母の日を迎えて想うこと

今日は明日、病院なので、自宅で静かにしている。
先月の腎生検の検査結果の告知とともに、採血採尿もあるしね。
復帰を踏まえた大切な外来だし。
けれど、家にいるとなんだかかえって体が重たく感じるんですよね。
気持ちの問題かも知れないけど。で、ふと気付く。今度の日曜日は母の日だ、と。

当日は混むだろうし、前日である明日は病院だし、終日雨と聞いている。
行くなら今日だなと思い、午後、花屋へカーネーションを買いに行く。
店頭でどれがよいかを尋ねると「全部オススメですよ~」と。
ただ、カーネーションって特別高い花ではないんですよね。
その中から、気持ち高めで、と伝えると、花屋の店員さんが話し合いながら、
推奨してくれた「特にいいと思います」と言うのをそのままチョイス。
「重たいので気をつけて」との気遣いの声を背に店を出る。
花は見るだけで気持ちが華やいでくるねえ。この間の緑化フェアもそうだったけど。

でもね、買っておきながら言うのもなんだが、やっぱりこういうのは小手先なんです。
本来なら、カーネーションより、結婚すること、孫を見せること、健康でいること----。
そういうことこそが母への真の恩返しだと思ってます。母へ手渡しながらも、
この程度のことしかできない自分がやっぱり申し訳なく感じます。

まあ、結婚はねえ。
そこそこいい流れで言っても、結局進展しなくて、相手がまるで蜃気楼のようです。
今思えば、入口に進んだ程度ではしゃいでたのも愚かなものだなと。
ここでも随分と励ましの言葉を頂いたのにね。
縁がなかったというより、やっぱり女性は見るべきところを見てるし。
あ、最近の話じゃないよ、前のね。そういうネタはここんとこ全くないんで。

子供はもう無理だし、結婚も微妙(どころかだいぶ無理)、
ただ、健康でいることだけは自分の努力で今後なんとかなる範囲は大きいから、
規則正しい、健康的な食生活と適度な運動を続けていきます。
いやー、ごめん、随分ネガティブな内容になってしまいましたが。
なんせ、オレの周囲ってみんな立派な人が多いのよ。なぜか知らないけど。
しっかりしてて、きちんとしているし。だらしないのはオレくらいなんだよね。
e0078069_16342969.jpg
カーネーションはひとまず玄関に。
後日ベランダに置く。日陰がいいらしい。階段で花をポロリと2つくらい落としちゃった。

by navona1971 | 2017-05-12 16:41 | とりとめもない話 | Comments(0)