カテゴリ:サッカー(主に松本山雅FC)( 27 )

by navona1971 | 2016-05-15 07:52 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)
いやいやどうも。
この日は等々力で川崎フロンターレ(5位)対松本山雅(14位)の試合があります。
J1に昇格したからこそ観戦可能なカード。めっちゃ楽しみにしていました。
僕は一応、松本山雅ファンで、まぁ熱烈サポというほどではないけどね、
あ、でも、JFL時代を知ってるから、ニワカじゃないでしょ。
いや、長い山雅の歴史ん中じゃまだまだだろうな・・・。

でも、JFLの頃、町田ゼルビアと野津田で対戦してぼろ負けした際は、
これじゃあJ昇格なんていつなんだろ、と思ってた。しかし、ついに来たね。
あ、アルウィンへはJ2昇格後にV甲府戦、G大阪戦と観戦をしており、
聖地のすばらしさも実感しています。

現地の方に喫茶山雅跡地、現松本山雅本社を案内してもらい、山賊焼きも食ったしw。
ただ、去年から今年にかけては持病の影響で遠征自粛なんです。
完治しない中では、やはり自宅に近いところに来てくれるのはありがたい。
等々力は私の横浜市内の自宅からチャリで20分。
で、等々力到着。こちらに来るのも久しぶり。
最後に来たのはチョンテセと川島の在籍最終試合だったから。あれが2010年か・・・。
その後改修工事も行われたようで、どう変わったのか、それも楽しみだった。

かかりつけの某大学病院で俺の担当をしている薬剤師(熱狂的川崎サポ)さんから、
「そういえば、船山すいません!」とこの春苦笑していたけど、そうだよ、移籍だったw。
「あんまり使ってなくてw」と続けて言われたが、その頃はそーだったのか?今日はどーだろ。
あ、お断り。私は野球からの後追いサッカー好きだけど、詳細な作戦やルールなんて、
まだまだわかりません。なのでそこらへんにまで突っ込まず、あくまでライトな観戦記でよろ。
さ、胸を借りるつもりで行きましょう!

改修工事が終わり、見事な姿を現しました。メインスタンドはBゲートから・・・。
e0078069_20214569.jpg

一般チケットの開門は14時。階段を上がり、指定席エリアへ。自由Aはここからさらに階段。
e0078069_20214947.jpg

メイン自由南の座席。幅は広く、ハマスタのベイブルーか、マツダスタジアムの内野指定よりやや広い。
e0078069_20215350.jpg

事前に工場で製作するプレキャストコンクリートと鉄骨で構成されています。工期短縮はコレが一番。
e0078069_20215640.jpg

フェアプレー精神で・・・。とはいうもものの、荒っぽいプレーは今日は山雅に集中した気がwww。
e0078069_2022050.jpg

日本代表のGK、元川崎の川島がスペシャルゲストとして顔を出しました。「エイジ!」コールが響く。
e0078069_2022552.jpg

出足がややゆっくり目だった山雅サイドもいつのまにかギッシリ。試合前のコール合戦が始まる。
俺が山雅側に座っていたということを差し引いても、とてつもない声量だった。気合が入る。
e0078069_20221016.jpg

そして、アウェーを歓迎する旨のコメントも。そう、お互い相手のスタジアムへどんどん行こう!
e0078069_20221526.jpg

スタメンはこんな感じ。川崎には昨季まで山雅にいた船山も。こちらからはブーイングと拍手が。
e0078069_20222069.jpg

始球式は哀川翔。「みんなこの夏はカブトムシを飼おう!」にスタジアムが笑いの渦にwwww。
e0078069_20222491.jpg

そしてフロンターレおなじみ「好きですかわさき愛の街」。信濃の国もいいけどねw。
ちなみにこの曲はゴミ収集車のメロディになっていますので「あっ、えーっとゴミを出さなきゃ」となる。
e0078069_20222955.jpg

大旗隊もしっかり頑張っています。きっと松本方面からも多数サポが駆けつけたんだろうなあ。
e0078069_2022341.jpg

フロンターレはおなじみこの弾幕。さぁ、いよいよキックオフです。
e0078069_202238100.jpg

おーおおっおおおー(^ω^) ・・・。おなじみ「中央線」。楽しみと緊張が交錯するひととき・・・。
e0078069_20224363.jpg

陸上競技のトラックは案外観戦には邪魔にならない。メイン自由はかなり見やすい。おススメ。
ちなみに前半は「いったいどのくらい格上なんだよ」と思うくらい川崎がボールを支配。
まるっきり動けず、防戦一方の山雅。でも、川崎は川崎で、攻めてる割には攻めきれず、
あちら側も結構苦しそう、たまにカウンターっぽいいい動きもあって形成大逆転の
あわや先制シュート、もあったが得点ならず、前半耐えきれ、と思ったが、
前半終了直前の45分、レナトにヘッドで決められ1-0。あああああああああああああ!
e0078069_20224755.jpg

等々力の杜を挟み、隣街武蔵小杉の超高層マンション群がここからも望めます。
e0078069_2025274.jpg

ハーフタイム、あの「株主優待で生活」の桐谷さんが愛車で登場!場内は闘いを忘れ笑いの渦に。
某J2の試合には桐谷美玲が来たと言ってましたがこちらは同じ桐谷でも・・・。
バリこぎママチャリの疾走をトラックで見せてくださり、拍手喝采ですw。ありゃ先行タイプだなw。
e0078069_2025131.jpg

さて、後半。あの前半はなんだったんだ?というくらいエンジンがかかる山雅勢。
シュートも増え、惜しくもクロスバーとか、そんな感じで攻撃のリズムを掴んできた。
それとともに細かいミスが川崎に増え、「もしかして山雅劇場くる?」と思ったわけよ・・・。
甘かったっす・・・。ハンドによるPKを村上の好セーブで防いだものの、エウシーニョにやられた。
うーん・・・なんつーか、今日はオビナの動きが悪いような・・・。
e0078069_2025248.jpg

悔しい展開だが・・・。「どんな時でも俺たちはここにいーる!」そーだな。ちょっとうるっと来た。
e0078069_20253577.jpg

天気はひじょーによかったが、相当な高さ(ビルの5階くらい?)にあるメイン自由A上段は、
多摩川からの風が吹き抜け、シャツ1枚では肌寒い。ここに来る方は羽織るものを何か・・・。
e0078069_2026396.jpg

観客動員はごらんのとおり。メインA自由も「席つめ」をしてびっしりでしたから・・・。
e0078069_20262452.jpg

試合はそのまま2-0で終了。でも、最後まで諦めないプレーは随所にありました。
負けたけど面白かった。特に後半の頭とか。山雅らしさは完全に失ってなかったし。
遠く信州から遠征のサポーターの皆さん、お疲れ様でした。
e0078069_20264066.jpg

※Jリーグの肖像権に関する規定を順守し、選手個人のアップ画像は掲載しません。
by navona1971 | 2015-06-20 21:11 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)
体調のことを考え、日曜日の外出は控えていた(翌日から仕事だしね)。
ただ、季節もようやく暖かくなり、体調もまずまずなので、姉夫婦、というか義兄からの誘いを受け、
三ツ沢にサッカー観戦することに。地元、横浜FCと、昨年J1へ昇格も一年で落ちてしまった徳島
ヴォルティスとの試合です。GWのはじまり、そしてカズが二試合連続ゴール中ということで、
お客さんの入りもまずまず、7,000人くらいだったかな。

申し訳ないのだが、両チームで知っている選手がカズしかいない・・・。
しかし、徳島サポーター熱いなあ。
俺はビジター至上主義な人間なので、どちらかというと贔屓チームはホームで見るより、
アウェイで見る方が好きだったりする。敵愾心が出てくるというかw。
もちろん、ホームはホームの良さがあるよね。それはそれで悪くない。

しかし、どうだろうこの三ツ沢の雰囲気は。
頬を撫でる風は程よくて、フィールドはまるで土俵際の砂かぶりのように近く、
時折ボールが飛び込んでくるほど。これが三ツ沢の良さだなぁ。最高の場所です。
しかもマッタリ観戦できるし・・・。義兄からビールを1杯だけ、1杯だけよ、ゴチになり毎度恐縮。
しかし、初夏を思わせる日差しと、アルコールの影響で睡魔が・・・。いやあ心地良い。
頭がガクンと下がってしまう・・・。

この日もカズはスタメン。日差しに反射する白髪には風格すら感じます。
つい、練習中も試合も彼を追ってしまう。しかし、いつになく動きが悪い。
見せ場なく前半途中で交代・・・翌日の新聞報道では怪我で自ら申し出たらしい、残念。
試合は1-1のドローでした。横浜劣勢だったんですけどね、よく引き分けたなあ、という感じ。
e0078069_2205233.jpg

ビジターへの気遣いはなにより大事だと思います。気持よく観戦してもらわないと。
e0078069_2205693.jpg

たなびくビックフラッグが美しい
e0078069_22134.jpg

あぁ、素晴らしい天気に素晴らしいフィールド
e0078069_221727.jpg

横浜劣勢もなんとかふんばり、引き分け。
e0078069_221113.jpg

帰りにフリ丸とバッタリ。心なしか元気がない?www
e0078069_2211480.jpg

by navona1971 | 2015-04-25 22:01 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)
最近更新が滞り気味ですいません。
いや、なぜかっつうと、私の部屋にはPCデスクがなくて、
寝そべっていつも書いていたんですけど、持病の関係で長時間のうつぶせ禁止令が出てて・・・。
体を横にしてPCを見ることはもちろんOKなんですけど、それだと文章打てないでしょ。

で、先日、姉夫婦とJ2のサッカーを観にニッパツ三ツ沢球技場まで行ってきました。
相変わらず見やすくて、素晴らしいスタジアム。試合内容も白熱し、とっても楽しかった!
帰りは港北ニュータウンまで地下鉄で出て、姉夫婦とそのまま軽く打ち上げです。
e0078069_2139363.jpg

e0078069_2139710.jpg

e0078069_21391123.jpg

e0078069_21391581.jpg

e0078069_21392111.jpg

e0078069_21393181.jpg

e0078069_2140744.jpg

e0078069_21394823.jpg

e0078069_21395325.jpg

e0078069_2140590.jpg

e0078069_21401999.jpg

by navona1971 | 2014-07-03 21:40 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)
いやいやどうも。
この日は豊田スタジアムで開催されるJリーグ、名古屋グランパスエイト対柏レイソルを観戦します。
キックオフは夕方5時。今回はシンプルに観戦のみが目的なので、ゆっくり目の出発。
ちなみになぜこの「ひかり」にしたかというと、
新横浜の次の停車駅が豊橋だから。「のぞみ」に一度も抜かされずに豊橋まで。
所要時間なんと1時間6分。はえーよ!神奈川県横浜市から愛知県豊橋市まで66分。すごい時代になったよね。
e0078069_1219399.jpg

快適な旅でした。これだから高いけど新幹線は止められない。
豊橋に着いたあとは、豊橋がルーツのブラックサンダー豊橋限定版を購入。
そして、名鉄に乗り換えます。ここから知立(ちりゅう)まで、特急で30分ほど。
わずか350円の座席指定券を買うだけで、ゆったりとしたシートに身を委ねられます。
車窓は名古屋まで近い割には緑も多く、のどかな風景が続きます。
e0078069_12191024.jpg

知立に着いたあとは、名鉄三河線に乗り換え、豊田スタジアムの最寄り駅である豊田市駅へ。
しかし、こうやって地方(といっても名古屋の通勤圏内)に来ていて思うのは、
本当にゆとりがあるということ。電車でも座れるし、だいたい昼間は。
東京はいつ乗っても混んでる。つくづく異常だと思う。
e0078069_12191227.jpg

三河線の先頭には名古屋グランパスの試合開催日であることを告知するヘッドマークがついていました。
知立から20分弱、三河線に揺られて豊田市駅へ。初めて来たが思ったより大きい町という印象。
ここからは名鉄バスで豊田スタジアムへ。10分かからずに到着。
e0078069_12191616.jpg

到着~♪ いやー、近未来を感じさせるデザインだね。黒川紀章+アラップの合作だっけ。いかにもという感じ。
さ、階段をあがって・・・。
e0078069_12191831.jpg

スタジアム前の広場ではいわゆる「スタ飯」として様々なブースが出展していて華やかだったわー。
地元知立の「あんまき」もあったね。僕は富士宮やきそばを頂いて腹ごしらえ。
e0078069_12192341.jpg

僕の手にしているチケットだとゲートは真反対。ぐるりと歩いて正面へ。いやー、立派なスタジアム。
なにせ大きいものだから、カメラが広角でも入りきらないよ、近くだと。
e0078069_12192526.jpg

あぁ、やっぱりいいなー、J1は。今度ここに来る時は松本山雅FCサポとして来ることを願う!
e0078069_1219328.jpg
うっひゃー、やっぱりサッカー専用スタジアムは最高にいいね。
我が家からは自転車で行ける距離に日産スタジムがあるけど、専スタでないと足が向かない。
なので、一度も行ったことないんだよ。逆に三ツ沢は何度も足を運んでいるけどね。専スタですよやっぱり。
e0078069_12193474.jpg

e0078069_12193899.jpg

e0078069_12193995.jpg

e0078069_12194511.jpg

e0078069_1220198.jpg

帰りは豊田市から豊田線で名古屋方面へ。名古屋市営地下鉄鶴舞線に乗り入れていますから、
そのまま名古屋中心部へ。名古屋時代に勤務先があった伏見で降り、軽く一杯。
僕も体調のことがあるので、まあ控えめにね。「風来坊」へ。
義兄であり、またリーマンとして先輩でもあるので、そのあたりの話を・・・
俺と違って努力を欠かさないし、なによりも我慢強いんだよな。俺にないんだよ、それは。
e0078069_1220320.jpg

その後、東山線で名古屋へ。
今日は大安吉日ということもあり、結婚式帰りの人が目立つ。さすが名古屋、出席者も華やか。
それらを横目に見ながらお土産を・・・味噌煮込みうどんと、赤福を・・・しかし、この時間だと赤福も売り切れ。
そう言われると余計に欲しくなるよなw。でも、どこのキオスクを見てもなくて。諦める。
e0078069_1220764.jpg

帰りは22時10分発、東京行最終「のぞみ」へ。最終だけあってほぼ満席、かなりの混みよう。
いくら速いのぞみと言っても、外が真っ暗な中で淡々と時間が過ぎるのを待つのは「退屈」と義兄。確かに。
周囲を見回すとみんなそんな感じ。疲れもあるのか、車内は休日の割に静か。
少しだけ談笑しているグループもあるけど、そういう人には車内販売でアルコールの売れ行きがよさげ。
でも、80分弱、小田原をすぎれば「あぁ、帰ってきたなあ」という気持ちになってくる。やっぱり速い。
無事に定刻通りに新横浜到着。義兄と別れる。楽しい一日だった。やっぱり一人より楽しいね断然。
e0078069_12211199.jpg

義兄には大変お世話になりました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。
by navona1971 | 2013-11-23 23:20 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)
いやいやどうも。
今日はニッパツ三ツ沢球技場で開催される横浜FC対松本山雅FCを観戦します。
まあ「はまかいじダービー」って呼べばいいかな。
僕が山雅の試合を見るのは今季、ガンバ戦(アルウィン)、神戸戦(ノエスタ)に続いて3試合目。
JFL時代から通算すると、8試合目か。ただ、Jでは一度も勝ち試合を見ていないのが気がかり。
横浜市民かつ東横線沿線住民なので、三ツ沢は近くて助かるわ。
ちなみに横浜に本社があるばね製造大手の日本発条(ニッパツ)がネーミングライツを取得しています。
e0078069_1832549.jpg

三ツ沢でのアウェイ入場は三ツ沢球技場の正面アプローチからではなく、裏手をぐるりと歩かされるのが難点。
ちなみに三ツ沢は、浅間台、沢渡、軽井沢という地名に囲まれています。まるで長野みたいでしょ?
e0078069_183296.jpg

三ツ沢総合グランドバス停からはかなり歩かされるので、アウェイの方は市営バス87系統「横浜駅西口(市民病院)
横浜駅西口」という循環系統があるのですが、その宮ケ谷バス停(三ツ沢総合グランドの次)で降りると便利です。
まあ本数はあまり多くないのだけれど、時刻表で事前にチェックしていくこともできるので。
e0078069_18321233.jpg

今更サポーター同士のトラブルなんてそんなにないだろうし、正面から一緒に入れて欲しいわ。通路だって広いから。
こちらの狭い歩道を進むのはねえ。ちょっとサービス面からどうなんだろう、と。
さ、ようやく裏手に到着。すぐ横の駐車場には松本ナンバーの車がズラリ。山雅のステッカーでしっかりと自己主張!
e0078069_18321665.jpg

開門40分くらい前だろうか、着いたのは。
なにせ地元なので「よゆーよゆー」って思ってたがとんでもない。待機列どれだけ伸びてんだ、って。
松本から何人来てんだよwwwwってレベル。周囲では「あーらこのあいだのアルウィンではどーも」なんて、常連
さん同士の和やかな挨拶もあったり。ま、プレーオフに手が届きかかっている重要な一戦でもあるし、集まるのは当然か。
e0078069_18321975.jpg

ちなみに三ツ沢球技場の隣には三ツ沢陸上競技場があります。来季、J3への参入を表明したYSCCがホームとした時期も。
地域時代、山雅にとってもよく耳にしたチームでしたね。今でこそ日産スタジアムにその役目を譲りましたが、市内小学生
のスポーツ大会が毎年行われ、市内の子どもたちにとっても三ツ沢一体は親しまれた場所です。
てか、この競技場の前をさらに入場待機列がのびてました。こんなの初めてw。
e0078069_18322276.jpg

山雅サポがひしめき合う中、スタジアム裏手には松本名産「手鞠」が由来の「てまりバス」が選手を乗せて到着。
サポーターから激励の拍手が続きます。このあと、横浜FCのチームバスも到着しました。いよいよ開門です。
e0078069_18322535.jpg

選手たちの荷物はしっかりとこのトラックが預かって松本から持ってきます。
e0078069_18322952.jpg

さて、開門です。松本からいらしたG夫妻と合流し、列に並ぶ。
何分か経過してようやくチケットもぎりの場所に列が進んだ時、振り返るとこれです。この見えない先にまだ列が。
あ、ここは横浜でも高台に位置するので、木々の色づきも気持ち早いようです。秋も深まってきましたね。
e0078069_18323793.jpg

こちらはA席に座ります。なお、C席(アウェイゴール裏)は早々に完売です。
まあ、ただ、A席はC席を通り抜けて行くので、A席チケでC席座れちゃうのだけれどね・・・。まだまだ続々入場。
e0078069_18324062.jpg

アルプちゃん弾幕キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!これ初めて見たなあ。
松本市の公認ゆるキャラ、アルプスから来た妖精、アルプちゃん。正直ガンスくんよりかわいいんだよなww。
「長野」じゃなく「信州」の松本城、そしてアルプちゃん、郷土色豊かな弾幕は素敵です。
e0078069_18324318.jpg

明日、ここ三ツ沢で横浜フリューゲルス、横浜Fマリノス、そして横浜FCを中心に活躍した元日本代表三浦淳宏選手の引退試合が。
e0078069_18325153.jpg

試合の円滑な進行に欠かせないボールボーイは県立旭高校の皆さん。公立校ですがサッカーではそこそこ強豪ですよね。
山雅サポーターへの挨拶に対し、大きな拍手でサポーターも応えます。こんな光景はさすが山雅といったところ。
e0078069_18325541.jpg

さ、そろそろ試合開始。横浜FCを圧倒する動員と声量。予想していましたが・・・。ここはアルウィン?と思うほど。
e0078069_18393568.jpg

とはいうものの、地元の意地があります。横浜FCサポーターも普段よりはよく集まってますね。
e0078069_18394520.jpg

山雅サポーターの熱気に思わずテレビカメラもフォーカスしちゃってますね。
e0078069_18395573.jpg

by navona1971 | 2013-11-03 18:13 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)
三ツ沢はフィールドが観客席から近いのが何よりの魅力。個人的にはサッカー日本一のスタジアムだと思っています。
フカフカの芝生がしっかりと見てとれます。よく手入れがしてあるいい芝生ですね。ゴロンとしたいわ。
e0078069_1848210.jpg

さ、試合開始に先立ち、両チームのスタメン発表。
e0078069_1848594.jpg

なんと横浜FCはカズがスタメン。これには山雅サポからも大きな拍手。
e0078069_1848814.jpg

試合開始直前にはおなじみの「中央線」が。両手でタオマフを大きく広げて・・・。
e0078069_18481222.jpg

A席もバックスタンド同様、タオマフを手に「中央線」こちらも実質的にバックスタンドと変わらぬコアサポが集まってましたから。
e0078069_18481638.jpg

で、先制は山雅。塩沢が頭で決めたーーー!最近すごいね。今日もゴール決めちゃった!
e0078069_18481934.jpg

となれば「とまらねぇーおれーたちまつもーと」ですよ。
e0078069_18482331.jpg

プレーオフ圏内に入るためにはなんとしても勝ち点3が欲しいわけで。
ところが、先発カズがこちらも白髪交じりの髪もなんのそので、頭で決めて1-1に。いやあすごい。あっぱれ。
それにカズダンスが見られたよお(いや、それは敵とはいえスーパースター、キングカズですから・・・)。
正直これで入場料のモトは軽くとれてしまったようなw。
e0078069_18482616.jpg

とりあえず前半はこのまま1-1のままで終了。ハーフタイムは混雑でトイレすら行くのも大変。売店もね。
この時間を利用して横浜FCのマスコット「フリ丸」が場内を一周。
e0078069_18483042.jpg

今日の入場者数は9095人。
面白かったのはこれが公表されても山雅側はシーン。そりゃそうだよね、普段1万越え珍しくないもんね。
俺はここでこんなに集まったのを見たのは初めてなので思わず「ほー」って関心しちゃったけどさ。
e0078069_18483393.jpg

三ツ沢の魅力はこの観客席とフィールドの近さ。選手の息遣いも聞こえてくるほど。
あのカズが目の前を走ってくれるんですからね。もう陸上競技場兼用スタジアムでは観られたもんじゃないです。
e0078069_18483794.jpg

そして後半も塩沢が決めてくれました。岩上からきれいなパスがきて、キーパーの足元をボールが鋭く転がっていきました。
いやあ、アウェーの後半のゴールはいいよね。目の前でゴールが決まるから。
この間の神戸戦では選手が縮こまって見えたけど、今日のイレブンは負けてない。選手が大きく見えたもん。
e0078069_18484051.jpg

もう1点欲しいなあと思っていたところに、飯田がこちらも頭で決めて3-1。
今日は特に後半は文句のない動きだったように思う。横綱相撲ですよ、はい。点差以上の力量の差を感じました。
e0078069_18484356.jpg

そして試合終了。3-1で勝利!やたあああああ。てか、J観戦6戦目にして初勝利!
なんと2011年の武蔵野横河戦(西が丘)以来の勝利(てか、あれしか勝った試合見たことなかったりするw)。
反町監督のルーツとも言える場所で快勝したのもよかった!
e0078069_18484612.jpg

なんとかプレーオフの可能性をつなぎました。徳俵に足がギリギリ残ってます。
そうそう、今年の新曲「喫茶店の勇者達」は曲が長いとか賛否あるようですが、俺は結構好きだったりするけどね。
e0078069_18485151.jpg

最後は選手と一緒にアルプス一万尺!
なにしろ先日神戸戦での惨敗を目にしただけによかった。
でもあの時、ヤジも罵声も飛ばず「山雅が好きだから」をずっと歌ってるサポを観て泣けそうになったんだよね。
選手がなによりしんどかっただろうから。気持ちを切り替えてよくぞやってくれました。
e0078069_18502319.jpg

スコアボードには他スタジアムの試合結果が。思わずに気になって皆さん見入ってしまう。
e0078069_18503328.jpg

今回一緒に観戦したG夫婦にはいろいろ手土産を頂き、帰宅してなんともその豪勢さに恐縮。
りんごやら山雅ものがたりやらタオマフやら・・・。そして雷鳥の里・・・松本といえばこれだよね!
あまりお気遣いなく!ありがとうございました。申し訳ありませんいろいろと。
e0078069_18504550.jpg

※Jリーグの肖像権に関する規定を遵守しているため、選手のアップ画像は掲載しません。

◆試合結果
横浜FC 1-3 松本山雅FC 観客9095人
15分 塩沢 勝吾
38分 三浦 知良
52分 塩沢 勝吾
69分 飯田 真輝
by navona1971 | 2013-11-03 18:00 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(2)
いやいやどうも。
今日は神戸のノエビアスタジアムまで、J2のヴィッセル神戸vs松本山雅FCを観戦しに行きます。
先月、アルウィンまで対ガンバ大阪戦を見てきて、これは翌月の神戸戦が昇格プレーオフの鍵を握るな、と思い、
早速飛行機やら観戦やらのチケットを用意したのでした。
J2昇格前からシーズン後半にやたら強くなる山雅なんだけども、今季もこれが当てはまるのか、と。
本来なら泊まりで観光を兼ねてゆっくり訪れたいところでしたが、病み上がりでもあるので日帰りで。
クラスJがリーズナブルに入手できたので、往路はJALで伊丹から入ります。
しかし、あいにく外は強い雨。横浜からエアポート急行で羽田空港へ向かいます。
e0078069_833216.jpg

ここんとこ飛行機を使っての遠征はご無沙汰だったなー。ま、遠征といっても野球観戦ばかりだけども。
今日の機材はB767-300。後ろ半分を北海道の修学旅行生が団体搭乗しているそうで満席とのこと。
しかし彼らはおとなしいね。今の高校生はきっと何度も飛行機なんて乗ってるから、珍しくもなんともないんだろうな。
e0078069_833891.jpg

台風はまだずっと先だが、その影響を受けた低気圧が発達し、風雨ともにそこそこ強い。
案の定、「運航中はシートベルト着用サインが消えないかもしれない。トイレには今のうちに」としきりにアナウンスが。
そして「出発に必要な書類が届いていない」という理由で離陸も大幅に遅延することに。
飛行機は飛べば速いんだけど、定時性がねえ。
しかも、ランプからタキシングして離陸するまでが長い。羽田もどんどん大きくなってきたからねえ。
e0078069_853257.jpg

遅れが30分近くになり「ねぇ、この飛行機ちゃんと飛ぶの?」なんて声も周囲からがあがっている。
とりまとめているベテランCAは表情ひとつ変えず、穏やかに現状を説明する。
経営悪化の影響で、新規採用を抑制しているから?ここ何年かで、JALのCAは年齢層がグッと上昇した印象がある。
でも、落ち着いているし、気配りができるので、いわゆる中年?CAは大歓迎なんだよな。ちなみにANAよりJAL派ですw。
お客さんに接する姿勢も実に丁寧なんだけど、それがいやらしく見えずに自然だからね。さすが経験だと思う。
しかし、せっかくの窓際も着陸直前まで外は真っ白。残念だったな。
e0078069_85354.jpg

伊丹空港には結局予定より40分近く遅れて到着してしまった。うーん・・・。
ノエスタへ行く前に、住之江でのイベントであの巨大アヒルが展示されているというので、それをチラリと見てから
神戸へ向かうつもりでいたけど、どうやら無理らしい。残念。もうちょっと早い時間に来るべきだった。
いや、巨大アヒルが来るというのは昨日知ったので。まあ、仕方ない。大阪モノレールから阪急宝塚線で梅田へ。
上品な内装と、マルーンの車体色。阪急に乗ると「大阪へ来たなー」って実感しますね。
e0078069_854144.jpg

阪急電車は豊中、十三と進み梅田へ到着。ここから阪神電車に乗り換えます。巨大アヒルには会えないが、尼崎で用件をひとつ。
しかし、関西私鉄の雄、的存在の阪急。ターミナルの梅田は清掃も行き届いて、想像以上の広い作りに驚かされる。
東京ほど混み合っていないし、ちょうどいい。関西へ来ると、東京の集中ぶり、混雑ぶりがまた、別格であることを知る。
e0078069_854576.jpg

阪神の梅田駅からは急行で一路尼崎へ。こちらも始発梅田からすべての座席が埋まることはなかった。
優等列車の運転比率が高く、「西の阪神、東の京急」なんて表現もありますが、住宅密集地を飛ばすところなど、確かに雰囲気が似ています。
e0078069_854997.jpg

で、すぐに尼崎到着。
やや遅いお昼に、尼崎駅改札を出て左手にあるパン屋「モンパルナス」で。名物「ピロシキ」を頂くために!
関西の方以外には知名度がもちろん皆無ですが、以前「パルナス製菓」という会社があり、地元で流れる哀愁漂うCMと、
ピロシキ、クレーモフ(シュークリーム)が評判で、熱烈な支持を受けていたそうです。
ですが、様々な洋菓子店の林立や消費者志向の変化で売上が伸び悩み、黒字のまま惜しまれつつ会社を閉鎖に。
もうあのピロシキは食べられないのか、と誰もが落ち込んだところ、パルナス製菓のご親類の方がレシピを譲り受け、
この地に「モンパルナス」として、改めてピロシキの製造・販売を始めたのです。
ちなみに当時のCMは→こちら(歌はなんと中村メイコとボニージャックスと、超豪華だったりする)
e0078069_861848.jpg

モンパルナスの中はカフェも併設されているので、さっそく秘伝のレシピで復活したピロシキと、
カレーピロシキを頂く。うわー、おいしそう♪ちなみに、当時は「パルナスのピロシキ」なので、
”パルピロ”とも呼ばれていたらしい。いただきまーす!
e0078069_862515.jpg

ひき肉と玉ねぎとじゃがいも?が均一に混ぜられていて、胡椒が適度に効いていて、意外に薄味です。
おいしい、そして、素朴な味です。当時、学校から帰ってきた子どもたちのおやつに親しまれたのも納得。
大切にゆっくり頂きました。いや、普段いつも食べられる何気ない商品が消えるって、寂しいものだからね。
俺はありあけのハーバー(横浜市民なら知らない人はいない)でそれを痛感したので、目に入れば買ってます。
e0078069_1144837.jpg

さ、食べ終わったらノエスタに急ごう。もう時間がない。
なにせ飛行機が40分近く遅れたので、予定が狂う。まあこんなキツキツな行程なのがわりーんだけど。
地下鉄乗ってる時間はないので、三宮からタクシーでノエスタへ。幸いにもドライバー氏は飛ばしてくださり、
キックオフ直後に到着。入口ではヴィッセル神戸のキャラクター「モーヴィ」が迎えてくれます。
e0078069_11441798.jpg

外観が未来感覚の美しいスタジアムだなあ。
周囲はクリムゾンレッドに染まっている。野球では楽天イーグルスファンの俺としてはなんとも不思議な感じw。
個人的には上品でいい色だと思うなー。で、観戦はバックスタンドなんだけど、ちょっと外周を歩く。
さあ、席へダッシュだ。このスタジアムに着いて、中に入るまでの焦り、なんとも気持ちのよい高揚感だよねえ。
中から歓声が漏れてくると余計に。
e0078069_11441232.jpg

うおおおおおおすげえええええええ。立派だあああああああ。
この日は昼間雨が降ったりしていた空模様だったので、屋根は閉鎖されていました。
でも、屋根つきなのに東京ドームのような圧迫感が全くない。素晴らしい。
席についたのは試合開始まもなくだったので、今のところ0-0で安堵。
両チームサポーターの力強い歓声がドームの中に響き渡る。いいなあこの雰囲気。来てよかった。
e0078069_11553526.jpg

それに松本山雅サポーターがこんなに来ていたとは。
電車だと、試合終わってからでは最終の名古屋発しなのに間に合わないらしいが、だとしたら車とかかな。
サポーターの変わらぬ熱さに感激するとともに、この試合の重要性がひときわ伝わってくる。
e0078069_11554335.jpg

一方、首位で山雅を迎えるヴィッセル神戸側スタンド。こちらも統一感ある応援がすごい。
やはりJ1を経験し、J2でも首位を疾走するだけあり、胸を借りる気持ちで挑まねば・・・。
e0078069_11555053.jpg

(後編に続きます ※古い記事へ進むことで後編が読めます)。
by navona1971 | 2013-10-20 23:59 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)
あー、お断りしておきますが、
サッカーは勉強中なので、作戦がどうの、とか、プレーがどうの、は書けませんのでご了承ください。
いやー、野球よりわかりにくいし、奥が深い気がするわ。オフサイド覚えるまでも大変だったしw。
で、現地ですが、席に座ってキョロキョロしている間に森岡に決められ先制。まあ1点は仕方ない、1点ならね。
e0078069_1156048.jpg

森岡のゴールで湧くヴィッセル神戸サポーター。少し独特な感じのチャントと、手拍子?の多さがいい感じですね。
e0078069_1156575.jpg

やっぱりサッカー専用スタジアムはいいなあー。なにせ三ツ沢からスタートしたサッカー観戦の日々なので、
もう専用スタジアムじゃないと満足できないっす。前半その後は結構、山雅も踏ん張って、望みをつないだ感じ。
e0078069_1156944.jpg

いやー本当によく集まりました。てか、車で来た人は帰りくれぐれも安全運転してもらわんと。
拳を突き上げ、選手の気持ちを鼓舞します。俺もこのくらいあたりまでは追いつけるかも、とは思ってたんだけど・・・。
e0078069_11561460.jpg

同点のチャンスを伺ってはいたんだけど、どうも抜け切れない。
そんな中、ポポに決められて2-0。神戸さんは日本人選手が細やかに動き、さらにマジーニョ、ポポなどの
助っ人勢がそれに力強さを加えて展開するサッカーに感じますね。
e0078069_11562128.jpg

そんなこんなで2-0のまま前半終了。ちょっと席を移動。
インターバルの時に、芝を手入れする姿が随所に見られた。あまり他のスタジアムでは見かけない。
芝の育成って細やかな配慮がいるらしいものね。屋根つきだから日当たりがうんぬんってこともあるだろーし。
さきほどピロシキ食べたばかりだったのでスタジアムグルメは堪能できませんでしたがフライドポテトはうまかったw。
e0078069_13233461.jpg

今日の入場者数はご覧の通り。わずかに1万人には届かず。悪天候も影響しただろうなあ。
e0078069_11562435.jpg

あれよあれよです。この点差。いや、マジでボロボロで、10点取られるかもしれないと本気で危惧したw。
河本(58分)、小川(62分)、橋本(67分)、杉浦(71)、相馬(82)・・・次々に決められる。
ハットトリックとかでなく、ある意味まんべんなくやられていて、さすがJ2首位で、徹底的にやられたわ。
こうやって昇格していくチームでさえ、J1ではボッコされたりするんだから、厳しい世界だ。道のりは遠いわ。
e0078069_11562816.jpg

技術も及ばない(ごめん・・・)のに加え、気持ちも切れてしまった山雅の選手たち。
「頑張って!」というサポーターの声援が耳に入ったけど、もう悲鳴のようだった・・・。
一部の人は早々に席を立つ姿も見られた。まあ、その気持ちはわからんでもない。
e0078069_11561784.jpg

一矢報いるためにもせめて1点は取りたい。ロスタイムでアウベスが狙うも得点までには至らず・・・。
e0078069_11563229.jpg

試合終了。
JFL時代、野津田で町田に6-1でやられたのを現地で見たけど、まさかそれよりひどいスコアとは・・・。
フルボッコの名にふさわしい結果になってしまった。大差だけど、さらに大きな差もあった気がする。
e0078069_11563834.jpg

試合終了後、挨拶に来る、というか頭を下げにきた山雅イレブン。
正直ね、罵声が飛ぶかと思った。でも、サポーターは拍手で迎えた。よかった。それでいいと思う。
特に後半、望みもなく戦っている選手はしんどかったと思うよ。それでこの結果。
サッカーは怖い。心の隙間を突いてゴールを狙ってくる。そういや、岩上が泣いていたらしい。その悔しさを次に活かして欲しい。
悔しがる選手と、怒りを押し殺し、穏やかに選手を迎えたサポーター、これもまたひとつの成長だと信じたい。
e0078069_11565089.jpg

戦い済んで日が暮れて・・・。
残念ながら敗れてしまいましたが、素敵なスタジアムを満喫できました。また来たい。
今度は神戸観光する時間もちゃんと取って。次来るのはJ1だといいなあ。
e0078069_12384714.jpg

新神戸まで地下鉄で行くことも考えたが、本数も多いので、一気に新大阪へとりあえず向かうことに。
神戸からは新快速。ホームには落胆した山雅サポの姿も目立つが、ユニを脱いでないのがいいじゃん。
心の中で「お疲れ様でした」と声をかけさせてもらう。表情もみなさん冴えない。オレモナー。
e0078069_1237665.jpg

新快速を新大阪で降りると、なんと向かいのホームに国鉄色の381系が。やっぱこの色だよなあ。
(すいません・・・思わず鉄ヲタモードになってしまい、「おおおおお」と内心叫ぶ)。
e0078069_123492.jpg

少しお土産を買い求めたあとは、27番線へ進む。
19時27分発の「のぞみ184号」。手元にあるのは指定席用回数券だが、わざわざ指定席にするほどでもないので、
そのまま1号車の自由席へ。祝日などがある連休でもない日曜なので、行楽シーズンにしてはやや空いている感じ。
60%くらいの乗車率かな。
e0078069_12334948.jpg

※Jリーグの肖像権に関する規定を遵守しているため、選手のアップ写真の掲載は控えております。
by navona1971 | 2013-10-20 23:58 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(4)
いやいやどうも。
今日はアルウィン(松本市)で開催されるJ2、松本山雅FC対ガンバ大阪戦を観戦します。
プレーオフを進出を狙い、終盤に向けエンジンがかかってきた山雅と、首位ガンバの戦いですから、注目されるのは当然の流れで、
案の定、チケットはあっという間に完売。僕もなんとか手に入れたところ。あ、そうそう、この観戦記は超ライトな僕が書いているので、
サッカーの技術うんぬん、戦術うんぬんは触れません(野球ならまだしも)。観戦記じゃなくて旅行記かもw。

横浜在住の僕がなんで山雅サポなのか・・・。
もともと松本市が好きだったんですね。至近の上高地は日本最高の観光地だとも思っているし。
仕事でも何度か行ってるし。まあトンボ帰りですけどね・・・。
すでに他界してしまったんですが大親友が松本にルーツのある家系の人で、その人柄を育んだ町でもあるし。
彼と、僕とは奇遇にも元川悦子女史と記者クラブで同部屋だったこともあり。俺がペーペーの時はすでに一人前の方でした・・・。
あの元川さんがあの元川さんなのか、と後に知った時は驚いたのだが、すでに一流のジャーナリストに育ったものな・・・。
さらに、地域リーグ時代からやけに存在感を示していたこともあって、かなり以前から気にしていました。長野への対抗心も素敵w。
そりゃ、長野より「州都松本」でしょうに。やっぱり。

今日の観戦で何回目だろう・・・JFL時代に町田ゼルビア戦武蔵野横河FC戦、J昇格後はV甲府戦、ジェフ千葉戦、横浜FC戦と観戦歴があります。
昨年は念願叶い、甲府戦で初のアルウィンを堪能しました。野津田でゼルビアにフルボッコされた時が今となっては懐かしい・・・。
あの時もJFLとは思えない声援ぶりで、「あとはチームが強くなれば・・・。サポーターはすでにJレベル」と思ってましたが、夢が実現に!

中央高速バスで向かうため、早起きして東横線~副都心線で新宿三丁目へ。平日のラッシュが嘘のような静けさです。
e0078069_10214284.jpg

都営新宿線で新宿に出て、地上に向かい、新宿高速バスターミナルへ。
このたび規制が強化されましたが、格安ツアーバス対策でしょうが、乗車券所持者のみが入れる待合室が完成していました。
e0078069_10214910.jpg

7時40分、出発時刻の10分前に特急松本行がやってきました。三菱ふそうのエアロスターですね(バスヲタ的視点)。
e0078069_10215399.jpg

朝は出発時刻のピークを迎えるため、この松本行はターミナルビル横の臨時バス乗り場からの発車です。天気もいいし、お客さんがいっぱい。
e0078069_10215780.jpg

三連休の二日目だから、渋滞はしてもそんなに激しくはないのでは?と思ったけど、その考えが超甘かったことを思い知らされるw。
高速に乗ってから、この通りです・・・。ちなみに、新宿から調布まで来るのに1時間かかってます。ママチャリかっつうのw。
e0078069_10254336.jpg

そのうえこの表示が目に入ってきて(´・ω・`)ガッカリ…。
e0078069_1022373.jpg

さらにノロノロが続き、事故現場を通過。普通だとここから一気に流れがよくなって加速!って感じなんだけど、一切変わらずノロノロ・・・。
しかも、山梨に入るまで延々と続き、勝沼まで2時間以上との表示を見て、マジでこのままじゃキックオフ間に合わねーだろ、という思いがよぎる。
e0078069_102275.jpg

確か次の中央道日野バス停は多摩都市モノレールの甲州街道駅が近いはず・・・立川に出てあずさに乗ればどうなるんだろうと思い検索すると、
昼すぎには松本へ着けることがわかる。ここで降りないと、バスと心中になる。しかもアルウィンに近い神林バス停で降りるつもりだが、
アルウィンまでは遠いし、タクシーもあの場所じゃ捕まらない・・・。間に合わなきゃ絶対悔やむ、と判断し、乗車専用バス停の中央道日野であえて降りる。
e0078069_10221016.jpg

中央道日野には新宿から出発した各方面の高速バスを待つ人々が数十人くらいぎっしり。ここで待つのも大変だよな。この時点で1時間30分遅れ。
僕はバス停から歩いて多摩都市モノレールの甲州街道駅へ。幸いにも案内標識が丁寧だし、ナビもあるので迷わず行ける。
e0078069_10221378.jpg

もともと仕事で東京都下を長らく担当していたので、このへんの地理は明るいです。ここから立川に出れば、もうあとはあずさで行くだけ。
e0078069_10221723.jpg

”多摩モノ”の魅力はこの眺望。晴天だと奥多摩の山々や陣馬方面とか、よく見えます。車窓を見て気を紛らわす。心中、焦りはあるんだけど。
e0078069_10222168.jpg

立川南駅に着いたら、ペストリアンデッキで結ばれているJR立川駅南口へ。期待はしてなかったが、指定席券売機で念のため選択してみるが、
10時23分発のスーパーあずさ11号はグリーン車、普通車とも指定席は完売。もういいよ、諦めて立ちを覚悟で乗り込む。
予想通り自由席も満席で、デッキで立ちすくむも、八王子でまとまった降車があり、なんとすぐに座れて・・・神様ありがとうw。
もっと混むかと思ったが、甲府でもかなりの降車が。やっぱり新宿~甲府とその先では需要に差があるんだなー。なので結構のんびり。
e0078069_10222472.jpg

E257のノーマルあずさより、振り子機能搭載のE351はやっぱりカーブでの減速もなく、乗り心地もよいし、いいね。
噂では新型車両にそう遠くないうちに置き換えられるとか。僕とっちゃ新しいイメージがあるけど、ところどころ、確かに傷みもあるね。
あぁ、こういういかにも日本の故郷みたいな車窓が素晴らしい・・・。普段の副都心線通勤とは大違いだよ・・・。
e0078069_10222855.jpg

スーパーあずさは上諏訪の次は終点松本までノンストップ。アルウィンは松本より手前の村井駅が至近(それでも4kmくらいあるが)なので、
上諏訪で降りて普通電車に乗り換える。あぁ、ここまで来るとだいぶ気持ちも安堵してきた・・・。
e0078069_1022315.jpg


で、村井に着いたのが12時42分。バスじゃおそらくまだ神林バス停には着いてないだろう・・・。
駅前にタクシーが客待ちしていたので飛び乗り、アルウィンまで!と告げる。お、ユニークなCMでおなじみのアルプス交通じゃんw →こんなCMね、ちなみに。

ドライバー氏「いやー、お客さん今日はすごいですよ!」
だま「あら、やっぱりそうですか?」
ドライバー氏「朝5時くらいからもう車がたっくさんたくさん!」
だま「でも、経済効果もあるし、チームも人気あるし、いいですね」。
ドライバー氏「ありがたいです。山雅があってよかったと思います。観光客も増えましたしね」。

だろうねぇ。ドライバー氏が気転を利かし、飛ばしてくれたこともあって、12時55分頃にアルウィンへ到着。間に合ったあああああ。
e0078069_10223512.jpg

こんな言葉が僕を迎えてくれました。いやー朝の渋滞っぷりを考えれば本当によく来れたと思うよ。さ、観客席へ歩みを進めましょう(中編へ)。
e0078069_10223949.jpg

by navona1971 | 2013-09-22 23:59 | サッカー(主に松本山雅FC) | Comments(0)