酷暑の中、伸びた髪を切りに行って、お茶菓子を買ってーー。

いやー、あっつい。
会社に戻る前に、髪を切らなきゃならない。
4~6週に1度は髪を切ると決めていたが、入院騒動で行くチャンスを逸していた。
土曜日夕方、隣町の某美容院へ。以前、何気なく選んで試しに入ってみたけど、
雰囲気と技量がよいので、今後はここと決めていた。
これまで何人かの方にカットして頂いた。
皆さん上手で、誰がやったからどうこうってのはあまりないです。プロですからね。
でも、その中でT嬢のカットが比較的自分に似合って?しかも短めで楽。
途中の会話も話しすぎず、黙りすぎずで、相性がいいので、今日もお願いする。

T嬢「すこし間が空きましたね。お変わりないですか」。
だま「いや、もっと前に来るつもりでしたが入院しまして」。
T嬢「この間いらした時、退院して会社に戻る前と仰ってて」。
だま「いえ、また入院しちゃってw」。

T嬢はたかが一来店客のことをよく覚えているなあ。
いや、自分なりにメモでまとめているのかも。顧客管理として。
いずれにせよ、そういう”営業努力”というのはよいこと。
髪を切ると1時間にはなるから、会話が噛み合わない相手だと、
苦痛とまでは言わないけど、逆にこちらが気を遣ったりしかねないからね。
T女子はトークも上手なので、その点は安心。

最後はセットの話。あまりつけないがワックスは柔らかめを使っているのだが、
「こういう風に短い間は硬めのワックスが合います。長めの髪を流したり
したい時は柔らかめですね」と。メモメモ。そうなんだ。
髪の伸び方で使い分けてみよう。自分で自然にまとめるのがの苦手でね。
さっぱりした。火曜日から頑張りたい。
e0078069_07003896.jpg
帰りは久しぶりに亀屋万年堂へ。
ナボナ(このブログのアドレス、navonaでしょ、ナボナが由来ですわ)を購入。
東京土産と言えばナボナ、東横沿線住民のお茶菓子と言えばナボナ。
歴史と重みがね、東京ば○なとは違うのだよ、東京ばな○とは!
やっぱり、”ナボナはお菓子のホームラン王です”。最近の若い人は知らないかも。
e0078069_07023695.jpg
帰り、少し涼しい風が吹き、ふと空を見上げると綺麗な雲が。あぁ、夏だね。
最近は脈も安定して、血圧も下がってきた。筋力はまだ弱いけど、頑張ろう。
弱気な気持ちもだいぶ失せてきた感じ。この調子が続くよう祈るし気をつける。
e0078069_07030674.jpg

by navona1971 | 2017-07-16 07:05 | とりとめもない話 | Comments(0)