鹿児島出張へ 「プレミアムクラスの旅を楽しむ」(1日目)

はい、どうも。
金曜は鹿児島に出張です。ちなみに初めて訪れる県です。親類もいるわけじゃなし、なかなか行く機会もないものね。
行きはANA。自宅最寄りの東急東横線H駅から直行のリムジンバスで向かいます。このバスの存在は嬉しい。乗り換えナシだし。
昔はヒーコラ言いながら横浜~京急蒲田~羽田空港とるり回ってましたから・・・。
チケットは一般席。ですが、当日、プレミアムクラスに空席がある場合、同じ便であれば、差額を払うことで変更OKなんです。
ぜひ乗ってみたいので、満席になる前に・・・と、少し早めに第2旅客ターミナルへ行くことにします。
もともとあんまり飛行機乗らないし、なぜかいつもJALなので、ANAに乗るのは本当に久しぶりです。
新しい羽田空港になった頃は旅客タが第1しかなく、ANAとJALが同居してため、第2タに来るのも初めて。
設計が新しいこともあり、第1タより明るくてキレイ。
e0078069_92918.jpg

で、幸いにもプレミアムクラスに空席がありました。
通常、差額7000円のところをお試しキャンペーンで5000円でアップグレード。もちろんこれは出張経費とは別に自腹っす。
無事に予約もできたので、搭乗手続きするまでの間、展望デッキへ行って飛行機でも眺めてみることに。
いいね、展望デッキ。羽田空港のここに来るのも久しぶり。昔デートで来て以来っすよ(そんな若かりし日もあったのね)。
小学生の頃はスチュワーデス物語の影響?でしょちゅうここに来て、ぼんやりと飛行機を眺めていたものです。
今でこそ気軽に乗れますけど、当時は割引運賃なんてせいぜいスカイメイトくらいしかなくて、敷居もなかなか高かったな。
お、あのキャラクターの絵は・・・。
e0078069_921552.jpg

ポケモンジェットですね。ポケモンってよーしらんけど、かわいいね。機材はB747-400Dかな。
e0078069_92213.jpg

JALもANAも採用しているワイドボディ最新鋭機のB777。双発機だけど、胴体が長いのね。
全長はB747よりあるらしい。そして、エンジンはB737の胴体より大きいとも聞く。
エンジンが双発だから経済的で採用例が増えているみたいだけど。競合したA340は4発機で、販売も伸びなかったし。
e0078069_922787.jpg

プレミアムクラスは、専用の「ANAラウンジ」が利用できます。うぉーすげええええ。
こんな場所はエグゼクティブだけが似合いますが、まぁいいでしょう、たまには私がいてもw。
受付でキレイなおねーさんが深々と頭を下げる中、ラウンジ内へ。ほー、立派なソファーが置いてあってみんなくつろいでる。
フリードリンクなので、思わず視線に入った「キューサイの青汁」を飲むことにする・・・。これも初めて飲むんですわ。
ごくごく・・・。「んーーーーまずい、もう一杯!」・・・もいらないですw。
私のあとに青汁を勢いよくコップに注ぎ、グイっと飲んだリーマンが眉をひそめてこちらに視線を合わせてくる。
リーマン氏「まずいですねぇぇぇ」。だま「いやホントに」。思わず二人でアハハと笑ってしまう。だってこんなにまずいとはw。
口直しに焼酎・・・は自粛してプレミアムモルツを頂く。いやー昼間っから呑むビールはうめぇぇぇぇ。
e0078069_923352.jpg

さ、搭乗手続き・・・。連休前の金曜日ということもあり、それなりにお客さんがいますね。
機材はB767、座席は一番前の窓側、1A。うぉー、これがプレミアムクラスか。なかなか座席が広い。
スーツの上着を脱いでいると、スッチーが「お預かります」と最高の作り笑顔で声をかけてくるw。うぉー。
特段美人ではないけど、髪の毛をまとめていて”らしい”雰囲気”ですね。でも、あの営業用のスマイルが苦手だ・・・。
無事にヒコーキは離陸。このフワっと地面から離れて浮き、上昇していく時の体感がどうも慣れない。
ひたすらまっすぐ最短距離で鹿児島を目指すので、羽田から離陸後は、木更津上空から、
太平洋、和歌山県の串本、高知県の足摺岬の沖、はるか上を飛ぶような感じのルート。ほとんど海の上です。
相変わらず雲が多く、水平飛行に移ってからは何も見えません。つまんない。
なので、ANAが特別協力したフジテレビ製作の映画「ハッピーフライト」のサイドストーリー版をぼんやり眺める。
これは機上だけの上映らしい。主演は綾瀬はるか。スッチー姿かわええね。でも演技は正直微妙w。
e0078069_923921.jpg

あ、で、機内の時間潰しといえば・・・機内誌ですね。翼の王国、なんて長らく人気があるよね。
ルートマップもあって、大いに参考になります。昔、姉が単身高校生活していたこともあって、
戻ってくるたびによく持ち帰ってきてくれましたね。まぁヒコーキでしか手に入らないわけですから、
ページをめくりながら見知らぬ空の世界へ思いを馳せていた子供の頃を思い出します。内容の構成も当時とあまり変わらない。
で、あとは通販ね。エビちゃんがANAのCAと福助と共同開発したストッキングが出ていました。
うおー、エビちゃんかわえええええええええ。CA姿も似合いまくりじゃん。マジマジと眺めてしまったw。
モデルとしてのエビちゃんの意見と、職業柄それらに気を遣うCAの意見を反映させて福助が作ったらしい。
つま先にハートマークのアクセントがついていて「見えないところに気を遣ってます」とのこと。
あんまりマジマジと見るときんもーっ☆扱いされるのでほどほどにしとくw。興味のある人は買ってみてください。レポよろしく。

そしてプレミアムクラスお楽しみの昼食です。仙台の懐石料理屋「東洋館」プロデュースによるお弁当です。
ごはんは穴子やイカ、しめじや銀杏を混ぜたちらし寿司。そしておかずは牡蠣のやわらか煮、帆立、海老・・・。
牛たんシュウマイ、サトイモ、にんじんの煮物・・・それぞれ上品な味で、おいしかったです。お味噌汁までつくんか・・・。
おまけで仙台味噌の小瓶もありました。ご馳走様でした。
たった1時間20分のフライトなので、ハッピーフライトを見て、お昼を無事に食べ終わって、しばらくすると着陸態勢に。
残念ながら鹿児島は雨。厚い雲の層を抜けると、緑の大地が見えてきました。定刻より10分ほど遅延し鹿児島に到着。
e0078069_92448.jpg

鹿児島空港からはリムジンバスで市内へ。ホテルが14時からチェックインOKだったため、重い荷物を部屋に置き、
仕事先へ。今日は取引先が多数加盟する業界団体の講演会+意見交換会+懇親会です。
一応遊びで来たわけじゃないのでw、仕事と言えるほどじゃないけど参加された方々と情報交換・収集。
夜の懇親会では生まれて初めてその場で揚げたさつまあげを食べたんですが、こんなに美味いとは思いもよらず。
あと、結構鹿児島弁はわかりにくい。思ったほど声は大きくないうえに、こもる感じがするので、難解だな。
聞き取れなかったりする部分もあったし。まぁ九州の言葉にあまり慣れてないこともあるけど。
e0078069_924989.jpg

懇親会終了後は現地にて合流した福岡営業所の同僚と二人で鹿児島の繁華街である天文館で呑み。
彼とは東京での全国会議とか、そういう席くらいでしかなかなか話す機会がないので、こういう時間も大事ですね。
ふー、それも終わってホテルに戻ったのは22時30分。明日はちょっと市内を巡ってから帰京しましょう。
by navona1971 | 2008-10-31 23:59 | とりとめもない話 | Comments(0)