今日のとりとめもない話(講演会・後輩とお茶編)

いやいやどうも。
うーん、当たり前だがだんだん電車が混んできたな。
明日は病院だから、今日は無理に歩かず、後楽園駅からバスで会社へ向かうことに。
後楽園駅の改札にはスタンプ台の場所を教えるポスターが。
アラレちゃんバージョンいいな。
e0078069_12321654.jpg
今日は出勤時間はいつもと大差ないが、バスを1本(20分)遅らせて、
後楽園駅直結の文京シビックセンター内にあるカフェ・ド・クリエでひとやすみ。
開発部の同僚、Mくんに渡すプロレス本2冊に改めて目を通す。
もともとは義兄からもらったものだが。柴田勝頼と後藤洋央紀の友情物語はイイネ。
e0078069_12322200.jpg
そういえば、あまり愚痴っぽいことは書きたくないのだが、
昨夕は池袋からの帰りの通勤特急で、杖をついた老人が優先席すぐ横にいたが誰も譲らず。
今朝は後楽園からのバスで優先席前に座った赤ちゃんを抱えた母親に誰も譲らず。
すぐ反対側にいたオレは立って譲ったが。いや、オレの自慢話じゃないのよ。
電車やバスってそんな無防備に乗るとこじゃないと思うんだよね。
多少なりとも周囲に目をやり、配慮すべきことがあれば動く。
なんというか「気づき」の精神とでも言うか。
そもそもそんなこと程度もできない人間がきちんと仕事できるんだろうか?
まともな社会生活を送れるんだろうか?と、心から不思議に思う。

その一方で同じく今朝の南北線では「お腹に赤ちゃんがいます」のバッチをつけた人が、
席を譲ってもらったが、無言で座り、降りる時も同様。これもなあ。
素直にありがとう、を言う気持ちは持たないと。
昨日、今日で続けてこんな光景を見て、まあ、思うところを書いてみました。
書いておきながらやっぱりこういう話は暗いな。もう書かないw
e0078069_12322619.jpg
で、今日は午後、小平市にある職業能力開発大学校で仕事に関連した講演会があるので、
拝聴すべく出向いてみる。東京都下は5年くらい担当した地域なので懐かしい。
いつも自宅からおにぎり持参だが時間の都合で今日は外で。
だけど、頭からは塩分のことが抜けず、そもそも外食に興味がなくなった。
あまりおいしいと思えないんだ(それは美味いもの食ってないから、と言われそうだが)。

悩んだ末、石神井公園で途中下車。しかしそれらしき店はなく、外は猛暑。
なので、駅前のミスド。カロリーは思ったほど高くなく、いずれも200~300台だし。
たまに食べるとおいしい。でも、オレの周囲の人は「ドーナツが小さくなった」と言う。
そうなのかな?でも、値段が割高感あるかも。お昼時でも空いてたな。
e0078069_12323206.jpg
石神井公園から所沢へ。あ、駅が新しくなってる。そういえば建て替えたんだ。
てか、西武ドームへたまに観戦してた頃以来だからな。その間にこんな変わった。
所沢から西武新宿線で東村山、さらに西武国分寺線で小川。
ひゃー、暑い。でも青空を見ていると心地よいけどね。
e0078069_12323610.jpg
講演会会場はキンキンに冷房が効いていた。お陰で快適に講演が耳に入った。
昔はよくこういうところで居眠りしたが、体調のいい今はそれもなくなった
e0078069_12324029.jpg
夕方、帰途に。中途で採用されたばかりのA君と一緒に国分寺方面へ。
この春は中途二人、新卒一人が営業部へ(開発部には新卒二人)。
彼以外の残り二人はまだまだという感じだが、A君はそこそこやってくれそう。
前向きで、社交的な性格もよい。なんでも吸収しようとする姿勢もあるし。
彼が少し話をしたいというので、国分寺駅ビルの甘味処へ。きなこかき氷。
二時間くらいか。あまりウチにいないタイプ、少し自分にも似ているし、成長を期待。

どうもウチは内向的で、会話をしない連中が多い。
というか、何をするにしても自分だけの思考で、それが正しいとなぜ判断できるんだろう。
取り入れるにせよ、しないにせよ、人の意見に耳にを傾けないことにはね。
これまでは、それが社風とする雰囲気に看過してきたけど・・・
そもそも貪欲さのない人にわざわざこちらから近寄って教えるつもりはないし。
最後はやる気の問題、本人の問題だと思うし。
ただ、売上が持続しなくなったらどうなる?実際今夏はかなり厳しい。
e0078069_12324552.jpg
小一時間仕事のことを話し、後半は砕けた内容に。

A君「だまさんモテない?そんなわけないです。顔立ちもいいし、声もいいし」。
だま「そんなこと言わなくてもきちんとおごるから心配ないよw(ちょっと嬉しいw)」。
A君「私はウソはつきませんよ!」。
だま「A君はオレがもっとデブだったのを知らないからだよw」。

それはともかく、オレがすごくわかりやすくて教えてくれて展望が持てたという。
ウチの扱う製品は技術者向けのものなので、社内の技術者が教えようとすると、
彼らがわかる世界から入ろうとするから、営業サイドが理解に苦しむ。
「なにがわからないのかわからない」状態で質問もできなくなる。
質問って内容を理解しないとできないからね。

そもそも、から始めないといけない。それはこちらが苦心した経験を生かして。
それなりに効果はあったようで、オレが復帰後の方が知識の増え方が早い、と。
毎週2~3時間のレクチャーが効いている?
吸収し自分のものにしようとする”熱さ”があるので、頑張って欲しい。
大いに利用してくれればいいし、次代の人として彼は必要だし。

彼が彼なりに感じた会社の空気や姿勢への疑問を矢継ぎ早にこちらに尋ねてくる。
まあ、それってオレが思う普通の感覚。でも、これと同じことをオレも昔上司に言っていた。
なんかその光景と重なって、滑稽だった。いや、いい意味での話ね。
だから、当時上司からオレが言われたことを、同じようにオレも彼に伝える。
それらを踏まえたうえで、会社を見渡して欲しい。

オレも上司から「彼はやれそうなので指導を頼む」と。やはり彼への期待は大きい様子。
自分から「ここを教えてくれ」「ここのコツを」と何度も来るのはウチでは珍しい。
オレのカラーに染めることなく、バランス感覚に優れた人になるよう教えていくつもり。
営業部にとっては久々の明るい話題かな。
e0078069_12325076.jpg
そんなこんなでそこそこ遅い時間に。まだまだ外は蒸し暑い。
西国分寺に出て、府中本町から南武線経由で帰途。疲れたわ。

そういえば、例の某婚活サイトでやりとりしている人とは意外にも続いています。
ていうかもういい加減会えよ、と言われそうですが、なにせ暑いんで。

この日届いたメッセージには「だまさんの文章は丁寧で気遣いがあって紳士的で、
どの女性から見ても申し分ないと思います」とあった。

こういうのはかえってプレッシャー。
事実ならとっくに彼女できてるってw あ、一応写真は公開済です。
はぁー、文章ではイケメンなんだけどなーw


by navona1971 | 2017-08-24 23:59 | Comments(0)