お盆前半のとりとめもない話(外来診察・新生湯編)

■3週間ぶりの外来診察
今日は主治医のS先生(助教授)に診て頂く。採血の結果、腎臓は移植以後最良の値となった。
ドナーとしては高齢、そして女性から男性への移植という条件を踏まえれば、上出来。
ここまでの数値になるとは微塵も思っていなかった。とてつもない幸運。
また、LDL(悪玉)コレステロールや、血糖値やHbA1cなども健康値。
幸いにも以前から糖尿病とは無縁だが、実は腎移植者が服用する免疫抑制剤が、
インスリンの分泌を抑制する副作用を発生させることがあり、
移植後に糖尿病にかかる人も少なからずいるので。

この日はS先生の上司に当たるC教授も「今日の様子はどうかな」と同席して下さった。
こうした手厚い姿勢には本当に感謝している。本来、教授なんて雲の上の人です。
いや、過度にあがめているわけではないけど、実際超多忙なわけだから。
でも、よく話しかけてくれ、いつもこちらの病状もきちんと把握されていて、驚くんですね。

ただ、尿蛋白が検出されていて(これは前から)、腎生検では問題なかったので、
先生も原因を測りかねているようだ。深刻なものではないとの判断です、今のところ。
一方で、白血球数が相変わらずかなり少ない。6~7月、サイトメガロウイルス感染で入院しましたが、
服用を念のため継続している抗ウイルス薬が白血球を減少させる副作用があるんだよな。
(そのウイルスそのものにも白血球を減らす力がある)。なお、ウイルスもほぼ検出不可まで
下がったので、今日から抗ウイルス薬の服用は終えた。対策として、ノイトロジンの注射を受け、
念のため2週間後に診察日を設定して下さった。先生のこうした賢明なご判断は心強い。
この日はドナーの母も久しぶりの検診で、運動不足以外は問題なし。こちらにも安堵した。
帰りは調剤薬局へ。薬ができるまで少し時間がかかると言うので、
向かいの上島珈琲店へ。そういえばレモネードがおいしかったなと思い出し注文。
適度な甘さとひんやり感がいいですね。
e0078069_08294953.jpg
■久しぶりの都内の銭湯
午後は友人SY氏と合流し、ぶらりと銭湯へ。スーパー銭湯も考えたが、このお盆ではどうせ混むはず。
なので、普通の銭湯へ。今回は旗の台の「新生湯」。少し前にリニューアルされたそうなので。
アットホームで、利用者への感謝と、この銭湯を愛し続けて欲しいという店主の気持ちが、
お店の造りに反映されているんだよね。例えば、雨の日用の濡れた体を拭くタオルなどが、
玄関に重ねておいてあったりする。そんなお風呂はみたことないしね~。
露店風呂と2Fにあるウッドデッキが素晴らしかったな。ウッドデッキにはベンチがならんでいて、
涼みつつ、語らいができるのもいいね、この日も30分くらい話したかな。
もうSY氏との付き合いも今年でちょうど20年となりました。
e0078069_08295581.jpg
その後は夕食。お互いあっさりしたものが食べたいね、ってことで川崎の「瀬戸うどん」へ。
丸亀製麺やはなまるうどんは有名ですが、瀬戸うどんの知名度はかなり低い。
実は「すき家」を運営するゼンショーグループが展開するブランドのひとつです。
冷やしおろしうどん。さっぱりしておいしかったわ。
e0078069_08295929.jpg

by navona1971 | 2017-08-13 08:33 | とりとめもない話 | Comments(0)