ミッチーのルーツ、綱島ラジウム温泉へ

今日は退院後定期健診の日。
先月の検診は仕事の都合で行くことができず、検査ナシで処方箋のみ。
今回はちゃんと検査しないと。午前中で仕事を切り上げ、午後お休みを頂く。
一日休んでもいいんだけど、昨日勝どきから直帰だったので仕事を残してしまったし・・・。
まぁ毎月検査することはないとは思うけど、念のためなんで。
もう退院してから3年だもんなぁ。あっという間だよ(´~`)。
一番ひどい時はスプーン持てなかったからな、力が出なくて・・・。自業自得だけど。
e0078069_22131285.jpg

有楽町のビックカメラにて。
Vistaってあんまりわかんね。どこが変わったのかね、XPと。
ウチにも開発用としてβ版が下のフロアにインストールしてあったけど見てないな。
なんだかMeみたいな存在感希薄なOSになりそ・・・。
Meって評判イマイチだったんだけど、意味不明なフリーズばっかりだった98から見ると、
格段に改善されて、わては好きだったんだけどねー。
夜中に買う人いるのかな。MSの社長でも来てくれるのかな。
e0078069_22133397.jpg

なぜか、ほにゃらら大学付属ふにゃふにゃ病院は空いていた。
昨年暮れは殺伐としていたからなぁ。
どうも年寄りが多い、高齢化社会を踏まえても多すぎる、と思ったら、
高齢者に強い病院らしい。なんだか納得。

でもここに来ると自分の×年後が恐ろしくなるよホントに・・・。
わてが入院した時、最後の二週間は6人部屋で、わて以外の平均年齢70歳超だからね。
あの部屋は壮絶だったわ・・・。

そこで知ったのは年寄り連中の我侭ぶりだった。
じいちゃんばあちゃんが田舎にしかいなかったわてにはある意味ショックな光景だった。
ナースの過酷な勤務も見ていて辛くなるほど。
わてが入院した時に思い描いていたのは・・・。
落ち込むわてに「だまこもちさん、散歩しましょうか」と笑顔満点の美人ナースが声をかけ、
白いシースが干してある屋上でよろよろと歩くわてに寄り添う・・・というものだった(妄想全開w)。
しかし、現実は違ったねぇ・・・。というかあまりの多忙さに声をかけるのも申し訳なかったよ・・・。
ナースコールを押すのをためらった時も何回あったことか・・・。
朝勤務が明けるはずの子が昼まで仕事して、夕方からまた出勤とか。ありゃ死ぬよw。
入院していた頃の話は機会を改めて書きたい(そういえば途中になったままだった)。

採血。なぜか今日は痛かった。針を入れる時、注射器のピストンを引っ張る時も・・・。
さらに針を抜く瞬間も・・・。あああああああ痛い。思わず咳き込むw。
腕も太いし、そもそもこんな腕から血を採ること自体無茶な話なんだけど。よく血管わかるなw。
これは入院時代から不変。点滴でも苦労したし。まぁ苦労したのはわてじゃなくナースやセンセだが。
腕を軽く叩いたり、さすると血管が浮きやすいらしく、よくナースがわての腕をスリスリしてたんだが、
あれは軽くヤバいね。うん。ちょっと気持ちいいww。
あと、よく「はい、チクッとしますよ~」って言葉も萌えるね。ありゃいいわ。

今日はすんなり診察へ。ちょっと体の話をしたあとなぜかPCの話へ。
センセはFireFox+Macだそうだ・・・へぇー。あと、ナースの話も少しw。
センセとある約束をすることになる・・・。

夕方は、自宅からさほど遠くないところにある綱島”ラジウム”温泉「東京園」に行く。
地元ながらここに入るのは初めて。
というかお年寄りばっかりなイメージがあったもんで。
最近会社帰りに健康ランドに立ち寄るんだけど、温泉に入ると熟睡度が段違いなんだよね。

ここも関東地方ではおなじみの黒湯。麦茶のような色をしている。
調べてみると・・・

>黒湯は、火山性の温泉とは異なり、古生代に埋もれた草や木の葉の成分が
>地下水に溶け込むことによりできた冷鉱泉で、神奈川県横須賀、鎌倉周辺から東京湾岸に沿って
>深さ数百m~千mの地下に、温泉脈が分布。体の芯まで温まり浴後も湯冷めしないのが特色。

だそうだ。綱島温泉は1917年に湧出したらしい。
昔は関東の奥座敷とか言われたらしい。料亭や温泉旅館などもあった。
だが、今は東京園が残るくらい。みんなマンションに・・・。ちなみに、あの国民的歌手、
三橋美智也が無名時代にこの東京園でボイラーマンをしていたのは地元では有名な話w。
綱島小学校体育館建設費捻出のためのチャリティーコンサートもやってくれたそうだ(いい人だ・・)。
e0078069_22134231.jpg

一日いれば800円だが、4時以降は一般の銭湯と同じ430円。
中に入るとじいちゃんばあちゃんばかり。それも70代以上が多いなぁ。
湯船は思ったより小さかった。もっと大きいかと思っていた。
温度は41.5度。長く入るにはちょうどいいかも。わてもややぬる目が好きだし。
ああああああ、気持ちいい・・・。

そして湯船から出て着替え。冬場でもさすがに湯上りは暑い。
扇風機スイッチON。しかしこの扇風機がまた昭和チックだな・・・。
昔の「青空」とか、そんな名前がついてそうな感じで。
目を離した隙におっさんがタオルをバサッとかけてしまった。
e0078069_22135975.jpg

このまま帰るのは勿体ないので大広間へ。
ここは17:30に閉めてしまうらしく、あまり時間がないためガラガラ。
ホッピーとチーズを買い求めのんびり。
あぁ、なんかすごく贅沢で幸せ・・・ってこれで満足するわてもわてだけど・・・。

目の前のカラオケでおばあちゃんが「ラブユー東京」を歌い始める。
うーん、激しく音痴w。
その後「お兄さんも歌ってよ、時間もうないんだから!」と言われたので、わても一曲。
こういう場所ではウケのいい曲ってことで「ああ上野駅(井沢八郎)」。追悼記念ってことで。
適当に歌っておく。「お兄さん上手ねぇ」とばあちゃん。そりゃアンタよりはうまいってw。
座布団の上にゴロリ。あぁ、いい時間が流れてます・・・。
e0078069_2214695.jpg

大広間が営業終了となったので隣の座敷へ。
ビンの自動販売機があったので、懐かしさのあまりに手が出る。
スプライト・・・うおお、ビンだよビンw。

しかし、お年寄りの憩いの場として愛されてるなぁ、東京園。また来よう・・・。
Commented by eva01_misato at 2007-01-26 08:25
大病を患っていたのでしょうか?
知らなかったものだから、元気な方と思っていましたよ。。。
ラジウムの、すごい含有量の温泉に行ったことがありました。
山梨の山奥でしたよ。。。
懐かしいね。ビンの販売機は。。。
使い捨てじゃないから、地球に優しいし、良いよね。。。^^
Commented by navona1971 at 2007-01-27 06:57
3年前に腎不全で50日入院しました。うち3週間は寝たきり・・・。
人工透析に関する同意書までサインさせられまして・・・。
辛く情けない思い出ですが、自業自得でした。
詳しくは右のカテゴリの「病」をご覧ください。
温泉・・・やっぱり八竜の「ゆめろん」、山本の「ゆうぱる」でしょうかね~。
by navona1971 | 2007-01-25 22:14 | とりとめもない話 | Comments(2)