ヤクルトvs広島24回戦を観戦 「古田兼任監督、さようなら、ありがとう」(中編)

夕陽も沈んで、試合開始が近づく。大学野球の試合終了時間の影響で、ナイターは10分遅れの18時30分開始に。
しかし、通路がとにかく混んでいる。ライトに一度入った観客が空席を探す→ない→レフトへ歩くという人々が続出。
売り子が歩くのもままならない。階下の売店の混雑っぷりは「モノ売るってレベルじゃねーぞ」という状況。
トイレも男女双方とも長蛇の列。男はまだ回転早いからいいけど、女性は大変だと思う。今オフに改修・増設しなきゃ。
特に神宮は女性客多いし。会社帰りのOLさんとか。グットウィルドームなんてトイレ多くてきれいだしなぁ。松坂資金らしいけど。
そして試合開始直前、恒例の監督同士によるメンバー表交換。古田監督のこの姿が見られるのも今日で最後。
プロテクターをつけたままブラウン監督に近づいていく、というのが兼任監督の大変さを物語ります。
そしてブラウン監督と会話。古田監督へ労いの言葉をかけているよう。他人への気遣いという点ではブラウン監督もさすが。
e0078069_20103014.jpg

試合開始前、カラービジョンで流れた記念映像。懐かしいね。(※真ん中をクリックすると映像がスタートします)。


一部のスポーツ紙報道でも「古田監督がスタメン」と書かれており、観客も期待と不安でスタメン発表を見届ける。
コールされた打順は、予想を大きく超えて?なかなか面白いものでした。(※真ん中をクリックすると再生します)。
ホームラン王を狙うガイエルに少しでも打席が回るように、という配慮もされていますね。5番は懐かしい・・・。


久々のスタメンだね。だから、古田監督もちゃんと他の選手と一緒に守備練習を行います。
扇の要だものね、捕手は。あぁ、でも似合うなぁこの姿。古田がベース付近に立つ姿は、神宮の象徴だよなあ。
ハートチップルを食べながらうるうる来てしまうわし・・・。あ、うまい棒も食べましたw。
川本、福川、おまいらも古田を見習っていい捕手になってくれよ。
e0078069_20103749.jpg

さて試合開始。ヤクルトの先発は今季低迷も後半になってやっと復調気味の左腕、石川。頼むよ、今日は勝たないと。
しかし、本当にここへ古田が座って構えるのが当たり前だったから。いなくなると他の捕手が頼りない、正直。
石川は大学時代五輪派遣に選ばれた際、古田に受けてもらって感激したそうじゃないか。
e0078069_20104425.jpg

スコアボードには5番「古田」の文字が。これが見られるのも今日でおしまい。ヤクルト=古田だったもんねぇ。
当たり前が当たり前でなくなるのはつらいね。この5番は昔からよく打った打順だったね。
今日は青木が前にいるし、彼、出塁率いいから、ランナーを置いての古田、が見られるかも。
e0078069_20105277.jpg

打席に立ちます。入場時に配られた「27」の古田敦也ボードを掲げる観客・・・。
今日はヒットがでるかな、大きいの頼む!最初の打席では、古田の旧応援歌が流れる。
懐かしい曲キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!これだよこれ。うわー涙腺が緩む・・・。
「肩の強さ、日本一だ、頼れる守備の要、勝負強く、打てよ古田、狙え三冠王~♪」。92年思い出すなあ・・・。
e0078069_201159.jpg

で、さっきのペーパーボードをこうやってみんな古田に向かって掲げてます。ちょっと大きいので、前が見えにくくなるのが欠点。
背が高くてよかったw。そして、前が見え易い通路側でよかったw。球場内みんなが掲げてます。
こんな一体感、ヤクルトじゃ初めてだ。昔の日本シリーズを超える。カープファンの皆さんも掲げてくれています。
e0078069_2011131.jpg

ほら、内野席でも。さらに1塁側、3塁側、レフト、ライト関係なく、神宮球場が緑一色でなかなか壮観。
古田に向かって投げようとしているのは、池山が引退した時にも投げた長谷川。
彼も石川同様、前半は不振に悩まされましたが、後半になり、持ち味のストレートが回復しています。
2ケタは絶対勝てる投手だと思う。来期は広島もクライマックスシリーズ行かないと。彼への期待も大きい。
e0078069_20113372.jpg

残念ながら先発の石川はピリっとせず、途中降板。そこから木田、シコースキーと継投します。シコは来年抑えで、と思ってますわ。
そして、古田と長らくバッテリーを組み、数え切れないほどの喜び、苦労を共有してきた石井一がマウンドへ。
どうやら志願のようです。まあ石井一は古田に育てられたようなものだもんね。
全盛期の石井一なんて、古田と組んでいれば何の心配もなく観戦できたしね。たまに「抜く」癖があるけれど、
今でも実力はセリーグトップクラスの左腕でしょう。古田無き来季以降は、あんたがチームを引っ張らないと。石井一、わかってる?
e0078069_2012140.jpg

残念ながら先発の石川はピリっとせず、途中降板。そこから木田、シコースキーと継投します。シコは来年抑えで、と思ってますわ。
そして、古田と長らくバッテリーを組み、数え切れないほどの喜び、苦労を共有してきた石井一がマウンドへ。
どうやら志願のようです。まあ石井一は古田に育てられたようなものだもんね。
全盛期の石井一なんて、古田と組んでいれば何の心配もなく観戦できたしね。たまに「抜く」癖があるけれど、
今でも実力はセリーグトップクラスの左腕でしょう。古田無き来季以降は、あんたがチームを引っ張らないと。石井一、わかってる?
e0078069_2012731.jpg

4回目の古田の(おそらく最後の)打席で、ブラウン監督が粋な計らい。
前日、広島市民球場で事実上の引退登板をした佐々岡がなんとマウンドへ。
直前にブルペンで佐々岡が投球練習をしはじめた頃から場内がざわついていてたんだよね。「あれ佐々岡じゃないの?」って。
ブルペンで投げる姿を見せるだけかなー、なんて思ってたんだけど、まさか実際に投げてくれるとは!
「ピッチャー、佐々岡」のコールに当然のごとく、スタンドは大歓声。
もちろん、ライトのヤクルトファンからも拍手と佐々岡コールの連呼。もう、ビジターとか、ホームとか、関係ないね。
この頃、レフトスタンドの熱狂的カープファンMT氏は酔いも加わり号泣していたらしいwww。
e0078069_20121344.jpg

広島の元エースと、ヤクルトの主軸打者、何度となくあった名対決だね。
どうやらこの二人は社会人時代、全日本でバッテリーを組んだこともあったらしい。
佐々岡、昨日引退登板はしたけど、東京にたくさんいるビジターファンにも姿を見せて欲しいな、と思ってたら・・・。
素晴らしい演出をしたブラウン監督に感謝。見ていてこんなに感激し、かつ心から楽しめた試合は久しぶり。
躍動感ある、やや上半身に力の入る感じの佐々岡のフォームも昔と変わらないな。いい選手はフォームを観れば、
他チームでも誰かわかるもんね。先発100勝100S、なかなかできることじゃない。先発、抑えとフル回転してたよなぁ。
「もう一度優勝したかった」って言ってたね。その夢は叶わなかったけど、指導者としてカープへ戻って欲しいね。
e0078069_20122162.jpg

ランナーがいたんだよね。四球で出た青木。ライトスタンドでは首に巻いたタオルで涙をぬぐう人がいっぱい。
佐々岡が最後、勝負のストレートを投げ込む少し前の画像。場内のボルテージは本日最高に。
古田と佐々岡を応援するコールが神宮の杜にこだまします。
しかし野球観てこんなにドキドキしたの久しぶりだなぁw。
e0078069_2012272.jpg

残念ながら古田監督は内野ゴロ。そして、本当の引退登板を終えた佐々岡に古田監督から花束。再び場内拍手。
そして再び佐々岡コール。いやぁ、野球っていいな。見に来てよかった。佐々岡も長い間お疲れ様でした。
e0078069_2012425.jpg

大歓声を浴びながら、帽子を取り、頭を下げてベンチへ戻る佐々岡。東京のカープファンには素晴らしいプレゼントでした。
e0078069_2012507.jpg

サプライズは続く。9回は高津がマウンドへ。そこでブラウン監督は「代打前田」。ふたたび大歓声。
ライトスタンドからも前田コールとスクワットがはじまります。こんな豪華な試合ないな。おなかいっぱいだw。
e0078069_20125657.jpg

まだまだ終わらない。前田の次は代打緒方。キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!つーか一軍にいたのか。
ケガしてたからさあ。もうびっくり。ブラウン監督すげーわ。空気読んでくれて。
e0078069_2013430.jpg

そして緒方を見逃しの三振に斬ってとりました。あぁ、この二人がこうしてタッチをする姿が見られないのか。
もう数え切れませんが、ふたたび場内からは大歓声&拍手。ここで「捕手古田」の仕事がおしまいに・・・。
e0078069_2013113.jpg

カープの私設応援団、横浜鯉恋組さんからも横断幕が。ありがとうございます。
いや、そりゃ強いチームが理想だけどさ、ヤクルトやカープのこういうところが好きだよ。低迷ぶりを忘れるなあw。
e0078069_2013184.jpg

■「後編」に続きます。
Commented by う@前編に引き続き... at 2007-10-08 22:31 x
まず、スタメン発表からサプライズばかりだった。
最初「4番古田」かと思ったら、「4番青木」だもんね。
青木の打撃を古田が高く買っている証拠だろうね。
で、「5番古田」。これはまさに全盛時の打順だね。
今でこそ、城島や里崎が普通にクリーンアップ打ってるけど、あの頃は、捕手が3番とか5番打つなんて有り得ない話だったからね。
佐々岡登板は、正直「もしかしたら...」とは思っていたけど、前日市民球場で盛大なセレモニーあっただけに、少なからず諦めてた。
石井一や高津をマウンドに出してくれば、前田や緒方(!)を代打で起用なんて、そりゃもう大大大満足な試合。
緒方がネクストバッターズサークルに立ったとき、既に泥酔のMT氏はそりゃもう狂喜乱舞でしたわwwwww
Commented by navona1971 at 2007-10-09 21:45
まず、おまいの文章がなげーよwwww。嘘、ウソです。ありがとうございますw。
打順はサプライズだったよねぇ。超攻撃的で悪くないじゃん、と思ったよ。
なんか4番青木ってロッテっぽいじゃんw。4番サブローの。
5番を古田は長く打ったもんねぇ。いや、本当に昔は捕手といえば8番だったよね。
なかなか攻撃的な捕手っていなかった。せいぜい 中尾くらいか。でもあのスケールだもんな。
そう、佐々岡は「まあ顔を見せてくれるだけだろうな」と思ってたから。
ブルペンに出ても「まああそこでカープファンを喜ばす程度だろう」とタカをくくってたw。
そしたらいきなり登板キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!でw。
前田、緒方、石井一、高津・・・90年代前半のスーパースターだもんね。
Commented by う@ダラダラ書いて悪かったなw at 2007-10-09 22:57 x
おう、上等じゃねぇかよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!
いろいろこみ上げる気持ち(リバースじゃなしにw)があったんだよ。
てめぇ、f4wtぐwg@mv4wtgshk9hぢ;み3...この辺で勘弁しといたるwwwwwww
ま、近いうちに鳥万あたりで反省会やりましょうや。
Commented by navona1971 at 2007-10-10 01:00
いろいろこみ上げる気持ち・・・。吐くなよw。
しかし野球もシーズン終わったねぇ。冬はマスターズリーグかなw。
鳥万、最近行ってないねー。そういえばおまいさんといった黄金町
の岩崎屋酒店は閉まっているらしい。なぜだろう・・・。次回調査だな。

とにかく、10/4にシート貼ったおれを褒めろw。
by navona1971 | 2007-10-07 23:58 | ヤクルトスワローズ | Comments(4)