サイトメガロウイルス感染での入院 14日目

あっと言う間の入院生活。もう2週間。
朝、36.1度。自分ではベストな平熱。血圧もまあまあ。ただしまだ脈は早め。
だるさは抜けてきて、体を動かすことは億劫ではなくなった。
時間を要してもいいから着実な回復を祈る。早々に採血を済ませる。結果が気になるね。
ウイルスの状態は即日では出ないが、ほかは午前中には判明するから。
朝、外科のS先生ら4人が来る。腹部の経過はよいようだ。
適宜自宅から持ってきた血圧計でも計るが、血圧より脈が気になる。安静時で85はオレの場合やや早い。

食後はやはり頻脈。
午前、今朝の採血結果を持参して内科のI先生らが来る。
肝機能はまだ値は高いが回復に動き、炎症の値もほぼ正常値に。
サイトメガロウイルスも大幅に減少、近日中に退院との結論。
心電図は簡易モニタリングでは問題なし。
ホルター心電図は解析に時間がかかるため詳細は来週の外来で。
ただ今日明日で何か問題が判明すれば対処とのこと。

焦らず、再来週からの復帰のイメージで考えている。ちょうど来週末外来があるし。
昨日、取り付けの時には念のため車椅子で向かったが、今日は歩いてホルター心電図を返却。
併せて24時間の活動チェックシートも渡す。体はだいぶ軽いし平常時に近い。

ただ、脈がねえ。体調回復したら落ちるといいが。
まあ今の状態は医学的には頻脈の定義には至らないから難しい。
心電図に問題なければ様子見しかないわな。あまり気にし過ぎるのも悪影響あるしね、
精神的なものが由来だったりというのも耳にすることもある。実際、復職後に一時動悸があったしな。

午後、平熱なんだが体が熱い。今日は外もかなり蒸し暑いようだ。
なんだが感覚がわかんないや。廊下に出ると涼しいんだよね。入院中に梅雨へ、
そして時折夏が顔を見せているからそうした気候変化にも気をつけないとね。

そして今日、隣に来た患者もそうだが、最近病院に来ると、
老夫婦に中年の独身風息子の組み合わせというのを非常によく見る。
患者なのは老夫婦いずれか、または息子さんの方どちらか。
やっぱり未婚率の上昇を思い知らされる。なんて書いてるオレもまさしくそうだしな。
たまたま親があまり老け込んでないのと、近くに姉夫婦がいるから孤立色?が薄れてる?のか、
いや、自覚がないだけか。周りからみりゃ一緒だわな。なんか切ないねえ。
まあ、結婚したらじゃあそれらが全て解決かと言えばそうでもないし、
むしろ問題が増える人もいるしな。難しいね、幸せの築き方は。
さ、今日も早めに寝ましょう。
e0078069_18231534.jpg

by navona1971 | 2017-06-28 18:21 | 腎移植(その後の出来事) | Comments(0)