神宮→ドーム ダブルヘッダー観戦

e0078069_0413317.jpg

今日は神宮・ドームのダブルヘッダー観戦。
野球観戦歴が長いわてでも初めての経験である。
昼過ぎに現地にて友人のIK氏と待ち合わせ。
つーか、その日栃木から出てくる彼より遅く球場に着くわて・・・情けない。
球場へ。ものすごい強い日差しでしかも蒸し暑い。
いつものポール後方、ライトスタンドへ陣取る。
今日は交流戦天王山だけあってお客さんの入りもなかなか・・・。

試合開始前からかわええ売り子をチョイスして呼んでビールを買ってしまう。
昼間っから飲むのは最高にうまいね。
レフト側はすでにほぼ満席。ビジターユニホームの黒一色。
先発オーダー発表にあわせ「オイ!」の大きな掛け声。
ヤクルトファンからは「ロッテすげー」の声w

e0078069_0414050.jpg


14時試合開始。
始球式はヤクルト公認マネージャーの磯山さやか。
打席はヤクルトのキャラクター「つば九郎」。
キャッチャーは古田。
つば九郎は打席でオープンスタンスで構え、
腰を動かしながらバットを上下に。八重樫じゃんw
またまたコアな真似をするなぁ・・・ワロタよ。

さて、どんな展開になるのかと思いきや、
ロッテ先発の清水が大乱調でいきなり4失点。
その後、4回裏にはラミレスの3ラン。
楽勝ムードが漂うが、それは石川だけに危険w
案の定、里崎に2ランを被弾。次の回も集中打。
その後登板した高井は初球、福浦へ頭部死球で危険球退場w
たった一球での退場でライトスタンドからはため息・・・。
戸田行きだな、高井w福浦が無事そうでなにより。

後半はヤクルトの攻勢も途切れ防戦一方。
勢いづき猛追するロッテを木田が抑え込み試合終了。

千葉ロッテ  0 0 0 0 2 3 0 0 0  5  
ヤクルト   4 0 0 3 0 0 0 0 X  7 

勝利投手 石川(7勝4敗0S)
セーブ 木田(2勝1敗2S)
敗戦投手 清水(6勝4敗0S)
本塁打 [ ロッテ ] 里崎 7号(5回表2ラン)
[ ヤクルト ] ラミレス 13号(4回裏3ラン)



そしてタクシーでドームへ移動。
e0078069_0414592.jpg

で、水道橋に5時30分頃に到着。
神宮を最後まで見てこちらに来ることができるなんて最高の展開である。
ちょうど姉夫婦も観に来ていたため、ゲート前で顔だけ合わせる。
オレンジ色のジャイアンツグッズを持つ人が目立つ。
ライバル心が燃えるw最近、忘れてたなこの熱い気持ち・・・。
スタンドでは早くも応援合戦。
ドームは太鼓、トランペット、両方OKなので応援も盛り上がる。

で、試合開始。
1回裏、いきなり沖原がなんでもないショートゴロをエラー・・・おっきー頼むよ・・・。
そこから連打を浴び先発グリンは3失点。嫌なムードだ。
しかし2回表、グリンから山崎がレフトポール際にソロホームラン!
喜んでいる間に礒部もライトへライナーでスタンドイン。
二者連続ホームランだよ・・・歓喜のレフトスタンド。

さらに4回表には山崎が二打席連続で左中間スタンドに一発!
もう押せ押せですよww。体が震えたね。
こんなに気持ちが盛り上がったのは92年の日シリを神宮で見て以来だな。
e0078069_0415021.jpg

その後、ホセの強いライナーが工藤の足を直撃。
治療を行う工藤に楽天応援団は「頑張れ頑張れ工藤」コール。
ライトスタンドの巨人ファンから暖かい拍手を頂く。ええ話や。

しかし、試合の後半は守備の乱れもあり、巨人が猛追。
スタンドはオレンジ色のタオルを振り回す人でいっぱい。
我ら楽天ファンはレフトの一角で小さくなっているw

巨人の勢いはとまらず、ついに逆転。
中継ぎの真田が好投し、4回表以降楽天は無得点。
そのまま試合終了。外は涙雨・・・。

今日は守備の乱れが目立ちましたわ・・・。
ちなみに8列目で観戦したため、結構フィールドには近かった。
画像のように、守っている関さん(関川)が結構よく見えました。

勝利投手 真田(1勝0敗0S)
セーブ 豊田(1勝1敗10S)
敗戦投手 グリン(2勝1敗0S)
本塁打 [ 楽天 ] 山崎武 6号(2回表ソロ) 7号(4回表2ラン)、礒部 3号(2回表ソロ)
by navona1971 | 2006-06-17 23:42 | ヤクルトスワローズ | Comments(0)