青春18きっぷで会津の温泉と味を楽しむ(2日目)

最近仕事がバタバタしている、というか、落ち着かないので(まぁ年度末だし)、金曜はクタクタ・・・。
会津に来るのも最後まで迷っていたんだけど、来てよかったわ。で、夜はひとりでのんびり考え事でもしよう、
と思ったら、「あやめの湯」がよほど体によかったのか、全身がじんわり暖かく、睡魔が襲ってきてしまう。
あまりに体が暖かいので少し窓を開けて部屋を冷やしたほど。すんごいわw。

なので、土曜の夜なのに早々に眠むりこける。途中何度か起きる(ベッドだとねぇ・・・)が気づけば朝に。
ホテルの食堂に行く。今回宿泊したホテルは朝食つきで何と4600円w。やすっw。
すると朝食を運んできたのは小学校5年生くらいの男の子。「朝食でございます」言葉遣いもしっかり。
しかも休みの日なのに手伝いするってのが偉いじゃないか。マジで関心する。

朝食は素朴な味で、新聞を読みながらおいしく頂く。こういうホテルや旅館の朝食って好きなんだよなぁ。
食後に彼はコーヒーまで届けてくれる。今時しっかりした子だわ。「偉いねぇ、お手伝いなんて」と褒めておく。
施設は古く、決して快適とは言えないが、頑張ってる感じの宿ですわ。次回もここにしようかな。

朝、SY氏に迎えにきてもらい、会津柳津町にある秘湯を目指す。
途中、柳津町名物の「あわまんじゅう」をお土産に買い求め、さらに奥を進む。
只見線の会津柳津駅と滝谷駅にも立ち寄ってみる。一日何本も来ないよね、この駅は。
柳津駅前にはSLが保存されてたわ。C11かな。滝谷駅は山の中の無人駅。寂しいところだね・・・。
e0078069_22384077.jpg

そして、柳津にある西山温泉の一角にある「老沢温泉」に到着。前回訪問した洲走の湯同様、秘湯っぽい雰囲気満点。
e0078069_22435776.jpg

旅館部分から階段を下りていくと脱衣場がある。階段にはカレンダーが30個くらい貼ってはある。
頂いたモノは全て飾るという感じ?義理固いんだね。で、温泉へ。コンクリートで作られた3つの湯船。
手前に行くほど熱い。一番奥はややぬるめ。ちなみに加水とか加温もしてない、源泉のままの温泉です。
3つの湯船には源泉から樋がつたっていて、それぞれに流れ込むようになっていて、
一番遠いところが一番ぬるくなる仕組みのよう。

で、入る。もうね、わての人生の中で確実に1位と言える。お湯のやわらかさ、適度なぬめり・・・。
そして硫黄の成分が凝固して細い糸ような形で無数に漂っている。あ、ちなみに貸切状態で入ってます。
時間帯によっては混む日もあるそう。湯船3つしかないし、1つあたり二人、せいぜい三人だもん。
ああああああいい。すんごくいいお湯。こんな乏しい表現力しかない自分が憎いw。
一番手前に入る。けど熱くてやけどしそうw。真ん中と一番奥を楽しむ。喘息にも効能があるとか。
いやー、若松から1時間、東京から数時間でこの秘湯だもんねぇ。
e0078069_22515645.jpg

お風呂から出て階段を進む。フジテレビの「新諸国万遊記」で”日本の秘湯ベスト10”に選ばれましたという、
フジテレビから贈られたレリーフが飾ってあったw。まぁそうだろうな、ここはすげーわ。あ、ちなみに混浴です。
ただ、「女性入浴中なのでご遠慮下さい」という看板も出すことができるよう・・・。

老沢温泉をあとにする。そうそう、ここの温泉は古くは古事記にも記載あるとか(古過ぎだろそりゃw)。
SY氏の父上の実家、本家を尋ねることに。そちらはおそば屋さんをやっているのだが、改装中で休業。
地元産のおそばとおいしい山菜とかを出すとかで、隠れた名店らしい。ネットでの評価も高い。
残念ながらおそばは休業なんて食べられなかったけれど、おうちの方としばし雑談・・・。
突然の訪問にもかかわらず快くお話して下さる。過疎化、外国産に負けずに林業へ取り組む姿が・・・。
小一時間お話を聞いたあとは若松へ戻る。途中、滝谷駅近くの「中野の岩清水」(自然湧水)で水を頂く。うんめーw。
これを飲むとペットボトルの水買うのがアホらしくなるねぇ。
e0078069_2321874.jpg

若松に戻ったあとは再びあいづライナーで郡山へ。昨日同様青春18きっぷの利用者が多数。
郡山から黒磯へ、ここも昨日同様大混雑。でも黒磯からは上野行快速「ラビット」があるから・・・。
しかもグリーン車連結だし。途中で湘南新宿ラインに乗り換え一気に自宅最寄駅に・・・。
あっという間の会津旅行でしたが楽しめましたわ・・・。SY氏にただただ感謝・・・。
e0078069_235185.jpg

Commented by 出タラ目@会津人 at 2007-03-25 23:37 x
長旅でお疲れのところ、リポート激しく乙です。
会津を素敵に書いて頂いてありがとうございます。
お迎えしました私にとっても、会津のよさを再発見できた二日間で深謝!
今度はまた別な温泉に行きましょう。
で、また食べ尽しましょうw…その日迄トレーニング頑張ってお待ちしています。
Commented by navona1971 at 2007-03-26 19:21
いやいや、出タラ目さん、案内係ありがとうございました。
いつも連れて行ってくださる場所は素晴らしいところばかりで。
老沢温泉に入ったことは一生忘れませんよ。
ご自宅にまでお邪魔してしまいスイマセンでした。
こちらにも遊びに来てくださいw。
by navona1971 | 2007-03-25 21:08 | ぶらり旅行記 | Comments(2)