12年ぶりの味

e0078069_21503917.jpg

仕事で海上保安庁へ商談に出向く。
海保庁は霞ヶ関の第三合同庁舎。国土交通省と同じ建物で国会議事堂に一番近い。
ここはわてが12~14年前、専門紙の記者をしていた頃、当時所属していた記者クラブがあった。
会社には朝立ち寄るだけで、原則して昼間はここで仕事をしていたんだよね。
途中から環境庁担当になったので以後、毎日は来なくなったけど、
就職して初めて勤務した場所だから、わてにとっては懐かしい場所。
地下鉄サリン事件の日も、出勤時間が遅かったせいで助かったってのもあった。

有楽町線桜田門駅から歩いて庁舎へ。エレベーターホールから11Fに。仕事は無事終了。
思った以上に話が長引いたので、ちょうどお昼になってしまった。
次に行く前に記者クラブをのぞいてみることにする。
以前、わてがいた頃とはフロアも変わり、広さもグーンと広くなった。
昔は平気でタバコの煙が舞っていたが、今は当然禁煙で、壁もきれい。
打ち合わせスペースも広くなってた。書いた原稿はファクスしてたけど、今はメールだわな。
あの頃よりずいぶんキレイに片付いている。雑多だったもんな・・・。
狭い部屋にぎっしりと人がいて騒がしく、落ち着かなかったもんです。
今日は当時の上司がいるかどうか訪ねたがまだ来ていないとのこと。残念。

地下に降り、食堂で昼食をとることに。下にはそば屋、スパゲティ屋、和洋中食堂がある。
が、みんなお昼に集中して食事を取るのでさばききれない。
一部の職員は定期を使って次の駅の日比谷や銀座に足を伸ばす人もいた。
特に女性職員はそうだったね。そば屋は価格の割においしく、わてもよく利用していた。
案の定昼時の今は大混雑。仕方ないので和洋中食堂へ。ここももちろん愛用してた。
ああああああ~、懐かしい。懐かし過ぎる。
建設省と運輸省が一緒になった時期に庁舎自体、かなりリフォームされたようだけども、
食堂の中は昔と変わってない。当時のまま。
っていうか、ついこの間、ここで毎日過ごしていたと思っていたけど、
もうそんなに月日が流れたのか・・・。

ラーメン定食を頼む。570円。当時はすごく安く感じた。あの頃は吉野家の牛丼でさえ400円だったし。
しかし、今やデフレで割安感も半減だね・・・それでも十分手ごろだけど。
プラスチックの食券プレートをもらい、列に並ぶ。あー、漂う空気も変わらない。
あ、そうそう、50円引きの割引回数券もあったね。今日は外部者だからそれはナシ。
ちなみに床屋もあります。予約をして時間が来ると内線で呼んでくれます。
顔剃りまであって2000円しなかった。よくこちらも利用しました。

で、出てきたのがコレ。特別ウマいわけじゃありません。ええ。
しょうゆラーメンと中華丼。具は大根ばっかりだけど。あと杏仁豆腐。
スルスル・・・と麺をすする。うおー懐かしい。この味だよこの味。変わってねぇw。
安っぽい味。でも、それなりの味がするよう工夫されてるんだよねぇ。
っていうか、これをよく食べていたのは23歳くらいの頃だしなぁ。
あの頃に戻りたい・・・。残業する時、夕方にラーメン食べたりしたなぁ・・・。

夜は居酒屋に変わるんだよね。よく記者クラブの同僚の他社記者さんにご馳走してもらった。
最年少だから本当によくかわいがってもらった。
自分が今、後輩や新入社員にあそこまで気配りしてるかな。
もっと先輩らしくしなければ・・・。
Commented by う@会社 at 2007-01-15 12:49 x
ラーメンの横の謎の物体は、中華丼かw
キクラゲと人参とチンゲンサイ(と肉なw)の色彩のイメージしかなかったから、ずっと「???」だったわけよwwww
Commented by navona1971 at 2007-01-15 22:25
うん。味は微妙だった・・・。大根をメインで使ってるのはコスト対策か。
まぁカロリー控えめでわてにはいいんだろうけど。
肉がなかったのが寂しかったw。
by navona1971 | 2007-01-12 23:50 | 呑む・食べる・話す | Comments(2)