「だま、激おこ!」

退院後、とある仕事上の依頼をうけた。

■関係はこうだ。
A(だまの上司)←→だま←→B(だまの友人)←→C(Bの友人)

Cについて仕事に関する話である配慮をするよう、Bに求められた。
Cと私は面識は一切ない。顔も性格も知らない。
ただ、私はBと付き合いが長いので、Bの目利きを信頼して話を引き受けた。

この話にはAの協力が必要なため、私は経緯を話し、Aは快諾した。
Aは私を信じたし、私への信頼をもとに間接的にBも信じたことになる。
もちろん上に書いたように、私はBを信頼した。
ところが、Cは必ずしも誠意のある動きをしていないのだ。

そういう問題は俺のところで止まればまだいい。
だけど、Bの目利きを信頼して話を引き受けた俺を信用したAの立場がない。
Aは私との関係で盲目的に信じてくれたのに。すべて丸つぶれになる。

人を見抜く力ってそんなに難しいかね。
ま、今回、私が失敗したから、偉そうなことは言えないか。
Bはもう少し真贋を見抜く目を持っていると思っていたけど、そうでもなかった。
B→Cは恋愛感情があり、私はそれを抜きに冷静な判断ができているであろう、と
思っていた。が、そうでもなかった。甘かったわ。
相手のことが好きであろうと、愛してようと、ダメなものはダメだ。

Bがそんな分別もつかないとは正直落胆した。
別にBのことは嫌いになるつもりはないし、友人は友人。だけど、
違和感が拭えないのも事実。
「あんたさ、何やってんの?いい歳して」という感じ。
ようは「全然あんたらしくないじゃん」と。
恋愛で冷静さを失うような年齢じゃないだろ。俺たちいくつだよ。
あと4~5年経ったら50歳だぞ。
友人としてBは大好きなだけに、こちらのショックも大きいよ、実際。

やっぱり直接、見て、会って、話をしないとアテにならない。
正直今回で懲りた。
大人の社会において、筋道やマナーっていうのは、基本中の大基本。
「実は遠慮してた」とか「いや性格が」とか、そんなものは理由にならない。
仮にそういう性格の持ち主だとしても、大人なら克服すべきだ。せめて隠せ。
こちらにはそんなことなんて何の関係もない。
「常識あるしっかりした真面目な人」という評は、はっきり言って「うそ」。

せめて取り繕いだけできる器量があれば、
あとはハッタリでもどうにでもなるんだけどね。それすら出来ないなら知らん。
頭に来すぎて頭痛くて昨夜はすぐに眠れなかったわ。
俺、大抵のことは一晩経てば忘れるが、今朝は怒りが増幅してるわ。
やっぱり自分の大切なネットワークの人間が巻き込まれるのは一番イヤだ。
信頼ってのは、時間をかけて積み上げてきたもの。安易によじ登られてもな。
そもそも俺、リハビリ中だぞ。

e0078069_06521238.jpg
※画像はフリー素材より


by navona1971 | 2017-02-14 06:02 | とりとめもない話 | Comments(0)