静岡出張とここ数日のとりとめもない話

★宇宙エレベータ?
週後半の某日は業界団体の講演会+新年会に参加するため外苑前の某会館へ。
講演は、日本宇宙エレベータ協会会長の大野氏。
宇宙エレベータ?よくわからん。配られた小冊子に目を通す。ふんふん。
静止衛星ってありますよね、あれは止まっているわけではなく、地球の自転する速度と
同じ速さで一緒に回っているから止まっているように見えているわけですけど、
その静止衛星から、ケーブルを地球に対して垂らして、そこを伝ってエレベータを昇降させよう、
という、スケールの大きな構想です。

もちろん、今日明日に実現可能な話ではないのですが、まるっきり遠い夢というわけでもなさそう。
この構想は、ケーブルの素材がネックになっていたそうです。
弱ければケーブルが自重に耐えられなくなり、破断してしまいますしね。
そこで考え出されたのが、カーボンナノチューブを素材とすること。
アルミの半分の重さ、鉄の20倍の強度を持つそうで、91年にNEC筑波研究所の飯島さんが
発明したものです。(飯島さんはノーベル賞の有力候補らしい)。

そこにエレベータのカゴを取り付けて、昇降させるわけです。
一般的なエレベータは重りが滑車を通じて行ったり来たりするんですけど、宇宙エレベータは
カゴ自体を駆動させるそうです(太陽光や電磁波をぶつけて、それを動力にする構想だとか)。
すでにアメリカではNASA、ボーイング社、ロッキード社などが協賛、後援して
そうしたスタイルでどこまでケーブルを昇っていけるかを競うコンテストなども開催されているらしい。
ロケットやスペースシャトルで宇宙に行くよりもコストが安く移動できる、と。
当面は物資などをエレベータで。人間はロケットで宇宙ステーションに向かい、現地で合流、と。
で、いつ実現できるの?という話ですが、大野さんは「僕の孫の頃ですかね」と。
90分の講演でしたが、睡魔が襲うこともなく、夢のある楽しいお話でした。
暗い話題ばかりの昨今、久々に未来を思い描きたくなるようなテーマで。今後に期待したいです。
その後の懇親会では気さくにお話をして下さり、宇宙を語る時の大野さんの輝いた表情が印象的でした。
また、お礼のメールも頂き恐縮です。
e0078069_21423279.jpg

★真打登場!
宇宙エレベータのあとは、一気に時代が遡って古典落語。
四代目三遊亭歌奴(うたやっこ)さんの落語を愉しみます。
実は昨年の新年会でもお呼びしていまして、その時はまだ二つ目でしたが、昨年真打に昇進し、
「歌奴」を襲名したそうです。というか、昨年の時点で話が本当に上手で・・・。昇進も納得。
一年ぶりに見た元・歌彦さん、現・歌奴さんは一層、風格が出ていましたね。
最初は「子ほめ」。そして中入り後は「寝床」。古典落語の王道のようなテーマだそうですが、
淀みない歌奴さんの語り口に惚れ惚れしてしまいました。会場は当然、笑いと拍手の嵐です。
歌奴さんは、何より声が強く、会場全体に響き渡ります。
そして、適度に低く、聞き取りやすい声なのも魅力ですね。
e0078069_21423967.jpg

その後は業界の方と懇親。帰りは外苑前から帰途。
駅の通路にはヤクルトのオープン戦日程が。おお、いよいよですね。
e0078069_21424571.jpg

★そして静岡出張
で、土曜日は製品の説明・講習会のため臨時に静岡へ日帰り出張。
朝早い新横浜駅は人も少なめ。東海道新幹線はビジネス客が多いものね。
新横浜7:46発は700系の「こだま」ですね。
小田原で東海道新幹線での活躍も残りわずかとなった500系「のぞみ」に道を譲ります。
e0078069_21425118.jpg

しかし最近、新横浜~静岡の車窓に目をやることが少なくなってきた。だって単調だし・・・。
いっつも「のぞみ」なんて出張リーマンで殺伐としてるなと思ってたけど、そりゃそーだわな。
毎回同じ車窓で、時間によっちゃ真っ暗。窓に顔を当ててもネオンが過ぎ去るだけじゃ退屈だよなあ。
私もこの日は静岡までDARSを食べながらひたすらiPhoneでiPod動画を見ている始末。
(その動画が80年代前半の松田聖子ばっかりだ、というのはここだけの秘密w)。
やっぱりチェリーブラッサムの頃が一番いいよなぁ・・・。
そういやこのDARSは逆チョコ仕様だったけど、渡す相手もなく一人でもぐもぐw。
e0078069_2143023.jpg

静岡で大阪からきた技術担当のHさんと合流。滞りなく仕事は進む。
そして帰り、お子さんがいるHさんにお礼を込め「こっこ」を手渡し見送る。
「だまくんも婚活せえって。誰かおるやろ。社内でも社外でも」っと。いや、それがいないんですよ・・・。
っていうかそういうの本当に面倒になったというか、どうでもよくなったというか、それじゃいかんのですけど・・・。
昨年、I嬢目当てに会社帰りしょっちゅう川崎に立ち寄ってたなんて、信じられねー。
っていうか昔は新幹線飛び乗って遠距離恋愛とかしてたんスよこれでも・・・。あの若さとかパワーはどこへ消えちまった・・・。
こちらも翌日会う義兄へのお土産などを買ったあとはホームへ。お、また500系のぞみが・・・。
真ん中の通過線を270kmくらいで大阪に向けて走り抜けていきました。
帰りは東京ゆきの「こだま」はガラガラ・・・。
e0078069_2143560.jpg

天気もすっかりよくなり、花粉も飛びまくりでしたが・・・。新富士付近からは富士山がよく見えました。
これだけくっきり見えるのは久しぶりだなあ。
e0078069_21431176.jpg

★やっぱり体は鍛えてナンボ?
日曜はスポーツクラブへ2回行き、しっかり体を動かす。
その後は地下鉄で姉夫婦宅へ。スカパーのPPV(ペイ・パー・ビュー)で、
両国体育館の新日本プロレス生中継を観戦。メインイベントはIWGPを賭けた棚橋vs中邑。
姉には夕食を「ヘルシーに」と依頼していたこともあって、野菜ワンタン鍋となる。味もあっさり目でよい。
ふと、視線をやると、テーブル横のソファには「2009プロ野球名鑑」が!!はやっ。
「もう売ってるよ、2冊買ったし。小さいのは携帯用、大きいのは自宅用ね」と義兄。
ちょww、2冊ですかw。あぁ、なんか球春来るって感じだよね。
今日のプロレスの試合は結構面白かった。第二試合には長州出たし。あのリキラリアートが見られたw。
お正月のドームでの試合も義兄宅で観戦、それもよかった。最近、新日は元気あると思う。
ほかはシングルマッチで永田裕志の気合の入った戦いぶりも楽しめたし、
メキシコで“神の子”と呼ばれるスーパースター、ミスティコの空中技も感嘆の連続だった。
最後の棚橋vs中邑は目が離せない内容で、各方面からの評判もよかったようです。
っていうか、やっぱりプロレスラーはかっこいい。俺も鍛えようw。
しかし、試合の後半になるにつれ、酔いもあり義兄はテレビの前のホットカーペットにゴロリ。
日々、ミッションクリティカルな世界で働いているし、疲れているんだろうなぁと思う。


★また選手名鑑?!
水曜は今週初めて上司と一緒に帰途につく。有楽町駅のホームでカバンをまさぐる彼。
「だまくん、買った?」と、取り出したのは「2009年プロ野球選手名鑑(日刊スポーツ社刊)」ってw。
あなたもですかwwww。で、品川まではページをめくりつつ、
彼のヒイキチームであるベイスターズの戦力分析の話となる。

上司「高宮・・・うーん、那須野・・・うーん」ってうなってばかりなんですがww。
上司「なんか今年もダメそうだわw」と。

二人の共通した見解は「小林と阿斗里に頑張ってもらう」と。
あと、彼のお勧めは二松学舎高→JR東日本という経歴のルーキー、小杉陽太だそうです。
ちなみに上司は福岡県で高校球児時代、元ヤクルトの角富士夫と対戦しています。
「いやー、角はガラ悪かったね。ヤンキーそのものだったね」(上司談w)。
Commented by アル at 2009-02-19 11:21 x
宇宙エレベータ!!!初めて知りました。
もうネーミングからしてそそられますね。
100歳ぐらいまで長生きしたら、なんとか見られないかな~。

横浜は…強くなる気が本当にあるのかとw
まぁ他所の心配してる場合じゃないですが。
Commented by NAVONA1971 at 2009-02-19 21:51
そうなんですよね、夢がありますよね!
大野さんの話で印象的だったのは「これまでは有限の資源や領土を
巡って人は争っていたけれども、宇宙に飛び出していけることがわかれば、
その争いが無くなるかも知れない」と。宇宙には資源も土地も無限にあるわけで・・・。
地球上でゴチャゴチャやってることが、非常に器の小さい話になりますよね・・・。
100歳、アルさんは節制してそうなので大丈夫でしょうw。
私は体重や血圧を考えると・・・ww。

今年は二岡、ノリ、井口と大型選手の加入があったのでパリーグは面白そう。
一方、セリーグは代わり映えしない予感がしないでもないですねー。
Commented by あいぽん at 2009-02-19 22:50 x
宇宙エレベータは夢のある話ですね。
しくみはわけわからんけど(笑)

落語の寄席って一回は行ってみたいです。
NHK連ドラ「ちりとてちん」にはまってたので^_^;
Commented by NAVONA1971 at 2009-02-20 21:44
宇宙に関しては月に人が降り立って以来、
衝撃的兼革命的な出来事から遠ざかっているので、
期待したいですね。科学の進歩がこれだけ早くても、
宇宙に手を伸ばすのは容易ではないんですね・・・。

「ちり~」は、落語が舞台になっていたらしいですね!
僕も去年歌奴(現・歌彦)さんの落語が初寄席だったんですが、
「つまんなかったらどうしよう」という思いとは裏腹に大笑いでした。
よい庶民伝統芸能ですよね。
Commented by う@新幹線ヘビーユーザーw at 2009-02-21 00:32 x
500系のぞみ、最近とんとご無沙汰なんだよねぇ。
こないだの出張の折も、まさかのニアミスorz
来月初旬の出張をラストチャンスと考えて臨むのみかw

選手名鑑は、ここ10年ばかり買ってないっす。週ベの特集号もご無沙汰だしねぇ。
専らネット上の選手名鑑頼みなもんで、今一つ覚えが悪くなったかも。

落語といえば、以前、上方落語の笑福亭松喬って人のをセミナーの折に聴いたけど、さすが噺家と感心させられたもんですわ。
Commented by NAVONA1971 at 2009-02-21 20:58
ども。
貴殿はよう乗ってるよな。っていうか宇都宮から名古屋だから、
一往復するだけで4回新幹線に乗るわけだ・・・。
500系のぞみは狭くてくつろげないとビジネスマソには今ひとつの評判みたいだけど。
え、でも2010年の春に東海道新幹線から消えるそうなので、まだ時間はあるよね。

選手年鑑買ってないとは意外。広島に買って持参しなさいね。
by navona1971 | 2009-02-18 21:43 | とりとめもない話 | Comments(6)