サイトメガロウイルス感染での入院 15日目

静かな朝。
平熱で血圧も落ち着いている。体は軽い。
しかし、今回の騒動で移植腎になんら問題が発生しなかったのはよかった。
入院当初、値が少し上昇したが、それは脱水によるもので、お腹の調子が治りすぐ改善したからね。
皮肉なもので移植後の最良の値が入院中に出たりもした。

朝、Y先生らが来る。
白血球の戻りが途上なため、注射を再開し、
明後日朝の採血を踏まえ土曜退院の方向で判断とのこと。
腹部は改善しているが、まだ化膿がわずかに。ここまで来たら1〜2日の入院の延びはどうでもいい。
せかされるより慎重な方がずっとマシだし。しっかりとした判断がありがたい。
Y先生曰くサイトメガロウイルスについては抗体ができるので頻発はしにくいし、
1年後以降は特に心配も不要だそう。やはり移植半年〜1年間がカギなのね。
先生も今回の発症は想定内、何せドナーの母が抗体持ちでオレがないからさ。
でも先生は免疫抑制剤の量が少なくできない移植3か月以内に発症すると対処も大変らしいが、
今回は半年近く経過しているから、いいんですよ、と。
確かに入院しておいて順調と開き直るわけじゃないが、仕方ない流れではあるんだよな。
前々からさんざん主治医からは聞かされていたし、通る道なんだ。周囲には理解されにくいが。

病棟内での心電図モニタリングは終了。
脈の早さはあるが、頻脈の定義には満たない。特に問題ないようだ、と。
先日24時間やったより詳細な状態が把握できるホルター心電図の解析はまだ時間がかかる。
そもそも意識して脈など見たこともないから、正直、本当の自分の平均値もわからない。
一か月くらい前は68くらいだったが、それが前からなのかは全く不明だし。
血圧はよく確認しているが、脈まではな。
ただ、早くなってるのは事実で、とにかくホルター心電図の解析結果を待とう。
来週の外来でわかりそうだね。まあ、2年半前に心臓カテーテル検査をやった過去もあるから。
悲観はしたくないが楽観もなあ。いろいろ試練ある人生だわ。
まあまだ何もわからんが。なるべく挫けないように、
不安に押しつぶされないように、自分に言い聞かせる、悪運はあるはずだから。
しかし、自分の身内に迷惑や心配をかけてしまうのはしんどいし、
とにかく申し訳ない。ふがいなくて自らに腹立たしくなる。
ああ、いかんね。今晩も早めに休みます。
e0078069_17290438.jpg


by navona1971 | 2017-06-29 17:28 | 腎移植(移植後のこと) | Comments(0)