横浜vs中日(5回戦・横浜スタジアム)を観戦

今日は姉夫婦に誘われ、横浜スタジアムで開催される横浜vs中日を観戦します。
プロ野球の生観戦は2015年06月13日の横浜vs楽天(追浜)以来。
なんと22ケ月ぶりの観戦。一年間に60試合観たこともあるこのオレが・・・。
なにせ慢性腎不全で人工透析生活の真っ最中だったからね。
それも透析開始当初は体力があったが、2年後くらいは体力低下と透析不足で苦しかった頃。
とてもじゃないが日々会社へ行くだけで精一杯だったからな。
手帳を見ても土日は空白ばかり。家にいることが多かった。
さ、JRで関内駅へ。駅は改装中だが、壁に根岸線開通当時のパネル展示があった。
うおー、103系じゃない。てか、72系?
そうそう、首都高は根岸線横の川を埋め立てて建設されたんだよな。
e0078069_09123937.jpg
今日は女性向けにユニプレゼントデー、さらに週末なので相当の混雑が予想される。
指定席の場合は試合開始直前に行くことが多かったが、1時間前には到着。
e0078069_09120265.jpg
ハマスタの椅子は決して広くないので、踊り場のベンチで待って10分前に座席へ。
いつの間にか待っていたオレを追い抜いて姉夫婦が先着していた。
先発は若松と石田。なんと中日は先発の勝利が今季まだないとのこと。
タイムリー欠乏症にも悩まされている。1試合の平均得点が2点台だからね。
一方のベイも出塁率こそよいものの、筒香にまだ1発がないし、抑えの山崎が不安定だ。
e0078069_09120770.jpg
1回、あっさり平田のタイムリーで中日が先制、これは流れを引き寄せるかなと思ったが、
変化球に頼ったコントロールの平松、2回裏、それをことごとく狙い撃ちされ、
開幕まずまずのスタートを切ってる戸柱にライトへ2ラン、続いて小兵ながらパワーのある
桑原にレフトポール横に3ランを浴び、一気に5失点。義兄がっくり。
e0078069_09121162.jpg
平田くぅーん、ヤクルトに来るんじゃなかったのw

結果論だけど、戸柱には打つ予感がひしひし感じた。自分で決めて石田を乗せる、
そういう気合が溢れている打席だったよ。桑原もあの体のどこにそんな力が?と。
彼は気迫を前面に出すガッツ満点の選手なので大好きなんですよねえ。
e0078069_09121944.jpg
哲学くん。ところで、ハッピースターダンスは名作だと思うのよ。
宇宙へ飛んでけ星になれーwさすがラッキィ池田作。

「変化球に頼りすぎで、杉山もどうなんだ?」義兄怒りモードの中、3回裏、
今度はストレート比率を高めるがそれも功を奏さず、筒香、戸柱にタイムリーを浴び、
7-1、4回は若松の後を受けた小川もヒットヒット死球タイムリー、と効率の良い被弾w。
これで9-1。のちに気づいたが、この試合は両チームとも送りバントがゼロ。
中日は圧倒的点差で送る術がなく、ベイは効率の良い攻撃で送る必要性が皆無だもんで。
e0078069_09121530.jpg
決して球は速くないが、丁寧な投球で中日打線を抑える石田。今永に続けとばかりに。
e0078069_09122524.jpg
中日はなんとか6回に阿部のタイムリーで2点を返すが焼け石になんとか。
その裏には梶谷が1発。これで完全に勝負が決まった。
こんな点差だが、前述の通り、犠打もなく効率のよい攻撃と中日の沈黙で、
試合はサクサク進み、2時間半ばで終盤へ入っていく。
e0078069_09122999.jpg
ただ、この頃から雨がパラつき、気温も下がってきた。結局、8回表終了時で退散。
e0078069_09123462.jpg
恒例のハマスタ横、そば居酒屋「高田屋」で慰労会。
ここ、ハマスタに至近なんですが、駅の方ではないので、試合後もあまり混まない。
静かで料理もおいしく、シメのそばも胃に優しいので、みんなお気に入りです。
生ビールを呑みつつ義兄がハマスタを始めとする最近のNPBにおける
ボールパーク色を強めた流れに抵抗感があると言う。
それはオレも感じるんだよね。野球を観に来てるんだもん。
それは運営側も承知していて、そのうえで、採算性や集客を考えたうえで、だからなあ。

野球はスポーツで、エンターティンメントじゃないからさ。
やっぱり野村ヤクルトや楽天が面白かったのは、采配だしな。再生工場とか。
ユニプレゼントや遊園地にワクワクしたんじゃなく、鉄平やマー君にワクワクしたわけで。
まあ、野球人口も頭打ちどころか減少だし、仕方ない部分はあるんだろうけど。
座席を見やすくしたり、観戦により集中しやすい環境づくりなども考えてもらいたいもの。
ワチャワチャ系は結局飽きられやすいってのもあるんだけどね。
だけど、落合中日なんて強かったのに客入らなかったもんな。難しいな。
オレはあんな面白い野球ないと思うけど。緊張感あって、目が離せなかったし。
e0078069_09124440.jpg
そんなこんなで二時間ほど。小雨のぱらつく中、帰途へ。
MM線の日本大通り駅のコンコースには昨季引退した番長こと三浦大輔のレリーフが。
しかし、久しぶりの野球観戦は本当に楽しかった。なにせあれだけ間隔が空いたからねえ。
思わず勢いで帰宅してから横浜対広島(04/28)と、横浜対東京(05/05)のチケット買っちゃったよ。

■試合結果
横浜11-04中日
勝利投手:石田
敗戦投手:若松
HR 戸柱1号、桑原2号、梶谷4号(いずれも横浜)

by navona1971 | 2017-04-22 20:00 | プロ野球観戦記 | Comments(0)