ヤクルトvs横浜 最終戦を観戦(その1) 「最終戦特有ののんびり+惜別ムードを味わう」

※その1~その4まであります。スクロールすると全て読めます。

さて、今日はヤクルトスワローズ、そして横浜ベイスターズも、今季の公式戦最終戦となります。
追加日程に加えて、ファン感謝価格ということで、神宮球場の内野席は前売で1500円、外野席は同じく500円。
ちなみにS指定席以外は全席自由となりました。前日同様、いわかつ(う)氏と一緒に観戦することに。
この日は、真中満外野手、河端龍投手、度会博文内野手、小野公誠捕手、以上4選手の引退試合でもあるため、
それなりにスタンドは混むんじゃないかなと思い、3塁側内野より観戦することにしました。ヤクルト側ベンチもよく見えるしね。
石井琢、鈴木尚にとっても今日が最後の最後の試合になりそう。なのでベイスターズファンもかなり集まっています。
いわかつ氏が買ってきたプロ野球チップスを開けると・・・。お、男・村田キターw。単独HRキングの予感w。
e0078069_20401652.jpg

フォトブログ、”一言日記”でおなじみのつば九郎。プロ野球フォトブログ界では私の永遠のライバル??なわけーねーけど。
首位打者が確定的なウッチーこと、内川選手を自前のユニデン製デジカメで激写してますw。
ウッチーとのツーショットをひたすら狙う動きを見せていたけど、練習でバタバタしていたようで、諦めたみたい。
e0078069_20402231.jpg

お、土橋コーチじゃん。つば九郎とベンチ前フェンスに腰掛けて会話?中。なんかシュールな絵だな。
なんか、つば九郎もベテラン選手顔負けの貫禄っぷりw。
e0078069_20402963.jpg

ベイスターズの打撃練習も終盤に。ヤクルトナインがフィールドに入ってきますが、なんだか妙にマターリムード。
村田は北京五輪で交流のあった宮本のもとへ挨拶に向かいます。横にいる背番号79番はヤクルトで長く活躍した
水谷新太郎コーチですね。水谷コーチが一緒に話しているのは今季でコーチを辞任する八重樫さんでしょう。
いろいろな人が去っていくんですね・・・。やや冷たい秋風も吹いて、ちょっと寂しい気分。
e0078069_20403566.jpg

そして、村田は真中とも挨拶、あぁ、日大野球部の先輩と後輩の関係ですね!村田も平身低頭の様子。
e0078069_2040425.jpg

水谷コーチは真中とはもう、長い付き合いですからね。さらに人なつっこい村田は川本にも声をかけます。
e0078069_2040485.jpg

村田は律儀に引退する小野への挨拶も欠かさない。彼は気遣いができるコらしいね。気持ちの優しいところもあるし。
他チームの選手に好かれる、いや、少なくとも嫌われないことは大事ですよ。村田のこういうところ、好きだな。
HR打たれても「まぁ村田じゃしょーがないか」って気分にさせる。実力もキャラクターも。貫禄が出てきましたよ。
仁志も真中となにやらお話中・・・。
e0078069_20405449.jpg

さらに、自由契約が決まった石井琢が真中のもとへ。同郷(栃木県)でしかも確か同い年なはず。
きっと思い出話もたくさんあるんでしょう・・・。
後ろでは度会とつば九郎がツーショット。スタジアムDJのパトリックさんがカメラマンやってますねw。
e0078069_204109.jpg

石井琢は度会ともがっちり握手。1つでも勝利を、とギラギラしたシーズンもそれはそれで大事ですが、
なんかこの紅白戦のような?ぬるい、まったりとした、温かい雰囲気、嫌いじゃないです。
e0078069_2041562.jpg

仁志は高田監督と、石井琢は宮本とおしゃべり。ベイスターズでもずかずかと相手チームの輪へ入っていけるのは、
やっぱり、村田や石井琢、とか、実績と知名度とか、伴ってないとできないよねぇ。
e0078069_20411251.jpg

この人を忘れちゃいけない。鈴木尚もあとになってヤクルトベンチ側へ。さっそくみんなに囲まれます・・・。
e0078069_2043126.jpg

ヤクルト側への挨拶が終わったら・・・ベンチに戻った二人ですが、なにやらお話・・・。
e0078069_20432186.jpg

こんな時期だからか、いろいろ話をしたいことはあるのね。最後の守備練習でも宮本と石井琢がいろいろと・・・。
e0078069_20432880.jpg

そんな時間もあっという間に過ぎて・・・いよいよ試合開始です。つば九郎も一応?円陣に加わりますw。
e0078069_20433490.jpg

by navona1971 | 2008-10-12 20:39 | プロ野球観戦記 | Comments(0)