KEIRINグランプリ06

さあ、今年もあとわずか。今日は恒例となったKEIRINグランプリ観戦。
空は澄みわたり、気持ちがよい。まず、有楽町で買い物があるため、最寄り駅へ。
Suicaにチャージしていると声をかけられる。W44Sで音楽を聴いていたので気づかずびっくり。
同じマンションのKさんご一家じゃないか。外でよく会うんだよな、ここの奥さんと。
美人なんだよねぇー。旦那さんもとても優しい感じの人で。
いい夫婦でうらやましい。一応子連れだったので「一足はやく、少ないけどね」とお年玉をあげる。
うーん、見栄を張ってしまった・・・。競輪で取り返せねばw。

有楽町で買い物を済ませ、ラピスタ新橋へ。
京王閣は混んでいるだろうし、万一当たった時の払い戻しを考えてwここで買う。
こちらも結構な混雑ぶり。来場者サービスで赤競をもらう。
久しぶりに車券を購入。わての決めた買い目と父のアドバイスによるものと二種類。
高速バスで移動中のSY氏から「まもなく東京に着く」との連絡で八重洲口にて待ち合わせ。
「東京はあったかいですね」と開口一番彼が言う。寒くて震えてたんだけど、わて。
やっぱり東北とは違うんだねぇ。まだまだこちらの冬なんて甘いんだね。
e0078069_1938173.jpg

中央線で新宿へ。そこから京王線準特急で調布、相模原線で京王多摩川。
おお、人出がすごい。なんかグランプリって雰囲気。
そんなこんなであっという間に陽が傾く。そう、この夕暮れがグランプリだよね。
陽が隠れると暖かかった空気が一気に冷え込む。さむーw。
ホッピーを呑みつつ発走をひたすら待つ。
普段ガラガラなスタンドも今日は空席を見つけるのが大変なほど。
吉岡が引退するのでは?という新聞報道もあったし。
e0078069_1938773.jpg

いよいよ発走。気のせいか去年よりも空が明るい気がする。
しかし、場内のグランプリ独特の雰囲気はたまらないね。
観客が軽い興奮状態っていうのかな。わても二年連続での観戦だけど、
これを見ないと年を越せない感じになってきた。
e0078069_1944433.jpg

本当に最後のレースになるのか、吉岡。発走台で彼は何を想う?
e0078069_1944955.jpg

レースは合志が飛び出し吉岡が前家する展開。これだと山崎は逃げる形か。
噂では最後だけに吉岡が逃げるか?なんてのもあったけどね。
手島が山崎の後位を競るかと予想されたがそれはなく、
案外とすんなりとしたレースに。競ると利点がないってのをわかってくれたかな。
特にグランプリでは競るとロクなことないので。落車も怖いし。
そういう意味では自力で動いた手島の心意気は褒めてあげたい。
結局、山崎の逃げを利した東北ラインの三番手から突き抜けた有坂がグランプリ覇者に。
吉岡は7番手からの捲くりが決まらず惨敗となる。
秋田県から初めてのグランプリレーサー登場!
有坂ファンとしては嬉しい。枠単だが車券もゲットした(低配当だけどね)。
K1でおなじみの角田さんから花束贈呈。笑顔で受け取る有坂である。
e0078069_19441429.jpg

有坂の表彰式が終わり、「さぁ・・・終わったか」と思ったら場内アナウンス。
「吉岡選手からファンの皆様にご挨拶があります」えええええええええええ!マジか!
どよめくスタンド。すでに帰途についているファンも多いけど、まだまだぎっしりだ。

自転車に乗り敢闘門から出てくる吉岡。壇上に立ち、涙ながらに最後の挨拶をする。
声にならない。嗚咽とともに締めくくり、具体的に引退という言葉は口にしはしなかったけども、
ファンへの感謝の言葉ばかりが続いた。
「てめえ吉岡やめんじゃねーよ」。罵声も飛ぶ。愛情という名の罵声が。
e0078069_19441926.jpg

吉岡が挨拶したあと、日本自転車振興会、その他協賛団体から表彰が続き、
最後、ご両親から花束贈呈。バンクに家族を呼んだのはこれが初めてだってね。
何度も涙を拭う姿にこちらももらい泣き。周囲でも涙する人の姿が目立つ。

低迷し、白眼視された競輪というギャンブルの中に中野の後継者として舞い降りた吉岡。
わては全盛期を直接目にはしていないけれど、過去の映像では何度も見てきた。
彼のフォームって、獲物を狙った豹のようなんだよね。誰よりもキレイでかっこいい。
選手の人柄も大事なことはわかる。でも競輪は博打。選手は博打の駒。賭けの対象。
1着にどれだけ絡むことができるか、それが評価のすべてだと思う。
余計なパフォーマンスも浪花節もいらない。
黙々と輪界を背負ってきた吉岡こそ、ファンのことを最も考えていた選手でしょう。

歳とっても、それこそ還暦まで走って欲しかった。でも、彼なりの美学があるのかな。
とにかく、長年この世界をひっぱってくれたことに感謝。
e0078069_0242061.jpg

そして現役選手として最後の場内一周。
吉岡がゆっくりペダルを踏みと、鐘が鳴り響く。心地よい、気持ちのよい音。
冬のピンとした空気の中を突き抜けていく。
ファンからは吉岡の名前が悲鳴のように連呼される。
わても「吉岡お疲れさま!」と涙声で叫んだ。だめ、もう涙が止まらない。
e0078069_0272746.jpg

一周して敢闘門に戻ったところで選手から胴上げ。
同時にスタンドのファンからは吉岡コール。
その声援を背に門の中へと消えていきました・・・。
e0078069_0271519.jpg

SY氏も涙ボロボロである。無理もない。
吉岡引退は残念だけれど、きちんとしたセレモニーは見ることができたし、
有坂が優勝、レースもみんなが正面切って勝負したので、充実した内容だった。

相模原線で京王稲田堤。そこからJR南武線稲田堤へ歩き、南武線経由で川崎へ。
そこから京浜東北線で鶴見へ。ういんろっく氏ことIK氏と待ち合わせ忘年会である。
今回の会場はIK氏たっての希望で「さくら水産」。鶴見店へと進む。
IK氏と合流。同時に「不要」と言われた高級ヘッドフォンを頂く(5000円くらいするらしい)。
※ちなみに帰宅後聴いたら確かにすげえ音だった。

しかし、確かに安い。魚肉ソーセージ50円とか、マグロ煮が80円とかw。
ビール、ウーロンハイ、ホッピーとみんなハイペースで呑みまくる。
IK氏とSY氏は今年夏の神宮での野球観戦以来の再会。
野球、相撲、競馬と話題の共通項も多いので打ち解けるのが早いw。
e0078069_0273363.jpg

で、コロッケ、鳥の唐揚げ(5セットくらい頼んだかもw)、オニオンスライス・・・
刺身(これも280円~380円程度で安い。馬刺も食べた)も頼みまくり・・・。
90分ほどいて、たらふく食べて一人4000円。
かなり食べ物を頼んだので・・・それでも安い。
会計を済ませると酔ったSY氏が店頭でいきなり”股割り”のパフォーマンスwwww
そして「甘いモノが食べたい」というIK氏の希望で階下のコージコーナーへ。
みんなカロリー大丈夫かwwwww。
そして「来年はいい年にしよう!」と3人で堅い握手して解散。

IK氏は帰宅、わては酔い覚ましを兼ね、定宿のカプセルに泊まるSY氏と歩いて川崎に向かう。
幸いにも寒くなく、風もないため、気持ちよく歩ける。30分ほどかけて川崎に到着。
e0078069_0251884.jpg

で、川崎に着いてからは定番?のUFOキャッチャー。
(ついつい使ってしまうんだよねー、100円玉を)。
これ、不二家のパラソルチョコレート(テラ懐かしい)。
うまくSY氏がうまくアームでつかんだと思ったら落下ゾーンの手前でひっかかるw。
隣で見ていたOL風二人組爆笑(右側がかわいかった)。
SY氏がすっきり取ってくれれば、女の子拍手→獲得商品をあげる→ナンパ成功w
という流れになるはずだったのに!(人のせいにすんなや自分w)。
このあと、結局ペンシルチョコレートはゲットできたのだけれど、おにゃにょこの姿はなし・・・
ちなみに、SY氏がここに来るたびにトライしていた握力・背筋測定マシンは消えてましたw。
e0078069_0253821.jpg

今日の戦利品は以上。でも私がとったのは一番左だけ。
SY氏ゲットしまくりでした~。ありがとう~。
Commented by スプー at 2006-12-31 20:11 x
GP当日は例によって仕事、本場・ネットライブはお預け。帰宅後、某放送協会のニュースで有坂選手の優勝を視聴しました。
三番手からの中割り強襲、お見事でした。
そして吉岡選手の引退、ショックでした…。来年こそは、と期待していた矢先に…。
何はともあれ、今年もお世話になりました。酔い落とし、じゃなく良いお年を。
Commented by navona1971 at 2007-01-01 23:45
スプーさんへ。
昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。
大晦日お仕事お疲れ様でした。
有坂・・・私は手島が東北に競ると思ったのでまさか1着とは・・・。
吉岡・・・いやぁ、きちんとセレモニーができてよかったです。
最後の打鐘がまるでボクシングの10カウントのようでしたよ・・・。
Commented by ういんろっく at 2007-01-02 16:32 x
年を跨いでのコメントになってしまったが、年末は乙ですた。
今年も何卒よろしゅうに。

「たっての希望」ってのは怪しいトコだがw、私らみたいな大食漢かつ大酒飲みには、ああいう店は「神」ですな。
安い店はモノの回転がいいから、ネタも新鮮かもしれんし、ヘタな店でしなびたような高い刺身w食うんだったら、よっぽどいいと思う。
でも、最後のケーキはさすがに余計だったかなwwww
Commented by navona1971 at 2007-01-06 11:44
ういんろっく氏、昨年は乙でした。こちらこそ今年もよろしく。
え?だって貴殿のたっての希望だったやん。
いや、さくら水産は安くてうまくていいけれど、デブには危険だねw。
ネタは良かったと思う。刺身はどれもおいしかったよ。
ちょっとした店でもあのくらいの刺身だし、もっと量も味もいまいちだし。
鮮度もあったよ、さくら水産は。また行きましょう。
最後ね・・・わてはアイスティーだったからねえ~。
by navona1971 | 2006-12-30 23:32 | 競輪(KEIRIN)観戦記 | Comments(4)