栄えた町ですが、今はやや過疎化が進む。
この山に寄り添うようにあるどん詰まりな浦賀駅の静かな雰囲気、独特で好きです。
e0078069_143211.jpg

ここから観音崎には京急バスで。
本数も多く、さほど待たずに乗れそう。バス停には長蛇の列だったが、先発のかもめ団地行
に乗る人々だったようで、そちらが発車すると僕が先頭に。観音崎行にすんなり乗り込む。
いわゆる整理券方式の後払い。ま、PASMOだからタッチするだけだが。
e0078069_1432615.jpg

それなりに埋まっていたバスの座席も観音崎へ近づくにつれ空いてきた。
平日とはいえ天候がいいし、春先なので、もう少し混むのでは?と思ったが拍子抜け。
結局、僕以外に乗客は二人となり、終点の観音崎へ到着する。
e0078069_1433029.jpg

観音崎には古びたレストハウスがあるのだが、そこの1Fを地魚食堂としてオープンしたよう。
さっそく入ってみる。開店まもないだけにまだ落ち着かない様子だが、連休を控え、
いろいろ手入れをして出迎える体制を整えているみたい。
あ、店名は「夢”Dream”食堂」だったっけな。奮発?して地魚定食(1780円)を注文。
料理はごらんのとおり。ご飯は超大盛り。昔ならペロリだが。
刺身は新鮮だったな。アジとヒラメとなんとかとなんとか、4点盛り。
e0078069_143344.jpg

おなかがいっぱいになったあとは目の前の観音崎周辺を散策。
バスはガラガラだったが、マイカーで来ている人は多く、意外に賑やか。
バーベキューをしている方もいる。磯の香りが海辺を実感させる。
目の前の浦賀水道は頻繁に船が行き交う。コンテナ船がちょうど目の前を進む。
e0078069_1434085.jpg

もう少し体力が戻っていれば灯台のほうまで行ったんだけどね。
今日はこのへんで。また、折り返しのバスに乗り、浦賀へと。
e0078069_1434353.jpg

by navona1971 | 2016-04-30 23:04 | 旅・ポタリング | Comments(0)
今日は新潟出張です。「11時に来て欲しい」と。うーん、ちょっと早いな。
でもお客様は新潟駅からすぐ近くなので、ま、いいか。
上越新幹線はさほど本数も多くないからな。少しいつもより早起き。7時過ぎには自宅を出る。
そして、8時24分発「とき307号」へ。
ホームにいると知らない派手なおばさんから「自由席はどこか?」と。駅員に聞けよwww。
まったく調べもしないんだから・・・。表示みりゃわかるだろうに。

週末なうえに、そして朝の通勤客が集まる時間とあって、ホームは大混雑。
もうどうにかしてくれ、と、この東北上越系のホームを見るといつも思う。あ、北陸も増えた。
時期によっては歩くのもひと苦労だしな。行く時はこの喧噪も悪くないが、帰りは特にうんざりw。

で、グリーン車へ。当然自腹ですよ。ま、片道くらいなら経費処々でトータル赤字にはならん。
MaxE4系でお気に入りの一人シート。居心地がよい。
大宮までは起きていたが・・・気づくと越後湯沢。またうとうとし気づくと長岡。
上越新幹線は車窓がトンネル多くて堪能できんからねえ。そして無事新潟着。

で、お客様の元へ。説明&作業。いろいろあり約二時間。ふーっ、なんとか終わる。
そして別件へ。で、それも終わり遅い昼食へ。駅近くの居酒屋「かっぽうぎ」のランチ。
隣にあった「壱勢」という居酒屋のランチを狙っていたのだが、(前回おいしくて)もう終了。
仕方なしに・・・。しかし、このお店もめちゃくちゃうまかった。手作り感がなかなか。
そして、ご飯がうまい。「大盛にしますか?」の問いに「少な目で」と我慢。

少し早いが帰途に。
帰りはゆっくり。新潟駅のホームで1本あとの「とき」を隣のホームの待合室で待つ。
すると、80歳近いじいさまが姿を現す。来たな、来たな、と思ったら案の定話しかけてきたw。
要約すると、豊栄に住む実兄が危篤と聞き、浦安から新潟に来たが、大したことないから帰る、と。
78歳か。手にはカップ酒。「俺酒大好きでさ、酒さえあればいーの、人生なんて」と。
奥さんは彼が48歳の時に亡くなったそう。「気の強い女でね、ありゃ長生きせんわと思った」と。
くっそ笑ったwww。その後はずっと一人だそう。息子と娘は地方へ就職だとか。
雰囲気的にはどこかそこそこの企業の役員くらいまで行った感じだ。
「お兄さんいいなぁ、こんな話聞いてくれて、俺、おしゃべり大好きでさ、東京まで一緒に
帰ろうよ」と言うので、そこはうまくはぐらかすww。昔ならいいけど、もう今は勘弁。
「お酒買うからさぁ!」。いや、そういう問題じゃねーよwww。疲れちゃったから今日は。
あぁ、帰りもグリーンにすればよかった。東京行のMaxは8両編成。
だもんで越後湯沢で満席、高崎で立ち客まで・・・みじけーよいくら二階建てとはいえ。
ってことで夕方帰京。

自分用のお土産はバームクーヘンの中にクリームが入った「万代太鼓」。
仙台では「伊達絵巻」、長崎では「長崎物語」、東京では「森の詩」だな。
どうやらこのバームクーヘン中クリーム系は、万代太鼓がルーツらしい。もう45年の歴史だとか。
伊達絵巻が後発だとは意外。おいしかったー。
e0078069_11451526.jpg

e0078069_11452263.jpg

e0078069_11452485.jpg

e0078069_11452620.jpg

e0078069_11452957.jpg

e0078069_11453155.jpg

e0078069_11453274.jpg

e0078069_11453523.jpg

by navona1971 | 2015-11-08 11:45 | 旅・ポタリング | Comments(0)
この日はどうしても気分が乗らず、家を出るも仕事を休む。
食べてないのに体重が減らないストレスが最高潮に達した感じ。
(この件については摂取水分をさらに絞ることで後日解決の方向に進む)。
さあ、どこへ行こうか、いろいろ考えたんだ。日帰りで。
仙台?上田温泉?日光?山形?名古屋?飯田?松本?いっそのこと広島まで行くか?とか。
でも、せっかく旅先に行っても、多分何も食べないと思うんだよね。
だからグルメ旅にならないぶん、近場にしようか、と。
で、前から行こうと思っていた千葉房総半島のいすみ鉄道&小湊鉄道に決定。

横須賀線から総武快速線・外房線直通の上総一ノ宮行に乗車。
新小岩あたりから眠ってしまい、ポイントを走る揺れで起きると千葉。
ふたたびうたた寝すると、電車は外房線を走り、土気から大網に向かっていた。

大網といえば、昔会社の先輩がここに家を建てて(駅から5kmでなんと価格4,500万円!)、
新築祝いに同僚の女の子と一緒に遊びに来たことを思い出す。
その子が好きで好きでどうしようもなくてねえ。まぁ、無理な願いなわけだけども。
このあたりから連敗人生のスタートなんだよな。あれから約18年。
しかしこの場所がこの価格って原野商法だよなぁww。

その後、高額なローンを負担しきれなくなった先輩は家を損覚悟で売り払い大網を去った。
その子も僕も会社を去り、やがてやりとりしていた年賀状も途切れてしまった。
インターネットが普及してたら、また違うのだろうけど、当時はそれっきりだからねえ。

そんなことを思い出しているうち、この電車の終点、上総一ノ宮に到着。
4分乗り換えの安房鴨川行はひとまず見送り、ホームでゆっくり過ごす。
ゆったりとした時間が流れていて、気持ちがよい。
お昼過ぎ、次の電車が到着、いよいよいすみ鉄道の始発駅、大原へ向かう。
そして15分ほどで大原に到着。本来なら駅売店でいすみ鉄道土産をじっくり見たかったんだが、
発車時刻まで時間がない・・・。切符を買い込んでそのままホームへ。
菜の花色のディーゼルカーがアイドリングをしながら停車中。
平日だし、夏休みも終わりだし、ガラガラだろう、という思いが的中・・・したはずだったが、
発車前に地元の高校生が大挙押し寄せてきた。校外学習?かなにかの帰りかな。
どうやら大多喜高校の生徒さんだ。

房総半島の電車通学高校生といえばマナーの悪さが有名だがww、
この学生さんたちはそんなことも皆無で、お年寄りに席を積極的に譲る姿も・・・。
残念ながら超満員で外の景色どころじゃない。まぁ仕方ないけどね。
僕の前に立つ野球部らしき男のコとクラスメートの女の子のやりとりが初々しい。いいねえ、若いって・・・。
大多喜で学生の皆さんは降りていった・・・・。ようやく車内がガラガラに。
後ろの1両もここで切り離され、1両で上総中野へ向かう。

ここからは外の風景をしっかり見られるようになった。
予想以上に田舎で、「何もない」があるね。田んぼは稲刈りの真っ最中。
黄金色の稲穂が風に揺れていて・・・きっとおいしいお米になるんでしょうね。
両親の故郷である秋田を思い出させるような光景です。
殺伐さもなく、ゆっくり時間がながれていて、どこを見回しても自然だらけ。
そんなところをかき分けるかのように進む列車。
終点の上総中野には1時間かかるかかからないかで到着。たまに鳥のさえずりが聞こえる静かな駅。
ここで、内房に抜ける小湊鉄道に乗り換えます。乗り換え時間は10分程度だけども、
まだ列車は来ていない・・・。5分ほどして、ヒョロヒョロのレールの先にディーゼルカーが。

ここから五井まで、またローカル線の旅。
久々にここまで揺られたものだから、疲れで睡魔が。うつらうつらしながら・・・。
いすみ鉄道同様、こちらの風景もたまりません。東京からわずか60kmの場所とは思えない。
アクアラインさえ使えば東京への通勤だって頑張れば行けるようなところってのがすごい。

激しい揺れの割には上がらない速度。これもまたよし。
寝ているうちにだいぶ住宅が増えてきて・・・・五井に到着。
五井からは同じく小湊鉄道の高速バスでアクアライン経由横浜駅行に乗車。
一気に地元へ。わずか65分で横浜のど真ん中に到着。久々のミニトリップはこれでおしまい。
いい気分転換になりました。こんどは途中下車したり、もう少しゆっくりと回りたいですね。
e0078069_3235388.jpg

e0078069_3235923.jpg

e0078069_324392.jpg

e0078069_324628.jpg

e0078069_3241071.jpg

e0078069_3241432.jpg

e0078069_3241935.jpg

e0078069_3242270.jpg

e0078069_3242792.jpg

e0078069_3243136.jpg

e0078069_3243599.jpg

e0078069_3243992.jpg

by navona1971 | 2015-09-11 03:25 | 旅・ポタリング | Comments(0)
今日は仕事を終えたあと、高校時代からの親友、Sと会うことに。
俺と違って家庭持ちのSとは、さすがに昔のようにしょっちゅう出かけたりは減ったが、
それとなく連絡をとり、会わなくともちゃんと心の底で友情が繋がっている感じがするっす。
地元の駅で待ち合わせる予定だったが、車検に出していた車が戻ってきたとのことで、
綱島街道のとある場所で拾ってもらう。あ、そうそう、彼が家を建てたので、新築祝いも贈る。
思った以上に重かったので、車で来てもらってよかったわー。
e0078069_1119629.jpg

積もる話をしながらのドライブ。会うのは昨年、俺が入院したあとの快気祝い飲み会以来か。
お子さんも順調に成長しているようでなにより。いろいろ話をしつつ、どこかで夕食を、と。
じゃあ横須賀へ行こうよ、となり、横浜市内を抜け横浜横須賀道路へ。
e0078069_11164910.jpg


小一時間ほど走らせて着いたのは横須賀のどぶ板通り。
本格的なアメリカンバーガーを食べさせてくれる「横須賀居酒屋シェル」へ。
そう、あの幾度となく行った「アンジェロ」の姉妹店。キッチンには知人H氏の姿も。
意外なことに僕はこの店に来るのは初めてだった。で、270グラムのネイビーバーガーを注文。
いやー、迫力とボリューム満点。肉肉しい!まさにお肉!肉!おいしかった!
たまーにはこういうものも食べないとね・・・w。
e0078069_11165524.jpg

by navona1971 | 2014-06-13 23:59 | 旅・ポタリング | Comments(2)
e0078069_14302789.jpg

e0078069_14303016.jpg

e0078069_14313788.jpg

e0078069_14314743.jpg

e0078069_1432095.jpg

e0078069_14321495.jpg

e0078069_14321974.jpg

e0078069_14322760.jpg

e0078069_14323959.jpg

e0078069_14324323.jpg

e0078069_14324820.jpg

e0078069_14325242.jpg

e0078069_14325669.jpg

by navona1971 | 2014-03-29 14:32 | 旅・ポタリング | Comments(0)
取引先が多く加盟する団体の集まりがあったため、土曜日ですが出向くことに。
ま、すんなり代休が取れるので、こういう出勤は全然構いません、はい。
しかし、土曜日の東京駅はひどい混みよう。紅葉シーズンも終盤ですが、行楽地に向かう人々がぎっしり。
宇都宮に停車する「やまびこ」はその先、福島、仙台方面へ行く乗客で混雑していたので、見送って次の「なすの」へ。
e0078069_12151317.jpg

「なすの」が到着するまでは東京駅のホームを楽しむ。隣には東北新幹線から撤退し、上越新幹線で活躍するE4「MAX」が。
以前、仙台に行く時、よく乗りましたね。あの二階、眺望の良さがなにより魅力でした。
いくらか混雑度が「はやて」より低かったので、遅かったけどね。
e0078069_12151663.jpg

「Max」のロゴが誇らしく輝いています。あぁ、新潟にもしばらく行ってないので、Maxで出向いてみようか。
噂のナポリタン焼きそばも気になるところだし。
e0078069_1215182.jpg

そんなことを考えているうちに「なすの」が到着。乗り込みます・・・。6割程度の乗車率でしょうか。
以前はもっと空いていましたが「モバイルSuica」などの普及で、短距離でもだいぶ利用者が増えた印象。
e0078069_12152021.jpg

そうそう、東京駅前の「KITTE」屋上から東京駅が一望できるんだね。テラスからこちらを眺めている人が。
e0078069_12152927.jpg

さ、出発。山手線と並走、そして追い抜く・・・
e0078069_12153171.jpg

ウトウトしている間に小山を過ぎてまもなく宇都宮へ。まぁ一時間ちょっとだから。
しかし陽が短くなったなあ。北関東の険しい山々が思った以上に近くにみえますね・・・。
e0078069_12153417.jpg

宇都宮に着いてからは一度買ってみたかった「御用邸」チーズケーキをお土産用に買ってみた。
包装がなかなか重厚で品位を感じさせますね。帰宅後、頂きましたがおいしかった!
e0078069_12153699.jpg

あ、仕事の話書いてないな。ええ、このあとちゃんとひと仕事して、夜、帰京しました。
e0078069_12154295.jpg

by navona1971 | 2013-12-03 12:16 | 旅・ポタリング | Comments(0)
記事は月曜日にでもかきます。
e0078069_21112563.jpg

e0078069_21113163.jpg

e0078069_21113750.jpg

e0078069_21114129.jpg

e0078069_21114514.jpg

e0078069_21114918.jpg

e0078069_21115246.jpg

e0078069_2111565.jpg

e0078069_2112081.jpg

e0078069_2112441.jpg

e0078069_2112735.jpg

e0078069_2112116.jpg

by navona1971 | 2013-09-21 21:13 | 旅・ポタリング | Comments(0)