「移植前まで長らくお世話になった病院へ」

腎移植手術から約二ヶ月。
体調も落ち着いてきたので、そろそろ、と。
この日は移植手術をする前までお世話になっていた某大学病院へ挨拶に向かう。
移植を奨めてくれたのはこちらで、今の病院へ紹介状を書いてくださったのが始まり。
透析に移行した際、「移植は現状では最適なので、ぜひ検討してください」と。2013年の夏にね。
学会などでも交流が多いのだろう。両病院とも先生間のやりとりがそれなりにある様子。

病院最寄り駅へ。もう数え切れないほど来たね。
病院への一本道はこれまで、足取りが重いことの方が多かったかな。
移植直前は週三回こちらに血液透析に来ていたものね。

正面玄関からエレベーターで上に進み、透析室へ。
ドアを開けるとナースや技士さんの視線が集中するのだが、
今日はみんな一瞬固まっていた。その後「あ、だまさん!」と。
「全然違うじゃないですかー、痩せましたねー」とSナース。
続けてみなさんが手を止めて集まって来てくださった。
「おめでとうございます、よかったですね」皆さんが口々に。ありがたい。

移植手術の顛末を説明し、移植直前には血液透析も併用したので、
ここにも半年ばかり通い、皆さんにお世話になったので、お礼をさせて頂く。
ああ、元気になるのは嬉しいけど、笑顔が素敵で優しかったナースの面々とは、
もうお別れなんだろうな。お世話になることもないんだな。それはちょっと寂しい。

続けてこちらでの主治医だったO先生にも顔を出さなければ。
ただ、先生はこの日午前、外来診察担当だった。
それを踏まえ、午後に行けばいいなと思ってたが、診察が混み合っていたようで、
午後になっても先生は外来診察室にいらした。改めます、と遠慮したのだが、
M看護師が「今呼んできますよ、いい話ですし」と。すぐにO先生はいらしてくれた。

先生「おお、だまさん、痩せましたね。体が小さくなりました」。
だま「先生が導いてくださったおかげです。本当にありがとうございました」。

無事に移植手術を終えられたこと、今後も自制すること、
腹膜透析のお陰でここまで来れたことなど、改めてお礼をお伝えしました。
また、移植先病院での入院から退院までの経過をA4で3枚ほどにまとめ、
大げさですが報告書としてお渡しさせて頂きました。
その後は入院病棟にもご挨拶とお礼に。なんというか、一息ついた感じです。
ちょうど1年前、90日ほど入院していたんだよな。
その時は、1年後に移植が無事にできて、お礼に行けるとは想像もできなかった。
ただ、自分は妙に悪運が強いところがあって、崖っぷちというには大げさだが、
窮地に追いやられることがあっても、最後の一歩で踏みとどまる。
まあ、自分で脱出するというより、救いの神が舞い降りるというか。
もちろん、そんなジンクスは信じないし、頼らないけど。
ようは、自分がみんなの力によって生かされているという、それだけのことです。
自分の周囲に素晴らしい人が多いだけ。その厚意に支えられている。

そう、書き加えると、腎機能が悪化し、透析導入だ、となった際、
血液透析と腹膜透析のうち、この病院が腹膜透析を勧めてくださったことが、
結果的に腎機能の急激な低下を防ぎ、移植後の回復の早さにもつながった。
腹膜透析は長期的には腹膜の石灰化による合併症(EPS)の危険はあるが、
血液透析より基本的には体に優しい透析手法ではあるから。
しかし、腹膜透析は透析患者のわずか3%程度しか普及していないのが現実。
確かに、病院に行けばあとは全ておまかせの血液透析は語弊を怖れずに言えば楽で、
腹膜透析は機器や透析液の管理も大変だし、透析能力はやや落ちるので、
体の大きい僕にとってはかなり負荷の高いものだった。
実際副作用として多い腹膜炎にもなったしね。でも一方で、
会社へ普通に通うことができたのも通院が不要な自宅での腹膜透析だからこそで、
これがサラリーマン透析者にとっては本当に大きかったと思います。
正直、心が折れそうになることもあったんだけどね。

病院を終えたあとは一気に横浜へ。
横浜高島屋で「こち亀展」やってたからさ。一応好きだったし、見たいね。
しかし高島屋も流行っているのは地下の食品売場と、高齢者向けの衣服を特価で扱う
催し物会場フロアくらい。マジな話、あと20年くらいしたら居抜きでドンキホーテや、
業務スーパーになってるかもw 川崎さいかやなんてすでにそうなったしな。
e0078069_14490537.jpg
※画像は撮影OKゾーンにて。部長話のこの手のオチ大好きですw

こち亀展は面白かった。
てか、両津、中川、麗子らの初登場シーンの生原稿には感動w
中川も麗子も最初の頃は両津までいかないが結構弾けたキャラだったんだよねえ。
その後は6Fにあるイノダ珈琲でお茶。オレは知らなかったが京都で有名なんだって?
おばちゃんで大混雑だった。オレにはドトールあたりと味の違いがわからなかったw
レモンケーキはまいうーだったけどね。
e0078069_14491003.jpg

by navona1971 | 2017-03-23 23:59 | 生体腎移植(その後の生活編) | Comments(0)